blog こばくち日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このブログはフィクションです。実在の人物・団体・競走馬とは一切関係がありません。

2010-05-31(月) タマタマ球蹴り

ミナミアフリカといえば、ダイヤモンドだね

休日出勤の代わりに休みをとった。これといって特別なこともしてない。ただコーヒー豆を買ってきて、サテンでコーシー飲んで本を読んできたぐらい。いつもの休みの日。

前の日。ヒマやし、サカーの試合でも観てみようと思ったんよ。

日本代表やるな。イングランド相手に3得点とは。ただ蹴る方向を間違ってるだけよ。

しかし、点数が取れたというのは大きい。

今まで決定力不足というのがもう10年以上にわたっての日本代表課題やったわけで、FK以外でも点数を獲れるというのが分かった。

問題は、決めているのがDFトゥーリオという点。要するにセットプレーなら上がっていけるが、インプレーでのオーバーラップとなると、これはよほどのことがない限り難しい。

セットプレーで得点に結びつけるというのは、1試合にそう度々あるわけでもないし、相手だって守りを固めてくるわけだから、そう毎度毎度点数につながるわけがない。インプレーでの決定機を逃してはいけないのだ。

ところが、日本FWは何をしている?

岡崎? テレビに映ったか?

森本が絶妙にゴール前へ上がったパスを受けてシュートを放ったが、アレもまずい。何がまずいって、それをダイレクトで打てよと。ワントラップして、体勢を整えて、よいしょ、って。それじゃキーパーも身構える余裕ができるわな。ましてや、あんなヘボいトラップをやってては。

ヨーロッパトップリーグの試合を観てたら、そこでダイレクトにバツンと決められる選手がおる。クロスがあがってキーパーボールの行方を追って構える前に逆サイドへ打ち込む。大体、点数が入る時っちゅうのはワンタッチツータッチではなくダイレクトに放り込むケースが多い。

そら、そんなん巧い選手でも何回に一遍ぐらいしか成功せんかもしれん。けど、そのパスに合わせてボレーなりヘディングなりを打てるだけの技術と度胸がほしい。

優勝とか大口叩いてる本田にしたって、ミドルシュート世界に通用せんのを早く悟らんとアカン。ああいうのは、それが本命ではなく、「ミドルもあるぜよ」というイメージを持たせて守備させてポストプレーヤーのマークを外させることに意味がある。おまいのやるべきことは自分で点を獲りにいくんではなく、点取り屋のマークを外させて、いかに楽にシュートを打てるようにもっていくかということ。

若干ポジションは違うが、ほぼ同じような役割の中田のいたときに日本が強かったのは、中田のパス出しのおかげといっても間違いではない。かといって相手のDFは周りばかりをマークしていると中田がミドルシュートを打ってくる。本田に求められるんはそこやろ。シュートよりもまずパスの精度、タイミング。

残念ながらあと10日余りでそれを求めるのは酷すぎる。

残された道は、セットプレーから1点でも2点でも獲って、きっちり守ること。昨日の前半ぐらいのプレスを、90分間かけ続けられたら、いかに相手が強豪であろうとそう簡単にゴール前へつなぐことはできない。まあ、後半でどうしてもバテるから、そこを選手交代で乗り切れたら、奇跡の1勝があるかもしれない。

と、少しは期待をもたせてくれる内容ではあった。いくらイングランドが本調子ではないとはいえ、ルーニーカペッロも相当いらついてたからなあ。