Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1883247
 

2017-03-31 デスクトップ&モバイル・パソコン、オーディオについて

Europedia2017-03-31

[]デスクトップモバイルパソコンオーディオについて

デスクトップパソコンモバイルパソコンの両方が不調をきたし、いくつものトラブルが発生し始めた。

 デスク・トップはSONYのVAIO Lシリーズ VPCL129FJ/S http://www.vaio.sony.co.jp/vaio/products/L12/2010年2月に買った物。

モバイルパソコンは、東芝のモバイルノートhttps://dynabook.com/mobile-notebook-tablet/index.htmldynabook SS RX2」シリーズの「RX2/W9G」で、2008年10月に購入。DVDマルチドライブを搭載し、12.1型ワイド液晶のモバイルノートPCとして、128GBフラッシュメモリ搭載で重さ858g、最薄部19.5mmというもので当時は世界最軽量、最薄を誇っていた。

買い換えるデスクトップは、立ち上がりを早くしたいのと、ゆくゆくは、ネットオーディオhttp://www.phileweb.com/review/special/digitalaudio/の司令塔としたいので、OS起動やアプリの動作が高速なSSD(ソリッドステート・ドライブ)とハードディスクドライブを併用したものをと考えている。また、静音性と簡単にテーブルからかたづけられるようにオールインワン・タイプよりもタワー型を選ぶ予定だ。

 永年愛用していたSONY VAIOが独立してVAIO http://vaio.com/となり、デスクトップの生産を止めたようなので他社のデスクトップを検討せざるを得ないが、今のところ多様なカスタマイズが可能な ヒューレット・パッカードhttp://jp.ext.hp.com/desktops/personal/elitedesk_800_g2_tw/を考慮中だ。

モバイルノートの方は、発売以来10年近く経つのに東芝のdynabook 「RX2/W9G」を大幅に上回る性能のモデルは出現していないようだ。候補としてはヒューレット・パッカードの Spectre 13 http://jp.ext.hp.com/notebooks/personal/spectre_13/か パナソニックのCF-RZ6HFMQR http://panasonic.jp/pc/products/rz6g/ を検討している。


一方、オーディオ・システムの方も、2005年に買い揃えたものを使い続けている。と言っても、その前は当欄の「21年ぶりにオーディオ装置を買い換えてみると」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050914に書いたように20年以上使い続けていたのだから、個人的には12年のインターバルは長いとは言えない。

 現在使用中のオーディオ装置は、CDプレーヤーは、CDを高音質化したスーパーオーディオCDSACD)も聴けるDENONのDCD-1650AE、アンプは、同じDENONのPMA-2000AE、スピーカーはVICTORのSX-L77という基本構成だ。

 5年前に長崎へ引っ越してきてからは、スカパーやTV放送の音楽番組などをハードディスク(いつの間にか容量が35TBにもなってしまった)に録り貯めて、オーディオ・システムから大音量で聴くようになった。Classica Japan http://www.classica-jp.com/などの番組をせっせと録り貯めているので、聴きたいクラシック音楽オペラはほとんどハードディスクに揃っている。しかし、ネットオーディオ世界とは違って、いちいちその収録場所を探すのがひと苦労だ。演奏内容はネット上の番組表からワープロ上のデータベースを作っているのだが二度手間、三度手間でなんとももどかしい。

また、スカパーの音質は、ほとんどがMPEG2AAC・48KHzという音声圧縮技術を利用しており、CDに比べてかなり音質は落ちる。だが、映像が伴うためかこちらの耳が老化してきたせいか、大音量で聴いても音質のことはあまり気にならないものだ。

 しかし、この12年の間にネットオーディオハイレゾhttp://www.sony.jp/high-resolution/about/インターネットを通じたストリーミング音楽配信などオーディオを巡るイノヴェーションには凄まじいものがある。

実は、長崎で家を建てるに際して各部屋をLANケーブルで結んでいるので、ネットオーディオを構築する環境は整っているのだが、以前にも書いたように、使いやすいハイレゾネットオーディオ・システムの登場が遅れているので、未だ手つかずの状態だ。

たとえば、東京から長崎に持ってきたSONYのHDD内蔵ミニコンポネットジューク”NAS-M95HD  http://www.sony.jp/products/systemstereo/M95HD.html をハイレゾ化したような商品が出ればすぐにでも導入したいと思うのだが。NAS-M95HDは、250GBの HDD搭載で、CDと同音質のリニアPCM型式でCD約380枚分を録音することが可能。Atrackの圧縮を使えば最大11,130時間の録音ができる容量を持つ。メーカー側がCDの売れ行きや著作権管理の障害になると考えているのか、10年以上前の製品の方が使いやすいというのが実情だ。

私が気に入っているのは、「深夜のおすすめ」、「元気でさわやかなお目覚め曲」、「しっとりと、もの悲しい曲」などといった「おまかせチャンネル」機能があることだ。

わが家で、窓から黄昏時の長崎港を眺めていると、380枚のCDの中から「夕方のおすすめ」を選び、実にふさわしい音楽を奏でてくれる。

使いやすいハイレゾネットオーディオ・システムの登場は遅れているが、どうやら流れはハイレゾストリーミング音楽配信に傾いているようだ。ストリーミングであれば音楽ファイルを保存しておくNAS(Network Attached Storage)やCDプレイヤーなどの駆動装置も不要で、パソコンを中心としたシンプルで高音質なネットオーディオが楽しめるだろう。私のようにいつの間にかハードディスク容量が35TBにもなってしまい、音源の在りかを捜すのにひと苦うという悲喜劇も過去のものとなる。

 そうなれば、欧米の著名オーケストラオペラハウスが取り組み始めている、ライブでコンサート会場と家庭を結ぶハイレゾストリーミングも当たり前のように行われるようになるだろう。ロックジャズなどのポップスミュージシャンは今ではCDなどの売り上げよりもコンサートを主な収入源としているようだ。演奏者にとっても有料のハイレゾストリーミング配信は歓迎されることだろう。

■当欄関連過去記事:

「SONYがハイレゾオーディオ市場に参入」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20131001

デスクトップパソコンの買い換え」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20100302

オーディオ装置を買い換えようと思いたったものの....」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050816

「旅にカスタマイズしたパソコン“旅パソ”を作ろう」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040921


季刊ステレオサウンド No.202

季刊ステレオサウンド No.202

2017-03-15   長崎の斜面地住まいをサポートするシステム

Europedia2017-03-15

[]長崎の斜面地住まいをサポートするシステム

長崎の街は港と中心市街を取り囲むすり鉢状の斜面地が居住区となっており、市街地の約7割が斜面地と言われている。その多くは、車が入らない細い道と階段からなり、交通手段はバイクぐらいだ。

わが家も、鍋冠山公園(標高169メートル)へ向かう車の入れない細い坂道の途中、海抜86mほどにあり。車道からは最短で70mほどだ。

長崎の斜面地に住む際には、2つの問題がある。荷物の配送と平地からのアクセス手段だ。荷物の配送については宅配便制度が充実しているので、階段の上にある家でも追加料金なく配送してもらえる。

 引っ越しの際も、東京で専門業者に見積をお願いする際、「車道から正面玄関まで100mほどありますけど大丈夫ですか」と聞くと、「今は東京のマンションでも車の入れるところから玄関まで100mというところはざらですから、追加料金無しでOKですよ」と嬉しい返事だった。

Amazonの通販を利用することも多いのだが、こちらは Amazonプライムの会員になっているので3,900円(税込)の年会費で配送料は原則無料になる。

家を建てるときも、資材の運搬が大問題だった。昔は、ロバや馬で運搬されたが、現在は禁止されている。わが家の場合、施工業者が坂道を傷つけないため小型運搬機にゴム製のキャタピラをつけた改造を施してくれたので解決した。家の土台のコンクリートは巨大なクレーンで、隣家数軒の頭越しに流し込んでくれた。

住むようになってからも配送にはお世話になり続けている。とくに、家庭菜園を拡張してからは街外れのホームセンターhttp://www.nafco.tv/stores/info/detail/193までサイクリングがてら出かけて、培養土や肥料、庭に播く砂利、トイレットペーパーなどを大量に買い込む。先週も、20リットルの培養土の袋に換算して70袋ぐらいの荷物を運んでもらったが配送料は540円だ。お店に聞いたところ小型トラック1台分ぐらいまではこの値段とのこと。重い砂利袋などを含めた荷物を駐車できる場所から、手押しカートや背負子で何回かに分けて運び込んでもらってこの値段だ。


もう一つの問題は、車の入れないような斜面地への住民自身のアクセスだ。これも、過疎化の予防のためもあって、長崎市が「斜面地のまちづくり」http://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/660000/664000/index.htmlのための様々な対策を立ててくれている。  

 ここに住む具体的な計画を立てる前の2004年までには、路面電車の終点石橋電停近くから、わが家の100mほど手前まで、斜行エレヴェーター(高低差50m、全長160m)と垂直エレヴェーター(高低差18m)を組み合わせた「グラバースカイロード」http://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/670000/678000/p001693.htmlが出来上がっていた。2本のエレヴェーターで合わせて68mの高低差を苦もなく運んでくれる。市道扱いなので利用料は無料だ。

 このエレヴェーターがなければ恐らくこの地に住もうという気は起こらなかっただろう。遠来の友人たちには“わが家の専用エレヴェーター”として案内させてもらっている。

この斜行エレヴェーター以外にも、さまざまな「斜面移送システム」http://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/670000/678000/p001694.htmlが工夫されている。たとえば、右上の写真は、港を挟んだ対岸の水の浦地区にある懸垂型ゴンドラの「水鳥号」だ。

このほかにも、車の入れる斜面地への「乗り合いタクシー」http://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/640000/642000/index.htmlも5カ所ほどで運行されている。


■今日のブックマーク&記事■

□NPO法人「長崎斜面研究会」 http://www.shamenken.jp/

□「長崎遠めがね」の「グラバースカイロード」紹介記事 http://hoshinabe.ojaru.jp/389_gurabasky/gurabasky.html

□「鍋冠山公園 眺めを楽しむ公園」http://www.city.nagasaki.lg.jp/sumai/630000/632000/p010334.html

□「鍋冠山展望台リニューアル・オープン」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20160402

□「外国人観光客に人気の知られざる展望台」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20140206

□「長崎バス観光 まるごとながさき車窓コース」http://nbkanko.com/publics/index/303

(坂道や石畳道をマイクロバスで巡る2017年4月から始まる新コース)

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ