深町秋生の序二段日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-06-22 ブログ衰退論 このエントリーを含むブックマーク

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

ウェブは資本主義を超える

ウェブは資本主義を超える


ブログの世界はこれからどんどんつまらなくなる。


と、いきなりまたも悲観主義を披露してしまってすみません。別にネットの専門家じゃないから個人的な意見にすぎないし、こういうのは誰か言ってると思うけれど。猫蛙さんとか。今が爛熟期(というか若干すでに腐ってる)で、これからはゆっくりと腐敗と衰退が進行していくだろうと思っている。たぶんテレビメディアなんかと同じ運命だ。ズバリ言うわよ。


ざっくり言えば資本主義の大波がブログ界に押し寄せているからだ。本来はどんなことも自由に書けるはずの個人ブログ大企業の資本にどんどん取りこまれていってるように見える。商品の宣伝ばかりが目立ち、(深町秋生の著書をよろしくな!)日記なんかよりも脇っちょにある商品の宣伝に費やされる言葉のほうが多かったりする。高額な紹介料ほしさに、なぜかバカ高い家電製品だのコンピューター製品ばかり語るようになっているブログもたまに見かける。ジャパネットたかたの高田社長の売り込み顔負けだ。


そもそもブログにはこういう法則がある。例えば映画評。古い名画やマニアック映画を取り上げて、どんなに質の高いレビューをしたところで、新しい話題作を取り上げた駄文レビューには勝てないという点である。これは小説マンガアニメなど文化すべてにおいて共通する。てっとり早くアクセス数を稼ぐなら、時流や流行にのってあれこれ語るのが一番であり、賞味期限がちょっとでも切れればシカトする。昔からそんな傾向にあったが、それに拍車をかけてくれるのが企業の金だ。今だって、まるでアマゾン楽天の社員のように必死に営業活動している個人ブログが山ほどある。まったく金がからまないアマチュアリズム100%の文章というのもひどくつまらないけれど、逆に分別もなく広告に走りすぎたブログというのも100%つまらない。めざましテレビ雑誌の多くがおそろしくつまらないのは、どこをどう見ても広告を装った記事と広告そのものでしめられているからだ。


ブログネットだけが例外でいられるはずもない。最近のテレビCMにはもれなく「検索してね」なんてのがクリック音とともに出る。デザインだけはやたらと凝ってるけれど、さほど中身のないサイトブログばかりで占められるだろう。(昔からずっとそうだったともいえるし、ブログに限った話じゃないけど)こんな具合に。


http://d.hatena.ne.jp/gotanda6/20070228/pub日本雑誌は売れないほうが儲かる。犬にかぶらせろ)


もともとなんの拘束もなく、ノルマがあるわけでもないのに、どういうわけか率先して犬になるように、企業は巧みに仕組んでくる。アマゾンアソシエイトグランプリ(多く商品を売ったブログを表彰)なんてのを企画しているが、なんか地球にやさしい洗剤を売るあいつらみたいだ。あいつらもやたらと大会好きだった。


http://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/join/info6.htmlアソシエイト・プログラム 第3回ベストアソシエイト コンテスト)


と偉そうに社会時評してみたが、やっぱり私も金はほしい。やっぱ皆ががんばって成功せえへんと、やっていけへんと思うねん。そやからアマゾンや! アマゾンはすごいビジネスなんや! 間違いないで! 人生なにごともポジティブや! レッツ、ビギン


http://home.intercity.or.jp/users/ytera/ueno/index.html(参照。うえのはるきのほめぱげ


あと国の後押しもあるよ! 


http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51034249.html総務省ブログ2chもTV並み規制必要!」)

ロザリンドロザリンド 2007/06/22 22:27 こうして必要もない本やCDを買っていらなくなったら、お売りくださいブックオフにファックオフ!これが因果応報って奴や!すごいビジネスなんや!

深町深町 2007/06/23 09:12 いらっしゃいませ! いらっしゃいませ! 不正経理でムショまでいらっしゃいませってんだ! ざまあみやがれい。