Florian’s NewestDiary このページをアンテナに追加 RSSフィード

ふろりあんのさらに新しい日記

2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 |
プロフィール

Florian

Florian

伝説(だった)の大魔導師。割と過去形。



 | 

2009-08-31

QT,QTe(QTEmbedded),QTopiaの差

なんか、資料を読んでいるうちに混乱してきました。

だと思ってたんだけど、違うのかな?

GTK#(mono)のWindows CE

もしあるのなら、MS謹製.net Compact FrameworkよりもJITが効いて速いとか?

いや、.net Compact FrameworkもJIT自体はやってるか。

on国際電話

(この話はフィクションです)

「あとさー」

「はいはい」

デイリーポータルZにいきたい」

デイリー・・なんだって?」

デイリーポータルZエキスポに行って宮城さんの指揮で現代音楽やったり、大山さんのワークショップに行きたい」

「・・地球半周して、やりたいことはそれだけかい」

ふるさとではなく、千鳥ヶ淵の夜桜が恋しいんだよー」

「それはアフリカだ。だいたい医者だ無いだろおまえ。もうあと2年は帰ってくんな」

「(聞いてない)あと、暗渠ゴムボートで潜りたい」

「普段ボートで衛星回線引いて回ってるんじゃなかったっけ?」

ジャングルのと暗渠では全然違うよ。暗渠だよ暗渠暗渠こそ人類の作り出した至宝だね」

「下水行政やってる人に聞かれたら怒られるよ」

「いいよ、上水も通ってないようなところなんだから、ここ」

wxWidgets

  • クロスプラットフォームなCのヴィジェットセットがあるらしい
  • C以外のバインディングもあるらしい
  • よし、じゃあVC2008で動くように試してみよう
  • だったらMFCの方が良くね?←イマココ

や、いまさらMFCでもないんだけど。


普段はクロスプラットフォームアプリを作るためにはJava+Swingなので、わざわざコンパイルの必要な環境なんか使わないんですが、FileZillaがwxWidgets使っているという話を聞いたので気になっています。てっきりWin32ネイティブアプリだと思ってた。そうじゃなければXUL(zillaだけに)。

Qtライセンスが二転三転してどうなってるやら。GTK+も面白そうではあるんだけど、ビルド環境Cygwinなのがなー。

どっちにしても、時間のない今はしばらくは生のSwingでツールを作ることになりそうです。いやいやJOGLが<もうツール関係ないぞ


そういや、スキャナってJavaからだとどう見えるんだろ? JMF経由なのかな? カメラはJMF経由だったような。

(追記)

jtwainというのがあるらしい。ちなみに有料っぽい。残念。

on国際電話(続き)

「その割にはダムって言い出さないな」

「あれは先進国の道楽。治水する前にやることたくさんあるって」

「で、どうなの? スイスいくの?」

「うーん、ロシアじゃなかったっけ? アフガン?」

「なんでわざわざ危ないところに……」

「下手に動くと外務省ににらまれるからなー」


彼らがどういう関係で境遇なんだか、微妙に気になります。気にならない? おかしいなぁ。

Qt

今はLGPL版も使えるんですね。IDE無料なのかな?

アーキティクチャ自体は面白いんだけどなー。QCopの細工を聞いたときには非常に感心したし。

当たり前だけど、再コンパイルしないとマルチプラットフォームでは動かないんだよねぇ。だったら実用としてはJavaでいいじゃんという気が。

もう、ネイティブアプリを作る気概がすっかり薄れてる今日この頃です。Javaか(ちょっと落ちるけど)AIRかなぁ。

何でみんなJava嫌いだかなー。

何でみんなSmalltalk嫌いだかなー

……なんでなんでしょ?

しまった、Cincom Smalltalkのアカデミックライセンスで安くなるのか聞くの忘れた。日本にはそういうプログラム無いのかなぁ。今なら大手を振って放送大学で買えるんだけど。

何でみんなC++嫌いだかなー

いや、これだけ意味が違う。「C++で作られたもの」は嫌いじゃないんだ。「C++で作るのは嫌い」なだけで。


昔ならさておき、いいIDEがたくさんあるJavaは今ならいい時代だと思うんだけど。だと、元から強力なIDE込みの環境だったVisualWorksは、時代を問わずに勝ち組か。インスペクタはともかく、コードコンプリートがいまいち使えないSqueakはまだ勝ちに行けないかなー。

草の根Java運動

  • そこかしこにJavaAppletを仕込んでおく(初回起動しちゃうと後は速いし)
  • 手放せないアプリをJavaWebStartで作る
  • というか常にタスクトレイに常駐するような何かを作る

私の手元だと、FreeMindとxfy plannerが常駐してますね。

でも、ブラウザスクロールのたびにちらつくようでは嫌がられるかなぁ。それ以上に「Javaだから重い」という感触を薄れさせないと。

……重いかなぁ、やっぱり。

2009-08-29

身近なパッヘルベルのカノン

お風呂の「お風呂が沸きました」サウンドがカノンでした。一瞬思考停止してしまった。

あと、「天罰!エンジェルラビィ」の主題歌(なのか?)Angelic Magic/Under17が微妙にカノンを引用してますね。


「貴様らには任せておけん! 私自らが出る」……は、パッヘルベル違いですね(^^;)。

2009-08-27

NetWalker(http://www.sharp.co.jp/netwalker/index.html)

Zaurusの再来、というよりはだめだったWillcom D4に見切りをつけられたような気がしてならない今日この頃。投売りはこの所為・・じゃないよね。きっと。

Freescale のi.MX515ってARM-CortexA8ってやつだよね。今年の初めくらいに話題になった(http://japan.internet.com/webtech/20090106/3.html)。

でも、200ドル以下ってことはないんじゃないのかなー。


CPUx86じゃないって以外はリッチだし、OSWindowsじゃないって以外はぜんぜん困らないと思う(限定つきなのはx86以外で動くWindowsが現状ないから)。SL-Zaurusのときみたいに、PCとの性能差を何とかOS(QTeとか)で埋めようという発想じゃないので、一般人が使ってもほぼ困らないと思うし。あ、いや、SL-ZaurusのHancom OfficeNetFront自体はよくできてたと思うんですけど、フルスペックとはいえないものでしたから(しかし、なんでFlash-liteなんだろう? ARM用のFlash Playerのビルドがないのかな? JITとか凝ってそうだし)。

なによりも、このスペックだと、うちの巨大なフルタワーのPCOS含めてほぼ同等だったりして。だと、RAM512MByteでスワップ作らなくて大丈夫かな? うちのフルタワーはPHPだのPostgreSQLだの動かしているからRAM食いなだけかな。

むかし、シグマリオンIIで式神を使いながら「これがSONY-NEWSと同じスペックなんだぜ。信じられる?」という話をしていたのを思い出します。技術革新はすごいですね。

NetWalker妄想してみる

http://java.sun.comにはLinux ARMJREはないので、JavaアプリKaffegcjで動かす形になると思います。Apache Harmonyかなぁ。どちらにしても、J2SEだよね。

Java6が使えないのは残念だけど、アプリは作りやすそうでいい感じ。いままで、この手の端末といえばJ2ME(CDC)ばかりだったからなぁ。

一番いいのはHotspotVMをLinux ARMに対してsunが作ることなんだけど、やらないかなぁ。


あとは、G726コーデックが完全になればこっちをメインマシンにしてもさほど困らないんじゃないかなー。Thunderbird(というか、mbox)は怖いけど。

そういや、なんで、Ubuntuなのに、Evolutionじゃないんだろ? 何かまずかったのかな? まだ日本語エンコーディング問題が残ってるとか?

Ubuntu(Linux ARM)妄想続き

すでにNetWalker関係ない(^^;)。

monoarmjit実装がすでにあるのか。うーん、monoでもいいかなー。Windows Formならわかるんだけど、GTK#はぜんぜんだめなんだよね。これを期にGTK#をやるべきか。

しかし、Windowsでは実装しづらそうなんだよねー>GTK#

NetWalkerのSynaptic

またシャープは、NetWalker専用のリポジトリを作り、組みこむ用意をしている、とのことなので、「自分ソフトを探して組みこむ」のも決して難しくはない。ただし、Windowsとはかなりカルチャーが異なるので、多少の勉強は必要になる。

へえ! 自分ソフトを作るのではなく、あくまでレポジトリを作るだけなのかもしれませんが、それでも十分ですね。

上の画面のように、ランチャー的に見えるホーム画面も用意されているが、これはランチャーではなく、単に「大きめのアイコンを配置したデスクトップ」に過ぎない。Linuxザウルスの時代は、同社オリジナルランチャーがあったが、そういったオリジナリティーの高いソフトは、NetWalkerには見られない。

あれも、QTeのディフォルトじゃないのかなー>SL-ZaurusHome画面

でも、方針としては正しいですね。Ubuntuであることを隠していないのであれば、あくまで初期状態で使いやすいようにカスタマイズしているだけで、使えないランチャーよりはずっと良いです。

「素のUbuntu」が素人に使えないようなOSだとも思えないし。


でも。

Synapticの解説ぐらいは日本語に訳した方が良いと思います。ソフトつくんなくて良いから。せめてそれが何なのかぐらいは判るように。

NetWalkerとWillcom D4

そうか、NetWalkerとこの間の「新規一括38400円」のWillcom D4はばっちり価格層がかぶるのか。

うーん、やっぱりXGP(Willcom core版)Willcom D4の発売が待たれるなぁ。W-SIM版のXGP端末が出ないとは思えないんだけど。音声と通信のマルチプレックスをどうやってATコマンドでまかなうかはこの際置いておくとしても。

ところで、ほんとに10月にサービス始まるのかなぁ。普段移動している範囲はXGP圏内なのでW-SIMが出るならそれに機種変更(というのか?)したいんだけど。

[]無限航路オリジナルサウンドトラック

なんだかんだと文句言いながら作業中にループで聞いています。最後の2曲だけものすごくクオリティ高いのね。あと、芸風がオーケストラじゃない「Feverish man」もローファイな音がうまくはまってていい感じ。ワウギターが素敵。

で、ずっと聞いていると、確かに内蔵音源で凄くテクニック使って鳴らしているのが聞き取れて、なんかこれはこれでいいような気がしてきました。チップチューンに甘いんです。はい。

というか、曲自体は非常によく考えられて作られているので、ストリングスの音に慣れるといい感じです(ブラスはいい音なんだけど)。しかし、何たってこんなにストリングスとパーカッションはローファイなんだか。そんなにサンプリングレート低いの? 1GBitROMでしょ?

NetWalkerの「年内10万台」目標

W-ZERO3が4ヶ月で15万台売ったんだから、それくらいはいくでしょ。「Windowsじゃないけど使えるPC」として、Ubuntu市場がもしできるのならそれに越したことはないけど、E-MobileやXGPのモデムと組み合わせてもメール端末、ネット端末としていけると思うし。

アプリに関しても、iアプリやAppStoreとSynapticはたいした違いはないだろうし、Synapticのレポジトリをほんとにシャープが用意するなら気にならないと思う(Windowsアプリが動かないことはマイナスにならないはず)。

と、考えると、やっぱりD4はお払い箱のような、そんな気が……。商品として被る上に使いづらくて高いんだもんなー。

2009-08-26

[]SPACE BIO CHARGE/菅野よう子

「夜明けのオクターブ」が入ってる! これ、フルコーラスそらで歌えるよ。

大丈夫。帰ってくる♪


しかし、なんですな。

YKとだけ書かれると、それが菅野よう子なのか、梶浦由記なのか、古代祐三なのかわかりませんね。最後のはYK-2だ。

[]ピアノ弦楽器生演奏による「セブンスドラゴン」/古代祐三

っていうか、原曲は?

今回、セブンスドラゴンゲーム本編も買ってもいません。当時忙しかったんだよー。

[]PIANO DANCE classic cancer/The Standard Club

カノン好きさん、またこれにも「パッヘルベルカノン」が入ってますよ!

[]pop save the world!!/Sweet Vacation

もちろん「8bit darling」のために。はて、この人たち、前にも聞いたかな?

(追記)

聞いてたらしい。I miss you-epとかの人たちか。TMネットワークカバーとか。

[]無限航路オリジナルサウンドトラック

天野正道高田雅史など。っていうか、いつの間に高田さん独立してたの!? No more Heroesの時にはまだグラスホッパー所属だったよね。

そして「発音数制限」。もしかして、これって、ムービー以外内蔵音源だったの? えー?

いやいや、確かに「コンタクト」の時に内蔵音源とは思えないようなマニュピレートしてたけど・・。

[]8bit darling project/Sweet Vacation meets 初音ミク

というわけで本命。おお、8bit darling以外も入ってるんだ。

[]Family Cooking/YMCK

やっと。しかし、なんとも8bitマシンで再現しづらそうなドット絵だ。右上と左上の角度が違うとは・・。

[]PIANO DANCE classic cancer/The Standard Club

ええと、

花と太陽と雨と>原曲>Q;indivi>(越えられない壁)>PIANO DANCE

みたいな感じ? てきとうにドラムつければいいってもんじゃねーぞ、こら。

外れ。

[]無限航路オリジナルサウンドトラック

うわ、音質悪い(^^;)。ADXの所為じゃなかったのか。

外れ。

ゲームクリエイター予備軍

曲がりなりにも、ゲームの実装をずっとやっていますので、自分のことはゲームクリエイターと呼んでも罰は当たらないと思います(クリエイターかどうかは微妙か?)。

当たり前ですが、私の弟子達はゲーム業界を志望しています。志望してないとやばいんだけど。志望してるよね?

私が教えている魔法学校は、ゲーム系じゃない魔法学校のゲームコースとは教育方針が違います。業界就職率も全然違いますし、当然ながらきつさ(本気さ、といっても良いかも)も全然違います。

ゲーム系じゃない魔法学校のゲームコースの存在意義は認めます。コンピュータ職業として使っていこうという動機付けゲームを使うのはありでしょうし、何かの間違いでゲーム業界に引っかかったらラッキーでしょう。そこまで本気じゃない人にはあんまり来て欲しくないけど。どうせすぐに脱落するだろうし。

なので、何かの間違いで来ちゃった非ゲームクリエイター予備軍はかわいそうな目を見ます。何でこんなきつい目に遭わされてるのかと。魔法学校ってのはもっと楽できるもんじゃなかったのかと。

魔法学校側も、学生側も不幸なので、できればそんな子には来てもらいたくない、というのが本音です。学生がいくら金づるに見えたとしてもね。


という超スパルタな所にいる割に、学生達が最近あんまりがつがつしてないような気がするんですよね。最近って、ここ5年くらいって事ね。短いスパンじゃなくて。

や、スパルタ自体は変わってないんですよ。教育の質も、世に出た後の評判を聞く限りでは落ちてない。就職率はここしばらく最高値を保ってます。大手にいく人数も年々増えています。

たとえば、そうだなー。「就職」が「あがり」のような雰囲気になっているというか。就職じゃなくて、「就社」と言った方が良いかも。今時終身雇用世界でもあるまいし、就職すれば目標が無くなるなんて事はないはずなんだけどなー。

たしかに、どこでも良いから業界に潜り込め。潜り込んだらあきらめずに下積みを続けろとはよく言ってるんですが、下積みと就社では天と地ほども違うというか。

作りたいもの、無いのかなぁ。「ゲームに関わる」事だけが目的で、何か具体的なヴィジョンは持ちづらいのかなぁ。

確かに産業として大きくなっちゃって、個人が関われる範囲はものすごく小さくなっていますが、それでもなにか、こう、絶対譲れない所みたいなものが、昔はあった気がするんだけど。

それとも、当時はまだ私が若かったから、彼らがそう見えただけなのかなぁ。


真相は謎です。観察者が固定してないのは面倒ですね。

青春とは

しなやかな体の呼び名ではない。

それは、困難に立ち向かっていく魂の瑞々しさだ。

頭を高く上げ、希望を闇にとらえる限り、人は青春のさなかにあるのですよ。

いいですね>おもに自分

はい。


ちなみにサミュエル・ウルマンもしくはダークダックス

リゲインお徳用500ml(http://horror.g.hatena.ne.jp/COCO/20090825#p1)

欲しい。あと48時間くらい戦いたい。何と?

……現実と、かな(ぉ

[]科目登録が決定しました

登録決定授業科目が来ました。

今回のラスボス(ゲーマー的表現)は、「解析入門」です。学習センター印刷教材を読んで気が遠くなりました。多変数偏微分方程式ですか……。昔工学系の大学で挫折したような苦い思い出が。

面接授業は以下しか取れませんでした。

でも、とりあえず、「はじめてのベトナム語」が取れたのが嬉しいです。

キャストは使うな!

近頃、色んな場所で、C++コーディングについて、

キャストはできるだけ使うな!

と書いてありました。

とすると、警告が出てしまうと思うのですが、

警告を出したままの方が良い、という事なのでしょうか?

それとも、void*などを基本使うな、という意味なのでしょうか?

段々と、自分コードが近頃、標準関数に近しくなってきているのを感じていて、

constなども多用するようになって、見やすくはなってきてるのかなぁと思っています。

ただ、どれが正しい!というコーディングは無いにせよ、より可読性と精度は高めたいと思っています。

どうすべきなんでしょうかね…?

何か良い意見は無いでしょうか?

はい。いくつかの理由と、いくつかの実装的制限はありますが、「キャストは使うな!」は正しいです。

ただし、mallocを使わず、テンプレートをコレクションで使っている限り、という前提付きですが。あと、C++言語限定。C言語単体ではどうやってもキャストの罠から逃れられません。


まず、実装としての制限から。

C言語は、型に緩い言語です。この緩さは、指摘の通りすべての参照を同一の型「void*」に還元できるところから来ています。そして、C言語の標準ライブラリはこの緩さを使った実装になっています。

たとえば、メモリ確保関数malloc()はvoid*を返します。そして、このポインタは、プログラマー自分管理する限り、どのように使っても構いません。

もう、この時点で問題があります。言語としては「特定の型」でなければ正常に動作しないように作れるにもかかわらず、実際にはどんな型であっても構わないのですから。

たとえば、

int *hoge=malloc(sizeof(char));

なんて書き方ができちゃいます。これ、明らかにおかしいですよね。じゃあ、こう書いても良いのかというと、

int *hoge=(int*)malloc(sizeof(char));

確かにワーニングは出なくなりますが、なんの解決にもなっていません。つまり、ワーニングを消すという行為自体がバグの温床になっているのです。


で、どうするかというと、

とすると、型チェックが厳密になり、キャストを使わなくてもワーニングが出なくなります。ワーニング自体がバグの温床であることは明確なので、きちんと書いてバグを出さないというのが本筋ですよね。

また、型は使用想定を意識したものですので、型があっていると言うことは、使用想定があっていると言うことに他なりません。つまり、型自体が抽象化の対象となっているといえます。


でも、実はこれでもまだ安全じゃありません。

void hoge(int* ptr)
{
   for(int i=0;i<10;i++)
   {
      ptr[i]=i;
   }
}
void main()
{
   int fga[5];
   hoge(fga);
}

が、ワーニング無く通っちゃうのです。

確かに静的型チェックは便利ですが、バッファーオーバーランには無力というか。

かといって、これはC言語が高級アセンブラである限り回避のしようがないんですよねぇ。

素直に書いてワーニングのでないプログラムを目指すことはもちろん重要ですが、それ以上に使用想定を無視してないかをきちんと意識したプログラムを書かないと危ないというのが、C言語の怖いところです。それぐらい言語側が担保しろよと言いたくなる高級ゲンガーですが、まだ組み込みではC/C++が主流ですからねぇ。


結論としては

というところでしょうか。

ちなみに、constつき引数は「使用想定」をプログラマーに見せているという意味で非常に重要です。ぜひその線でいきましょう。

(承前)しかし、

最近メインで使っているPHPはもっと型に緩い。

echo "0xa" + "1";

の答えが

11

になったときの衝撃と言ったら!

いえ、文字列結合に「.」を使わなかった私がすべて悪いんですが。

2009-08-25

Florian2009-08-25

小学生Willcom D4

最安値アカデミックパックの新規一括29800円でした。

・・なんだそれ。割引でマイナスになるじゃないか。いいのか、これ。単に通話料の割引だからマイナスになってもいいのかなぁ。

Javaは不人気

人にアプリを勧めるときに、「それJavaですか?」と嫌がられることがたまに、というかしばしばあります。

これは、デスクトップアプリJavaが普及してきたからという理由もあるのかもしれませんが、その割にはみなが痛い目を見ている所為もあるのかなぁ、とかちょっと思ってみたり。


たとえば、Javaキラーアプリの一つであるGanttProjectは、確かに便利ではあるのですが、微妙に起動が遅いです。起動の遅さをごまかすためにスプラッシュとか出してはいますが、重いのは確かですね。あと、JTableを使った部分なんかも妙に不安定です。まぁ、OpenProjよりは安定していますが(これもJavaだけど)。

アプリの規模としては圧倒的に大きいMS-Projectはもっと起動が遅いですが、それで文句を言われることはあまりないですね。

確かに、Swingの素の何もしないアプリWillcom D4を使ってjarからそのまま開くのには約6秒くらいかかります。何度か繰り返すと約2秒くらいまでに速くなりますが、その辺が限界ですね。キャッシュが効くということは、Javaランタイムを読み込んでいる時間が結構あるということを示しています。たしかに、JRE6のrt.jarは非常に巨大ですし、起動するまでに初期化しなくてはならないクラスはいくつかあります。ましてやSwingなんか使おうものなら、いろんなスレッドが同時に動き始めます。

それに比べて、Win32APIをつかったnotepad.exeなんかはかなり速いです。ウィンドウの再描画が行われるまで、キャッシュの効いていない状態で2秒くらい。キャッシュが効いてくると1秒切ります。

起動してからのベンチマークに限って言うとJava6はかなりJITと実行時最適化が効くので速いのですが、ベンチマークではなくユーザーの感触だけでいうと、たとえばコンテキストメニューを初回に出すときに待たされるとか、ファイルダイアログを初回に出すときに待たされるとか(これ、絶対バグだと思うんだけどなー)、ウィンドウアクティブ化から再描画まで待たされるとか、SwingのJButtonが一瞬遅れて反応する気がするとか、まぁ、いろいろと感触的なところは問題があります。

それでもJavaを見捨てられないのは、やっぱり開発効率やバグが起きたときのトラブルシュートの容易さや、メモリーリークやリソースリークがほぼ起こらないという、まぁ、言ってしまうと作る側の都合が非常に大きいです。


ところが、これがUbuntu(GTK+)とかで使うとGTK+で作ったアプリJavaアプリで感触があまり変わらないんですよね。Win32に比べるとGTK+は層が厚い所為もあるんでしょうけど、GEditの起動時間と、ほぼ同じスペックでのWin32上のnotepad.exeではその差は歴然。で、SwingアプリとGEditでは、なんとSwingのほうが速かったりして。いや、GEditが実は結構凝った作りになっているとか、いろんな原因はあるのかもしれませんが、相対的にJavaが快適です。

うーん、やっぱり、もう少しSunWindowsに向けてがんばれってことかなぁ。

あ、念のため、JRE1.4.0までのSwingアプリは本気で遅かったです。その頃だったら私でも見限ってたかも。今はその頃に比べるとかなりがんばってますよ。あの辺で何かあったらしいので。sunによると、パフォーマンスの向上はJava2Dの副産物らしいです。


ちなみに、Advancecd/W-ZERO3+MySaifuJVM+GNU Classpathで動かすSwingアプリは控えめに言ってもなんというかゆったりとしていました。AWTはそこそこ綺麗に動くんですが。

試しにNotepadもどきを作ってみた

jarダブルクリックしてから4秒って所か。LookAndFeelを指定しないともうちょっと速いんだけど。

ちなみに制作時間は1時間クラス名、メソッド名に日本語使いまくりでちょっと気持ち悪いです。

2009-08-24

Willcom D4最安値

ヨドバシAKIBAや、もしもし本舗などで38,400円で売っています。で、これが割賦による割引が毎月1,700円x24ヶ月あるのでなんと実際には本体無料というすごいことに。

ちょっと、そこのパソコンほしい小学生。今すぐお父さんを説得してこれを買ってきなさい(強引)。プログラムの作り方から何から何まで教えてあげるから。何せこちとら教えるのはこの道10年以上のプロだから。


・・で、ほんとに弟子希望がきたらどうしよう(^^;)。

この道10年以上

初めて先生をしたのが1997年。初めて会社を興したのが2000年。歳食うわけだ。

自分で書いてて衝撃受けるなぁ。

Willcom D4で出来ること

スピードは遅いですがほぼ定額でインターネットが使えます。よっぽど田舎でなければどこでも使えますので、家から持ち出してネットを見ることも出来ます。

ちょっと細工をすると、D4自体をルータとしてマリオカートをやったり、どうぶつの森をやったり出来ます。

何せ一応パソコンですので、パソコンとして出来ることは一通り出来ます。ただし激しく重いですが。

Java+NetBeansプログラムが出来ます。

なに、Javaはやだ?

じゃ、Visual C++ ExpressとDXライブラリで市販ソフトクラスゲームが作れます。

#DXライブラリは市販ソフトにも使われているので嘘じゃない。作者当人が言うんだからまちがいない(笑)

なんと!電話になります。付属ヘッドフォンマイクを使うとPHSとして使えます。通話料もかなり格安。相手がPCならばSkype無料通話も出来ます。

ほぼ忘れ去られていますが、なんとオートフォーカスつきの1.9MPixelカメラがついてきます。結構画質はいいです。

現行のPCOLPC XO解像度太刀打ちできる数少ないパソコンです。液晶もきれいですので書籍ビューワとしてはかなり最強です。バックライトを最大にすれば日照時でもきれいに見えます。

  • ワンセグが見られます

テレビチューナーがついていますので、どこでもテレビが見られます。

Bluetoothがついていますので、Wiiリモコンとつながります。つないでどうするという話しは、この際聞かない方針で。


ちょっとした制限を除けば非常に使いでのあるパソコンです。

ええと、

・・いいことないぞ、Willcom D4。でも、巷にあふれるNetBookよりはずっと電源当たりの性能いいんですよ、これでも。Windows Vistaが足を引っ張ってるだけで。あと、GMA500のドライバ気合いが足りない。チップの性能からはこんなしょぼいわけない。

しかし、なんですな。

投売りが始まっているってことは、XGP対応の次期D4がもうまもなく出るって事なんだろうな。まだまだ私はあと1年ぐらいはこいつと付き合う予定ですが、投売りされているうちに買うのが吉です。何せニッチなので、ほっとくと一瞬で手に入らなくなりますから。

JavaScript第5版、JAVASCRIPTクリックリファレンス第5版

同じオライリーJavaScript第2版は持ってるんだけど、いいだけ古いので買いなおしました。クイックリファレンスは面白いなぁ。こんな機能あったのか。ぜんぜん知らなかった。

38400円のWillcom D4の利点

そう! MS-OfficePowerPointまで付いてきます。まじめに使おうとすると重いですし、かといって、OpenOffice.orgで困ることはあまりありませんが、純正Officeとして見ると安いですよ。

お宅にも正規版で是非一つ。

プログラミング学習するなら

CocoaWPFも捨てがたいですし(環境依存だけど)、Air環境としては悪くない(ActionScript言語としてはいまいち動的言語にしたいんだか、静的型にこだわるんだかはっきりしろ)ですが、まぁ、順当に考えるとJava一択でしょう。

よくできたIDE(EclipseでもNetBeansでも)と、よくできたSwing(SWTはリークが怖いので好きじゃない)に、JIT掛かりまくりの高速実行環境。ついでにきちんと書けば環境依存だし、Java5で追加された拡張forとジェネリックコレクションがあれば、まぁ、ほとんどのことは困らないでしょう。

いまさらCでもないよね、とはランタイムがいろんな事をやっつけてくれる環境に慣れた人間の発想です。そりゃ、書けと言えばかけるけど(C自体はかなり長く使ってるし、OSカーネルはCに近い言語じゃないと難しい)、喜んで使いたくはないなぁ。

何より、Javaは非常にバランスの取れた言語なので、Javaを覚えればいろんな言語に応用が利きます。C#ECMAScriptにもすぐに移行できますし、オブジェクト指向に慣れ親しむだけでも得られるものは多いです。

とはいえ、組み込み向けゲームプログラマー養成するのにJavaってわけにもいかないよなぁ。いきなりC++STLから始めるのが良いのかな。C++意識しないとポリモーフィズムしないのが面倒なんだよね。参照(ポインタ)と実体が混在できてしまうし、オブジェクト以外の型を平気で使えちゃうし。

だいたい、組み込み環境でnewしまくって大丈夫なのかな? NintendoDSとか、ヒープは少なそうだしなー。それでも今時はワークメモリは多めか。

2009-08-23

Ubuntuで何が困るのか

用途をきちんと考えれば困ることはないよなぁ。

ましてや、今回の発想の原点として「パソコン世界を広げよう」というものがあるので、世界を広げるに十分な機能は備わっているわけだし(MIDIシーケンサだけ判らないな。あるのかな?)。

常用する環境としてUbuntuを渡してもいい気がしてきた。

Willcom D4最大の欠点

カメラが外向きに付いているのでテレビ電話として使えない。

……いや、どうせPHSでは帯域が足りないから使えないか。

Java日本語

昔、Java日本語クラスを作った(嘘、気がついたら日本語が混入していた)時、クラスファイルならそのまま動くのにjarにするととたんに動かなくなる問題なんてのがあって、日本語を使うのをさけていました。

そういや、あれ、どうなったんだろうなぁ、と試しに作ってみました。

public class 猫
{
   public void 鳴く()
   {
      System.out.println("にゃーお");
   }

   static void main(String args)
   {
     猫 三毛=new 猫();
     三毛.鳴く();
   }
}

JDK6とNetBeans6.5でjarを作ると、何とこれが動くんですよ! やー、びっくり。

ただし、jarファイル名は化けてた(というか、プロジェクト名に日本語を使うと「_」になるらしい)のが残念。

コードコンプリートに「猫」だの「三毛」だのが出ると何か和みますね。


昔は「ファイル名のエンコーディングの問題があるので、直接ファイル名になるクラス日本語を使うのはダメ。ただし、クラスファイル内のIdentifierは日本語もOK」と言われてたんですよね。これって、ただのバグだったのかなぁ(^^;)。

(追記)

同じこと考えている人がいました

そうか、全角でも「魁!男塾」や「モーニング娘。」はダメなのか。参考になるなぁ。

[]セラミックガール

やっと歌詞の意味が判った。

これ、恋に恋する女の子の歌じゃないんだ。

もっといろんな事に理想をもとめている歌なんだ。メタだなあ。

[]はてなと相性悪い

判った。よく書きかけの記事が消える理由。

ブラウザアクティビティの復帰のときにHTMLソースからドキュメントをつくりなおしているんだ。

だから、Javascriptで動かしている「新しいエントリー」で作ったフォームは消えちゃうんだ。

素直にフォームでやっているmixiアクティビティを跨いでも大丈夫だし。

その場編集モードやめようかな。

その場編集モードをやめてみた

なんか懐かしい。リンク元が見えるのも懐かしいなぁ。最近リンク元チェックしてなかったなぁ。

今日トライアル

ええと、割合何とかなります。新規で書き起こすクラス名や、メソッド名を打ち込むときだけ日本語IMEを使い、あとはCtrl+Space(コードコンプリート)押しまくり。

ただ、Overrideするメソッドをきちんとコンプリートしてくれないのはちょっと残念。せっかく@Overrideって書いてるんだから、それくらい察してくれよー。

あと、コンストラクタを作るときもコンプリートしてくれません。これは何か理由があるのかな?

ただ、Willcom D4ではコードコンプリートが出るまで数秒待たされるので、大変感性が磨かれます(not褒め言葉)。選択肢の数も多すぎ。非推奨のメソッドなんか出さなくて良いからさー。文脈による候補の選別もVisualStudioC#コードコンプリートよりは劣りますね。newの直後や、メソッドの引数の型に合わせるところはやってくれるんだけど。

凄く性能の良いマシンではそこそこ快適かもしれません。


そして発見

  • ○メインヴュー
  • ×めいんう゛ゅー

識別子に濁点はダメらしい。ディスカバリー

防滴メモリプレイヤーSound Look SDD-5000

512MByteのminiSDなら認識する。うーん、これはやっぱり1GByteのminiSDがおかしい可能性を考えるべきだな。

とはいえ、本体と合わせて768MByte。お風呂でのぼせるには十分な容量です。

わーい、何入れよう♪

2009-08-22

優しい人弟子になって下さい

かつて2chであったスレッドタイトルです。もちろん「弟子にしてください」の書きまちがいね。

基本スペックはこんなかんじ。

  1. 高校生
  2. 携帯から2chに繋いでいる
  3. 家は生活保護を受けてるので下手にバイトできない
  4. 地方
  5. プログラムを覚えたい

今ならどういうアドバイスが出来るかを考えています。

多分携帯を持っているってことは家族割引か何かで契約しているのでしょうがこれをe-mobileにしてキャッシュバック安価パソコンを手に入れるのがいいかなあ。

今時のネットブックならjavaを使うぐらい困らないでしょうし、Java6+NetBeansならいろんな人が弟子にしてくれることでしょう。彼が覚えたいのがゲームプログラムなのか、就職に有利になるためにDBをやりたいのか、はたまたクラッカー予備軍なのかは判りませんが、Java覚えて損はないですよね。


ハッカーは、どんな年からだってハッカーになれます。小学生だってハッカーになりますし、大手商社の総務課長がいきなりハッカーになったりもします。

でも、年若いうちからハッカーをやっていれば、仲間はきっと増えます。日がな一日IRCにたむろしているだけで(これが年を食うとできない。日中は忙しいの)、いらぬ知識はどんどん増えていきます。

ハッカーを増やしたいと常々思っている身としては、リアルOLPCの「彼」を作れないかとしみじみ考えるのでした。

小中学生向けパソコン教室(http://sites.google.com/site/pasokyo/)

いろいろ考えた末こんなサイトになりました。

実際の小中学校の情報教育リテラシーがどうなっているかは判らないのですが、ここでは「GMailを取って自分情報発信。怖い大人が来たら親に頼る」という基本スタンスで書いています。

小学生だからといってグローバル化の波からは逃れられないんだし、だったら積極的に立ち向かう、積極的に利用するという方針は必要だと思っています。

小中学校の現場を知りたいなぁ。

Ubuntuすげー

しかし、「ネットブックを買ってインターネットに出られるようにする」というその一点だけを目指して書いていたのに、なんとWindowsの面倒くさいことか。あと、プレインストールソフト微妙に偏ってるのも気になる。ムービー編集ソフトがおまけで付いてくる割にはオフィススイートがなかったりして。フォトレタッチもできないしなぁ。

そう考えると、Ubuntuは凄い便利です。ほぼ何も考えずに使えますし、セキュリティも大きく気にしなくても良いし。

とはいえ、E-mobileを前提にしている以上「Ubuntuライブイメージで全部やっつけましょう」とはいいがたいしなぁ。

E-mobile代理店に話を聞いた

ええと、

  • アシストMAXを下手に使うより、1円のモデムを買ってPCは自前で買った方が安上がり(計支払額が47500円になるらしい)
  • というか、H11LC(モデムにもなる数少ない音声端末)は、場所によってはアシストMAXの対象にならない

大変正直だ、E-Mobile(^^;)。だったら100円でPCが手に入るとか言わなければいいのに。

モバイルインターネット端末

まてよ、この際電話として使うことを考えなければWillcom D4Lが割賦で59300なのか。で、通信料が2900円だから、e-mobileの4980円よりもトータルで見ると2年で4万ぐらい安いのか。そう考えるとWillcomがんばってるな。

えー、でもなー、一般人(それも子ども)に最初のパソコンとしてWillcom D4は進めづらいなぁ。いや、良いパソコンなんだけど、いかんせん癖が強くてなー。

PC+PHSの小型端末

考えてみると、一条理希の「ネットワーク・フォックス・ハンティング(isbn:9784086132176)」に出てきたギミックそっくりなんだよな。電池の持ちが悪いところまで。

主人公の少年は小学6年生かぁ。使えるかなぁ、小学生

ソフトウェアとしてのパソコンハードウェアとしてのパソコン

最近Unixサーバー案件なんてのを仕事でやっています。とはいえ、本番サーバーをほいほいと触るわけにもいかないので、まずはローカル環境で動かして、うまくいったらスクリプトをftpでたたき込むという流れですね。

手元で使っているUnix SystemとしてはUbuntu 9.04。PHPApacheのそこそこ新しいのを使いたかったという理由もありますし、開発資料がExcelシートで届くので、OpenOffice3.0を使いたいというのもあります(ほんと、MS-Officeとの互換性に関しては2と3ではかなりの差があります)。ただ、もとからUbuntuだけしか入っていないノートPCなんてのはないので(デスクトップならある)、WindowsVista上のVMWare Player上で動かしています。CoLinuxも試したんだけど、特定のサービスを使おうとするとはまるのであきらめました。

普段はUbuntuの上のコンソールやNetBeansで開発を行っていますが、調べ物をするときにFireFoxを立ち上げては「はたしてこれはどっちだったかな」と悩んでみたり、文章を打ち込もうとして漢字変換のキーバインドで混乱してみたり、まぁ、いろいろと混乱しています。

なにせ、仮想マシンのくせにUbuntuがほぼ快適に動くんだもんなー。ゲストOSが快適だと、自分がどっちを使ってるんだか判らなくなりますね。


先の小中学生向けパソコン講座の話は、あくまで「ハードウェアとしてのパソコン」にこだわっています。所有すると言うこと、所有することによって世界が広がると言うこと。はじめて買ってもらった自転車のように、どんどん広がっていく世界をそのハードウェアに仮託して成長しようと。

でも、総務省の平成20年「通信利用動向調査」によると、インターネット世帯普及率は75%と非常に高く、いまさらモバイルインターネット端末なんか整備しなくても、家でネットぐらいできるというか。

ぶっちゃけ、8GByteくらいのUSBメモリUbuntuGRUBごと入れておいて、直接USBから起動させたり、VMWareVirtualBox経由で起動させても自分だけの環境ってのはできあがるんですよね。

ましてや、今回はGMailGoogle sitesネットワークサービスの中心においているので、ローカルファイルを置いておく理由がほぼ無いというか。

そんなとき、このUSBメモリ思い入れることはできるのかとちょっと考えます。小さな親指大のメモリ自分世界のすべて。このメモリ自分の生きた証であるという所まで思い入れられれば、無理にハードウェアにこだわる理由ってないのかなぁ。

今になって、Sugar lab.の人たちがSugar on a Stickを作った気分が判ってきました。確かに、いろいろ足りないとはいえ教育環境はそろってるもんなー。ROMじゃないからカスタマイズし放題だし、Journalも残るし。

書籍付録USBメモリをつける事ってできないのかな?8GByteで原価1000円って所か。うーん、嫌がられそうだな。

クラウドOSはさすがにまだ早いか

Google Docsを結構使っています。だいたいはメモ帳代わりなのですが、書いたものをAndroidで見られるのが重宝しています。

で、WritelyとSpreadSheetとPresentation(Formってのもあるんだけど、使い道が判らない)が使えるのなら、印刷品質が激しく悪いという欠点を除いてOpenOffice.orgインストールしなくても良いような気がしてきました(OpenOffice.org印刷品質は決してよくはないけど。日本語フォントで半角英数字を出したときの汚さと来たら……)。

ようはあれだ、ChromeOSをUSBメモリに入れておけばほとんどの場合困らないと言うことかな?

いやいやまてまて、ChromeWindows実行ファイルUSBメモリに入れておけばそれで良いのか? どうせメールGMailだし、いろんな書き物もGoogle Docsで何とかなるし、デスクトップショートカットの代わりにiGoogleをヴィジェットでいっぱいにしておけば必要な機能はまかなえるな。

できないのは……Javaによるプログラムの開発か。この際JavaはあきらめてJavaScriptの出来のいいIDEJavaScriptで作れば何とかなるのか。ブラウザ上で、ブラウザで動くプログラムを作る、と。なんかそれでいい気がしてきた。

さすがにできないことはいろいろあるなぁ。フォトレタッチも、サウンド関連も、3Dレンダリングブラウザだけじゃどうにもならないな。やっぱり、UbuntuUSBブート、もしくはVMWarePlayer経由だな。Windowsとなんかちょっと違うという所も、まぁ、気にはならないと思うし。

2009-08-21

防滴メモリプレイヤーSound Look SDD-5000

渋谷ヤマダ電機ワゴンに積まれていたので思わず。SDメモリを刺してメモリを増量できるのが楽しいです。うちにあった1GByteのminiSDはなぜか認識しなかったけど。

0.3W+0.3Wのアンプの割には音が良いのが良いですね。昔使っていた防滴CDプレイヤーは悲しくなる音質だったからなぁ。


ともあれ、長風呂の友です。痩せるね、多分。

2009-08-20

[]夏への扉(isbn:9784152090591)

ロバート・A・ハインライン

おもしろかった。後半、タイムマシンが出てきてからの怒涛の展開はやっぱり燃えますね。でも、「おそうじガール株式会社」のロゴは記憶と違ったなぁ。福島まさみ版の描写を確認したいんだけど、どうにも見つからない。実家かな?


そうそう、新訳でやっと分かったギミックが一つ。「トーゼン・メモリー・チューブ」という制御機器がかなりの頻度で出てきますが(新訳では「トーゼンチューブ」)、これ、連想記憶を司る「真空管」なんですね。チューブって言うからどんな筒だろうと思っていましたが、ばんのうフランクジェニーに見せるときにチューブプログラムを入れてばんのうフランクに刺すという描写でやっと分かりました。CPUメモリが混在しているようなイメージかな。なるほど。

[]夏への扉(isbn:9784152090591)

結局母親に送った。読んでくれると良いんだけど。

[]きみといると(1)

かがみふみを

エロまんがを書いているとは信じられないじれったさ。すばらしい。読んだこと無いけど>かがみふみをエロまんが


昔話をちょっと。

大学時代、山奥にある大学に通っていました。山奥なので自動車は必須。なので、家に無理を言って一台譲ってもらいました。

大学のある街から実家までは結構な距離がありましたが、うまい高速道路がなかったのでえっちらおっちら国道を下っていく羽目になりました。

で、ある年、道ばたのファミレスに入って食事を使用としたとき、たまたまバイトとして新人で入ったばかりらしき舌足らずの女の子が給仕をしてくれました。あまりにその舌足らずで必死な姿に萌え、実家に帰るたびにそのファミレスに入っては、その子がいたりいなかったりということを繰り返していました。

そんな1年後。はたしてその子は給仕に入っていました。そして、あろう事か後輩らしき新人に仕事の仕方を教えていたのです。

わずか1年でここまで成長するものだなぁ、と感心しながらしみじみと見ていたのですが、それ以降彼女を見ることはありませんでした。これはあれだ、卒業しちゃったということですな。

数ヶ月に1回の楽しみは、もろくも崩れ去ってしまったのでした。

人生モテ期

なんかよくわからないけどもてる時期ってのがあるようです。ご多分に漏れず、私にもモテ期があり、ばっちりモテ期を浪費していました。


多分、第1のモテ期高校時代だったと思います。ほぼ男子校の中で、クラスでは超地味な学生を演じていましたが、一歩外に出るとそれはそれは華やかな生活を送っていました。部活動はいくつも掛け持ちし、そのそれぞれに活動結果を残し、その上校外の人たちともつるんでいたり、ボランティアをやったり、ボーイスカウトの指導をしたり、まあ、なんというかアクティブでした。その上ゲームをマシン語で作ったり、小説を月産100枚以上書いたり、イラストボードに水彩を描いたり、よくもまぁ時間があったものです。

特に、図書委員会の学外での集まりは非常に盛り上がりました。文学少女文学少年は良く語るんですよね。いくら話しても終わることがない無駄話のまま、高校3年間は過ぎていきました。もちろん、男性もたくさんいましたし、女性もたくさんいました。

ただ、自分に惹かれて集まっているわけではないと思っていました。単にまめだったんですな。連絡するときにも中心的に折衝したりとか。

で、事務処理と様々な読書の合間合間で毎日が過ぎていったのですが、高校卒業してからだいぶたって、弟に一言言われて衝撃を受けました。「だってにーちゃん、もてもてだったじゃん」

……モテモテ……だったのか。しまった。適当女の子に当たりをつけておけばよかった。メンヘラが全体的に多かった気がするけど(^^;)。そりゃ、文学少女だから。


二度目のモテ期は自覚あります。でんでんネット管理をやっていた頃ですね。

山形大学の地域貢献の一環で、モデムtelnetログインできるBBSシステム「でんでんネット」を立ち上げていました。初代管理者の師匠と、二代目管理者の先輩と、三代目管理者の私でまぁ、いろんな事をしました。

そのころ、無駄に広く、多少騒いでも誰からも文句の来ないアパート(倉庫の2階)にすんでいた私は、暇さえあれば全国各地から人を集め、アパートに泊めては馬鹿騒ぎをしていました。あの頃は、確実にいろんな人にモテていたと思います。

ただ、当時常時インターネットに繋がる環境を持っていたのは工学系の大学生ぐらいだったので、ことごとく男性ばかりでしたが(笑)。男性にもてても恋には落ちないなぁ。


三度目のモテ期ははじめて専門学校先生を始めた頃です。学生よりもちょっとだけ年上で、その代わり経験と知識だけはなぜか山のようにある(伊達に大学に長くいた訳じゃない)という状況だった私は、それはそれは学生にもてました。授業が終わると大挙して学生が押しかけてきて、さんざんなついていました。今でも多く連絡が取れる学生はこの世代ですね。

ただ、当然のことながらゲームプログラマーの卵はほとんどが男性でした。恋の花咲くわけもなく。


というわけで、人生モテ期無駄に過ごしてきた自分は、女の子にちやほやされるってどういう気分なんだろう、とか思いながら妄想小説を書いたりするのです。

牧場の思い出

死ぬ間際の走馬燈のようにいろんな事思い出すよ(死ぬな)。


大学時代、なぜか夏休みのたびに牧場に泊まり込んで牛・馬・畑の世話をしていました。だって見つけちゃったんだもん、そんな求人票。

牧場の側でも、求人票を出したは良いけどまさか来るとは思っていなかったらしく、いろいろすったもんだ合った末、結局厩の2階の寮の屋根裏部屋をあてがってもらいました。

はじめの年は人生師匠として今でもあがめているSさん(なのに連絡先が判らない……)の下で馬の世話を。2年目は1年目の経験を生かして馬と牛と畑の世話を。特に畑は私がいるといないとでは生産性が全然違うらしく何かといってはかり出されていました。

3年目は北海道まで足を伸ばして、役所の斡旋をたどったり(ダメでした)、知人のところに潜り込もうとしたり(ダメでした)、結局親戚に頼んで酪農牧場に一夏泊めてもらいました。お金もらうつもり無かったけど、いちおうお給料もらったっけ。懐かしい。で、このお給料お酒を買って牧場に送ったら届かなくて戻ってきたという(^^;)。連絡先が足りないなぁ。いろんな意味で。

牧場に行くのはいろんな意味で難しいけど、当時の記憶をたどる旅ができればと思っています。時間さえあれば。

嗚呼、デスマーチ(;_;)。

2009-08-19

[]夏への扉

違和感ないなー。きちんとレトロフューチャーで現代風。

良い訳です。

2009-08-18

文化女中器->おそうじガール

ハインラインの「夏への扉」の新訳の話です。読んでるよね、これくらい(すみません、読んでません。「アンブロークンアロー」すら買ってません。ごめんなさい早川さん)。


それはさておき。

「文化女中器」のロゴはグラマーメイドさんがモップを持っているような描写だったと思うのですが、「おそうじガール」だとどうかなぁ。

リッキィはやっぱり萌な描写になってるのかなぁ(そこかい)。

そういえば、「メイド」は大丈夫なのに「女中」は放送禁止用語なのね。ビックリ

本屋に行ってきました

次買えるのがいつになるかわからないのでたくさん。

いつ読めるかな。

[]星間商事株式会社社史編纂室

三浦しをん

面白いなぁ。一気に半分ほど。続きが楽しみ。

Java好きですか、それとも死にますか?

Love Java or DIEの直訳(嘘)。


Flashが貼られてあるページは珍しくないのに、JavaAppletが貼られてあると激しく嫌がられる今日この頃。やっぱり、JRE6u7くらいまでの印象が強いかぁ。JRE6u10以降の今ならさほど気にならないと思うんだけど。……いや、それでも最初の1回が強烈に重いのは変わらないか。クライアントサイドスクリプト技術では一番便利なんだけどなぁ。

あちこちのページに無駄に貼って嫌がられてみようかなぁ。

それにしてもLarrabeeでないねー

夏には出る予定だったのでは?

DellドスパラCore i7と組み合わせたのが出たらほいほい買う予定だったんだけどなぁ。

[]星間商事株式会社社史編纂室

三浦しをん

面白かった。「ロマンス小説の7日間」と構造的には似ているのですが、作品の出来は段違い。修羅場で2冊本を作りながら、社会に小石をちょっと投げるという展開は良いですね。三浦しをんロマンチックBL(へたれ親爺受け)が読めますよ。

面白かった(大事なので2度いいました)。

[]アンブロークンアロー

神林長平

あーあ、読み始めちゃった。

しかし、「グッドラック」で何があったか微妙に思い出せない。初代「戦闘妖精雪風」はボロボロなっちゃってもう3冊目だってーのに(だから「改」しかうちにはない。横山宏版のイラスト、もう一度見たいなー。エンジンの下まで伸びてる垂直尾翼:ベントラルフィンなんだよね。あれ、着陸する時折たたんでたのかなぁ?)。「膚の下」も「永久帰還装置」も最後まで読めてないから、まずはそこからリハビリするべきだなぁ。

2009-08-16

[]とうとうEclipseすらもmicroSDに追い出される

順調にHDDが減ってきた(スワップファイルが作れないとか文句言われる)ので、

というアプリをmiceoSDに逃がしました。そのけっか、かなりの頻度で使っているEclipseですらもmicroSDに……。OpenOffice.orgは逃がすとまずそうだよなぁ。

次はNetBeansIDEかな。

Air Cell付き肩紐

最近、重いパソコンをあちこちに持ち歩くことが増えたので、昔使っていたカバンを発掘して使っています。

そのカバンに使っていたAir Cellの肩紐(http://d.hatena.ne.jp/Florian/20050414/1113447436)のCellが全部つぶれてひどいことになっていたので、新しくかいなおしました。

まぁ、4年も使えば痛みもするかぁ。

[]OpenWnnフリック対応版

こっちの方が使える!予測変換が微妙に便利。

しばらくsimejiから変えてみましょう。

[]Canvas雑感

特に最後重要です。lockとunlockが暗黙的に行われるので、メソッド内で描画を完結させないといけないんですね。描画は見た感じ思ったよりも速いです。これはFireFox3.5の最適化が効いている所為かな。

あと、驚いたのが

  • 文字がかけない

ただ、バージョンによってはかけるらしい。なんと!FireFox3.5以降専用とするべき・・じゃ、まずいよなぁ、やっぱり。

[]どんどん待避

しかし、全然空いている気がしないのはなぜだろう。

2009-08-15

[]ディプシリン

飯田和敏だったのか。期待してたんだよね。

しかし、インタビュー電波っぷりはさすが天才

javascript苦手を克服する

Javaは普段から使っていますので、得意と言ってもいいとおもいます。

phpも割合手足のように使えます。pythonもそれなりには使えると思います。

でも相変わらずjavascriptは苦手です。言語として苦手というよりはdomが苦手なんだろうなあ。

とりあえずお約束ゲームでも作って慣れるしかないかなあ。

dom微妙ゲームに向いて無いんだよね。

全画面を占有するゲームなら違和感ないのかなあ。


あ、それこそcanvas使えばいいのか。

よし、調べよう。

2009-08-14

ナッツギッシリ確かな満足

一日の食生活

足りない分のカロリーはチョコレートで補っています。260kcalもあるとしばらくは持ちますね。

体が省エネモードに落ちてしまう(=だるくなって指を動かすのも面倒)と、作業に影響出るしなぁ。


栄養的にはカロリーメイトx2で概ね足りてるはずですので、偏った植生活というわけではないですよ、念のため。

Stavatti AEROSPACE(http://www.stavatti.com/)

こんなところにニューコムが(^^;)。スケールコンポジットも大概凄いけど、これもなかなか……。ターボプロップにこだわってるのも面白いなぁ。

2009-08-13

はてなキーワードフレームバッファの説明はあんまりだ

フレームバッファというのは単にハードウェア構造のことをさすのであって、linuxにおける仮想フレームバッファはそのインターフェースなだけなんだけどなぁ。

あたかも

のように見えちゃうのはまずいと思う。かと言って、書き換えるのはなんか書いた人が粘着そうなので(偏見。単にキーワード書き換えの回数が多いので、自信を持って間違いを書いているんじゃないかという想像)はばかられるなぁ。

2009-08-12

HRP-4C未夢のウェディングドレス姿(http://robot.watch.impress.co.jp/docs/news/20090724_304693.html)

いささか旧聞には属しますが・・。

桂氏は、出演が決まるとすぐにドレスを持ってつくばに行き、HRP-4Cに着せてみたという。その結果、最近流行背中を出したようなセクシータイプドレスは着られないことが分かったそうだ。メタリックのボディを隠すため、必然的に、ハイカラーで長袖のデザイン。

わかってないなー。

メタリックなボディがドレスの内側から漏れるのがいいんじゃん。絶対インパクトあったって。

しかし、

ステージ上手に戻る際、未夢が肩越しに振り返ると観客席からどよめきがあがった。

見てみたかったなー。産総研のモーション担当の人はしてやったりという感じだろうな。

[]HT-03Aもう一月

時がたつのは速いものよのぉ。デスマってるからね(ぉ。

おおむねレンダリングは綺麗なのですが、特定の文字で妙なバランスです「町」とか。

でも、どのサイズでも綺麗に見えるのは、アンチエイリアシングベクターフォントがうまくマッチしているからですね。

接続/不接続を意識しないと言うことは、つまり常時接続と変わらないということで、ブラウザを開く際の心的障壁がかなり薄れます。またブラウザが非常にいいレンダリングをしてくれるので(唯一苦手なのがmixi。幅が足りない)、ほぼストレス無く見られます。

AJaxもかなりがんばって解釈します。SquielFishじゃないんだよね、これ。

  • 電池はまあまあ持つ

なんとかヘビーに使って1日持ちます。1日持てば上出来。miniUSBでどこでも充電できるし。

いや、正確に言うと、変換や予測変換自体は何も悪くないのですが、ソフトキーボードの反応がたまに微妙なので、マシンガンのように打ち込むには向いていません。取りこぼす(チャタリング防止なんだろうなぁ)事や、行き過ぎることは日常茶飯事です。CP/Mのような感性を磨くゆったりさ加減が重要です。

Simejiはラージ辞書でも私の語彙には太刀打ちできませんでした。残念。オンラインで変換してもほとんど違和感がないのはさすがなんですが。

FireFoxなどのGoogle Toolbarブックマーク共有機能はGoogle Notebookデータを流用して実現しています。で、このGoogle NotebookAndroid用にきちんと最適化されたページがあります。なので、ローカルブックマークはまったく使っていません。目的のページに行くのにリストから2ステップかかるのはちょっと残念ですが、通信が速いのでさほど重くもないので、ま、いいかな。

  • NoteMe使える

メモソフトはたくさんあるのですが、私のようにフラットに書き殴る向きにはNoteMeというアプリが一番しっくり来ます。1ドキュメントタグを複数もてるのが便利ですね。この全データをどこかオンラインにとっておいて、PCなどにバックアップ取れれば尚いいのですが。SDメモリーカードファイル単位エクスポートできるから、運用上はさほど困らないですけど。

  • Twidroid使える

元はTwiddgetといヴィジェット経由のTwitterクライアントを使っていたのですが、あんまりヴィジェットを貼るとホームメニューを開くのが重くなるので単体アプリ版のTwidroidを。

でも、これもデーモンアプリとして裏で動いているらしく、リプライとかあると通知してくれます。

  • Calendar使えるけど、何でToDoないの?

CalendarはGoogle Calendarといつの間にか同期しています。相変わらず繰り返しが1回多いというバグはありますが、非常に便利です。これ、Windows MobileとExchangeでも同じ感触だったんだろうなー。Exchange無い環境Windows Mobile使ってるとありがたみが薄いし。

しかし、なんでToDoないんだろう?

電車YouTubeが見られます! 個人的にはワンセグよりもずっと使える機能です。

たとえば「デイリーポータルZラジオ」なんかを聴きながら移動できます。そりゃ、YouTube見られるんだから、128kbpsくらい余裕なんだろうけど。

これでWMA/WMVが使えるのなら放送大学の友として活用できるんだけどなぁ。放送大学オンデマンド配信(ストリーミング)はWMA/WMVなので。

再生順がおかしくなることもなくきちんと使えます。USBストレージとしてmicroSDマウントできるので、どこでも音源の入れ替えができてこれも便利。iTunes自体は良いアプリだと思うけど、iPodには1カ所からしかつなげないのは不便です。

  • 滅多に使っている人がいない(^^;)

まず街で見かけません。素人さんが触って困るWindows Mobileと違って何も知らない人でも使える良い端末だと思うんだけど。むしろ、既存の携帯に慣れ親しんでいる人から見るといろんなものが足りないかな。

携帯だと思っちゃダメですね。通話もできるただのインターネット端末、これがHT-03Aの正体です。メールもできますよ、GMailなら。

誰かお友達になってください(笑)。べんりなのかなぁ、Google Talkアプリ

  • Skypeはちょっとした連絡に役立つ

もちろん音声通話機能はついていませんがIMとしては使えます。


総じて満足です。長文打ち込まない限りは不便することはないです。いや、PDAで長文打ち込む私の方がおかしいというのは判ってます。はい。メモ帳にだって長文書いちゃうような人なので。

OpenWnnでフリックに対応させれば長文でも困らないのかなぁ。というか、どうやってインストールするのだ?(忙しくて調べられてないらしい)

[]Simeji

なるほど、最新版のSimeji3はOpenWnnのエンジンを使って変換するんですね。これは使える。その上、キーの反応が微妙に良い。しばらくはこれで長文を打ち込んでみましょう。

しかし、横画面にしてローマ字で打ち込むのが妙に快適なんですが、画面がまったく見えないのが玉に瑕。あと、長音記号を打ち込むのに手数がかかるのもちょっとなー。一長一短ですね。

2009-08-11

Android組み込み向け拡張プラットフォーム(http://monoist.atmarkit.co.jp/fembedded/news/2009/08/11oesf.html)

来た来た。遅すぎるくらい(過去予言:http://d.hatena.ne.jp/Florian/20071114/1195050776)。

STBDLNAは今の電話機の延長線上なので面白くないですが、UserInerfaceはかなり面白いです。

あちこちにDalvikが組み込まれて有機的に動作する日は近いですね。通信はやっぱりPLC経由になるのかなぁ。

2009-08-09

[]Lupin The Third DANCE & DRIVE official covers & remixes(http://natalie.mu/news/show/id/19500)(asin:B002EBDNMA)

おお、豪華。i-depQ;indiviCOLDFEETかぁ。

炎のたからものやサンバデスペラード(カリオストロの城のオートジャイロのシーンの盛り上がる曲ね)など、いい感じにツボを抑えています。

楽しみー。

サイト移転しました(http://sites.google.com/site/117florian/)

いままで、swikiのサイトとして運営してきましたが、思うところあってGoogle Sites移転しました。以降、こちらをちまちまと更新しますので、気分が乗ったら見てやってください。

あ、ブログは変わりません。いまさらはてなから移ってもね。

2009-08-08

(リマインダー)ベトナムにホビロンを食べに行くぞ!

定期的に言います。家族の賛同を得られないのが寂しいところ(スパイスダメらしい)。

一人でも行くぞ! おー! この先3年ぐらいの間には(^^;)。

ニチブツ音源を見つける

伝説になっている割にはゲーム的にはたいそう微妙だった「戦え!ビッグファイター」を検索していてニチブツ音源をいろいろまとめたところを見つける。

これ、ビッグファイターテラクレスタ国内盤以外はサイトロンゲームサウンドニチブツからじゃないのかな。曲のつながりに聞き覚えがある……けど、レジオン聞き覚えないかも。子連れ狼はどこで聞いたんだろ?

2009-08-07

今日YAML

ハマったハマった。特に空改行。途端に読まなくなるんだもんなー。

[]Gnomeファイルブラウザjarの関連づけ

なんと「書庫マネージャ」でした。いや、確かにpkzipだけどさ。せめてjava実行に割り振ってくれても罰は当たらないのでは・・。

[]卒業研究の話(http://d.hatena.ne.jp/Florian/20090802/1249223727)

標準化されたスケール、いいですねぇ。

<そうそう! 先生がつくっちゃえ! 日本初だ!

日本一、すなわち、世界一ごわす。……という伝説的台詞を思い出す今日この頃

学部の学位論文世界が動くとも思えませんが、自分の周りという小さい世界でも少しかえられればとは思っています。

と、いうのも、

研究が皆無とは以外ですね。検討しなくても売れてるんだー!と絶好調な市場

ということなんでしょうね。

ここなんですよねー、腑に落ちないのが。

ゲーム業界は一時期のマーケティング偏重な流れも薄れてきて(マーケティングしたものは、あんまり売れなかった)、わりあいみんな検討するのをあきらめちゃったんじゃないかという節があるのです。

ゲーム業界もいいだけ長いので、過去リメイクと続編だけで食べていける時代になり、面白いとは何かをまじめに考えることが減ってきている気がします。そんなくだらないことを考えるくらいなら、ありものを組み合わせてゲームを作った方がなんぼか売れるというか。

ゲームしたあとに人格が変わっていたら面白いだろうなあ

(ふとどきですね、ごめんなさい)

現代社会において、統一的で力動的な人格という物語を想定するのは難しいですよ(と、早速習ったことを使ってみる)。

与太話はさておき、人格ペルソナの一種として考えるのであれば、ペルソナを構成する経験呈示できるだけでも成功ですね。よく使う「やくざ映画を見た後は肩で風を切って歩く」というたとえに象徴されるように、ゲームもリアリティを持った経験の一種として受け取れるのであれば、十分測定の価値はあります。

ちなみに、ゲーム嫌悪派の「人格に影響あるからダメ」という言い方は一種的を射ていて、小説や映画よりもゲームの方がずっと影響あるのは確かです。ゲームはリアリティに対するメタレベルでの理解を要求しますから。ちなみにこの意味では、プログラミングや数学の方がもっとメタ理解を要求しますが、数学をダメという話は聞いたこと無いですね。

評定者が必要でしたら、協力しますので、気軽に御連絡を〜。

被験者だと、ハズレ値をたたき出すか、年齢のSDをあらぬ数値に

しちゃうと思いますので(苦笑)

年齢はさておき(^^;)、被験者をたくさん募る予定はありますのでふるってどうぞ。フリーゲームとして宣伝すればゲームに飢えた層が引っかかるだろうし。

問題はサンプリングに偏りができること。この際仕方ないか。

おもしろいの定義・・・・・・

うーん、実験を用いるとゲーム前後でストレスが減る、抑うつが減る、不安がへる(これは標準化された尺度がある)。

目的と理由を取り違えてはいけないと思うのですよ。「ストレスを減らすために」ゲームを遊ぶのと、ゲームを遊んだために「ストレスが減った」は因果関係が逆転しますし、本当に面白いゲームは、実は凄いストレスを要求します。

なので、「面白い」を軽く定義するとひどい目に遭いそうな気がします。なんとなく。

何より、仮説がさくさく棄却されたときの衝撃を今のうちに構えておいた方がいいかなーって気がします。ほら、一応クリエイターなので、仮説は今まで使ってきた方法論そのままですから。

2009-08-06

[]ビデオの貸し出し

一部学習センターで放送講義ビデオを貸し出してくれます。CDダメ。その場で聞く必要があります。

それを踏まえた上で今日知った衝撃の事実

  • 全科生じゃないと貸し出せない
  • 履修科目だけしか貸し出せない

なにゅー。危うく「音楽理論の基礎」借りるところだったよ。

[]Philharmonique

Q;indivi

ああ、いいなぁ。

こっちのTuftはパッヘルベルカノンですね。うそ。tuftはIvyに2曲入っています。このアルバムに入っているクラシックネタは「Love You」のメヌエットです。この微妙クラシック趣味がCelebrationに結実していると考えるべきでしょうね、やっぱり。いいぞ、もっとやれ。

Gnome以外のXアプリ

普段Gnome環境Ubuntuを使っていると、Gnome以外の環境を忘れてしまいそうです。

KDEQtとか、CDEのMotifとか、OpenLookのOLTIとか(古いよ、何となく)。GTK+アプリだけでおおむね事は足りるんですけどね。JavaFirefoxと、後はターミナルが動きさえすれば。

そういえば、OpenOfficeってヴィジェットセットに何使ってるんだろ?


で、調べてみると、KDEのむやみなアプリの充実っぷりが目立ちます。ブラウザは言うに及ばず、オフィススイートまで自前なのか。やるな、KDEQtはなかなか好きなツールキットだったのですが、Windowsで使うのが面倒くさくて触るのやめたんだよね。とはいえ、GTK+はもっと触れてないけど。GTK+の「Cで無理矢理オブジェクト指向」を一度きちんと見てみたいんだけど。

まぁ、オブジェクト指向ってのは設計技法のことであって、言語自体をさすものではないんですけどね。それを言い出したら、Win32も、OS/2 PMも、Motifもオブジェクト指向だし。

……しかし、Win32息長いよなぁ。もうそろそろネイティブから足を洗ってもいい頃なんだけど>Windows

[]Celebration(asin:B0029IC536)

素敵な幼女のジャケットです。


……じゃなくて。

「弦楽セレナーデ」以外は元ネタが判りました。

「これ(トゥーランドット)って、歌劇「誰も寝てはならぬ」だよね?」

「荒川静香でしょ」

そっちか!

2009-08-05

Willcom D4バッテリー切れ

鞄の中で電源が切れてなかったらしく、約500gのレンガを持ち歩くような羽目に。

こんな日に限ってアダプターも持ってなかったり。

いざという時に役に立たない間の悪さはさすがのD4です。

hotmail に届いた

ocnからなら大丈夫らしい。

ともあれ良かった!

なぜGoogle DocumentsはGoogle Filesじゃないのか

sitesで同じ事ができるから。

……でもなー、装飾や文章構造情報がすっぽり抜け落ちるので、Google Documentsをプライマリにできないんだよなー。OASIS準拠もいまいちだし。

ファイルはそのまま+プレビュー可能(もし書き換えるのなら情報が落ちることを覚悟)くらいなら使いやすいんだけど。とくに印字フォントの質がなー。画面上だと気づかないんだよね。

なぜMS-Wordを使わないのか?

持ってないから(笑)。

いや、所々入っているマシンはあるにはあるのですが、「パソコンが足りなくなって買ったDellノートのおまけ」とか「いらないけどついてきたWillcom D4」とか。D4のは本気で邪魔。1ギガ以上空くのならアンインストールしたいぐらい。

普段はOpenOffice.orgですが、起動が微妙に重い以外はさほど不便さは感じません。特にUbuntu9.04上の3.0はUbuntu8.04の2.4よりもずっと快適です。マクロをそれっぽく動かしてくれるんですよね。Windows上ではどこも3.1。最近セットアップしたマシンには完備されています。

文書を人に渡すときに、「なんでPDFなの?」と言われることはありますが、そんな訳なのですよ。

標準開発セット

はっきり言って、普段の開発でWindowsにこだわる理由はあまりありません。あ、最近DoJaとBREWの開発はしてるから、そのエミュレータは必要か。

それこそ、Linuxだろうが、Macだろうが普段は困りません。サーバーアプリを作る分にはLinuxの方が便利なくらい。

でも、VMWarePlayerを使っているときに感じるあの微妙違和感の正体はなんなんだろうなぁ。

[]Celebration

名盤。すばらしい。

何となくおめでたい歌詞がついているらしいですが、聞き取れなくても全然おっけー。天下の名盤「Water -for relaxing time-」「Shine -for high time-」(両方とも「花と太陽と雨と」のサウンドトラック)に匹敵する素敵アレンジです。

[]Ivy

これも名盤。come babyやPart of my worldやTuft(バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」のアレンジの小編)など、名曲盛りだくさん。

Q;indiviはいいなぁ。

VLゴシック好き好き

思わずWindows上で標準フォントにして使っちゃうぐらい好き。

でも、たまに妙なバランスの文字があるのはなんなんだろう?

DAISHI DANCEイベント(http://www.hfweb-blog.jp/dj_daze/archives/dj_schedule/)

いーきーたーいー。

その日忙しい(上に締め切りが近い)ので、どうせ無理だけど。

2009-08-04

OpenPandora(http://www.redstar.co.jp/pandora.htm)

売ってるー!

値段もそんなに高くない。

この際、日本語化されていないのはささいなこととして(どうせUnix system)、電源その他が日本で使えるのかは非常に気になります。あと、無線LAN必須だよね、やっぱり。

面白いゲームは定量的に計測できるのか

全国100万の(多すぎ)ゲームクリエイターの夢です。

作っているうちにわかんなくなるんですよね。これって面白いのかどうか。これが測れればどれだけ楽かと。

アプローチとしてはいろいろあって、

  • 生体観測法
  • 観察法
  • 試験紙法
  • 内観法

最後の内観法は「面白かったですか?」と被験者に聞く方法です。もう、明らかに観察者にスキルを要求する無理のある方法です。とはいえ、ゲームは割とそれ以前の人生の文脈に位置づけられる芸術なので、それを遊んだときのプレイヤーの状態にばっちり影響を受けるんですよね。わかりやすいところではそこまでの人生で得た知識とか、表から見えづらいところでは直前の気分まで。

いくらナチュラルな気分で遊べと相手に言ったところで、ねぇ。そりゃ、私はゲームに対して失礼という意識があるので現世の汚れや気分を一度リセットしてからじゃないとプレイできませんが、そんなかしこまった方向に世界が流れている訳ではないのは衆目の一致するとおり。

やっぱり、観察法(プレイ中の動作をいろいろログを取る)か試験紙法かなぁ。


そういえば、ゲームだけではなくたとえば物語芸術に対する研究って無いのかな。映画とか小説とか。絵画や音楽でもいいな。きっと何らかのルールはあると思うし、それを検出する方法もあると思うんだけど。

[]ToDo自分

まずは基礎を固めないと。試験的には取れちゃってる気がするので、なるべく早くに。

[]海外貢献をどの程度考えてるのか

放送大学大学です。当たり前ですが。

なので、カルチャーセンターのように使うことはできませんし、小学生が見てすぐに役立つことも少ないと思います。

でも、衛星放送経由で日本の放送を見ている大陸系の人たちが(見られるよね?)、どの程度役に立っているのかは判らないですよね。政治的なところとは無関係な、そうだなー、生物学とかそんなところを必死に覚えた日本語で毎週追いかけている台湾の人なんてのを想像するとちょっと楽しくなってきます。

海外放送大学(Open universityというらしい)とは交流あるらしいんだけど。


今度やる放送大学神奈川キャンパス学園祭フェスタ・ヨコハマでフォスタープランビデオ上映があるという話なので、それにかけて学長に聞いてみようかなぁ。懇親会に来るよね?

例のOLPC小説企画書を書く。

……小説かい(^^;)。その上、放送大学出てこないよ、この小説。一応作内の大学東京大学を想定していました。国立大学海外の一個人に援助できないかな?

2009-08-02

[]初歩からの微積分の試験

やっぱりラスボスはきつい。

弾幕と打ち返しで瞬殺(違う


ともあれ、なんとか最後まで走りきったので、後はこれを維持しないと。

単位はさておき、自分が数学のどの辺りが苦手なのかわかっただけでも収穫です。

解析学が全然だめですね。もちろん微積分も。せめて数式を抵抗なく読めるようにならないと。

頑張ろう。なんとか端は掴めてきたし。

[]下心出しまくり

隠しても仕方がないので、Florianの卒業研究ネタは以下です!

コンピュータゲームにおける「おもしろさ」の心理効果とその測定

判りづらいですね。

要は面白いゲームを定量的に作ろうという野心的な試みです。Florianの無駄な実装技術を生かして(笑)、心理効果を生かしたゲームを量産して、「それが面白かったか」というのを何とかしてはかろうと。内観法って訳にもいかないので、どうすれば「面白いと思った」事を調べられるのかを研究しようと。ついでに、面白いゲームを作る方法論がつかめればいいかなーと。

面白いゲームを作れるかどうかはあまり自信がありませんが、思いついたゲームを一瞬で実装するのは得意なのでそれを生かしてなんとかしようかと。

いや、実際に面白いゲームを作る方法論が見つかればいい感じなのですが、見つからなくてもそれ以前の測定方法や調べられた心理効果だけでも判ると実利的に役に立ちますね。


と、言うわけで、Florianの無駄な超実装技術のファン(ゲームデザインのファンは、いないと思う(^^;))は、そのうち大量にゲームが投下されますので楽しみにしてください。

ちなみに、JavaPyGameのどちらかで作ると思います。順当に考えるとJavaかなぁ。実装楽だし。

PyGame(OLPCGame)で作るとJavaすらも動かないようなルワンダのOLPC XO上でもゲームが動いていいかなー。

っていうか、OLPCはいいけど、心理測定の質問文、どうするつもりだ(^^;)? 英語かぁ。大変そうだなぁ。

2009-08-01

近所にベトナム料理の店があった

ただ、何か高級そうなんだよなぁ。ぱっと見にはフレンチみたいだし。

ベトナムって旧宗主国ってフランスだったっけ?

(追記)

どうやら旧宗主国はフランスでいいらしい。第二次大戦後はゴタゴタしていたのは知ってたんだけど。

[]心理学研究法の試験

一夜漬け+持ち込み可なので、単位取れたとしてもあまりうまくないなあ。

いっそ再試験の方が自分のためになるね。

[]感情の心理学試験

放送講義も聴いていたし、勉強もしたけど、ちょっといまいち

なんというか確信がないよね。回答に。

[]初歩からの微積分

ラスボス

  1. 放送講義を見てない
  2. というか、見てたんだけど途中からついていけなくなった
  3. なので、問題も解けない

実に25頁にも渡る大作の問題集がついてきて、「これの中からそのまま出ます」といわれてもなぁ。全部暗記する分けにもいかないし(暗記するなよ)。

明日はテストを受けるだけ受けて、無力感玉砕してこよう。常微分方程式苦手。

 | 
Connection: close