Hatena::ブログ(Diary)

...and i still remember このページをアンテナに追加

2017-07-26

[]【米国ロック72年の70曲】CCR

[]【米国ロック72年の70曲】29・Manassas

[]【米国ロック72年の70曲】

[]【米国ロック72年の70曲】Al Green

[]【米国ロック72年の70曲】39・Use Me / Bill Withers(Sussex)

黒人なら皆ソウル、というわけではないんだなあと思わせたsswビル・ウィザースは、ファンキーなんですが、フォーキーなところもあって新鮮でした。”Use Me”はセカンドStill Bill」から。ここからの”Lean Me On”が#1になりましたがこの曲も#2まで上がりました。

https://www.youtube.com/watch?v=g3hBYTkI-sE

[]【米国ロック72年の70曲】3・Jubal's Blues Again / Clean Living(Vanguard)

キャラ弁のようなイラストジャケットバンド名がロック時代にはずいぶん損をした感じのクリーンリヴィングはボストン出身フォークロックで、まあ趣味の1枚ではありますがほんわかした陽だまりの様な音です。ファーストの「Clean Living」から

https://www.youtube.com/watch?v=7YomPIc87Gk

[]【米国ロック72年の70曲】Carpenters

[]【米国ロック72年の70曲】40・Magic Mirror / Leon Russell(Shelter)

"Tightrope"や"This Masquerade"が入ってるから代表作として紹介される事も多いけど、白塗りポートレイトジャケットがドキッとさせらえます最初の2枚にあったゴスペル〜スワンプ色はやや後退して、sswメロディーメーカーとしてのリオンの姿がクローズアップされてます最後に入ったこの曲のしっとり加減が良いです。

https://www.youtube.com/watch?v=L-H1iQ5Y6Eg

[]【米国ロック72年の70曲】Bonnie Raitt

[]【米国ロック72年の70曲】Lobo

[]【米国ロック72年の70曲】Carole King

[]【米国ロック72年の70曲】Malo

[]【米国ロック72年の70曲】Helen reddy

[]【米国ロック72年の70曲】Bang

[]【米国ロック72年の70曲】Harvey Mandel

[]【米国ロック72年の70曲】Steel yard Blues

[]【米国ロック72年の70曲】NRBQ

[]【米国ロック72年の70曲】Mystery Train / Seanor & Koss(Reprise)

デトロイトハードロック、サヴェイジ・グレイスにいたジョン・セーナーとロン・コスによるデュオアルバム「Seanor & Koss」はスワンプ系の隠れた名盤として一部で知られています。prodは何故か英国バンドを手掛ける事が多かったのシェル・タルミーで、ジョン・セバスチャン(harp)、ケニー・アルトマン(b〜元フィフス・アヴェニュー・バンド)

https://www.youtube.com/watch?v=rA0thWa1kXA

[]【米国ロック72年の70曲】NGDB

[]【米国ロック72年の70曲】37・Hello LA Bye Bye Birmingham / Bobby Whitlock(Dunhill)

元デレク&ザ・ドミノスのボビー・ホイットロックノ2枚目のソロRaw Velvet」はレーベルDunhillに移してのリリース。後にジャクソン・ブラウンとも仕事をするリック・ヴィトー(g)、元ジューシールーシーVDGGキース・エリス(b)、元ブルーマウンテンイーグルドン・ポーチャー(ds)にホイットロックを加えた自身バンドを率いてのもので、よりハードな音がちょっと意外。クラプトンスライドを弾く”Hello LA Bye Bye Birmingham”はデラニー・ブラムレットとマック・デイヴィスの共作です。

https://www.youtube.com/watch?v=DLQ26ZtVtEs

[]【米国ロック72年の70曲】James Gang

[]【米国ロック72年の70曲】John Henry Kurz

[]【米国ロック72年の70曲】Jesse Ed davis

[]【米国ロック72年の70曲】Fabulous Rhinestones

[]【米国ロック72年の70曲】Chi Coltrane

[]【米国ロック72年の70曲】Bread

[]【米国ロック72年の70曲】Nilsson

[]【米国ロック72年の70曲】38・The Messiah Will Come Again / Roy Buchanan(Polydor)

派手な話題とは無縁だったロイブキャナン名前を知らしめたのはジェフ・ベックが「Blow By Blow」の中で彼に捧げると書いた事でしょう。テレキャスターを弾く、ブルーズ系の渋いギタリストとして注目されたのもこの前後。72年のデビュー作「Roy Buchanan」には代表である"メシアが再び"の最初ヴァージョンが入っています

https://www.youtube.com/watch?v=yM4Soeyabss

[]【米国ロック72年の70曲】Bobby Charles

[]【米国ロック72年の70曲】Shaft

[]【米国ロック72年の70曲】Jackie Deshannon

[]【米国ロック72年の70曲】Laura Nyro

[]【米国ロック72年の70曲】Neil Diamond

[]【米国ロック72年の70曲】Eric Kaz

[]【米国ロック72年の70曲】Chris Smither

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Finyl/20170726