深町秋生の序二段日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-18 おぞましき別世界「世襲議員のからくり」

[] おぞましき別世界「世襲議員のからくり」 - 深町秋生の序二段日記 を含むブックマーク

世襲議員のからくり (文春新書)

世襲議員のからくり (文春新書)

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)


19年前の毎日新聞(1990年11月4日)には、三世議員である森英介・現法務大臣のインタビュー記事「国会一年生のひとりごと」が載っている。

<ぼくは典型的な世襲候補だが、父(故美秀氏)の後をやるかやらないか、という時に自問しました。それが政治家を志す者の最低のというか、前提条件でしょう。急死で、そんなこといってられなくなったんですが、ちょっと踏み込めないなと思った。

ところが、今、平和なのか、命懸けというか、そういう心構えがなくとも、務まっちゃうんだね>


世襲議員のからくり」上杉隆著 p19より


人気ジャーナリストの上杉隆氏の新刊世襲議員のからくり」を読んだ。これがおもしろい。おもしろいというよりも、あまりのおぞましさにぞくぞくと身体が震えた。



前作の「ジャーナリズム崩壊」はざっくり言うと「記者クラブいくない!」という、それ以上でもそれ以下でもない話で、なんとなく今さら感がつきまとっていて不満だった。そして今回は一言でいえば「世襲議員はいくない!」という内容である。


世襲議員がよくないという主張自体は、これだってべつにちっとも新しくはない。というか散々、テレビでもやっている。もう語りつくされたような感じさえある。「二世や三世の政治家はひ弱で根性がたりなくて、世間知らずで」というあれ。「二世や三世だっていいじゃないか。職業選択の自由に反する。かえって不平等だ」という反対意見も根強い。本書でも世襲議員たちのアホボンぶりがたっぷり描かれているが、ここではもっと根深い世襲というシステムについて、わかりやすく知らせてくれる。政治家は「国益」なる言葉が好きだが、世襲議員の存在自体が国益に反するのではないかという感想を読者に抱かせる。


本書で提示されるのは、テレビや新聞で見られるお行儀のいい世襲制度批判ではない。もっと生々しい日本のなかの異世界である。たとえばもっともシニカルな笑いを提供してくれたのが、「政治家の名前に一郎や太郎が多い」というくだり。政治というものを家業としている一家がいるのは、頭でわかっていても、有権者名前を覚えられるために簡単な名前を生まれながらにして与えられる(さいきん、みんな議員名前がひらがなになっているが)という生々しさには素直に驚かされる。茨城選出の大物議員である中村喜四郎にいたっては、父親の名前をそっくりいただいた。出馬するにあたって中村伸という名前中村喜四郎と変えたのである。そうしたほうが父の力をより強く借りることができるからだ。しかしまあもはや歌舞伎かなにかの伝統芸能の域である。名前だけでなく、養子入りして苗字を変える者も大勢いる。中川秀直、山岡賢次、野田聖子などなど。


小泉元首相の地盤である横須賀あたりの選挙で、共産党候補の名前が同じく小泉だったところ、いつもの2倍近く得票を得たというのだから、名前や苗字というものがどれほど重要であるかがわかる(世のなかにはどれほどバカタレがひしめいているかということも)。そうした先人たちの威光を力いっぱい利用するという点で、職業選択の自由を侵しているのが、世襲政治家のほうなのか、それを批判するもののほうなのかと読者に突きつける。


またもっとも醜悪なのが財産の相続である。多くの国民が相続にあたって多額の税金をかけられ、資産を失い、商店や会社の存続を断念せざるを得ない状況に追いこまれるなかで、世襲議員である彼らは相続税に悩まされることはない。典型的な世襲議員である小渕優子少子化担当相は、父親の資金団体(資金団体は一代限り)の資金を政治団体政治団体は永続性がある)に寄附させ、その政治団体から何年かに分けて自分の資金団体に寄附させるという迂回した形で、父の財産をそっくり受け継いだ。その間には一銭も税金がかからない。それに地盤となる後援会組織もそっくりいただいている。こうした途方もなく圧倒的な優位性を維持しているおかげで、どんなに間抜けな政治をやろうとも、彼ら自身が選挙で敗北する可能性は低い。どんなにすぐれた資質を持った人間が立候補したとしても、地盤や資金やブランドを苦労もなく受け継いだボンボンたちの前には勝てはしないのだ。それがより強固な仕組みとなっていて今日にまで到っているわけだが、世襲政治家の比率は中共政府すら上回っているというのだから、どれだけ異様な国に住んでいるのかがわかる。


本書はかくべつ調査が優れた本……というわけではない。永田町の人間がこれまで常識としてきたものを、「こんなの常識であってたまるか」と告発している。調査うんぬんというより、勇気にあふれた本といえる。じっさいこ政治家の「相続」を雑誌で発表したさいに、著者は政治家たちからさんざん恨み節をぶつけられたのだという。すでにベストセラーを記録しているが、このカラクリがセンセーショナルに伝えられるところがもっとも悲しい現実といえる。政治記者たちにとってはこのカラクリが常識であり、べつにおかしいとは思わなかったのだろう。


著者はラストでテレビメディアもまた世襲制度に侵されていると書いている。テレビ局は政治家の子弟を積極的に採用し、社員の子弟(テレ朝だけは社員の子弟を採用しないのだそうな)を当たり前のように雇っている。今の世襲政治家たちの多くが、かつてテレビ業界に籍を置いていた。テレビ業界が世襲の巣窟なのだから、政治家の世襲を批判できるはずもない。


世襲政治家が職業選択の自由を訴えたければ、まずはこのペテンのシステムから決別すべきだろう。すべきだろうと言っても、仕方がないのかもしれない。ドジョウウナギに対して「こら、泥のなかにまぎれこむな。きたないぞ!」と呼びかけるようなもので。世襲というシステムの打破を、もはや永田町メディアに期待してもしょうがない。これを読んでいるあなたがどうかしてくれと著者は訴えているように思えた。


英才の家系―鳩山一郎と鳩山家の人々 (講談社文庫)

英才の家系―鳩山一郎と鳩山家の人々 (講談社文庫)

2009-06-05 切株映画の逆襲

[] 切株映画の逆襲 - 深町秋生の序二段日記 を含むブックマーク

ショック! 残酷! 切株映画の逆襲

ショック! 残酷! 切株映画の逆襲


洋泉社ムック「切株映画の逆襲」が発売されております。


衝撃! 神よ! 人間はどこまで残酷になれるのか!?


この力強くも白々しい文句が最高。生首、爆破、切断、溶解。人体の破壊を求道的に追った野郎どもの話が今回も満載。今回は中原昌也氏のロングインタビュー「世界切株戦争宣言」、それに高橋ヨシキ所長の「トム・サヴィーニ全仕事」が目を引いた。だが一番腹を抱えて大笑いしたのは真魚八重子さんの「牧口雄二東映残酷秘録」だ。


D




徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑」のオープニング。(どう見ても徳川とは関係のなさそうな残酷写真と、ジミヘンの曲をダルくさせたような音楽が最高)東映汁がしたたる妖気むんむんの映像といえよう。埋め込みが無効になっているので、画面上でダブルクリックしていただきたい。


日本最大級の映画会社社長が、クズ映画「スナッフ」のヒットを目の当たりにし、「女の牛裂きをやれ!」と鶴の一声を発する素敵な時代。あやしげな号令のもとで才能を爆発させた石井輝男牧口雄二リアル指詰めを撮った安藤昇、空で男女を爆発させて「おかーさーん」と叫ばせた脚本家掛札昌裕など、血と残酷に狂った人間たちの生き様がおもしろかった。


私も書いております。ノワール小説における残酷について、六冊取り上げております。ノワールと残酷はコインのような関係で、表があれば必ず裏があるというような、まあ切っても切れない間柄。だいたいどの小説も流血や破壊が避けられないのだけれど、今回は国際色豊かにセレクトしました。



私がもっとも尊敬する作家のひとり。日本在住のイギリス人作家デイヴィッド・ピース先生のデビュー作。テロと不況で瀕死状態のイギリスヨークシャーで、性器にバラの茎を突っ込まれ、背中に白鳥の羽を縫いつけられた少女の死体が発見される。新聞記者エディが頭のネジを吹っ飛ばして事件を追う悪趣味全開のノワール


バカなヤツらは皆殺し

バカなヤツらは皆殺し


フランスの若手女流作家、ヴィルジニ・デパントのデビュー作で国内にショックを与えた皆殺しロードノヴェル。パリの吹き溜まりに住むアバズレ二人がふいに思い立って、道行く人間を刹那的に殺し回る。



1982年における英国マンチェスターゲイ社会を描いた怒りの傑作。抑圧的な警察、荒廃していくかつての工業都市ニューウェイブで退廃的なオカマたち。現代とあの時代を交互に描きながら若者たちの憤怒を爆発させている。それにしてもサッチャー英国若者文化に与えた影響は超でかい。ある意味偉大だ。大嫌いだけど。


追放者 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

追放者 (ハヤカワ・ミステリ文庫)


キューバ政府高官が書いたキューバン・ノワールキューバ在住であるにもかかわらず、キューバのド貧乏と荒廃したリアルな国内状況を包み隠さず描き、「出版できたこと自体が不思議だ」とアメリカミステリ界に衝撃を与えた一冊。長年の貧乏生活と未来のなさにうんざりした高校教師が、希望を見出すためにアメリカへ亡命しようとするが、その手引きをした探偵に、さめがうようよする危険な海へと船から叩き落されるところからスタート。命からがらマイアミにたどり着いた彼は、自動車ドロをしたり、キューバコミュニティの力を借りながら、謎の自称探偵を追うという物語ロックスターゲーム社の「グランドセフトオート・バイスシティ」や「スカーフェイス」などで見られるカラフルマイアミ的狂気を感じさせる。


というわけで、詳しくは手にとっていただけると幸いです。どうぞよろしく。


関連サイト


http://d.hatena.ne.jp/anutpanna/20090531(アヌトパンナ・アニルッダ 『ショック! 残酷! 切株映画の復讐』が6月2日発売!)


D


あとまったく関係ないが、心洗われる「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」のタイマン仁義シーン。こうでなくちゃ。しびれるぜ。「ROOKIES」死ね!


TOKYO YEAR ZERO

TOKYO YEAR ZERO

2009-06-01 夜来香海峡

[] 夜来香海峡 - 深町秋生の序二段日記 を含むブックマーク

夜来香海峡 (100周年書き下ろし)

夜来香海峡 (100周年書き下ろし)


花嫁斡旋業・国際友好促進協会の蔵田雄介が中国満州黒龍江省から仕入れ、山形の寒村に嫁がせた輸入花嫁・青鈴(せいれい)。日本の暴力団から中国の黒社会への資金二億円を持って遁走した。蔵田はやくざに脅され、花嫁を捜し北へ北へと向かう、怪死事件が相次ぎロシア・マフィアも蠢く闇の世界に引きずり込まれる蔵田。女は津軽海峡渡り日本最北端の稚内へ逃げる。


疲弊した地方に繰り広げられる、夢を追う花嫁と蒼然と死にゆく男たちの哀愁のバイオレンス。(帯より)


船戸与一先生の新作「夜来香海峡」(イエライシャンかいきょう)が発売された。


山形の庄内、秋田北海道舞台にした船戸流ハードボイルドであります。


この小説では庄内弁と秋田弁、北海道弁が飛び交うのだけれど、その庄内弁の指導という形であっしが関わらせていただきました。私も冒険小説を書いたりするわけなのですが、やっぱり巨匠ということもあり、ゲラを読みすすめるうちにすっかり打ちのめされて具合が悪くなってしまいました。うぐぐ。


主人公の叔父である庄内の老人(元とび職のアル中ヤクザ3人をしばき倒すほど喧嘩が強い)が登場するのだが、極道相手に一歩も引かない男の生き様を見せております。めちゃくちゃかっこいい。むろん庄内弁だ。グラン・トリノイーストウッドのような感じである。


さて私は山形置賜地方の人間であり、実のところ同じ山形でも庄内と置賜ではかなり方言が違ってくる。というわけで庄内出身の友人知人にけっきょくは協力してもらいました。


傑作です。ため息ついてしまうほどかっこいい。冒頭、いきなり庄内弁が登場しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2009-04-15 失敗エンターテイメント「プロレス下流地帯」

[] 失敗エンターテイメント「プロレス下流地帯」 - 深町秋生の序二段日記 を含むブックマーク

プロレス 下流地帯 (別冊宝島 1599 ノンフィクション)

プロレス 下流地帯 (別冊宝島 1599 ノンフィクション)

プロレススーパースター列伝 (10) (講談社漫画文庫)

プロレススーパースター列伝 (10) (講談社漫画文庫)


プロレスラーの失敗はなぜこうも面白いのだろうか。


宝島社のムック本「プロレス下流地帯」はプロレス氷河期時代における墓場荒らしみたいな内容でとてもおもしろかった。売り切れ&大増刷がなされたらしいのだが、プロレスファンとしては複雑な心境である。


今回は、「堅実経営」「プロレス界の盟主」と言われたノアの凋落を取り上げていた。テレビ中継の打ち切りと、やることなすことが堅実というよりただの中途半端で終わっている現状と、深刻な内部抗争を取り上げていた。


また養豚場で働く安田(作業服が板についている)や首を切られた新日の田山レフェリーの告白、道場すら持てないゼロワンの苦境を語るジュニア戦士高岩のインタビューなどが胸を打つ。


しかし何と言ってもおもしろすぎたのは試合よりも団体経営自体がスペクタクルすぎてファンにはこたえられなかった長州のWJだ。経営の中心人物で90年代新日黄金期を築いた永島勝司の著書に基づいた劇画が最高すぎるのであった。「プロレススーパースター列伝」でおなじみの原田久仁信が、まるで梶原一騎の霊が乗り移ったかのように、体言止めとエクスクラメーションを多用しながら物語を盛り上げている。「天下の長州がコンビニ弁当とうどんをすする毎日!」「まさに時代錯誤! 目ン玉飛び出る金銭感覚!」これですよ、これ。


「平成の仕掛人」と呼ばれ、天才的な企画力を持ち合わせていた永島であったが、自分の気に入った人物と手が合うプロレスをしたがる仲良しサークル的性格の長州とではすれ違いを起こすばかり。(旗揚げの目玉であった天龍対長州6連戦というマッチメイク自体、すでにファンには大いに疑問であった。お互いに全盛期をすぎていたのは明らかであり、おまけに天龍と長州が大の仲良しであるのもファンはみんな知っていたため、盛り上がるわけがなかった)、いくら世間を驚かすような企画を持ち込んでも長州は首を横に振るばかりであった。


カ、カテエ……!! まるで溶岩石みたいに凝り固まった長州の頭!!


とやはり体言止めによる苦悩のほとばしりが本書のハイライトかもしれない。WJといえば、北海道の実業家から引き出した金を湯水のごとく使い、旗揚げ前にすってんてんになるという度し難い金銭感覚で知られていたが、まだ準備段階から屋形船を借り切ってド派手な忘年会をやり、参加者全員に1個2万円する夕張メロンをおみやげに配ったとか、社長用の車にセルシオ、巡業バスやトラックもキャッシュでぽんと購入というディテールが強烈である。普通の会社の経営話というのは、べつにおもしろいわけではないのだけれど、なぜかプロレス団体の経営となると、そこいらの大河ドラマよりドラマチックになるのが不思議である。


しかしプロレス界における失敗とは常に成功と表裏一対であった。その昔、長州と藤波が名勝負を繰り広げ、タイガーマスクが四次元殺法で大ブレイク。一大新日ブームが起きたものの、経営者である猪木は稼いだ金をみんな得体の知れない永久機関とかエコ事業に使い、せっかくの至宝である長州、タイガーマスクから三行半をつきつけられる羽目に。しかしそうした土壇場があったおかげで前田・高田・越中といった次世代の若手が急成長を遂げ(嫌でも成長せざるを得ないような奈落の底に突き落とされる)、また闘魂三銃士の活躍に繋がったのだ。トップがデタラメだと返って、下の人間が奮起するという化学反応が起きるのである。


これは馬場率いる全日本でも同じであり、天龍が多くの選手を率いて大量離脱し(馬場のシブチン&外国人、鶴田びいき&ターザン山本の暗躍などなどが原因といわれる)、存亡の危機に陥ったが、若き天才三沢や川田を大胆に起用し、鶴田や田上と熾烈な抗争を繰り広げさせて大ブームに転じたのだった。のほほんとした鶴田が、プロレスの鬼となって超世代軍の若者をこてんぱんに痛めつける姿が強烈であった。


新時代を担う中嶋勝彦のめざましい活躍も、最初に下駄を預けたのがWJだったという悪夢的経験が効を奏したのかもしれない。プロレスを覆う冬の時代が続いているが、絶対に潰れるであろうと思っていた新日が逆に盛り返してきたことを考えると、この厳しさが成功への露払いになるはずだと信じたい。カ、カテエ……!!


関連エントリ


http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20090412(地獄のど真ん中 - 男の魂に火をつけろ!)

http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/wres/1235786589/(2ちゃんねる カ・・・カテエ・・・・・!!)




凶獣―側近の見たアントニオ猪木の嘘と真実

凶獣―側近の見たアントニオ猪木の嘘と真実

2009-04-08 マーダー・ウォッチャー「殺人大パニック!!」

[] マーダー・ウォッチャー「殺人大パニック!!」 - 深町秋生の序二段日記 を含むブックマーク

f:id:FUKAMACHI:20090408111419j:image



毎度おなじみ、柳下毅一郎氏監修の洋泉社ムック、マーダー・ウオッチャーシリーズの新刊が発売される。


デザインは私の「東京デッドクルージング」も手がけてくださったサタニスト高橋ヨシキ所長である。


毎回、取次から嫌がられているという噂もちらほら耳にする凶悪なシリーズだが、今回はあのコロンバインからちょうど10年ということで、発売日も事件が発生した4月20日に設定(総統の誕生日でもある)。もちろん今回の目玉はコロンバイン高校乱射事件特集である。改めてスクールシューティングとはなにかを取り上げております。


私もスクールシューティングと聞くと、じっとしていられず「我が心のコロンバイン」と題したコラムを寄稿しております。(私の友人や家族は読まないでください。書いといてなんだけれど正直嫌です。)


しかしこのマーダー・ウォッチャーシリーズだが、毎回出る直前になって凶悪な事件が発生するのだけれど(前回は厚生省元次官殺傷事件。その前は秋葉原通り魔事件)、今回もドイツでド派手すぎるスクールシューティングが発生。本場アメリカでもそれに負けじと移民支援団体事務所が襲撃されて大量殺戮……編集部Tさんが慌ててページを組むという作業が毎度続いている。ますます不気味な因果力を持つ物騒なムック本。ぜひ手にとっていただきたい。


明治・大正・昭和・平成 実録殺人事件がわかる本 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

明治・大正・昭和・平成 実録殺人事件がわかる本 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

実録 この殺人はすごい! (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

実録 この殺人はすごい! (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

ZERO HOUR:コロンバイン高校銃乱射事件 [DVD]

ZERO HOUR:コロンバイン高校銃乱射事件 [DVD]