深町秋生の序二段日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-12-07 明日の健康のためにスナック菓子

[] を含むブックマーク

仕事柄、健康食品に関する情報に接する機会が多い。


で、会社で業界紙などを読んでいて目をひいたのが「ヘルスライフビジネス」という健康食品情報を扱う新聞の10月15日に載っていた社説であった。社説によれば、実は非公開ながら大手スナック菓子メーカーの研究で、ポテトチップには今話題のアミノ酸GABA葉酸がたっぷり入っていることが判明したという。


GABAは現代人に不足しがちな栄養とよく宣伝され、これが欠けるとイライラが募り、睡眠障害などを引き起こす要因となる。で、グリコチョコレートなんかがGABA入りということで大売れしている。発芽玄米などにもこのGABAは含まれており、オーガニック好きの間でこちらも人気だ。


非公開とはいえ新聞の社説に載るくらいだから、さすがにウィキのように適当極まるものではなく、ある程度は信頼できるだろう。ちなみにポテトチップに入ってるGABAの量は発芽玄米の十倍だったという。また葉酸は妊婦などが不足しがちな栄養分で、本来はほうれん草などに含まれているというビタミンBの一種である。まあ発芽玄米を100グラム食べるのと、ポテトチップを100グラムカルビーのやつは一袋90グラム)食べるのとでは当然油やカロリーの問題もあって、一緒くたにするわけにはいかないが、高い金を出して発芽玄米を食うくらいなら、ポテトチップスを少しかじったほうが経済的にもいいのではないかと思う。(でも発芽玄米も当然いろいろな栄養があるわけなのだが)それぐらいならカロリーも私にとっては許容範囲だ。もっというならポテトチップに入ってるのなら現代人が不足しがちの栄養でもなんでもねえじゃねえかよGABA、と文句のひとつも言いたくなる。


ま、でも「スナック菓子だって馬鹿にできねえんだぞ!」と反抗的な態度をとるつもりはあまりないが(会社では健康食品も売っているんだし)、どんな食い物にも、食い物である以上、栄養分はやっぱりある。だがいつ頃からか、西欧食やスナック菓子はひたすら悪者扱いされるようになり、ただ低カロリーな食い物がヘルシーという肩書きを獲得できるようになった。私が週一で食っているチーズバーガーには、豊富タンパク質炭水化物、それに脂肪を燃焼させるカルニチンもたっぷり含まれていて、カルシウムも補える。もっと言うならビタミンAやビタミンEも摂取できるスーパー栄養食なのだが、まだ聞きたい?


なんでもいいけれど、最近は菓子飲料などはほとんどすべてが健康うんぬんと語るようになった。それを売りにするのはかまわないのだが、結局「これを食べると健康になるから」といってむしゃむしゃ食って、昔よりも大量にジュースチョコレートを摂取してないだろうか。「なんか当たるとデカイから」といって、博打性の高いCR機をやって、結局懐が寒くなって消費者金融に走らされているような本末転倒な感じがしなくもない。

ロザリンドロザリンド 2006/12/07 23:17 「セックスで美人になる」っていうのと同じ類ですよ。ポテトチップに発がん性物質が入っていたって、カル○ーと湖○屋に一生ついていきます。

レボ3レボ3 2006/12/08 04:46 ヘー、ホーと言いながら、なんだか読んでしまいました。
昔からポテトとかジュースあとマクドナルドはあまり食うなと言われて育ってきました。
私の母は昔は結構、健康に気を使う人間で、一時期はひどく、カレーに肉がなく、コンニャクと鯖が入っていたことがありました、・・・・・・あれはまずかった。
そう育ってきた反動か、私は味が第一で、健康は三番目ぐらいの食生活をしてきました。
それがポテトッチプスが体に良いとは(良い部分もあるでしたっけ)・・・・何とも変な気分です。
価値観なんてものはあっと言う間に変わるのですね、みのもんたがなんか言うと変わるのもあっちゃいますしね。まあ!あれ健康にいいんですって奥さん♪みたいな(痛いな♪)

どうでもいい話なんですが・・・ミルコは野菜も魚も食わないのに強いな〜、食うもん選ぶより動いたほうがいいんでしょうね。ミルコ移籍しないでくれ〜

FUKAMACHIFUKAMACHI 2006/12/08 12:26 >ロザリンドさん
セックスできれいになるんだったら、吉原の格安ソープ嬢はみんな絶世の美女揃いとなるはずですけどね。そんなことはねえんだよなあ。ポテトチップはカルビーっぽいタイプか、ナビスコタイプなのか、そこらへんが新聞に載ってなくて、ちょっと片手落ちなんですよね。

>レボ3さん
いや、結局のところどんな食い物にも栄養はあるので、スナックもファストフードもコーラもコンビニ弁当も「ヘルシー」と訴えることができます。全部栄養豊富。一生は短いので、無駄にまずいものを食ってる暇なんて全然ないのですが、みのやあるある大辞典みたいなものに踊らされるくらいなら、がっつり焼肉山ほど食ってくたばる道を選びます。コンニャクカレー……うわあ。

ujimusiujimusi 2006/12/08 23:28 セサミンだグルタミンだクレアチンだで振り回されとったら逆効果もあり得ることに頭が回らない人が多過ぎなのがアレですね。栄養素のビタミンAだって摂り過ぎれば皮がボロボロになったり死んだりするくらいのもんですし(魚の肝でのビタミンA中毒例も)、ナイアシンだってビリー・シーンが宗教に……

FUKAMACHIFUKAMACHI 2006/12/09 09:26 ナイアシン、オーガニック、トム・クルーズ、ジーヌー。栄養だの大自然だのにうつつをぬかしてるとそのうち宇宙人の勢力がどうのこうのと言い出すようになるのでしょう。お水様信仰とか、健康と宗教というのも密接でやーねー。

きもきも 2006/12/09 14:33 みのもんたの番組なんか見てると、毎日違う食材が「健康にいい!」と紹介されている訳で。結局食い物なんて何らかの形で栄養になるし、偏った食い方さえしなければ全て「健康食品」になるんでしょう。
 何しろ明治維新以前、獣肉食文化がほとんどなかった和食日本人の平均寿命が60歳に届かなかったことを考えれば、今、不健康の槍玉に上がっている西欧化した食文化なんて超栄養食ですよ。

FUKAMACHIFUKAMACHI 2006/12/09 23:22 ぶはははは。そうなんですよね。日本のすき焼きだって、明治になってからの新興和食だし、そりゃ和食はヘルシーかもしれないけど、戦後めきめき寿命が伸びてったのはいろんなものが食えるようになったからでしょうね。年配の人達は、それこそ今の若者以上にチキンラーメン(当時はつゆにも栄養があるからとぐびぐび飲むようにと商品自体が訴えていた)やカップヌードルやすごい色の駄菓子や防腐剤たっぷりの魚肉ソーセージを食って育って、あのとうり長生きしているので、食生活など意外と適当でいいんじゃないかと思います。脂肪はなんとかしたいけど。