Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1883791
 

2014-02-22 航空券のボトムプライスや周遊割引を探す

Europedia2014-02-22

[]航空券のボトムプライスや周遊割引を探す

 以前は、格安航空券といえば、航空会社よりもエアオン専門の旅行会社で探した方が安かったが、航空会社が価格競争力のある正規割引航空券をウェブ販売するようになると事情が一変してしまった。

 かつては安売りで有名だった旅行会社も、消費者と余り変わらない価格で航空会社から仕入れてそれに手数料を上乗せして売っているケースも見かける。

 では、現在の航空券のボトムプライスはどこで探せるのだろうか。ひとつ見つけたのが、各航空会社のキャンペーン・チケットだ。

新規就航記念や就航何周年記念、オフ期限定、直前割引などさまざまな理由でキャンペーンが張られるが、自分の旅行日程に合ったキャンペーン・チケットを見つけ出すのは至難の業だ。

 各航空会社のホームページに現れる“キャンペーン”をこまめにチェックするのも手だが、最近気がついた方法は各航空会社のメール会員になり、“メール読者限定”や“先行予約”などの案内をもらうという手だ。

 最近も、エールフランスhttp://www.airfrance.co.jp/ から「羽田就航記念運賃、ヨーロッパへ2.5万円から!」というメールが送られてきた“AF279便 3/31、4/3、4/5 羽田出発限定。ご予約は2014/3/31まで!」というもので、もちろん燃油サーチャージ、空港税等は別だ。

 エールフランスからは、「プレミアムエコノミー14万円〜 羽田発AF279便 出発限定 特別運賃 ご予約は2014/5/15まで!」という上級クラス・キャンペーンのメールもあった。

 アリタリア‐イタリア航空http://www.alitalia.com/jp_ja/からも、「2014年4月2日より新規就航する東京ーヴェネツィアを祝して、水の都ヴェネツィアの特別料金+ボーナスマイルをご案内いたします。4月30日までが45,000円〜、5月31日までが55.000円〜。ローマ行きでも、ヴェネツィア経由で行けば、このお値段でご購入いただけます」というメールがあった。

 アリタリアからは、上記の路線では使えないが路線限定で、「2月28日まで、オンラインブッキング限定の、18.000円特別割引eクーポンをご用意いたしました。3月1日〜4月15日のご旅行にご利用いただけます」というメールも来た。

 KLM http://www.klm.com/やブリティッシュ・エアウェイズ http://www.britishairways.com/、ルフトハンザ ドイツ航空 http://www.lufthansa.com/などの日本語ページでもキャンペーンをよく見かける。

最近は、プレミアムエコノミーやビジネスクラスのキャンペーンも目立つようになった。

 ヨーロッパの航空会社をひととおりチェックしたい人には「旅行リンク Travel Page」 > ヨーロッパの航空会社/エアライン/格安航空(LCC)/就航先 一覧のページ http://www.ryokolink.com/travel/air_europe.htm が便利だ。



実際に旅行計画を立てる際には、日本からヨーロッパのある都市への単純往復ではなく、ある都市からさらにフライトを使って周遊したりと、利用した航空会社が飛んでいない区間もフライトで結びたくなることがある。

 旅行業界にいた頃は、航空会社ごとの割引運賃規則で他の航空会社との組み合わせが安い追加料金でできたりということを知り得る立場だったが、業界を離れてみると、先日紹介した割引運賃規則を詳しく解説したOFCタリフなどに触れる機会もなくなった。各航空会社のウェブサイトをよく見てもどのような割引運賃の応用や組み合わせが可能かよく分からない。

 そんな中、最近見つけたのが、JTBホームページの中の海外航空券の中のヨーロッパ周遊特集http://www.jtb.co.jp/kaigai_air/promotion/roundtrip/という便利なページだ。

試しに、3月17日出発、東京→パリ 滞在後 パリ→ローマ 滞在後 ローマ→ウィーン 滞在後 ウィーン→東京4月4日帰着 というルートで検索してみたが、8件ほどの組み合わせが提示され、料金はどれも120,000円+78,800円(燃油チャージなど)で合計198,000円だった。

気に入った組み合わせは、成田→パリが全日空、パリ→ローマがエールフランス、ローマ→ウィーンがオーストリア航空 ウィーン→フランクフルトがルフトハンザと全日空の共同運航便、フランクフルト→羽田が全日空というものだ。

JTBの「周遊特集」では、「周遊区間追加」ボタンを押すことで、フライト区間を増やすこともできる。また、鉄道などの地上移動を含んだプランニングも可能だ。

時間があれば、JTBで検索した結果を、全日空などの航空会社のホームページで再検証し、他の航空会社を含んだ旅程の価格や条件を確認してみたいものだ。


■今日のブックマーク&記事■

□新渡戸稲造博士の足跡を訪ねて http://inazo-nitobe.blogspot.jp/

□Lonely Planet 記事“A broke-ass guide to drinking in Tokyohttp://www.lonelyplanet.com/japan/tokyo/travel-tips-and-articles/a-broke-ass-guide-to-drinking-in-tokyo?affil=EML_EDITORIALNEWS_56

□HappyTrips http://www.happytrips.com/

□FlightAware(航空便リアルタイム追跡) http://ja.flightaware.com/

Airline: Style at 30,000 feet (Mini)

Airline: Style at 30,000 feet (Mini)

2014-02-06 外国人観光客に人気の知られざる展望台

Europedia2014-02-06

[]外国人観光客に人気の知られざる展望台

 先日上京した折に渋谷マークシティーイースト4Fにある“梅丘寿司の美登利 渋谷店”を訪れたところ外国人客が増えているのにビックリした。30分待ちの行列ができている人気店だが、その待ち時間も気にせず並んでいた。後でこの店を取り上げたTripadvisor のページ http://www.tripadvisor.com/Restaurant_Review-g1066456-d1678469-Reviews-Umegaoka_Sushi_No_Midori_Shibuya-Shibuya_Tokyo_Tokyo_Prefecture_Kanto.htmlを開いて右上の星条旗マークを選ぶと英語のクチコミがずらりと並んでいた。

外国人にとくに人気なスポットということでは、もうひとつ身近なものがあった。長崎のわが家から300mほど登ったところにある鍋冠山公園http://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/630000/632000/p010308.htmlだ。標高169mの山頂には展望台があり、360度のパノラマが楽しめる。グラバー園の裏口に当たる第2ゲート(標高73m)から車の入れない細い道がわが家の前(標高88m)を通って山頂に向かっており、そこを登っていく観光客を観察するとほぼ半数が外国人だ。日本人観光客はロープウェーで登ることができる稲佐山へ行く人が多いが、外国人旅行者はグラバー園見物の後、少し体力を使えばお金をかけずに楽しめる鍋冠山を選ぶ率が高いようだ。

鍋冠山もTripadvisor のページhttp://www.tripadvisor.com/Attraction_Review-g298568-d1951784-Reviews-Nabekanmuriyama_Park-Nagasaki_Nagasaki_Prefecture_Kyushu_Okinawa.htmlがあり外国人に評判がよいことが分かる。

第2ゲートから山頂までは歩いて20分弱。第2ゲートへは、石橋電停から案内板が出ているグラバースカイロード http://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/670000/678000/p001693.htmlで斜行エレヴェーター(高低差50m)と垂直エレヴェーター(高低差18m)を乗り継げば、急坂を登らずにたどり着くことができる。

グラバー園内の“動く歩道2号機”は交換工事のため2014年10月まで運行停止中なので、グラバー園見物だけを目的とする場合もグラバースカイロードで第2ゲートまで登って、ここからグラバー園内の斜面を下りながら見物する方が楽だ。

鍋冠山公園からの景色はYouTube http://www.youtube.com/で“鍋冠山公園”と検索すれば、楽しむことができる。晴れた昼間もいいが、黄昏時から暮れきるまで夜景を楽しむのもおすすめだ。時間のない人は石橋電停からタクシーで公園まで登り、帰り道だけ歩くというのもおすすめだ。

 Tripadvisorは、米国 (http://www.tripadvisor.com/)、英国 (http://www.tripadvisor.co.uk/)、アイルランド (http://www.tripadvisor.ie/)、フランス (http://www.tripadvisor.fr/)、ドイツ (http://www.tripadvisor.de/)、イタリア (http://www.tripadvisor.it/) 、スペイン (http://www.tripadvisor.es/)など30数カ国のサイトを選ぶことができる。

Tripadvisor以外にもWikitravel Nagasaki (city) http://wikitravel.org/en/Nagasaki_(city) でも長崎を初め日本観光に役立つ英文ページを探すことができる。

 ガイドブックウェブサイトでもFrommer's http://www.frommers.com/destinations/nagasakiやFodor's http://www.fodors.com/world/asia/japan/kyushu/nagasaki/、Lonely Planet http://www.lonelyplanet.com/japan/kyushu/nagasakiなどにNagasakiのページがあり、外国の友人に郷里を紹介したりするときに重宝する。 

当欄関連過去記事:

「外国から日本にやってくる友人たちのためのサイトhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070202

f:id:Europedia:20140202162109j:imagef:id:Europedia:20091012043011j:image

f:id:Europedia:20091012042958j:imagef:id:Europedia:20110803163120j:image

■今日のブックマーク&記事■

□Tripadvisor「世界三大花粉症と世界花粉飛散カレンダー」  http://tg.tripadvisor.jp/allergies/

□TripAdvisor「日本就航のLCC全路線(国際線)」 http://tg.tripadvisor.jp/lcc/

□TripAdvisorコラム世界のタクシー 1000円でどこまで乗れる?」

   http://www.tripadvisor.jp/pages/TaxiFare.html

□新イタリア政府観光局日本語サイトhttp://www.visitaly.jp

□ルフトハンザ 羽田空港就航スケジュール http://www.lufthansa.com/jp/ja/Haneda

□Lonely Planet記事“What is the world's worst travel” advice?http://www.lonelyplanet.com/europe/travel-tips-and-articles/totally-like-bogus-the-worlds-worst-travel-advice?affil=EML_EDITORIALNEWS_55

TripAdvisor

TripAdvisor

長崎からくりめがね

長崎からくりめがね

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ