企業法務戦士の雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2006-10-12

[][] どうせ“にわか”だが・・・。

まずは日本ハム優勝おめ!


地元のスタンドが真っ赤に染まる中で、

決めたリーグ優勝

アッパレとしか言いようがない。


正直、ダルビッシュ、八木、金村の3投手以外は、

イマイチ自信をもって先発ピッチャーの名前を挙げることができない

“俄か”ファイターズファンであるが、

それだけ知っていれば、ここまでは十分だったようである。


ルーキーイヤーにいきなり優勝の美酒を味わえた選手たちは

もちろんのこと、サヨナラ内野安打を打った稲葉選手は

ヤクルト時代に既に日本一を三度経験、移籍2年目でリーグVという

めぐり合わせだし、

日本では初めてのシリーズ出場となる新庄選手だって、

海の向こう側では、リーグ優勝ワールドシリーズを経験している。


やはり勝利を手繰り寄せる星の下に生まれている選手、

というのは確実にいるのだろう。


プロ入り21年目、ハム一筋の田中幸雄選手が

ようやく報われた、というのも印象深いニュースの一つである。


もし、これでこのチームが、

ここまでの勢いそのままに、日本一になってしまったら・・・と、

考えた時、片岡篤史選手引退のニュースが

どこか寂しく感じられたりもするのであるが・・・*1

*1:10年間主軸で活躍したチームから涙のFA移籍。ところどころで見せ場も作ったし、リーグ優勝も経験したとはいえ、移籍後5年で規定打席到達が最初の1年のみ、というのは切ない。それでも“長年の夢”だったから良いのか片岡よ・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20061012/1160675204
カスタム検索