Hatena::ブログ(Diary)

しわしわくだもの

2017-02-10

[] 15:57

スポーツ雑誌『Number』の、「言わせろ!ナンバー」のページで挿絵を描きました。

今出ている号から4号連続、同じコーナーでイラストが掲載される予定です。

今号は、サッカーのチャンピオンズリーグの特集号です。

http://number.bunshun.jp/articles/-/827379

2017-02-03

[]春のカド6 02:45

タンバリンギャラリーでのグループ展『春のカド6』に参加します。

2017/02/14(火)〜02/19(日)

11:00〜19:00(最終日18:00まで)

詳細

18日(土)にちょっとしたパーティーがあります。

f:id:FUKUNAGA_Kana:20161019002632j:image:medium

2017-02-01

[]『日々糧通信2』 00:08

f:id:FUKUNAGA_Kana:20170131031840p:image:w600

f:id:FUKUNAGA_Kana:20170130183756p:image:w360

2014年に制作した『日々糧通信』の第二弾を、2月12日のCOMITIA119にて発行予定です。

テーマは変わらず、食べ物、食事まわりのこと。

スペシャルなゲスト陣によるまんが、写真、エッセイに加え、しわしわまんが、ペイント、レシピも多数掲載。

いろいろな味わいがギュッと一挙に詰まった本になりました。

是非、一目見てみてください。

五番街マックのスペースはZ31aです。

よろしくお願いします。


ゲスト&内容紹介


◯嘉江 まんが『マルカンデパート展望食堂』

旅行先での食事。どれにしようか、これにしようか、あれこれ計画を立てる楽しみ。

そんな心躍るシーンで、嘉江節が炸裂。


◯百頭たけし 写真

シンプルながらも力強いメッセージ。

山を煮、命を燃やして生きていく。


◯フカーツ まんが『軽食コア』

おしゃれブロガーのフカーツがコミックで登場。彼の軽快なフットワークの秘密は、食事にあった?見逃せません。


◯近藤さくら まんが『湯に踊るインゲン豆

忙しく働いて、それでも忘れちゃいけないごはん。食事は祈りであり、救済ともなる。

画家、イラストレーターとして活動する近藤さくらさん。今回まんがに初挑戦です。


◯沖真秀 まんが『寿司TUNE』

イラストレーターとして活躍する沖真秀さんに、まんがを描いてもらいました。各方面からお叱りを受けそうなスリリングなストーリー!バイオレンス!染み出すユーモア2017年は、ここから始まる!


◯まど まんが『ハッパ 〜俺たちの血は緑色』

東京都のとある島出身であるまどくん。一般人は見ることの出来ない、あの”葉っぱ”の加工工場実録ルポを、ドキュメンタリータッチでまんが化してくれました。必見です。


◯福士千裕 まんが『YAKINめし』

腹が減っては戦は出来ぬ。腹が減っては夜勤も出来ぬ。

おなじみ蚊にこと福士千裕。今回はひと味違うぞ!


◯フキン イラスト&エッセイ『仕方がなかった』

食事はしあわせである一方、かなしみ、つらしみがつきものです。これを読むあなたにも、きっと似たような記憶があるかもしれません。

マルチに活動するフキンさんからは、2本のショートエッセイを提供していただきました。


☆彡Spcial Thanks☆彡

FUJI NOBUYUKI

and

INJURED BOY


みんな忙しい中、本当にありがとう!

2017-01-30

[]「GOUFFRE」 20:29

フランスのAlexisさんとSammyさんが作っている雑誌LAGONの最新号「GOUFFRE」に、しわしわの絵が掲載されています。

http://revuelagon.com/

大阪ナイスショップスーに数冊入荷されるみたいなので、機会があれば見てみてください。

紙や印刷が凝っていて、分厚くて、とてもかっこいい本です。

f:id:FUKUNAGA_Kana:20170130193015j:image:medium f:id:FUKUNAGA_Kana:20170130192920j:image:medium

2017-01-20

[]総武線ライフ 20:51

飯田橋ギョーザ食べて、四谷で氷の粒に打たれたあと、中野でおいしくないハンバーグを食べた。

f:id:FUKUNAGA_Kana:20170120205245j:image:medium

2017-01-09

[] 20:41

f:id:FUKUNAGA_Kana:20170130203853p:image

不穏な世界情勢が続くなか、元号が変わったりオリンピックがあったりって落ち着かない未来が予定されてて。

でも現実感がないというか他人事というか、そもそも現実感があったことなんてあっただろうか。

なぜか20年も前の世紀末の、どうやっても子どもで情けなくてさみしい気分がよみがえってくる。

ノストラダムスと世界の終わり。

2016-06-02

[] 03:32

初夏の歌です

https://soundcloud.com/shiwashiwa/early-summmer

f:id:FUKUNAGA_Kana:20160515112655j:image:w360

f:id:FUKUNAGA_Kana:20160521103243j:image:medium


雨宿りの記憶