von Ewigkeit RSSフィード

2016-06-09 ブログ移転してます このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

2011-12-15

WAR 版 JIRA のインストール方法

前回に引き続き、また JIRA の話になります。WAR 版 JIRA のインストール方法です。「WAR 版 JIRA の環境構築なら前回書いただろ!」と言われるかもしれませんが、、、前回の記事についていたブックマークに「WAR版のデプロイ方法がわからなかったので助かります。」というコメントをいただき、需要があるんだなーと思って記事を読み返していたら、すいません、若干手順を間違えていました。本当に申し訳ありません。ちょうど、Jiemamy サーバ上の JIRA のバージョンアップを行う機会があったので、その際の作業ログがてら、WAR 版 JIRA のインストール方法をご紹介します。

環境

以下で紹介する WAR 版 JIRA のインストールに使用している環境は次の通りです。

インストール手順

1. JIRA 用の $CATALINA_BASE を用意します。前回の記事でも紹介した通り、せっかくなので TomcatFedora で提供されている rpm で管理していきましょう。その方がアップデートの時も楽です。

$ sudo mkdir -m 0775 /usr/share/jira \
    /usr/share/jira/bin \
    /etc/jira \
    /var/log/jira \
    /var/cache/jira \
    /var/cache/jira/temp \
    /var/cache/jira/work \
    /opt/jira \
    /opt/jira/webapps
$ sudo mkdir /usr/share/java/jira
$ sudo ln -s /etc/jira /usr/share/jira/conf
$ sudo ln -s /usr/share/java/jira /usr/share/jira/lib
$ sudo ln -s /var/log/jira /usr/share/jira/logs
$ sudo ln -s /var/cache/jira/temp /usr/share/jira/temp
$ sudo ln -s /opt/jira/webapps /usr/share/jira/webapps
$ sudo ln -s /var/cache/jira/work /usr/share/jira/work
$ sudo chown -R root:tomcat /usr/share/jira \
    /etc/jira \
    /var/log/jira \
    /var/cache/jira \
    /opt/jira
$ sudo ln -s /usr/share/tomcat6/bin/tomcat-juli.jar /usr/share/jira/bin/tomcat-juli.jar
$ sudo cp -p /etc/tomcat6/server.xml /etc/jira/
$ sudo ln -s /etc/tomcat6/catalina.properties /etc/jira/catalina.properties
$ sudo cp -p /etc/sysconfig/tomcat6 /etc/sysconfig/jira
$ sudo ln -s /etc/init.d/tomcat6 /etc/init.d/jira
$ sudo chkconfig --add jira

2. WAR 版 JIRA をダウンロードして、/opt/jira/ ディレクトリ配下に展開します。

3. /opt/jira/atlassian-jira-4.4.4-war/edit-webapp/WEB-INF/classes/jira-application.properties を編集し、jira.home を適切に設定します。ここは、JIRA のデータをどこに置くかを指定しますので、用意するディレクトリのアクセス権は tomcat ユーザで書き込みできる必要があります。

4. 必要に応じて、war に含めなければならないプラグイン等を /opt/jira/atlassian-jira-4.4.4-war/edit-webapp/ ディレクトリ配下に配置したり設定を行います。

5. JIRA をビルドします。build.sh を叩けばいいだけです。

$ cd /opt/jira/atlassian-jira-4.4.4-war/
$ sudo JAVA_HOME=/usr/java/default sh build.sh

6. JIRA が接続するデータベースJDBC ドライバTomcat の lib ディレクトリに入れます。ここでは、データベースPostgreSQL を使っており、rpm 版の PostgreSQL JDBC ドライバを入れていますので、その jar ファイルに向けてシンボリックリンクを張ります。

$ sudo ln -s /usr/share/java/postgresql-jdbc.jar /usr/share/java/jira/postgresql-jdbc.jar

7. JIRA の稼働に必要な Tomcat 用のライブラリを、Tomcat の lib ディレクトリに入れます。必要なライブラリは、JIRA のドキュメントにリンクが記載されています。参照:Installing JIRA on Tomcat 6.0 - JIRA 4.4 - Atlassian Documentation

$ cd /usr/share/java/jira
$ sudo unzip jira-jars-tomcat-distribution-4.4-tomcat-6x.zip

8. JIRA のデプロイコンテキスト xml を書きます。JIRA をビルドしたら、/opt/jira/atlassian-jira-4.4.4-war/dist-tomcat/tomcat-6/ ディレクトリ配下に jira.xml というデフォルトデプロイコンテキスト xml がありますので、これを参考に設定します。

$ sudo cp /opt/jira/atlassian-jira-4.4.4-war/dist-tomcat/tomcat-6/jira.xml /etc/jira/Catalina/localhost/
$ sudo vim /etc/jira/Catalina/localhost/jira.xml

9. Tomcat の server.xml を適切に変更します。デフォルトのままでもいいですが、コネクタのポート番号を変えたいときとか、結構設定変更する部分はあるかと思います。

$ sudo vim /etc/jira/server.xml

10. Tomcat環境変数を適切に変更します。

$ sudo vim /etc/sysconfig/jira

CATALINA_BASE と CATALINA_TMPDIR と CATALINA_PID の設定は忘れずに行いましょう。あと、JAVA_OPTS を適切に設定する必要があります。推奨値は JIRA のドキュメントにも記載されています。

CATALINA_BASE="/usr/share/jira"
CATALINA_TMPDIR="/var/cache/jira/temp"
CATALINA_PID="/var/run/jira.pid"
JAVA_OPTS="-Xms128m -Xmx512m -XX:MaxPermSize=256m -Dorg.apache.jasper.runtime.BodyContentImpl.LIMIT_BUFFER=true -Dmail.mime.decodeparameters=true"

11. 起動します。これでインストール作業が終わりです!

$ sudo /sbin/service jira start

2011-12-07

JIRA の運用例

1年8ヶ月ぶりにブログを書くという、なんとも申し訳ない気分になりながら、今日は JIRA についてエントリを書きたいと思います。というか、ただ @JIRA Advent Calendar 2011 で管理 Tips なのを書いてくれるはず、という無茶ぶりをされたからですがw


JIRA は Jiemamy で使われており、その管理を担当しているのもあって、数年前からお世話になっている BTS ではありますが、これがなんとも管理がややこしい!細かいことができる分、管理もそれなりにややこしいです。今回は Jiemamy JIRA で行っている管理手法について紹介したいと思います。前提として、Jiemamy JIRA は WAR 版を使っています。スタンドアロン版だと、ついてきている Tomcat のバージョンがちょっと古かったりするので、脆弱性が残っている場合があるためです。そのため、Tomcat は最新のバージョンをなるべく追えるように、JIRA は WAR 版を使っています。


環境の用意

何はともあれ、まずは環境を用意しないと何も始まりません。Jiemamyサーバでは、OSTomcat パッケージを使って JIRA を動かしています。JIRA 以外にも、Confluence や Bamboo 等を動かしているので、最初は単一の Tomcat 上ですべてのアプリケーションを動かす、ということをやっていました。もちろん、こういうことをやるとサポート対象外なのでやめましょうw


なので、Tomcatインスタンス 1つあたり、1つの Atlassian 製品を動作させるのが鉄則になってきます。普通に考えると、OS から提供される Tomcat パッケージを使おうにも、1つの Tomcat インスタンスしか上げられないので、結局こういうところから Tomcatダウンロードして、1つずつ環境を構築して、Tomcatセキュリティアップデートが出てくると、すべての Tomcat を一斉にアップデートして・・・ということをやると思います。


ですが、Fedora とかで提供されている Tomcat パッケージはマルチインスタンス化が可能です。簡単には会社のブログで書いていて、ここではインスタンス 1つごとのディレクトリを /usr/share/instance/ 配下に全部まとめたんですが、Jiemamyサーバでは次のようにディレクトリを細かく分けています。これは、元々の Tomcat パッケージのデフォルトディレクトリ構成 (/usr/share/tomcat6/ ディレクトリ) を踏襲しています。

ディレクトリパス実体のパス
/usr/share/instance/bin/usr/share/instance/bin
/usr/share/instance/conf/etc/instance
/usr/share/instance/lib/usr/share/java/instance
/usr/share/instance/logs/var/log/instance
/usr/share/instance/temp/var/cache/instance/temp
/usr/share/instance/webapps/opt/instance/webapps
/usr/share/instance/work/var/cache/instance/work

それぞれのディレクトリの所有者やアクセス権は、基本的に Tomcat パッケージのデフォルトディレクトリ構成を真似ます。なんで webapps ディレクトリが /var/lib/instance 配下じゃなくて /opt/instance 配下になっているかですが、/var/lib/instance 配下は jira.home にしているからですw


JIRA のバージョンアップ作業

JIRA を運用していると、JIRA もバージョンアップが重ねられますし、時にセキュリティ上問題があるので早急にアップデートを行う必要が出てくる場面もあるかと思います。でも、結構 JIRA のアップデートって面倒くさいですよね。war ファイルをぽん、と置くだけじゃないですし、毎回 build.sh を叩く必要があります。そして問題が発生すれば以前のバージョンに切り戻したり、と。何かと手間がかかります。だがそれがいい。


Jiemamy JIRA では、だいたい次のような手順でバージョンアップを行っています。

  1. 最新版の JIRA の WAR 版をダウンロードし、/opt/instance/ ディレクトリ配下に展開する。
  2. /opt/instance/atlassian-jira-x.x.x-war/edit-webapp/ ディレクトリ配下を適切に編集する。
  3. /opt/instance/atlassian-jira-x.x.x-war/build.sh を叩いて war ファイルを生成する。
  4. 作成した war ファイルを /opt/instance/webapps/ ディレクトリ配下に置く。

これでバージョンアップが完了です。edit-webapp に置くファイルとかをバージョン管理とかに上げておくと、楽かもしれないですね。ちなみに、Tomcatバージョンアップすることになっても、CATALINA_HOME と CATALINA_BASE は分けてあるので、基本的に /opt/instance/webapps/ ディレクトリ配下は何も手を加える必要がありません。yum update tomcat6 を実行するだけで、すべてのインスタンスTomcatバージョンアップが完了するからです。便利ですね!

上記の手順は少し間違えています。正しい JIRA のインストール手順については WAR 版 JIRA のインストール方法 - von Ewigkeitに書きました。

バックアップ関連

さて、ほとんど書くこともなくなってきたので、最後にバックアップの運用例を紹介します。


Jiemamy サーバでは、cron を使って日次でバックアップを取っています。バックアップには独自で作ったスクリプトを使っていますが、JIRA のバックアップに当たっては、だいたい次のようなことをしています。

  1. JIRA のデータベースバックアップJiemamyサーバPostgreSQL を使っているので、pg_dump を使っています。
  2. ${jira.home}/data/ ディレクトリを丸ごとバックアップ

だいたいこれだけ。まぁ、これで十分かなって。というか、どういうデータをバックアップすべきかは、ちゃんとドキュメントに載っています。JIRA だけではなく、Confluence とかも載ってた気がします。ドキュメント重要。


いかがでしたでしょうか。JIRA 管理の Tips を書く、という無茶ぶりを受けつつ、結局書いたのは運用例なので、なんとも拍子抜けさせてしまっているというか、なんというかw

皆様の JIRA 運用のちょっとした参考になれば幸いです。


さて、明日の JIRA Advent Calendar は、エロ部長こと @ がお届けします!

2010-04-06

FreeBSD で OpenGrok をインストールする。

ソースコード調査とかで使える OpenGrok を FreeBSDインストールする方法です。Web ベースでシンボルの調査とかができるので、見た目としてはいいんじゃないかと。それでも自分は cscope 最強だと思ってますがw


OpenGrok は ports にあるので、さっくり ports から入れましょう。Apache Tomcat に依存しているので、それも一緒にインストールされます。

portmaster devel/opengrok

インストールが終わったら、OpenGrok の設定。デフォルトでは /etc/opengrok/configuration.xml に設定ファイルを用意することとなるので (なんで /usr/local/etc 配下じゃないんだろう・・・) 下記のコマンドで設定ファイルを生成します。

opengrok -v -s <ソースを配置するディレクトリ> -d <データを配置するディレクトリ> -W /etc/opengrok/configuration.xml

自分がやった例:
opengrok -v -s /home/opengrok/source -d /home/opengrok/data -W /etc/opengrok/configuration.xml

あとは Tomcat を起動して http://localhost:8080/source/ブラウザに入力したら OpenGrok が見えます。


その後のソースファイルの配置等は、ソースを配置するディレクトリにソースをばかすかつっこんで、最後に下記コマンドをぶち込めばインデックスファイルをデータを配置するディレクトリに生成してくれます。

opengrok -R /etc/opengrok/configuration.xml

以上!

2010-03-28

portmaster に移行

今まで ports の管理には portupgrade を使っていたんですが、gihyo.jp のとある記事で portmaster なんてものが存在することを知りました。

よくよく調べてみると、どうやら ruby に依存しない ports 操作コマンドだそうで。とりあえず portmaster を入れてみないことには始まらないので、まずはインストール。たぶん最後の portupgrade 実行。

portinstall ports-mgmt/portmaster

インストールされている ports リストの出力

コマンドはこんな感じ。

portmaster -L

出力例はこんな感じです。なんか細かく出てきます。

===>>> Root ports (No dependencies, not depended on)
===>>> bigreqsproto-1.0.2
===>>> compat7x-amd64-7.2.702000.200906.1
===>>> cscope-15.7a

 :

===>>> Trunk ports (No dependencies, are depended on)
===>>> arc-5.21o_1
===>>> arj-3.10.22_3

 :

===>>> Branch ports (Have dependencies, are depended on)
===>>> apache-2.2.14_5
===>>> apr-ipv6-gdbm-db42-1.3.9.1.3.9_1

 :

===>>> Leaf ports (Have dependencies, not depended on)
===>>> automake-1.10.1
===>>> bash-4.0.35

 :

たぶんですが、それぞれのカテゴリの意味はこんな感じでしょう。

Root ports
どの ports にも依存せず、依存されていない。
Trunk ports
どの ports にも依存していないが、何らかの ports に依存されている。
Branch ports
何らかの ports に依存し、依存されている。
Leaf ports
何らかの ports に依存しているが、どの ports にも依存されていない。

portsインストール

コマンドはこんな感じ。パッケージ名指定したり、/usr/ports の下のディレクトリ位置を指定するだけ。

portmaster squid-3.0.24
portmaster www/squid30

portsアップグレード

コマンドはこんな感じ。こちらもパッケージ名を指定するだけ。

portmaster squid-3.0.24

ports の削除

コマンドはこんな感じ。

portmaster -e portupgrade-2.4.6_4,2