Florian’s NewestDiary このページをアンテナに追加 RSSフィード

ふろりあんのさらに新しい日記

2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 |
プロフィール

Florian

Florian

伝説(だった)の大魔導師。割と過去形。



 | 

2011-04-30

[]舞台芸術への招待(14)(15)

なんとかさいごまで。

つまんなかった。特に最後4回。日本の古典芸能(特に歌舞伎)もかなりどうでもいい。外れ。

2011-04-29

あれ、Ubuntu11.04のブートCDが起動しない

no init found

なんでだ? Beta2までは動いてたんだけど。

[]11.04正式版AlternateCD

これならば何とかインストール可能

とはいっても、どうせあちこちのボタンDesktop版だと画面外に出ちゃってどうにもならないけどなー。

ちなみに、普段使っていてもiBus Anthyの変換候補ウィンドウは平気で画面外に出ます。こまったもんだ。

2011-04-28

もう何年も使ってきたACERディスプレイAL2423Wが死んだ

電源も入らない。

……けど、これ、修理に出すより新しいの買った方が安いんだろうなぁ。

[]舞台芸術への招待(12)(13)

つまんない。でも、次で最後だ。

我慢して見る。

[]Perfect Blue

なるほど、サイコホラー

おしむらくは最後で種明かしをしない方が好みだったかなー。最後一言蛇足に聞こえる。

[]AIR劇場版

モノローグ多すぎ。そのくせ説明不足。

キャラクターとエピソードを大胆に改編したからといって映像としてのスケールが変わる訳じゃないしなぁ。

メディア展開としてはかなりの失敗例。とほほ。

2011-04-27

[]舞台芸術への招待(9)

日本の現代演劇の話。

東京完全避難マニュアル」が早速入っていて面白かった。

H.264Windows7以降で対応してた

おお、そうだったのか。XPVistaではWMPで見られないわけだ。

VLCあるので何とか。いや、普段は7なのであんまり困んないけど。

[]舞台芸術への招待(10)(11)

能の話……は、まあ、いいや。つまんなさそうだし。

楽しかったのが人形浄瑠璃。一人芝居の浄瑠璃(義太夫BGM)がプレスコでまずあって、これにモーションアクター映像をつけて回ったという話。またこれが、モーションアクターは一人のキャラクター担当するんだけど、どのキャラクターをどのモーションアクターがやるのか、ということは明記するのに、手が足りないのでアシスタントを二人つけて(足と左手担当する)、アシスタントは黒子だったりして。

アニメーションだ、これ。と、思いましたよ。

結果的にたいそう写実的になっている(ディフォルメーションが効いて人よりもそれっぽく見える)のが面白いです。ますますアニメだ。

なんか、源流を見た気がしました。

[]東京ゴッドファーザーズ

面白かった。けど、今の私には痛い話だなー。

脚本はかなり意図してご都合主義の境地。でも、クリスマス奇跡と三賢者の話だからご都合主義的で全然いいんだろうな。同じ今敏の「千年女優」があれだけ荒唐無稽なのに全体的にはつじつまがあっているのとは好対照。村井さだゆき信本敬子の芸風の差もあるんだろうけど。

やっぱ、何でもできて、なおかつ上手くないとね。

「何でもできる」は割りとなんとかなるんだけど「上手く」は難しいなー。

精進しないと。

2011-04-26

[]途上国の開発(5)

農業推進と工業化の話。

自給率自体は高めないとまずいのは確かとして、工業化も私の立場からでは「せざるを得ない」としか言えないけど、「これによって民主化が促進され」とまでいくとマテマテって感じ。

民主主義って凄く広いものを指すので、安易にこれを素晴らしい物だと言い切るのは危ないんだけどなぁ。

[]途上国の開発(6)

産業革命を「エンジン発明」ではなく「工学化」という観点から捉えるのは同意するけど、「イノベーション苦痛を伴うから、何らかのインセンティブが必要」というのは狭すぎやしないかい。

イノベーションは不確実性を伴う」のは、この際仕方ないとして(本当はここにこそ工学化が求められるんだけど、うまくいってるという話は聞かないなー)、「イノベーション苦痛だと思う」ような人がいるから成長しないんじゃないの? 「イノベーション快楽だと思う」人が社会を構成すればその社会は成長するんじゃないのかなぁ。

……というのは、基礎から見ると発展しすぎな論なのかもしれず(放送大学は基本的には「基礎」がメインの大学です。念のため)。

[]途上国の開発(7)

あ、やっと「民主主義だけが正義」とは言わなくなってきた。

数回前のは判ってやってたんだな。

[]舞台芸術への招待(8)

サミュエル・ベケットの「私じゃない」ね。覚えた。今度探す。

あと、マラルメの詩。まじめに読んでないや。

[]舞台芸術への招待(8)

しまった、インストール中に眺めてようと思ってたら最後まで見ちゃった。

スーパー、まだやってるよね。

2011-04-25

[]舞台芸術への招待(3)

おおー、ワーグナーの「ニーベルング」ってそういう話だったのか(台本片手に聞いてたのに覚えてやいない(^^;))。

[]途上国の開発(3)

農村開発とマイクロファイナンス研修などの話。

[]舞台芸術への招待(4)

ロマンティック・バレエとクラシック・バレエ。音楽はわかるんだけど、話の内容はさっぱり。「白鳥の湖」なんかライブで見たような記憶あるんだけど。

[]舞台芸術への招待(5)

なるほど、あの意味不明な体の動きは「形式的バレエ」という独特の表現だったのか。抽象画や音楽みたいなもんだな。

しかし、演劇にしても、オペラにしても、バレエにしても、脳内ミラーニューロンの働きで「同じ体の動きをしたときに何を感じるか」というところから逆算して鑑賞するべきなのかなぁ。うー、苦手なんだよな、肉体感覚。

[]舞台芸術への招待(6)

「暗黒舞踏」って実在したのか!(マテマテ)

ピナ・バウシュのタンツ テアトルはなかなか楽しいけど、肉体感覚、やっぱりいらなくね? 私が体に固執しなさすぎてるだけ?

ゲームと目指しているところはかなり近いと思うんだけどなー。

[]舞台芸術への招待(7)

ミュージカルの話。

「南太平洋」ああ、映画版見たなー。「ウェストサイドストーリー」わかるわかる。「キャッツ」劇団四季版なら聞いてる。「オペラ座の怪人」そうそう、こういう曲作りたいんだよー(;_;)。

青山先生の「実に素晴らしい」が何度も聞ける不思議講義でした。

[]途上国の開発(4)

マイクロファイナンスグラミン銀行とか。

でもさー、囚人のジレンマで崩壊する瞬間が来そうな気がするのは気のせいなのかなあ。

2011-04-24

[]認知科学の展開(13)(14)(15)

ロボットの話は面白かった。あと、アフォーダンスね。そっか、これ、認知科学・認知工学の領域だったか。

ペンローズ仮説は……まぁ、トンデモだよね(^^;)。

[]舞台芸術への招待(1)

いかん、蜷川幸雄の2011年インタビューの途中くらいか記憶がない。

いったん表にでもいってくるかな。

急に雨が降ってきてびっくりした

それも雹。ついさっきまで晴れてたのになー。

とりあえず歩きながら考えて、すぐに書き物。こうして見るとLet's Note R4強力だなー。新Let's Note J10欲しくなるわ。……って、表で何かすることがそんなに多いかというと、何ともだけど(^^;)。

[]舞台芸術への招待(1)(2)

古典オペラってそういうものだったのか(^^;)。

まー、芸術ってパトロンあっての物だしなぁ。

[]途上国の開発(1)(2)

マレーシアがいきなり途上国扱いされててびっくり。え、そうだったの?

[]KICK-ASS

面白かった! 幼女強い。

色々な要素が混じって結果的に非常にまとまったアクション映画になってるのがいい。クライマックスへの伏線とか(言われてみれば使ってなかったよね、あれ)。

アクションは一周回ってFPS的。FPSがガンアクション映画をインタラクティブ表現しようとした結果だと思うと、どちらがどうという因果でもないよね。

人生設計の話

ちょっと後ろ向きな話なので。

続きを読む

2011-04-23

[]しすたぁエンジェル みりめーとる

ミリを倒した。選択肢きついよ、このゲーム


続きを読む

2011-04-22

業を煮やしてLet's Note R4をWindows7に変えてみた

最近ずっとUbuntuopenSUSEだったのですが、どうにもAnthymozcの長文変換効率の悪さに業を煮やしてWindows7に無理やりしてみました。

ちなみに、Let's Note R4はばっちり対象外です。でもいいの、WindowsXPよりは快適だし。

Windows2000/XP用のドライバが使えます。一応。ただし、Shader2.0には対応してないので本来の機能は使えません。でもVESAよりは何ぼかまし。

これの正体がどうしてもわからずしばらく調べてみてのですが、結局「パナソニックにおいてあるサウンドドライバ」でした。


まだ後2つなぞのデバイスが残ってますが、とりあえずは実用上問題ないのでまあよし。SDとかその辺のあんまり使わないところでしょう、きっと。

さあ、文章の続き書くぞー。

で、これを受けてWillcom D4はUbuntu11.04+psbドライバの正式版が出たらUbuntuマシンになる予定です。Vistaよりはいいだろう、きっと。もう電話として使うつもりないし。

2011-04-21

[]認知科学の展開(8)

うーん、今までに聞いたことと色々かぶるなー。しかたないんだけど。

青年海外協力隊の募集が再開された(http://newstopics.jica.go.jp/topics/doc/2011/0317.pdf)

5/2から。説明会の再日程は4/25に。まずはめでたい。

TOEIC間に合わなかったけど仕方ないよなー。

[]認知科学の展開(9)

推理のと推論の話。

[]魔法少女まどか☆マギカ(1)-(10)

10初見

おおー。ふつーに魔法少女してる。これを踏まえた上での戯画化の変化球なんだろうな。

[]認知科学の展開(10)

言語とその理解。

二次元的なネットワークと、そのノード間の矢印に意味を持たせるってのはなるほどなー。

[]認知科学の展開(11)(12)

言語はともかく、音楽認知については面白かった。

なるほど、体制化か。聞く側の体制化によって情動が変化するんだな。当然だ。

[]魔法少女まどか☆マギカ

うん、順当な落ち。

セカイ系(神林長平的な意味で)。神林長平チルドレンがまたここに(^^;)。最後15分は「自分ならこう書く」を地でいっていてよかった。

あと、梶浦由記音楽は盛り上がるね。さすがだ。

2011-04-20

[]認知科学の展開(6)

見始めたのは覚えてるんだけど、どこまで見たかは覚えてない。

とほほ。

[]しすたぁエンジェル みりめーとる

始めたのは覚えてるんだけど、どういう話か覚えてない。ご主人様、私もうダメです(誰だおまえ)。

[]何となく進んでるような、進んでないような

f:id:Florian:20110420194358p:image

という訳で進んでますよ。コード量をなるべく少なくするように、構造シンプルにするように心がけてるんだけどどんどん肥大化していくのはいかがなものか。なるべく思いついた仕様を「入れない」ようにしてるんだけどなー。

もうちょっとしたら戦闘とアイテムの鑑定が入って遠くまで行けるようになるかも。

[]書いても書いてもおわらねー

もうね、栄養剤をいくら飲んでも効かないというか。

やること判ってるだけまだいいけど。わかんないで突き進むのはさすがに怖い。

[]ケモノ学園LightとAdvancedケモノ学園の違い

けっこー違います

ソース全公開です。するんだけど、結構でかいよなー、これ(^^;)。

ゲームとしては古典的なダンジョンRPGです。ダンジョンは巨大ですが、一つしかありません。敵を倒して進み、経験値を稼いでレベルアップします

敵陣営と味方陣営がいて、味方陣営は何となくマップを教えてくれます味方陣営はアイテムをくれることもあります、たまに。

キャラクター自動生成。名前パラメータ自動生成されますが、1プレイの間は共通です。「ミリが出てきた。こいつ苦手なんだよなー」とかいう楽しみ方ができます。全部で250人くらい。何となくいる場所は固定です。

表示は疑似3Dを1歩ずつ。かなり意図的に「一歩ずつ」歩くようにしてあります

DoJa/MIDP(Softbank。もしかしたらAUでも動く……かも)、Androidで動きます。気分が乗ったらPC版を作るかも。

ソースは一部公開されますエッセンスとなる部分は隠しません(が、全部ばらしちゃうといろいろネタバレになるのでひみつ)。

どちらかというと「ドミニオン」みたいなゲームです。敵を倒しもしますが、割と倒されます

表示はビルボードを使っていますなにげに完全3Dです。あと、面単位ストーリーが進み、ダンジョン階層が進むにつれて雰囲気が変わっていきます

キャラクター自体は固定です。が、パーティ編成は割と自由。レベル差も気にしていません。その代わり、名前パラメータにすべて個性がついてます名前にちょっと意味があったりして(アイヌ語スワヒリ語エスペラント語などからとってます)。あと、パーティ編成が面単位で徐々に変化しますプレイヤー側に仲間を引き込むこともできますので、お気に入りキャラクターを組み合わせてパーティを作れます

あと、サウンドにちょっとした細工をしてあります。いや、ほんとちょっとしたものですが。原曲あっての代物です。

DoJa/MIDP(Softbank)、Androidで動きます

たぶん有料です。100円くらい? もしくは広告。あと、かなり緩やかなソーシャル機能がついてます


グラフィックや音楽は実はほとんどリソースに差がありません(Advancedの方が解像度が高いけど、これは単に容量の問題)。お楽しみにどうぞ。

[]認知科学の展開(7)

子供言語学習などについて。

2011-04-19

[]認知科学の展開(2)(3)

いかわらず寝落ちするなー。いかんなー。寝るな。

しかし、思考は知識の蓄積から類推で行われるので、まずは知識の所在を調べる意外に学力を測る方法はないっぽいという仮説はなかなか衝撃的。おお、なるほどなー。認知的な思考の方法論を考えると確かに類推の元にになる何かがないと何もできないもんなー。

[]認知科学の展開(4)

視覚などなど。

ねおちしなかった。

[]認知科学の展開(5)

寝落ち。15分くらいのところで。

気を抜くと寝落ちするな。

[]認知科学の展開(5)

おお、なるほど、ラプラシアンフィルタはこうやって使うのか。OpenCVとかKinnectとかでやってるあれだな。

デビッド・マーの「ビジョン」(isbn:9784782851234)ね。調べよう。震災が開けたら(図書館がやってないの)。

2011-04-18

[]脳科学の進歩(15)

やっと最後まで。

ES細胞での再生医療ってのはなるほどなー。でも、A-10神経系の話は結局出てこなかった。残念。

[]しすたぁエンジェル

メムを倒した。

けど、全員倒すとさらに順序制御で追加シナリオが出るらしい。ひなしろさんルートのバッドエンド、エラーで進まないんだけどー。

あと、メムにもバッドエンドがあるらしい。どこかな、分岐。選択肢可能性がきついんだよね、このゲーム

2011-04-17

[][]をあんまり勧めない理由

UNIX育ちですので、何となくLinux使っていると落ち着きます。特に、Windows7はかなりいろんな意味チューニングの進んだ環境ですので、裏で動いている何かが普段なら気にならないのにSSDなんかを使い始めるとプチフリとして顕在化したりしてちょっといやんな感じ。

というわけで、Linuxを使ってみることにしました。いや、あちこちでいろんなディストリビューション使ってるので慣れたものですが。

とりあえず、一番怪しいハードウェア対応してそうなUbuntuを。W-SIMはともかく(ハードウェア的にはただのシリアルデバイスなんだけど、うまく使えるとも思えない)、他ならなんとかなるかなー、とか。

  • 10.10NetBook

GMA500のドライバが後付けでちょっと怪しい扱い。つでに、3Dアクセラレーションはうまく動かないのでcompizはほぼだめ。ってことは、Unityダメってことですね。残念。

でも、いちおうGMA500は動くので、解像度とかは画面に合わせてくれるし、タッチパネル対応してるとは思わなかった。クレイドルUSB経由の有線LAN認識する。偉い。

ただし、なぜかMarvel無線LAN認識もしやがらない。そんなに特殊なハードウェア

  • 11.04beta2

GMA500のドライバが未対応。なんか、カーネルバージョンを下げたり、X.orgバージョンを下げたりすると動くらしいのですが、GMA500の側が対応するのを待つのが筋ってものでしょうね。ちなみに、ドライバが未対応だと、解像度がおかしなことになって(逆だな、Willcom D4解像度がおかしいんだ)、むちゃくちゃ遅いです。

無線LANはそのままでも使えます

で、どちらであってもサスペンドからの復帰には失敗する傾向が。うーん、何がまずいのかなー。

あ、HDDにすればWindows7でも困んないという重大な欠点は見なかったことに(^^;。ひとは、山があるから登るのですよ。

[]脳科学の進歩(12)

言語としての要件、「人だけが言語を使っている」という結論に持っていきたいだけの無意味定義じゃない?

だいたい、この定義からいって、恣意性って簡単に反駁できちゃうんだけど。

結論ありきの演繹不毛だ。

[]脳科学の進歩(13)

こっちが言語の話だった。

ええと、12ってなんだったんだっけ? うー、寝てるなー。

[]脳科学の進歩(14)

何度も寝落ち。病気の話つまんない。

ちなみに15回目は音声のエンコードの失敗してました。大丈夫かな、これ。

東京ラーメンストリートジャンクガレッジ

この手の色物のなかではなかなかよかった。マヨネーズいねチーズも怖がらずにトッピングするんだったな。

ベビースターは相変わらず「ミスター味っ子」の登場人物になった気分になれます(^^;

[]認知科学の展開(1)

一元論はホッブスだったか。

いかん、今日は朝から色々あったので気がつくと寝落ちしてしまう。いかんなー。

[]卒業研究ゼミ(1)

「その壮大な手法はどうやって実現するんですか?」

「これから調べます(キリッ」

そりゃー、初回だもん。調べます。頑張って。

[]脳科学の進歩(15)

データは無事でした。さて、見ないと。

60GByte HDD(http://kakaku.com/item/05350310479/)

6200円かー。諦めて買っちゃうかなー。

[][]要はあれだ

11.04正式版にpsbドライバの正式版が対応するまで待ってればいい訳だな。

まさかIntelもAtomZのLinuxを無視して進むこともないだろうし。MeeGoとかあるんだから

……って、MeeGoって、動くの(^^;)?

結局openSUSEのGnome3対応は今週来なかったなぁ

いや、気長に待ちますが。

ライブDVDで雰囲気は判るし。

2011-04-16

GalaxyTab2.3にアップデート予定か?(http://octoba.net/archives/20110415-android-news.html)

かも。

っていうか、やらないといろいろ困るんだけど。サウンド周りとか。

GalaxySの話は聞こえてくるのにGalaxyTabだけ蚊帳の外だったのでちょっと期待。なにせ、正式発表じゃないからなぁ。

Pocketgamesの支払いが出来た

メールリンク先が間違っていたみたい。

これでやっと(ほんとにちょっとした(^^;))アクセサリが買える。

[]脳科学の進歩(7)

途中まで寝ながら見た……ような。夢の中で(つまり覚えてない)。

[]脳科学の進歩(8)

よし、これは初見だ。

だけど、あちこち知ってることもあるな。当然か。

[]11.04(Natty)Beta2をWillcom D4に入れてみた

ちなみにGMA500のレポジトリは普段は(https://wiki.ubuntu.com/HardwareSupportComponentsVideoCardsPoulsbo/#Optimized%20software%20matching%20the%20PSB%20drivers)、

sudo add-apt-repository ppa:gma500/ppa

だけど、テスト中なので(https://launchpad.net/~gma500/+archive/psb110)、

sudo add-apt-repository ppa:gma500/psb110

なのに注意。いずれ正式版になるんだろうけど。


ちょーちなみに、microSDが入ったままインストールを行うと、おもむろにmicroSD最初の領域にブートローダを入れ始めるので注意。はじめ、何度インストールしてもまったく起動しなくて酷く焦ってしまった(^^;)。

(追記)

テストドライバを入れてもやっぱり画面は出ないかも。うーむ、GMA500のドライバは気長に待つべきかなー。Windows7、今の使い方だとメモリ食いで(普段はいいんだけど、SSDスワップするとプチフリで凄く待たされる)、使ってると辛いんだよなー。

[]脳科学の進歩(9)

選択的注意の話から半則無視まで。

前頭前野の次は第11回。って、次回は違う話なのか(^^;)。

[]脳科学の進歩(10)

記憶と海馬の話。

何となくいろいろつかめてきたぞ。ついでに昔作ったゲームアイディアはさほど間違ってなかったらしいことも明らかに。

よーし、いっきにいくぞー。明日中には見終わるかなぁ。

[]10.10Willcom D4に入れ直す

GMA500のドライバ10.10までしか対応してない(でも、なんかまだPPA扱い)ので、10.10 Netbook Editionを再インストール。でも、UnityというかCompizが正常に動いてない気がするなー。GNOME素のままなら大丈夫なんだけど。

[]10.10備忘録

  • PSB Driver

sudo add-apt-repository ppa:gma500/ppa

sudo apt-get update

sudo apt-get install poulsbo-driver-3d

sudo add-apt-repository ppa:mozillateam/firefox-stable

sudo apt-get update

その上で「アップデートマネージャ」でアップデート

  • LibreOffice

sudo apt-get purge openoffice*.*

sudo add-apt-repository ppa:libreoffice/ppa

sudo apt-get update

sudo apt-get install libreoffice

sudo apt-get install libreoffice-gnome

sudo apt-get install libreoffice-l10n-ja

sudo apt-get install libreoffice-help-ja

ローカライズマニュアルは調べるのに手間取ったなー。

[]脳科学の進歩(11)

なんか、知ってることばかりだったぞ。

そういう回もあるよね。

[]11.04と10.10の最大の違い

Marvell SD8686のドライバがない!

11.04beta2にはあるのにー。10.10は入れるのが偉いたいへんっぽい。とほほ。

[]Willcom D4で動かすには

「11.04の正式版+psbドライバの正式版を待て」って感じですね。まだちと早かったか

他の機械ですんなりいったので安心してたんだけどなー。やっぱりAtomZは鬼門か。

2011-04-15

[]脳科学の進歩(6)

運動野と運動前野の話。

おお、プリシェイピングの話が出てきている。

なんか、Pocketgames支払い出来ない

サーバー側の問題かなぁ。

e-コンテキストが正常に動いてないっぽいんだけど。

[]PSBドライバ(http://nampo.dip.jp/?p=1461)

いつかその日のために。

ちなみに「poulsbo」という画面ドライバだそうです。GMA500では。

チップ名とドライバ名が一緒なんだな、ようは。

2011-04-14

[]脳科学の進歩(5)

ハタネズミ婚姻行動の話は面白かったな。なるほどなー。「匂い」がそのまま快楽に結びつくような脳構造になってるのか。

2011-04-13

[]脳科学の進歩(4)

なんとか最後まで。

うわー、なんというか、前提知識のたくさんいる講義だな、これ。そのうちついて行けなくなりそうな感じがひしひしと。大学だしなー、何せ。

2011-04-12

[]音楽理論の基礎(14)(15)

よし、なんとか最後まで。

最後は「音楽」に限らない文化の話。「間テキスト性」なんて言葉が出てくるとは。いや、あるよね、うん、音楽にも。もちろん。

さあ、次行こう!

AtomZ6xx系PCほんとに出るっぽい(http://japanese.engadget.com/2011/04/11/oak-trail-atom-35/)

PC向けどころかディスコンの危機を乗り越えた(らしき)AtomZ6xxのPCが、今度こそほんとに出るっぽいです。

ほんとに出るのかなぁ。出るよなぁ。でるはず。たぶん。

(追記)

プレスリリース

組込み向けインテル Atom プロセッサー Z670は、従来より小型化・薄型化されたファンレス機器可能にする、携帯型の医療補助機器産業タブレット機器携帯POS端末など、PCの枠を超えた革新を実現

が、果てしなく怪しい……。また組み込み向けなのかなぁ。やっぱり。

[]しすたぁエンジェル

とりあえず、ひなしろさんルートに行っている……らしい。


続きを読む

[]認知科学の展開(7)

え、配信版ほんとに32分なのか。著作権的に配信出来ない部分があったのかなぁ。

Oak Trail(AtomZ670)搭載予定ラインナップを見ていて気づいたこと

あ、そうか。

Willcom D4って「キーボードタブレット端末」のジャンルだったのか。スマートフォンじゃなくて。

しかし、こうして見てると、Windows 7採用したキーボードタッチパネルハイブリッド端末「Samsung Gloria」くらいしかめぼしいものがないなぁ。マルチコアARMパフォーマンス/消費電力比でかなうとは思えないし。

[]脳科学の進歩(1)

今年からやらなくなってしまった(それどころか、これに替わる科目すらない(^^;))、講義ですが、講義ビデオ自体はあるので。

あー、そういえば「音楽理論の基礎」も今年からやらなくなったんだよなー。こっちは再履修があるのでテストだけは受けられるけど。


それはともかく。

心理学でいうと「神経心理学」に相当する内容です。いきなり行動と脳機能の関連を探るためにおもむろに遺伝子操作してみたり(特定の遺伝子を無効にすると、ある行動がなされなくなることから、器官と機能の関連がわかる)、なかなかすっ飛んだ話がいきなり出てきましたが、これ自体はなかなかおもしろいです。さて、お目当てにしているA-10神経系(報酬系)の話は出てくるかなぁ。出てこなくても最後まで見るけどさ。

TOEIC出願してきた

今度こそ受けられることを期待して。

しかし、返金が出願〆切りよりも後ってのはどうにかならんかったのか。面倒くさくて仕方ない。

[]脳科学の進歩(2)

早速開始15分で寝る。いかん。見直し。

ついでにすごーく夢見が悪かった。けど、これは講義内容とは無関係だろうな(笑)。

[]脳科学の進歩(2)(3)

神経伝達と神経伝達物質(アセチールコリン)など。

うん、まだなんとか判る範囲だ。

[]脳科学の進歩(4)

はぁぁ、もうダメ。27分まで。続きは明日

[]しすたぁエンジェル

ひなしろを倒した。


続きを読む

2011-04-11

OpenSUSE11.4のNautilusからWindows7上のファイルサーバーにsmbで接続できない

共有される方法があるっぽいのは「接続」メニューがあるから分かるんだけど、実際に接続した時に何度やっても認証が通らない。

うーむ、何か認証まわりでまずいことやってるのかなー。

[]しすたぁエンジェル

妹を倒した(ただ、ものの情報によると、まだ続きがあるっぽい)。

続きを読む

2011-04-10

GalaxyTab(元からAndroid2.2)とHT-03AカスタムROM(Android2.2)を入れた場合の内蔵コーデックの違い

一番大きいのはH264の画像デコーダーがついてないこと。画面小さいし、ストレージも小さい(4GByteまでしかハードウェア的に対応してないらしい)ので、再エンコードが必須とはいえ、ちょっと面倒。

よしんば対応して他としてもCPUデコードする羽目になるだろうから重いだろうけど。

ちなみに、wmvも一応対応してます。けど、CPUパワーを食うものは軒並みダメ(途中まで必死に再生しようとして、OSごとハングアップするする)。この辺は再エンコードで誤魔化すべき所なんだろうなぁ。

[]音楽理論の基礎(11)

記法の話。

タブ譜」ってそういう語源(演奏法:タブラチュア)だったのか! 全然知らなかった。

素人ギターとか、楽譜で渡すと「タブ譜で書いてよ」とか言われるんだよね。書けないって。だってギター、弾けないもん(^^;)。

ダラバーのために遠出

嘘。もう、なんか体がぼろぼろなので無理矢理理由をつけて遠くに行くことに。

おおー、「ミュージックガンガン2」初めて見た。タイトー懐メロ沢山(いや、オリジナル曲も結構いいですよ、念のため)。しかし、いくら遊んでもなんというかこう、初代からずっと思ってたんだけど、無理のあるゲームだなぁ(^^;)。ゲームの層と表現の層がまったく乖離してるというか。かといってゲームの層が練り込まれてるかというと何とも。背景を「フレーバー」を割り切ってしまった(ついでにそこに凄く重大な意味を持たせた)「Project DIVA」なんかに比べるといろいろ不満が。やれるだろう、もっと、いろいろと。ねえ。

あの不思議グラフィックやポップな音声にあわせて超シリアスな「HELLO」や「光導」や「Good bye my earth」や「VISONALEEZ」を演奏していると何とも変な気分に。「太鼓の達人」でMETAL BLACKやったときには何とも思わなかったんだけどなー。

あと、「メタルギアアーケード」も初めて見た。専用筐体で遊ぶ3D表示+ヘッドトラッキングFPSなんですね。着座姿勢も相まって「ハーフライフ2」みたい(あそこまで音にこだわりないっぽいけど)。これ、流行ると面白いな。「ボーダーブレイク」がそれなりに流行っているところを見ると、ものすごく筐体が高かったり、メインテナンスに手間がかかって入れたがらなかったりされなければ(ありそうだなー)、結構楽しい世の中になるかも。

「ニリン」は……なんというか、馬鹿ゲー(^^;)?

パックマンバトルロイヤル」は専用筐体が懐かしくていい感じ。ただ、これ、子供は遊びづらそう。

うそう、「ダライアスバーストAC」は復興支援(という名目)で1プレイ100円でした。堪能してきました。

よし、なんか元気出たぞ。明日からがんばろう。

[]音楽理論の基礎(12)

東アジアの記譜法の話。

あー、そうか。いわれてみると五線譜にはあまりアーティキュレーションって書かれないもんな。

[]音楽理論の基礎(13)

唱歌」(しょうが、と発音する)の話。ぶっちゃけると「しらみそーどー」って音名で歌ったり、「てんつんてん」と三味線を口伝したりするような感じ。

うーん、S/N比低すぎるし、だいたい、残らないじゃん、これ。記譜法(MIDIデータでも、CDでもいいんだけどさ)があるのにわざわざ唱歌を使う理由がわからんなー。

工学的じゃない。うん。工学的じゃ、ない。

Fedora15Alpha

うーん、どうやってもうまくインストール出来ない。途中で固まっちゃう。

gnome-shellを試したかったんだけど。

OpenSUSE11.4

結局これ、GNOME3なのかなぁ。資料によって3だったり2だったり揺らいでるんだよなー。3も追加レポジトリインストール出来るっぽいんだけど。

とりあえずOpenSUSE11.4を入れてみた

期待していたGnome3は「来週には」だって。とほほー。プレビュー版のディスクイメージがあったりするので、それなりには使えるんだろうけど。

ちなみに今使っているこれはちょっと古いバージョンGnome-Shell。ま、動きはするわな。

それよりも、プレインストールされてるFirefox4.0がSCIM対応してないことの方が大問題な気がするんですが、そこどうよ。iBUS使えってことか。やっぱり。

[]音楽理論の基礎(14)

25分くらいのところでギブアップ。残りは今度。一日3講義はなんとか死守したい。

Gnome3のランチャとスイッチ

ああっ、よく見ると統合されてる。

ファイルマネージャー」が微妙に明るい理由に気づくべきだった(常にこのアプリは動き続けている。ランチとは別扱いで)。

というわけで、ランチャとスイッチャが統合されてるのは現代のUIとしては当然のものみたいです。そうなのかー。そうだよなー。別に分けてる理由無いもんなあ。UnityGnome-shellなんか、オーバーラップマルチウィンドウである必要すらないもんなぁ。全画面を占有するアプリの切り替えにやけにこだわってるし。

2011-04-09

[]音楽理論の基礎(8)

対位法の話。

中世グレゴリオ聖歌楽譜と実際の歌を聴きながら……何故最後まで見ていられずに寝てしまうのかと(^^;)。

ええと、続き続き。どこまで見たんだっけ?

[]音楽理論の基礎(8)

なんとか最後まで。

うーむ、録画でたまに音量が0になっている部分があるなー。徐々に大きくなったりするって所を見るとディジタル的なものじゃなくて、録画時のアナログエンコード(もしくは放送機器)の関係っぽい。これから先も起きるとやだなー。

[]音楽理論の基礎(9)

「あわせる」と言うこと。

まだガムランは判る。アフリカンリズムも判る。でも、長唄はさっぱり理解出来ないのはどうしたことか(^^;)。

[]とりあえず、HT-03AROM Managerで、2.2にしてみた

色々手抜き。ほんとはたくさん手順必要なんだけど。

意外だったのが、DalvikJIT切ってもパフォーマンスがいいことと、ブラウザの出来が数段よくなってること。

2.2対応ソフトを無理矢理動かすためだったんだけど、もっと早くやっておけばよかったなー。

[]音楽理論の基礎(10)

リズムの話。

なるほど、ちょっと面白かった。とくに6/8拍子。3/4だと1小節に3拍なのが6/8だと2拍(扱い)で考えるのか。

しかし、やっぱり私にはパルスのない音楽は難しすぎます(^^;)。

2011-04-08

Gnome3リリース(http://japanese.engadget.com/2011/04/07/gnome-3/)

日本語IM周り(特にmozcAnthyはまだ使える)の強烈な不具合や、Javaアプリケーションマウス位置取得に失敗する不具合は治ったのかなぁ。

Gmome-shell3自体は嫌いじゃなかったんだけど、常用するにはちときつかったんだよなぁ。

いずれUbuntuにも今のKDEと同じポジションオプションパッケージはいるでしょうし、そのときに試してみましょう。

ランチャ兼タスクスイッチ

Macは結構昔からこだわっていました。というのも、Windowとは別にシングルタスクで「アプリ」が動いていて、それに複数枚のウィンドウが関連づけられるシステムだった経緯があるからMacOSXでまともなマルチタスクになっても、方針的にはそのまま。その代わり、ランチャとタスクスイッチャを統合した「ドック」がUIの主流になりました。

Windows7Ubuntu Unityも大体同様。アプリアイコンランチャであり、タスクスイッチャ。アプリ自体が勝手に死ぬことはないけど、そのアプリが「今生きているか」は意識しなくてもいいというか。

WindowsMobileAndroidはそもそもタスクスイッチャがない代わりにランチャだけがあって、メモリに合わせて適宜アプリが死ぬような作りに。ま、これでもいいですやね。どうせ区別つかないし。

Gnome-shell3は旧来のWindowsやXの「ランチャとタスクスイッチャは独立している」を守っています

どれが理想かは謎。アプリの初期起動に時間のかかる今はまだ旧来の方法がいいのかなぁ。起動が速くなれば(Androidはその点、かなり上手くやってる)、気にならなくなるのかも(Windows7はSuperfetchでタスクバーに常駐しているアプリはなるべく早く起動させるよう細工してるっぽいけど)。ちなみに、Androidの「ホームキー長押し」での最近起動したアプリの履歴の呼び出しをタスクスイッチャのつもりで使うと痛い目見ます意味的に違うから、これ。

[]ドイツ語入門I(14)(15)

なんとか最後まで。

から、何故見たことがあるはずなのに新たな発見がこんなに多いのかと。というか、大学時代に2年もやってたはずなのに(工学部なので第二外国語ドイツ語固定だった)、知らないことばかりなのかと。

しかし、ここまで来てやっとスタート地点。ドイツ語入門Iはまったく勉強出来てなかったくせに「単位は」とれてるので、問題はこの先の「ドイツ語II」がどれだけ理解出来るのやら……。

が、がんばりゅ。

人生という旅は続く。ええもう、どんどん続く。全然足りない、主に見ている時間が(だから講義取り過ぎなんだってば……)。

2011-04-07

[]ドイツ語入門I(13)

何度見ていても最後10分が記憶にない(寝てしまう)……と、思っていたら、よくよく録画を調べてみると最後10分が入ってなかった(笑)。そりゃ、たとえ起きてたとしても記憶にないわけだ。

ああすっきり……じゃないよ、印刷教材で補完せんと。

[]しすたぁエンジェル

テンポいいなー。

たまにシリアスな台詞が挟まったりするけど、基本どうでもいいギャグご都合主義。もう、隠しもしない。

特に、ハーレム的な設定なのに主人公が徹底的にデレないのが凄い。メムが毎晩「夜伽のために」という名目で寝室に忍び込んではたたき出されるのがいい感じ。

あと、かなりどうでもいい(というか、本編と全くあってない)次回予告が楽しくて仕方ない。いいなぁ、このゲーム

2011-04-06

[]11.04(Natty)Beta1を2goPCに入れてみた

alternative CDじゃないと、インストーラに蹴られるけどまあまあいい感じ。Windowsほど肥大化が進んでないので、OpenGLによるウィンドウ描画のアクセラレーションが聞いてるのがいいのかも。

あと、サブピクセルレンダリングが妙に綺麗。Windows7は速度側に振ってるんだろうなー。

Windows7(64bit)でCollabnet Subversion Edgeが上手く動かない

具体的には、

サーバー設定が不適切です

と「設定管理」の「サーバー設定」で言われてstatusがdownのままという状態。インストール直後からなので、何か変えている訳ではないのですが、そもそもどの項目がどのように不適切なのかが不明。かといって、ヘルプを見てもこれまたさっぱり何がおかしいのか判らない(というか「サーバー設定が不適切です」ってヘルプ内ではどういう英文になってるんだろう?)。

うーむ、なんか、先は長いなぁ。これのためにLAN内では固定IPにしたんだけどなぁ、このWindows7

JavaCCNetBeansプラグインがない

あはは、あるもんだとばかり。

いや、プラグインなんか無くてもantで駆動出来るんだけど、シンタックスハイライトその他がないと使いづらいよね、やっぱり。

というわけで、ちょっと方針変更。Eclipseでやってみよう。

[]舞台芸術への招待

とりあえず、今日の時点では全然そろっていないことが明らかに

これはあれだ。定期的に来てちょっとずつ見ていく必要があるわけだ。どちらにしても1回に2本までしか借りられないので、「途上国の開発」と併せて少しずつ進めていくしかないのですが。

'11開設科目はどれも似たようなもんなんだろうなぁ。配信されてないとつらいなぁ。今年の7月以降(BSディジタルでも放送が始まる)と状況変わってくるんだろうけど。

[]ときめきメモリアル-Forever with you-と清川さん。

初代「ときメモ」に清川さんという体育会系少女が登場します。

凄い体育会系です。肉体能力半端無いです。なので、女子に凄く人気あります。周りからも期待されています。期待されているので髪型ショートカットです。髪が長いと運動しづらいので。

この人と一緒に過ごすためには、主人公の体力周りのパラメータをとても上げる必要があります。あちこちのイベントで体力周りのパラメータ閾値を下回っているとイベント起きません。なので、必死に体力馬鹿になる必要があります

ある日、海にデートに行った主人公と清川さんは、何を思ったのか遠くの島まで遠泳することになります(もう、この時点でおかしい)。体力パラメータを育てている主人公は清川さんと一緒に島まで泳いでいきます。が、そこで突然の通り雨。清川さんは普段の気丈な姿とは打って変わって雷を怖がります。もう、小さい子供のように。

ある日、清川さんの誕生日を知った主人公は清川さんに誕生日プレゼントを贈ることになります。体力的なもの、メリケンサック(これはこれでどうよ)、恋愛小説

恋愛小説を送ると清川さん、凄く喜びます


ここまででちょっと気づきます

清川さん、たまたま肉体能力が凄かったのでずっとスポーツ万能として周りに期待されてきたのだろうと。期待に応えるべくいろんなスポーツをやって、女の子にあこがれられるままにボーイッシュな服装をして、でも、本人はただの女の子だったのだと。おしゃれにも興味がある(似合わないと思っているのは、当人だけ。だから、当人はおしゃれを否定する)、普通女の子。なのに、そういうそぶりは見せない。普段も素っ気なく、ボーイッシュに過ごしている。

その上でエンディングを向かえますエンディング後、それまでにあったデートイベントなどの記念写真を見ることができます。みる前に一言清川さんは喋ります

「恥ずかしいな。あの頃、私女の子っぽくなかったし」

……そうか! そうなのか! 今(って、いつかはともかく)からみると、当時の清川さんは自分の思っていたものではなく、周りからイメージによって作られたものだったのか。だから、その期待に応えるべく普段から過ごしてきたのが、例えば恋によって自分というものと向き合うきっかけになったのか。

……と、エピソードの連鎖(順番はともかく)で、キャラクター自体のゲシュタルトキャラクターの作ったストーリーゲシュタルトが一気に流れてきてゲームとしてストーリーを語るということが何を意味しているのかがやっと判りました。一方的に順番が決められているものではなく、特定の順番で何かがわかるものではなく、「たまたまその順番になった」ということからストーリープレイヤーの中でできあがっていったのだと。ゲームプレイ自体がストーリーであって、スタティックなストーリーがその中に入っていた訳ではないということ。

そのとき、私はこのゲームの狙っていたところを知って酷く感心しました。たまたま清川さんだっただけで、別にこれにこだわってない。ゲームって、ストーリーであってもいいし、ストーリーゲームであってもいいけど、ストーリーゲームじゃないよね、と。

今でも、ゲームを遊ぶときストーリーについて考えます

2011-04-05

[]11.04(Natty)Beta1

おお、なるほど、Unityベースになるってのはこういう意味だったのか。何かするときマウスカーソルを左上に押し当てるという方針はGnome-Shellと変わらず。このゼスチャが今後主流になってくるのかな?

10.10NetBook Editionとの最大の違いは右端のランチャ兼タスクバーが普段は画面にすら出てないということ。あと、アプリランチャのが統合Windows7MacOSXのDockにに比べてちょっといまいちなのでランチャが出っぱなしのままアプリアイコンが出ちゃうことがあるのは残念。仕組み的に仕方ないんだろうなぁ、LibreOfficeとか。

あと、各種設定が右上のボタンの中の「System settings」の中に入っていることに気づかず(Applicationにあるものだと思ってた)、「言語関係のカスタマイズができん」と1時間くらい悩んでみたり。マニュアルとか整備すれば気にしなくていい部分なんでしょうけど。

割と好きです、この環境

[]11.04(Natty)Beta1のFirefox4.0

なんか、「Firefoxボタン」がどうやっても出ないんだけど、なぜなんだろう?

いや、無くても大体困らないんだけど。

[]11.04(Natty)Beta1とcompiz

たまに誤動作して画面がぐちゃぐちゃになる(マウスカーソルけが正常に表示される)ことがあるんだけど、何をしたときに起きるのかがさっぱり。たまに復帰することもあり(一旦サスペンドさせた後。放置しててもダメ)、まったく復帰しないこともあり、復帰してもウィンド宇一が変化しつづけてシャットダウンすらGUI経由でできなかったりといろいろ。

compiz綺麗でいい感じなんだけどなぁ。

[]11.04(Natty)Beta1ではNetBook Editionはない(http://sourceforge.jp/magazine/11/03/10/0326253)

いや、なくてもぜんぜんいいんだけどさ。

NetBookくらい解像度低いとインストーラーが正常に動かないんだけど、そこんとこどうよ(^^;)。

Alternative-CD使えってことかな。

2011-04-04

[]ドイツ語入門I(12)

なんとか最後まで。

電話だとAuf Wiederhorenってのはなるほどな。Auf Wiedersehenのsehenだと「見る」、になるもんな。

[]ドイツ語入門I(13)

見始めたことは覚えてる(分離動詞のはず)けど、内容はさっぱり忘れて寝落ち。たはは。

Optimus Pad

超でかい

これ持ち歩くのはちょっと辛いなぁ。GalaxyTabって絶妙なサイズだったんだなぁ。液晶サイズはそのまま、解像度もうちょっと高いと綺麗だったけど、アンチエイリシアシングがフォントに上手くかかっているのでこれでもいいかな。

意外だったのがGalapagosが思ったよりもまともな操作性だったこと。実機触ってみないと話から無いんことあるんだなぁ。

2011-04-03

ソニーのカナルヘッドホン、初代NUDE-EX

1999年か。12年前。確か例によって片耳断線して次の奴に変えたんだよね。

初めて行った就職面接(っていうか、落とされそうな予感も、たぶん向こうも落とす気もなかったので単なる顔合わせ)の帰りに買ったPanasonicポータブルCDプレイヤーに繋いでひどく感動したっけ。

言われてみると確かにちょっと人工的な低音ではあったけど、音の解像度が段違いで、よく知っているはずの曲を聴き直すと知らないトラックが紛れていることに気づいたりして楽しかったなぁ。

あれ以来、メーカーも取り替えたり、たまにカナル以外(MDR-E888やMX400など)に走りながらもメインはずっとカナルです。やっぱり、耳をふさいで鼓膜のすぐ近くで振動するっていうのはS/N比高くなるし。

[]心理臨床とイメージ(12)

あれ?

なんかこれ見たような気が。

じゃ、(11)って何だったんだ?

[]心理療法とイメージ(13)

ムンクの絵の変遷とモチーフの選定、それによる精神症と治癒の過程の話。

面白かった。ムンクはたまたま絵画的な才能があったので後世に作品も残ったし、その途上での変遷も分析することができたけど、絵画の才能がない人でも同じ手はとりうるという意味で象徴的。

この講義、絵画療法、箱庭療法、身体療法など、紹介されてるものに表現スキルを要求するような本末転倒さが今まで伺えたけど、スキルある人の作品じゃないと紹介や解釈しづらいからだったのか。なるほど。

[]心理臨床とイメージ(14)

おお、なるほどね。今回は具体的だった。風景構成法での山中先生が何故「川から」とこだわったのかも理由がわかる。

[]心理臨床とイメージ(15)

芸術療法というと、「美を追究しなければいけない」という意識が生まれてしまうので本当は「表現療法」の方がいいのですが

やっぱりそうか! やっと判ってきた。……最終回まで判らないってのは問題だな(^^;)。

[]心理臨床とイメージ(15)

なるほど、やっと「心理臨床学」というものの印象がつかめてきた。

もう、なんというか、他の授業では高尚そうに書きすぎ。ついでにいろいろ創作のヒントがつかめてきた。

「臨床心理学」自体は創作じゃないけど、創作の手法として「臨床心理学」の所見を使う方法はあり得る訳だ。

とりあえず、京都大の山中名誉教授、覚えた。

[]ドイツ語入門I(12)

いかん、何度見始めても途中で寝てしまう。

諦めて一端寝るべきか。

2011-04-02

NetBeansIDE7.0RC1

うーん、MIDPアプリが上手く動かないなー。

6.9.1のときにはおまけでSDKついて来てたんだけど、エミュレータが起動すらもしやがらない。

何がまずいのかなぁ。MIDPなんかもう使うなって事だろうか(^^;)。

[]檄!帝-最終章-サクラ大戦4恋せよ乙女-全曲集-

いやまぁ。あはは。

カラオケ良いよね、カラオケ。歌が入ってないか純粋演奏と編曲の妙を楽しめる。2曲繋がってるのも実は違和感ないし(「大神歌劇団」はないよなー、とは思うけど)。

……何でこれといい、Vといい、内蔵音源BGMだった3より落ちるのかなぁ。

[]MDR-NC300D

ああ、やっぱりこのヘッドホン凄く好み。ノイズキャンセル強すぎるのでまったく外からしかけられない(というか、気づかない)けど、別に良いよね。仕事してるんだし。

でも、ソニーヘッドホンの常として長く使ってると劣化するんだろうなぁ。EX90もE888も、そのうち音がアレになってきたんだよなぁ。初代NUDE-EX(何年前だっけ、買ったの)からいろいろと使い続けてるんだけど。

[]千年女優

やっと最初から最後まで見た(所々見てた)。

素晴らしいなぁ。辻褄のあわなさ加減と、その上で芯の通ったストーリーが凄い。

あと、平沢進天才。「ベルセルク」とか戸川純で知ってたけどさ。

2011-04-01

[]配信されていない課目

手元に録画もなく(電波が入らないのですよ、今すんでるところ)、インターネット配信もされていないものの中で今期の履修科目にあるものは、

  • 途上国の開発('07)
  • 舞台芸術への招待('11)

途上国の開発は古いから仕方ないとはいえ、「舞台芸術への招待」はちょっと予想外だったなー。やっぱ、権利関係がやばかったのかなぁ。

ゆっくり借りに行きましょう。15回行けば揃うし(1回に2本借りられる)。

[]舞台芸術への招待('11)

残念。まだ学習センターにもありませんでした。気長に待つしかいかなー。

ちなみに、ついでに学生証(試験の際や、駐車場認証に使ったりする)が届くのは午後になるそうな。それまではゆっくり待ってましょう。

しかし、多目的あいてないのは痛いなー。言えば開けてくれるのかなぁ。

海外行きの話

もう伏せておかなくてもいいので、おおっぴらに書きます

いい機会なのでかねてからの夢だったJICAの「青年海外協力隊(http://www.jica.go.jp/volunteer/application/seinen/)」に応募します。もう青年って歳じゃないけどなー(実際年齢制限ぎりぎり)。コンピュータか理数教育の分野(こんなの http://jocv-info.jica.go.jp/jv/index.php?m=List&bID=6&jID=6451&rID=&cID=&Keywords=&x=58&y=11)で。どこに行くのかはわからないけど、要請見てるとアジア圏が多いのかなぁ。


ま、それはいいのですが。

この間ちょうどTOEIC勉強でヒイヒイ言っている最中に地震があって、TOEICそのものが全国的に取りやめになった(http://www.toeic.or.jp/info/045.html)っぽいので、応募条件の一つが宙に浮いてしまいました。ついでに各地である協力隊自体の説明会自体も取りやめになって、ついでに応募開始も延期になっている(http://newstopics.jica.go.jp/topics/doc/2011/0317.pdf)のでJICAに問い合わせてみました。

TOEIC受験できなかったんですけど、どうしましょう?」

「応募開始のめどがつかないんですよ。下手すると春募集そのものがなくなるかも」

…なんと。秋募集(年に2回ある)までには復帰するといいなぁ。それまでにはTOEIC受けられるだろうし。

[]CEDEC2011に応募しています(https://sites.google.com/site/gamecreatemagazine/cedec2011shiryou)

というわけで、ショートセッションで応募してます。長く話すことないし。

CEDEC中の人に興味もってもらえるとうれしいんだけど。

[]心理臨床とイメージ(11)

ええと?

ロールプレイング

臨床? せらぴー?

もう、何の科目だかさっぱりわからなくなってきました

NetBeansIDE7.0RC1

RCになったので早速手を出してみることに。

おお、地味にJavaMEが3.0を要求するようになっている。慌ててインストールし直し。

ところで、JDKは64bit版でいいんだよね、これ?

[]檄!帝-最終章-サクラ大戦4恋せよ乙女-全曲集-

この辺からいろいろとおかしな事になってきたんだよな(^^;)。とりあえず5はなかったことに。個人的に。

まぁ、4自体は「ファンディスク」扱いだからなぁ。サクラ大戦そのものは3で終わってるようなもんだし。

[]ニコパチ/坂本真綾

なぜか手元になかったので。

夜明けのオクターブ」なんかフルコーラスそらで歌えるよ。もっとも、アライグマは手を洗ったけど。

[]World Penguin's Carnival 2010

オムニバス、の、はず。

あいかわらずジャンルをきちんと見てない。

[]Verdugo Hills/Caroline

ええと?

なんとなく?

 | 
Connection: close