深町秋生の序二段日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-04-10 原発の街を歩く・福井県 このエントリーを含むブックマーク

f:id:FUKAMACHI:20060107203227j:image










翌日は美浜町原発敦賀市の隣)ともんじゅへ行った。


朝食は敦賀駅の立ちそば屋。そばやうどん以外にも、きしめんがある。もうここは西日本なんだなと実感。地元の人々の言葉関西弁だ。なにか買うと「おおきに」と言われる。









f:id:FUKAMACHI:20060107011313j:image










昨日は敦賀半島の右側を進んだが、今日敦賀半島の左側を行った。若狭湾のリアス式な浜辺は、津波に襲われた岩手県の沿岸とよく似ている。


濃厚なマリンブルーは、まるで南の島の浜辺のような色彩。文字通り「美浜」なのだと。美浜原発と目と鼻の先にある水晶浜の砂浜が美しい。RCサクセションの「サマータイム・ブルース」は、ここをモデルにしている……と、ウィキペディアに書いてあった。だから本当かどうかは知らない。











f:id:FUKAMACHI:20060107201937j:image

f:id:FUKAMACHI:20060107203248j:image

f:id:FUKAMACHI:20060107203304j:image










原発美浜から車で30分進んだところにある。3つの原子炉があり、ここも1号機は大阪万博の時期に合わせて作られたため、老朽化が心配されている。「みなさまと歩み続けて40年」だ。










f:id:FUKAMACHI:20060107204737j:image

f:id:FUKAMACHI:20060107204854j:image

f:id:FUKAMACHI:20060107205057j:image

f:id:FUKAMACHI:20060107205415j:image










美浜原子力PRセンターは、やはり原発のすぐ近く。こちらは子ども向けな感じの敦賀原子力館と違い、昔懐かしい近未来的なコンセプト。まずこの青白いトンネルを抜ける。


そしてまた実物大の燃料集合体がドン。ここでも例の「五つの壁」の説明。そして「こんな具合に容器は分厚いので、とっても安全」とアピールしている。


しかし「安全だ」とアピールされればされるほど、「それをぶち壊した核燃料って、もっとすごいんじゃねえか」と感じてしまう。「安全だ」と主張されれば、事故のすごさがより強調されるという……呑めば呑むほど強くなる酔拳のような矛盾を感じる。おそらくPRのやり方自体、一からやり直さないともうダメだろう。


美浜の注目展示物はこの「実物大原子炉体験コーナー」だ。今となっては、下手なお化け屋敷よりドキドキするものがある。SF映画のような超分厚いドアが印象的。しかしこんな分厚く作っても、核燃料というのは(略)。











f:id:FUKAMACHI:20060107205513j:image

f:id:FUKAMACHI:20060107205548j:image

f:id:FUKAMACHI:20060107205627j:image










二階はでかいモニターゲームが並んでいる。「放射線シャットアウトゲーム」というのが、なかなかタイムリー。あちこち飛んでくる放射線から、3つのレバーで壁を動かし、にっくき放射線を防ぐというもの。


これがけっこうむずかしく、がんがん放射線が届いてしまうのだった。昔懐かしい「アルカノイド」を彷彿させる。ちなみに、ふぐの美さん、漁師の浜さんは美浜町マスコットキャラクターだ。










f:id:FUKAMACHI:20060107205900j:image

f:id:FUKAMACHI:20060107205913j:image

f:id:FUKAMACHI:20060107210503j:image

f:id:FUKAMACHI:20060107210900j:image










PRセンターには喫茶コーナー「うらら」がある。原発と海を見ながら、原稿をちょっと書いた。この日の気温は12度ぐらいで、外でお茶を愉しむにはまだまだ寒かった。


土曜日ということもあって、PR館にはそれなりに客が訪れていた。団塊世代くらいの夫婦。若いカップル。私のようなひとり客。オフシーズン敦賀半島にわざわざやって来るくらいなので、展示物を見る目はみんな真剣であった。









f:id:FUKAMACHI:20060107215307j:image

f:id:FUKAMACHI:20060107215648j:image










美浜原発あたりまでは、車の往来もそこそこある。しかしさらにその先となると、車は一台も見かけなくなる。じつにひっそり。敦賀半島の先っちょに、高速増殖炉もんじゅ」がある。正門には赤ランプを点けた警察車両が停まっていた。正門手前で左折すると、もんじゅのPR施設「エムシースクエア」がある。この手のPR施設は5つ目だ。


訪れる客は私だけだった。5つ目ともなるとちょっと食傷気味で、立派な模型や立体映像があっても、すっかり無感動になっていた。


エムシースクエアから、ちょっと海辺のほうに出ると白木地区にいたる。横にはもんじゅ、後ろには美浜、ななめ後ろには敦賀原発が控えている。ここからもんじゅがよく見える。










f:id:FUKAMACHI:20060107221606j:image











総工費6000億円。それからさらに(まともに動くこともないまま)1兆円はつぎ込まれたという夢の原子炉だ。運転しながらプルトニウムを造り出すという欲張りな発想から生まれたものの、じっさいは電気も生むことなく、金だけを喰らい続ける悪夢原子炉と化した。


扱いの難しいナトリウム漏れそれから15年経った2010年にようやくまた運転を開始したが、3トンものパイプ状の装置が炉内に落っこちて取れなくなった。


この事故の収拾の見通しは立たず、震災の約一か月前には、この装置担当していた燃料環境課長敦賀市山中自殺している。










f:id:FUKAMACHI:20060107235529j:image










敦賀市国道まで戻った。その道端にある回転寿司「海鮮アトム」に入った。前ならふつうスルーしていただろうが、今はちょっとぎょっとする。


海鮮アトム福井を中心に展開している寿司チェーンである寿司はうまかった。こういうところで、アトミックとともに暮らしているだなあと実感が湧く。すごい名前だ。










f:id:FUKAMACHI:20060108233435j:image

f:id:FUKAMACHI:20060109003200j:image

f:id:FUKAMACHI:20060109005045j:image










昔、ダウンタウンコントで「西日本番長地図」というのがあった。


京都に集まっていた名古屋四国九州番長らがそれぞれメンチ切りながら名乗りを上げるというもの。「おいは九州番長たい。豚骨スープ母乳代わり、どんたくのような心意気たい」「名古屋をなめたらいかんみゃー」などとコテコテ方言地元礼讃を繰り返す。


最後オチとして登場するのが、松本演じる福井一郎だ。それぞれが念いりに地元の名産や観光地を自慢するのに対し、福井自分地元を「……星がきれい」とだけひっそりと自慢し、各番長からツッコミを喰らう。


ようするに「福井にはなにもないだろう」という、県民が見たら怒りだすようなコント(こういうのを日曜のゴールデンで堂々とやっていたのだからすごい)だったのだが、じっさいの福井県は目を見張るほどおもしろいものだらけだった。


ひたすら続く越前海岸の魅惑的なマリンブルーや、見てて飽きない奇岩だらけの東尋坊福井市路面電車郷愁を誘い、片町の呑み屋街の賑やかさに圧倒される。それにやっぱり海産物うまい敦賀ラーメンソースかつ丼といった歴史あるB級グルメも堪能した。










f:id:FUKAMACHI:20060106004222j:image

f:id:FUKAMACHI:20060106005048j:image










PR施設が「安全だ」と言えば言うほど、その安全をぶち壊した核のおそろしさがより強調される。それは福井県をとぼとぼ旅して感じたことでもある。美浜敦賀越前、三国、あわら、福井


豊かで、懐かしく、美味しく、かけがえのない土地であればあるほど……。










f:id:FUKAMACHI:20060103234826j:image








福井 ’10―越前・若狭 (マップルマガジン 北陸 5)

福井 ’10―越前・若狭 (マップルマガジン 北陸 5)

2010-04-27 「音楽性の違い」を求めて「バンド臨終図巻」 このエントリーを含むブックマーク

バンド臨終図巻

バンド臨終図巻

ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち

ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち


話題の「バンド臨終図巻」をさっそく読んだ。


速水さんや推協賞評論家栗原裕一郎氏や円堂都司昭氏、大山くまお氏と成松哲氏。5人の書き手が200ものバンドの解散理由をまとめた分厚い一冊である。一気読みするつもりはなかったが、仕事の合間にチラチラと読んでいたらけっきょくあっという間に読み終えてしまった。


序文を速水さんが書いてらっしゃったが、いかにもこれは彼らしい仕事のように思えた。世に漂う根拠のない俗説や偏見に鋭くノーを突きつけるハンターのような男である。初単著の「タイアップ歌謡史」で、世のなかからさして重要視されることのないCMソングの歴史と素晴らしさを熱っぽく取り上げ、「ケータイ小説的」はやはり同じく世のなかから軽んじられ気味だったケータイ小説を肯定的に読み解き、説得力のある現代文化論を展開させた。


しかし異色すぎる内容ともいえる。「バンド臨終図巻」は古今東西のバンドシブガキ隊ラッツ&スターなどぜんぜんバンドじゃないグループもあるが)の音楽云々についてではなく、ひたすら解散に関する真実淡々と、ストイックに書きつづっていく。


バンドが解散すると「音楽性の違い」なるマジックワードが登場する。まあ「彼氏募集中です」とにっこり微笑むアイドルと同じくらい空虚な宣言であって、誰もそれを信じてはいず、世のなかの人間は「売れなくなったからだろ」とか「金の配分で揉めたんだろ」なんてとくに深く追求することもなく勝手に思い込むものである。じゃあ本当のところどうなのよと明らかにしていくのが本書なわけだが、歴史上の人物の功績と死亡理由を淡々と書きつづった山田風太郎の「人間臨終図巻」の手法を取り入れている。これがめっぽうおもしろい。



バンドという音楽集団が解散に向かってひた走るうちに生々しい人間性が見えてくる。もちろんそれはやっぱり金のトラブルであり、メンバー間の喧嘩であり、バンド解散名物の「女が口出ししてくる」というパターンだったりするが、そこからメンバーたちの人間関係性格が見えてくる。そのあたりは俳優ミュージシャンプライベート人間臭さを追求する吉田豪インタビュータレント書評に通じるものを感じる。たとえばチェッカーズ高杢フミヤが、本来親分と子分のような関係であったのだが、フミヤに人気が集中して権力関係が微妙に変化。それでもフミヤはずっと高杢パシリであり続け、タバコを買ってくるなどわがままを聞き続けては、バンド内の人間関係にずっと気を使っていたという話は意外ですらあった。また日本でもおなじみのハードロックの老舗ディープ・パープルも、へそ曲がりギタリストリッチー・ブラックモアと酒乱のボーカルのイアン・ギランがぶつかり合っては離れ、そして年月を経てまたくっつき、また喧嘩して離れるというプロレス団体のような離合集散ぶりが愉快。


泥沼の闘争を経て「仲直りのテーマ」を発表するまでにいたった筋肉少女隊音楽界最大の兄弟喧嘩をやらかすオアシス。新しいアルバムを出すのに17年かかったガンズ&ローゼズ。デビュー時は「速攻で解散するぜ」と刹那的パンク宣言をしつつ、立派な長老バンドになったマニックスリートリーチャーズなどなど。


好きだったバンドたちの音楽にある裏の面。熾烈な権力闘争や金の配分、感情のもつれやメンバー逮捕宗教の勧誘なんてのもある)。結成したからには必ず訪れる終わり……しかしそれぞれ異なる終焉の理由は一読に値する。音楽ファンは一家に一冊そろえるべきだろう。この本に目を通してからウィキペディアを読むと……かのサイトは本当にいい加減なんだなと改めて思った。


〈盗作〉の文学史

〈盗作〉の文学史

名言力 人生を変えるためのすごい言葉 (SB新書)

名言力 人生を変えるためのすごい言葉 (SB新書)

「謎」の解像度

「謎」の解像度

凶暴両親 (ソフトバンク新書)

凶暴両親 (ソフトバンク新書)

2009-08-21 十年愛 このエントリーを含むブックマーク

Sloppy JoeII

Sloppy JoeII





D


今朝は90年代ドラマ「十年愛」で腹がよじれるほど大笑い。知ってる人は知ってるんだろうけど、私は全然知らなかった。脚本も狂っているけれど(冷たいやつ打ってないか?)、それを本気でやるスタッフ陣や「おわあ!」って顔をしながら演じる大江千里(なつかしいね)も最高。全員が正気じゃないな。


「このドラマ……なに?」と思ったら、やっぱ有名なのね。普段は参考にしないウィキペディアもなかなか笑わせてくれた。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%B9%B4%E6%84%9B



全11話で、1話ごとにストーリーが1年分進行し最終話では10年後になっているという斬新なコンセプトと、大江千里扮する田村雅一が、操作盤の故障(壊したのは斉藤慶子扮する吉野文)により高速回転するメリーゴーラウンド内に取り残された娘・雅美を助けようとして単身乗り込み、回転の遠心力で飛ばされて地面に強打され、病院に搬送された後死亡してしまうという、あまりにも笑撃的なシーンが当時話題になった。

特にメリーゴーラウンドのシーンは、あまりにも強烈なインパクトであったため、放送から15年近くが経過した現在でも語り草となっており、このドラマの概要を説明する際にしばしば「大江千里がメリーゴーラウンドで高速回転して死ぬドラマ」という表現が用いられてしまうほどである。また常盤貴子がエキストラに近い役で出ていたり、当時のニュースが必ず流れるシーンや、電話機などの変化など細かいところに本当に懐かしさを感じさせられる。

なお、大江が事故死という形で途中退場した背景には、当時音楽活動でスケジュールが厳しかったためであると言われている(週刊TVガイドの最終回直前特集による)。


ほとんどこの珍シーンしか触れていないところがいい。それはそうだろう。この強烈なシーン見ちゃったら、あとはドラマなんて視聴者の記憶には残らんだろうなあ。スターウォーズみたいなものか。


追記



D




元のネタはヒッチコックの「見知らぬ乗客」のよう。id:satan666さんから(あとミクシィとかで何人かから)教えてもらいました。3分ぐらいからメリーゴーランドでの死闘が始まるが、こちらは説得力があってとてもおもしろい。

2009-05-27 かんせこ(笑)

[] かんせこ(笑) - 深町秋生の序二段日記 を含むブックマーク

The Most Exciting Boxer内藤大助2008 [DVD]

The Most Exciting Boxer内藤大助2008 [DVD]

プロ野球 ファミスタDS

プロ野球 ファミスタDS


いやあ、なんかやばいものを見たなあ!!


なぜTBSが格闘技やボクシングを扱うとどんよりと雲行きがあやしくなるのだろう。いやあなんか鮮度の悪いサバを口に放ったような、ヌメっという生臭さ漂う閉口試合ばかりでありました。ここまでくるとちょっと奇跡かも。


残念だったのは内藤の試合が本当にしょっぱかったことだろう。相手が立派だったというべきか。だいたい急に会場が上海から東京に変わるというのもすごい話で、WJじゃあるまいし、開催目前にして「できないことがわかった」というのもすごい話である。あと今回もオニの空疎かつまったく役に立たない幇間解説も光っておりました。また大毅君とタッグを組んで、しょうもないおべんちゃらで視聴者をカッカさせてほしいところ。


中国人選手の熊はタフな野郎だった。名は体を表すというのは本当だなあと。1Rで、まだ終わってもいないのにコーナーにすたすた帰って、内藤からボカンと後ろから殴られるという、これまた急な試合会場変更と並ぶ珍シーン(「四回戦ボーイかお前は」とビール吹いてしまった)が飛び出していた。それにしても「いやあ、うちの国でちょっと興行打てなくなったから東京行ってきて」と本来は同国人の大声援を浴びて試合するはずだったのに、なぜかノアの聖地くんだりで試合をしなきゃならなくなった彼も気の毒ではある。雑で単純なボクシングだったけれど、背筋と肩の異様な盛り上がりは伊達ではなく、突進力のあるハードパンチと、パンチをもらっても「きいてねえよ、こんにゃろ」とジェスチャーせずにはいられない鉄火な性格が、アリよりフレイジャーが好きな私にはぴったりでした。しかしああした猪突猛進のブルファイターをさばききれなくなった内藤にちょっと限界を見たような気がした。次回はまたポンサクレックとやるらしいけど、たぶんやばいかもしれない。


でももうカンセコ見たからいいや。もう私的には大成功。煽りVでも「マドンナとは大人の関係だった!」などとからかわれ、イロモノ感全開。カンセコについては、信用ならない日本ウィキペディアもなかなかふるっている。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B3(ホセ・カンセコ)



また、この本は上記の実名選手を名指ししている内容もさることながら、全体的に『薬物使用はフェアでないと知っていながらつい使ってしまった』というような罪の告白でなく、『ステロイドって凄い薬だ! ホームランもガンガン打てるしアレもでっかくなってモテモテで超ハッピー。副作用も全然無いね。みんなもやりなよ!』というステロイド使用を推奨する論調で、不謹慎であるとして批判を多く浴び、結果として本が有名になってしまい、ベストセラーとなった。

カンセコの脳みそ筋肉ぶりは町山さんの本にも書いてあったけれど、こういうドーピング漬けの人をリングに上げて殴りあいさせるってのもね。この人がOKなら、深川通り魔事件の軍ちゃんをリングにあげるのも(むろんコスはグンゼの白ブリーフ)いいじゃないかと思った。UFCでのLYOTOのハイレベルな闘い見て、数日後にこれってのもね。そういうのをわけへだてなくバリアフリーに語るTK高阪は本当にえらいなと思った。


しかしカンセコというと、団塊ジュニア世代にはファミプロ「かんせこ」の影響もあって、「なんかよくわかんないけど、超すげえバッター」というすりこみがなされているのだけれど、本当に規格外の超すげえやつだったぜ。正直魂消たよ。


冬用のももひきみたいな俺ジナルなファッションにも打ちのめされたけれど、ドラゴンしちゃった放課後の中学生みたいなキックが出たときは戦慄が走ったな。故ナンシー関に見せたかったなあ。「ああ、この人、この日の試合のためになんにもやってきてなかったんだなあ。きっと東京に来てからも、高級娼婦をがんがん呼んでセックスばっかしてたんだろうなあ」といろいろ考えさせられたな。たぶんジムで自分の裸を鏡でうっとり眺めているうちに時間がこくこくと過ぎていったんだろうな、とも。


日本の格闘技興行はひらすらしょぼくなっているが、それでも格闘技を見る観客の目は世界一だと思う。たぶんあのブルース・リーばりのサイドキック(あんなキックを格闘技試合で見るのは梶原一騎プロデュースの「四角いジャングル」以来だ)を間近で見たお客さんはさぞや困ったことだろうと思う。車にはねられて、ボンネットに叩きつけられるお爺ちゃんを見てしまったような感じ。「ああ……やばいものを見ているぞ!」とぞくぞくしました。そのサイドキックに失敗してぶっ倒れ、ホンマンに「よっこらしょっ」とボコられて自滅するところも完璧。伝説を残したよ。やつは。


「いやあ、いいもん見たなあ。さっさとKIDの勝ちっぷりを確認して寝よ」と思ったら、これまたアレでねえ。でもTBSならここで無理やりでもKID勝利にしてまた炎上させてほしかったなあ。ジャッジがかなりまともで残念でしたね。「KID選手の大勝利! ばんざーい! おめでとう!」としらじらしく盛り上げて、またあの亀田戦みたいな熱を生んでほしかったんだけどね。いやあ地上波で格闘技見られるの、いよいよ最後かもなあと感慨深いものがありました。


関連サイト

http://beye2.com/item_21350.html(「DREAM.9」会場から速報まとめ | ブラックアイ2)

http://boxing.dtiblog.com/blog-entry-1310.html(拳論!取材戦記 内藤、予想外の苦戦防衛)


アメリカは今日もステロイドを打つ USAスポーツ狂騒曲 (SHUEISHA PB SERIES)

アメリカは今日もステロイドを打つ USAスポーツ狂騒曲 (SHUEISHA PB SERIES)

深川通り魔殺人事件 (新風舎文庫)

深川通り魔殺人事件 (新風舎文庫)

2008-10-19 日本のAVは日本らしく!

[] 日本のAVは日本らしく! - 深町秋生の序二段日記 を含むブックマーク



http://d.hatena.ne.jp/S2D2/20081012/p1(人気シリーズ……? - Same Shit Different Day)


先日、友人のS2D2さんのこのエントリを見て、しばらく身動きできなくなるほど大笑いしてしまった。「多様化するAV業界も、ここまできたか!」と。


http://d.hatena.ne.jp/FUKAMACHI/20080730(キル・ビルを超えたキテレツニッポン「四十七人目の男」)


前にS・ハンターの傑作「四十七人目の男」を紹介した。悪の黒幕は、AV業界のドンにして国粋主義者のショーグンという男。「日本のAVは日本らしく!」をモットーに、洋ピンの排斥とAVの純国産化をもくろんでいる。ちなみにショーグンと対抗して外資と手を組むAVメーカーが「インペリアル」というのだからハンターの目は鋭い。しかしショーグンがこの黒人モノを見たら、果たしてなんと思うだろうかと一瞬考えてしまった。


最近のAVで、もはや一ジャンルを形成しているのが黒人モノである。これは女優が黒人なのではなくて、男優のほうが黒人。「黒人十人と姦った!」「黒人に中に出された」とかそういうやつで、まあ過激路線。インディーズや旬を過ぎた女優とかの作品でよく見られるジャンルである


私個人でいえば「男優というのは目立たなければ目立たないほうがいい」という嗜好があり(山本竜二は好きだが。ちなみに山本は叔父があのアラカンというサラブレットな経歴でありながら、「うんこを食べ過ぎて死んだ!」という死亡説が流れるほどのピンク映画&AV界の変態英雄)、あまり黒人モノは見ないのだけれど、近年はぐいぐいと数を増していっていることぐらいは気づいていた。しかしもはやこんな先鋭的な発展をとげるとは。ブラックドクター。


母子&コスプレ&黒人と、うなぎとウニとステーキを全部載せたような無茶さがすごい。このジャケだけとっても情報量がたっぷり。というかいいジャケだよなあ。しかしなぜ黒人にジャパニーズモンクの格好をさせるのか。「こ、黒人が郵便配達員の格好してる……はあはあ。このドラマはクるなあ」と劣情をもよおすやつがこの世に何人いるんだろう。だがジャケの郵便屋の横顔が本当にいい。


しかしこれ、外国なら差別問題に発展しそうな気がする。モノによるだろうけど、たとえば逆にアメリカで「アジア人10人に姦られた!」とか「アジア人に中出しされた!」なる作品がでたら、たぶん華僑や韓国人は激怒するだろう。この黒人モノもスパイク・リーが見たらたぶん怒る。来日したスパイク・リーがポルノショップに足を踏み入れないことをみんなで祈ろう。で、「黒人大統領と母子姦」が無事リリースされる日を待とう。


それにしてもAV業界のアイディア力には、たまにぎょっとさせられることがある。常にスベってる感じがするソフト・オン・デマンドだって企画力の馬鹿馬鹿しさはいつもスラッガー級だ。(ケツ毛美人とかCGで男優を消して透明人間とか、本当にすごいとは思う)


で、世間的にはロリ系とか妹系といった声がかまびすしいのだが、近所のレンタルショップ「サンホームビデオ南陽店」の棚は熟女系や義母モノがどんどん増えつつある。それはそれで勘弁してほしいのだが、町一番の情報通で知られる行きつけの床屋は「いやあ、若い娘のやつより回転いいらしいですよ。この町高齢者ばかりでしょ。そこそこ近い年齢の女優のほうがいいらしいっすよ」と答えていた。真相はともかくとして、実際に数が増えているのだから売れているのだろう。これがホントのサイレントマジョリティというやつでしょうか。声なき声をしっかり聞いた。もう気分は岸信介であります。とほほ……。


関連サイト


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E7%AB%9C%E4%BA%8C(山本竜二 ウィキペディア これを書いたやつとはいい友達になれそうな気がする。馬鹿すぎ。「『私とうんこ、どっちをとるの!?どっちかにして!』と責められた結果、うんこをとったという」)


四十七人目の男〈上〉 (扶桑社ミステリー ハ 19-14)

四十七人目の男〈上〉 (扶桑社ミステリー ハ 19-14)

25時【廉価2500円版】 [DVD]

25時【廉価2500円版】 [DVD]