Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1884384
 

2013-03-29   桜満開の下天草へ2泊3日の旅

Europedia2013-03-29

[]桜満開の下天草へ2泊3日の旅

長崎から熊本県の下天草島へ2泊3日の旅に出かけてきた。

長崎から天草の富岡港へは、わが家の最寄りバス停からバスで25分(乗り継ぎ待ち時間を含まず)の茂木港へ出て、そこから高速船で45分ほどと意外に近い。

 天草は、ちょうど桜が満開で、広域農道と呼ばれる山の中の桜並木を2時間ほどハイキング。そのほか、イルカウォッチングや“天草ぐるっと 周遊バス Aコース「天草キリシタン物語コース」”で大江天主堂・崎津天主堂・ロザリオ館・天草コレジヨ館を見学してきた。“天草ぐるっと”は500円という安さだ。

新鮮な魚介類の旨さも期待以上。恥ずかしながら生まれて初めて美味しいと思える生ウニに出会った。陶磁器作りが盛んなのも意外だった。聞けば、日本で産出される陶石(磁器原料)の8割は天草産だそうだ。

面白い発見は、下天草の民家の8割弱が正月のしめ縄を一年中飾っているらしいことだ。これは、キリスト教禁教時代に“自分の家はキリシタンではなく、神道であることを示すため”の名残りだとか。異説もあるようだ。

 帰りに富岡港の待合室で気づいたのだが、大きなクリスマス・リースがこの時期にも飾ってあった。単に、飾り物をいつまでも大事にする島民性なのかも知れないのではと思ってしまった。

f:id:Europedia:20130326103217j:imagef:id:Europedia:20130326102427j:imagef:id:Europedia:20130326093044j:image

f:id:Europedia:20130325131625j:imagef:id:Europedia:20130325103806j:imagef:id:Europedia:20130325102650j:image

f:id:Europedia:20130325102618j:image

■今日のブックマーク&記事■

□KING5.com記事“Must-have products to make traveling easier”

http://www.king5.com/new-day-northwest/Must-have-products-to-make-traveling-easier-199174701.html 

□東芝プレイス トラベル

http://toshibaplaces.jp/tps/shopping/travel/travel01.html?utm_source=room_mailmag_130328&utm_medium=shop_travel01&utm_campaign=shopping_tr

街道をゆく〈17〉島原・天草の諸道 (朝日文庫)

街道をゆく〈17〉島原・天草の諸道 (朝日文庫)

イルカ・ウォッチングガイドブック

イルカ・ウォッチングガイドブック

2013-03-08   裏庭でジャガイモの植え付け

Europedia2013-03-08

[]裏庭でジャガイモの植え付け

3月3日に窓から港を眺めていると魚の群れが飛び跳ねながら港の奥へ向かっているのが見えた。望遠鏡で見るとカジキマグロのようにも見えたが、翌朝の新聞を見ると40頭ほどのイルカが魚を追って迷い込んだようだ。

シャッター・チャンスを逃したと悔やんでいたら、群れが港外にご帰還になる姿が見えた。早速、庭に出てカメラを構えたが三脚を用意する暇がなかったのでかなりブレてしまった。群れもばらけてしまったようで頭数が少なく見えた。

 50年ほど前には、長崎の港内でトビウオが舞う姿をよく見たものだが、引っ越してから大物を見るのは初めてのことだ。これからも、表敬訪問を期待したい。

3月5日は、それまでに作り上げていた4メートル半ほどの長さの畝にジャガイモを3種類植え付けた。畝には保温と雑草予防のため、マルチングという黒いビニールで覆いを掛けた。1ヶ月弱ほどで芽が出るはずだ。

 写真の手前の畝にはワケギとサフランが見える。ジャガイモの奥の畝には、ニンニクとセロリが育っている。

 3月6日の18:40頃にはオランダの客船フォーレンダム号(Volendam 61,214トン)が次の寄港地釜山を目指して出港していく姿をカメラでとらえた。そろそろ、国際観光船の来訪シーズンで、4月にはダイヤモンド・プリンセス(115,875トン)も2度ほど来航する。

 3月7日の昼には対岸の三菱重工長崎造船所でイージス艦をサポートする護衛艦「てるづき」(5,000トン 建造費690億円)の引き渡し式を催しているのが見えた。12:40頃には出航していった。

本日、3月8日は、黄砂が飛来して港が霞んで見える。微小粒子状物質(PM2.5)や花粉も増えているようで、長崎の空はよからぬものでチャンポン状態。これに備えて、一昨日からダイキンの加湿空気清浄機TCK70Mをリビングで稼働させている。花粉、黄砂、PM2.5にも有効とのことだ。。


関連記事:

MSN産経ニュース「長崎港にイルカの群れ 迷い込んだ?海保が撮影」 http://sankei.jp.msn.com/science/news/121130/scn12113014230001-n1.htm 

□「長崎港に迷い込んだ? イルカの群れ海保撮影」 http://www.youtube.com/watch?v=XiIGXgKnuIo

■今日のブックマーク&記事■

□添乗員が紹介「ヨーロッパ旅行をしよう!」(日本旅行) http://www.facebook.com/europe.nta

f:id:Europedia:20130307123414j:imagef:id:Europedia:20130307123239j:imagef:id:Europedia:20130306185503j:image

f:id:Europedia:20130303150912j:imagef:id:Europedia:20130303150852j:image

イルカの星

イルカの星

2013-03-01   25年ぶりの五島で“つばき祭り”を見物

Europedia2013-03-01

[]25年ぶりの五島で“つばき祭り”を見物

先週の日曜日から2泊3日で25年ぶりに五島(福江島)を訪れ、つばき祭りhttp://www.gotokanko.jp/tsubakimatsuri2013.pdfを見物した。

25年前(正確には1989年7月)は、某航空会社の国際線就航記念ガイドブックの最終校正を徹夜で行ってからの出発。羽田から福岡に飛び、プロペラ機に乗り換えて福江空港に到着したのを覚えている。

 福江からの帰りは4時間以上かかる船で長崎港へ渡った。今回は、ジェットフォイル(ガスタービンを動力とした翼が全て水中にある水中翼船)http://www.kyusho.co.jp/guide/で1時間25分の旅だった。

 宿泊したのは25年前と同じバスターミナルホテル。名称の元となったバスターミナルとしての機能はなくなっていた。

到着当日の夜は、福江武家屋敷通り一帯で、かがり火や子供たちが手作りした約千個の灯籠が灯され、“江戸情緒あふれる五島藩時代の夜の縁日のような、なつかしさ”が楽しめた。武家屋敷通りにある“ふるさと館”の和室では“五島さのさ”も鑑賞することができた。

 翌日は、定期観光バスhttp://www.campanahotel.com/gotobus_top/pg459.htmlの島内一周コースに参加。25年前にまったくひと気のないところで泳いだ透明度日本最高と言われる高浜ビーチを再訪したり、煉瓦造りの堂崎天主堂、鐙瀬溶岩海岸、映画悪人」の舞台となった大瀬崎灯台などを観光。

 最終日は、雨だったので昼過ぎの出発までホテル近くの市立図書館で50年前の福江大火http://www3.city.goto.nagasaki.jp/pc/fukuetaika/index.htmlや五島の歴史をお勉強。

f:id:Europedia:20130225134048j:imagef:id:Europedia:20130225094445j:imagef:id:Europedia:20130224185416j:image

f:id:Europedia:20130224184513j:imagef:id:Europedia:20130224184131j:imagef:id:Europedia:20130224183251j:image



■今日のブックマーク&記事■

食べログ 五島列島グルメ  http://tabelog.com/nagasaki/A4205/A420501/

□MapQuest Travel Blogs  http://travelblogs.mapquest.com/

□トリッピース http://trippiece.com/

“みんなで旅をつくるwebサービス

長崎県 五島列島産 霜月つばき油

長崎県 五島列島産 霜月つばき油

悪人 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

悪人 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ