企業法務戦士の雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2006-09-21

[] 結果、出たようですな。

「最難関」と言われる大学に

たくさん合格者を送り込む学校だからといって、

その学校が優れた教育を行っている、と断言できるわけでもなければ、

その学校の出身者がみな優秀だという証明にもなるわけでもない*1


それと同じで、

司法試験の合格者数や合格率を

直ちにその大学の教育の質だの、個々の学生の質だのに

結び付けて考えるのは短絡的な発想だと思う。


だが、先輩が結果を残せば、

何となく「自分もできる」という根拠のない自信が生まれて、

次の代以降も勢いで結果を残していく、と言う現象が

受験界でまま見られる、というのも事実。


勝負ごとには“雰囲気”が何よりも大事だから。


その意味では、スジのいい教育を行っている(と見られている)学校が、

1回目の試験できちんと結果を残したことは、

法科大学院というシステムの今後を占う上で、

極めて意義のあることだったのではないだろうか。


いずれにせよ、おめでとうございました。>合格者の皆様

*1:それは何よりも筆者自身が証明している・・・(苦笑)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20060921/1158857074
カスタム検索