Hatena::ブログ(Diary)

FeZn/Journal このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-17 もじもじカフェ第19回「どうする常用漢字」

[][]もじもじカフェ第19回「どうする常用漢字

さて実際にこれを書いているのは2010/01/13なので、「あけましておめでとうございます」というべきでしょうか。

鉄と亜鉛は何とも滑稽なことに、昨年10月の分のエントリをupしようとする次第。

いや、なにぶんさっきまで別の原稿とか色々やってましたから……。

ああ、まぁ、「はてなハイク」とか「Twitter」ではボンボン投下してましたね。酷いイイワケだ。

ちなみにTwitterはじめてました。(exblogのほうでは告知済み)

http://twitter.com/FeZn

さてさて、超時間差エントリの、はじまりはじまり。

Pomeraメモを補完してupする次第ですが、メモが追いつかなかった部分の中で、思い出せないところとか、面倒臭いところ(←おいマテ)は補完せずにそのままになっておりますゆえ、そのあたりご承知置きを……。

weblog更新する生活へのリハビリってことで。(毎回これ言ってる気がする。)

-----------------

※もっと読みやすい「まとめ」は、以下のサイトをご覧下さいー。

メモ帳バケ2 もじもじカフェレポート【どうする常用漢字】

http://yoshihashi2.blogspot.com/2009/10/blog-post_18.html

-----------------

  1. もじもじカフェ
    1. 第19回「どうする常用漢字」
      1. http://moji.gr.jp/cafe/themes/019/
    2. ちなみに……次回は、第21回「日本語の文字と組版を考える会を振り返る」2010年2月6日
      1. http://moji.gr.jp/cafe/themes/021/

-------------------------------------

2009/10/17 15:06

20091017もじもじカフェ19th

-------------------------------------

    • 今回のテーマ……「常用漢字」
      • 自分たちで考えていく、ということで、「どうなる」ではなく「どうする」
    • 今回の講師……小形克宏
    • 今回の常用漢字の改訂
    • 情報機器の普及が背景にある。
    • 国民の九割が情報端末を持つ時代になった。
    • 携帯電話の所有率も八割越え。
    • そういう情報端末で文字を書いている(打っている)
    • 前回の改訂から27年。→「そろそろ変更したほうがよいのでは?」
    • 試案が出たのが今2009年3月
    • パブリックコメントを2度募集。
    • おそらく今年度いっぱい、ではなく来年度早々の答申になると思われる。
    • それから内閣告示が出る、という流れだが、
    • 最近は「内閣告示」自体が出ていないので
    • パブリックコメントとは?
      • 一般の人たちが試案に対して意見・指摘ができる。
      • 誰でもOK
      • 試案は文化庁に問い合わせれば、もらえる。&
      • コメント受付期間が決まっている。(たいてい1ヶ月)
    • 新しい漢字
      • 常用漢字表(仮)では「コミュニケーションの手段として」ということを重視している。
      • →自分が使うだけではなく、「受け取った相手が、使える」ということが重要な点。
    • 増える漢字
      • 都道府県の漢字名
        1. 大阪の「阪」、愛媛の「媛」など
      • 固有名詞専用の漢字については、かつての考え方では「無視」していた。
      • 固有名詞(地名を含む)は、地域などの位相差によって出現頻度が大いに違うので、だった。
      • しかし、あまりに頻度が多いので、今回追加することに。→47都道府県の文字、韓国の「韓」、近畿の「畿」
    • 情報機器への対応
      • 「書く」から「打つ」へ。
      • しかし、入力するよりも「(送信されてきた文字列を)読む」ことが多い。
        1. 例:「鬱」→追加
      • 「読めるだけでよい字」という考え方を追加する。→情報化時代に対応する漢字表たりえるために。
      • 「読めるだけでよい字」と「書ける字」のボーダーラインはどうするか? →明示しない。(明示できない)
    • 字体の不統一
      • (例:)
      • 今回の新常用漢字表で、「字体の不統一」が出てくることが問題視されはじめた。
      • 現在の常用漢字も、字体の不統一はあったが、あまり意識されなかった。
      • 筆画の経済が働く。→複雑な文字は簡略化されて書かれる。
    • ここからは、〓〓〓〓〓(←メモ追いつかず)
    • そもそも「表」の必要性
      • 一般の人や、あるいは少し詳しい人でも「そもそも、なぜ『漢字表』というがあるのか」解らない、答えられない。
      • →ある意味では必然
      • なぜ「制限」があるのか。(「目安」とうたっているが、実質は「制限」)
      • →「現代なら情報機器で入力・流通できるので、意味がないのでは?」
    • 「現代においては、お節介にすぎない」(by小形)
    • 教育用の漢字表の必要性については、おそらくコンセンサスが得られるところ。
      • 小学教育に際して、「どの文字を、どの順番で教えるか
  • 」誰かが決めてしまうのが便利。
    • 現在は「お節介」だとしても
      • かつては「お節介」ではなかったのでは?→その時代は?
      • →配付資料参照。→1977年の「言語生活」の、岩淵悦太郎「試案新漢字表の考え方」……現代に通じる見解が、このときすでに出ている。
      • ※「新漢字表試案」→のちの「常用漢字表」
      • かつての制限漢字から、「目安」への方針変換。
      • 岩淵広場言葉と、仲間内の言葉」……「伝達を意識するときには、広場の言葉を使いましょう」
        1. これすら実は一種の「お節介」ではあるが。
      • 印刷物をつくる際には、なんらかの「基準」「漢字表」が必要。(それは、ある種の「仲間うち」)
    • 「お節介でなかった時代」
      • 明治維新国家建設
        1. ひとつの国にまとめるため……シンボルとしての天皇集権制、ことばや文字の統一、など。
        2. 近代戦では、兵隊にも文字の読み書きの能力が必要とされる。&商業にも読み書き能力は必要。→国内で同じ文字・言葉を使っていないといけない。→「国語」の誕生。……「お節介」ではなく、「非常に大切なこと
      • 敗戦
        1. 戦中の堅苦しい漢字羅列スローガンアンチテーゼとして、S21年「当用漢字表」1850字。……やさしい&手書き字体・字形との融合の必然性
        2. 「当用漢字表」……最初は「字体については別途」→のちに「字体表」登場。
        3. 昭和21年……憲法なども含め、ドラスティックな改革が行われた。当用漢字表は、その中の一つ。……この時代にも、「お節介」ではなく、「本当に必要なもの」だった。
      • 1970年代に、それが曲がり角を迎えた。
      • 「漢字制限」ではなく「目安」として、生き残りをはかる
      • →常用漢字表
      • →それから27年。生き残れるか? →その手段として「読める漢字」云々。
    • コミュニケーションの文字
      • 「広場の言葉」は、有って良い。有るべき。→他者にメッセージを伝えるために。
    • 現場と漢字と読み仮名
      • 現在、小学校の現場では、ふりがななしで生徒の名簿は用をなさない。
      • 名前は一種の公器といえるので、他者から使いやすいように、配慮が必要では?
  • ###(自分メモ)→昔の名前もたいがい読めないものとか、あったけれどそのあたりは「今の人の教養の範囲で読めないだけ」なのか?
  • 脱線するが「有職読み」は、そういう際に失礼にならないために機能していた、というのは本当か?

-------------------------------------

  • (以降、第二部)
    • 歯科医師会が「顎」を除外することに反対した件
    • JIS(……経産省)との整合性は?
      • →数年ごとに検討することになっているので、常用漢字表が変われば、必然的に対応する必要が出てくる。(検討は、する。→実際に帰るかどうかは不明)
    • 「読めればよい」という視点を(お上が)導入しても、高校で習う字なら、結局は大学入試で「書く」必要が出てくる。
    • Q「どういう字を追加し、削除する、という基準は何かあるのか」→A:頻度調査。
      • 単なる文字の出現頻度だけでは正確に科学的なデータが出るかどうか解らないので、今回から「前後の文字をふまえて、字単位ではなく語単位での調査」にしたが……
      • (小形)頻度調査そのものに疑問。
        1. 頻度の高い文字は、どの調査でも一致する。
        2. 一定以下の頻度の文字(2000字……97パーセント)は、出現回数が急激に増減する。→それを超えた部分(3パーセント)に数万文字が集中する。
        3. =文字を広げることの、あやうさ。1945字(現在の常用漢字)のほとんどは、頻度の高い文字。
        4. 頻度が簡単に増減するのが、日本語として自然な「ふるまい」。社会現象流行に鋭く反応する。
        5. →日本語均衡コーパス(国語研究所の「ことのは」)
        6. 頻度調査にネットの膨大な文書は入る?→web「A」「B」……おそらくはA:新聞サイト、B:掲示板を対象とした模様。(Yahoo知恵袋は日本語均衡コーパスに入っている)→掲示板だとAsciiArtの影響で、中国の漢字が無数に入ってしまった。→そのため「B」は、対象としたものの、結果には含まれなかった。
    • 感想:「混ぜ書き」について
      • 例:「駐屯地→駐とん地」
      • →かえって解りづらい。
      • →頻度調査にも影響する。→現時点ではきっちりと「本当に使いたかった文字」が拾えていない。
    • 常用漢字表の表外字は、どう記載すべきか?
      • →「漢字+ルビ」でOK
    • 常用漢字の宿命
      • 「混ぜ書きしなければならない」=「常用漢字表のバグ」とすら言える。
      • →常用の語ぐらいは網羅できるべき。→できていない。
      • →その対処として「混ぜ書き」「漢字の置き換え」「やさしい語への書き換え」など
    • ルビつき活字
    • 「置き換え」
      • 「脹」……「膨脹→膨張」(ニクヅキからユミヘンに。)
      • 新しい語をつくっていると言える。(過去の用例がある場合もあるが)
      • 「同音の漢字による置き換え」は国語審議会
    • 表記の変遷の実例
      • ナガシマという実例
        1. ある年を境に、「長島」から「長嶋」に、新聞表記の頻度が、ぐっと上がった。
      • 扮装→
      • 萎縮→「委縮」定着せず。
      • 函数→「関数」、「■物線」「放物線」定着。
    • 同音……
    • 「漢字表が何種類もあるのはなぜ?」→役所の縦割り行政。……「管轄が違うから」。ただし、中心にあるのは常用漢字表。
      • JISが変わったから常用漢字変更」は、ない。「常用漢字表が変更になったから、JIS規格を変更」は、ある。JIS漢字の前提として常用漢字がある。
      • 人名漢字表は、すべて常用漢字表の「表外字」。→
    • 「ひらがな・かたかなの表」
      • 1900年に「小学校令」が出て、変体仮名は禁止された。→そのときの表が「ひらがな・かたかなの表」と言える。
    • 「かな文字」という認識自体が、そんなに古くない。
      • 漢字の草書とのボーダーラインが難しい。
      • 意味との遊離が、「かな文字という認識の発生」
    • 「筆記の経済」と「打鍵の経済」
      • 入力が面倒or使いかたが分からない文字は、使用されなかったり、別のもので代用されたりする。
    • Q:外国にも漢字表はあるのか?
      • A:たとえば中国とかに、ある。
      • アルファベット圏の場合……「文字表」でなく「語の表(正しい綴りの表)」がある。(でもフランスの新しい正書法が普及していない)
        1. トルコ語のアルファベット表記採用時→(未詳だが)表として存在したはず。……そもそも
  • ###(自分メモ)スウェーデンのアルファベットに「W」が最近採用された、という話があったはず。
    • 日本政府と常用漢字
      • 飛翔体」という言葉(表記)が出てくる時点で、「政府自体が守っていない」
      • →「飛行体」とかにできるのに。
    • 文字コードの改訂
      • だいぶ増えた。ほとんど作字の必要はなくなってきている。
      • これで終わりか?
      • →いまでもメインテナンスは続いている。ただし日本語の漢字については殆ど収録完了。
    • 書字の意識
    • 書籍の現場で「常用漢字」をどれだけ意識しているか。
      • 例A:「ほとんど意識していない」
      • 例B:「共同通信朝日新聞記者ハンドブックに従いすぎると自社カラーがなくなるので、結局もうひとつ表をつくらざるを得ない。」
    • 新聞……実態としては、各新聞社で、それぞれ別の漢字表を使っている。
      • 統一した規範、新しい漢字表を必要としている。
    • 本の紹介

-------------------------------------

-------------------------------------

  • ↑これもとっくの昔の過去の話になっちましましたねぇ。
  • ちなみに、この12/06の回は、小生は「懇親会のみ参加」でした。そしたらK氏に「このためだけの東京きたの?」って訊かれました。いや僕がいくら酔狂でも、そんなことまではしませんって!
  • 僕あての個人的宿題某氏と某氏から)
    1. .exblogの更新。
    2. .情報収集の方法。フィードリーダーとかHatenaBookmarkとか。その詳細(最新版)をエントリにする。
    3. .その中でも、「PDF中のoutline化した文字がGoogleで拾える件の再調査」OCRか、メタデータ的な何か、か。
    4. .××××××××(←ちょっと今は伏せ字。あとでエントリできるかも。)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close