Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1883018
 

2017-04-26 家庭菜園で撮った写真を掲載

Europedia2017-04-26

[]家庭菜園で撮った写真を掲載

前回、庭の写真を12点ほどアップロードしようとしたが、「はてな」の不具合か、うまくできなかったので、再チャレンジ。

f:id:Europedia:20170412131859j:imagef:id:Europedia:20170412131645j:imagef:id:Europedia:20170414124232j:image

f:id:Europedia:20170414124043j:imagef:id:Europedia:20170414123632j:imagef:id:Europedia:20170422140504j:image

f:id:Europedia:20170412131734j:imagef:id:Europedia:20170412131700j:imagef:id:Europedia:20170412131657j:image

f:id:Europedia:20170412131645j:imagef:id:Europedia:20170412131605j:imagef:id:Europedia:20170412131549j:image

f:id:Europedia:20170412131503j:imagef:id:Europedia:20170401130730j:imagef:id:Europedia:20170401130548j:image

2017-04-16   家庭菜園で春の種播き・植え付け

Europedia2017-04-16

[]家庭菜園で春の種播き・植え付け

 庭では、5年前には80cmほどの苗木だった桜が3mほどに育ち、今年は花の下にテーブルを持ち出して、50数年ぶりに再会した小学校の同級生や恩師とで10名ほどの花見の宴を催すことが出来た。

近所に住む同級生の中には、同じように畑を耕している友もいて、大根などをもらっている。

桜以外にも、アーモンドや垂れ桃、ヒトツバタゴジューンベリートキワマンサクなども花を咲かせている。オリーヴも1/3が虫にやられた残りの8本は4m近い高さに育っている。今年は、実の収穫も期待できそうだ。

ハーブ類では、去年の秋から収穫が続いていたルッコラが花が咲いてしまい、葉が固くなってきたので思い切って引き抜き、肥料にするために積み上げておいた。代わりに2月に種まきした、ルッコラやベビーリーフ、ミックスサラダがそろそろ収穫期に入ってきた。

 2m四方のブロックで囲んだハーブガーデンには、2週間ほど前に、昨年豊作だったバジルから取っておいた種やルッコラ、中玉トマトの種も蒔いておいた。いずれも既に芽が出始めているので、3種のコンビネーションによる虫除け効果もあって豊作となりそうだ。

畝や果樹などの手を加えている地面のほかの部分には、グランドカバーとして植えたわけではないが、背の低いタンポポのような花を咲かせる野生の花やカラスノエンドウなどが勝手に広がっている。昨年植えたミントも、どう退治してもそこここにはびこってしまっている。バスハーブとして使うしかない。


春の植え付けの方は、2月中旬から3週間おきぐらいで植え付けた3種の種ジャガイモが全部で5つほどの畝になった。五月雨式の収獲とはいえ、自分では食べきれないので、近所の同級生たちに大根などのお礼にもらってもらうことになりそうだ。

イタリアの友人に「近いうちに食糧の自給体制も夢ではない。しかし、毎日ジャガイモを食べる羽目になりそうだ」とメールしたら、ご親切にもベルリンにあるポテト料理だけで前菜やスープから主菜はもちろんデザートまで出すというレストランKartoffelkellerのメニューのURL http://www.kartoffelkeller.com/cms/kk/front_content.php?idcat=57が送られてきた。有り難くて涙が出そうだ。

 今回、庭の写真を12点ほどアップロードしようとしたが、「はてな」の不具合か、うまくできない。残念だが、後日再チャレンジしてみることにする。

2017-04-11 探し続けていたCDの最後の1枚

Europedia2017-04-11

[] 探し続けていたCDの最後の1枚

 以前、「長年探し続けて見つからなかった曲が10曲ほど有ったが、インターネットのおかげで9曲まで音源を見つけ出し、どうしても分からない最後の一曲がJazz Beginというアルバムに納められていたEternal Peace という曲だった」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20150222という記事を当欄で書いたが、もう1枚捜していたCDがあったのを忘れていた。

 映画ゴッドファーザー』でドン・コルレオーネ夫人を演じたシシリー系アメリカ人モーガナ・キングジャズ名盤ウィズ・ア・テイスト・オブ・ハニー』(1964年)のCDだ。

 実は、このLPレコード盤は1970年代前半に東京の小石川図書館で借り出してオープンリールテープにダビングし、その後、オープンからカセット、さらにCD-Rへとダビングを重ねに重ねたものが手元にあったので、聴けないわけではなかったのだが、ときおりCD再版が出ないかとamazonでチェックはしていた。しかし、amazonの検索結果に出てきたのはアメリカで売られていた中古CDで1万5千円ほどもした。そこで、気長に再版を待つことにしていたら、先々週amazonが私の検索結果の解析を元に、新譜の案内として3月22日に、新譜ウィズ・ア・テイスト・オブ・ハニー』が再版されたことを知らせてきた。価格は1,080 円という限定廉価版だ。

さっそく、注文して聴いてみたところ一番好きだった「レイジー・アフタヌーン」などが鮮明な音質で流れ出してきた。しかし、ダビングを重ねた手元のCD-Rの方が、声に退廃的な艶っぽさがのっていて捨てがたいものであることにも気づかされた。おそらく、ダビングのおかげで加わったワウ・フラッター(デジタル時代には死語か?)のせいもあるのだろう。

ちなみに、当時の小石川図書館でLPレコードの貸し出し証を作る際には、自宅で使っているLPプレイヤーのカートリッジを取り外して持って行き見せる必要があった。


1. ア・テイスト・オブ・ハニー

2. ファッシネイティング・リズム

3. コルコヴァード

4. プレリュード・トゥ・ア・キス

5. ザ・レディ・イズ・ア・トランプ

6. レイジー・アフタヌーン

7. アイ・ラヴ・パリ

8. ホエン・ザ・ワールド・ワズ・ヤング~ヤング・アンド・フーリッシュ

9. イージー・トゥ・ラヴ


この『ウィズ・ア・テイスト・オブ・ハニー』もLimited Edition(限定版)とあるので、この機会を逃せばまた数十年待たされることになったかもしれない。

 同じように1968年に出たLP盤は持っていたものの、CD盤は20年以上待って1990年代半ばにやっと入手したサー・ネヴィル・マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団チャイコフスキー作曲の、弦楽六重奏ニ短調『フィレンツェの思い出』(弦楽合奏版)は、今では輸入盤しか手に入らず、しかもamazonではそれすら購入できないようだ。

当欄関連過去記事:

YouTubeで懐かしの名演を再追跡」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20150222 

「旅心をかき立てる名曲の探し方」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060213


ウィズ・ア・テイスト・オブ・ハニー

ウィズ・ア・テイスト・オブ・ハニー


Jazz Begins: Sounds of New Orleans Funeral

Jazz Begins: Sounds of New Orleans Funeral

VOODOO SUITE/EXOTIC SUITE

VOODOO SUITE/EXOTIC SUITE

止まり木グラス

止まり木グラス

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ