深町秋生の序二段日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-04-26 秘宝EXとBootlegと黒豹的著者近影 このエントリーを含むブックマーク

f:id:FUKAMACHI:20120420094000j:image

映画秘宝EX 鮮烈!アナーキー日本映画史1959?1979 (洋泉社MOOK)

映画秘宝EX 鮮烈!アナーキー日本映画史1959?1979 (洋泉社MOOK)





えーと、またお知らせ。


28日発売の映画秘宝EX「鮮烈!アナーキー日本映画史1959〜1979 」(洋泉社MOOK)に、原稿を一本寄せております。


大島渚監督の大阪釜ヶ崎を舞台にしたスラムノワール「太陽の墓場」について書いてます。どうぞよろしく。


5月6日は文フリがあるわけですが、映画評論系同人誌「Bootleg」にも例によって寄稿しております。某ヤクザ映画について、「いい映画だなあ」としみじみとコラムを書きました。詳しくはこちらにて。


http://d.hatena.ne.jp/bootleg_magazine/20120417/1334667286


で、石原都知事が記者に「ぶん殴ってやる」と、じつに男らしい暴力宣言をしてらっしゃったので、私も負けじと某「血と暴力の国」にて腕を磨いてまいりました。キラー全開であります。


より一層、上質なアクション&バイオレンス小説をお届けできるよう、これからも精進したいと思っております。もしどこかで出会ったら、「あいつが……山形の黒豹!」「あれが山形の金狼、フカマチか……」とでも呟いてください。なんか奢ります。






f:id:FUKAMACHI:20120423132224j:image





M−4アサルトカービンを握り、野獣の本能を研ぎ澄ませる著者。





f:id:FUKAMACHI:20120423125054j:image





腹の立つあの野郎やあの野郎の顔を思い浮かべつつも、冷静にコルトガバメントを連射する著者。





f:id:FUKAMACHI:20120423131527j:image



スミス&ウェッソン44口径を握り、鋼のように精神を鍛える日々。この作家に休息日はない。





参照サイト。


http://sawadaspecial.com/2003/12/01/aeaiedhaoooiuedhia-ieeii/(特命武装検事・黒木豹介の世界 作品一覧)



大藪春彦伝説―遙かなる野獣の挽歌(バラード)

大藪春彦伝説―遙かなる野獣の挽歌(バラード)

2012-04-23 このミステリーがすごい! 大賞作家書下ろしmagazine このエントリーを含むブックマーク


21日から、「このミステリーがすごい! 大賞作家書下ろしmagazine」(宝島社)という小説誌が発売されております。


70枚くらいの短編を書いております。「仙台コーリング」というタイトルです。


仙台在住のナイフ使い・ズべ公少女マヤが、何者かのワナにはめられ、強盗放火殺人の容疑をかけられるという物語です。野卑な県警から逃避しながら、ハメた野郎を探して血祭りにあげるという、東映スケバン精神で臨んだ短編です。


どうぞよろしく。


5月中旬に講談社文庫「ダウン・バイ・ロー」という、猟奇殺人青春物語が発売される予定です。働いております。


最近の驚きは、なんといっても、東陽片岡先生がネット進出&風俗店営業されたこと。ブログもすこぶるおもしろいです。たまらん。


http://kataoka53.blog.fc2.com/


上野署マル暴の八神瑛子シリーズも発売中ってなことで、夏の不忍池を撮った資料写真。


f:id:FUKAMACHI:20110730184712j:image



ダウン・バイ・ロー (講談社文庫)

ダウン・バイ・ロー (講談社文庫)

2012-04-17 コミックストリート更新「五大湖フルバースト」 このエントリーを含むブックマーク

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 上 (シリウスKC)

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 上 (シリウスKC)

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 下 (シリウスKC)

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 下 (シリウスKC)


さて、火曜日でございます。


毎度おなじみ、さくらんぼテレビコミック評「コミックストリート」が更新されました。


今回、取り上げるのは、なかなか単行本化されず、幻の奇書とされた近未来SF大相撲コミック五大湖フルバースト」です。


http://www.sakuranbo.co.jp/livres/cs/2012/04/post-46.html(荒唐無稽! ドスコイ肉弾感動作!!『五大湖フルバースト』)


ぶっとんだ設定と濃厚な画力が話題になっておりますが、時系列をいじり、うまく読者をだましてくれる優れた構成。ぜひ読んでいただきたい一冊であります。


具体的にはこういう感じの内容。なめくじ長屋さんのところが詳しいです。どうぞよろしく。


http://namekujinagaya.blog31.fc2.com/blog-entry-2122.html(なめくじ長屋奇考録 西野マルタ五大湖フルバースト」  小学25年生くらいの坊っちゃんが大興奮の相撲漫画の完成形!!)


あとは宣伝ですが、4月後半に某誌に短編、5月に書き下ろし文庫が発売される予定です。八神瑛子シリーズ1&2が累計26万部となりました。


https://twitter.com/#!/ash0966

2012-04-03 コミックストリート更新「さんてつ」 このエントリーを含むブックマーク

さんてつ: 日本鉄道旅行地図帳 三陸鉄道 大震災の記録 (バンチコミックス)

さんてつ: 日本鉄道旅行地図帳 三陸鉄道 大震災の記録 (バンチコミックス)


さて、火曜日でございます。


今日はなにやら嵐の予感ってことで、天気予報がにぎやかであります。


で、地元さくらんぼテレビのコミックストリートが更新されました。


今回取り上げるのは、注目のマンガ家吉本浩二の新刊「さんてつ」であります。


http://www.sakuranbo.co.jp/livres/cs/2012/04/post-45.html(安心を与えた市井ヒーロー。直球の3・11ルポ「さんてつ」)


どうぞよろしく。地を這うような奮闘を描かせると、ピカイチマンガ家だと思いました。


それと関係のない話ですが、ようやく韓国バイオレンス映画アジョシ」をDVDで見ました。おしっこ漏れそうなくらいにすばらしい映画でしたね。あまりに「レオン」で「マイ・ボディガード」で、「じつは、あのおじさんは元特殊部隊員だった!」というチャック・ノリスセガール映画みたいなプロットにはひかれなかったのですが、たとえ手あかのついた設定であっても、演出やキャラや工夫次第で、いかようにもおもしろくなるのだと気づかされました。


韓国バイオレンス特有のぐっちゃんぐっちゃんな打撃や刺突がすばらしかったです。それとやっぱりこういう野郎映画は、「敵キャラにも粋なやつがいる」という要素が重要だと思いました。「母なる証明」といい、かわいい顔をしながら、めちゃなことをやるウォンビンさんはすばらしいです。


https://twitter.com/#!/ash0966

アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

アジョシ スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

2012-04-01 「アウトクラッシュ」発売中です このエントリーを含むブックマーク

アウトクラッシュ 組織犯罪対策課 八神瑛子? (幻冬舎文庫)

アウトクラッシュ 組織犯罪対策課 八神瑛子? (幻冬舎文庫)


先週、金曜ぐらいから「アウトクラッシュ」発売しております。


どうかどうか、よろしくお願いいたします。


前作よりもさらに数字がいいとのことで、発売日にさっそく増刷決定となりました。


書店さんでも「目ん玉飛び出る陳列感覚!」とWJ的かつど真ん中な展開がなされていて、

大変ありがたいと思っております。



f:id:FUKAMACHI:20120328215755j:image




あおい書店六本木店さま





f:id:FUKAMACHI:20120329132409j:image




紀伊国屋新宿南店さん。




f:id:FUKAMACHI:20120402051056j:image





さっぽろ地下街オーロラタウン紀伊國屋書店さん(写真はすえきちさんのhttp://lockerz.com/s/196939525より引用)

1Q84の隣というのが、なんとも……。


また近々、別の版元さんから、やはり文庫書下ろしが発売される予定です。


4月にも短編が登場する予定です。