Hatena::ブログ(Diary)

きみはきみ ぼくはぼく このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-06-27

He knows he is the one for him.

| 20:28

ダブルミンツ (EDGE COMIX)

ダブルミンツ (EDGE COMIX)

とてもいまさらですが、読みました。

内容はボーイズ ラブなのでお気をつけください。また、ネタばれですのでお気をつけください。



ふたりの「いちかわみつお」という男性を主人公とするびーえるです。ふたりのみつおは高校時代に知り合い、大人になったある日、再会します。再会のきっかけは光央の「女を殺してしまった」という1本の電話。再び出会ったふたりは友人とも恋人ともいえない特殊で唯一の関係を築いてゆきます。それはまさに半身同士がお互いを見つけて1つに戻ろうとするような、不思議で、運命的な、過程です。光央がいわゆるヤクザに与していることもあり、暴力的な描写も多いので、そういうのが苦手な方には読みにくいかもしれません。(かくいうわたしもそれでずっと躊躇していました)

*****************


はじめは光夫はМで、光央はSなのだな、と理解して読んでいたのですが、だんだんわからなくなります。また、力関係も光央が上で、光夫が下なのだと思っていたのですがだんだんわからなくなりました。いろんなものがぐるぐると混ざり合い、価値観がゆらぐような感覚をもちました。上でも書いたように、びーえるではありますが、ふたりを恋人同士と呼ぶのはわたしにはどうもしっくりきません。本編でも触れられているように、もともと一対であった姿に戻ろうとする半身同士がお互いを求めるような、そんな関係です。それでも彼らの涙を見ると、そこには彼らなりの愛があるのだ、と感じます。

「卒業生」のときのように明確ではありませんが、このお話も、プロポーズで締めくくられるハッピーエンドのお話だとわたしは思います。光央は最後に「俺と死ねるか」と光夫に尋ねるのですが、ふたりにとって、これほどの愛を誓う言葉はないのかもしれません。光央にそう言われた光夫の幸せそうな泣き顔は、大好きな恋人からプロポーズを受けたただの女の子のような泣き顔で、とても印象的でした。


*****************

「温室の果実」

大物政治家(おじいちゃん)の秘書である村上さんと、デリ ヘル ボーイ のハスミくんのびーえるです。(たぶん)

  • 中村さんの描くメガネ優等生はやはり絶品です。
  • ハスミくんもとてもよい言葉攻めです。さすがプロ。
  • 村上さんは、実は政治家のおじいちゃんに思いを寄せており、その膝枕に鼓動を早めたりしてしまいます。これも純愛というのだろうか。
  • おじいちゃん先生を慕っていた村上さんなので、体の関係はあっても、村上さんとハスミくんの恋はまだまだこれからです。
  • ところで村上くんのちゅーをしている顔がたいそう色っぽくてぐっときました。

*****************


躊躇していたのが嘘みたいに夢中になって読みました。やっぱり一方的な暴力の描写は苦手ですが、このお話を描くうえでは欠かせない要素であると思うので、納得して読めました。ふたりは恋人同士と呼ぶのにしっくりこない、と書きましたが、わたしはびーえるにとって大事なのはどれだけ「こいつでなけりゃダメだ」なふたりなのか、という点であると思うので、光央と光夫の関係はとてもよいびーえるだと思います。

次の中村さんのびーえる単行本は「空と原」だろうか・・・。楽しみだなあ。

Connection: close