雑記やら何やら

2019-01-14 因みにガムの再抽選説は同オフミで否定してたよ。

因みにガムの再抽選説は同オフミで否定してたよ。

| 00:06


f:id:Filret:20190113234742p:image


補遺:カードのドロップ率について。


f:id:Filret:20190114000039p:image


ご存知の通りカードのドロップ率ってのは一律で0.02%となってます。

(※金ゴキ等の一部カードは0.01%で設定されているという噂があるが、真相は不明)


f:id:Filret:20190113234747j:image


現在、ROはワールドボーナスとしてExp/Drop+50%(150%)の効果が付与されてます。


f:id:Filret:20190113234748p:image


普通に計算した場合、0.02%の50%増しは0.03%です。

ならWB期間中はカードのドロップ率が0.03%になるのか? と、普通はこう考えると思います。










f:id:Filret:20190114000040p:image


結論から言うと、なりません

ROのカードの確率が上がるのは、+100%(ドロップ率2倍)の時だけです。


f:id:Filret:20190113234743p:image


そも、ROのアイテムテーブルはA1からH8までの、計8枠と決まっています。

で、これらのテーブルには全て0.01%の固定ドロップ率、というのが設定されてます。

この固定ドロップ率というのは、読んでそのまま変動する事の無い基本的なドロップ率の事。


f:id:Filret:20190113234744p:image


固定ドロップ率の他には、変動ドロップ率というのも存在します。

これもまた読んで字の如く、外的要因により確率変動の影響を受けるドロップ率の事です。

ワールドボーナスやバブルガム(※諸説有り)は、この変動ドロップ率に対してのみ効果を及ぼします

そして、固定ドロップ率にこの変動ドロップ率を足した数値こそが、最終的なドロップ率となります。

例えばポリンがナイフを落とす確率を求めた場合、固定0.01%+変動1%でドロップ率1.01%となる訳です。


f:id:Filret:20190114000039p:image


ここまで書けばもうお分かりでしょう。

カードのドロップ率0.02%というのは、0.01%の固定値と、0.01%の変動値を足した確率です。

ROは小数点以下第三位以下は切り捨て(※諸説有り)なので、変動値を1.5倍しても0.01%のままです。

以上の仕組みにより、今回の様なWB50%の効果はカードの確率に対して効果を及ぼさない、という訳です。





因みに、この固定ドロップ率というのは前述の通り「全てのアイテム」に設定されています。

そしてこれもまた前述の通り、ROのアイテムテーブルは計8枠と「決まって」います。


f:id:Filret:20190113234746p:image


察しの良い方はお気づきでしょうが、これが闇りんごの正体です。

りんごはそもそも“テーブル内の空いた枠を埋める為のアイテム”なんですが……。

前述の固定ドロップ率0.01%がこの“枠埋めの為のりんご”にも適用されてしまっている訳ですね。










f:id:Filret:20190113234745p:image


とまぁ、そんなこんなで今日はカードドロップに関する小話でした。

尚、念の為に注釈を入れておくと、アイテムの固定値・変動値はユーザー解析による推測に過ぎません。

が、ドロップ50%の効果がカードに乗らない、という一部分に関しては公式でも同様の発表をしてます。

なのでまぁ大雑把に「50%増加ではカードの確率は変わらない」という部分だけ覚えておけば良いと思います。