Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1883537
 

2016-11-28   初秋のウィーン・ブダペスト16日間の旅 その3

Europedia2016-11-28

[]初秋のウィーン・ブダペスト16日間の旅 その3

9月30日のウィーンからブダペストへの移動は、ウィーン中央駅からの特急Railjet 61を利用。列車の予約とチケットの購入は早期事前予約の料金で購入するため8月8日にインターネットで予約・発券した。列車の等級は2等の通常料金よりも安かったので1等のひとクラス上の“Business Class”を選んだ。料金は€77.2 (8,893円)。

ウィーン中央駅まではホテルから歩いて5分ほどのOpera駅から地下鉄を利用。乗り換え無しで所要6分ほど。列車は、11:43発でBudapest-Keleti駅に14:25着。

 ブダペストの駅からドナウ河対岸ブダ地区のホテルまでの移動は信頼できるタクシー会社に電話するのが一番スムーズだが、配車に時間がかかるので地下鉄でホテルに向かった。駅には客待ちの個人タクシーが並んでいるが、相変わらず料金トラブルが絶えないとTripadvisotなどに書き込まれていたので敬遠した。

地下鉄の切符は、自動券売機でバスや市電にも有効な7day Budapest-travelcard Ft 4950(1,861円)を購入。ハンガリーの通貨フォリント(Ft.)は1 Ft.が約0.38円だ。列車から券売機に直行したので行列に並ばずに済んだが、7day-travelcard の英語画面を出すのにひと苦労。結局、横にいた係のひとに教えてもらい、クレジット・カードで決済した。買い終わって振り向くと長蛇の列が出来ていた。

 ブダペストもこのところ定宿としていたSofitel Budapest Chain Bridge http://www.sofitel.com/gb/hotel-3229-sofitel-budapest-chain-bridge/index.shtmlが取れなかったので、ドナウ対岸ブダ側の地下鉄2号線Batthyány tér 駅から歩いて5分ほどにあるドナウ河に面した Novotel Budapest Danube http://www.novotel.com/gb/hotel-6151-novotel-budapest-danube/index.shtmlを取った。今回のブダペスト訪問の個人的テーマは「国会議事堂」だったので、少々無理をしてExecutive Room with River Viewの国会議事堂がドナウ河を挟んで正面に見える部屋にした。この部屋は発泡酒やワインも入ったミニバーの利用が無料で(補充はないとのことだったが毎日補充されていた)、備え付けのNespressoマシンで自由にコーヒーを味わうことが出来るなど特典がいっぱいで充分に元が取れた。

15:00頃、ホテルにチェックインした後、16:00にホテルを出て地下鉄Deak ter駅近くの観光インフォメーションで資料集め。ここで、オペレッタ名曲をダンスとともに披露してくれる“Budapest Gala Concert ”http://www.ticket.info.hu/en/program/gala-concertのパンフレットを見つけたので、インフォメーションのカウンターで予約を依頼。ここは、元々若者向けのインフォメーションであったためかナント学割料金でOK。9,900Ft.のチケットが8,800Ft.(3,359円)で、入手できた。

このGala Concertは、ブダペストに来る度に楽しみにしていたのだがここ数年、公演中止になっていた。翌10月1日に行ってみると、指揮者や出演者も世代交代していて、オペレッタの軽妙なアドリブが楽しめた昔に比べ少々物足りなかったが、神業のような打弦楽器ツィンバロンhttps://www.cimbalom.org/の名演が聴けただけでも時間を割いた甲斐があった。後から、プログラムを見るとツィンバロン奏者の名前はなく、指揮者名前だけがあった。以前の指揮者と同じ名字だったのでおそらくジュニアが引き継いだのだろう。

話は前後するが、到着当日インフォメーションに行った後、近くの繁華街にある30年来の友人のアンティーク店Vali Folklór(Vaci utca 23 http://valifolkart.hu/lang/en)に顔を出す。いつも、ここでは、カロチャ刺繍(kalocsa embroidery)などアンティークのテーブルクロスや壁掛けを買っているが、今回は3メートル×180センチの戦前の手刺繍入りテーブルクロスなど4点ほどを購入。

 この大テーブルクロスは、わが家のテーブルで日常使いしているが、周辺のレース部分が弱い上に、ワインもよく吸い込んでくれるので、いつまで使えるものか。

 友人によれば、年を追って、本物の手刺繍のアンティークは入手難になっているようで、地方で若い娘さんが嫁入り道具としてせっせと編むという習慣もほぼなくなったそうだ。今まで30数年にわたってこの店で買った数十点のアンティーク刺繍は希少なものとなりつつあるようで、それだけに仕舞い込まないでどんどんふだん使いしていくことにしよう。

この日の夜は、昔行ったことのある社会主義時代から地元グルメに人気だったレストランKiskakukk Étterem http://www.kiskakukk.hu/index.nof?o=0&nyelvid=2に行くことを思いついた。そこで、アンティーク・ショップの友人に電話予約をしてもらった。

 ほぼ30年ぶりに店に行くと、店構えは変わっていないものの、内部はちょっと高級な設えに変わっていた。驚いたことに客の半分はアジア系。店の人に聞くと、「タイかどこかで映画に取り上げられてから急に増えたよ」とのこと。

 この店がそうだとは言わないが、最近は表立たずアジアの某大国の資本となっているレストランやショップが多い。そういえば、ウィーンでも、友人がシェフをしていた街で最古のレストラン“G”が某国資本になったそうだ。

食事は、グラーシュ・スープ(Gulyásleves 990 Ft.)、以前も食べたことのあるコロジュヴァール(トランシルヴァニアの都市)風キャベツの肉詰め(Kolozsvári töltött káposzta 2550 Ft.)、キスカクーク風クレープKiskakukk palacsinta vanília öntettel 990 Ft.)を、店の人に勧められたバラトン湖地方のマスカットの香りのするハンガリー固有の葡萄樹種Irsai Olivér の辛口白ワイン(3600Ft.)で味わった。

夕食の後、路面電車をセール・カルマン広場(旧モスクワ広場)でミニバスを乗り継いで夜景が楽しめる王宮の丘に登り、今回のブダペスト訪問のテーマである国会議事堂などを眺める。

 ドナウに見惚れていたカップルの写真も後ろから失礼する。そういえば、同じ構図の写真をある雑誌のハンガリー特集で使ってもらったことを思い出した。これも30年前のことだ。


次回は、12月中旬に「ブダペストの続編」を書き、12月下旬頃に「ソニー銀行のキャッシュカードの使い勝手などを含めた両替方法」を書いてみたいとは思っているが........。

f:id:Europedia:20161001032653j:imagef:id:Europedia:20161001032609j:image

f:id:Europedia:20161001032255j:imagef:id:Europedia:20161001031334j:image

f:id:Europedia:20161001022936j:imagef:id:Europedia:20161001015501j:image

f:id:Europedia:20161001014625j:imagef:id:Europedia:20160930193445j:image

Nagyanyaink öröksege

Nagyanyaink öröksege

2016-11-23 初秋のウィーン・ブダペスト16日間の旅 その2

Europedia2016-11-23

[]初秋のウィーン・ブダペスト16日間の旅 その2

前回も書いたが、この期間を選んだ最大の理由は、ウィーンで4日間の間に3つの異なるプログラムのズービン・メータ指揮によるウィーン・フィルhttp://www.wienerphilharmoniker.at/jp演奏会が聴けることが分かったことだ。

かつては、プラチナ・チケットと言われたウィーン・フィルのチケットも最近は、定期演奏会以外のコンサートが増えたことや、地元の若いクラシックファンの減少傾向により入手はそれほど難しくなくなってきた。

 今回は、事前に日本からインターネット予約できたチケトはウィーン・フィルの3つのコンサート。と言っても、そのうち2つは立ち見席だ。

 まず、9月23日(金)のウィーン・フィル演奏会は、主催が楽友協会https://www.musikverein.at/だったので、会員限定のウィーン・フィル定期演奏会と違って一般売りが8月3日に開始された。ほぼ開始時刻の現地時間朝9時にウェブ予約をおこなったが、残席は少なくGalerie Links- Row: 4, Seat:3 という3階席が€65(7,480円)で確保できた。

次に、確保できたのは、公演の2週間ほど前から一般に売り出された9月24日(土)のウィーンフィル第一回定期演奏会の立ち見席券 €5(570円)と、同じくウィーン・フィル主催の9月26日(月)の第1回ソワレコンサートの立ち見席券 €5(570円)だった。

この立ち見席券は、現地で座る席のチケットが入手できなかったときのために念のため確保しておいたものだ。

 ウィーンに着いた翌日の9月22日は朝から、コンサート・チケット確保のために動いた。まず、オペラ座脇にある Goethegasse 1 番地の国立劇場連盟http://www.bundestheater.at/に行き、オペラhttp://www.wiener-staatsoper.at/で9月28日(水)に行われる人気テノール歌手Juan Diego Florezのソロコンサートのチケットを探したが、売り切れとのこと。そこで、劇場連盟の並びにあるプレイガイドを兼ねた旅行会社Elite Tours http://www.elitetours.at/index1.phpに行き、ソロコンサートのチケットとのチケットがプレミアム付きで売り出されているのを確認だけしてKärntner Ring 12にあるウィーン・フィルのチケット窓口へ向かった。

 ここで、9月26日のウィーン・フィルのBalkon Mitte Links - Row: 6, Seat: 4という2階席チケットが€53(6,087円)で確保、親切なことに念のため確保しておいた立ち見席のチケットも現金で払い戻してもらえた。残念ながら24日のチケットは入手できなかった。

この後、博物館地区(MuseumsQuartier)にあるトーンキュンストラー・管弦楽団のチケット窓口へ向かい、9月29日(木)に楽友協会で行われるの佐渡裕氏指揮のLieben Sie Bernstein?と題した特別コンサートのチケットを購入。Balkon Mitte Rechts - Row: 1, Seat: 11という2階席チケットが€20(2,296円)だった。


9月24日のウィーン・フィルの座る席は、前日にプレイガイドElite Toursで購入。Balkon-Loge Rechts - Row: 2, Seat:2という額面€38の2階席チケットが手数料€17が加算されて計€55(6,322円)だった。念のために押さえていた立ち見席券は、ちょうどウィーンを訪れていた友人の友達に差し上げることができた。

 ギリギリまで入手できなかった9月28日のJuan Diego Florezソロコンサートのチケットは、前日に劇場連盟を再訪すると、舞台が少々見づらいGalerie Halbmitte Rechts - Row: 3, Seat:14の席が€19(2,165円)で入手できた。

ウィーンで鑑賞したコンサートの概要は以下の通り、

○9月23日19:30 Musikverein: GS. Zubin Mehta Wiener Philharmoniker Mozart: Ouvertüre "Don Giovanni", Debussy:La Mer, Schubert: Symphonie Nr. 8 "Große"

○9月24日15:00 Musikverein: GS. Zubin Mehta, Wiener Philharmoniker Brahms: Klavier Konzert Nr. 1(Buchbinder), Debussy: La Mer, Ravel: La Valse

○9月26日19:30 Musikverein: GS. Zubin Mehta, Wiener Philharmoniker Mozart: Symphonie Nr.36“Linzer“, Bruckner: Symphonie Nr. 7

○9月28日20:00 Staatsoper Solistenkonzert Tenor, Juan Diego Florez Donizetti: Una furtiva lagrima etc.

○9月29日15:30 Musikverein: GS. Tonkünstler Orchester Yutaka Sado "Lieben Sie Bernstein?"

Leonard Bernstein: Symphonic Dances from the Musical «West Side Story»


 コンサート以外のウィーンでのイヴェントは、例年の通り。ウィーン在住の友人たちとウィーンの森のホイリゲ(ワイン居酒屋)と旧市街の地下深くにあるワインケラーを尋ねた。

 9月25日(日)は、ドナウの本流を見下ろすKahlenbergの丘から葡萄畑の真ん中にある行きつけのホイリゲ(ワイン居酒屋)Hirt http://heuriger-hirt.at/に向かう。ここで、友人5人と合流。ウィーンならではの1/4リットルのジョッキーでちょうど時期のSturm(濁り酒)やワインの新酒を好物のウィーン風ハンバーグや肉まんじゅう、野菜のパイ焼きなどつまみと一緒に味わう。この日は好天に恵まれ、日曜日であることもあって、このホイリゲや周辺に新しくできた野外の臨時ホイリゲも大賑わいだった。

 9月27日(火)の夜は、友人たちと地下深いワイン酒場Zwölf Apostelkeller(12使徒ケラー) http://www.zwoelf-apostelkeller.at/で飲み会。16世紀のバロック建築の地下が4層になっており、ローマ時代の城壁や井戸の跡も残っている。

 ウィーンのワイン酒場の常で、ここでは1/4リットルのジョッキーでワインを飲むことになる。1/4 で3.9 Euroから、ボトルでとっても17.9 Euroからと値段は手頃。ツマミには名物のとろけるような牛タンのハムに西洋わさびを添えたもの(Zunge mit Kren 7.2)や卵入りのお団子をスライスして炒めサラダを添えたもの(Eiernockerln mit grünem Salat 8.7)、野菜の重ね焼きGemüsestrudel 8.9)などがある。

 今回は、昔よく通ったウィーン大学近くのMelker Stiftskeller http://www.melkerstiftskeller.at/index-en.htmlにも9月22日にひとりで10年ぶりに顔を出した。チロル風のポテトとベーコンなどを炒めた料理(Tiroler Gröstl mit Krautsalat )、ミックスサラダ(Gemischter Blattsalat)をツマミにWiener Gemischter Satz DAC Mitterberg 2015, Weingut Kroiss, Wien Sieveringのワイン(1/4 €7,80)を2杯飲んだ。

 ウィーンからブダペストへの移動日が近づくと、ウィーンを代表するデリカテッセンJulius Meinl http://www.meinlamgraben.at/page.aspxやスーパーBilla https://www.billa.at/で食材を中心としたショッピングに回る。グラーシュやウィーン風ハンバーグの素、トリュッフやラクダのミルクを使ったチョコレートなどを買い込んだ。

 ほかにも、新刊本とCDのディスカウント・ショップHintermayer http://www.hintermayer.at/ で、オペラオペレッタCD歴史書マーラーの書簡集、フィレンツェの古写真集などを購入。このチェーンの会員カードを持っているのでさらに3%引きとなった。

ここ数年のウィーンでの日課は、拙著「ウィーン旅の雑学ノート」を元にしたヴィジュアル・ガイド「ウィーン旧市街 とっておきの散歩道」の増刷改訂のための追加取材だった。幸い、今年の6月末に出た増刷を持って絶版となることがほぼ決まったので、その作業もようやくお役ご免となった。初版の2008年から8年以上経つと、ウィーンの旧市街自体が変貌を遂げてしまい、パッチワークの改訂作業ではとても追いつけなくなったことが絶版の主な理由だ。老舗があったところに、ZaraやH&Mなどのファストファッションやスターバック、マクドナルドなどのファストフードの店が入れ替わり、スーパーなどもドイツ資本に変わっていくといったぐあいで、個性豊かだったウィーンの旧市街の面影は急速に失われてきている。

f:id:Europedia:20160927192241j:imagef:id:Europedia:20160925230757j:image

f:id:Europedia:20160925230339j:imagef:id:Europedia:20160925223517j:image

f:id:Europedia:20160925221431j:imagef:id:Europedia:20160925183730j:image

f:id:Europedia:20160924191314j:imagef:id:Europedia:20160924180703j:image

f:id:Europedia:20160923014808j:imagef:id:Europedia:20160923014052j:image

f:id:Europedia:20160928022721j:imagef:id:Europedia:20160929191753j:image

f:id:Europedia:20160929182240j:imagef:id:Europedia:20160927173151j:image

ウィーン 旅の雑学ノート―ハプスブルクの迷宮を極める

ウィーン 旅の雑学ノート―ハプスブルクの迷宮を極める

2016-11-09 今年も生まれ故郷の唐津で「くんち」を見物

Europedia2016-11-09

[]今年も生まれ故郷の唐津で「くんち」を見物

 11月2日から5日まで開催される、佐賀の「唐津くんち」http://www.karatsu-kankou.jp/feature/見物に出かけてきた。3年連続の「くんち」見物だ。

 「唐津くんち」は、唐津神社の秋祭りで、16世紀の終わりに始まったと伝えられている。1980年に国の重要無形民俗文化財に指定された。そして今年は、祭り開催直前の10月31日にユネスコ関連機関が「唐津くんちの曳山行事」、「京都祇園祭の山鉾行事」など18府県33件の祭りで構成する「山・鉾・屋台行事」が無形文化遺産に登録するよう勧告があった。勧告は尊重されるのが通例で、登録はほぼ確実というので、祭りは例年になく盛り上がっていた。

 「くんち」には、刀町の一番ヤマ「赤獅子」から十四番ヤマ「七宝丸」まで、高さ7メートル余り、重さ2トンから5トンの重量がある勇壮華麗な十四台の曳山が登場。「七宝丸」http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/373274は台車の不調から「引き込み」などの荒々しい催しには不参加だった。

 この14台の曳山は、それぞれ獅子や龍、浦島太郎と亀、兜など、昔話に登場する馴染み深いものばかり。

 「くんち」は、11月2日の午後7時30分、花火を合図に始まる提灯の灯で幻想的な美しさの曳山が闇夜を練り歩くから、始まり、3日の御神輿がお旅所へと向かうのを曳山が先導・護衛しながら市内を巡行する「お旅所神幸」、4日の町人のための祭り「町廻り(まちまわり)」で市内を巡行して幕を閉じる。

 私は、唐津神社から80メートルほど離れた旧唐津城内の一角で生まれた。そこは残念ながらおくんちに参加する町人町ではなく、直接の参加経験はない。

 唐津での宿は、毎年、国民宿舎虹の松原ホテルhttp://karatsu-niji.jp/に泊まることにしていたが、今年は電話受け付け開始時刻からの電話がまったく通じず、キャンセル待ちとなった。幸い、9月に電話すると3、4日の2泊だけは確保してもらえた。2日の夜の宵山は、どうしても見たかったので念のために唐津に近い福岡県の糸島のビジネスホテルを押さえておいた。

 唐津市内での滞在を諦めきれなかったので、10月26日にダメモトで「楽天」で検索したところ子供の頃から縁のあったシーサイドホテルhttp://www.seaside.karatsu.saga.jp/に空きが出ており、ついでに11月1日も泊まることにして1、2日の2泊を予約した。唐津市内のホテルが軒並み「おくんち料金」で高くなるのに、なぜか、「西館洋室 最上階オーシャンビュー スーペリアタイプの中でも、特にハイグレードなお部屋」が通常料金に近い値段で取れた。

 「宵やま」は、いつものように京町にあるワインバーDiva Italiano https://www.facebook.com/divaitaliano/のカウンターからワインを飲みながら見物した。


 「唐津くんち」関連リンク

唐津くんち情報『唐津くんちに来んね!』 http://www.geocities.jp/karatsunet/kunchi/ 

唐津観光協会の「唐津くんち」紹介ページ http://www.karatsu-kankou.jp/event.html 

f:id:Europedia:20161104134833j:imagef:id:Europedia:20161104122448j:image

f:id:Europedia:20161104120704j:imagef:id:Europedia:20161104120456j:image

f:id:Europedia:20161104120059j:imagef:id:Europedia:20161104104329j:image

f:id:Europedia:20161103125109j:imagef:id:Europedia:20161103124013j:image

f:id:Europedia:20161102121011j:imagef:id:Europedia:20161101154034j:image

f:id:Europedia:20161102204620j:imagef:id:Europedia:20161102192645j:image

■今日のブックマーク&記事■

□ExpertFlyer.com http://www.expertflyer.com/

《上記はJOHNNY JET'S TRAVEL PORTAL http://www.johnnyjet.com/で紹介されていたサイト

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ