企業法務戦士の雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2005-12-17

[][] 混迷

フィギュアスケートのグランプリファイナル。

予想どおり、というべきか、

残念ながら、というべきか、

女子は浅田真央選手の圧勝。

そして、安藤美姫中野友加里にも抜かれて表彰台を逃す“惨敗”。


浅田の圧勝の裏には、

地元開催、かつ“若すぎて”オリンピックに出られない選手であるがゆえの、

“同情票”が多かれ少なかれあるのではないかと思われるが、

それを差し引いても、今の日本選手の中で、

彼女が一番美しい演技をする選手であるのは間違いない。


それに引換え、安藤美姫

今週のNumber誌の「短期集中連載・トリノにかける女子フィギュア」では、

ロシアGPスルツカヤに次ぐ2位、という好成績を残した

彼女の「成長した姿」が描かれている。

「私は最初にこのプログラム(筆者注・フリーで使われている「マイ・ファニー・バレンタイン」)を見たとき、安藤には早すぎると思った。彼女にはもっと溌剌とした内容が似合うと考えた。しかし、安藤は、もうそれを自分のものにしている。」

「代名詞のように語られる4回転ジャンプがなくても、スピン、スパイラルで、彼女は観客の心を惹きつける。この日までに重ねられた努力が、目に見えるような気がした。」

「試合後、ホテルに戻った安藤は、「切なさ」とは無縁の「いつも」の彼女だったし、関係者と楽しそうに談笑する姿は、一種の安らぎさえ感じさせる」*1

だが、日本で滑っている姿を見る限り、

彼女はそのような「安らぎ」とは無縁の状態にいるように思える。


グランプリファイナルでは、

NHK杯ほど曇った表情ではなかったように見えたが、

それでもフリーの演技を見る限り、本来の「伸びやかさ」が

完全に失われてしまっているのは確かだろう。


積み重なった疲労や、本人のメンタルの問題もあるのだろうが、

いまだに“4回転ジャンプ”と“アイドル的スマイル”を期待して煽り立てる

日本のメディアは、そろそろ自分たちが冒している“罪”に気付いた方がいい。


一昨年の日本選手権初優勝から、ジュニア世界選手権優勝、

世界選手権*2と続いた頃の彼女の滑りは、

本当に素晴しかった。


彼女がもう一度、世界の舞台で戦えるように、

環境を整えるのは、関係者だけの仕事ではないはずだ・・・。


ちなみに、“不本意な採点”ながら、

中野友加里も堅実に3位に入ったことで、

ますます混迷を深めている五輪代表争い。


メダルに一番近い選手といえば、中野だろうが、

これまでの採点傾向からいって、“良くて銀”の感は強い。

むしろ、フリーの演技で採点を“狂わせる”可能性があるのは村主で、

荒川静香の「世界チャンピオン」という“顔”も捨てがたい。

だが、スポンサー(&本人の将来)のことを考えれば、

安藤美姫を送り出す、という線も残っている。

もちろん、日本選手権の結果次第なのだが、

連盟も頭の痛いところだろう・・・。


「浅田の五輪出場特例を認めない」という国際スケート連盟の方針に、

日本サイドも異議を唱えない方針を表明していたが、

上のような混迷を見れば、

これ以上の“悩みの種”を増やすような選択を望まないのは、

当然のことといえるだろう。


それに、今回出場させたとしても、

五輪本番でスルツカヤに勝てる可能性は決して高くはなく*3

それでも、五輪後(そして次の五輪前)にフィーバーが加熱することになれば、

結局悲劇の「銀メダリスト」として歴史に名前が刻まれるだけで

終わってしまう可能性が高い。

仮に金メダルを取れたとしても、

「第二のタラ・リピンスキー」にならない保証はない。


世代ごとに選手を競わせながら、長期的な強化を図ってきた日本連盟にとって、

“飛び級”は決して好ましいことではないのだと思う。


既に恒例行事のようになったマラソンや、

かつての水泳、柔道など、

オリンピックの度ごとに繰り広げられる、

選手選考の悲喜こもごもを見るたび、

他人事ながら胸が痛む。


そして、本当の意味での、「敗者への共感」が、

この国(特にメディア)には根付いていないことを痛感させられる*4

*1宇都宮直子「安藤美姫・成長の証を披露するとき」Number643号103頁(2005年)

*2:優勝したのは荒川静香、安藤は4位だったが、十分に見せ場は作った。

*3:採点競技で最後にモノをいうのは「格」だから・・・。

*4:選考直後には「敗者」にそれなりのスポットを当ててみたりしているものの、本番になる頃にはすっかり“忘れられて”しまうというのが、この国のメディアの風土である。もっとも、これは、日本という国に限らない話なのかもしれないが。

カスタム検索