企業法務戦士の雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2005-10-09

[][]白と黒の狂乱

マリーンズプレーオフの第1ステージを突破した。


遠く離れた地にいた自分は、

東京にいたら見られたかもしれないテレビ中継とも無縁に過ごし、

夜のニュースでハイライトを見ただけだったが、

それでも、暑苦しいほどの白と黒に染まったスタンドの熱狂は伝わってきた。


川崎から千葉マリンに「ロッテオリオンズ」がやってきた時、

まだ高校生だった自分は、

初の地元でのプロ野球公式戦を見るために、

胸を高鳴らせて球場に駆けつけた。


自分の記憶では、ロッテの先発が小宮山。

相手はオリックスで、先発は佐藤義則、ではなかったか・・・。


発表された観衆は、大入り満員の3万人。

だが、その日の試合は、確か負けたような気がする。


やがて、川崎球場に負けず劣らず、

マリンスタジアムにも閑古鳥が住み着いた。

そして、バレンタイン監督が指揮をとった95年を除けば、

その後のチームの戦績にもさほど見るべきものはなかった。


バレンタインは一年で首を切られ、

伊良部は醜態を晒してアメリカへ高飛びし、

挙句の果てに悪夢の連敗記録を積み重ねた。

そんな悲しい経験を経て、ライトスタンドのファンは次第に結束を強め、

無機質なスタンドは、

いつしか、地元の気のいい兄ちゃんたちの集会場になっていったが、

それでも、野鳥の会に頼めば、バックグラウンドから目視でも

簡単に数を数えられるような、そんな日が続いていた。


そんなマリンスタジアムが、

一色に塗り固められ、熱狂に浸る時が来るなんて、

自分には想像もできなかった。


ブラウン管の向こうの現実を見つめながら、

半分は現実を受け入れられずにいる自分。


タイガースマリーンズ日本シリーズが実現したら、

一体自分はどちらを応援したらいいんだろう、と、

今まで願い続けていたにもかかわらず、

一度も真剣に考えたことのなかった難題に直面して、

頭を抱えながら、それでももう少し夢を見させてほしい、

と願っている自分がいる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20051009/1129045221
リンク元
カスタム検索