企業法務戦士の雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2018-07-07

[][][]「平成」の時代とともに葬り去られた事件史。

金曜日、突如として飛び込んできた「麻原彰晃の死刑執行」のニュース*1

そして、今朝の朝刊を見て、この執行が、元教祖だけでなく当時、新聞、雑誌等で名前を見かけない日がなかった元教団幹部たち6名に対しても同時に行われたことを知った。

法務省は6日、地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教の元代表、松本智津夫死刑囚(麻原彰晃、63)ら7人の死刑を執行したと発表した。一連の事件で死刑が確定した元教団幹部ら13人の中で初の執行となった。1995年の逮捕から23年。2019年5月の改元を控える中、未曽有のテロや凶悪事件の「平成」決着をにらみ、執行時期を探ったとみられる。」(日本経済新聞2018年7月7日付朝刊・第1面)

事件からもう23年。元代表の刑の確定により、裁判が事実上終結してからも、かれこれ10年くらいの月日が流れている。

元号が変わってからまだ10年に満たなかったあの頃、不幸な出来事が連鎖する時代背景の中、まだちょっとだけ残っていた新しい時代への期待感は「オウム真理教」「サリン」という言葉と共に雲散霧消した。まさに、あの事件は「平成」という時代の運命を決定づけるほどのインパクトがあった事件だったわけだが、今、あの頃の雰囲気がどれだけ正確に伝えられているか、そして、あの頃「謎」とされていた様々なことが、時代の経過とともにどれだけ解き明かされたか、といえば、何とも心もとないところがある*2

自分は決して「死刑反対派」ではない。

むしろ、故意に凶悪犯罪を犯したことが客観的に証明されていて、かつ、自省の念すら示さない者に対しては、極刑をもって処するのが当然、という思想の持ち主である*3

だから、松本智津夫死刑囚に対する執行や、未だに教祖への帰依を続けている死刑囚(実際にいたかどうかまでは承知していない)に対する執行を不当、というつもりは毛頭ないのだが、様々な出来事のディテール、特に、「事件」にならなかった教団組織内でのあれこれが必ずしも全て解き明かされていない状況で*4、今、全ての「生き証人」たちを闇に眠らせる必要があったのか・・・。

法に則った刑事訴訟の手続きが尽くされていればそれでよし、裁判上の記録に残され裁判所が判決で認定した事実が全て、という刑事司法の建前を承知しているからこそ、最後まで「周辺」からしか事件の核心に迫ることができなかったジャーナリズムの非力さを感じざるを得なかった*5


個人的な経験を語るなら、ちょうどあの頃、自分は、大学に入ってくる新入生に「オウムみたいな変な組織に引っかからないでくださいね」と呼びかける側にいた人間で*6、それゆえ、当時問題視されていた「分かっていても引き込まれてしまう若者」とはむしろ対極にいたはずだった。

だが、当時飛び交った様々な報道に触れ、あの、得体のしれない組織に引き込まれていった人々の背景に触れれば触れるほど、当時から“主流”の論調となっていた、

「最大の「なぜ」は、学歴も常識もある、素直で真面目な多くの若者たちが教団に魅入られ、教祖のもとで無差別殺人に突き進んでいったという事実である。」(日本経済新聞2018年7月7日付朝刊・第2面)

という問題提起をする人々の感覚の方に付いて行けなくなっていた自分がいた。

なぜなら、当時の自分自身が、「ありのままの世の中」をストレートに受け入れて、周りの人間と同じように真っすぐに常識的な道を進んでいく、という価値観を全く受け入れられていなかったからだ。

幸か不幸か自分はヨガにも超能力にも全く興味がなく、そして、そういった胡散臭い魔の手に触れる前に、全く正反対の、悪魔的に魅力的な組織、活動の方に足を踏み入れてしまったから、今回の死刑執行のニュースも、コーヒーを飲みながら「他人事」として眺めていられるのだが、それはほんの偶然、運の良さゆえだったのではないか、という思いは今も昔も変わらずに抱いている。

だからこそ、当時は、したり顔の大人たちに対してはもちろん、同世代の人間に対しても、「なぜ社会の本流から外れた世界に魅入られる同世代の人間の感覚を理解できないのか?」という不信感を密かに抱いていたし、あれから20年以上経った今になっても、同じような問いかけが繰り返されるのを見てしまうと、世の中の進歩のなさ、共感力の乏しさに少々がっかりした気分になる。

そして、当時、自分が唯一ピンと来ていなかった「なぜ、社会に失望して入信した人々が、閉鎖的な組織の中で作られたヒエラルキー(いわば社会の縮図)の中で、極めて組織的な動きをするに至ったのか?」というテーマも、皮肉ながら、自分のその後の「極めて常識的な」組織(会社や職能団体から、労働組合や異業種横断活動に至るまで・・・)の中での経験で、しっくりと理解できるようになった。

どんな集団でも、普通に日々を過ごしていれば何かしらのヒエラルキーが形成されていく。

そして、その中で一員として認知されたい、という思いが、多くの人々を「組織の論理」に縛り付け、組織が向かっていく方向が「分かっていても引き返せない」状況にじわじわと追い込んでいく。たとえ、それが決してほめられない、場合によっては法の一線を踏み越えるようなことだったとしても。

要するに「オウム」という組織の在り様や、彼らがやってしまったことは、社会に生き、組織に生きる多くの一般市民にとっては決して異次元の話ではないのである。

世間的には一流と思われている業界、会社、団体等の中にも、人々のちょっとした疎外感や挫折感を原動力として膨らんでいく部門やサークル、派閥といった類の組織は必ず存在するし、そういった組織が持つ求心力、一体感が規範を踏み越える方向でことを起こす、というのは決して稀な出来事ではない。

それゆえ「オウム」を語る上で、「カルト」とか「反社会的」といった修飾語は本来不要なものといわざるを得ず、彼らの起こした出来事を「テロ」事象として解説するよりも、「コンプライアンス違反」事象と対比して解説した方が、よほど教訓事例として生かせるのではなかろうか・・・*7

なお、最後に今回の死刑執行に記された「松本智津夫死刑囚」やその他の幹部たちの年齢を見て、あの事件を起こした時の教団幹部たち(それも「年長者」と位置付けられていた人たち)が、今の自分よりも下の世代だったのだ、ということに気付き、軽い衝撃を受けた。

23年前から群れに従うことを好まない、という点では一貫していたから、ズルズルと組織の論理に縛られて何かをしでかすことはないだろう、と楽観視して生きてきたのだけれど、立場上、この先、自分が「教祖」となって誰かの道を誤らせるリスクもまた、常に付きまとってくるのだ、ということを心に刻んで、生きていかねばならないのかもしれないな、と。

*1:もっとも翌日の朝刊にすぐに「特集」記事が掲載されたところを見ると、大手のメディアは既にこの動きを事前に知らされていたか、察知していたものと思われる。

*2:自分が8年前、当時の事件の回顧記事を見て記したエントリーが、http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20100320/1269231039だが、あの頃の違和感は未だ消えていないし、あの事件が「テロ」というフレーズで普遍化されればされるほど、むしろ強まっている。

*3:人間の「生命」がいかに重大な法益だとしても、自らが犯した第三者に対する法益侵害との比較衡量によって、その価値を否定されることがあるのはやむを得ない、という考えに立っている。

*4:なぜなら、これまでに「回顧」録を出している人々は、核心となる事件の最中に「本丸」にいなかったり、仮にいたとしても「周辺」からしか物事を見られなかった人たちだから。

*5:もっとも、終焉の地に移送される直前まで、彼らと接触していた人々は少なからずいたようだから、この後、一つ二つ、“肉声”で核心を解き明かそうとするメディアが出てきても不思議ではないし、そういう動きが出てきてほしい、と自分は密かに願っている。

*6:95年に地下鉄サリン事件を引き起こす前から、「オウム」は既に十分過ぎるほど学生たちを巻き込んだトラブルを起こしていたし、公式行事へのフロントサークル等の参加も厳しく制限される状況だったと記憶している。もちろん、そういったトラブル誘発団体は他にもたくさんあったから、今ほど「特別」な団体として扱われていたわけではなかったのだが…。

*7:その意味でも、事件のおどろおどろしさ、生々しさを極力排除した形で、かつての教団の意思決定過程の深層に迫る記事が、もっと出てきてほしいと思うところである。

2018-05-19

[][] 京大「立て看」闘争に思うこと。

今年に入ってからAIスピーカーが順調に稼働していることもあって、ここ数か月、ラジオは聞いてもテレビは見ない、ラジオもヘッドラインニュースだけ聞いて後は音楽、という生活になってしまった*1

元々、10年以上ブログをやっているにもかかわらず、ネットニュースはスポーツネタしか拾わない人間なので、そうなると、すっかり世事に疎くなる*2

そのせいか、京都の吉田寮周りで立て看板撤去騒動が起きている、ということも、その騒動の元にあるあれこれも、この週末になって初めて知ることとなった。

大学当局が看板撤去を強行し、学生が負けじと反撃の応酬。

環境重視か、表現の場の重視か、等々、大上段に構えたらいろんな議論はできるわけで、無関係の人間から見たら面白いことこの上ないネタなのだが・・・。


自分は世紀末を大学のキャンパスで過ごした人間だから、「立て看」というものとは決して無縁ではなかったし、郷愁的なものがないといえば嘘になる。

ただ、その当時から、主義主張の伝達手段としての「立て看」の存在意義は、むしろ怪しくなっていたような気がする。

なんといっても、作るのに手間がかかり過ぎるのだ。

当時は、いろいろ仕事をしていた関係で、年2回くらいは大量の立て看を作って、構内に配置する、ということをしなければいけなかったのだが、大工仕事的なものがとにかく嫌いな人間にとって、あれは苦痛以外の何ものでもない。

PCのソフトウェアプリンターも、ようやくまともなものが出始めた時だったから、自分の手で“ゲバ文字”的なものを書く修行はしなくてよくなりつつあったものの、角材を組み立ててベニヤを張って足を付ける、という作業だけはローテクのままで、どうしようもなく無駄な時間だなぁ、と感じたものだった。

今や、主義主張を狭いキャンパスどころか全世界にすらインターネットを通じて発信できる時代である。

プリンターによる印刷コストもかつてとは比較にならないくらい低いものになっているから、どうしても目の前に突き付けたければカラフルのビラの大量刷りで勝負することだってできる*3

そういう意味で、「立て看」がなくなったところで、困ることなんてほとんどない、というのが実情ではないかと思う。

もちろん、「撤去」を学生自身が決めるのではなくて、学部当局が介入してやる、というのは、本来の大学のあり方としては常軌を逸しているような気がするし、徹底的に抗戦したくなるのは分かるのだけど・・・。

願わくば、さすが京都、と膝を打ちたくなるような完成度の高い落としどころを見つけてほしいな、と思わずにはいられないのである。

*1:そもそも音楽を聞く暇すらなく、家に帰ってからスピーカーと最低限の会話を交わしてお休み・・・という日がほとんどだったりもするけど。

*2:もちろん某経済紙だけは毎日読んでいるから、王道的なビジネスニュースだけは目にするのだけど、それ以外のネタにはすっかり疎くなってしまった。

*3:かの時代はコピー機こそあったものの、まだまだ高価な機械で、自家用プリンターも大量印刷に使えるような代物ではなかった。ゆえに、自ずから「輪転機」を回して、インクで手を汚しながら、安っぽい紙に武骨な二色刷りのビラを刷ることを余儀なくされていた。

2018-03-11

[][]早すぎる時の流れの中で 〜7度目の「3・11」

ここ数年、3月に様々な出来事が集中していて、ブログもろくろく更新できないことが多いのだけれど、そんな中でもこの3月11日だけは必ず何か一言は残すようにしている。

ついこの前のことのように思い出されるあの日から、1年、2年、3年・・・と確実に時は過ぎ、とうとう数えてみたら「7年」。

自分の仕事は、あの頃も今も本質的に大きくは変わっていないし、身の周りの環境にも大した変化はない。

それゆえに時の流れを感じようがなかった、といえばそれまでなのかもしれないが、震災後のよもやまにいろいろとかかわってきた者にとっては、「消滅時効特例法」が可決されて「3年→10年」になった時の安堵感*1もあと3年しか続かない、ということに、少なからぬ衝撃を感じている。

毎年「被災の爪痕」を伝えてきた各メディアでも、日経紙が1面に「(被災都市が)中心部をコンパクトに再建」という記事を載せたように*2、かなり前向きなムードが前面に出ているのは確か。

忘れ去られ、消え去るよりは、前向きなニュースとして取り上げられる方が地域にとってもメリットは大きいのかもしれない。

ただ、どれだけ時が経っても、かの地には、未だ様々なもやもやが渦巻いている。

そして、そういった感情、魂の部分を抜きにしても、「災後処理」がまるで終わっていない分野がある、ということは、決して忘れられてはいけないと思っている。

金銭では取り戻せないものがある以上、どこまでいっても「完全な賠償」というものはあり得ないのかもしれないけれど、せめてそこに少しでも近づけるように。

そして、“フクシマ”という限られた地域に対してだけではなく、日本という国そのものに痛すぎる爪痕を残したあの事故の教訓を決して風化させないようにすることは、自分も含め、災後を生き続ける全ての者に課せられた義務、だと思うのである。

*1:当時のエントリーは、http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20131227/1388593404

*2:個人的には、取り上げられた地域の市街地の姿(「中心部」といっても、人が暮らすために活用できるエリアは決して広くなく、昼夜に賑わっているエリアは極めて小さい)も目に焼き付いているだけに、「人口密度が増えた」といったところで統計誤差の範囲内のレベルに過ぎないでしょう・・・という溜息はどうしても出てきてしまうのだが。

2018-01-06

[][][]「星野仙一監督」が残したもの。

新年早々追悼エントリーが続いてしまうのだが、やはり、土曜日の朝に一報を聞いて、一言触れずにはいられなくなった。

「プロ野球中日のエースとして活躍し、監督としても中日、阪神、楽天を計4度のリーグ優勝に導いた星野仙一(ほしの・せんいち)さんが1月4日午前5時25分、病気のため死去した。70歳だった。」(日本経済新聞2018年1月6日付夕刊・第9面)

「星野仙一」という名前を聞いて何を思い浮かべるかは、人それぞれだろう。

自分などは、やっぱり、2003年のリーグ優勝で、長年耐えることしか知らなかった「タイガースファン」にようやく日の目を見させてくれた、という思いが一番なのだが、東北の人々にはまた一段と異なる思いがあるだろうし、一方で、名古屋の人にはまた異なる感情もあることだろう。そして、中日、阪神、楽天のいずれの球団にもシンパシーを感じない人々には、よりシニカルな感情が渦巻いているのかもしれない。

まだ投手分業制が確立していなかった現役時代、決して盤石の体制が整っていたとは言えなかった球団で、先発にリリーフにフル回転して残した146勝34セーブ、という成績は決して悪い数字ではないし、監督になって以降の通算1181勝、という数字も、歴代上位10傑*1に入っている。

選手時代にはリーグ優勝&沢村賞投手となり、監督になってからも率いた全てのチームでリーグ優勝を達成。最後の最後では、楽天で巨人を倒して日本一にも輝いた。

不幸な解任劇の犠牲となる監督も多い中、阪神でも楽天でも退任後にフロント入りして影響力を残せる栄誉に預かり、昨年、遂に野球殿堂入りまで果たしている。

野球人として、皆が欲しがるものはほとんどすべて手に入れた、と言っても過言ではない。

もちろん、いかに追悼記事だからといっても、誉めすぎかな、と感じるところはある。

特に、あちこちで飛び交っている「名将」という言葉は、星野監督が率いていたチームの熱狂的なファンだった者であればあるほど、すんなりとは受け入れられないところがあるはずだ。

いわば「アンチ巨人」のアイコンとしてのイメージをフルに活用してメディアを味方に付け、球団幹部や支援する財界人と強力なパイプを築いて、選手補強でもコーチ陣の編成でも常に首尾よく事を運ぶ。

だから、星野監督が就任すると、あっという間に「別のチーム」に生まれ変わって、それまでの低迷が嘘のような快進撃を始めるのであるが、他球団が羨むような戦力を抱えながら、特徴のない采配で、競った試合では星を落とすことも多かった*2

「勝てる」というか「勝たないと」というムードを作り出すのが上手だったのだろう。

それゆえ、チームを勢いに乗せた時はとてつもない強さを発揮したが、そこで酷使された選手が一人、二人と戦線を離脱すると、それを跳ね返す策までは持ち合わせていない。

そして、現場の指揮官として何よりも致命的だったのは「短期決戦での弱さ」だった。

シリーズ仕様の柔軟な投手起用ができない、スランプに陥っている選手をそのまま使い続けて“逆シリーズ男”にしてしまう・・・*3

それが、北京五輪での野球日本代表(特にG・G佐藤選手)の悲劇につながったところはあるし、仙台で再度チャンスを与えられ、田中将大投手、という一人で全てを決めてしまう超人的スターに恵まれていなければ、そのまま“汚点”として残ってしまった可能性もある*4

今となっては、それも故人の“情の篤さ”の現れとして、前向きに語られることになるのだろうけど、その“情”にしても、全ての選手、コーチに対等に向けられていたわけではないような気がする*5

ということで、何でもかんでも美談にされてしまうとちょっと引き気味になってしまうのだが、それでも世の中は、残された数字と作り上げられたイメージが全て。

現場だけでなく裏側も味方に付けて、「勝てるチーム」でのべ17年間指揮を執り続けた故人の真のマネジメント能力に対し、抱くのは敬意だけである。

できることなら、これからの追悼一色のムードの中で、グラウンド上での「監督」としての姿だけではなく、「勝てるチームを自ら築いた策士」としての星野仙一氏の実像が描かれることを願ってやまない。それが、今、もがきながら“現場”を率いている中間管理職(自分も含め)にとっての一つの気づきになるように思えてならないから・・・。

*1:長嶋茂雄氏より上だろうとは思っていたが、川上哲治氏を上回る数字、というのは凄い。

*2:戦力で劣るチームに策を授けて勝たせる、という点では、阪神、楽天の前任者(野村克也監督)の方が遥かに優れていたし、整えられた戦力の中でさらに選手を育てながら勝つ、という点で、指揮官としての能力は、同じ中日でも落合博満監督時代の方が遥かに高かったと思う。

*3:実のところ筆者も、2003年は「日本シリーズだけでも野村監督に采配を振るってもらえないものか・・・」と嘆いたものだった。

*4:あの2013年のポストシーズンにしても、第6戦、第7戦での田中投手の起用法は、決して誉められたものではなかった。結果的には「美談」になったから良かったものの・・・。

*5:中日時代は、選手としてもコーチとしても、小松辰雄に対してはとにかく冷淡だった印象があるし、阪神時代も重用したのは移籍組で、薮、川尻といった長年の功労者は脇に追いやられていた。楽天時代にも山崎武司選手が放出の憂き目にあっている。その意味で、若手選手の人心を掌握して育てた、という美談は、確執を起こしそうなベテランを権力を使ってスポイルする、という手管と表裏一体だったようにすら見えてしまう。

2018-01-05

[][]こんな時代だからこそ、惜しまれる・・・。

何もなければ、今年も大量に届いた年賀状に対してグチの一つでも書こうかと思っていたのだが、日経紙夕刊のある記事を読んで気が変わった。

「税制改正に関わる政府・与党関係者の誰もが知る人物がいる。2017年11月に急逝した経団連の元常務理事、阿部泰久氏だ。約30年、税制改正に携わった。経団連の税制改正要望をつくり、時には党税調や財務省などとの調整役も担った。」

「14年9月、阿部氏は外形標準課税を所管する総務省の会合に出席。「安易な拡大はすべきでない」との資料を示した。ところが話し始めると「単に反対と言っているわけではない」と表明。「賃上げに逆行しない」「段階的な拡大」「中小企業に適用しない」の3条件で認める考えを説いた。これで設計が決まった。」

「16年度改正でも法人実効税率の引き下げ財源で、阿部氏が登場した。赤字を出した企業が税金を減らせる繰越欠損金控除の縮小で財源を出す案を編みだし、決着させた。このとき、経済産業省は大企業の交際費にかかる税優遇の廃止で財源を捻出する案をあたためていた。阿部氏の調整に経産省幹部らは激怒。その直後、阿部氏は税制担当を外れた。」

日本経済新聞2018年1月5日付夕刊・第2面)

「税制改正 走る業界団体」というタイトルで永田町詣でをする業界団体の姿が描かれているコラムの横に小さく添えられた記事ではあるのだが、上記のエピソードといい、

「経団連の関係者は「かつては阿部氏のような人が各業界にいたが最近は少ない」と話す。別の経済団体の税制担当者は「要望はするが調整はしない。全ての会員が満足する決着はないからだ」と話す。自らリスクをとって調整する阿部氏のような人物はあまりいないという。」(同上)

という人物評といい、全体を通じて、産業界の調整役としては異色の存在だった故人に対する畏敬の念に満ちた記事となっている*1

ここでの話題は、専ら税制改正の話になっているし、実際、亡くなられた阿部氏が税制のプロだったことは間違いないのだが、同時に、阿部氏と言えば、会社法や事業再生の分野から、独占禁止法や民法(債権法)、はたまた消費者契約法の改正に至るまで、様々な法制分野に絡んでおられた方でもある。そして、そういった場面でも、上記の記事に描かれているような阿部氏の「個性」を垣間見ることができる機会は多々あった。

世の中では、一括りに「産業界」、と語られることが多いが、上記記事にも書かれているように、今のように各社のビジネスモデルも経営の価値観も多様化している時代においては、ちょっとした法改正でも、会社の数だけ異なる思惑が出てくるのであって、全ての会社の意見が一致することなどまずない、と言ってよい。

ゆえに、経団連のように業種をまたがる団体はもちろんのこと、業界単位の団体であっても、外向けに公表する意見をまとめるのは極めて困難な作業となる。

だから、審議会等の表舞台に立つ場合でも、水面下での駆け引きをする場合でも、看板を背負って出ていく人がどう立ち回るか、ということが極めて重要な意味を持つ。

背後にある複雑な意見や感情を顧みずにひたすら持論を唱え続けるだけでは役割を果たしたことにならないし、そのうちに反対側の勢力にも足元を見られて、結局何も勝ち取れずにそれまで。

一方で、単なる“伝書鳩”としての役割しか果たさない存在だと、相手も「聞いて終わり」ということになってしまうし、一歩先の議論について行くことができないので、本当の意味での政策形成には絡めない。

そういった難しいポジションで、時に会員企業のメッセンジャーを演じつつ、ここぞの場面では柔軟に“個人の意見”を打ちだしてコンセンサス形成の流れを作る・・・

それは、政策形成の場面に数多く立ち会ったことによる経験と、どんなテーマでも勘所を理解しかみ砕いて自分の言葉にできるスキル、そして、議論の潮目を敏感に察するセンス、といったものを持ち合わせて初めてできることであって、誰にでも真似できることではないのだけれど、これだけあちこちで、言いたいことを言っているだけの自称“ロビイスト”が跋扈する時代になってくると、少々個性的でも、きちんと治めるところを治めてきてくれる人、の存在が、非常にありがたく、そして懐かしく思えてしまう。

心から急逝を惜しみつつも、惜しんでいるだけでは世の中は前に進んでいかない、という言葉を噛みしめて、こんな難しい時代だからこそ、企業法務に関わる者一人一人ができることを考えていかないといけない、そんな気がしている。

書店で見かけたのは、ホントつい最近のことだったのだけど・・・。

*1:個人的には、同じ面の下段にある「追想録」の方で取り上げても良いくらいの記事だな、と思いながら眺めていた。

カスタム検索