企業法務戦士の雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2008-10-08

[][]これは「著作権」の問題なのか?

TBSが米ABCを提訴したそうである。

TBSは7日、米国の人気テレビ番組「ワイプアウト」がTBSの著作権を侵害したとして、同番組を放送する米ABCカリフォルニア連邦地裁に提訴したと発表した。」

ワイプアウトは一般視聴者が屋外アトラクションに挑戦する人気番組で、ABCが6-9月に放送した。TBSによると、番組コンセプトや演出方法がTBSが著作権を持つ「風雲!たけし城」「SASUKE」「KUNOICHI」に酷似しているという。TBSは同日、「大きな憤りを感じている」とのコメントを出した。」

日本経済新聞2008年10月8日付朝刊・第12面)

「著作権ビジネス守る」という見出しで紹介されているこのニュースだが、果たしてこれは著作権侵害の問題たりえるのだろうか?という素朴な疑問は残る。


ABCの「Wipeout」の紹介ページは、http://abc.go.com/primetime/wipeout/index?pn=aboutで、流れている動画を見ると、「SASUKE」あたりが一番近いのかなぁ・・・と思うのだが、小道具の設定などは微妙に違うし、ナビゲーターのセリフなどもおそらく米国オリジナルであることを考えると、共通しているのは「アトラクションに視聴者が挑戦する」というコンセプトだけ、ということになる*1


そして、少なくとも日本のルールで言えば、著作権が保護するのは「創作的な表現」だけだから、コンセプトが共通していても具体的な表現が異なれば、著作権侵害は成立しないのが原則となろう。


また、ABCの番組での表現から原著作物(TBSの番組)の表現が感得できるようであれば、翻案権侵害が成立する可能性もあるが、この種の“サバイバルアトラクション企画”からTBSの創作的表現を感得できるか、と言えるかについては、何ともいえないところである*2


依拠性があるのは否定できないだろうし、訴訟があくまで米国で行われていることを考えると、適用法も含めて最終的な侵害判断がどう変わってくるかは分からないのだが、

「真似たが盗んではいない」

的な抗弁が成り立つ余地はあるんじゃないかなぁ・・・と何となく思っている。


記事の中では、「番組フォーマットの国外販売」というビジネスモデルとの絡みも論じられているが、「番組フォーマット」=「(純粋な意味での)著作権」ではない、というのは業界関係者ならみな分かっているはずで、それゆえ、TBSがどこまで勝算をもって今回の訴訟に臨んでいるのか、興味深いところではあるのだが・・・。


今後の展開に期待したい。

[]ノーベル物理学賞受賞に思う。

最近ほとんど良いニュースがなかったこの国に、燦然と輝いた「3人の共同受賞」というニュース。


研究の中身は全く理解できないのだけれど*3素粒子研究に対するこの国の思い入れの強さは何となく分からないでもなかったから、長年の積み重ねが実を結んだ、という点で、価値ある結果なのだろうとおぼろげながら思っている。


こうなると、返す返すも今年の夏の戸塚洋二・東大特別栄誉教授の早すぎる死が悔やまれるわけだが、それも含めて「ノーベル賞」なわけで*4


異なる系譜に連なるとはいえ世代の近い研究者が受賞したことで、故人の魂も少しは癒されるのではないだろうか。


そして、これを機に、優秀な学生が少しでも真摯な理系研究の道を志してくれるようになればいいのになぁ・・・と、しがない&非生産的な文系学部出身者としては思う次第である。

*1:もしかすると、アメリカ版「谷隊長」とか「働いたら負けだと思っている」挑戦者だとかが出てくるのかもしれないがw。

*2:この辺は、演出全体を見ないと何ともいえないところはあるが・・・。

*3:一応、元理系だが・・・。

*4:純粋に研究を評価するだけの賞であれば、生存しているか否かにかかわらず賞の対象として良いはずで、そうしないところにこの種の賞の“政治的意味”があったりもするのかなぁ、と思っている。

カスタム検索