深町秋生の序二段日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-10-11 内藤×亀田次男感想

[][] を含むブックマーク

いやあ、面白かった。


短く感想。亀田次男をまったく評価していなかったけれど、ちょっとだけ私の中では株が上がった。相当な練習を積んでいたのは間違いないだろう。内藤にテンプルのあたりをさんざんぶっ叩かれたように見えたが、まったく揺るがないところに不気味さを感じた。若い選手らしい無尽蔵なスタミナも大したものだと素直に感心した。


またハートの強さもかなりのものを感じる。単に口だけ野郎だと思っていたが、あれだけの大舞台で最後の最後まで不遜でコッキー(生意気)なヤングファイターであり続けたところに素質を感じた。どこか気弱さが滲み出る長男と違って、ちゃんと技術を身につければなかなかの選手に仕上がるかもしれないとも思った。かなりパンチをもらっていたと思うが、まったく腫れあがらない顔も謎。なんにしても身体的にはタフにできているのだろう。


とはいえ内藤の完勝。それは揺るがない。TBS実況&解説陣の極端な偏りぶりのおかげでまるで対等なファイトをやっているように見えてしまうのだが、雑音を排除してみれば(解説というよりも旦那衆を持ち上げる芸者のよいしょ)どうしようもないほどワンサイドゲームだったと思う。クリンチバッティングもかなり多い試合で、内藤が左フック→頭突き→右フックと三連発を決めたシーンがあったと思うが、あのへんに独特のしたたかさを感じた。長い距離からフックをがんがん決めるところもよかった。もみ合っているときに次男の後頭部をがつんとやったところでひやりとしてしまったけれど。


しかしTBSがひどいのは今に始まったことではないが、フェアネスというものがまったく存在しないのだと絶望さえ覚えた。内藤が反則をしたときは「あー、いけません」などと実況が即座に指摘したが、我らが大毅くんが得意の寄り倒し、総合格闘技顔負けの抱え上げを見せると、ものすごい沈黙放送事故かと思った。


「・・・・・・・・・・・・・・・・・あー、減点です」「若さがでましたね〜」とオニが即座に太鼓持ちよろしくフォロー。「18歳の若さが出てしまいました!」やて。「そういう言い方もあるのか!」と孤独のグルメの井之頭五郎のように驚いてしまった。


あんな大反則を若さで片づけるなよ、オニ。少年法で年端もいかない未成年が処罰される時代によ。実況も「出血がひどくなれば亀田のTKO勝ちです!」だって。事実だけどさ。かなり願望をこめた言い草にムカっときたものだった。まあそれは私が内藤びいきだからかもしれないけど。


それにしても勝利した内藤がまったくニコリともしなかったのもよかった。マイクをよこす土居アナをぶん殴るんじゃないかと思うほど殺気が漂っていた。会場が「大毅、腹を切れ、腹を切れ。切腹! 切腹!」と黒いコールで覆われていたのも異様。まるで日本ではないどこか野蛮な国の試合のようでおかしかったです。まあヒートした試合ではありました。


ポンサクレックより全然弱かった」「亀田黒星をつけたことで国民の期待に応えられてよかった」と今までTBSが築いてきたものをみんな壊しにかかる内藤マイク。文句なしです。ごちそうさまでした。

。 2007/10/11 23:37 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%80%E7%94%B0%E5%8F%B2%E9%83%8E

ボクシングスタイルとしては、ガードを固め、常に前進し続ける亀田流ボクシングを生み出した。頭部のみ防御し、ボディの防御は一切捨てると言う普通では採用しにくいスタイルであり、ボディに自信を持つ三兄弟独特のスタイルとも言える。

この亀田流ファイトスタイルに関しては「ジャブを打たなすぎる」「後ろに下がらなすぎる」等として、スタイルそのものを疑問視する声が多い。一方で、ジャブを撃たない分、相手が見せた隙を逃さず両腕どちらからでも強打で合わせられる点から、ボディや目に自信を持つ選手ならばこのスタイルを採用してもおかしくは無い。ほぼ全てのスタイルが出尽くしたと思われていた近代ボクシングの中に突如生まれたまったく新しいスタイルであると言える(しかし、他と違い全てのボクサーが扱えるスタイルでは無い為、一つのスタイルと評価するに十分かは見解が分かれる)。常に前進し引かない為、相手のジャブをまともに被弾している印象を受けるが、頭部のディフェンスはしっかりとしている為、印象と違いクリーンヒットは少ない。

wikipediaからの引用ですが、亀田のボクシングスタイルについてです。
調べていてなるほどと思ったので紹介させていただきました。

レボ3レボ3 2007/10/11 23:43 ある意味私は明日の・みの・が楽しみです
負の連鎖が働いてくれないかなぁ
切腹ズバッ!
「切腹?冗談じゃないよまったく」と言ってほしいです。
亀田もみのも嫌いですが、大本が喉元過ぎれば何してもいいんだよぉー主義
ほんとTBSは何であんな感じなんでしょうね。
秋山には強豪は当てないでもらいたいです。もう女性選手か、どうせなら百人の柔道少年達と1対100バトルロワイアルマッチをやってもらいたいです。

FUKAMACHIFUKAMACHI 2007/10/12 12:07 >。さん
たしかにオリジナリティ溢れるスタイル……かもしれませんね。あの戦い方は弱い選手相手では非常にテレビ映えするのですが、テクニックのあるランカー相手に通じるのかはなはだ疑問ですね。しかしおもしろいなあ。亀田親父の項目。

>レボさん
みの、なんだか生出演の内藤をにこやかにたたえてましたよ。あと世界陸上のどうしようもなさも含めてTBSイベントのバブル感を今後もじっくり味わいたいものです。