Hatena::ブログ(Diary)

とくめー雑記(ハーレム万歳) このページをアンテナに追加

MCリンクハーレム小説リンクの情報管理人「とくめー」による、美少女文庫・二次元文庫のレビューなど
レビューのインデックスはこちら。連載企画「ハーレム系作品史」の一覧もあります。毎月のアフィの収支報告はこちら。  

2008-03-04 讃うべし昭和の残照

葉鍵系時代の継承者

|


このとくめー雑記に迷い込むようなオタなら、『Kanon』という作品については、当然のごとくご存知でしょう。

PC版の発売は1999年。二次創作小説の本数ならば、おそらく『新世紀エヴァンゲリオン』すらを上回ったであろう、ドラゴンかキラーマシン級のモンスタータイトルです。

これのブームのあと、商業エロゲは、鬱ゲーブームとか冬の時代(2002年前後だといわれる)とか萌え概念の一般化とかで、オタク文化を主導するメディアとしての地位を失うので、事実上最後の「国民的エロゲ」であるとすらいえます。


で、『ToHeart』や『Kanon』に代表される20世紀末(95年-00年)のエロゲと、『君が望む永遠』『SchoolDays』『ToHeart2』といった21世紀初頭のエロゲには、実はひとつの違いがあるのですね。

21世紀になって、主人公は、明らかに、弱くなった。

ToHeart』の藤田浩之や、『Kanon』の相沢祐一に、特別な力はなにひとつありません。怠け者だし、記憶は薄いし。それでも女の子たちに対して「お兄ちゃん」として振る舞い(この時期、ヒロインはちょっと幼い言動をする方が好まれた)、困っている子がいれば見返りを求めず駆けずり回る行動力がありました。私はそれだけで祐一君を「最強」であると考えています。U−1的特殊能力なんていらないのです。

近年の主人公は、ヒロインに一方的に振り回されたり、ヒロインのピンチにうじうじしてるヘタレだったり、いつのまにかシナリオの中枢から放逐されてたり、たとえ設定上の能力が高かろうとも、男として人間としての器量でパンピー主人公に劣る輩が多すぎです!


なんでこんな話をしたかっつーと、TH2ADや京アニKanonがどうこうとかいう話じゃなくて、竹宮ゆゆこ作品の主人公に、その古き良き葉鍵系主人公の魂を感じるなあと思うからです。

どっかに飛んでっちゃいそうな手のかかるヒロインを、必死で捕まえて面倒みてる感じがステキ。男の子はやっぱりこうでなくては。



Q バトル分やセカイ分や燃え分が見当たらない気がするのですが?


A 仕様です


   ――竹宮ゆゆこ『とらドラ!』1巻あとがきより


ま、中二病患者は上遠野浩平田中ロミオでも読んでろってこった。


関連エントリ:わたしたちの田村くんレビュー

両手を握りしめてなきゃいけない女の子を2人捕まえちゃった男の子のお話


関連エントリ:学園群像劇と古き良き昭和

古き良き昭和は終わりました。しかし、昭和の魂を受け継ぐ者はまだいるのです。

nekoneko 2008/03/05 00:08 折れも大概ジジィっすけど、当時からエロゲの主人公に対して
ヘタレヘタレの大合唱聞いてきましたわ。でも客は付いたんだよね。
こっちも男の葛藤なんてどうでもよかったけどw見たいのは女なのにw
まぁ、女を助ける物語構造の化身である浩之よりクソ虫孝之のほうが好まれることもあるというのは大変理解できることですがw
現在では引っ張り回すヒロインが好まれてきた気がします。ヘタレ化もその流れで。
活力のあるヒロインに客の欲求がシフトしてるのもあると思います。

全然関係ないですけどロミオのイマはハーレムですよw最高傑作だと思います。
世間では唯一の中二作品、クロスチャンネルが一番人気みたいですけどw

とくめーとくめー 2008/03/05 18:22 強くなったのは下着と女ってのは戦後すぐのお言葉ですが、最近のヒロインの強さは社会の反映ですかね。
そーゆーヒロインは嫌いじゃないです。でも、「振り回される」と「付き合ってやる」は似て非なるものだと主張したいのですよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/FXMC/20080304/p1