Europedia の インターネット・トラベルNEWS

■「ユーロペディア」トップページへ■  ■サイト・マップに代えて■ Since 2004 February 15, 1894884
 

2018-01-29   76年9月〜79年10月ウィーン オペラ・オペレッタ鑑賞記録

Europedia2018-01-29

[] 1976年9月〜1979年10月ウィーン オペラオペレッタ鑑賞記録

「秋のウィーン・プラハ18日間の旅 その2」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20171126でもふれたが、ウィーン国立オペラhttps://www.wiener-staatsoper.at/の1955年以降の公演記録がARCHIV https://archiv.wiener-staatsoper.at/ に公開されていた。また、1869年から1955 年の記録も“Spielplan der Wiener Oper 1869 bis 1955” https://www.mdw.ac.at/imi/operapolitics/spielplan-wiener-oper/web/ というページで見ることができるようになっていた。

 そこで、国立オペラのARCHIV ページを見ながら、ウィーン滞在中(1976年9月〜1979年10月)に鑑賞したオペラの演目、指揮者歌手、料金を、このページに追加しておく。

 今回は、メモが手元にある1978年の1月初めまでの分とプログラムが残っているそれ以降の3件ほどを掲載。メモや資料が見つかり次第、後半部分も追加するつもりだ。その中には、ヌレエフの「白鳥の湖」もあるはずだ。ヌレエフが舞台の上の空間で止まっているかのように見えた瞬間も鮮明に覚えているのだから。

 フォルクスオーパーでのオペレッタ公演の詳細はVOLKSOPER Archiv https://www.volksoper.at/archiv/saison-1999-2000.de.html では1999年以降しか掲載されていないので、とりあえず手元に残ったメモから演目、料金を記載しておいた。


当時の料金をメモしておいたおかげで、立ち見席(Stehplatz)が平土間(Stehparterre)であったか天井桟敷(Galerie)やバルコン(Balkon)であったかが分かる。40年以上前のことだが、立ち見席の位置による舞台風景の違いや舞台上でのハプニングまで鮮明に思い出されるのが不思議だ。

 当時の国立オペラの立ち見席はStehparterreがオーストリア・シリング(OS)15、GalerieとBalkonがOS10だった。シリングのレートは足かけ4年の滞在中、変動が激しかったが、だいたい1シリングが14円〜18円の間。平均すると約16円といったところか。カール・ベームカラヤンが指揮しても、ヌレーエフが踊っても、天井桟敷の立ち見なら160円という安さだった。もっとも人気指揮者歌手の演目の場合、立ち見も徹夜で並ぶことがあった。その場合も整理券が配られ、1〜2時間ごとの“点呼”に戻っていればよく、寒空に並びっぱなしと言うことはなかったが、寝袋持参で並んでいる友人たちも居た。

 現在は、演目にも寄るが概ねStehparterreが€4、GalerieとBalkonが€3だ。

フォルクスオーパーはGalerieの立ち見がOS6だったが、現在は€3だ。


 なお、演奏会の方は「1976年9月〜1979年10月ウィーン音楽会鑑賞記録」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040201に掲載済みだが、抜け落ちていた下記の3つの演奏会も追加しておいた。



☆02 Oktober Samstag 1976

Wiener Philharmoniker ウィーン・フィル定期演奏会第2回

Dirigent:Horst Stein

Violine:Rainer Küchl

Johannes Brahms Konzert für Violine und Violoncello mit Orchester a-Moll, op. 102, „Doppelkonzert“

Franz Schubert Zwischenaktmusik zu „Rosamunde, Fürstin von Zypern”, D 797

Richard Strauss Till Eulenspiegels lustige Streiche nach alter Schelmenweise in Rondeauform für Orchester, op. 28


☆Wednesday 13. October 1976

Royal Philharmonic Orchestra

Royal Albert Hall(London) Price £1.5

Conductor: Thomas Hartman

Beethoven Leonora No.3, Rachmaninov Piano Concert No.2

Mahler Symphony No.1


☆Sonntag 18. Juni 1978

Bayerische Staatsoper(München)

Richard Strauss "Der Rosenkavalier"

Dirigent:Gustav Kuhn(Carlos Kleiberの代演)

Marschallin : Gwyneth Jones, Baron Ochs : Karl Hidderbusch

Octavian : Brigitte Fassbaender, Faninal : Benno Kusche

Sopie : Edita Gruberova Stehplatz DM 6.50



ウィーン滞在中(1976年9月〜1979年10月)の国立オペラhttps://www.wiener-staatsoper.at/、フォルクスオーパhttps://www.volksoper.at/鑑賞記録


☆21 September Dienstag1976

WIENER STAATSOPER

"DIE ZAUBERFLÖTE" Stehplatz OS(Schilling)10[OS1≒17円]

DIRIGENT Christoph von Dohnányi

Tamino Rüdiger Wohlers, Sarastro Manfred Schenk

Sprecher Hans Helm, Erster Priester Kurt Equiluz

Königin der Nacht Edita Gruberova, Pamina Lucia Popp


☆22 September Mittwoch 1976

WIENER STAATSOPER

"TOSCA" Stehplatz OS 15

DIRIGENT Alberto Erede

Floria Tosca Gwyneth Jones, Mario Cavaradossi Pedro Lavirgen

Baron Scarpia Kostas Paskalis, Cesare Angelotti Peter Wimberger


☆02 Oktober Samstag 1976

WIENER STAATSOPER

"MADAMA BUTTERFLY" Stehplatz OS 15

DIRIGENT Giuseppe Patané

Cio-Cio-San 東敦子, Suzuki Gertrude Jahn

Kate Pinkerton Waltraud Winsauer, B.F. Pinkerton Benito Maresca


☆19 Oktober Dienstag 1976

WIENER STAATSOPER

"SIEGFRIED" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Horst Stein

Siegfried Jean Cox, Brünnhilde Birgit Nilsson

Der Wanderer Theo Adam, Alberich Zoltán Kelemen


☆24 Oktober Sonntag 1976

WIENER STAATSOPER

"GÖTTERDÄMMERUNG" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Horst Stein

NACH EINER INSZENIERUNG VON Herbert von Karajan

Siegfried Hans Beirer, Brünnhilde Birgit Nilsson

Gutrune Irmgard Stadler, Hagen Karl Ridderbusch


☆05 November Freitag1976

WIENER STAATSOPER

"DER ROSENKAVALIER" Stehplatz OS 15

DIRIGENT Heinrich Hollreiser

Die Feldmarschallin Sena Jurinac, Der Baron Ochs auf Lerchenau Oskar Czerwenka

Octavian Ute Trekel-Burckhardt, Herr von Faninal Erich Kunz

Sophie Lucia Popp


☆13 November Samstag 1976

WIENER STAATSOPER

"CARMEN" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Giuseppe Patané

Carmen Alexandrina Miltschewa, Don José Wladimir Atlantow

Escamillo Franco Bordoni, Micaëla Hilda de Groote


☆21 November Sonntag 1976

WIENER STAATSOPER

"DER ROSENKAVALIER" Stehplatz OS 15

DIRIGENT Heinrich Hollreiser

Die Feldmarschallin Leonie Rysanek, Der Baron Ochs auf Lerchenau Manfred Jungwirth

Octavian Gertrude Jahn, Herr von Faninal Gottfried Hornik

Sophie Patricia Wise


☆22 November Montag 1976

Volksoper Wien

"Eine Nacht in Venedig" Stehplatz OS 6


☆23 November Dienstag 1976

WIENER STAATSOPER

"DIE WALKÜRE" Stehplatz OS 15

DIRIGENT Heinrich Hollreiser

NACH EINER INSZENIERUNG VON Herbert von Karajan

Siegmund Jon Vickers, Hunding Karl Ridderbusch

Wotan Normann Bailey, Sieglinde Leonie Rysanek

Brünnhilde Berit Lindholm, Fricka Nadine Denize


☆28 November Sonntag 1976

WIENER STAATSOPER

"COSÌ FAN TUTTE" Stehplatz OS 15

DIRIGENT Karl Böhm

Fiordiligi Margaret Price, Dorabella Agnes Baltsa

Guglielmo Hans Helm, Ferrando Peter Schreier


☆29 November Montag 1976

WIENER STAATSOPER

"LA TRAVIATA" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Alberto Erede

Violetta Valéry Sona Ghazarian, Flora Bervoix Sophia Masarakis

Annina Margareta Sjöstedt, Alfredo Germont Vasile Moldoveanu


☆04 Dezember Samstag 1976

WIENER STAATSOPER

"DON CARLO" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Miguel Gomez-Martinez

Filippo II. Nicolai Ghiuselev, Don Carlo Pedro Lavirgen

Rodrigo Franco Bordoni, Il Grande Inquisitore Hans Sotin


☆05 Dezember Sontag 1976

WIENER STAATSOPER

"TRISTAN UND ISOLDE" Stehplatz 無料

MUSIKALISCHE LEITUNG Horst Stein

Tristan  Jon Vickers, König Marke Hans Sotin

Isolde Birgit Nilsson, Kurwenal Hans Günther Nöcker


☆07 Dezember Dienstag 1976

WIENER STAATSOPER

"ARIADNE AUF NAXOS" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Karl Böhm

Der Haushofmeister Erich Kunz, Der Musiklehrer Walter Berry

Der Komponist Trudeliese Schmidt, Der Tenor/Bacchus James King


☆14 Dezember Dienstag 1976

WIENER STAATSOPER

"IL BARBIERE DI SIVIGLIA" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Gerhard Deckert

INSZENIERUNG Günther Rennert

Graf Almaviva Renzo Casselato, Bartolo Enrico Fissore

Rosina Patricia Wise, Figaro Robert Kerns


☆15 Dezember Mittwoch 1976

WIENER STAATSOPER

"ARABELLA" Stehplatz OS 15

DIRIGENT Heinrich Hollreiser

Graf Waldner Otto Edelmann, Adelaide Biserka Cvejic

Arabella Gundula Janowitz, Zdenka Edith Mathis


☆16 Dezember Donnerstag 1976

WIENER STAATSOPER

"UN BALLO IN MASCHERA" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Alfredo Silipigni

Gustaf III. Carlo Bergonzi, René Ankarström Kostas Paskalis

Amelia Montserrat Caballé, Ulrica Eva Randova

Oscar Edita Gruberova


☆19 Dezember Sontag 1976

WIENER STAATSOPER

"DIE MEISTERSINGER VON NÜRNBERG" Stehplatz OS 10

DIRIGENT János Ferencsik

Hans Sachs Rudolf Holtenau, Veit Pogner Manfred Schenk

Kunz Vogelgesang Karl Terkal, Konrad Nachtigall Hans Helm


☆20 Dezember Montag 1976

WIENER STAATSOPER

"TOSCA" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Horst Stein

Floria Tosca Montserrat Caballé, Mario Cavaradossi Carlo Bergonzi

Baron Scarpia Kostas Paskalis, Cesare Angelotti Reid Bunger


☆23 Dezember Donnerstag 1976

WIENER STAATSOPER

"DER NUSSKNACKER" Stehplatz OS 15

DIRIGENT Gerhard Deckert

Marie Nadeschda Pawlowa, Prinz Nußknacker Wjatscheslaw Gordejew

Drosselmeier Ludwig / Ludwig M. Musil, Der Nußknacker Christl / Christine Gaugusch

Der Mausekönig Peter Kastelik


☆29 Dezember Mittwoch 1976

WIENER STAATSOPER

"DER FLIEGENDE HOLLÄNDER" Stehplatz OS 15

DIRIGENT Berislav Klobučar

Daland Karl Ridderbusch, Senta Marita Napier

Erik Hans Beirer, Mary Margarethe Bence


31 Dezember Freitag 1976

Volksoper Wien

"DIE FLEDERMAUS" Stehplatz OS 6


☆01 Januar Samstag 1977

WIENER STAATSOPER

"DIE FLEDERMAUS" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Julius Rudel

Gabriel von Eisenstein Harald Serafin, Rosalinde Edda Moser

Gefängnisdirektor Frank Erich Kunz, Prinz Orlofsky Christa Ludwig

Alfred Waldemar Kmentt, Dr. Falke Hans Helm


☆08 Januar Samstag 1977

WIENER STAATSOPER

"LA BOHÈME (PUCCINI)" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Peter Maag

Rodolfo Gianni Raimondi, Schaunard Gottfried Hornik

Marcello Eberhard Waechter, Colline Tugomir Franc

Benoit Alois Pernerstorfer, Mimì Judith Beckmann


☆13 Januar Donnerstag 1977

WIENER STAATSOPER

"APOLLO" Stehplatz OS 15

gemeinsam mit "Symphonie in C" und "Der wunderbare Mandarin"

DIRIGENT Stefan Soltesz

Apollo Karl Musil, Terpsichore Lisl Maar

Kalliope / Challiope / Calliope Susanne / Susi Kirnbauer

Polyhymnia Judith Gerber


☆15 Januar Samstag 1977

Volksoper Wien

"Gräfin Marizia" Stehplatz OS 6


☆22 Januar Samstag 1977

WIENER STAATSOPER

"SALOME" Richard-Strauss-Festtage Stehplatz OS 10

DIRIGENT Gerd Albrecht

Herodes Hans Beirer, Herodias Ruth Hesse

Salome Gwyneth Jones, Jochanaan Bernd Weikl


☆24 Januar Montag 1977

Volksoper Wien

"Die Csárdásfürstin" Stehplatz OS 6


☆26 Januar Mittwoch 1977

WIENER STAATSOPER

"DIE FRAU OHNE SCHATTEN" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Karl Böhm

Der Kaiser Matti Kastu, Die Kaiserin Leonie Rysanek

Die Amme Ruth Hesse, Geisterbote Peter Wimberger


☆06 Februar Sonntag 1977

Volksoper Wien

"Wiener Blut" Stehplatz OS 6


☆12 Februar Samstag 1977

Volksoper Wien

"Lustige Witwe" Stehplatz OS 6


☆07 März Montag 1977

WIENER STAATSOPER

"DER FLIEGENDE HOLLÄNDER" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Giuseppe Patané

Daland Karl Ridderbusch, Senta Gwyneth Jones

Erik Hans Beirer, Mary Margarethe Bence

Steuermann Karl Terkal, Der Holländer Theo Adam


☆06 April Mittwoch 1977

WIENER STAATSOPER

"ROMEO UND JULIA" Prokofjew Stehplatz OS 10

DIRIGENT Reinhard Schwarz

Graf Capulet Robert Minder, Gräfin Capulet Marialuise Jaska

Julia Lilly Scheuermann / Jacob-Scheuermann

Romeo Michael Birkmeyer, Tybalt Ludwig / Ludwig M. Musil

Graf Paris Ludwig Karl, Julias Amme Christine / Christl Fränzel

Graf Montague Peter Kastelik, Gräfin Montague Renate Loucky


☆08 Mai Sonntag 1977

WIENER STAATSOPER

"IL TROVATORE" Galerie Sitzplatz OS 300

DIRIGENT Herbert von Karajan

Graf von Luna Piero Cappuccilli, Leonora Leontyne Price

Azucena Christa Ludwig, Manrico Luciano Pavarotti

Ferrando José van Dam


☆14 Mai Samstag 1977

WIENER STAATSOPER

"LE NOZZE DI FIGARO" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Herbert von Karajan

Conte Almaviva Tom Krause, Contessa Almaviva Anna Tomowa-Sintow

Susanna Ileana Cotrubas, Figaro José van Dam

Cherubino Frederica von Stade, Marcellina Jane Berbié


☆11 Juni Samstag 1977

WIENER STAATSOPER

"ELEKTRA" Stehplatz OS 15

DIRIGENT Ferdinand Leitner

Klytämnestra Grace Hoffman, Elektra Birgit Nilsson

Chrysothemis Gwyneth Jones, Aegisth Josef Hopferwieser

Orest Theo Adam, Der Pfleger des Orest Frederick Guthrie


☆25 Oktober Dienstag 1977

WIENER STAATSOPER

"I CAPULETI E I MONTECCHI" Bellini Stehplatz OS 10

DIRIGENT Gerhard Deckert

Capellio Alfred Šramek, Giulietta Sona Ghazarian

Romeo Agnes Baltsa, Tebaldo Ottavio Garaventa


☆30 Oktober Sonntag 1977

WIENER STAATSOPER

BALLETT: PAS DE DEUX AUS "LE CORSAIRE" Stehplatz OS 10

gemeinsam mit "Apollo", "Nomos Alpha", "Adagioa Hammerklavier"

und "Lieder eines fahrenden Gesellen" Mahler

DIRIGENT Stefan Soltesz

Tanzen Alexandra Radius, Rudolf Nurejew


☆06 November Sonntag 1977

WIENER STAATSOPER

"SALOME" Stehplatz OS 15

DIRIGENT Horst Stein

Herodes Hans Beirer, Herodias Ruth Hesse

Salome Leonie Rysanek, Jochanaan Hans Günther Nöcker

Narraboth Waldemar Kmentt, Ein Page der Herodias Czeslawa Slania

☆11 Dezember Sontag 1977

Volksoper Wien

"Hoffmanns Erzählung" Stehplatz OS 6


☆14 Dezember Mittwoch 1977

WIENER STAATSOPER

"LA TRAVIATA" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Alberto Erede

Violetta Valéry 林康子, Flora Bervoix Cheryl Kanfoush

Annina Margareta Hintermeier, Alfredo Germont Georg Hurny

Giorgio Germont Sherill Milnes


☆27 Dezember Dienstag 1977

Volksoper Wien

"Zigeuner Baron" Stehplatz OS 6


☆28 Dezember Mittwoch 1977

WIENER STAATSOPER

"ARIADNE AUF NAXOS" Stehplatz OS 10

DIRIGENT Karl Böhm

Der Haushofmeister Erich Kunz, Der Musiklehrer Walter Berry

Der Komponist Trudeliese Schmidt, Der Tenor/Bacchus James King

Ein Offizier Peter Weber, Ein Tanzmeister Heinz Zednik


☆04 Januar Mittwoch 1978

WIENER STAATSOPER

"LA BOHÈME" (PUCCINI) Stehplatz OS 10

DIRIGENT Reinhard Schwarz

Rodolfo Giuseppe Giacomini, Schaunard Gottfried Hornik

Marcello Robert Kerns, Colline Peter Wimberger

Benoit Erich Kunz


☆10 Juni Samstag 1978

WIENER STAATSOPER

"DON QUIXOTE"

BALLETT VON Miguel Cervantes

DIRIGENT Stefan Soltesz

Don Quixote Michael Birkmeyer, Sanscho Pansa Wilhelm Hohn

Lorenzo Peter Kastelik, Kitri Gisela Cech

Basil Rudolf Nurejew


☆10 Juni Sonntag 1979

WIENER STAATSOPER

"PARSIFAL"

DIRIGENT Horst Stein

Amfortas Eberhard Waechter, Titurel Kurt Rydl

Gurnemanz Karl Ridderbusch, Parsifal Jess Thomas

Klingsor Walter Berry

■今日のブックマーク&記事■

Traveling Spoon https://www.travelingspoon.com/

□トラベルボイス1月24日記事

 「世界で旅行系アプリの利用者数が拡大」https://www.travelvoice.jp/20180124-104493


SIMON BOCCANEGRA/IL BA

SIMON BOCCANEGRA/IL BA

2017-04-11 探し続けていたCDの最後の1枚

Europedia2017-04-11

[] 探し続けていたCDの最後の1枚

 以前、「長年探し続けて見つからなかった曲が10曲ほど有ったが、インターネットのおかげで9曲まで音源を見つけ出し、どうしても分からない最後の一曲がJazz Beginというアルバムに納められていたEternal Peace という曲だった」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20150222という記事を当欄で書いたが、もう1枚捜していたCDがあったのを忘れていた。

 映画ゴッドファーザー』でドン・コルレオーネ夫人を演じたシシリー系アメリカ人モーガナ・キングジャズ名盤ウィズ・ア・テイスト・オブ・ハニー』(1964年)のCDだ。

 実は、このLPレコード盤は1970年代前半に東京の小石川図書館で借り出してオープンリールテープにダビングし、その後、オープンからカセット、さらにCD-Rへとダビングを重ねに重ねたものが手元にあったので、聴けないわけではなかったのだが、ときおりCD再版が出ないかとamazonでチェックはしていた。しかし、amazonの検索結果に出てきたのはアメリカで売られていた中古CDで1万5千円ほどもした。そこで、気長に再版を待つことにしていたら、先々週amazonが私の検索結果の解析を元に、新譜の案内として3月22日に、新譜ウィズ・ア・テイスト・オブ・ハニー』が再版されたことを知らせてきた。価格は1,080 円という限定廉価版だ。

さっそく、注文して聴いてみたところ一番好きだった「レイジー・アフタヌーン」などが鮮明な音質で流れ出してきた。しかし、ダビングを重ねた手元のCD-Rの方が、声に退廃的な艶っぽさがのっていて捨てがたいものであることにも気づかされた。おそらく、ダビングのおかげで加わったワウ・フラッター(デジタル時代には死語か?)のせいもあるのだろう。

ちなみに、当時の小石川図書館でLPレコードの貸し出し証を作る際には、自宅で使っているLPプレイヤーのカートリッジを取り外して持って行き見せる必要があった。


1. ア・テイスト・オブ・ハニー

2. ファッシネイティング・リズム

3. コルコヴァード

4. プレリュード・トゥ・ア・キス

5. ザ・レディ・イズ・ア・トランプ

6. レイジー・アフタヌーン

7. アイ・ラヴ・パリ

8. ホエン・ザ・ワールド・ワズ・ヤング~ヤング・アンド・フーリッシュ

9. イージー・トゥ・ラヴ


この『ウィズ・ア・テイスト・オブ・ハニー』もLimited Edition(限定版)とあるので、この機会を逃せばまた数十年待たされることになったかもしれない。

 同じように1968年に出たLP盤は持っていたものの、CD盤は20年以上待って1990年代半ばにやっと入手したサー・ネヴィル・マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団チャイコフスキー作曲の、弦楽六重奏ニ短調『フィレンツェの思い出』(弦楽合奏版)は、今では輸入盤しか手に入らず、しかもamazonではそれすら購入できないようだ。

当欄関連過去記事:

YouTubeで懐かしの名演を再追跡」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20150222 

「旅心をかき立てる名曲の探し方」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060213


ウィズ・ア・テイスト・オブ・ハニー

ウィズ・ア・テイスト・オブ・ハニー


Jazz Begins: Sounds of New Orleans Funeral

Jazz Begins: Sounds of New Orleans Funeral

VOODOO SUITE/EXOTIC SUITE

VOODOO SUITE/EXOTIC SUITE

止まり木グラス

止まり木グラス

2015-02-22   YouTubeで懐かしの名演を再追跡

Europedia2015-02-22

[] YouTubeで懐かしの名演を再追跡

当欄の「YouTubeで幻のコンサートを鑑賞」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20070131で、動画共有サイトYouTube http://www.youtube.com/を使って自分の好きな音楽家の懐かしいコンサートやCDで手に入らない演奏をYouTube で探す方法を紹介したが、あれから8年、著作権問題を残しながらもますますYouTube の威力は高まっている。

最近、天気が悪くてサイクリングに出られない日は、室内でエアロ・バイクをこいでいるのだが、そのときFM放送をバックグラウンドに流している。ある日、番組のディスクジョッキーが「ザ・ピーナッツがキング・クリムゾンの曲を歌っていた」という聞き捨てならぬコメントが耳に入ってきた。12km分ほどバイクをこぎ終えてからインターネットYouTubeで「ザ・ピーナッツ キング・クリムゾン」と検索してみると名曲「エピタフ」をカバーしている映像が見つかった。

 YouTube の右側サイドバーを見ると、渡辺香津美や西城秀樹、あろうことか吉幾三のキング・クリムゾン・カバーまで見つかった。

最近気になっていたほかの曲のカバーもYouTubeで探してみた。「Naomi Chiaki sings Charles Aznavour」や「ちあきなおみ ファド」、「ピンク・フロイド カバー」などだ。

 ついでに当欄「旅心をかき立てる名曲の探し方」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060213で探した名曲もいくつか再チャレンジしてみた。

当時YouTubeで見つからなかったチェ・ゲバラの国葬とゲバラの伝記映画のテーマ音楽としても使われたペレス・プラドの「エキゾチック・アメリカ組曲」(Exotic Suite of the Americas)やJEAN-CHRISTIAN MICHEL のクラリネット版「アランフェス協奏曲」も見つかった。

長年探し続けて見つからなかった曲が10曲ほど有ったが、インターネットのおかげで9曲まで音源を見つけ出し、どうしても分からない最後の一曲がJazz Beginというアルバムに納められていたEternal Peace という曲だった。この曲は大昔に、五木寛之のFM深夜番組で流れたニューオーリンズ・ジャズの葬送行進曲で、もう探し続けて30年以上になる。念のため、Jazz begins eternal peaceYouTube検索すると、なんと見つかった。ただし、著作権の関係か視聴は制限されていた。気を取り直して、以前もチャレンジしたGoogleで検索するとこのアルバムアメリカで再発売されていることが分かった。早速、amazonに注文して聴いてみたところ、私の記憶にある曲が、長い間に頭の中で熟成・美化され、全く別の曲のように響いていたことに気づかされて愕然とした。 

■今日のブックマーク&記事■

□「自転車新聞」記事 [デンマーク「スーパー自転車道」を日本で紹介 26億円かけ2017年に完成する“ハイウェイ”] http://cyclist.sanspo.com/155178

□KURIER.at Freizeit http://freizeit.at/

□ITworld February 18記事“Print your photos before the digital dark age is here, warns internet pioneer”

http://www.itworld.com/article/2885819/print-your-photos-before-the-digital-dark-age-is-here-warns-internet-pioneer.html

☆右上の写真は、長崎ランタンフェスティバル(旧正月)http://www.nagasaki-lantern.com/の照明に浮かぶ眼鏡橋

Jazz Begins: Sounds of New Orleans Funeral

Jazz Begins: Sounds of New Orleans Funeral

Taste of Honey

Taste of Honey

VOODOO SUITE/EXOTIC SUITE

VOODOO SUITE/EXOTIC SUITE

2014-09-02 “まぼろしの落語”「トスカ」をTBSチャンネル2で放映

Europedia2014-09-02

[]“まぼろしの落語”「トスカ」をTBSチャンネル2で放映

月末には、スカパーhttp://www.skyperfectv.co.jp/の月間番組表などを流し読みして興味のある番組の録画予約をしていくのだが、TBSチャンネル2http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/tch2/で大好きな柳家小三治師匠の「茶の湯」が9月14日に放映されるという記事が目に止まった。TBSチャンネル2の番組表サイトを開いてみると、その時間帯に柳家喬太郎師匠http://www.rakugo-kyokai.or.jp/Performers/Details/5ed8889f-76df-49f3-887e-da37d2384767の「錦の舞衣・上(にしきのまい・じょう)」http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/v2121/、「錦の舞衣・下(にしきのまい・げ)」http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/v2137/の放映もあるという。

 実は、この落語こそ15年以上聴きたいと待ち望んで果たせていなかった“まぼろしの落語”だ。2005年1月の当欄「オペラと落語が好きという方のための“雑学”」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050113や翌年の「異なるジャンルの才能が競演したときの奇跡的熱演」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060323でもふれたが、「錦(にしき)の舞衣」はオペラ「トスカ」の原作と同じ戯曲「ラ・トスカ」を元にしている。落語版「トスカ」の初演は1891年(明治24年)7月、オペラ「トスカ」の初演は1900年(明治33)年の1月14日で、落語の方が8年以上先行していたことになる。

 このことを知ったのは、1998年1月頃の朝日新聞の記事がきっかけだ。それは、「円朝版トスカ、みやびに再現」というもので、プッチーニの「トスカ」と同じ原作の、フランスの劇作家サルドゥーの「ラ・トスカ」を翻案した明治期の名人、三遊亭圓朝の「錦(にしき)の舞衣」が1998年1月に柳家小満ん師匠http://www.rakugo-kyokai.or.jp/Performers/Details/0f5c0fa4-ca62-4457-ad1d-9980509a1bedが高座にかけ、開演前にはプッチーニの「トスカ」が流れたというものだ。

 インターネットで調べた情報でその記事を補うと、三遊亭圓朝が「錦の舞衣」と題する十一回の続きものを高座に掛けたのは1891年(明治24年)7月の歌舞伎座でのことだったという。(「百年目」圓朝年譜http://5inkyo.hippy.jp/hyakunen/encyo_nenpu.html

 プッチーニの「トスカ」の初演は1900年(明治33)年の1月14日、ローマのコスタンツィ劇場(現ローマ歌劇場)でのことだから、プッチーニに先駆けること8年半前に歌舞伎座で演じられていたのだ(戯曲「ラ・トスカ」が演劇としてパリで初演されたのは1887年)。なお、圓朝はこの1900年の8月11日に亡くなっている。

 三遊亭圓朝は、当時の東京日々新聞記者(後の社長)であり劇作家の福地桜痴から聞いた話を翻案したものと思われる。

 圓朝は、歌手トスカを踊りの師匠 お須賀、画家マリオ・カヴァラドッシを絵師・狩野毬信(まりのぶ)と名付け、1837 年の大塩平八郎事件と重ね合わせ、吟味与力(スカルピア−個人的にはスカルピアこそ「トスカ」の主人公と思う)の陰謀で拷問死した夫 毬信の敵討ちを妻のお須賀が果たすまでの長い物語りに作り上げた。おそらく今回の上演も上下80分近いものと思われる。

 圓朝の傑作「死神」もリッチ兄弟作のオペラ「クリスピーノと代母」(1850年イタリア初演)とグリム童話「死神の名付け親」に基づいているそうだ。


 右上の写真はオペラ「トスカ」第3幕の舞台とされたローマのサン・タンジェロ城

下記のDVDの解説書には「圓朝のトスカ」という記事もある。

錦の舞衣

錦の舞衣

■今日のブックマーク&記事■

□「ナインアワーズ成田空港」http://ninehours.co.jp/

□トラベルボイス8月 28日記事 「リクルートとスカイスキャナーが提携、航空・旅行会社など1000社超の航空券検索・予約アプリをリリース 」http://www.travelvoice.jp/20140828-26779

□Travel By Drone http://travelbydrone.com/

2010-04-16   作曲家 グスタフ・マーラーに関するサイト

Europedia2010-04-16

[]作曲家 グスタフ・マーラーに関するサイト

 2010年はマーラー(1860年7月7日 - 1911年5月18日)生誕150周年、2011年はマーラー没後100年に当たる。その記念イヴェントなどが掲載されたサイトを集めてみた。

International Gustav Mahler Society(国際グスタフ・マーラー協会)http://www.gustav-mahler.org/english/

 同協会イヴェント・カレンダー http://www.gustav-mahler.org/mahler/events-f.cfm

ウィーン市観光局マーラー・イヤーのページ http://www.wien.info/en/music-stage-shows/city-of-music/mahler

グランドホテル・ウィーン「グスタフ・マーラーの思い出」宿泊パッケージ                 http://www.grandhotelwien.com/offers-and-packages/gustav-mahler-memories

Musikforum Viktring Klagenfurt 2010(南オーストリア)http://www.musikforum.at/front_content.php

ドッビアコ(北イタリア)グスタフ・マーラー音楽週間 http://www.gustav-mahler.it/en/index.htm

Gustav Mahler Society Czech Republic(チェコ グスタフ・マーラー協会) http://en.gustavmahler.eu/

Gustav Mahler 2011.com http://www.gustavmahler2011.com/Default.aspx

Hotel Gustav Mahler, Jihlava http://www.hotelgmahler.cz/index.php?lang=en

Gustav Mahler and Jihlava  http://www.jihlava.cz/gustavmahler/e_index.htm

GustavMahlerStichting.nl(オランダ) http://www.gustavmahlerstichting.nl/

TheMahlerConnection.eu http://www.gustavmahlerstichting.nl/content.php?contentID=16

Konserthuset.se  http://www.konserthuset.se/Default.aspx?MenuId=13&Meny=Festivaler+09-10

Gustav-Mahler-Vereinigung.de(ドイツ・グスタフ・マーラー協会) http://www.gustav-mahler-vereinigung.de/

IMSLP - 国際楽譜ライブラリープロジェクト内のグスタフ・マーラーのページ

http://imslp.org/wiki/Category:Mahler,_Gustav


当欄関連過去記事:

□“マーラーの足跡をたどる旅”から帰国しましたhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20080805

□1979年にウィーンで開かれたグスタフ・マーラー研究会の記録http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050610

研究会レポートの情報源(スタンフォード大学) http://searchworks.stanford.edu/view/2466605

□大作曲家の足跡をたどるヨーロッパの旅に役立つサイトhttp://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050601


■今日のブックマーク&記事■

□日刊トラベルビジョン(04月16日 朝刊)「欧州便が混乱、アイスランドの噴火」

http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=44546

マーラーの思い出

マーラーの思い出

マーラーと世紀末ウィーン (岩波現代文庫)

マーラーと世紀末ウィーン (岩波現代文庫)

2008-12-05 クラシック・ファンにおすすめのサイト

Europedia2008-12-05

[]クラシック・ファンにおすすめのサイト

 以前にも紹介したウイーン在住20数年目を迎えたという旅行会社勤務はっぱさんが運営している「たまにはオーストリアちっく」が「パート3」http://happawien.jugem.jp/になり、アドレスも変わったのであらためて紹介しておこう。最近は、旅行関係のネタよりコンサートやオペラに関する記事が多く、日本の音楽雑誌を読んでいては伝わってこない“赤裸々”な話が次から次へと繰り出されている。

 「たまにはオーストリアちっく」の記事http://happawien.jugem.jp/?day=20081127で知ったのだが、イギリスのグラモフォン誌2008年12月号http://www.gramophone.co.uk/publications_detail.asp?pub=1に「世界のオーケストラ・ランキング」が載ったようだ。記事によれば、「1位はアムステルダム・コンセルトヘボー、次がベルリン・フィルで、3位にウィーン・フィル。4位がロンドン交響楽団。5位にシカゴ交響楽団。日本はサイトウ記念オーケストラが19位」だそうだ。

グラモフォン誌のサイトにはランキングが掲載されていないので、探してみると「天井桟敷のクラシック」http://hironominv.blog.so-net.ne.jp/に「英グラモフォン誌のオーケストラランキングhttp://hironominv.blog.so-net.ne.jp/2008-11-24という解説付き記事があった。

「天井桟敷のクラシック」は、“買うCDは激安廉価盤、行くコンサートは価格の安い天井桟敷。それでも音楽の価値は変わらない?!”という見上げた根性のブログだ。

 先日、友人たちの集まりで、学生時代から下手なヴァイオリンを引いて厚かましくも自分出演のコンサートの切符を売りつけるという迷惑な友達に久しぶりに会った。相変わらず懲りずにヴァイオリンをギコギコ挽いて周囲に迷惑を掛け続けているようだった。

そういう友達がいる人は、「YouTubeシンフォニーオーケストラ」http://jp.youtube.com/symphonyjpを紹介して上げるとよい。

 サイトから引用させてもらうと“世界初のオンライン・コラボレーション・オーケストラに参加しませんか?世界中の音楽家を、YouTubeシンフォニーオーケストラのオーディションに招待します。あなたの動画は他の音楽家の動画と組み合わされて、一つのコラボレーション演奏動画となります。また世界中のユーザによる投票により、2009年4月15日にカーネギー・ホールで演奏する演奏家が選出されます。

1. 準備 - 楽器を選択して楽譜をダウンロードします。指揮者の動画にあわせて練習してください。

2. 応募 - 演奏を録画した動画をアップロードしてYouTubeシンフォニーオーケストラのメンバーとして演奏するためのオーディションに応募します。

1. エントリー動画 - 他の人の動画を参考にしたり、オーディションの状況をチェックできます”

 という仕組みだ。迷演奏家に身の程を知ってもらうには格好のサイトと思いませんか?

2008-08-21 世界一の情報量を誇るオーケストラ・リンク集

Europedia2008-08-21

[]世界一の情報量を誇るオーケストラ・リンク集

 9月出発予定のヨーロッパ旅行の下調べにオーストリアやポーランドの音楽会スケジュールをチェックしようと思って、久しぶりに、世界中の400以上のオペラ・ハウスのスケジュールが検索できるOperabase http://www.operabase.com/世界40都市のクラシック・コンサートとオペラ検索できるOpus 1 Classical http://www.opus1classical.com/、月刊音楽情報誌「ぶらあぼ」のホームページhttp://www.mde.co.jp/の「海外公演情報」などを調べてみた。

残念ながら、どうしても聴きたいというオペラやコンサートは旅程上に見つからなかった。チョット、期待できそうなのはクラコフ滞在中に開催される現代音楽祭Krakow's 6th Sacrum-Profanum Festival http://www.krakow-info.com/4sacrum.htmだ。

 このように海外の音楽会を調べるときに情報不足だったのが、シンフォニー・オーケストラなどのクラシック・コンサート主催団体のリンク集だった。

 以前、世界のオーケストラ、音楽会場、音楽祭、プロモーターのリンク集ORCHESTRAL NEWS http://www.jwoollard.freeserve.co.uk/ を紹介したが、使い勝手と情報の更新頻度は必ずしもよろしくない。

 ところが、思いがけないサイトで(と言っては失礼だが)「世界一のオーケストラリンク」を見つけた。それは、「ウィーン・ファンにお薦めしたいホームページ」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050106で紹介した「たまにはオーストリアちっく パート2」http://www2.diary.ne.jp/user/143218だ。

 肝心なリンク集は、その2008/08/13 (水)の記事「2010年と11年はマーラーの年」の中で“間違いなく世界一の情報量を誇るオーケストラ・リンク集”として紹介されている「東西南北交響楽団」http://www.geocities.jp/orcheseek/orch/index.htmlだ。トップページには「こんなページ、誰か作ってくれないかなぁと思っていましたが、誰も作る気配がなさそうだったので仕方なく自分で作りました。どんどん使ってやってください」と書かれており、orcheseek(International Edition)という英語版まで設けられている。

ところで、「たまにはオーストリアちっく」には「旅行作家の山口俊明氏が、先月、マーラーの足跡を辿る旅をされた。アップ予定の旅行記も楽しみ(さりげなくプレッシャー (^O^))」との記事もあった。ご本人は、プレッシャーにもめげず次の旅から帰るまでほとんど手つかずで日本を脱出する心づもりのようだ。しかも、「1974年の欧州鉄道旅行をいよいよ再現」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20080118の旅行レポートも、「第15日目 フィレンツェ滞在」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20080325で挫折してしまったままでだ。

当欄関連過去記事:

「カスタマイズ可能なイベント情報サイトEventful」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20071017

「JAL観光&観戦観劇チケット一括検索スタート」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20061019 

「海外のお祭り・イベントの情報を集める方法 その2」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060124

「“マーラーの足跡をたどる旅”から帰国しました」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20080805

2007-10-23  映画のオリジナル・サイトでロケ地探訪の旅に

Europedia2007-10-23

[] 映画のオリジナル・サイトでロケ地探訪の旅に

 映画の舞台を訪ねたいときはGoogle等の検索エンジンで「映画 原題」と検索すればたいていのロードショー作品は映画会社が作るオリジナル・サイトが見つかる。話題作や名作であれば、そのファンが舞台を追って旅したサイトも見つかるだろう。もちろん、有名な映画なら日本語サイトからもたっぷりと情報が探し出せる。

 数年前に、「ハンニバル フィレンツェ」と検索すると2,000件以上がヒットし、そのうちの30ほどは目的にピッタリとかなったサイトだった。おまけに、「フィレンツェが登場する映画」などというページまで見つかったものだ。

映画のオリジナル・サイトには、ロケ地マップが付いているものも多くなった。たとえば、先週WOWOWで放映した映画「クリムト」の公式サイトhttp://www.klimt-movie.com/には、「クリムト観光マップ」というページがあった。

 当欄の「映画サイドウェイとワインの旅」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050322で紹介したように、映画「サイドウェイ」の公式サイ内トにも「サイドウェイ」ワイン・マップhttp://www.foxjapan.com/movies/sideways/special/があり、マップ上のワインボトルにマウスを載せて詳細を見ることができる。

 オリジナル・サイトを見つけるのには「劇場公開映画リンク集」http://www.eiga-site.info/というサイトも役立つはずだ。

 これらのオリジナルサイトは、映画公開後も数年残されているものが多い。ビデオの販売やケーブルテレビなどでの再放映を考慮してのことだろう。

 映画の舞台を訪ねる専門サイトもできている。Famouslocations.com http://www.famouslocations.com/index.php は有名な映画のロケ地に関する情報と画像が検索できる。たとえば、“third man”「第三の男」と検索すれば7カ所ほどのロケ地のデータと画像が現れる。トップページはウェブマガジン風になっており、新作映画のロケ地が取り上げられている。映画ファンが旅行計画を立てるときには役立つだろう。

 最近見つけたAll Movie http://www.allmovie.com/という映画のデータベース・サイトはその網羅性の高さに驚かされる。私の好きな映画ベスト5に入る1970年公開のベルトルッチ監督の映画「暗殺の森」も英語の題名“The conformist”と入れて検索すると詳細が表示された。1961年公開のアラン・レネ監督の「去年マリエンバードで」も“Last Year at Marienbad”で出てきた。ほとんどが、公開時のポスター画像付きなのも嬉しい。

各国の政府観光局も「映画ロケ地マップ」などのパンフレットを作っているところが少なくないが、最近は、話題の映画とロケ地をプロモートするサイトまで用意され始めた。

 たとえば、ミュージカルや映画の「マリー・アントワネット」上演を機に、オーストリアとフランス政府観光局が共同でマリー・アントワネットをプロモーションするサイト「マリー・アントワネットゆかりの地を訪ねる旅」http://210.136.3.51/france/marie_antoinette/ といったものもある。

政府観光局の映画関連サイトなどは、既に紹介したツアーオペレータ「ユーロツアー」のサイトhttp://www.euro-tour.co.jp/ のトップページ上段にある「情報ファイル」の「文学・映画http://www.euro-tour.co.jp/ef-bungaku.htmlをチェックするとよい。「注目の『マリー・アントワネット』ゆかりの地を訪ねて!」や「英国、映画『プライドと偏見』のロケ地を訪ねて!」、「ベストセラー『ダ・ヴィンチ・コード』を片手に巡るパリ!」、「英国、映画『ハリーポッター』の舞台を訪ねて!」といった記事が、関連サイトへのリンクとともに掲載されている。

 最後に、既に紹介済みの映画関連サイトや当欄過去記事を列挙しておこう。

□ジャパンイタリア・トラベルオンラインの連載記事「イタリア映画の旅」

http://www.japanitalytravel.com/back/archivio_03.html#eiga

□FilmFestivals http://www.filmfestivals.com/index.shtml 

□AirlineMeals.net(英語)の映画に登場した機内食を紹介するページhttp://www.airlinemeals.net/indexMovies.html

■「有名人の墓や好きな映画の舞台を訪ねるのに役立つサイト」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040322

■「海外で“シネマの旅”を楽しむのに役立つホームページ」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050629

■「 映画「フレンチ・キス」と南仏のワイン造りの村を訪れる旅」

http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050324

☆右上の写真は ウィーンのFilmmuseum http://www.filmmuseum.at/jart/projects/fm/main.jart入り口

世界の映画ロケ地大事典

世界の映画ロケ地大事典

2007-05-09 海外音楽鑑賞旅行情報の宝庫 ORPHIQUE

Europedia2007-05-09

[] 海外音楽鑑賞旅行情報の宝庫 ORPHIQUE

 ORPHIQUE http://orphique.clique.jp:80/は、オペラ、コンサートのチケットと組み合わせるヨーロッパ個人旅行のコンサルティングと予約手配を全部やってくれる会社Opera Tours Orpheus の運営者が、本業とは別個に新たに開いたホームページ。

 トップに「5000 km/年できれば、走ろう。10 日間/年くらいは、滑ろう。10 時間/月よりも、さらおう。10分間/日だけ、聴こう」という言葉が掲げられており、「無音の音楽旅行会社で仕事するワタシが聴いた『今日の10分』、とは?」という“SOHO日記”を中心とする構成。

 しかし、右フレームを見ると分かるが、海外で音楽鑑賞をというクラシック音楽ファンには大助かりの「リンク集」、「データ集」となっている。

音楽鑑賞旅行情報の宝庫である右フレームの「赤ボタン」について説明させてもらおう。

○OPERA 06/07版(07年7月まで)の「海外公演一覧」が、PDFとエクセル形式で公開されている。

○TOURS 運営者の実体験が基になった、貴重な音楽の旅のヒントが掲載されている。

  “ガイドブックに如何にも書いてありそうな「ご注意」”は省略とのこと。

○ORPHEUS 旅行会社としてのOpera Tours Orpheusの業務について簡単に説明。

○Links 運営者がコツコツと集めた「お気に入り」を気前よく公開。

 実用的なものばかりで“もしかしたら世界最強の音楽旅行リンク”。

○Report 運営者の「旅行記」のタイトルを列記。旅行記の詳細も公開の予定とか。

○about m.s. SOHO内の写真(楽譜と音楽書籍で埋めつくされている)。

○Archive 「今日の10分」の過去ログ。

勝手にSOHOと呼ばせてもらったが、私の考えではSOHOとは一般に言われるようなSmall Office/Home Officeではなく、Specialist Office/Home Doctor Officeだ。とくに、旅行に関するSOHOは、観光旅行に限らず国際移動に関わるすべてのアドバイスをもらえるので、主治医や顧問弁護士のように頼りにな存在であり得るし、そうあるべきだと思っている。

もっとも、SOHO側にしてみれば、個人で行き届いた対応のできる顧客数には限りがある。したがって、“客を選ぶ”というポリシーが、他の顧客に対するサービスの質の維持にも欠かせないはずだ。

 昔、オーダーメイドの個人旅行専門会社に勤務していた頃、いきなり情報やノウハウの開示を求める顧客に対して、「私どものスタッフは、当社をお選びいただいたお客様に時間を割くことを優先させていただいております。もし、お申し込み前のお客様に事前に情報提供等を行うと、お申し込みのお客様にその費用の負担が回ってしまうことになります。また、お客様が情報のみを当社からお受けになって、他の旅行会社に手配を依頼された場合、その旅行会社には“情報”に対する責任が取れません。実は、それに起因するトラブルが多発しているのです。どうか、まず会社選びをお済ませになってください」といった対応をおこなっていた。

 インターネットの普及以前だったので、情報コストが大変高く、そのような対応をせざるを得なかったという側面もあるが、上記の論理に対して文句を言うお客さんはまずなかった。

最近、インターネットを活用してオーダーメイド手配を行うスペシャリストが増えてきたが、一定の成果を上げているのは得意分野を持ったSOHO的旅行会社に多いようだ。

■今日のブックマーク&記事■

□OK-TOURS http://www.ok-tours.cz/accommodation/hotels/index.php

チェコの旅行会社のホームページ。Prague Events & Newsのページには、音楽祭チケットなどを含んだパッケージが紹介されている。最近の海外サイトによくあることだが中国語ページはあるが日本語ページはない。

□総合情報ネット・スペイントレンディーhttp://www.spaintrendy.com/index.html 

 「旅行情報」のページにはスペイン現地発着のユニークなツアーやスペイン各地の多様な食・酒文化を紹介する「味わってグルメ旅行」などのページがある。「カルチャー」には、フラメンコや闘牛、ミュージック情報、演劇・歌劇・シアターなどの情報が並ぶ。

イタリア音楽散歩 (ほたるの本)

イタリア音楽散歩 (ほたるの本)

2007-01-31 「YouTube」で幻のコンサートを鑑賞

Europedia2007-01-31

[]「YouTube」で幻のコンサートを鑑賞

 急成長している動画共有サイトYouTube http://www.youtube.com/は、比較的無名な土地もビデオで仮想訪問できるようになってきた。当欄の1月16日付け記事でふれた個人的思い入れのあるギリシャのSkopelos島を検索してみると島民や観光客が投稿した19本ものご当地ビデオを見ることができた。

それ以上に嵌ってしまったのが、自分の好きな音楽家の懐かしいコンサートやCDで手に入らない戦前の演奏をYouTube で探す作業だ。おかげで、昨晩は夜更かししてしまった。

まず、戦前活躍したテノール歌手「Richard Tauber」をYouTube検索すると、シューベルトのセレナーデなどが視聴できた。友人の曾祖父でもある戦前の伝説的バリトン歌手Apollo Granforte」で検索すると動画はなく静止画像のみでリゴレットを聴くことができた。

 次に戦前のドイツ・オーストリア映画映画音楽を探してみた。「Kongress Tanzt」(会議は踊る)で探すとLilian Harveyが歌う「Das gibts nur einmal」(ただ一度だけ)が聴けた。戦前の映画音楽の名曲「Tango notturno」(夜のタンゴ)で探すとPola Negri が歌う姿に出会えた。

Zarah Leanderの「南の誘惑」などのメドレー画像もあった。

なお、動画抜きでよければ、曲名や歌手名とMP3といった複合形式で検索すればより数多くの名曲を聴くことができる。

 1977年にウィーンでライヴを聴いたピンク・フロイドのコンサートが試聴できるかと「Pink Floyd Vienna 」で検索するとなんと5本ほどのビデオが視聴できた。ついでに、「King Crimson」で検索するとプログレッシヴ・ロックの代表曲とも言える「in the court of the crimson king」が聴けた。

 シャンソンでは、「Barbara Olympia(劇場)」で検索すると、一番好きな「ナントに雨が降る」をたっぷりと聴くことができた。来週ライヴを聴きに行くことになっている「Charles Aznavour 」で検索するとハンカチを投げ捨てて舞台を去るパフォーマンス付きでLa bohèmeを楽しむことができた。アズナヴールとミレイユ・マチューのデュエットやプラシド・ドミンゴとアズナヴールの共演まであった。

 クラシックでは、チェリビダッケの若き頃の指揮ぶりが見られる「Celibidache conducts the Berlin Radio Symphony Orchestra in 1946」やピアニスト・ミケランジェリとの共演の「Ravel Piano Concerto 1st Mov.」なども鑑賞できた。

ほかにもMravinskyの指揮やCarlos Kleiberの「薔薇の騎士序曲」、シュワルツコップフとウィーンに住んでいた頃にファンになったオクタヴィアン役のJurinac(ユリナッチ)の「薔薇の騎士」などの歴史的名演が聴けた。

チャイコフスキーの「Souvenir de Florence」(フィレンツェの思い出)を探してみると、室内楽による演奏は見つからなかったが同曲のバレエ化のリハーサルに出会えた。

 ジャズではMorgana Kingが歌う、"A Taste Of Honey" や 「Jazz suite Shostakovich」でショスタコヴィッチが作曲した郷愁を誘うワルツ“Jazz Suite No.2-Waltz”が視聴できた。

 これは、YouTube ではないが、Googleで「Aranjuez Clarinet」と検索すると、30年以上前に愛聴していたものの、どうしても演奏者が思い出せないクラリネット独奏のジャズ風アランフェス協奏曲がJEAN-CHRISTIAN MICHEL の演奏であり、そのオフィシャルページhttp://www.jean-christian-michel.com/en/aranjuezconcerto.htmlでホンのさわりが聴けることも分かった。 

最後に、すでに当欄で取り上げた関連サイトも挙げておこう。

□「ワッチミー!TV」http://www.watchme.tv/  

フジテレビラボLLC合同会社が運営するインターネット上での映像発信プラットフォーム。「YouTube」に似た機能だが、著作権のチェックの仕組みをより厳格化しているという。

□Stage6 http://stage6.divx.com/index 視聴にはプラグインソフトのインストール(無料)が必要だが「YouTube」より高画質・高音質。

■今日のブックマーク&記事■

□CruiseTip.tpkeller.com http://cruisetip.tpkeller.com/

外国船のクルーズに個人で参加したときに戸惑うのがチップだそうだが、おなじみのJOHNNY JET'S TRAVEL PORTAL http://www.johnnyjet.com/のメールマガジンに、妥当なチップ額を試算できる便利なサイトが紹介されていた。トップ画面左上のInstructionsや Exampleで利用方法を把握することができるだろう。

YouTube 動画共有サイト完全攻略ガイド (アスキームック)

YouTube 動画共有サイト完全攻略ガイド (アスキームック)

Das Gab's Nur Einmal

Das Gab's Nur Einmal

 

2006-10-03  30年ぶりにヴィルサラーゼのピアノが聴ける!

Europedia2006-10-03

[] 30年ぶりにヴィルサラーゼのピアノが聴ける!

1976年9月〜1979年10月の3年間に渡るウィーン滞在中に錚々たるピアニストの名演を聴くことができた。ミケランジェリ、ポリーニ、アシュケナージ、フリードリッヒ・グルダ(チック・コリアとのデュオも聴いた!)、イェルク・デームス、バレンボイムなどなど。しかし、誰よりも印象的な演奏を聴かせてくれたのは日本ではほとんど無名だった30代半ばの女性ピアニスト、エリソ・ヴィルサラーゼ( Eliso Virsaladze)だった。 「1976年9月〜1979年10月ウィーン音楽会鑑賞記録」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040201のページにも記したが1976年12月6日にコンツェルトハウス大ホールで開かれた演奏会で、シューベルトのピアノ・ソナタ ニ長調 Op.53 D.850 、プロコフィエフのSarkasmen(風刺)、シューマンのクライスレリアーナなどが演奏された。とくに、アンコールの小品が鮮烈に印象に残っている。演奏会のその日から、このピアニストの名前だけは忘れまいと頭に刻みつけた。

 20歳のときチャイコフスキーコンクール3位入賞という比較的地味な経歴だが、現在は世界的に認められたピアノ教育者として知られており、演奏面での活躍はほとんど報じられていなかった。

 その彼女がサンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団(旧称レニングラード・フィル)とともにこの11月に来日し、22日(水)に東京サントリーホールで演奏会http://www.japanarts.co.jp/html/2006/orchestra/st_petersburg/index.htmを開く。

 演目は、リャードフの「キキモラ - 民話」 op.63、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番が予定され、彼女の演奏ではないがショスタコーヴィチのオラトリオ「森の歌」との組み合わせになっている。

 インターネットで彼女の名を検索してみると“ヨーロッパの中心ベルギー、ブリュッセルより発信中”の「ゴロウ日記 」に「ヴィルサラーゼ爆発」 http://www.gorodiary.com/archives/2006_4_29_248.php という記事があった。

そう言えば、今日は「ローソンチケット」http://www.lawson.co.jp/lawson_pass/ticket/index.html#topから、先行予約で取っておいた来年2月の「シャルル・アズナブール“ラ・ボエーム最終章 ありがとう、さよなら日本公演」http://www.conversation.co.jp/schedule/aznavour/ のチケットも届いていた。

ヴィルサラーゼもアズナブールもこれまで何度か来日公演したそうだが、聞き逃してしまっていた。これからは、後悔することのないように、「@電子チケットぴあ」http://t.pia.co.jp/や「チケット・クラシック」http://www.classic-japan.com/、「チケットポンテ」http://www.tponte.com/、ソニーグループとセゾングループが合同で作ったチケット販売サイト「イープラス」http://eee.eplus.co.jp/index.htmlなどに網を張って、聞き逃さないようにしよう。

参考記事:「日本でも演奏会チケットの直前半額販売が本格化」 http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040909

☆右上の写真はウィーンのコンツェルトハウス http://konzerthaus.at/外壁にある作曲家グスタフ・マーラーhttp://en.wikipedia.org/wiki/Gustav_Mahlerのレリーフ

2006-05-22 送料・発券手数料無料のクラシック専門“プレイガイド”

Europedia2006-05-22

[] 送料・発券手数料無料のクラシック専門“プレイガイド”

住まいがコンサート会場が集中する渋谷にあるので、生の演奏に接する機会には恵まれている。しかしながら、ヨーロッパと違い入場料が高いので「1976年9月〜1979年10月ウィーン音楽会鑑賞記録」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040201に書いたように片っ端から聴きまくるというわけにはいかない。そこで、「チケットポンテ」http://www.tponte.com/など、インターネットによる半額販売を利用することが多くなっている。

 しかし、どうしても聴きたいコンサートは滅多に流れてこない。そういうときは、定価で買わざるを得ないのだが、オンラインで購入すると定価に送料・発券手数料が加算されるのが通常だ。チケットポンテでさえ「チケット当日お取置き料」として購入枚数1枚につき300円(税別)が必要だ。

 ところが、「チケット・クラシック」http://www.classic-japan.com/は、「音楽界の新しいチケットの買い方です。送料無料、チケット発券手数料も無料」という。しかも、コールセンターは毎日24時まで営業しており、インターネットで申し込んでおいて翌日希望の時間に「お席選びのお手伝いをするオペレーターより電話で連絡させて頂く」こともできる。

「チケット・クラシック」のトップページを見ると公演を「日付で探す」「ジャンルで探す」の2つの選択方法が提示してあるが前者は現在「メンテナンスとシステム入れ換えのため」休止中だ。

「海外プレミエ情報」http://classic-japan.cocolog-nifty.com/premiere/や「国内外のクラシック音楽関連ニュースをデイリーでお届け」する「世界のニュースを毎日速報」http://classic-japan.cocolog-nifty.com/news/のコーナーもあり、海外での音楽鑑賞旅行にも役立つだろう。

 クラシック・ジャパンはUSEN&楽天グループの ShowTime http://www.showtime.jp/を通じて「日本で初めての、インターネットによるクラシックのライブ映像の配信」という「ライブ!ジャパン」も有料でおこなっている。配信内容や料金の詳細はShowTime ミュージックhttp://www.showtime.jp/music/のページの下方にあるCLASSIC JAPANの項を開くとよい。

 クラシック・ジャパンは公演の情報を無料配布の月刊情報誌「チケット・クラシック」(毎月15日発行)でも提供している。「チケット・クラシックには、チラシだけでは伝えられないアーティストの鼓動、音楽ファンが知りたい情報満載」だそうだ。 情報誌は、「チケットのご購入から半年間は無料でお手元にお送り」するという。半年に1回以上チケット購入すれば無料で届き続けるというわけだ。

 「送付代2,000円をお支払い頂きますと、1年間 『月刊 TICKET CLASSIC』を郵送いたします。チケット・クラシックでは2,000円相当のポイントプレゼントがありますので、後にチケットを購入いただきますと、実質的に無料で手に入れることができます」という便利なシステムも用意されている。もっとも、「お近くのレコードショップ、ホールでも」無料配布されているそうだ。メールマガジンも発行している。

関連過去記事:

「日本でも演奏会チケットの直前半額販売が本格化」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040909

2006-05-09  旅の思い出に“音楽・演劇鑑賞記録”を作ろう

Europedia2006-05-09

[] 旅の思い出に“音楽・演劇鑑賞記録”を作ろう

旅先で、音楽や演劇を鑑賞したらその鑑賞履歴を作っておくと良い旅の思い出になる。そのためにも、旅先で“音楽会鑑賞メモ”をノートなどにつけておくとよい。入場券や公演プログラム、イベント・カレンダーなども後々資料として役立つので保存しておこう。

最近は、コンサート会場やオペラハウス、公演主催団体などのホームページに過去の公演記録が掲載されているケースも多い。そのページからコピー&ペーストで自分の鑑賞履歴をワープロで書き上げていくと楽だ。

 情報源となるホームページを見つけるには、世界のオーケストラ、音楽会場、音楽祭、プロモーターのリンク集ORCHESTRAL NEWS http://www.jwoollard.freeserve.co.uk/が便利だ。COUNTRIESの項に主要オーケストラへのリンクと都市名が並び、都市を開くとFestivalsなども含んださらに詳しいリンク集が開く。CONDUCTORS の項には小澤征爾氏など世界指揮者の名前が並び名前を開くと各指揮者の公演予定が並ぶ。残念ながら情報更新に遅れが目立つが、オペラに関するリンク集は多数あるがコンサートに関するものは皆無に近かったので貴重な存在だ。

 オペラハウスのホームページは、世界中の400以上のオペラ・ハウスのスケジュールや140にも上る夏の主要音楽祭のスケジュールが検索できるサイトOperabase http://www.operabase.com/の左フレームにあるMapからオペラ・ハウスを探し、オリジナル・ホームページへのリンクを見つけるとよい。ホームページがありながらリンクが張られていないケースもあるので、その場合は正式名称をGoogle等で検索するとよい。

ウィーンの公演会場に関しては、日本語サイト「ウィーン観光情報」http://wien-jp.com/ のリンク集にある「■滞在情報 音楽(会場含)」http://wien.main.jp/link/musik.htmlが頼りになる。

過去の公演記録をすぐに消してしまうようなホームページもあるが、その場合は、以前取り上げたことのあるInternet Archive http://www.archive.org/のWayback Machineという機能の出番だ。検索ボックスに見たいホームページのURLを入れると、なんと、世界中のほとんどのホームページの過去の状態がそのまま保存されており、閲覧が可能なのだ。下層ページや画像ページなど一部見られないケースもあるが、失われたコンサート情報等を調べたいときには実に便利なタイムマシンだ。

 実は、このゴールデン・ウィークの間に、もう30年前に遡るが3年間に渡るウィーン滞在中に鑑賞したコンサートの鑑賞記録を“復元”してみた。滞在中につけていた“音楽会鑑賞メモ”と入場券や公演プログラムを参照しながら、公演会場のサイトで演奏者や演目などでデータを拾って、ほぼ完璧な記録を作り上げてみたのだ。

情報源となったのはウィーン・フィルの本拠でもある「楽友協会」 http://www.musikverein-wien.at/の日本語ホームページの「絞込検索http://www.musikverein-wien.at/suche/sucheErweitert.asp と、ウィーン交響楽団の本拠である「コンツェルトハウス」 http://konzerthaus.at/のDatenbanksuche(データバンク検索http://konzerthaus.at/archiv/datenbanksuche/ページだ。ピンクフロイドやルー・リードなどクラシック以外の公演も入っている。

 作業をしているうちに、バーンスタインやカラヤン、ベーム、ムラヴィンスキー、ショルティと錚々たる巨匠の生演奏に接することができた時代が鮮明に甦ってきた。

 残念ながら、オペラオペレッタインターネット上のデータベースが見つからなかったので、先送りしたが、いずれ作るつもりだ。

興味のある方は、下記ページをご覧いただきたい。

「1976年9月〜1979年10月ウィーン音楽会鑑賞記録」

http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20040201 

ウィーン・フィル 音と響きの秘密 (文春新書)

ウィーン・フィル 音と響きの秘密 (文春新書)

2006-05-08  ヨーロッパ2006年夏の音楽祭

Europedia2006-05-08

[] ヨーロッパ2006年夏の音楽祭

間もなく、ヨーロッパの夏の音楽祭シーズンが始まる。今回は、その音楽祭の情報を集める方法を紹介しよう。

 世界中の400以上のオペラ・ハウスのスケジュールや140にも上る夏の主要音楽祭のスケジュールが検索できる便利なサイトOperabase http://www.operabase.com/ を先ず第一に挙げよう。音楽祭に関してはOperabase Festivals 2006のページhttp://www.operabase.com/festival.cgi?lang=enで国別・タイプ別の一覧ができる。Performance Search http://www.operabase.com/oplist.cgi?id=none&lang=en&ask=t  を使えば、月日や都市、歌手、曲名、指揮者などさまざまな組み合わせで世界中の400のオペラ座のスケジュールが検索できる。たとえば、Composer欄にMozartと入れて12月末までのスケジュールを検索してみると、東京も含めた数百のモーツァルト作品オペラ公演がリストアップされた。

 Houses and Festivals のコーナーでは地図からの検索も可能で、地方オペラを訪ねる旅を計画中の人にも最適だ。

 Opus 1 Classical http://www.opus1classical.com/ という世界のクラシック・コンサートとオペラ検索できるサイトも便利だ。International Concert Highlights という文字の右側のプルダウンメニューで主要66都市の中から選べば、その都市の直近のおすすめ演目が並ぶ。

トップバーのFestivalsをクリックすれば各国別の音楽祭検索ページが現れ、それぞれの音楽祭主催団体ホームページへのリンクも張られている。

 日本語のクラシックを中心とした演奏会スケジュール情報は、クラシックとダンス・バレエの月刊音楽情報誌「ぶらあぼ」のホームページhttp://www.mde.co.jp/にも掲載されている。トップフレームの「海外公演ナビ」から各歌劇場やオーケストラの公演スケジュールの膨大なデータベースを覗いていくことができる。「2006年/夏の音楽祭」の特設ページも充実している。

 なお、トップバーにある「 TV&FMナビ」は、日本で放送されるクラシック番組を見つけるのに実に役立つ。

 初夏の音楽祭シーズンの幕開けはこの5月12日に開幕される「ウィーン芸術週間(フェストヴォッヘン」http://www.festwochen.at/wf_servlet/Main と言えるだろう。外国からの参加も多く18カ国165公演に及ぶ。市庁舎前広場での開幕式(無料)は12日の21:20(現地時間→日本時間は+7時間)Christian Arming指揮、ウィーン交響楽団で行われる。オーストリア放送協会のホームページを見たところ、残念ながらインターネットによる生中継はないようだが、他の演目の中には放送協会のラジオ放送サイトhttp://radio.orf.at/のÖ1局によるインターネットによる生もしくは録音中継が行われるものも少なくない。オーストリア放送協会の!聴き方については当欄の「ウィーン・フィル を日本で聴く。それとも..... 」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050127を参照いただきたい。

 そう言えば、先週金曜日の深夜にNHK BS2の「クラシック・ロイヤルシート」http://www.nhk.or.jp/bsclassic/crs/index.htmlで2001年の「ウィーン芸術週間 オープニング・コンサート」が放送されていた。今年の開幕演奏会もずいぶん先の放送になるのだろうか。

なお、ハイビジョンも含めたNHK BSのクラシック番組は「BSクラシック ナビゲーション」http://www.nhk.or.jp/bsclassic/のページでチェックするとよいだろう。 

 ついでに、オーストリアの他の夏の音楽祭も紹介しておこう。

「ザルツブルク・フェスティバル」(7〜8月)http://www.salzburgfestival.at/

「メルビッシュ・夏のオペレッタ音楽祭」(7月中旬〜8月末)http://www.seefestspiele-moerbisch.at/home/index-e.htm

「ブレゲンツ夏の音楽祭」(7〜8月)http://www.bregenzerfestspiele.com/

「バート・イシュル オペレッタフェスティバル」(7〜8月)http://www.leharfestival.at/ 

以下は、「ぶらあぼ」の「ウィーン芸術週間」スケジュール・ページ

2006年5月/音楽祭 ウィーン芸術週間

http://navi-oversea.mde.co.jp/blog/c/10000580.html#festwochen 

2006年6月/音楽祭 ウィーン芸術週間

http://navi-oversea.mde.co.jp/blog/c/10000717.html#festwochen

祝祭の都ザルツブルク―音楽祭が育てた町

祝祭の都ザルツブルク―音楽祭が育てた町

2006-03-23  異なるジャンルの才能が競演したときの奇跡的熱演

Europedia2006-03-23

[]異なるジャンルの才能が競演したときの奇跡的熱演

 音楽や芸能で全く異なるジャンルの才能が競演したときに、才能が互いを刺激し合って、思いもかけぬ熱演が生まれることがある。

 昨夜、CS放送の「ep055チャンネル」http://www.epep.jp/introduction/という無料放送で“Music Profile フレディ・マーキュリー〜語られなかった真実”という番組をやっていた。クィーンのフレディ・マーキュリーの素顔を追った好番組だったが、その中で偉大なソプラノ歌手モンセラ・カバリエとフレディ・マーキュリーが1987年に彼女が滞在していたバルセロナのホテルで一晩歌い明かす模様が映されていた。

 意気投合した二人は、1988年に「バルセロナ」というアルバムをリリースし、1992年のバルセロナオリンピックの開会式でマーキュリー&カバリエで歌われることになっていたようだ。しかし、前年フレディは他界し、本番では同じくスペイン出身のカレーラスがフレディのパートを歌ったという。「バルセロナオリンピック開会式」のビデオを見返してみると、確かにそれらしいシーンが短く残っていた。

 このアルバムについては「趣味の問題2」の「バルセロナ / フレディ・マーキュリー & モンセラ・カバリエ」http://park5.wakwak.com/~rung/mt/archives/000268.htmlや「今さら?QUEENのツボ」の「アルバム『BARCELONA』について」http://www.inaka.com/~tsubo/barcelona.htmlに詳しく書かれている。

このようなコラボでは、クラシックピアノの巨匠フリードリッヒ・グルダとジャズピアニスト チック・コリアがウィーンの楽友協会ホールでデュオを演じたのを30年ほど前に見たことがある。2004年に牧阿佐美バレエ団が「ピンク・フロイド・バレエ」でマネーや吹けよ風・呼べよ嵐、エコーズなど12ほどの曲をバレエ化したものを見た。

 昨年は、立川志の輔http://www.shinosuke.com/の「志の輔らくご in 下北沢」という落語と文楽の競演を楽しませてもらった。

落語とオペラは多くの共通点を持っているようで、プッチーニの「トスカ」が1900年にローマで初演されるよりも8年半前に、同じフランスの劇作家サルドゥーの原作の、「ラ・トスカ」を翻案した明治期の名人、三遊亭圓朝の落語「錦(にしき)の舞衣」として演じられていたことやオペラと落語をミックスした創作噺集「オペラと落語の交差点」http://www.geocities.jp/pbbbc071/という愉快なサイトがあることなどを当欄の「オペラと落語が好きという方のための“雑学”」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050113で取り上げたこともある。

 最近の“競演”で面白かったのは2週間ほど前に放映された「題名のない音楽会21」http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/の「錦織健のオペラ・セレクト20!」だ。オペラのアリアがトリノ・オリンピックのフィギュアスケート・プログラムで数多く使われたことは周知のことだが、その映像と本物のオペラ歌手のアリアを見事にシンクロさせた好企画だった。

 「題名のない音楽会21」はこれに味を占めたのか、そのホームページに3月26日には「祝フィギュア金『トゥーランドット』の魅力」を予告しており、「世界中を魅了したフィギュアスケートの荒川静香選手。金メダルの美しい演技を彩った音楽がオペラ『トゥーランドット』です。今回は様々なアーティストたちが歌う『トゥーランドット』を集め、その魅力を徹底解剖します。お楽しみに!」とあった。また、スケートの映像を楽しませてくれるのだろう。

 「題名のない音楽会」では、かつて美空ひばりに「トスカ」の「歌に生き、恋いに生き」を歌わせたという実績もある。

ところで、今週の土曜日には茂山千之丞さんhttp://www.soja.gr.jp/kouen_annai/index.htmlの「狂言風オペラ フィガロの結婚」を楽しませてもらう予定だ。

Barcelona

Barcelona

Freddie Mercury / Solo (10-CD & Two DVDs [Region 2 - PAL])

Freddie Mercury / Solo (10-CD & Two DVDs [Region 2 - PAL])

2006-02-13 旅心をかき立てる名曲の探し方

Europedia2006-02-13

[] 旅心をかき立てる名曲の探し方

今日は、以前メールマガジン「海外個人旅行 特別講座」にも書かせてもらった話から書かせてもらいたい。5年ほど前の3月頃だったと思うが、NHK BSのペレス・プラド(Perez Prado)の伝記番組「マンボ No.5」で哀愁を帯びた印象的なラテン音楽が流れた。番組によれば、この「エキゾチック・アメリカ組曲」(Exotic Suite of the Americas)の「二つの世界」(Theme of Two Worlds)という曲は、キューバの政治体制を嫌って故国に戻ることのなかった“マンボの王様”ペレス・プラドが望郷の念をこめて作曲したもののようだ。 しかし、キューバではチェ・ゲバラの国葬とゲバラの伝記映画のテーマ音楽として愛聴されるようになったという。ゲバラ国葬の指揮と映画の制作を行った監督がNHKの番組に登場して話していたが、キューバ政府は英雄の葬送に国を去った者の曲などもってのほかと主張したものの、結局、監督の言い分を聞いて、国民的愛聴メロディとなったそうだ。その後、ペレス・プラドにキューバのジャーナリストがその旨を告げたところ「大変光栄だ」と答えていたシーンを番組中でも流していた。

 残念なことにビデオに録っていなかったが、番組が終わってからもこの曲とモノクロームのキューバの風景が頭にこびりついてどうしても離れない。翌日、こういうときに頼りにしている東京・渋谷のタワー・レコードhttp://www.towerrecords.co.jp/で原題も分からぬまま「エキゾチック・アメリカ」の「二つの世界」を探して欲しいと頼むと時間をかけて熱心にコンピューターで探してくれた。しかし、正確な原題が分からなかったせいもあってアルバム名などは判明はしなかった。

 ちなみに、このタワーレコードの洋書売り場には充実した品揃えのガイドブック・コーナーがあり Lonely PlanetやMichelin、Arthur Frommer'sなどのガイドブックを探すのには絶好の場所だ。旅行雑誌や世界中の新聞も販売しており、各国の料理や酒、フォークロア、民族音楽に関する本のコーナーも品揃えが豊富だ。

 さて、それでも諦めきれず、音楽好きの人たちが集まるカフェバーなどにお願いし、掲示板に貼ってもらったりしたところ、西麻布の行きつけのワイン・バー から朗報が舞い込んできた。何度かお目にかかったことのある某レコード会社のKさんが、正確な曲名を検索してくださったばかりか、おそらく日本で1組しかないその10枚組のアルバムを探し出してくださったのだ。あらためて、原題を世界中のCD販売サイトで検索してみると、どこも「廃盤・入手不可能」と出てきた。ひょっとすると、世界で最後の1組だったのかもしれない。

旅心をかき立てる名曲に出会ったら、その「曲名(あるいは作曲家名) 旅行」といった複合検索をGoogleなどの検索エンジンで行ってみるとよい。「マンボ・ナンバー5 旅行」と検索すると現地の音楽事情に触れたサイトがいくつか見つかった。もちろん、「原題travel」といった英語による検索ではさらに多くのサイトが見つかる。

数日前にも、昔LPで持っていた「ドイツ戦前映画音楽集」がCDで出ていないかと検索したところ、「映画収集狂」の「ドイツ・オーストリア映画名作選」http://sentence.exblog.jp/4029742/や「尾張から」というホームページの「音楽.芸術」のページhttp://www.h2.dion.ne.jp/~owari04/zakkann1.htm など戦前のドイツ映画の音楽にふれた記事が見つかった。また、Amzon.co.jp でドイツ戦前映画音楽集"Classic German Movie Songs: The UFA Years"を見つけ、早速注文した。

30年近く探し続けて、どうしても見つからない曲もある。五木寛之のFM深夜番組で流れたニューオーリンズ・ジャズの葬送行進曲でEternal Peace という曲だ。確か、Jazz Beginというアルバムに納められていたはずだが、ニューヨークのCDショップでも見つからなかった。

ドイツ戦前映画音楽集

ドイツ戦前映画音楽集

2006-01-26  モーツァルトの誕生日にインターネット生中継を聴く

Europedia2006-01-26

[]モーツァルトの誕生日にインターネット生中継を聴く

 モーツァルトが250年前の1756年1月27日にザルツブルクで生まれ、今年のオーストリアはその生誕250周年を記念するイベントが目白押しということは当欄の「モーツァルト生誕250周年に関連するサイト」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20060117で取り上げたが、今日は、誕生日にちなんだテレビやインターネット放送の特別番組を紹介しよう。

わが家では視ることができないが、1月27日(金)19:00〜20:00にTBS系BSデジタル衛星放送BS-i で「モーツァルト生誕250周年特別番組 モーツァルト名曲紀行 天才音楽家35年の軌跡」が放送される。モーツァルトの35年の人生をザルツブルク、ウィーン、プラハの三都を中心に描く番組だそうだ。おそらく、“お下がり”でTBSテレビでも放送されるに違いない。

モーツァルト・イヤーにちなんだ番組では、NHK BS2で「モーツァルト・イヤー歌劇特集」として1月24日から1月28日まで深夜の00:30からモーツァルトのオペラを連続放映している。 1月25日のアーノンクール指揮、チューリヒ歌劇場の歌劇「フィガロの結婚」の名演には久々に感激した。

 誕生の地ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院では、1月27の11:00(現地時間 日本時間は+8時間)から「モーツァルト・イヤー開幕祝祭演奏会」が開かれ、オーストリア放送協会(ORF)のラジオ放送サイトhttp://radio.orf.at/からÖ1局を選んで、liveでWindowsMediaPlayerによるインターネット生中継を聴くことができる!聴き方については当欄の「ウィーン・フィル を日本で聴く。それとも..... 」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050127を参照いただきたい。

「モーツァルト・イヤー開幕祝祭演奏会」のプログラムは、アーノンクール指揮、ウィーン・フィルでKV478「ピアノ四重奏曲第1番ト短調」とKV550「交響曲第40番」が予定されている。

音楽番組ではないが、Ö1局では、27日の現地時間17:10からモーツァルトの日常の食生活を紹介する番組“MOZART 06. Moment - Leben heute”も放送される。

1月27の現地時間19:00からは、モーツァルトの歌劇「イドメネオ」の初演もÖ1局でインターネット生中継される。本来は、小澤征爾氏の指揮の予定だったが健康上の理由ということでペーター・シュナイダー氏が指揮することになったようだ。オーケストラはウィーン国立歌劇場オーケストラで、会場はモーツァルトゆかりのアン・デア・ウィーン劇場だ。

1月29日の11:03からは、Ö1局でザルツブルク祝祭大劇場で1月27日に行われた「モーツァルト生誕250年記念祝祭演奏会」が録音中継される。指揮はリッカルド・ムーティ、演奏はウィーン・フィル、独唱はハンプソン、フレミング、ピアノは内田光子、ヴァイオリンはクレーメルという豪華な顔ぶれで、プログラムはKV503「ピアノ協奏曲第25番ハ長調」、KV505レチタティーヴォ 「どうしてあなたが忘れられましょう」とアリア「心配しないで、愛する人よ」、アリア「彼に目を向けたまえ」、KV364「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調」、KV385交響曲第35番ニ長調「ハフナー」、KV165モテット「踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ」、歌劇「フィガロの結婚」よりアルマヴィーヴァ伯爵のレチタティーヴォとアリア「溜め息をついている間に」、歌劇「ドン・ジョヴァンニ」よりツェルリーナとドン・ジョヴァンニの二重唱「手をとりあって」、歌劇「魔笛」より「終幕の合唱」などだ。

モーツァルトに関しては当欄の「郵便馬車の伝統を引き継ぐポスト・バスでヨーロッパを旅しよう」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050602、「大作曲家の足跡をたどるヨーロッパの旅に役立つサイト」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050601も参照していただきたい。

☆右上の写真は 1991年に発行されたモーツァルト没後200周年の記念切手 

2006-01-17  「モーツァルト生誕250周年」に関連するサイト

Europedia2006-01-17

[] 「モーツァルト生誕250周年」に関連するサイト

 モーツァルトは250年前の1756年1月27日にザルツブルクで生まれた。今年のオーストリアはその生誕250周年を記念するイベントが目白押しだ。

オーストリアでの行事に関しては、オーストリア政府観光局http://www.austria-connection.at/anto/index_ae.htmlなどが中心となって運営している「モーツァルト生誕250周年」http://www.mozart2006.net/jap/index.htmlという日本語サイトに詳しい情報がある。旅行業者向けだが「セールスマニュアル」http://alias.mozart2006.net/downloads/jp/MSM_japan_WT_151105.pdfのページでは、モーツァルト生誕250周年記念に関する膨大な日本語のPDF資料(118ページ)を閲覧することができる。

ウィーンにおける250周年記念関連情報は「Wiener Mozartjahr 2006 」 http://www.wienmozart2006.at/のページが詳しい。こちらは、ドイツ語と英語で書かれている。

 「ザルツブルク国際モーツァルテウム財団」http://www.mozarteum.at/default.asp?SID=102378278624820&deflng=jpのホームページが日本語化されており、「コンサートとチケット」、「博物館」、「学術」、「モーツァルト−伝記」などのページがある。

オーストリア航空の日本語ページにも「モーツァルト生誕250周年」http://www.aua.com/jp/jpn/about_austria/new2/のページが設けられている。なお、オーストリア航空は、オーストリア造幣局、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の協力のもとに、ウィーンフィルハーモニーをモチーフにした金貨を描いたエアバス機材をモーツァルト生誕250周年となる今年一年間、成田/ウィーン線などに就航させる。ボディ・ペイントは「Der "Wiener Philharmoniker-Airbus" ist startklar」http://www.pressetext.ch/pte.mc?pte=060111042の記事で見ることができる。

 「ユーロツアー」のサイトのトップページhttp://www.euro-tour.co.jp/ 上段にある「情報ファイル」には「音楽」や「グルメ・レストラン」「ハイキング」「スパ・温泉リゾート」「ワイン・ビール」「文学・映画」「美術・工芸」「庭園・園芸」「環境保全」「教育・生涯学習」など23項目に分けて450件以上の貴重なツアーのヒントがファイルされており、各ファイルからは関連サイトへのリンクも張られている。この「音楽」情報ファイルを開くと、「モーツァルト生誕250周年」や各種音楽祭などのイベント情報とともに、「ヨーロッパ・オペラ座・劇場・音楽祭・リンク集」や「ヨーロッパ・音楽・楽器博物館・リンク集」が並んでいる。「ドイツ観光局、モーツァルト・イヤー」のページhttp://www.visit-germany.jp/default.asp?ID=512もリンクされている。

 「Operabase」http://www.operabase.com/ は、オペラ・ファンであるソフトエンジニアが開いたオペラ情報の総合サイトだが、そのPerformance Search http://www.operabase.com/oplist.cgi?id=none&lang=en&ask=tを使えば、月日や都市、歌手、曲名、指揮者などさまざまな組み合わせで世界中の400以上ののオペラ座のスケジュールが検索できる。Composer欄にMozartと入れて12月末までのスケジュールを検索してみると、東京も含めた数百のモーツァルト作品オペラ公演がリストアップされた。

このほかのモーツァルト関連サイトも列挙しておこう。なお、下記のサイトのほとんどがさらにモーツァルト関連リンクを持っている。

 日本モーツァルト協会http://www.mozart.or.jp/home/home.html

 Mozart con grazia http://www.marimo.or.jp/~chezy/mozart/

 モーツァルト研究オンライン http://www.asahi-net.or.jp/~rb5h-ngc/index-j.htm

 日本モーツァルト研究所 http://www.jp-mozart.gr.jp/

 Yahoo! >Classical Composers >Wolfgang Amadeus Mozart

http://dir.yahoo.com/Entertainment/Music/Artists/By_Genre/Classical/Composers/Classical_Period/Mozart__Wolfgang_Amadeus__1756_1791_/

☆写真は モーツァルトの葬儀が行われたシュテファン寺院地下納骨堂入口礼拝堂を背景にする観光馬車フィアカー

モーツァルトを求めて (白水uブックス)

モーツァルトを求めて (白水uブックス)

2005-12-07 年末年始のウィーンからのインターネット生中継

Europedia2005-12-07

[]年末年始のウィーンからのインターネット生中継

 オーストリアの公共放送をインターネットで聴く方法については当欄の「ウィーン・フィル を日本で聴く。それとも..... 」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050127 で説明させてもらったが、この年末年始の主な生中継番組を紹介しておこう。

12月11日(日)の現地時間午前11:03 (日本時間は+8時間で午後19:03)からは、Zubin Mehta指揮、Heinrich Schiff チェロ、ウィーン・フィルでWolfgang Amadeus Mozart: Symphonie Es-Dur, KV 16、Otto M. Zykan: Violoncellokonzert、W. A. Mozart: Symphonie C-Dur, KV 551, "Jupiter"が楽友協会大ホールから生中継される。

12月17日(土)のウィーン現地時間午後19:30 からは、なんとニューヨークのメトロポリタン・オペラのGiuseppe Verdi: "Rigoletto"の生中継がある。指揮は、Asher Fish、テノールはこの欄でも紹介した売り出し中の若手Rolando Villazon (Herzog von Mantua)。ほかにAnna Netrebko (Gilda)、Nancy Fabiola Herrera (Maddalena)、Carlo Guelfi (Rigoletto)、Eric Halverson (Sparafucile)の出演という豪華版だ。

12月31日(土)大晦日には現地時間零時にシュテファン寺院の鐘の音の生中継があり、引き続きオーストリアの第二の国歌「美しき碧きドナウ」が流れてくる。寺院前広場などウィーン市内数カ所でこの曲で人々がワルツを踊り発泡酒やワインで乾杯を行うのが恒例の年越し風景だ。

元日の現地時間午前11:15 からは、日本でも中継されるウィーン・フィルの新年コンサートが中継される。今年の指揮者はMariss Jansonsで、今年はシュトラウス一家のワルツのほか、モーツァルト生誕250周年を記念して「フィガロの結婚」序曲も演奏される予定だ。

1月27日には小澤征爾指揮のモーツァルトの「イドメネオ」のプレミエが予定されており、オーストリア放送協会のサイトでは1月後半分のプログラムは未発表だが、通常通りなら生中継されるはずだ。

☆写真は ウィーン・フィルの本拠 楽友協会

2005-08-07 ザルツブルク音楽祭「椿姫」のインターネット生中継

Europedia2005-08-07

[] ザルツブルク音楽祭「椿姫」のInternet生中継

今、NHK教育テレビの「アルバンベルク弦楽四重奏団演奏会」の名演奏を視ていて刺激され、オーストリアの公共放送ORF http://www.orf.at/のラジオ放送サイトhttp://radio.orf.at/からÖ1 局を選んで、Programm で番組表を見てみた。すると、明日の早朝午前3時(ウィーン時間で07. August 2005,20:00 Uhr)にGiuseppe Verdiの "La Traviata"「椿姫」のインターネット生中継が行われると出ていた。Carlo Rizzi指揮、ウィーン・フィルの演奏、出演歌手Anna Netrebko (Violetta), Rolando Villazón (Alfredo)http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050421 , Thomas Hampson (Germont), Helene Schneiderman (Flora Bervoix)、演奏会場は祝祭大劇場だ。

プログラムの詳細画面にドイツ語で書かれたDie nächste Opernübertragung in Ö1 finden Sie hier の文字列の「hier」をクリックすると次回のオペラ中継の予告画面が開き、Ludwig van Beethovenの "Fidelio" が中継されることが分かる。

Mehr zu allen Festspielterminen sowie zu aktuellen Berichten in Ö1 DER FESTSPIELSENDERの文字列の「Ö1 DER FESTSPIELSENDER」をクリックするとザルツブルク音楽祭を中心とするヨーロッパの夏の音楽祭関連番組の一覧が現れた。大植英次指揮のバイロイト音楽祭の「トリスタン」関連番組もあった。バイロイト音楽祭http://www.bayreuther-festspiele.de/Anfangsseite/deutsch.htmなどの公式ホームページへのリンクもある。

ヨーロッパの夏の音楽祭を日本にいながら生で聴けるなんて凄い時代になったものだ。

オーストリアの公共放送をインターネットで聴く方法については当欄の「ウィーン・フィル を日本で聴く。それとも..... 」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050127も参考にしていただきたい。

☆右上の写真はザルツブルク祝祭劇場の入り口

祝祭の都ザルツブルク―音楽祭が育てた町

祝祭の都ザルツブルク―音楽祭が育てた町

2005-06-14 海外イベント情報の日本語ポータルEarthNavi

Europedia2005-06-14

[]海外イベント情報の日本語ポータルEarthNavi

 株式会社アースナビが運営する海外イベント情報ポータルEarthNavi (アースナビ)http://www.earthnavi.com/ が本格運用され始めた。全世界の主要30数都市で予定されているイベントの日時、演目、料金などの情報を主要国・地域・都市別およびジャンル別に一覧できる。基本的には法人の有料会員向けサイトだが、向こう1ヶ月の情報は誰でも自由に見ることができる。また、個人ユーザー向けの新たなサービスについても現在準備中とのことだ。使い方は、都市を地図やプルダウン・メニューの一覧から選択し、祭&イベント、ポップス&ジャズ、クラシック音楽、オペラ、ミュージカル&演劇、ミュージアム、バレエ&ダンス、スポーツ、ビジネス・産業見本市などのジャンルをアイコンで選択するとイベント・リストが現れる。最新文化ニュース、トラベル・トピックスなどの記事も掲載しており、リンク集「世界の旅情報サイト」も充実している。

ヨーロッパの掲載都市は、アムステルダム、ブリュッセル、アントワープ、ウィーン、チューリッヒ、パリ、マドリード、バルセロナ、フランクフルト、ミュンヘン、ミラノ、ローマ、フィレンツェ、ロンドン。

☆右上の写真はウィーン市内のイベント・プログラム広告塔。

Time Out London (Time Out Guides)

Time Out London (Time Out Guides)

Time Out Film Guide

Time Out Film Guide

2005-06-10 1979年に開かれたグスタフ・マーラー研究会の記録

Europedia2005-06-10

[]1979年にウィーンで開かれたグスタフ・マーラー研究会の記録

1979年の6月11日〜16日にかけてウィーン旧市街のパルフィ宮で開かれたÖsterreichischen Gesellschaft für Musik http://www.music.at/oegm/主催、Internationale Gustav Mahler Gesellschaft http://www.gustav-mahler.org/協賛のマーラー研究会(GUSTAV MAHLER KOLLOQUIUM)に参加させてもらったときの資料や研究会を特集した音楽雑誌Österreichische Musik Zeitshriftなどが出てきた。入場無料で参加資格制限も一切なし、音楽学者アンリ・ルイ ド・ラ・グランジュ、クルト・ブラウコップフなど世界的に著名な研究者たちが「マーラーとドストエフスキー」「マーラーとクリムト」「マーラーと漢詩」「マーラーとフロイト」「マーラーのブダペスト時代」「シューベルトとマーラー」などという興味深いテーマに関して白熱の論議を交わしていた。ドイツ語では聞き取りきれないので、カセットに録音させてもらったが、議論の途中でアンリ・ルイ ド・ラ・グランジュが突然マーラーのメロディーをピアノで奏でだしたりといった模様が今でも鮮明に残っている。この研究会はマーラー研究史上でも重要な役割を果たしたようでGUSTAV MAHLER KOLLOQUIUM 1979とGoogle検索すると夥しい関係資料が検出される。

☆建築家ヨーゼフ・ホフマンによって作られたグスタフ・マーラーの墓(ウィーン19区Grinzinger Friedhof )http://www.findagrave.com/cgi-bin/fg.cgi?page=gr&GRid=1298&pt=Gustav%20Mahler

2005-06-01 大作曲家の足跡をたどるヨーロッパの旅に役立つサイト

Europedia2005-06-01

[] 大作曲家の足跡をたどるヨーロッパの旅に役立つサイト

 すでに紹介したものも含め、大作曲家の足跡をたどるヨーロッパの旅に役立つホームページを紹介します。なお、日通旅行発行の山口執筆メールマガジン「海外個人旅行講座Vol.21」http://www.nittsu-ryoko.com/blog/class_disp.php?theme_id=18 もご参照ください。

 個々の作曲家に関する本はオンライン書籍販売サイトAmazon http://www.amazon.co.jp/などで「モーツァルト 旅」などと検索するとよい。

Google検索エンジンhttp://www.google.co.jp/のウェブ検索とイメージ検索も音楽家の足跡をたどる旅を作るのに大いに役立つ。「モーツァルト 旅」とウェブ検索すると7万ものサイトが見つかり、モーツァルトを追った旅のレポートやモーツァルト研究家の論文、旅行会社の「音楽史跡ツアー」などが無数にあった。

Mahler TravelとGoogle検索してみると、ウェブ検索では昔通りかかったことのあるマーラーが幼少期を過ごしたチェコのJihlava にあるHotel Gustav Mahler http://www.hotelgmahler.cz/やInternational Gustav Mahler Societyのサイトなど5万ものサイトが見つかった。

International Gustav Mahler SocietyのMemorial http://www.gustav-mahler.org/english/gedenkstaetten/gedenk-ph.htmのページにはマーラーの足跡をクリッカブル・マップで見せるサイトまである。

 マーラーのファンは日本にも多いので「マーラー 旅」とGoogle検索してみると何と2万以上のサイトがヒットした。

 音楽家の足跡をたどるウォーキング・ツアーも「Beatles Walking Tours」や「Beethoven Walking Tours」といったキーワードでLondon Beatles Walks http://www.beatlesinlondon.com/ などを見つけることができる。ミュージカルの作品名で「サウンド・オブ・ミュージック ツアー」と検索をしても現地の日本語ツアーhttp://www.panoramatours.at/pagesjapan/japanh.htmが見つかる。

現地旅行会社、あるいはツアーオペレーターと呼ばれる現地手配会社の「ツアーヒント」にも音楽三昧の旅など“テーマのある旅”作り役立つものが少なくない。

 「ユーロツアー」のサイトのトップページhttp://www.euro-tour.co.jp/ 上段にある「情報ファイル」には「音楽」や「グルメ・レストラン」「ハイキング」「スパ・温泉リゾート」「ワイン・ビール」「文学・映画」「美術・工芸」「庭園・園芸」「環境保全」「教育・生涯学習」など23項目に分けて450件以上の貴重なツアーのヒントがファイルされており、各ファイルからは関連サイトへのリンクも張られている。

「音楽」情報ファイルを開くと、「モーツァルト生誕250周年」や各種音楽祭などのイベント情報とともに、「ヨーロッパ・オペラ座・劇場・音楽祭・リンク集」や「ヨーロッパ・音楽・楽器博物館・リンク集」が並んでいる。

 「Operabase」http://www.operabase.com/は、オペラ・ファンであるソフトエンジニアが開いたオペラ情報の総合サイト。月日や都市、歌手、曲名、指揮者などさまざまな組み合わせで世界中の400のオペラ座のスケジュールが検索できる。 Houses and Festivals のコーナーでは地図からの検索も可能で、地方オペラを訪ねる旅を計画中の人にも最適。Festivals 2005 のページには夏を中心とする世界中の音楽祭に関する情報が集められている。これに準じた機能を持つサイトとしては、THE OPERA SCHEDULE SERVER http://www.fsz.bme.hu/opera/main.htmlとスタンフォード大学の学者が世界中のオペラファンの投稿をもとに作っているサイトOpera Glass http://rick.stanford.edu/opera/main.htmlがある。後者には、世界オペラハウやファンクラブのリンク集、粗筋、作曲家事典、関連書籍、トピックス、オペラ界のカレンダーなど海外でオペラを鑑賞するときに役立つ情報が満載されている。

 クラシックとダンス・バレエの月刊音楽情報誌「ぶらあぼ」のホームページhttp://www.mde.co.jp/も計画作りに役立つ。「ぶらあぼon site」のページの左フレームにある「海外公演情報」や「海外 今月のみもの・ききもの」のページには、各歌劇場やオーケストラの公演スケジュールと関連サイトへのリンクが並ぶ。

 「カーテンコール」http://www.curtaincall.co.jp/は、海外コンサート・チケット手配の専門会社カーテンコール社のサイトだ。とくに、ロンドンやウィーン、ニューヨークなどのミュージカル手配を得意とする。同社は、世界21カ国のチケット販売組織Globalticketshttp://www.globaltickets.com/gts/INDEX.HTMの日本メンバーでもあり、幅広い海外ネットワークを駆使してチケット手配を行っている。音楽界や演劇祭のホット・ニュースを集めたWhat's Newのコーナーも見逃せない。

 世界のオーケストラ、音楽会場、音楽祭、プロモーターのリンク集「ORCHESTRAL NEWS」 http://www.jwoollard.freeserve.co.uk/も貴重な情報源だ。COUNTRIESの項に主要オーケストラへのリンクと都市名が並び、都市を開くとさらに詳しいリンク集が開く。CONDUCTORS の項には小澤征爾氏など世界指揮者の名前が並び名前を開くと各指揮者の公演予定が並ぶ。残念ながら情報更新に遅れが目立つが、オペラに関するリンク集は多数あるがコンサート・オーケストラに関するものは皆無に近かったので有り難い存在だ。

 クラシックはもちろん、ポップスやジャズ、ロックなどの公演スケジュールを知りたいのなら世界各地の音楽関連サイトをリンクさせたThe CONCERT WEB http://www.theconcertweb.com/ というサイトが便利だ。ポップス系の情報はロンドンを中心に世界にネットワークを広げるのTime Out http://www.timeout.com/、パリのPariscope http://pariscope.fr/といったタウン誌にも詳しい情報が掲載されている。幸いなことに両誌ともホームページを開いている。

短期留学パッケージを探すには、The International Student Travel Confederation (国際学生旅行連盟) http://www.istc.org/ のサイトにあるTravel Officesの項から各国の学生旅行会社を選び、そのオリジナル・サイトにある語学研修コースなどを調べていくとよいだろう。

ウィーンの音楽・語学留学については、日通旅行が20年近くにわたって取り扱っている。日通旅行のホームページの「語学研修旅行/海外研修旅行」のページを開くと「ウィーン大学ドイツ語研修」と「ウィーン国際夏期音楽ゼミナール」http://www15.nittsu.co.jp/travel/other/training.htmの電子パンフレットを閲覧することができる。「ドイツ語研修」の場合、航空券と学生寮の滞在、受講料などが含まれて31日間で368,000円からあるようだ。私がウィーンに居た頃は「ドイツ語研修」の中にも「オペラの基礎用語」、「ワルツ実習」などの講座もあり、音楽留学の準備中に語学を学んでおきたいという人たちも数多く受講していた。

 このコースの説明会に来る人の半数以上がシルバー層であることには驚かされた。とくに、ドイツ語コースは初歩的なドイツ語を勉強しながら学生ホテルなどに滞在し、じっくりと腰を落ち着けて夏のコンサートや音楽家の足跡巡りを楽しむという人が多い。中にはカップルで参加し、来年はフィレンツェでイタリア語、再来年はサラマンカでスペイン語といったふうに、知的好奇心を満足させるシルバー・ライフを送っている方もいた。

「音楽ゼミナール」は、音楽学校の学生たちが受講生の中心だが、趣味でピアノや声楽を学んでいるアマチュアの方の参加も少なくなかった。

 来年はモーツァルト生誕250周年記念イヤーだそうだが、それに関する膨大な日本語のPDF資料(118ページ)がオーストリア政府観光局資料のサイトにリンクされていたhttp://www.mozart2006.net/downloads/jp/MSM_japan_150305.pdf

☆写真は、ウィーン サンクト・マルクス墓地のモーツァルトの墓碑

改訂新版 ヨーロッパ音楽旅行案内

改訂新版 ヨーロッパ音楽旅行案内

2005-05-30 尊敬する詩人 みやこうせい さんに関するホームページ

Europedia2005-05-30

[]尊敬する詩人 みやこうせい さんに関するホームページ

 尊敬する詩人にして写真家、エッセイスト、銀河系いわて大使である みやこうせい さんに関するホームページを紹介。ルーマニアをこよなく愛するみやこうせいさんの写真作品の一部や著作・訳書一覧などを見ることができます。

□みや こうせい ルーマニアの写真から http://www.asahi-net.or.jp/~IR4N-KHR/miya/

□みや こうせい 著作 http://www.asahi-net.or.jp/~IR4N-KHR/miya/kmworks.html

□MIYA KOSEI RUMANIAN RHAPSODY http://www.i2.i-2000.com/~utopia/MIYA.KOSEI.1.html

□みやこうせい写真展(2002年4月〜5) http://www.akane.com/miya.htm

□ルーマニア広場http://www.geocities.jp/ichikihitomi/index.html 

ルーマニアに関する総合情報サイト。みやこうせい さんの「お便り」コーナーがある。

ルーマニア賛歌―Europe of Europe

ルーマニア賛歌―Europe of Europe

ルーマニアの赤い薔薇

ルーマニアの赤い薔薇

2005-05-25 ヨーロッパの建築を巡る旅に役立つホームページ

Europedia2005-05-25

[]ヨーロッパの建築を巡る旅に役立つホームページ

 今までに当欄やメールマガジン「海外個人旅行・特別講座」http://www.geocities.jp/euro747/cosmicback.html で紹介した「ヨーロッパの建築を巡る旅に役立つホームページ」をURL再チェックの上でまとめて掲載しました。

なお、「海外個人旅行・特別講座」78号「魅力的な建物や古い町並みの美しさを満喫する旅に出よう」もご参照ください。

 「海外個人旅行・特別講座」http://www.skiple.com/Cosmic_Dance/ 連載のバックナンバー5年分をご覧になりたい方は、「ユーロペディア」の「バックナンバー閲覧はこちらへ」http://www.geocities.jp/euro747/euroback.html からご覧いただけます。また、「バックナンバー一覧」http://www.geocities.jp/euro747/cosmicback.html に各号のタイトルリストがあります。

□ANTONI GAUDI : FOTO TOUR http://www.red2000.com/spain/barcelon/1phgau.html

□VIRTOURIST.com http://www.virtourist.com/europe/barcelona/ (バルセロナ)

 世界地図上から各都市の仮想旅行へ旅立てる優れものサイトのバルセロナのページ。

□フランス・イギリスの建築案内 http://business.fortunecity.com/gap/480/contents.html 

□ARCHITECTURE RESOURCES http://www.ilpi.com/artsource/architecture.html 

□International Architecture Database http://www.archinform.net/index.htm?ID=IuCSV11MINuTFbj7

□建築MAP  http://www.archi-map.net/

 世界各地の建物紹介をインターネット上で1つにまとめた参加型共同作成Web。イギリス、フランス、ドイツ、スイス、オーストリア、イタリア、スペインなどの建築を紹介するページがリンクされている。

□「旅人文庫 旅行記リンク集」http://homepage2.nifty.com/keny/index.htm 

 個人の海外旅行記を国別に分類・リンクした便利なホームページ。旅行、時期、行程、寸評を加えた一覧表から興味のある旅行記を選ぶことができる。各旅行記には天気や旅行関連本、地図(一部地域)へのリンクも設けられている。芸術鑑賞旅行、調査・観察・発掘旅、ゴルフプレー旅行、サッカー観戦旅行など旅行形態別の分類もある。「マルチメディア」のコーナーには世界各地のライブカメラやストリーミング・ビデオ放送へのリンクも設けられている。

□YAHOO!ArchitectureCountries&Cultures http://dir.yahoo.com/Arts/Design_Arts/Architecture/Countries_and_Cultures/ 

 アメリカYAHOO!のトップから Arts > Design Arts > Architecture > Countries and Culturesと開き、国名をクリックすると各国の建築関係の雑誌や書店、建築関係の展示会などのサイトが見つかる。建築の専門家や建築に関心のある人は旅行前に見ておくとよいだろう。

□Amazon.co.jp http://www.amazon.co.jp/

 書籍のオンライン販売サイトAmazon.co.jpで「建築 ガイド」と引くと丸善の建築ガイド草書「フィレンツェ」や「ヴェネツィア」、「世界遺産ガイド 都市・建築編」など78件がヒットした。個々の本の詳細解説ページを開くと下部に「同じテ−マの本を探す」機能があり、「西洋の建築、その他の様式の建築 」をクリックすると959冊の関連本が並ぶ。

□HistoricTraveler.com. http://www.historictraveler.com/index.adp 

 「歴史」を専門とする旅行会社のホームページ。Find Tripsのページには歴史的乗り物、アートと建築、軍事史、政治・社会史の項目があり、それぞれのパック商品例も豊富に用意されている。見事なPhoto Galleryも公開している。閲覧には無料の登録が必要

□パラディオが受けた古代建築の影響に関する研究

http://www.miyakonojo-nct.ac.jp/~a/staff/archis/yhlabo/student/Labo01/03.pdf

□役所工事@イタリア http://www.d2.dion.ne.jp/~fujiso/main2.html (パラディオ作品集)

□ガウディの遺産 http://www.guell.co.jp/gaudi/index.html

□Temple of the Sagrada Familia http://www.arsvirtual.com/monum/visitas/familia2/eng/principal.htm

□ル・コルビュジエ アーカイブ(大成建設) http://www.taisei.co.jp/galerie/archive/report.html

□「オットー・ワーグナー─ウィーン世紀末から近代へ」024:SD選書187 鹿島出版界 書評 http://www.kajima-publishing.co.jp/theme/syohyou/20011121-2.html

□建築家〜レヒネル・エデン http://www.japan-net.ne.jp/~kawasima/touou/architect/

□ Hotel Cipriani http://www.hotelcipriani.com/web/ocip/ocip_a2a_home.jsp

☆写真は 北イタリア ヴィチェンツァにあるパッラーディオの傑作“バシリカ”

イタリア 都市と建築を読む (講談社プラスアルファ文庫)

イタリア 都市と建築を読む (講談社プラスアルファ文庫)

2005-05-18 ヨーロッパの美術鑑賞旅行に役立つホームページ

Europedia2005-05-18

[] ヨーロッパの美術鑑賞旅行に役立つホームページ

今までに当欄やメールマガジン「海外個人旅行・特別講座」http://www.geocities.jp/euro747/cosmicback.html で紹介した美術鑑賞旅行に役立つホームページをURL再チェックの上でまとめて掲載しました。

□美術館関連サイト及びリンク集

Galleria degli Uffizi http://www.polomuseale.firenze.it/english/uffizi/

イタリア文化財・文化活動省(イタリア語) http://www.beniculturali.it/

Elenco dei musei http://www.arti.beniculturali.it/musei/elenco/

ルーヴル美術館ヴァーチャル・ツアー http://www.louvre.or.jp/louvre/QTVR/japonais/

日本と世界の博物館、美術館、天文台へのリンク集http://www.pp.iij4u.or.jp/~murai/j-top.html 

国際博物館会議(ICOM)日本委員会  http://www.museum.or.jp/icom-japan/ 

インターネットミュージアム 博物館情報工房 http://www.museum.or.jp/ 

Virtual Tourshttp://www.virtualfreesites.com/tours.html 

赤いランプの終列車 ヴァーチャルツアー http://www2s.biglobe.ne.jp/~cyberred/train3.htm

ヴァーチャル布ツアー http://www.studio-tao.com/

インターネットで楽しむ欧州紀行 http://www.geocities.jp/euro747/gakushu.html

美術館リンク集 http://homepage2.nifty.com/kenkitagawa/sub01-link.html

AMUSEMENT LINK ONE SOURCE  http://members.aol.com/parklinks/links.htm 

FreeTravelTips.com  http://www.freetraveltips.com/Links/ 

U.S.DisneyThemeParks & Resorts http://www.disney.co.jp/usparks/index_nf.html 

Disneyland Paris http://www.disneylandparis.com/ 

ミッキーネット http://www.mickeynet.com/

萬十屋のテーマパークエクスプローラー http://www.asovini.com/tpx/ 

Googleのイメージ検索http://www.google.co.jp/imghp?hl=ja&tab=wi&q= 

「美の巡礼 欧州美術紀行14日」http://www1.tour.ne.jp/search/tur/tur_dtl.php/390611/2005/7/05/

□ヨーロッパの個人的おすすめ美術館

Collection de l’Art Brut http://www.artbrut.ch/ 

Thyssen-Bornemisza Museum http://www.museothyssen.org/conflash.asp

Musée Gustave-Moreau http://www.musee-moreau.fr/ 

Gemäldegalerie der Akademie http://www.akademiegalerie.at/

ルーヴル美術館 http://www.louvre.or.jp/

ゴッホ美術館 http://www.vangoghmuseum.com

ムハ美術館 Mucha Museum  http://www.mucha.cz 

Vatican Museums http://www.christusrex.org/www1/vaticano/0-Musei.html 

The National Gallery(日本語ページ有り) http://www.nationalgallery.org.uk/ 

MOMA http://www.moma.org/

The Metropolitan Museum of Art http://www.metmuseum.org/ 

The Guggenheim Museum http://www.guggenheim.org/ 

The Vienna Kunsthistorisches Museum http://www.khm.at/homeE/homeE.html

Kunsthaus Wien-Hundertwasser http://www.kunsthauswien.com/ 

RIJKS Museum Amsterdam http://www.rijksmuseum.nl/

Musee d'Orsay http://www.musee-orsay.fr/

Musee National d'Art Moderne(Centre Pompidou) http://www.cnac-gp.fr/

MUSEO DEL PRADO http://museoprado.mcu.es/ 

The State Hermitage Museum http://www.hermitagemuseum.org/

ART NOW Gallery Guide Online   http://www.gallery-guide.com/ 

Art Museum Network http://www.amn.org/

Museum and Art Internet Web http://www.search-beat.com/museum.htm

WWW Virtual Library Museums Pages http://www.icom.org/vlmp/ 

ヨハネス・フェルメール http://www.johannesvermeer.com 

 (財団ハタ・ステフティングが制作・運営)  

ユーロツアー システムズhttp://www.euro-tour.co.jp/ 

□「天使」に関するサイト

Susan Wink's Angel Links http://home.att.net/~susan.wink/angels.html

Angel Hierarchy http://home.wanadoo.nl/klinkert-1/angelic%20kingdom/page%202.htm

Angel Hierarchy http://demons.monstrous.com/angel_hierarchy.htm

Angels http://www.luisprada.com/Protected/Angels.htm

「天使の世界http://www.kk.iij4u.or.jp/~demeteru/angel/index.html

天使の階級 http://www.angel-sphere.com/angels/hierarchy.htm

大天使と「失楽園」http://www.com-st.com/kling/materials/tsusin_9.html

天使紳士録 http://www.linkclub.or.jp/~argrath/angel.html 

Portraits d'Anges http://www.spiritualite-chretienne.com/anges/ange-gardien/iconog2b.html 

Angel 天使に関する本 http://sapporo.cool.ne.jp/takeoza/ennjerusu/angels.htm

□海外旅行中にオークションハウスを覗いてみよう

DOROTHEUM http://www.dorotheum.com/eng/index_e.html

「Christie's」http://www.christies.com/

□ローマ数字の読み方

「ローマ数字の洋数字との対比表(詳細)」http://www.wilkiecollins.demon.co.uk/roman/num1.htm 「ローマ数字の書き方」http://www.jagat.or.jp/kenkyu/tg/romannum_yabe.html 

☆写真はウィーン リヒテンシュタイン美術館http://www.liechtensteinmuseum.at/de/pages/home.aspの内部

2005-04-21 オペラ・オペレッタのチケット

Europedia2005-04-21

[]オペラオペレッタのチケット

ウィーンの国立オペラhttp://www.staatsoper.at/、フォルクスオーパー(オペレッタhttp://www.volksoper.at/のチケットはオペラ座横の国立劇場前売り所で入手した。国立劇場前売り所は正確に言うとBundestheater-Holdingとhttp://www.bundestheater.at/Content.Node2/index.phpいう会社組織で運営されている民営の前売り所(Tagekassa) で、ブルク劇場のチケットも取り扱っている。

 ここで、フォルクスオーパーの4月8日の新作「サウンド・オブ・ミュージック」、4月9日の「ウィーン気質」、4月15日の「チャルダッシュの女王」のチケットをそれぞれ券面額の29ユーロで購入。席はどれも3階席(2.Rang)の中央で悪くなかった。

購入日当日4月3日のドニゼッティの「愛の妙薬」は、新世代3大テナーズの一人に数えられるメキシコ出身の若手ロランド・ヴィラゾンが出演することもあって、チケットはとっくに売り切れ。当日売りのみの立ち見席も徹夜の行列ができたという。

 偶然、出発前に「愛の妙薬」の名歌手たちのアリア「人知れぬ涙」の聞き比べを行ったこともあり、どうしてもこのチケットは入手したかった。

 そこで、前売り所前で声を掛けてきたおじさんから10ユーロの天井桟敷席を50ユーロで買う羽目になった。

ウィーン・フィルのプログラムは3.7ユーロ、国立オペラは3.5ユーロ、フォルクスオーパーは2.4ユーロだった。昔は、端数は切り上げて案内人のチップにする人がほとんどだった記憶があるが、今回は、ほとんどの人がしっかりとおつりをもらっていた。

フォルクスオーパーの「サウンド・オブ・ミュージック」のプログラムに、主人公のモデルのトラップ大佐が第一次大戦中潜水艦の艦長を務めており、フランスの装甲巡洋艦「レオン・ガンベッタ」を撃沈して戦後マリア・テレジア勲章をもらったといった経歴が詳しく紹介されていた。大佐の軍服はウィーンの「軍事史博物館」に展示されているそうだ。

なお、ウィーン国立オペラの初演(プレミエ)も現地時間19:00前後からインターネットで生中継される。6月4日にはPucciniのManon Lescautが新演出で初演される予定だ。

☆写真は国立オペラ座横の“国立劇場前売り所”

2005-04-20 ウィーン・フィル定期演奏会のチケット

Europedia2005-04-20

[]ウィーン・フィル定期演奏会のチケット

ウィーンへ向かうオーストリア航空の機内で行ったことは、機内の雑誌入れに置かれていたウィーンの月間イベント・プログラムで、観たいオペラや聴きたいコンサート、参加したいウォーキング・ツアーなどのチェックだ。

真っ先に目に入ったのは、4月10日に楽友協会協会http://www.musikverein-wien.at/startseite.asp大ホールで開かれるウィーン・フィルhttp://www.wienerphilharmoniker.at/定期演奏会で、Franz Welser-Möstの指揮でMendelssohnのElias. Oratoriumが演奏されるというものだ。

ウィーン・フィルはここ十年ウィーンを訪れるたびに演奏会がある限り聴いている。そして、年々チケットの入手が容易になっている気がする。今までは、演奏当日開演の1時間前ほどに会場入り口に立ち、チケットを原価で売りに来る人を待つというやり方だった。

 今回は、ウィーン到着後に先ずオペラ座横の国立劇場前売り所でフォルクスオーパーや国立オペラのチケットを入手した後、拙著「ウィーン旅の雑学ノート」(P62)でも紹介しているAugustinerstr. 7番地にある80年の歴史を誇るプレイガイドLienerbrünn http://w3.ims.at/lienerbruenn/welcome.ims?pg=form.imsに立ち寄った。すると、ウィーン・フィル定期演奏会のチケットが5枚ほどウィンドウに掲示されていた。早速、2階席中央近くの43ユーロの席を25%の手数料付きの54ユーロで買った。会場前で原価で買うより割高だが確実に聴くことができ、当日早めに行く必要もないので旅行者にはこの方がよいだろう。

帰国後Lienerbrünnがホームページを持っていることを知り、コンサートやオペラ、ウィーン少年合唱団のミサなどのチケットもネット予約できることを知った。ただし、クレジット・カード払いができないようなので、送金に手間と手数料がかかるようだ。

他のプレイガイドではウィーン・フィルの立ち見席(4.5ユーロ)も売っていた。このように、ウィーン・フィルのチケットがよく出回るようになった背景には、全席を年間予約している終身会員の高齢化で病気等の理由で行けなくなる人たちが増えてきていることと、若者のクラシック離れがあるようだ。実際に、20年前に比べ会場では若者の姿が少なくなっていた。

なお、当欄の「ウィーン・フィル を日本で聴く。それとも.....」http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20050127で紹介したようにウィーン・フィル定期演奏会インターネット・ライヴ中継で日本で聴くこともできる。今後の公演予定は、

4月26日 Daniel Barenboimの指揮で、BoulezのMessagesguisseとMemoriale、Beethoven のSymphonie Nr. 3。

5月1日 Riccardo Muti指揮、Haydnの Symphonie G-DurとSkrjabinのSymphonie Nr. 3。

5月29日 Pierre Boulez指揮、Mahlerの Symphonie Nr. 2。

6月12日 Zubin Mehta指揮、Brahmsの Konzert für Klavier und Orchester Nr. 2、Richard StraussのSinfonia Domestica。

☆写真は プレイガイドLienerbrünnのウィンドウに掲示されているウィーン・フィルのチケット

ウィーン 旅の雑学ノート―ハプスブルクの迷宮を極める

ウィーン 旅の雑学ノート―ハプスブルクの迷宮を極める

2005-01-27 ウィーン・フィル を日本で聴く。それとも.....

Europedia2005-01-27

[]ウィーン・フィル を日本で聴く。それとも.....

ウィーン・フィルインターネット・ライヴ中継を聴く方法は、当欄の11月16日の記事http://d.hatena.ne.jp/Europedia/20041106で紹介した。オーストリアの公共放送ORF http://www.orf.at/のラジオ放送サイトhttp://radio.orf.at/からÖ1 局を選んで、Programm で番組表を見ることができ、liveでWindowsMediaPlayerによる生中継を聴くことができるのだ。Programm ページでトップバーのÖ1 Programm を開くと、詳細な一日の番組表が開き、右側のカレンダーで翌月までの番組を調べることができる。

 音楽シーズン中は月に2回ほどウィーン・フィルhttp://www.wienerphilharmoniker.at/定期演奏会があり、原則として公演のある日曜日の現地時間11:03頃からインターネット生中継がある。

 当面の定期演奏会の中継予定を挙げておこう。ただし、変更の可能性もある。また、時間は現地時間で表示する。

 2月20日はDaniele Gattiの指揮で、ProkofjewのRomeo und Julia、Richard WagnerのTristan und IsoldeからVorspiel und Liebestod、Alban BergのLulu-Suiteが演奏される。

3月6日は、Mariss Jansonsの指揮で、SibeliusのSymphonie Nr. 1とBrahmsのSymphonie Nr. 1が演奏される。

 4月10日には、Franz Welser-Möstの指揮で、MendelssohnのElias. Oratoriumが演奏される。

 4月26日には、Daniel Barenboimの指揮で、BoulezのMessagesguisseとMemoriale、Beethoven のSymphonie Nr. 3。

 5月1日は、Riccardo Mutiの指揮で、Haydnの Symphonie G-DurとSkrjabinのSymphonie Nr. 3。

5月29日は、Pierre Boulezの指揮で、Mahlerの Symphonie Nr. 2。

6月12日は、Zubin Mehtaの指揮で、Brahmsの Konzert für Klavier und Orchester Nr. 2、Richard StraussのSinfonia Domestica。

 ウィーン国立オペラhttp://www.staatsoper.at/ の初演(プレミエ)も19:00前後からインターネット中継される。2月5日はBelliniのNorma、2月19日はMassenetのWerther、3月23日はバレエのDiaghilew-Abend、4月16日はNino RotaのAladdin und die Wunderlampe、6月4日はPucciniのManon Lescautがそれぞれ初演される予定だ。

以前紹介した「さるさる日記 たまにはオーストリアちっく パート2」http://www2.diary.ne.jp/user/143218というサイトでは、トップページ左のナビゲーション・バーの「日記内を探索」から、例えば「ウィーン・フィル」とか「オペラ」、「マーラー」といった検索を行えば、現地発信ならではの耳寄りな情報が見つかる。

 海外のオペラ・コンサート情報は月刊音楽情報誌「ぶらあぼ」のサイトhttp://www.mde.co.jp/ の「ぶらあぼ on site」から開くことができる「海外公演情報」で調べることもできる。

なお、この4月にウィーンを訪れたいと計画中の方は、当サイト運営者がツアーの一部を同行するツアーがあるのでお知らせしておきたい。詳しくは、「ユーロペディア」の「NEWS! お知らせ」ページhttp://www.geocities.jp/euro747/notice.htmlを参照いただきたい。

☆写真は カラヤン広場から見上げるウィーン国立歌劇場

2005-01-13 オペラと落語が好きという方のための“雑学”

Europedia2005-01-13

[]オペラと落語が好きという方のための“雑学”

私は、オペラと落語や文楽が好きでその相互の関わり方や共通点に非常に興味がある。インターネット上でも、少々ダジャレに走る傾きがあるが(決して嫌いではない)オペラと落語をミックスした創作噺集「オペラと落語の交差点」http://www.geocities.jp/pbbbc071/という愉快なサイトも息長く続いている。

オペラと落語の関わりで面白い記事を1998年1月頃の朝日新聞の記事で見かけた。それは、「円朝版トスカ、みやびに再現」という記事で、プッチーニの「トスカ」と同じ原作の、フランスの劇作家サルドゥーの「ラ・トスカ」を翻案した明治期の名人、三遊亭圓朝の「錦(にしき)の舞衣」が1998年1月に柳家小満ん師匠http://www.rakugo-kyokai.or.jp/Profiles.aspx?code=33が高座にかけ、開演前にはプッチーニの「トスカ」が流れたというものだ。

インターネットで調べた情報でその記事を補うと、「錦の舞衣」が落語として初演されたのは1891年(明治24年)7月に歌舞伎座でのことだったという。(「百年目」圓朝年譜http://www.edo.net/hyakunen/encyo_nenpu.html

プッチーニの「トスカ」の初演は1900年(明治33)年の1月14日、ローマのコスタンツィ劇場(現ローマ歌劇場)でのことだから、プッチーニに先駆けること8年半前に歌舞伎座で演じられていたのだ(戯曲「ラ・トスカ」が演劇としてパリで初演されたのは1887年)。

三遊亭圓朝は、当時の東京日々新聞記者(後の社長)であり劇作家の福地桜痴から聞いた話を翻案したものと思われる。

 圓朝は、歌手トスカを踊りの師匠 お須賀、画家マリオ・カヴァラドッシを絵師・狩野毬信(まりのぶ)と名付け、1837 年の大塩平八郎事件と重ね合わせ、吟味与力(スカルピア−個人的にはスカルピアこそ「トスカ」の主人公と思う)の陰謀で拷問死した夫毬信の敵討ちを妻のお須賀が果たすまでの長い物語りに作り上げた。

 「きまぐれなモノローグ」http://plaza.rakuten.co.jp/yumenosuke/diary/2003-08-04/というブログサイトを見ると圓朝の傑作「死神」もリッチ兄弟作のオペラ「クリスピーノと代母」(1850年イタリア初演)とグリム童話「死神の名付け親」に基づいているそうだ。

「トスカ」のあらすじ等について知りたい方は「トスカよもやま話」http://www.geocities.jp/music_yomoyama/tosca.htmでメロディーを聴きながらたどることができる。 「トスカ」の舞台を思い出してしまったので、今日はこれからジャン・ルノワール監督が1939年に撮った映画「トスカ」(脚本ルキノ・ヴィスコンティ)と美空ひばりが「題名のない音楽会」で歌った「トスカ」の中のアリア「歌に生き恋に生き」のビデオを見るとしよう。

☆写真は 「トスカ」が初演されたローマ歌劇場(旧コスタンツィ劇場)http://www.operaroma.it/weboper0.htm

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

  • 「ユーロペディア」トップページへ