Hatena::ブログ(Diary)

クルクルの冒険

2010-01-31 電協ジャーナル 第16期 第5号

バックナンバーも読みたひ

明和電機協同組合の入会セットに「電協ジャーナル 第16期 第5号」が同封されていました。

手に持って読んでいたら、夫がちゃぶ台向こうから裏面をながめていました。

 

夫:「組合員の平均年齢をあげちゃうね。」

るー。(<− うなっている)

 

***

電協ジャーナル、バックナンバーも読みたいなぁ。

組合員は買えるのか・・・。でも第6期創刊号は完売か。

るー。(<− 考えている)

 

少なくとも「EDELWEISS通信」は全部読みたひ。

2010-01-30 「電協」に入会しました

電協入会セット届く

昨日、「明和電機」のファンクラブこと「明和電機協同組合」、略して「電協」から、入会セットが届きました。

年始休み明けに、ローソンのロッピーで加入する手続きをしていました。

ロッピーからの手続きには時間がかかると思っていたので、今月中に受け付けてもらえて、とてもうれしいです。

f:id:Fumiba_m:20100130111019j:image

バッチだ。

 

組合員証も届いたので、さっそく記名、写真も貼りました(楽しいw)。

 

組合員証には、「組合規則」が記されています。

一、私は 明和電機協同組合の 組合員である

一、私は 組合員という身分で 私益を求めない

一、私は 明和電機の社会的役割を 支援する

一、私は 明和電機を支援する権利はあるが 義務はない

一、私は、組合員といっても ただの人である

本「明和電機の広告デザイン」p.22に掲載されている1994年当時のものと、同様のようです。

 

なんだか、微妙に深そうです、この規則。

第3項と第4項を合わせると、組合員は明和電機を支援する義務はないけれど、その社会的役割を支援する立場には、先験的に位置付けられているということですね。

一番、考え込んだのは、第2項。

ファンクラブに入会しようと思ったのは。イベントのチケット先行予約・レアな情報を得る、など、特典を利用したいからというのが正直、主な動機でした。

でも、「私益」を求めてはいけないのですね。

これは、明和電機の社会的役割に有益、かつ、明和電機を支援する権利を持つファン「全体」に有益である行動を、ひとりひとりの組合員は求められているということ。

 

真面目に取り組めるか、自分。

ファン初心者として、心します。ばんがろー。いや、がんばろー。

2010-01-29 フランス語

フランス語

数年前、職場にフランスの方がいらっしゃいました。

若くて華奢で美しい方で。

フランス美人は性格が悪いと言われているそうですが、その方はとても気さくで気立てが良くて優秀で。

彼女とお話しがしたくて、フランス語の勉強を始めようとしたことがあります。

でも、ほんの基本から進めない。

モノが男のコか女のコかなんて気にしてられない。動詞の活用多すぎ。

 

メカトロニカ社長。なんだかとても、カタコト・フランス語がお似合いです。

ぷるくわっ。サバオ腹話術、可愛過ぎっ。

2010-01-28 オタマトーン演奏法(自己流)

オタマトーン演奏法(自己流)

現在のわたしのオタマトーン演奏法を紹介します。

 

動画を見ると、社長は右手でセンサすね〜。さすが生みの親。お上手です。

わたしは左手でセンサ押さえ。右手で口ぱくぱく。

 

左手の親指は、柄の裏上部のねじ穴が定位置。ここからあまり動かしません。

センサを押さえるのは中指。この状態で、なんとか最高音部まで届きます。指の開く感覚をつかめるので、手元を見ていなくても音位置を押さえやすいのです。

 

でも、正確な音程を押さえるのは無理。平気で1音はズレてしまう。中指をセンサから離さずにスライドさせながら、位置を微調整して音を探ります。

この演奏法だと、「セーモンズ」のみなさんのような、ゆらゆら悲しげな声色になるのが、ちょっと気に入っています。

f:id:Fumiba_m:20100127202033j:image

お。クルクル初写真。 

 

社長は、プラスティック・テープで、柄に指が滑るよう加工しているとのこと。

わたしは、指を滑らせたいときは、セロテープを左手中指に巻きます(発想の逆転?)。これで、するする指を滑らせながら演奏できます。

2010-01-27 DVD「明和電機のナンセンス楽器事典」

DVD「明和電機のナンセンス楽器事典」

また、生協がキノコやトマトと共に、DVDを届けてくれました。

ヲノさんの解説付きだー(*^^*)。声に出して読み上げてしまいました。

 

夕食後に鑑賞。

 

夫:「いっぱいつくったんだね。」

ほんとにね。

 

*****

ところで。

ぼーっとしていることの多かった奥さんのテンションが、昨年末あたりからヘンになってしまったことに、夫が不安を感じているみたいです。

すまない。夫よ。

(そのうち、この浮かされている様な状態からは抜けると思うのだが。多分。)

2010-01-26 作業服職場デビュー

作業服職場デビュー

月曜日。職場で早速、明和電機モデル作業服を初着しました。

若い方から

かっこいいですねー。かわいいですよ、わたしも欲しいな。

などと声をかけてもらいました。

(一人は、ぷっ。と吹いていました;)

胸の「電機」の部分を、白いレースの蝶のブローチで隠しています。大昔に姉がヨーロッパ旅行の土産にくれたもので、手持ちのものでは最適の大きさ・色でした。

各種作業服がうようよいる職場です。正職員のみなさんからは気付かれなかった模様。少なくとも本日は。

2010-01-25 武田丸

武田丸

筑波山のある道路では、夜、バイクの暴走がすごいと、ずっと以前に聞いたことがあります。

「族」の人だけでなく、スピード狂が集まるのだとか。

同郷の知人(当時、理科大生)がそこで事故を起こし死にそうになった、と聞いて、肝が冷えたことがあります。

今でもそうなのかしら。夜に行ったことがないので分かりません。

 

T市の国道近くに住んでいます。

今の季節は静かですが、季節になると、夜、暴走族の集団が通過していくことがあります。

また、滅茶苦茶エンジン音のうるさいバイクとかも。

そんなときは、明和電機の「武田丸」と「ツクババリバリ伝説」を思って、これからは若干楽しく耐えられそうです。

 

「武田丸」のビジュアルは、明和電機の楽器のなかでは独特だと思う。

動画で初めて見たとき、これは「ヨハネの黙示録」に出てくる天災を呼ぶラッパを象徴したものだっ。と思いました。(小学生のころ、黙示録を読んで怖くて眠れなくなった記憶あり。)

・・・でも、あれは7人の天使と7つのラッパでした。「武田丸」のホーンは6つですね。違うのかー。

でも、そう思ってしまうくらい、音にも姿にもインパクトがあります。

 

f:id:Fumiba_m:20100124155912j:image

プラマン+水筆 PC取り込み後、加工・着彩。もうすこし、さらさらカッコよく描きたかったのですがー。

2010-01-24 作業服が届きました

作業服が届きました

明和電機モデル作業服」が届きました。

http://www.ymmn.co.jp/maywa/intro.htm

ヤマメン株式会社さま、ありがとうございました。

 

服を入手してこんなにうれしかったことは、生涯初めてかもしれません。

早速、チェック。

f:id:Fumiba_m:20100124133101p:image

きれいな色です(*^^*)。

遣わされている職場で着るには、「明和」は構いませんが、「電機」はダメな気がします。電気関連業者に間違えられたらややこしいですからね。

胸のこの部分を隠せば、大丈夫なはず。多分。

2010-01-23 閃輝暗点

閃輝暗点

ブログによると、社長:信道さんは、閃輝暗点の症状がたまに現れるとのことです。

 

わたしも閃輝暗点の経験があります。

最初は、非常にあせりました。 職場でPCディスプレイ画面を見ていたら、急に「キラキラ光り輝く大きなソラマメ」が視界の右方に現れたのです。

両眼ともに見えることから、多分、脳による視界異常。見えているものはキレイなんですが、ものすごく視界の邪魔です。

職場は、業務外でネットをすることが厳重に禁止されているのですが、このときは無視。見える片側の視界をつかい、その症状について検索しまくってしまいました。

結果、「閃輝暗点」という、頭痛持ちには比較的よくある症状だということが分かり、心から、ほっ。

光るソラマメは、やがて滲むように広がっていき、数十分で消滅しました。

 

閃輝暗点。芥川龍之介にもあったといいます。

彼の自殺後に発表された「歯車」。視界を埋め尽くしていく歯車の幻想は、多分、閃輝暗点の症状だと思われるのです。

それを知ったとき、芥川は歯車、でも自分はソラマメなんだ。このイメージの落差はなに! と独りでケタケタうけてしまいました。

 

明和電機」デビュー前のマークは、芥川の描いた河童だったそうですね。

社長と同じ症状と思えば、ちょっと怖かった閃輝暗点も、すこしうれしいです。

2010-01-22 白洲次郎のつなぎ

作業服考2

作業服を着た男性が、てきぱき仕事をしている様は、とてもカッコいい。

と、思います。職場でもそう思いますし。

DVDで観た「明和電機」のパフォーマンスでも、無言の若い工員さんたちが素敵です。

 

年始、実家のある宮崎に帰っていました。街のアーケード街の中心部に、「みやざきアートセンター」というものができていて、「白洲次郎と正子の世界展」という企画展が行われていました。

興味深い展示品がたくさんあったのですが、そのなかに、戦時、隠居するように田舎へ移り、農作業や木工に親しんでいた次郎さんの、つなぎの作業服がありました。

これが、異様にきれいで格好いいつなぎなのです。これを着て写られた写真はありませんでしたが、さぞお似合いだったことでしょう。

作業服を粋に着こなせること。それが実務に優れた男性の条件だという思いを強くしました(*^^*)。

2010-01-21 作業服ファン

作業服考1

作業服。自分で着るのも、人が着ているのを見るのも好きです。

材料・デザインに優れた理由と機能性があり、縫製が丁寧。

以前、作業服が支給される職場にいたときは、好んで男性用の上着を受け取って着ていました。

今の職場では、テンポラリー・ワーカーだから支給されないので、ホームセンターで自費購入。たいていいつも羽織っています。

自分のように大柄なすっぴんおばさんには、相性のよいアイテムだと思います。(多分、かんちがい。)

 

職場でも作業服の人が多く、幹部クラスがネクタイに作業服。全く日常です。

(・・・でも、どうやらこれって、日本の職場だけの文化のようですね?)

さすがに、経理のヲノさんのように、作業服の上に腕カバーまでする人は見たことありませんが。

 

明和電機」の空色の作業服、欲しいです。

ナッパは無理ですが、上着なら。

職場で普段に着用する気、満々です。

 

明和電機」の作業服は、ネットで購入することができます。

株式会社ヤマメンのサイト:

http://www.ymmn.co.jp/

この説明ページの

『そこでお洒落な明和電機モデルでは、従来通り金属製のファスナーとボタンを採用しています。丈夫で長持ち、そのうえ感電の危険性を残すあたり、これこそ明和電機の醍醐味といえるでしょう。』

っていうところ、すごく笑えました。仕事でむき出しのコードの電気配線をすることはまずないので、金属チャックで大丈夫ですっ。

早速、注文してしまいました。

1着だけの注文依頼に対して、『現在、品切れ中です。月末まで待ってください』という丁寧なメールが来て、ヤマメン、好感度大です。

昨日、『できあがりました〜』のメールがきました。やたっ。

 

・・・ところで、社長サイズ(Sサイズ)で注文してしまいましたが、ばりばりスタイルのときの動画で社長の胴の細さを確認、心配になっています。わたしにはどうやらMサイズだったかも・・・。

2010-01-20 経理のヲノさん3

経理のヲノさん3

ヲノサトルさんはブログとTwitterをされています。

イラストもお上手だ(嬉っ)。

現在、ツイットでは密度濃く書き込みをされているときもあって。

講義の情景やその他のお仕事、まわりの人とのかかわり、お料理が上手なこと。育児のこと。

などなどうかがい知って、ほーっと和みながら、どきどきして読んでいます。

 

わたしのTwitterは、ほとんど朝夕まとめ読みツール。

もしかして、ストーカーに近い? でも、こんなフォロワーおばさんを許してください。

ヲノさんが気になるんですっ。

 

一昨夜、「メカトロニカ」を再鑑賞。

 

経理のヲノさんは、すごく頼りがいある安定感です。

ヲノさん素敵っ。万歳っ!

2010-01-19 経理のヲノさん2

経理のヲノさん2

ネットで、ヲノさんの profile ページを見つけました。

http://www2.gol.com/users/wono/prof.html

 

わっ。なんてステキな人なんだ(写真を見てのファースト・インプレッション)。

 

ヲノサトルさん。

現在、音楽活動を続けながら多摩美術大学の准教授でいらっしゃるとのこと。

まさかというか、やはりというか、アカデミックな音楽理論・作曲理論の知識が背景にある方だったんですねぇ(経理の才能だけでなく!)。

映像関係の講義もされているそうです。ハイソで優雅だっ(<− 印象批評)。

講義を受けてみたいです(美大って、若い頃からあこがれ・・・*^^*)

  

CD販売のサイトでいくつか曲を試聴。キーボードを担当されている「ブラック・ベルベッツ」も、YouTubeで数曲、拝聴いたしました。

・・・テクノを背景としながらも、今までわたしが馴染んだことのない、お洒落で知的で遊び心にあふれているオトたちです。参りました。

f:id:Fumiba_m:20100119201107p:image

クルクル、身分不相応な人に惚れたらあかんよ。

2010-01-18 経理のヲノさん1

経理のヲノさん1

初期「明和電機」の音楽パフォーマンス映像をまだ入手できていないのですが(現在、手配中)、ネット動画で見ることができます。(前にも書いた。)

 

にぎやかなステージ。放射状にギターを配置した「ギターラ」を背景に、足踏みオルガンで奏しているのは、明和電機に「東京人材派遣センター」から出向している「経理のヲノさん」とのこと。

黒縁眼鏡と黒の袖カバーが印象的。そうねえ、会社組織だったら、経理担当者が要るだろうねえ。縁の下の力持ちなんだろうねえ。

 

しばらくして気付いた。

演奏しているヲノさんから、「この音楽パフォーマンスをわたくしが統率していますオーラ」(?)が燦然と放射されている!

え。

ヲノさんって、一体、ナニモノ?(つづく。)

2010-01-17 魚の夢

魚のモチーフ2

「魚器(NAKI)シリーズ」のなかには、魚を殺すことがパフォーマンスになった、残酷なものがあります。

明るい「明和電機」の裏返し。暗く凄惨なイメージをまとう、それらのほうが原点。

これらのモチーフは、信道さんの悪夢からきているそうです。

 

*****

わたしも魚の夢を幼少時より時々見ます。

それらは、自分が好んでいる明るい魚のイメージではなく、どちらかといえば気持ち悪かったり恐かったりするものです。

 

比較的最近の夢のパターン:

 

夢1:橋や堤防から川面を見ている。深い色をした水のなかにたくさんの魚影が見える。ボラかな?

 

夢2:運河を覗くと、リュウグウノツカイのように長い影が何本もゆらゆらしている。

 

夢3:入江の暗い水。様々な形をしたエイのような大きな底魚が、重なるように群れている。

 

夢4:斜め上空から街を流れる川面を鳥瞰している。下流から巨大な魚がのぼってくる。川沿いにいる人たちを飲みこんでしまう。

 

夢5:仕事に疲れて電車で帰る。古びた鉄筋コンクリートのビル。暗闇のなか、わたしは透き通った空洞の三角柱になり細い円筒状の水槽の中でまどろむ。向うの水槽には暗い色の魚2匹。丸い頭は男の顔。グリっとした眼でこちらを見て、なにかひそひそしゃべっている。

 

そして、もちろん現実世界では、魚に残酷なことをたくさんしてきました。

たまには指や包丁でさばきますし。居酒屋等では活けづくりなどを好んで食します。

四国にいたころは、時々釣りに連れて行ってもらいました。気長に待つ時間が好きでした。魚がかかったときのぴくぴくする感触を指で心から楽しみ、魚が針を飲み込んでいたら、生きているうちにハラワタごと口から引きずり出していました。

それだけではなく(以下省略)。

(合掌。)

2010-01-16 魚のモチーフ1

魚のモチーフ1

明和電機の「魚器(NAKI)シリーズ」。

魚をモチーフにしていて、とてもリリカルで美しい造形のものが多いのです。

 

魚のモチーフは若いころから好きでした。

魚について、

『水のなかにいて・シンプルな形をしていて・気持ちよさそう。』

という、ごくありがちな表層的なイメージをもっていたと思います。

f:id:Fumiba_m:20100116205322j:image 

若い頃は、らくがき等に、魚を好んでとりあげました。

 

f:id:Fumiba_m:20100116202245j:image

1986年頃 ラフォーレで行われたGONTITIのライブ中に見た白昼夢をかきとめたもの。油性ペン+透明水彩。PCで若干の色彩調整。魚の骨モチーフ、というのが少し明和電機っぽくて今見るとなんだかうれしい。

f:id:Fumiba_m:20100109144404j:image

1991年 松山にいたころ彫金(銀細工)を少しかじったときにつくった指輪

  

また、当時から、すこし個性的な魚がモチーフの既製品にひかれて買っています。

f:id:Fumiba_m:20060321094858j:image

若い頃にモデル・ショップで買った、2cmくらいのナイフ

f:id:Fumiba_m:20100116084415j:image

お気に入りのスカートの模様。南の島ではいていると人気です。

 

結婚して、魚モチーフへのこだわりは少なくなったけれど。

(夫は大の鳥好き。)

何年か前、南の島でのシュノーケリングを楽しんでからは、

『魚って、愛嬌があってすごくかわいい』

というイメージもさらにプラス。

 

*****

(もっとも、わたしのなかの魚。そんなきれいなものばかりでもないようです。)

2010-01-15 閑話休題

あのころ

 

なにしろ、こんなにおくれてやってきたファンなので。

ごく最近の大人〜な魅力の「明和電機」からはいっているわけです。

 

そのため、20代〜30代前半ころのお二人を動画などで拝見すると。

なんというか、神経がくすぐられまくって困ります。

f:id:Fumiba_m:20100115235149p:image

クルクル、あんまり笑ったら失礼だよ。 

 

ところで、昨日、社長が髪を切られ、若い頃の髪型に戻られたのだそう

twitterより)。

わー。今でもお似合いかしら。

(髪なんてすぐに伸びてしまうけれど。)

2010-01-14 アートの本2冊

購入しました2

年始の休みが明けたころに「明和電機」公式サイトで注文した2冊の本が、昨日届きました。

 

「オタクギョタク」(発行:2005年 作品製作年:1991年)

「EDELWEISS PROGRAM」(発行:2004年)

 

いずれの本も「明和電機」社長:土佐信道さんが、個人名義で出された本です。

 

*****

「オタクギョタク」

早速、つらつら・・・と見たのですが。楽しいですね。

大学生の信道さんが、T市のファミリーレストランにこもってこれらの絵を描いたのだと想像すると、なんだかうれしいです。

1000匹のなかに「オタマトーン」に似た魚もいましたよ。作品番号480です。

社長ブログによると、これら魚のイメージが「明和電機」の原点になっていて(デビューから早い時期にかけて展開した「魚器(なき)シリーズ」)、最近、信道さんは、「魚器」とその原点となるイメージについて再考を重ねていらっしゃるそう。

それに同期してこの本を鑑賞できるなんて、ファン初心者として幸せです。

 

*****

「EDELWEISS PROGRAM」

エーデルワイス・シリーズの原点に、この物語があるという。

WEBでこの本の能書きを読んだとき、自分と接点がない世界だと思った。嫌悪感がつのるだけで。

ほんのちょっと覗いてみるだけ。そう思って注文した。こわいものみたさもあった。

届いたのは、とてもとても美しい本。

寝る前に読みはじめた。これはポエムなのだろうか。端的な言葉つかいによるこのような表現。わたしは他に例を知らない。

読み終えて、そのままぐっすり朝まで眠った。

 

眼が覚めると、この物語の世界が、以前からそこに在ったかのように、頭のなか、すこし距離をおいたところに広がっていた。すこしも嫌ではなかった。 

しかもそのままスイッチがはいったかのように、連動するアナザー・ストーリー:ひとりのメスの視点から世界を見た物語が語られはじめようとしていた。

わたしはそれをこの物語の外典として綴るだろう。

 

・・・今朝、本当にそう思ったのです。

 

*****

「EDELWEISS PROGRAM」の世界は、聖書のつくりに倣っているようです。

年末から聖書についてのかなり専門的な?対談集(池澤夏樹氏と一人の聖書学者による)を読みはじめ、読みかけです。何か不思議なリンクがあったのならうれしいな。

ぼくたちが聖書について知りたかったこと

ぼくたちが聖書について知りたかったこと

自分の素養のうすさを嘆きながら、眼を通しています。ようやく読み終わりそうです。

1996年頃の音楽パフォーマンス

1996年頃の明和電機の音楽パフォーマンス映像は、まだ入手できていないのですが; いくつかネット動画で見ることができます。

初めてこっそり見たとき、びっくりしました。

製品デモどころではない、こんなちゃんとしたライブをされていたんですね。

 

メロディは昭和歌謡曲的で、きれいで懐かしくわかりやすい。

不思議なカタチの100V楽器たち。なんてビジュアル系。

文字通り、いや、カタチ通りにオリジナリティあふれる音群。

すごく気の利いた編曲。

ご兄弟二人もきっちりきっちり演奏されている。

誰でもマネできる振り付け。

キャラクターがにぎやか。

歌の上手な娘さんたち(ナッパーズ)。謎の専属歌手。

「ギターラ」を奏している「経理のヲノさん」。

 

こんな愉快で聴き甲斐のある音楽ライブを敢行したら。

それは大ウケされてしまうでしょう。

さすが ソニー・ミュージックエンタテインメント

わたしもライブで聴きたかった、見たかった。

2010-01-13 身近な人にインタビュー

身近な人にインタビュー

わたしの周りの若い人(計9人)に、「明和電機」を知っているかどうかなど聞いてみました。ついでに、オタマトーンの宣伝もしました。(2009年12月ころ)

 

20代女性:職場の同僚(T市出身在住)

「はい、知っていますよ(にっこり)。」

同人・後日談

「お正月、雑貨屋でオタマトーンを売っていましたよ。」

 

30代女性:職場の同僚(関西出身T市在住)

「いいえ。知りません。なんですか?」

同人・後日談

「彼が、T大学のメディアアートの授業で、明和電機の海外公演映像を見せられたそうですよ。T(市名)のイベントでやったような生ぬるいのではなく、なにかすごいとんがったことをやっていたと言っていました。」

 

20代女性:職場の同僚(北陸出身T市近くに在住)

「知らないけれど、帰ってネットで調べました。(感心した風情で)ずいぶんファンキーなことをされている方たちですね。」

同人・後日談

「ドンキでオタマトーン売ってました。触ってきました。」

 

30代女性:ネット上知人(東京出身・関西在住)

明和電機さま、めっちゃ好きやった! お兄さんがいるころの明和電機が好き。CDも持っているはず。」

 

30代?女性:夫の職場の派遣さん(T市在住)

明和電機好きです。T(市名)に来てたんですか?知らなくて残念です。電協(ファンクラブ)には入っていません。お兄さんとやっていたころの明和電機が好きです。えー?お兄さんも来たんですか。」

 

40代女性:おえかき知人(千葉県在住)

「あー、知人にファンがいますよ。イベントとかへは行ったんですか?(オタマトーンを触って)へえ、意外としっかりした音程がだせるんだねえ。(しばらく触る)」

 

30代男性:おえかき知人(千葉県在住)

「(オタマトーンのパッケージ裏側を見て)わー。明和電機もおじさんになったんですね。(・・・でも、かっこいいですよー。)そうですねえ。そういえば、明和電機と言えばT(市名)ですよね。(このあと30分間くらいオタマトーンを触り続ける)

 

30代男性:研究職(北海道出身T市在住)

「いえ。知りません。」

 

30代男性:研究職(東京出身しかも帰国子女T市在住)

明和電機! それはまた、マニアックですね。」

 

*****

総じて、わたしの予想より浸透している気がします。。

「お兄さんがいたころの明和電機が好き」と言った女性が二人いることが、ちょっとツボでした。

2010-01-12 ファン初心者のメリット

購入しました1

2010年1月。「明和電機」ファンになった元年の1月。

まず、「明和電機」関連の商品を3つ入手しました。

 

BOOK: 「明和電機の広告デザイン」

CD : 「明和電機 GOLDEN BEST」

DVD : 「メカトロニカ」

  

なぜ、この3つかというと、わたしが加入している「いばらき生協」の通販サイトで検索してhitし、『発送料無料・5%割引』で購入することができたからです。ふっ。

 

今週の月曜日に、野菜とか牛乳とか卵とかと一緒にコンテナに入って届きました。

 

夜、早速、「メカトロニカ」を鑑賞。

関西出身の夫も、興味深そうに一緒に観てくれました。

 

その後、「明和電機の広告デザイン」を積読。

一気に読んだ後、長い物語を夢中で読んだ後のような、印象的な夢を長時間みていたような、不思議な感覚でした。

文字情報も多く、「明和電機」業務活動の時系列がすっきり頭にはいった感じです。

 

そして、眠りに就く前、布団のなかで思いました。

 

明和電機」をほとんど何も知らない状態でファンになったということは。

デビュー以来の活動に、今、わくわくとても新鮮な気持ちで接することができるということ。

そして同時に、整理された情報を元に時間的に俯瞰しながら、これまでの変遷の様子をも味わうことができるということ。

結果、ぎゅっと凝縮した状態を、しかも様々な面に思いを馳せながら楽しめるということです。

これって、ある意味すごくラッキーではないですか?

(もっとも、なんだか、ファンとしてずるをしている気もします!)

購入した3点の紹介:

明和電機の広告デザイン

明和電機の広告デザイン

GOLDEN☆BEST ALL OF 明和電機

GOLDEN☆BEST ALL OF 明和電機

MECHATRONICA [DVD]

MECHATRONICA [DVD]

2010-01-11 生パチモク・ファーストインプレッション/木魚の想い出

生パチモク・ファーストインプレッション/木魚の想い出

社長がこなれた動きで操る「指パッチン木魚」。

指の操作と木魚の音が同時で(100Vノッカーだから当たり前)、複雑で端正なリズムを正確にあっけらかんと奏でられることに、見惚れながらも軽い違和感を感じました。

 

普通の指パッチンとは音を出すシステムが違うので、指使いのタイミングが異なるからそんな気がするのかなー?

でも、木魚って、普通、もっとだるいビートを奏でてる気がします・・・。

 

*****

父の実家が九州にある浄土宗のお寺でした。子どものころは夏の休みに帰省。木魚の音に親しみ、朝のおつとめのときなど自分でもたたいてみたりしました(住職さんの邪魔)。ぽーくぽーくぽーくぽーく。

 

お経(声明)は、速めの3拍子で唱えます。

 

なーん みょーう ほーー れーん げーっ きょーー

 

という風に。

木魚は、第一音にジャストミートではないタイミングで鳴らしていたと思うのですが・・・。

 

ネットで調べてみました。すると、浄土宗だけがその他の宗派とは木魚のたたき方がちがうとのこと。

通常は3拍子の1拍目でたたく「頭打ち」。

それが浄土宗では、2拍目でたたく「合間打ち」というのをやるのだそうです!

 

確かにそう覚えています。一拍目で気持ちよく手首のスナップを効かせ、少しタイミングを遅らせてバチ・・・ではなくて撥を木魚に当てていました。

お経は通しだととても長いのです。「合間打ち」のほうが、疲れない気がします。

記憶のなかで木魚が刻むのは、タイムラグのある、レゲエのようなゆるめのビート。

 

***

大きさの違う小さめの木魚が左右に取り付けてある「指ぱっちん木魚」。

神妙な顔をしてうつむき胸に手を押し当てると、仰々しく、ゆっくりと開いていく翼。吊りあげられる丸い魚たち。

ちょっと変わった天使が、ちょっとヘンな動きで、明るく澄んだリズムを奏でてる。

 

背景に青空を見ました。

f:id:Fumiba_m:20100111073440j:image

ケント紙に鉛筆で軽い当たりをつけ、プラマン+水筆。スキャナ取り込み後PC着彩

2010-01-10 プラマンを買いました

プラマンを買いました

社長:信道さんのブログ。イラストがとても楽しいです。

 

ところで、プラマンって、何?

社長は、イラストを描くとき、ぺんてる「プラマン」を使用しているとのこと。

昨年12月、ぺんてるのサイトに、社長へのインタビューが掲載されました。(数ページにわたり、読み応えがあります。)

そこで、「プラマンがないと描く気がしない。」というようなことまでおっしゃっていました。

で。プラマンって何ですか?

記事によると、どうやらTradio(トラディオ)という名前のペンらしいです。プラマン。PulaMan。あ、そうか。きっとプラスティック万年筆のことですね。

 

近くの本屋の文具コーナーで「プラマン」を捜してみました。

・・ありません。

しばらくして、関西の「Loft」に行く機会があり、そこでも探してみる。

あった、ありました。多分これ。Tradioと銘打ってあるし、ネットで見たのと同形です。

夫にねだり、2本買ってもらいました。

 

これでイラストを描く練習をしませう。

  

ところが。これが難しい。

強弱のついた表情ある線をひくためには、的確なペン先の角度把握と、かなりのスピードが要求されるのです。

そういえば、社長のイラスト作成のご様子を撮影した動画、ペンの動きが非常にすごーく速く、たちまち一枚仕上げていらっしゃいました。(社長ってば。やることなすこと全て高度ですね;)

また、プラマンで引く線は太くて存在感があります。

この線の太さで、十分に速く描く。あきらかに今の自分の描写実力では遥か彼方、ついていくことができません。無理です。

  

つまり、これは。描く瞬発力を鍛え、手法を探るだけでなく、モノの見方、捉え方からして変えなければならないということ!

 

勉強になるなあ。

 

というか。そこそこ満足のいくイラストをプラマンで描くことができるようになるのでせうか自分。(社長愛用のタイピング用紙も買ってみましょうか?)

 

ところで。

「プラマン」を買ったつもりでいたのですが。

よく見ると、キャップに「Tradio Stylo」と銘打ってあります。

Stylo? PulaManぢゃないの?

ネットで調べると、どうやら、Styloは、ヨーロッパで売るときの名前のよう。

特にフランスで人気があるようです。

ヨーロッパで売るのに「プラマン」という呼称は当然ないか。

ぢゃ、これって、逆輸入品?

そういえば、値段もWEBで調べたプラマンのそれより高かったし。軸色もスモークかかったメタリックブルーやグリーン系だったりするし。

 

・・・「明和電機」に縁の深い彼の地で売られているペンということで、よいです。おしゃれだと思います;

2010-01-09 つながっていく

つながっていく生活。

You**b*など、動画サイトには、合法でないものがたくさんあるような気がしていたので、これまであまり立ち寄らないようにしていました( <− 単に気が小さい)。

でも、こうなったら、背に腹。2009年12月下旬は、「明和電機」関連の動画を見まくりました。

動画だけではなく、公式サイトや、その他Googleで釣れる記事なども。・・・情報は、たくさんありました。

(あー、でも、時間軸ばらばらの情報でハム頭が混乱・・・。)

 

明和電機」の魅力にこれまで気が付かずにいたのは、すごくもったいない。

思い起こせば、彼らのデビュー当時は地方に赴任していたはず。大阪に転勤して発生した阪神淡路大震災。なぜかできた結婚。東京への異動。都会での通勤生活に慣れなかったこと。夫の転勤と共に東京を離れテンポラリーな仕事に変わったこと。子どもをつくることをあきらめなければならない年齢になったこと。

 

自分のこれまでと最近のネットを巡る情勢の充実を考えていくと、確信が持てました。タイミングというものがあって、「現在」でなければ明和電機ファンになれることはなかったでしょう。

 

そして、My オタマトーン:クルクルが背中を押してくれました(*^^*)。

2010-01-08 生明和初体験

生明和初体験

オタマトーン2匹を入手して幸せ〜になった直後の頃(2009年12月下旬はじめの日曜)。

明和電機」がT市にある大型商業施設に、ラジオ関連公開イベントでやってくるというのです。

るーららら。これは、何を置いても、行くでしょう?

 

以前から「明和電機」の概要は知っていた(つもりだった)のですが、パフォーマンスを生で見るのは初めてです。いい立場所に位置を占め、待つ間も胸が高鳴ります。

 

ぽくぽく木魚が先端に付いた背負い翼(パチモク=指パッチン木魚)。ずいぶん以前に映像で見たことがあるように思います。社長さん(信道さん)、なんてこなれた慣れた熟れた動き。

会長さん(正道お兄さん)もいらっしゃり、かわいい女性コーラス隊(3人)も参加。演奏はとてもファンタスティックでした。木琴の自動花(マリンカ)すてき。お二人が演奏される手元に目が釘付けになります。

 

それにしても、梱包、移動、設置、撤去が大変そうな楽器群だ・・・。

ブログでは、前日のアトリエ忘年会の後片付けを早朝までされていたはずなのに。お疲れぢゃないのかな?

 

最後の「オタマトーン」販売(サイン付き)は長蛇の列でした。

(わたしは、夫が焼きたてのたい焼きを手に持って会場の後ろで待っていてくれたので、並びませんでした。)

2010-01-07 オタマトーンを探しまわった日々

オタマトーンを探しまわった日々

2009年11月。

オタマトーンはどこで売っているのでしょう。

住んでいるT市では見かけません。全国的に品薄のようです。通販も入荷待ちになってしるし。東京のあるところにしかないみたい? 手にとって見てみたい!

思い余って、週に一回だけ乗り換えにつかうK駅近くの「東急ハンズ」へ行ってみました。

オタマが流通しているのはハンズ。ネット情報から思ったのです。

 

乗り換えのため、つかえる時間が短い。

しばらくうろうろし、最後に店員さんをつかまえ、聞いてみました。

「すみません。・・・あの、これくらいの大きさのおもちゃの楽器で「オタマトーン」というものを置いていないでしょうか。」

・・・売り切れで、12月の中旬まで入荷しないとのこと。

なぜか恥ずかしく、逃げるように売り場を離れました。

  

12月中旬になり、T市にあるあらゆる店、・・・「ロフト」や大型の玩具屋、電器屋、面白グッズのショップなど、仕事帰りと休みの日、自転車や徒歩で移動して探し回りました。(車を持っていない人がT市街を移動するのは大変なんです。)

しかし、そのころのT市には、どこにも気配がありませんでした。

 

週末を迎え、またK駅近くの「東急ハンズ」へ。乗り換え時間を調整して、ダッシュ。

・・・無事、黒白2匹を手に入れたのでした。

さすがハンズ、ありがとう。

(〜12月中旬)

 

今では、T市のあちこちの店で見かけるそうですよ!

2010-01-06

2009年10月〜12月その2 クルクルと一緒に出発しよう。

f:id:Fumiba_m:20100106201631p:image

・・・でも、ネットで拾う情報は、時間軸がばらばらで、容量が少ない脳内が全然まとまらないのです。

明和電機」のデビュー以来の16年間を考えると、ドキドキして眠れなくなるくらいなのに。

つながっているのに、「やり逃げ」。「やり逃げ」しまくっているのに、つながっている?

 

明和電機」の輪郭をつかもうとする過程で、ふと思い立ちました。

明和電機」ファンになります。

ファン初心者から少しずつはじめてみようと思います。

  

クルクルと共に、いかりをあげて、出発!

この旅は、冒険の旅になりそう。そんな気がします。

2010-01-05 2009年10月〜12月

2009年10月〜12月 それはTwitterからはじまった。

あけましておめでとうございます。

今年は、わたしにとって、『明和電機』ファン元年になりそうです。

2009年10月から12月にかけて、「一体、何が起こったのか」を思い返してみました。

 

ネットはそれほどしない人間なのですが、2009年秋頃、巷でうわさになっていた「Twitter」というものを、興味本位で自宅PCからはじめてみました。

しかし、気付いてはいたのですが、わたしにはフォローし合うような知人が皆無です(淋しいー)。

結局、何人かの有名人をフォロー。「明和電機」も、なんとか名前と概要を知っていたので; 登録してみました。

それから間もなく、つぶやき群をつらつら見ていて「オタマトーン」という製品の発売を知りました。

公式サイトを見ると、なんだかとてもユニークな楽器です。

 

じゃすとみーと。これ、欲しい!

 

・・・悶々として、12月の半ば過ぎ、ようやく「オタマトーン」を手にすることができました。

そして気がつくと、それは、ほとんどネットで得た情報からだと思うのですが、「明和電機」のことが、とても気になるようになっていたのです。

f:id:Fumiba_m:20100105204958p:image

   最近のわたし(続く)