blog こばくち日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このブログはフィクションです。実在の人物・団体・競走馬とは一切関係がありません。

2016-05-21(土)

[]オークス

土曜分はちょっと多忙のため更新できませんでした。

日曜分ですが、正直、勝負レースがありません(苦笑)。

まあ、かなり厳しい条件でみてるんで、たまにこういうこともあります。

で、こういう時に無理やり条件を緩めて買ったりすると大やけどになります。(今年2回やけどしました)

こういう時は、G1だけゆるーく予想してみたいと思います。


で、オークス

過去10年みても、桜花賞上位が強いです。

が、今年は掲示板をみても、2着と3着と5着しか出てません。

しかも、3着以下は少し離されてます。

消去法で、2着のシンハライトとなるんですが、こういうすんなり決まる時は危ないです。

と、2年前のハープスターの時にあらためて思いました。まあ、それでも2着に来てるんで、あれはよかったんですが。

路線だと、フローラS忘れな草賞ということになります。

どっちも勝ってるというのが条件なんで、チェッキーノロッテンマイヤーか。

これは路線的には甲乙つけがたいので、それぞれチェック、チェック、チェッキーノですわ。

ロッテンマイヤーは、クイーンSメジャーエンブレムに約1秒差の完敗を食らってるんですね。これだとかなり大甘査定してもシンハライトにはかなわんでしょう。

桜花賞メジャーエンブレムが走らなかったとはいえ、たぶん、ジュエラーシンハライトとはそんなに差はないと思います。

その点、チェッキーノは底を見せてない。フローラSも4着のフロンテアクイーン(クイーンS2着)で比較するとメジャーエンブレムとそう差がない。つまり、シンハライトとも差がない。

無理やり、シンハライト以外を狙うんであれば、チェッキーノでしょう。

でもこれも2番人気

2016-05-14(土)

[]日曜日の狙い

東京6R 500万下 3 ヒプノティスト(ルメール

東京10R 青竜S 5 ダノンフェイス(岩田

東京11R ヴィクトリアマイル 10 ミッキークイーン浜中

2016-05-13(金)

[]土曜日の狙い

京都9R 白川特別 6 メイショウコルノ(岩田

東京10R 秋川特別 9 プレミオテーラー(川田)

東京12R 1000万下 5 オールマリンバー(武豊

2016-05-07(土)

[]日曜日の狙い

東京9R 湘南S 12 ダノンムーン(福永

 いい加減、馬券的中させてください(笑い)

東京10R ブリリアントS 8 アポロケンタッキー(戸崎)

東京11R NHKマイルC 4 メジャーエンブレムルメール

 単勝こそかぶってますが、複勝はそうでもない。桜花賞で人馬ともに信用が落ちたんですかね。そんなん、クイーンCから直行のローテーションが敗因なんは分かりきったことじゃないですか。1回使ったここ勝負

[]土曜日の狙い

京都10R 六波羅特別 2 サウンドバーニング福永

京都11R 京都新聞杯 10 ゼンノタヂカラオ(川田)

東京10R 緑風S 1 ディスキーダンス(Mデムーロ

※全部複勝買います。ワイド3連複の軸にもどうぞ。

―――――

レース回顧

京都10R

もう少し前でレースを進めるかと思ったが、先行集団というよりは中団の前目でのレース今日馬場では届かない。

ペースが速いと見たのか、馬がついていけなかったのか。

ちなみに、今年の福永騎手を買った時の成績は回収率0%(苦笑)。相性が悪いです。

京都11R

馬を選ぶ時に近10年の傾向から2000m以上の500万特別で好走していれば大丈夫と見ていましたが、甘かったです。

東京10R

1コーナーまでは不安でしたが、デムーロ騎手がペースの落ちた向こう正面で捲って何とか残してくれました。こういうところが信用できる騎手たる所以ですね。

<通算成績>

190円/300円 回収率63%

ご無沙汰しております

ここしばらくいろいろありまして、なかなか更新できずにいましたが、生きております。

馬券に関しては相変わらず、へたくそです(苦笑)。

へたくそなりに何となくコツもつかんできましたので、狙い馬だけ可能な限り更新してみるつもりです。

最初に断っておきますが、たぶん、大穴は狙いません。というより、必然的に狙わないようになると思います。

時には1番人気ばかり書きますが、それも必然的にそうなるだけで、わざと1番人気ばかり選んでるのではありません。好走しそうな馬を選んだらそれがたまたま1番人気だっただけということです。

それでいながら、私個人としては、ガチガチの人気馬の複勝を買います。それが一番確実に儲かるからです。とりあえず、しばらくの間、へたくそな予想を生暖かく見守っていてください。たぶん、理由は分かります。

参考にされる方は、ぜひ、ワイド3連複の軸にしてください。たぶん、3着までにはきます。

あと、「またデムーロか」「また戸崎か」というのは思っていても黙っててください(笑い)。

さて、狙い馬の選定を簡単説明しておきましょう。

・近走で現級以上を好走している馬

・先行脚質

・適当なローテーション(連闘だとか間隔空きすぎでない)

馬券になる騎手

・極端な枠でない

というのを全て満たした馬を狙います。細かく説明すると長くなるので省略しますが、だいたい今までやってきたことの延長線上にありますので、お暇があれば過去1年ぐらい見てください。

ミソは、「先行脚質」と「馬券になる騎手」です。

「先行脚質」。すごい脚で追い込んできた馬は一見強く見えますが、あれはまやかし。単に先行馬が弱かったかバテただけ。近い例だと、先日の船橋かしわ記念を見れば分かります。先行して最速の上がりだったコパノリッキー。こんなん、後ろから差せるわけないですよ。強い差し馬を買ってもハズれることが多々あります(ノンコノユメとかサウンドトゥルーを買った方はよくお分かりでしょう)。けれども、強い先行馬を買えば当たることが多々あります。もちろん、桜花賞メジャーエンブレムみたいな例外もありますが…

馬券になる騎手」。去年JRAを辞めた某騎手が「強い馬に乗れば誰でも勝てる」と暴言を吐いてましたが、あれはかなり真実です。逆に言うと、勝てる騎手馬券になる騎手というのは、強い馬に乗れる騎手でもあります。強い馬に乗れなければどんだけ腕が良くてもダメですよ(そういう意味では某騎手はもう強い馬を集められなくなっていた、集める気力もなかったので、辞めて正解でしょう)。「アイツはいい馬に乗ってるだけ」とか愚痴っている暇があれば、そのいい馬に乗れる騎手を買えばいいだけのこと。わざわざ逆らう必要なんかないです。「外人が」とか「もっと若手を乗せろ」とか、そんなん、馬主調教師も聞く耳もってませんて。彼らもビジネスですから。

というわけで、詰まらん狙いしやがってという方は見なくても結構です(笑い)。

詰まらん狙いでも参考にしたい方だけ見てください。