Hatena::ブログ(Diary)

クルクルの冒険

2011-12-28 今年一年

2011年12月に

年末です。

 

今年。2011年。

どうもありがとうございました。

 

年末年始は、鋭意、関西にある夫の実家で嫁をいたします。( <− 一応、長男のヨメ )

 

明和電機ファン3年目にはいりますー。まだひよひよです;

どきどき・きょろきょろ。心ときめく旅が続きます。

来年もよろしくお願いいたします。

2011-12-27 花ヲ見ル

花ヲ見ル

駆動しながらきれいな音を響かせる。

マリンカ。不思議。

マレット・ノッカーは、かなりの力で白い花弁の木片を殴っているのだろう。

f:id:Fumiba_m:20111227073541j:image

今度機会があったら、花の中心部をよく観察しよう。

2011-12-26 小説ではないまま・・・

小説ではない・・・

18回にわたった明和電機社長ツィートの仕分け・抽出・編集作業。一旦休止したいと思います。

 

これら踏まえて「小説」をつくれなければ、社長の意図に沿えないわけです・・・。

でも、やはり当方には無理そう。

フィクションに仕立てなくても、そのまま羅列するだけで十分におもしろいんですもの。社長のツィートは・・・。

 

社長ツィート・ログをコピペしてまとめる作業、とても楽しかったです。

 

一方、当方のフィルターを否応なしにかけてしまうので、ひどく申し訳ないことをしている気持ちにもなりました。

不愉快に感じる方がいらっしゃったらゴメンナサイ。

 

まとめかけているテーマ、実はまだいくつもあります。

たとえば・・・

 【明和電機の芸術論】

 【明和電機の芸術家論】

 【明和電機のデザイン批判】

 【明和電機とは何か?】

 【漫画/小説】

 【世界観】

 【動物たち】

 【ダジャレ**連発!】

 

など。

芸術論/芸術家論関連は、既にまとめたのですが。

これらは社長が立たれているところの土俵そのものであるわけで。安易に当方が編集したものを掲載するのはやめておきます。

他のテーマについては、おいおい掲載するかもしれません。もしかしたら。

 

毎回、小さなカットを数分でぱぱっとらくがきするのも楽しかった(気が咎めながらも)。

雑だし描き慣れていないので、見返すとタッチがばらばらですね;

 

(・・・とりあえず多方面へ平謝りっ)

(そして、社長、どうもありがとうっっっ。12/27)

2011-12-25 小説ではない 18

【博物館・美術館】

めりくり。

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第18弾。基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

今回のテーマは美術館と博物館。

 

  • 博物館・美術館

 美術館、博物館の経営がきびしい。原因のひとつが建物のオーバースペック。川を渡る舟なのに、豪華客船を建造してしまった例が多数。クルーの手がたりない。

 

 建築家の「意匠が強すぎる」美術館が多い。作家側からすると、展示しにくい。流行遅れのお皿に自分の料理を盛らなければならないから。

 

 現代美術の展示空間は「ホワイトキューブ」が向いてるが、プロジェクターやヒカリモノが多いメディアアートは「ブラックキューブ」のほうが向いている。

 

 「美術館とは見世物小屋である。」これを肯定すると崇高なる芸術論を捨てることになる。否定すると美術館経営が成り立たなくなる。

 この矛盾は日本人の美術関係者はみんな抱えている。僕もそうだ。だからハイブリッドな明和電機というOSを作った。

 

 すんごい極論を言ってるな、この人。RT @Maywa_bot: 今、美術館を人でいっぱいにできるのは、ジブリとスターウォーズと人体展。つまり動物に宇宙人、死体ですから、これらのお化け屋敷に勝つには珍発明しかない。【土佐信道(1967〜)】

 

*******

 ウィーン二日目。産業博物館など視察。ネタさがし。

 ウィーンの産業博物館が、すごい!!産業遺産の現物展示がてんこもり!!もーね、エンジニアはね、ピカピカのガバナーみるだけで、ご飯さんばい食べられますよ。

 

 未来館なう。子供たちが容赦なくクワクボ作品に打撃を。。。メディアアートの最大の障害。それはガキ。

 

 富山県立近代美術館なう。高嶺くんの作品が、すごい!美術館のど真ん中に、超巨大ゴミ箱。さあ、近代美術の何を捨てるか。

 

 アメリカのスミソニアン博物館にいくと、アポロ計画の展示のすぐとなりに、巨大なマクドナルドがある(もちろん館内)。どちらも徹底的な合理主義の産物。日本人の感覚ではたどり着けない境地。

  

 上海万博。昨晩もアニソンナイトで盛り上がってしまった。そして英国パビリオンがすばらしかった。国がデザインを武器にする、というのはこういうことなのだろう。

 上海万博。世界中の言語が集まる場所でのプレゼンは、「単純に見てわかる」ものでないとダメ。つまりスペクタクル。日本勢は、ちょっと説明しすぎ。なので観客がつまらなそうに素通りしていた。残念。

 

 メディアアートって、祭りの”みこし”の「カラクリ人形」みたいに、誰かが守って、メンテをして、愛し続けてあげないと、未来に残っていかない。それは役所仕事じゃむり。絵画・彫刻のようなメンテナンスフリーじゃないんだから。

 

 昨日行ったバルセロナのダリ美術館は、熱海の秘宝館のようで、ひどかった。ひどすぎて面白かったのだが、いかに美術が「入れ物」によって助けられているかの好例だった。

 フィゲラスのダリ美術館に行ってきた。最高やね。ふざけるにも程がある。ダリがいかにシュルリアリストでないかが判明。痛快だわ。そりゃブルトンも怒るわ。B級アートの始祖として、ダリは再評価されていいんじゃないか?

 ダリの面白さは、インテリじゃないってことだな。フィゲラスの田舎もん。そして大いなるはったり番長。そんな偉大なる王、そして幼児を手に入れた、ガラっつー女の生きざまも、すんげー興味深い。

 

 大阪の民族博物館に行くと、アジア圏の動物的造形が、イスラム圏に入ったとたん消失し、幾何学と文字になることに驚く。こんなにイメージ力の違う民族と、たとえば世界平和についてコミュニケーションするのは、大変だなあ・・・と思った記憶がある。

 

 ガウディ。カサミラはデザイナーズマンションだったね。キリスト教という巨大なモチーフを選択せざるを得なかったことが彼の弱さ。結果的に強烈なビジュアリストだから、サグラダファミリアにたどり着くけれど。その点でいえば、自分宗教を築きあげた、シュバルさんの方が上だわ。

 ガウディ、ピカソ、ダリという、20世紀芸術を混乱させたアーティストが、なぜスペインから生まれたか?ということが、興味深くて、しかたがない。

 

 そうそう。カソリックのすごいところは、ダビンチにしろミケランジェロにしろガウディにしろ、毎回強烈なビジュアリストを起用していることだな。

 

 ダリ(*ピカソの間違い)は青の時代が一番いい。成長過程の、受け止めきれない「自分」という入れ物の中で、何を描くべきか、ではなく描くべき存在なのかという苦悩をし「青」という鎮静剤をとりあえず手に入れた時期だから。その様式は、後半のキュビズムとはまったくちがう。それが証拠に誰も、その様式を真似できない。

 

 今日はカイロ市内の博物館・美術館めぐりをすることに。

 カイロ博物館は、引っ越し作業でひっくり返ってる家のように、とっちらかってました。なんで彫像の足元に食べかけの梨が置いてあるんだ?博物館内なのに。

 

 庭園美術館「香水瓶の世界展」なう。産業史として見ても面白い。貴族のための高度な工芸技術で作られた瓶が、大衆化のプロセスでガラス窯芸、印刷、プラスチックなどで「エレガントの大量生産」を行った。

 貴族の懐中にあった香水瓶も、いまはドン・キホーテで安売りされてるもんなあ。

 香水瓶の世界展。展示什器も良くできてる。適切な予算でうまく見せてる。感心。

 

 国立公文書館なう。

 明治の10年の国内初の産業博覧会。本館と機械館と美術館。初めて美術という言葉が使われた建物の中は輸出用の工芸品がたっぷり。その頃はまさかコンテンツが日本の輸出産業になるとは思わなかったろう。

 美術館というパビリオンの中で、国が輸出産業として工芸品をプッシュしていたことが、示唆を与えてくれる。

 

 21_21で「これも自分と認めざるをえない展」、森美術館で「ネイチャーセンス展」を見た。・・・・ 

 なんか白かった。

 

 発電所や電力使用量について、知りたいことがたくさんある。東京電力さんに、いまこそ「これからの電気とくらし展」をやって欲しい。渋谷の電力館とかで。

 

 テートモダンのアイ・ウェイウェイの作品がすごかった。陶器でできたフェイクの向日葵の種が、陸上競技場ぐらいの広さの場所にびっしり。

 

 スミソニアン博物館で見た、アポロ宇宙船の配線の半田付け、配線処理はすごかった。ぜったい切れてなるものかという、気合いにみちた造作だった。

 

 国芳展なう。一年分の金玉を見ました。

 

 今日はドイツ博物館に行って産業機械を見まくります。大興奮です。

 ミュンヘンのドイツ博物館。一日いたけど、6割ぐらいしか見れなかった・・・。広い!濃い!日を改めて再チャレンジ。

 船の模型で午前中つぶれました・・・。RT

 

 今日はダッハウの強制収容所と近代美術館と現代美術館へ。ダッハウには相当やられた。

 

 今日はニュルンベルグへ。ナチスの党大会跡地、鉄道博物館、おもちゃ博物館、ジャーマン博物館へ。足が棒。

 

 今日はドイツ最終日。BMWミュージアム、おもちゃ博物館、ドイツ博物館で、モノを見まくる。

 ドイツ博物館でエンジンは徹底的に解剖され、オイルの臭いがプンプン。それを期待してBMWミュージアムに行くと、車は磨きあげられ、デザインとアートという外装を被せられ、オイルの血の臭いがまったくしなかった。ドイツ人は極端だと思った。

 

*******

 

 博物館に行くのはライバルに会いに行くようなものだ。あれと同じものは作っちゃいけないという確認だ。

 

 世界中の博物館を巡る旅がしてみたいなあ。

f:id:Fumiba_m:20111225092405j:image

社長が紀行文集(もちろんスケッチ付き)をつくられたらおもしろいだろうなー。

2011-12-24 12月ヲノサトルさんのピアノソロライブ

MEMENTO

昨日は、ヲノサトルさんのソロピアノライブへ行ってきました。

 

メメント> (『記憶』を意味するラテン語より)

SEED SHIP WORKSHOP LOUNGE (下北沢)

19:00 〜

 

「BLUE MOMENT」 からロマンティックにはじまり。

途中、少年時代?に練習曲としていたというハチャトゥリアンの2曲が挟まれたのが印象的でした。

『記憶』をテーマにした港千尋氏との対談。震災後に、港氏が福島を含む世界の各地で撮影された写真のスライドショー。

その後は、準備されてきた楽曲の中から随意、選ばれながら演奏されました。

以前、テレビCM で使われた曲を聴くことができて、とても得した気持ち。

そして「海」。アニメ「鉄腕アトム」の曲へ続き。

歌詞が読みあげられ、「What A Wonderful World」。

 

*****

港千尋氏との対談から印象的だったこと。

 ・記憶には時間の記憶と空間の記憶があり、写真は後者。

 ・「デ・ジャブ」とは、写真が普及してから以降に強く感じられるようになった感覚では。

 ・想い出されるための写真。

 ・写真は、未来へ先回りする。

*****

 

2011年。この一年の終わり近くに。

ヲノさんの思いがぎっしり詰まったライブでした。

様々な思念が去来した胸いっぱいのライブでありました。

言葉で説明できるなら、音楽や歌は要らない・・・。

 

*****

で。

先週のヲノさんのライブ<ムードコア・スカッド>から、音源第一弾が昨日発売されました。

☆☆☆ぱちぱちぱちぱちぱち☆☆☆

 

クリスマスに聴いてこそ意味のある素晴らしい曲たちです。

直ちにDLして聴くことが鋭意奨励されます。(・・・試聴もできますw。)

http://ototoy.jp/_/moodcore/p/24321

2011-12-23 小説ではない 17

【でじたるガジェット】

オープンソース化にともなう、明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第17弾。基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

今回のテーマはデジタル機器等。

 

  • でじたるガジェット

 僕のカバンの中には今、ノートパソコンと、iPadと、iPodと、ウィンドウズフォンと、デジカメが入っている。・・・・なんで液晶画面が5枚もカバンの中にあるんだ!!

 もしかしてさあ、デジタル機器業界ってさあ、わざとアンチ統一規格の中途半端なもんをいっぱい出して、男の鞄の中を、液晶とバッテリーだらけにしてない?

 

 スケジューラの基本は、もっとも目につく場所に予定表を置くこと。ツイッターをやってるアナタなら、それはキッチンや手帳ではなく、携帯端末かPCの画面。

 

*******

 僕らはこんなにフェティッシュにパソコンに触れているのに、まるで栗の皮と実のように、回路は外層と断絶している

 

 今日はパソコンで波形編集していたら、一日が     「あ」    という間にすぎた。普段は肉体を使う作業をしているので、「肉体疲労時計」が作動して一日が長い。それがなかった。ビールの喉越しも湿度が高かった。

 一日、モノを作って、「あーダメ、もう肉体の限界」ってころに、うまいこと夜になって、お腹すいて、ご飯たべて、ビール飲んで、ちかれた寝るって、幸せなことなんだなって、パソコンの前に一日座ってて実感した。きょうは。

 

 ファイルの淘汰問題。つくづくオパーリンの「機械には、その構成要素に、制作者が植え付けた゛運命゛が必ず含まれている」を思いだす。

 フォルダ内の有象無象のデータたちが、勝手に生存競争をして、パソコン開いたら、素敵なデータだけになってたらいいのに。

 

 パソコンは途中から計算機ではなくて、通信機になっちゃったからなあ。クラウド化が進めば、通信しないと計算すらできなくなる。

 そのうち、「え?パソコンって、液晶画面のことじゃないの?」という、タッチな世代もでてくるんだろうなあ。

 「うわあ、昔のパソコンって、こんなにたくさんボタンが並んでたんだ・・・・・キモっ!」。とか。

 

 表計算ソフトのうまい使い方は、複雑な関数を覚えることではなく、「表で計算する」というシンプルな方法を生かすことである。

 

 wordってほんとバカ。あちこち操作性のバグだらけ。つっこむとそのバカさの傾向が見えてくる。ならばそれを生かした表現を考えよう。・・・これってアナログシンセ?

 

 ワープロソフトは清書することに比重をおいて作られたプログラムなので、アイデアプロセッサーとしてはかなり片寄っている道具である。

 

 一瞬で伝わるプレゼンは、一瞬では作れない。

 

 映像編集なう。PCの処理がおそくて、まるで 「ダウンジャケット着て平泳ぎ」 してる気分だ・・・

 

 パソコンの中のファイルを整理してると、すんごい言いこと書いてるテキストデータが出てきたりして、なんだあ?なんで忘れてしまうんだあ、オレはよお、と反省する。

 

 デスクトップの不必要なファイルが悪臭を放ってくれたら、何を片付けるべきか、すぐにわかるんだけどなあ。

 

 パソコンって「UNDO」ってあるじゃない?ひとつ前に戻るコマンド。もしUNDOがひたすら出来るとして、クリックしまくって過去にどわーと戻っていったら、「自分の最初のUNDO」にたどり着く。やってみたいなあ。ハイパーカードあたりかなあ。

 

 あ、あ、あれ?PCが立ち上がらないぞ?どうしたセブン。

 セーフ。立ち上がった。セブン。

 

*******

 よっしゃあああああ! いけたああああ!・・・・・もーね。きょうは「半角スペース」の大事さを知りましたよ、みなさん。

 

 日本でツイッターが流行った要素のひとつに、青い鳥くんのキャラクターは大きいと思う。アニミズムの国なので。Google+もキャラクターを作った方がいいのでは?なんか触ってて健康診断受けてるような寒々しさがある。

 一日の喫煙数みたいに、ツイッターを一日に何回のぞいて、何回つぶやいたかがわかるアプリはないのかな?数字を見ると、驚愕して冷静になれるかも。

 

 もしも夜の12時を過ぎたとたん通信料金が2倍になるとしたら。みんなシャットダウンして早寝するんかな?

 

*******

 キーボードは 「カタカタ」 打つ、っていいます。では、タッチパネルを押す擬音語は? 「タチタチ?」

 

 鉛筆で文字を書くとき、リキみすぎて芯をボッキっと折ることがある。どうようにipadのガラスを指で割った人はいるのだろうか?

 

 スマートフォンだと、腹筋しながらツイッターできることを発見!みなさーん、これからは「ツイッターエクササイズ」ですよ!あの、「無駄に見てしもた感」からサヨーナラー

 いける!「腹筋&ツイッター」!今年の夏はツイッターで腹割ります!

 iPadで「腹筋&ツイッター」なら、さらに割れる!つか、アメリカ人、絶対やる

 

 スマートフォンを初めて買ったとき、「デカすぎて片手うちできねえ!」と思ったが、今じゃ歩きながらバシバシ片手入力。・・・・人間ってすごい!

 

 最近、みなさんiPhoneとかこすってますけど、アラジンの魔法のランプみたいに、望みがかなうものは、そう簡単には出てこない。

 

 スマフォの小さい画面をA4サイズぐらいまで拡大して見せるメガネってないのかな?そうしたら、パソコン持ち歩くのやめるのに。

 

 あ、そうか!自分をアリサイズに縮小する薬(タブレットね)を作ればいいんだ!

 アリにとっては、スマフォの画面も映画館サイズ。うらやましいー。

 

 蟻の巣に 置いたスマフォは 映画館

 

 生クリームスマフォ。・・・・おいしそう。

 

 ポリデントみたいに「iPhoneまるごと洗浄」、発売されないかな。シュワシュワー!ってコップの中で汚れが取れるの。

 

 ポリグリップを使ったら、スマフォ、どこでもひっつけられるんじゃないか?

 1 スマフォの画面にデュシャンの独身者の機械の画像を表示 2 ゴリラガラスを釘で叩いてひびを入れる。3 完成。RT @Yam_eye: 学生のiPhoneの画面に、すごくカッコいいひびがはいっていた。ひび自慢サイトとかないのだらうか。

 

 むかしは最先端のパソコンほど、遠くの専門店に行かないと手に入らなかったのに、今では最先端ほど近所のケータイショップで手にはいる。

 

 かれこれ3時間、全裸。いま地震がきたら、全裸にスマフォを持って外へ飛び出すことになる。ハイテク原始人だ。

 全裸でスマフォをもって外へ出てしまったときの行動パターンは二つある。1 原始系・・・スマフォで局部を隠す 2 未来系・・・近くの服屋をググる。 あなたはどっち?

 試しに今、スマフォで局部を隠してみたが、あまりに情けない姿だった。

 そのあまりに情けない「スマフォパンツ」姿に我にかえり、普通のパンツを履くことにした。デジタル技術に教えられた一瞬だった。

 あ、さっきの分類で、「3 勇敢系・・・スマフォで局部をUSTする」が抜けてた!

 あ、地震。よかった!パンツ履いといて!

 

 そのうちラジオ体操のスタンプも、スマフォとGPSで自動化されるんかな

 

*******

 容量無制限のオンラインストレージは、夢のような島に見える。けれど、そこにつながる唯一の橋はとてもせまくて、僕らは荷物をたくさん運べない。

 

 だいぶクラウドさんのことを信用できるようになってきた。

 

 オフラインでブログを書いて一気にアップできるwindows live writer。便利なのにアップ時にエラーが。結局画像データ量の問題とわかるまで4時間。ぎゃー!なぜに「画像データ、重すぎます」というメッセージを出さんのだあ!きさまあ!

 

 クラウドとかけて江ノ島の初詣ととく。そのこころは。詣でたいのはやまやまだけど、橋が狭くてあっちへ行けない。

 

 爆走する車を手に入れるより、爆速でクラウドに突っ込む方が、これからはバリバリ伝説かもなあ。

 

*******

 聖典にしろ、歌にしろ、昔はコンテンツは口伝される「フリー」なものだった。その後、コンテンツ至上主義の時代が到来したが、最近またフリー化へ。ただしみんな口伝なんてめんどくさい。そこに目をつけて儲けてるのがネットインフラや情報端末。

 

 活版印刷機がプロテスタントを生んだように、電子出版は新しい信仰集団を生むのだろうか。

 

 いくらすばらしい電子書籍を手にいれても、それらはすべてガラスの向こうがわにあるのだ。

 

 二千年ほどかけて紙の上でがっつり発達した文字システムが、あっさり電子化で紙にさよならするんかな?

 

 これだけテキスト認識、意味のネットワーク分析、情報量の拡大が進歩してるのに、ある小説の「山場」が、どの段落かを、コンピューターは見つけ出すことができない。音楽のサビは見つけられるのに。

 

 電子出版が普及するということは、逆説的だが、本のデータをプリントアウトして紙で読む人も増えるということだ。

 

 電子出版が普及するということは、それを紙にプリントアウトして読む人が増えるわけだが、それが面倒な人のために、代理で電子出版をプリントアウトしてくれる業者が生まれ、さらにそれを販売する店も登場するだろう。

 

 書籍の内容を要約する、高性能のプログラムが開発されたら、出版されてる自己啓発本を、50分の1に減らすことができるだろう。だって内容一緒だから。電子化ではそれも起こりえる。

 

 今は裁断自炊で「本を読んだ気になる」時代だけど、そのうち「本を読んだことになる」未来がくるのかな。

 

 テキスト流し込んだだけのレイアウトの本を見ると、別に紙じゃなくていいじゃんと思う。紙ならではのビジュアルショックを作らないと、先はない。

  

*******

 ここ10年で僕の発想の整理にもっとも貢献したデジタル装置は、SCANSNAPである。

 

 SCANSNAP大好きな僕はペーパーレスな情報整理に男心が沸き立つにだが、反面、梅棹忠夫の膨大な紙のカードを使ったアイデアプロセッシングにも、男心が沸き立つのであった。

 

 太古の海で、過度のカルシウム(=毒)にさらされた生命は、それを逆手にとって自らの構造体(=殻、骨)として取り込んだ。その生命のしたたかさが、現在の過度の情報の中で、P系を生んでるのではないか?

 

 芸能人を手本にし、シマムラで服を、百円ショップでつけまや化粧品を買って、そこそこカワイくなるギャルって、IBMを手本にし、安いジャンク品でパーソナルコンピューターを組み上げた、昔のAppleと似てないか?

 益若つばさ=スティーブ・ジョブス説。

 

 最後に薔薇って漢字を書いたのはいつだろう。打ったのは今。

 そうか。世界にはいちども薔薇という漢字を書くことなく死んでいく人々がいるんだ。薔薇カカン人と薔薇カイタ人。

 

 タブレットPCに400字原稿用紙を表示して、ちまちまとタッチペンで文字を書くソフトとかないんかな。

 

 アキバなう。1TのHDを買った。落としませんように。

 

 画家がキャンバスを捨ててモニターに向かうことは、テクスチャーの持つ情報量をどうするかという大問題なのだが、原稿用紙からワープロに向かう場合、そのことをあまり気にしない。電子化はいいと思うが、ちょっとそこは立ち止まって考えたい。

 

 3Dカメラの心霊写真ってあんの?誰か教えてー。

 いっつも思うんだが、3D映像って焦点を固定された異常な世界でしょ?見続けて精神に影響はないの?

 

 液晶とか新幹線とか、今、ジャパンテクノロジーが似合う ”メカ萌女子” といえば、やっぱり吉永小百合だな。

 

 アラン・ケイのダイナブックは男性と子供には素晴らしいビジョン。しかし現在の電子デバイスを牽引する決定的な人種がビジョンに欠落していた。・・・・・ギャルだ。

 ギャルは自分撮り、画像処理、ブログアップしか興味がないのだから、ギャル用スマフォはコンパクトのような円形の方が売れるのではないか。テクマクマヤコン。tech mac may

 

 そのうちガラス屋さんがガラスをカットして売るみたいに、好きな大きさのスマフォやタブレットPCがその場でカットして売られるようになるのかな。

 

 不便さが、逆にアイデア発想の大切な促進剤になってる場合ってなんだろう。

 

 ウェヴの丸ゴシック文字に慣れてたところで、活版の明朝体をみると、飾りの部分がトゲみたいに目にささって、あいたた、となるのは僕だけ?

 

 VHSからDVDへのダビングサービスが980円か・・・。もう少し下がったら一気に変換したい!

 

 「どの家にもあって、冷蔵庫以外で24時間、ずっと動いているものってなーんだ?」 こたえ:電力量メーター。・・・・最近は録画用ハードディスクもか。

 

 生きているうちにヨドバシカメラで「脳にパソコン埋め込みますか?yes/no」っていう時代がくるのかなあ。

 

 平らになるギミックに惚れて買ったマウス。クリックが固すぎて腕がつってもた。・・・使えん

 

 ハードディスクから削除したデータを「復活(リカバリー)」するソフトのように、僕が44年間、電話に向かって話した会話をすべて復活する手段はないものか。宇宙のはてに今も飛んでるはずの、僕の会話を。

 

 イエデンワに感化されて、イエテレビ(家具調)とかイエワープロ(書院風)とかイエシンセ(DX1風)とか次々に出んかな。

 

*******

 表現したいことなんてそんなに変わらないのに、時代のほうがボンボン変わっていく。なんて面白いんだ!世界は!

 好奇心と時間があれば、いくらでも面白いことにたどり着ける時代になった。そして発信側の技術進歩がイコール受信側の進歩になっちゃった。わはは!ビバ!双方向!

f:id:Fumiba_m:20111223094547j:image

2011-12-22 小説ではない 16

【映画を観た♪】

オープンソース化にともなう、明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第16弾。基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

今回は映画をテーマに集めてみました。ほぼ時系列のはず。

社長はお忙しい中、映画を観る機会を大切にしてらっしゃるようです。

 

  • 映画を観た♪

 ちなみに映画タイタニックで号泣したシーンは、船の設計士が、1番最初に沈没することを理解してしまうシーン。図面を見ながら。くー!泣ける

 

 今、日本に「モノリス」が出現したら、みんなお賽銭を置くだろうなあ。ぜひ巣鴨に出現してほしい。お婆ちゃんに囲まれるモノリス。

 

 カルピスみたいに「銃撃戦」を「ストーリー」で薄めると「ハリウッド映画」になる。

 

 「これはセクシー熟女として捉えるべきなのか、キャメロン・ディアス」という問題を悩み続けるうちにエンドロールになってしまった「ナイト&デイ」。

 

 映画「ソルト」を見た。涙も枯れ果てた、しょっぱい女だった。

 「山田さん、釣り行こかあ」「そやなあ、行きまひょかあ」みたいなオジさんたちの「つるみ」を百万倍濃くしたような映画だったぞ、エ ク ス ペ ン ダ ブ ル ズ。

 

 多勢の敵に、数人で迎え撃つストーリーってそそるなあ。絶対ずるいて手を使うから。

 

 トロンを見た。おもわず「た〜ま〜や〜」と言いたくなる光の演出だった。さて、次はヤマトだ。

 ヤマト。壮大な銀河系スケールでお贈りする、渡る世間は鬼ばかり的なホームドラマであった。

 どうも日本人の和やかアジア顔が集合すると、宇宙スケールもコタツサイズになるんかな?アニメだと大丈夫なのに。ま、それが日本人の持ち味か。

 頑固親父と戦闘美女に挟まれ、どえらい論理的な敵と戦うことで大人になっていくチャラい青年の三文字映画。今日観た「トロン」と「ヤマト」の共通点。はやってるの?この構造。

 原型はスターウォーズ?キリスト教?

 

 恵比寿ガーデンシネマで見た「ガタカ」は、心底震えたなあ・・・。

 

 「マイ・フェアレディ」とか「プリティーウーマン」って、男目線だと、リアル育成シミュレーションでええなあ思とったけど、女目線だと、何でもタダで買ってくれるパパの物語じゃん!今ごろなって気づいたわ!

 

 あしたのジョー、ものすごいボーイズラブな映画だった。伊勢谷氏のストイックなガリガリに、ああ、抱かれてもいいかもと、思った。

 

 真夜中にイヴ・サンローランの映画を見る。悲惨だが芸術家には日常。

 

 ブラックスワンを見たこれはすごい。衝撃度はポゼッションの5倍。

 もはやハリウッド映画の80%が「戦闘美女もの」の印象だが、ブラックスワンもその進化バージョンか。

 

 ハードSFかと思ってアジャストメントを見たら、月9的ラブロマンスで椅子からずり落ちた。

 

 アトムの足音を聞きにいかねば!

 

 ハングオーバー2を見た。僕自信の「ハングオーバー現象」で最大は、気がついたら電信柱に座り込んで泣きながら「乾杯」を歌っていたことかな。高校生のとき。

 

 すごいCGにはもれなくビバアメリカがついてくる。トランスフォーマー

 

 今年みた映画で今のところ一番面白かったのは「スカイライン」。THE B級。

 

 バーミリオンプレジャーナイトの石橋監督の新しい映画、「ミロクローゼ」を試写会で見た。なんたる映像!そして女の謎!いや、男の妄想の暴走!不可解なのでもう一度見たい、カルト映画です。

 映画「ミロクローゼ」の予告編。最近の日本映画にないカルト感。おもしろかったななあ。もう一回見たい! 

 

 「B級やろうなあ・・・」という期待どおりの映画だった、ロサンジェルス決戦。なんで宇宙を越えてやってきた高度なテクノロジーの宇宙人が、海兵隊と銃撃戦やねん!なんで鉄砲やねん!そこはビームやろ!

 プレデターと同じ「宇宙人による米軍とのおざなり対決」だったのか!ロサンジェルス決戦。 

 

 最近のアメリカ人、宇宙人と戦いまくってるな。

f:id:Fumiba_m:20111222062251j:image

2011-12-21 小説ではない 15

【にゃー】

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第15弾(もしかして当方、かなりしつこい性格なんでせうか?)。基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

今回は、「なにか混乱していておもしろい社長」。

3パターンに分けられるようです。イベント締切で切羽詰っているとき。単なるうっかり。そして、たまに酔っていらっしゃるとき。

(社長つぶやきにこの混乱つぶやきは多いので、今回はこれまでの抽出から漏れていたものから主に選びました。)

 

  • にゃー

 道をまちがえた。

 

 あさってから展示会かあ・・・・・・ぽよおおおおん・・・・・・・・ぷりぷらあ・・・・・・・・・・ぺレポねえええん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いかん!現実逃避しとった。

 

 ちゃうやん。もう、今日やん!準備、まだまだできてへんがなああああああああああああああああ、ってあが15個。

 

 怒涛の三日間が終わった。この三日間、夕食で何を食べたかが思い出せません。

 

 搬入まで、あと5時間。そろそろ脳内で、ミッションインポッシブルが鳴り始めた。すーりーりーんーぐー

 

 「アマリリス」って曲知ってる? あのメロディーにあわせて、「頭が大混乱」という歌詞がぐるぐるまわる。あ、た、ま、が、だいこんらん って。そんぐらい、大混乱です、あたまが。いそがしー!

 亜。多。真。が。大。今。らーん。

 

 【社長の散髪の法則】 散髪にいかねばならない、と気がつくときは、大抵イベントの直前であり、そんな時期は忙しくて散髪にいく時間がない。なのでイベントはボサボサ髪で出演となる。

 なので暇な今日、散髪に行くことにした。

 と、思って美容院にいったら、担当の方、今日は予約で無理とのこと。・・・なんかまずい流れになってきた。

 

 エレベーターで下↓に降りたいとき、「エレベーターさん、こっちに来てください」と思い、つい上↑を押してしまう。

 

 エレベーターの開閉記号の問題。ベビーカーのお母さんがエレベーターから出ようとしてたので、自信をもって「開けるボタン」を押したら、ドアがばっちーんと閉まり、ベビーカーをはさんでしまった・・・。どうにかしてー、このデザイン。 

 

 さきほど誤って自分のケータイ番号をつぶやいてしまった!なのであわてて番号変更。妄想電話がかかってくるとこだった・・・・。

 

 傘忘れた人〜

 今日は完璧に傘を忘れる気がする。

 

 思考の混乱具合と、カバンの中の混乱具合は比例する。

 整理できると思って、ポケットがたくさんあるカバンを買ったんだが、魔窟を増やしただけだった。ああ。

 

 気がついたらズボンのチャックが開いている。きょうは12回あわてて閉めた。妖怪でしょうか?

 

 やばい。すべてのズボンにインクの染みが。

 

 部屋をそうじしたら、巻き尺が5個も出てきた。

 

 うわああああ。パソコン忘れた!

 

*******

 

 しこたま麦燃料を注入完了。ここはどこ?わたしはだれ?

 

 アトリエ展。ビールを飲んだら酔っ払った。この後も仕事を続けるが、クロックは落ちてるので、ままままともにははははは、でででできききんんんだろろろう。ああ、やばばばい。ば

 

 二日酔い。「今いちばん飲みたいドリンクは?」と聞かれれば、そっこーで「うどんの汁!」と答える。

 

 しじみじるシルブプレ! ぎゃー!言いにくいー!

  

 赤ワインをひさしぶりに飲んだらすんげー酔ったラチッタデッラ歩著利図でガン土具。

  

 昨晩は鹿児島でしこたま飲んだ。後半は連日の作業の寝不足もあり、居眠りしては飲み、居眠りしては飲み。この状態を「竹は節目があるから高く伸びるのだ(by本田宗一郎)」と説明しながら、また飲んだ。

 

 昨晩はワインパーティーで酔っぱらったあと、大聖堂にもぐりこみ、ミサの椅子でグーグー寝てしまった。なんて罰あたりなことをしてしまったのか・・・。神よ、ゆるしたまえ。

 今朝、デジカメのフォルダーを整理してたら出てきた、謎の酔っ払い写真。とられた記憶もあやしい。

 

 みなさま薄々感づいておるとおもいますが、わたくし現在かなりの酔っぱらいです。

 にゃー!

 

 あかん。左のひじが打撃痛なのに、どこでぶつけたのか、全然思いだせへん。きゃははは。

 

*******

 

 一晩寝たら、アルコールが抜けた。完璧だ。東京特許許可局許可局区内。らくちんだ。

 

社長、おもしろすぎます・・・。

「にゃー!」つぶやきは、衝撃的でした。

f:id:Fumiba_m:20111221072817j:image

鍵、失くさないでくださいね。

2011-12-20 小説ではない 14

【How are you?】

オープンソース化にともなう、明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第14弾。基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

今回は「身体の不調?」をテーマに集めてみました。

社長は、アレルギー体質だったり、お腹壊したり、毎年風邪を召されたり。

そういうご自身の「身体」に興味深く眼差しを向けてらっしゃるようです。

 

  • How are you?

 風邪をひいた。風邪のウイルスは、時代の最新の情報を回収して、感染者にインストールする。ゆえに、定期的に風邪をひいた方が、思考がバージョンアップする。「バカは風邪をひかない」とは、バージョンアップしない事の指摘である。

 明和電機の大発明の多くは、風邪とともに生まれる。サバオとか。今回は何を閃くか。インストール、スタート。

 

 風邪をひくと、僕の中に、僕と、僕じゃないものが、陣取りを始める。それを眺めるのはちょっぴり神の視点。

  

 風邪。熱病のほてる体と奇妙に上昇していく思考。これに似てるのは、アルゼンチンの作家・ボルフェスの読後感。

 

 昨晩はうなされる中、アメリカの偉大なる妄想家、ウォルトディズニーと、サンドイッチの関係を必死で考えていた。

 

 食べなきゃ治らないので鍋焼きうどんとペリエをガツガツ。本能的に。後はふとんの中で二回、寝汗をかいてパジャマを着替えたら復活!が、いつもの治療法。

 

 喉痛い。熱出てきた。うーん。マクロス見ながら寝てしまおう。

 

 熱引いてきた。今回もインスピレーション沢山もらった。

 

 カゼで1日じゅう咳をしてるのって、カラオケボックスで1日歌うくらいのエネルギー使ってるんじゃないか?

 

 「ボクは春を呼ぶ、春大使!」と、調子乗って上着三枚でこの冬過ごしてきたが、最後の最後で風邪をひいてしまった。敗れたり、春大使

 

 なんでなん?なんで鼻をかみすぎたら、鼻のした、むけるん?

 ティッシュになんかはいっとるん? なんで鼻のした、むけるん

 ティッシュって紙やろ?やさしい紙やん。紙あてただけでむけてたら、おんなのひとら、大変やん。

 鼻水と ティッシュで なんか肌にしみる成分ができるん?

 

 かぜにあぎでぎだ。

 ついに病院に行き、カゼの処方箋をいただいた。昼の1時に飲んだら、猛烈な睡魔。目が覚めたら、夜の10時。なに入ってるん?

 

 風邪はしんどいけど、あっけらかんと、生きようとするウィルスの単純なしくみは、ちょっと憎めない

 巨大なシステムは小回りのきくミクロな異端者がいないと変化できない。人間とウィルス。社会と芸術。

 

 二日酔いだと思ってたら、風邪だった。

 

 ヨドバシなああう!物欲で体内のウィルスが死滅していくのがわかる!

 

 よっしゃあ!カゼから復活!やっと布団から出れた。なんだか帰還した宇宙飛行士のようにグラグラするが・・・

 うきゃきゃきゃ。病み上がりのハイな状態は、自分の気品に対するガイドラインががっつり下がるな。

 

*******

 眠い。眠いと眼球の裏側がかゆくなる。よーな気がする。

 

 常磐道を走行中。16年前、居眠り運転で車を大破させた、因縁の道

 

*******

 やせてるからか?お腹がエンプティになると、急激に作業効率が落ちる。はらへった!

 空腹による手の震えを止めるために、アップルティーがぶ飲みなう。

 お腹すいた。細いせいか、お腹すくと震えがくる。北極海に落ちたらすぐ死ぬタイプ。

 

*******

 頭痛。photoshopで、画像を選択したときに出る、「輪郭のワヤワヤ」みたいに視界がおかしくなった後、かならずひどい頭痛になる。これは何?僕、サイボーグ?

 ぼぼぼぼく、さ、さ、さ、サイボーグじゃなかった。「閃輝暗点」だったのですね。ウィキペディアにまったく同じ症状が書いてあって、びびびびびびっびっつびびった

 

*******

 皮膚を血がでるほど引っ掻くなんて普通は痛くてできないのに、「かゆみ」があると簡単にできてしまう。「かゆみ」は一種の快楽なのだろう。故にくせ者だ。

 江戸時代の拷問で全身に酒を塗られ、森の木に縛られるというのがあったそうだ。・・・・薮蚊を集めるために。きっっつうううう!

 

 チョコレートはおいしいけど、アレルギーがある。体がかゆくなる。うーん残念!

 

 映画「日本沈没」に出演したとき、僕は痔の「日帰り手術」をした直後だった。出血がとまらず激痛。まさに「シリ・アス」な演技になった。

 

 昔、目に木のトゲが刺さったことがある。幸い白眼だったが、除去するためにメスが迫ってくるのは怖かった。だって目をそらせないので。間違えて切られちゃうから。

 

******* 

 ああ、カフェでお腹痛くなってきた。トイレにいきたい。でも、原稿も書かなければいけない。よし、じゃあ、こうしうよう。「トイレにかけこまねばならぬ限界までに、原稿を書きあげる」。名付けて、「ハライタイマー」。・・・・・・スタート!

 

 ああ・・・きつ・・い。

 ああ、だめだ。強烈なのがきた。

 よし、衝撃がちょっと引いた。次の衝撃までに800文字!

 あああああ!なんでこんなときにパソコンがフリーズするんだあああ!

 ・・・だめ。  限界です。    いってきます。

 

 腹痛でアキバ駅のトイレなう。大丈夫、紙はある。

 しかしどういうことだ?リニューアルした駅はピカピカなのに、トイレの劣化ぶりは?ここだけ漂流教室なのか?

 腹痛でアキバのドトールのトイレなう。もちろん大丈夫。紙はある。

 なんだ?このソリッドがリキッド化する現象は?ピロリか?

 まだ腹イタイ。これからJーWAVEの収録なのに、オレの腹はGーWAVE。 

 腹痛で、目黒駅トイレなう。本当にもらすかと思いました。ノーパンで街を歩く自分までイマジン。すごい高波でした。

 

 山手線、止まってる。

 お腹が痛くなってきた。そしてもうすぐ終電がくる。渋谷のホームは人だらけ。トイレにいったら終電逃す。

 痛い。にが痛い。終電はあと五分で来る。未来の僕よ。ごめんな。オレは乗ることにしたよ。惨劇が起きようとも。

 乗ってもた。

 押さないで。

 働け!オレの脳。

 やた!間に合った

 

 トイレに行きたいが、ガマンしている。リキッドではなくソリッドの方。

 「ソリッドの開放」をがまんし、あえて、ドトールにコーヒーを買いにいくことにする。

 カフェオレを買ってきた。ソリッドを抑圧したまま、ゆったりとカフェオレを楽しむ。机の上の片づけをはじめちゃったりする。

 時はきた。ソリッドの解放区、白き陶器椅子の国へ、旅立つことにした。

 アトリエの、たかだか10段ぐらいしかない階段を、おのれが出せる最高のスピードで、駆け上がってみた。

 

 四川省・成都で昨晩、血の池地獄のような「火鍋」を食べた。激しい辛さとうまさで、悲鳴をあげながら食べた。そして今朝、またトイレで悲鳴をあげた。

 

 今日の夜は、近くの川原にサーカスが来るらしい。なんとしてもそれまでに頭痛と腹痛と筋肉痛を直さねば。

 

 サーカス見た!トラ、ライオン、馬、牛、ラクダ、ラマ、いろんな動物オンパレード。肉体芸もすばらしかった!腹痛治った!

 

*******

 それにして自分、ソリッドワークス(=んこネタ)のつぶやきが多いな。

f:id:Fumiba_m:20111220064509j:image

2011-12-19 ロボブラジル

ロボブラジル

土曜日はUSTでビジュアル・サーカス( http://www.skipcity.jp/event/vm/1111081.html )のオープニング・パフォーマンスを拝見しました。

http://www.ustream.tv/channel/visual-circus-live#utm_campaign=favstar.fm&utm_source=9944659&utm_medium=social

 

映像関係の展示イベントということで。

明和電機さんは、主に「参加型」の企画のようです。

 

企画1

≪15秒だけ明和電機≫/2011

明和電機の制服を着用してコスプレし、音符型電子楽器「オタマトーンジャンボ」を抱え、特設ステージに立ったら、明和電機のナンセンスな自動楽器が15秒だけ作動します。その間だけあなたを明和電機に雇用。思う存分パフォーマンスをしてください。演奏した動画はただちにYouTubeにアップされ公開されます。

 

企画2

第1回オタコン全国大会ファイナル決戦!

 

企画1。オタマトーンジャンボに触れるんだ!動画アップはともかく、体験したいですネ。

企画2。おお。いきなり全国大会ファイナルなんですね(笑)。

 

企画1で使われている明和楽器たちに注目。

今回の主役はロボブラジルでしょうか? パンチくんとレンダちゃんの衣装も緑と黄色。通常はピンク色のマリンカのしべも、緑色に塗られています。総じて、ブラジルの国旗の色ー。

向かって左側にある、2つの細長いノッカー弦楽器。当方は初見のような気がします・・・。

 

ロボブラジル。

社長ツィッターによると、数少ない分類不可能な製品だそうです。

そう言えば、彼はフランス展へ連れて行ってもらえなかったのではないでしょうか?

 

無心で混乱している。コンパクトで便利なラテン打楽器セット。

今回の展示で面目躍如ですね、きっと。

f:id:Fumiba_m:20111219071330j:image

イラレでぱっとらくがきできるかな、と思ったのですが甘かったです。方眼紙にプラマンざっとスケッチ・PCなんちゃって着彩。かいていてなんだか無心になりました。

2011-12-18 カバの口の開閉と地軸運動に関する考察

めんどくさがりやなカバの口を開閉させるための、ひどく効率が悪い方法

カバの効率をあげるために彼の臼歯を地軸に糸で結ばねばならない。 MaywaDenki@Twitter 2011/12/13

先日の明和電機社長のつぶやきが気にかかってしかたありません。

どう考えても。地軸を絡めて「カバの効率」をあげる方法を思いつかない。

(「カバ゙の効率」が何かも分らないし。)

比較的シンプルで呑みやすく思えた妄想ならなんとか。

題して、めんどくさがりやなカバの口を開閉させるためのひどく効率が悪い方法。

f:id:Fumiba_m:20111218092248j:image

めんどくさがりやのカバさん。自分の重い上あごを自力では極力持ち上げたくありません。

それで彼の上あごの臼歯に糸を結びつけ・・・・。

 

1) 地軸にクランクを付け、連動するように糸で結びました。

  (途中、樹木のてっぺんに糸を通しませう。)

 

2)地軸は、わずかにぶれて振動いることが知られています。

  その周期は様々。目立つ周期は1000年単位のものと、25000年くらいのものだそう。

  (高ーい塔を立て、地軸のぶれが直接上あごに伝わるようにしませう。)

 

・・・カバの口の開閉効率をあげるなら。地軸に歯車を噛ませばよさそうですね。

 

えと。つっこみはなしの方向で。 

2011-12-17 ムードコア・スカッド

ムードコア・スカッド

昨夜は、ヲノサトルさんのライブへ行ってきました。

 

ムードコア・スカッド

@音楽実験劇場 新世界

2011年12月16日

 ヲノサトル keyboards & programing

 後関 好宏 (ゴセッキー) saxophone

 助川 太郎 guitar etc.

 Watusi (COLDFEET) bass

 スティーヴ・エトウ percussion

 和田 純子 (BE THE VOICE) vocal

 

前半はバラード中心。バラードといっても大きな広がりをもつ音構成で・・・。

そして女性ボーカルをフィーチャー。

「アフタヌーン・ウェザー」「彼方へ」を生で聴くことができるとは。感慨無量。

 

後半は、息をつかせないフロア仕様のマッシブなビートサウンド。

ビートサウンドといっても、演奏者の技量が前面に出る繊細な音構成で超豪華・・・。

 

アンコールは。なんと「ビキニを着て月へ行こう」。わぉ。

そして恒例となった「Another you」。初のボーカル入り・・・(TT)。

 

ヲノさんは多分、極限の体力と気力で、指揮・シーケンス・演奏をフルスロットルで走られました。

後半終盤になると、ヲノさんのまわりだけ重力場がちがいました・・・。

 

たまたま東京出張だった夫を誘っての参加。

ライブ慣れ・遊び慣れしていない人なので、ちょっと心配でしたが、楽しんでいたよう。( <− 実は隣にいる夫のことなんてライブ中は気にしていない妻)

妻は最近、時々こんなにいい夜遊びをしているんだ、と認識してくれたよう;

 

*******

きょうから、何やら楽しそうな明和電機他2アーティストを紹介する、映像と身体表現がテーマのイベントがスタート。

 

ビジュアル・サーカス

 2011年12月17日(土)〜2012年4月8日(日)

 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム(埼玉)

 出展アーティスト:AR三兄弟 / off-Nibroll / 明和電機

 

きょうはオープニング・パフォーマンスがあるのですね!

UST配信されるとどこかで見たような。見逃さないようにしなければ、です。

2011-12-16 小説ではない 13

【夢】

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第13弾。基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

社長は時々、高度にポエティックな言葉をつぶやかれます。

そして、風邪をひくと不思議な夢をみられそう。

くらくらしながらそれらを拝読。大きな楽しみです。

 

 自分の糞の中の菌を食べながら、くるくると時計の針のように回転する甲虫・ユープケッチャ。

 

 太陽の化石を掘り出した考古学者。

 

 ミクロな崩壊で、猫を毒殺する装置。

 

 深夜にひとり起きて水割りを飲みながら次の虚言の完璧なモデリングをする生態学者。

 

 家具の配置を変えて海馬に潜入。

 

 昆虫の巨大化を止めた食道と脊髄神経の交差。

 

 制御という冷えた野心を抱え続けるガバナー。

 

 記憶を吐き出し巣を作る鳥。

 

 カナリアが来そうな曇り空だな。

 

*******

 初夢その1。自分は少女。冬の雪山、連行される軍隊から逃亡。自分だけが知っている奥深い渓谷の中の洞穴へ。そこに立派な家を作る。

 

 初夢その2。自分のライブ。知り合いの工学博士に出演を依頼するが、その日はアメリカに住むバイオリニストのフィアンセもライブで、チャットしなければならない、と断られる。

 

 初夢その3。知り合いの小説家が司会をする番組で、ピアノを弾くことに。収録前に病院へ。そこで黒くて巨大な機械で耳の中を検査。「耳アカたまってますね」と白衣の医者に言われ、耳アカを溶かす薬を渡される。

 

*******

 喉が腫れて熱が出た。ウィルスが脳へ侵入しようとするのをリンパ節が必死にブロックなう。ついにきたか、インフルエンザ。

 

 馬の死体がぎっしりと積層してできた、巨大な壁の夢を見た。

 

 昨晩はうなされる中、アメリカの偉大なる妄想家、ウォルトディズニーと、サンドイッチの関係を必死で考えていた。

 

 幽霊に吼えられる夢を見た。

 

 今日は記憶に廃屋が満タンなので海馬がオーバーフロー。確実にとって悪夢を見るな。しかたない。

 

 熱が出た。鏡に映る自分を見て、なぜ意識はあちらでなくこちらと断定できるのかについて、昨晩はうなされた。あと、世界のコピーがそんなに欲しいなら宇宙サイズの鏡を作れとか。EDELWEISSの新しい物語。

 

 風邪をひくと、僕の中に、僕と、僕じゃないものが、陣取りを始める。それを眺めるのはちょっぴり神の視点。

  

 夢で、ゴマ入り苺ジュースを飲んだ。・・・なんの啓示? 

 

 女には退廃という穴が開いている。鏡。四つ目の断定。泣く羊。脳モデルでなく家具の配置で深層の描写。

 

 感情はフェティッシュな物体の配列からできている。

 

 魚の夢を見た。試験管の中に上向きにぴったり収まってた。大きな水槽にうつすと、戸惑ってはいたがやがて藻の中に消えていった。

 

 深層心理、夢の分析をオルガティカの手法で分析可能かどうか検証しようと思ってたのでやってみよう。

 

 口の中の頬肉をハサミで切り取られる夢を見た。ほんの少しだけ。最初拒絶したら、麻酔薬を打たれそうになったので、おとなしくしたがった。

 

*******

 風邪をひいた。今回はどんな啓示の夢を見るのだろう

f:id:Fumiba_m:20111212204806j:image

2011-12-15 小説ではない 12

【ソボクな所感】

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第12弾。基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

今回は、比較的単発で行われたつぶやきのなかから、当方がおもしろいーと思ったものをランダムに選びました。

 

  • ソボクな所感

 夕方の五時になると、夕焼け小焼けが聞こえてくる。スペースコロニーに住むようになっても、流してほしいなあ。

 

 モーターショー。一連のエコカーの展示を見て、「香典返しで頂いたおまんじゅうのパッケージ」に似てると思った。・・・限りなく消極的な、積極性

 

 冬眠ってすごいな。冬の間、ずっと寝てるんでしょ。ずっと

 

 ダイヤル式でんわの時代は、ジーコジーコかけてるときに「かけるべきか、かけざるべきか」悩めたけど、一発発信の今は、そんな豊かな時間はなくなってしまった。

  

 机の上が、書類の山でごちゃごちゃになってきた。はあ。ヤギだったらテンションあがる風景なんだろうなあ・・・

  

 壊れまくる情報機器を見ていると、「情報時代」の次に「エコ時代」に行くのではなく、もう一回「工業時代」に戻ってもいいんじゃないか?と思う時がある。もちろん情報時代のセンスを抱いて。

 

 桜って、一年に一度のプロモーション(しかも毎回おなじ)で、一年間、人間に大事にしてもらえて、うらやましい。

 

 キュビズムとはフォーマットである。

 

 最近のSF映画の宇宙人、エビとかカニばっかりだが、どえらい美男美女の宇宙人にコテンパにされる人類も見たいぞ

 

 今朝のNASAの発表の直前で寝てしまい、起きたら暴風雨で警報サイレンが東京なのに鳴り響いていた。なので「とうとう宇宙人きたか」と枕の上にアゴのせて思った。

 しかっし昨日のキーワード「異常な天気、NASAの重大発表、南アフリカの次、海老が大暴れ」って、SF映画「第9地区」やん。

 

 あまったサイダーに風船をかぶせ、シェイクすると炭酸ガスで膨らみます。そのガスを口で吸うと、炭酸飲んだときに出るゲップの、強烈な鼻の痛みを味わえます。

 

 そういや20年くらい、長靴をはいてないぞ。あれってきもちいいん?

 

 作品のタイトルがいまいちだったら、最後に「さえも。」をつければ一気に芸術っぽくなる。例:「日曜日のおとうさん。さえも。」

 

 日本において「脇毛」は、「はやす=1」か「はやさない=0」かの選択を迫られる、おそろしくデジタルな整理現象だ。

 

 見るな!って言ってるのにアナタが見るから出て行くことになる。昔は妻の機織り仕事。今は旦那のケータイ。

 

 さて。寝るのも仕事。

 

 地上では、過剰な宝物は人生の保証となるが、海上では過載による船の転覆となる。

 

 飛行機が離陸するとき、いつも僕は寝てしまうのだが、あれかな、離陸のパニックを鎮静するために、機内に催眠ガスとか流してるのかな。

 

 それぞれの家庭の個性がダイレクトに記録されたものがある。バスタオルの匂いだ。

 

 今日の夜は、近くの川原にサーカスが来るらしい。なんとしてもそれまでに頭痛と腹痛と筋肉痛を直さねば。

 

 小松左京日本沈没を書いたのが42歳か・・・

 

 砂漠の民は、金貨を貯めることよりも、水と、水源の情報を分け合うことの方が、生き残れるらしい。ストックよりネットワークを重視。フリーランスの仕事にも言える。食ってくには人間関係。

 

 西洋文明は、ギリシャ文明がクラッシュして吹っ飛んだ情報を、イスラム文明というハードディスクがバックアップを取っといてくれたおかげでリブートできた。

 

 大きいものは下へ。小さいものは上へ。この当たり前の自然現象が、なぜか「カバン」の中では逆転。そのため毎日、鍵をさがしてカバンの中をまさぐる玄関前。どうにかならんかな。

 あそうか。巨大な鍵を作ればいいんだ。

 

 なんで若者は踊るん?

 

 1リッターで16キロしか走らない戦車で、石油確保の争いをやってたんだなあ。男ってバカだなあ。

 資源を確保するのに、それ以上の資源を使ってたら、家計が破綻するのを知ってるぞ。女は。

 間違えた!戦車の燃費、1リッターで200〜300メートルだった!・・・・ナンセンスマシンだな。

 石油戦争って、どれだけ効率よく石油を運動エネルギーに変えて世界中に巻き散らかすか、ということだったのか?

 

 笑うのって、体力使うよねー。

 

 小説って著者の空想力と読者の空想力とのデュエットだなあ。

 

 アゲハチョウの幼虫を攻撃すると真っ赤な肉の角を体内から飛び出させるが、生物的な威嚇行動ではいっしょだな。あっかんベー。

 

 草食系家畜は、上手に鞭を打てば騎馬民族となって世界征服したり、農業革命を起こして社会を変えたりする。草食系男子も?

 

 筆記具って、どうして簡単に紛失するんだろう。2ヶ月前は8本あったぺんてるプラマンが一本しかない。

 資本主義を成立させてる重要なポイントとして、「人間は商品を買ってもすぐに無くす。だからまた買う」つーのがあるんじゃないか?

 

 思考の混乱具合と、カバンの中の混乱具合は比例する。

 

 こけるとわかっていてもやる。なぜか。こける予想なんて所詮理性の産物だからだ。

 

 人生には楽しいことが50%、悲しいことが50%、詰まってると思う。誰もかれも。あとはどっちを向いて暮らすかで、人生のトーンが決まる。僕は明るい方が好きだなあ。

 

 元気だなあ、女の人は。

 

 振り返れば自分の人生、「なんでこんなことやってるんだろう・・・」の連続。尻ふりながら木魚叩いたり。

 人生は、小さな選択肢の連続で、気がつけばそれが積み重なって大きな人生の分岐になってるのだろう。

 

 世界って、面白いことだらけだね。

 

 マルチタスクに仕事ができる人なんていない。人間はいつもシングルタスク。仕事が複数こなせる人は、シングルタスクの切り替えがうまい人。

 

 一本のマッチを擦った火は、吹き消すこともできるし、ほっとけばやがて燃え尽きる。だから子供でも扱える。しかし、吹き消すことも燃え尽きることもないマッチを扱えるほど、人類は大人になったのだろうか。

 

 情報量が多すぎて、ダウンロードするのに10カ月と10日かかるものがある。「出産」だ。

 

 面白いことを思いつく人は、面白いものをいつも見ている。

 

 僕はこれまでびっくりマーク「!」を何本使ってきたんだろう。

 ツイッターで1日に3本びっくりマーク「!」を使ったとして、年間に1095本か・・・・。

1095本!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 1095!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(英訳)

 いっきに267個も使ってもた。

 

 アメリカ人ってきみどり色が好きだなー。

 

 欧米のホテルでシャワー後、床がびちょびちょ状態でドライヤーをかけるとき、いつも「感電して・・・死ぬかもな・・・」と思う。映画007で、ボンドが敵を湯船に放り込んで電灯も投げ込んで感電死させるシーン。あれをいつも思い出す。びちょびちょ・いや!

 

 毎回思うが、みすず学苑の広告はいったいどういうコンセプトだ?

 

 広く使われるものには隙間がある。

 

 いつかエネルギーのことを心配しなくていい時代がくるのかな。

 

 まったく話が合わない人と、話がしてみたいなあ。

 

*******

 なんかずっと人生を因数分解してるなあ。

 

*******

 

 なぜにbotに勇気づけられてるんだ、俺よ。

f:id:Fumiba_m:20111215073920j:image

 

*******

ここ10日間ほど体調がイマイチで、ひきこもっていました。

引きこもり方  > 部屋と職場の往復に専念。家と職場では主にPCの前に座り続ける・・・。

昨日は調子が戻ってきたのでひきこもり解除。東京へおでかけ。12月平日のお休みは貴重です。

目黒区美術館へ行って「秋岡芳夫展」を見て。

新丸ビルでブラックベルベッツのライブを楽しんできました。いぇい。

2011-12-14 小説ではない 11

【物・モノ】

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第11弾。基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

社長はモノに対する独特なセンスをもってらっしゃるなー。と感じるツィートのなかから独断で選択しました。

 

  • 物・モノ

 

 機械が「動く」というのは、小さな自己破壊を、繰り返す、ということ

 

 人間が機械的に作り出す周期は、どうしても短いので、そこからクロックを取り出すにはトリガーが必要。アナログ時計でもそこはデジタル的。完全にアナログな時計を作るには、まず太陽系を作り、そして日時計を作らなければならない。

 

 モーターは170年の歴史を持つ機械。デジタル機器とは、耐久テストの厚みがちがうか。

 「工業技術」 に 「情報技術」 が流れこんだとたん、機械は壊れやすくなったと思う。

 情報技術の恩恵はたくさんあるが、「もし工業技術がそのまま進化していたら」という、ネオインダストリアルな方法もあるのでは?

 「30年もった家電製品展」・・・という展覧会を見てみたい。

  

 ハンマーで金属弦を殴りまくる装置 「ピアノ」 がなぜ壊れないかといえば、稼働部を頑丈に作っていないからである。感心するほど「力」を逃がす設計。

 

 機械は見世物になる。なぜか。無機物が動く、ということに生命である人間は単純に驚くからだ。

 

 僕がディズニーランドのイッツアスモールワールドの人形たちに感動してしまうのは、そこにまったく心がないから。心がないのに、一生懸命だから。

 

*******

 オモチャもCDもコンテンツをプラスチックに載せることにかわりがないが、オモチャが優れているのは、1.コンテンツとプラスチックが分離不可能。2.再生機がいらない。

 

 化粧品が面白いのは、情報と物質が真っ向からぶつかっているからである。

 

 日本の米は、栄養のある部分を捨ててまでも「リファイン」にこだわり、「白」を追求した。これは神道につながるし、日本の現在のプロダクトデザインにもつながる。

 よって結論。「日本のおしゃれなプロダクトデザイン=神道説」。

 

 LED電球を買った。眩しいのに熱くない。21世紀は光から熱が、記憶から回転体が消えていくのだなあ。

 

 地下から汲み上げた石油を光や音のエネルギーに変換し大気中に拡散させる装置がある。ケータイ電話だ。

 

 プロダクトデザインって量産設計が必須なので、その構成要素、たとえばネジの一本からその仕組みを知らないとできないと思うのだが、なぜ美大では四年間発砲スチロールを削るだけなんだろう。

 

 橋とか鉄塔とかができていく様子を見れる「建設カフェ」があったら、1日いるな。

 

 栓抜きって、ジュースとかビールとか開ける存在なので、出発の段階ですでにレベル高い。

 

 BMWになんとなく感じていた苦い感じの理由が、BMWミュージアムに行ってわかった。徹底的にくそまじめなドイツ人が、徹底的にブランディングをくそまじめなにやった結果なんだと。

 ドイツ博物館でエンジンは徹底的に解剖され、オイルの臭いがプンプン。それを期待してBMWミュージアムに行くと、車は磨きあげられ、 デザインとアートという外装を被せられ、オイルの血の臭いがまったくしなかった。ドイツ人は極端だと思った。

 お台場のトヨタのショールームMEGAWEBにいくと、車酔いしそうなほど、車臭がする。あれすらなかった。BMWのショールーム。すごい空調なのか?

 

 ピアニカの中小学校の教育楽器。ハーモニカ・ピアニカ・リコーダー。・・・空気を送るものばっかじゃん!

 

 僕が 「iPhone」 を持たない理由が、今わかった。僕は「iPhone」を作れないからだ。 嫉妬だ。

 

 鬼瓦って、おもしろいなあ。いつか作ってみたい。

 

*******

 僕が自分の作品にアルミニウムとABS樹脂を使うのは、アルミニウムが「男性的」で、ABS樹脂が「女性的」だから。両方、必要。

 白い色のABS樹脂は、800番くらいの紙やすりで研ぐと、いったん光を吸収して、放ちます。それは女性の美しい肌に、似ているんです。

 一方アルミニウムは、きちんとした工作手順を進めないと加工できません。制作者に、論理性を強いる素材です。男性との対話のように。

 人間に「骨」と「肌」があるように、構造と柔らかい肉の対比は、無機質であろうとも、フェティッシュ。アルミとABSは僕にとってのそれ。

 

 アルミとABS樹脂に欲情する僕は、政府やジャーナリストが「絵」のエロスの方を規制してくれてほんとよかった。アルミとABS樹脂が発売禁止になったら、USTREAMで特別抗議番組を作るとこだった。

 

 自分が製品を作るときの動機は、機能性と呪術性が融合しないとダメなんだが、呪術性という言葉が英訳しにくい。土俗性、アニミズムを含む一言でいえんかなあ。

 

 ときどき自分が作ったモノが、自分より人気になって嫉妬するときがある。・・・という話をすると、作ったモノもあなたの一部でしょ?なんで?って言われるが、違うんじゃあ!他者なんじゃあ!

f:id:Fumiba_m:20111214064440j:image

 

********

昨日、社長は平行思考試行をされていらっしゃったよう。

ここ数日、カバがブームのようです。昨日のつぶやきにこのようなのがありました。

カバの効率をあげるために彼の臼歯を地軸に糸で結ばねばならない。

・・・・・。

「カバの効率」って何だろう?

どのくらいの大きさのカバ? どこにいるのだろう?

地軸のどこに糸を結ぶの。そもそも地軸って概念でしかない。

だから社長はカバをいったいどうしたいのー。

 

まだ悩んでいますw。

2011-12-13 小説ではない 10

【おはよう森羅万象】

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第十弾。基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

今回は「朝」。社長「朝」つぶやきから、元気がもらえますよねー。

 

  • おはよう森羅万象 

 朝は好きだ。今日という未来の出発点だから。なんでもできる気がする。

 

*******

 

 おはよう! 空気、うま! 

 朝だ!洗い立てのまな板だ。今日も作業をがんばるぞ!

 

 おはようございます。やっぱり朝はいいねえ。脳ミソ・リブートしてる。

 髪を切った。髪は脳と直結してるので、空き容量増えた気がする。

 

 朝だ!月曜だ!洗いたてのまな板だ!今週もバシバシ仕事を片づけるぞ!

 

 昨日、お寺の掲示板にいいこと書いてたな。「雨が降って芽が育ち、雨が降ってつぼみが膨らむ。わたしも、雨が降ったおかげできれいな花を咲かせよう」。人生、チョー前向き。いいねー。

 

 よっしゃあ!雲ひとつない、青い空! オレが白い雲をポンポン作ってやるゼ!! 意味わかんないが、やるきの表現だ朝からー

 

 驚きに満ちた世界よ、おはようございます。今日もなにかを見つけます。

 

 朝だ! 雨降ってるからしっとりと、今日は芸術について考えよう。

 

 朝だ!晴れてきた! 今日はぽっかり芸術について考えよう。

 

 おはよう!森羅万象! 昨日まで世界になかったものを、今日、作りますよ!

 

 さて! 太陽が水平線に落下するまでの間、考えごとをしよう。

 

 おはよう!やってみなきゃわからん。今日も作るぞ!

 

*******

 

 朝だ!月曜だ!洗いたてのまな板だ!今週もバシバシ仕事を片づけるぞ!

 

 おはよう!月曜日!今週も作るぞ!

 

 朝だ!一週間の始まりだ!  つーくーるーぞー

 

 おはよう!こころの月曜日!

 

******* 

 

 おはよう!今日も創意工夫でピンチをチャンスにかえるぞ。

 

 おはよう!今日もみんなが欲しがる くだらないもの 作るぞ。

 

 おはよう!森羅万象。今日はヒラメいたから作れるぞ!

 

 おはよう!森羅万象。ええ天気やねえ。

 

 おはよう。森羅万象。ネタだらけの世界。

  

 おはよう!朝だ!カモン、太陽光!

 

 おはよう!森羅万象! そしてたまりにたまった仕事たち! 今週もサバきますよー! げーつーよーーーーびーーー、、スタート!

  

 おはよう!森羅万象。さて、たまった作業をびしびし片づけるぞ!

 

*******

 

 リンツ到着。時差ボケで5時に目が覚める。早朝の仕事は漁師のようで、作業が進みます。

  

 ニイハオ森羅万象。こちらは上海。スモッグ?曇り空?天気はグレーです。

 

******* 

 

 今日は元気だ!腹痛から復活。やーるーぞー

 

 さあ、今日も作るぞ。昨日まで世界になかったものを。

 

 だな!RT @Maywa_bot: おはよう!やってみなきゃわからん。今日も作るぞ!【土佐信道(1967〜)

 

 おはよ!きたきたー締め切りが重なってきたー。

 

 おっはよー!悪夢を見たような気がするけど、わすれてもたー!忘れて健康!健忘症!

 

 おはよう!財布おとした!

 

 朝起きたらなぜかパジャマのズボンを脱いで半裸。窓を見ると飛行船が飛んでいた。

 

 おはよう!今日は太陽という無料の照明がついてるうちに仕事や家事を片付けましょう!

 

 さあ、今日も効率をあげて仕事!夕方までに片づけて、機材のスイッチオフ!

 

 みんな朝ご飯はちゃんと食べたかい?

 

 おはよう!森羅万象!きたきたー太陽! 心のソーラーパネルが開くわあ。

 

******* 

 

 さあ、みんな。明和電機の戯言につきあってないで、寝ましょう! もうすぐ、朝というステキな未来がやってくる。

f:id:Fumiba_m:20111212204457j:image

2011-12-12 小説ではない 9

【ボイス/うたう】

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第九弾。

基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

今回はボイス。「ストレンジボイス」イベントが懐かしー。

創作の原点にかかわる部分に、抽出編集作業で操作を加えてしまうのはとても心もとなく気が引けるのだけれど。

このテーマに関しては、社長がブログ等でまとめているので、多少、安心。(かな。)

 

  • ボイス/うたう

 サバオでーす!!

 ツイッターだと、地声も裏声もないな。

 

*******

 今日は「肉の楽器」、すなわち「声」の機械化についての理論をまとめよう。

 「歌う機械」を作っていて思うのは、その存在は人間にとって「本能的に拒絶するもの」であること。無機物から声が出る現象は異常現象。ゆえにシュルレアリスム彫刻に近いのでは、と考える。

 現在「歌う機械」には、三つの潮流がある。?ボーカロイド系(デジタルによる肉声の再現) ?ヒューマンビートボックス系(肉声によるデジタル音の再現) ?人工声帯ロボット系(メカニックによる肉声の再現) である。

 

 世界では今、三つの潮流で「声」をテーマにした新しい楽器が登場しはじめている。ひとつ目が初音ミクのような「電子式音声楽器」、二つ目がヒューマンビートボックスのような「電子風肉声楽器」、そして三つめが明和電機のセーモンズのような「機械式音声楽器

 「声」の楽器の三つの潮流に共通するのは、デジタルミュージックの風俗的かつ技術的発達を通過しなければ、けっして生まれなかった、ということ。

 さらに三つの声の楽器に共通することは、キャラクター性や呪術性など、かつて西洋楽器が発達の段階で切り捨てた要素が復活している点だ。

 ベートーベンは自動機械オーケストラの曲を書いたり、メトロノームを最初に取り入れるなど、かなりの「メカおたく」だった。1800年代に初音ミクが生まれていたら、彼女のための「アリア」を書いただろう。

 

 僕が「声の機械」にこだわる理由はふたつある。ひとつは声の機能性。複雑な肉の楽器への創作欲。もうひとつは呪術性。声は人間の感情を縛る不可解な音。

 呪術性に見世物小屋はよく似合う。

 

 声の楽器を探求すると、近代楽器が隠蔽してきた呪術性が吹き出してくるから面白い。セーモンズもミクもボイパも。

 機械写実主義、というものがあるとしたら、サーフェースでそれをやってるのが石黒先生。声でやろうとしてるのが明和電機か。美術史における新しい写実の視点。

 

 「どうして女性の声のロボットを作るのですか」と聞かれたので「男の声はすでに持ってるから」と答えた。

 

 今日お会いした人工内耳をつけた方に、セーモンズの歌ってる映像を見せたところ、歌がまったく聞こえないという。その方、大好きなミュージシャンの歌はよく聞こえるそうです。感情移入によって、人間は脳の中にメロディーを作り上げるのか?ショックでした。

 

 今日は人工内耳をつけた耳の聞こえにくい皆さんに、人工声帯の「声」について講演。伝えることの本質を実感しました。

 

*******

 明和電機は「人工声帯ロボット系」で、NHK紅白歌合戦に出場することが、目標である。おもしろくない?おもしろくない?

 

*******

 一番最初に「声」を獲得した生命が発した言葉は何か。「逃げろ」か。「いい匂い」か。それとも「好きだ」か。

 

 クイズ「神様の最初の言葉は"光あれ"ですが、地上に生まれた生命が最初に発した言葉は何でしょう?」

 

*******

 例えば「ドナドナ」の歌詞を、感情を込めて悲しく朗読しても、泣くほどではない。しかしメロディーを付けたとたん、簡単に涙させることができる。声が歌に離陸する境界ってなんなんだろう。

 むかし、「昭和枯れすすき」という、嫌になるぐらい悲しい歌があった。ある意味映画「タイタニック」に匹敵するくらい極限状態のバカップルの歌だったが、最近あの手の歌、ミュージシャン作らないなあ。

 むかしは男性が「オレと堕ちていこう」と言ってもロマンスになったが、今は「アナタだけ堕ちれば?私は生きるし」になったってことか。

 歌舞伎で近松の心中ものを見たとき、死への行路が強烈に宗教くさくてビックリしたことがある。「一緒に堕ちる歌」が消えたのは、あの宗教観が無くなった点もあるかも。

 

*******

 酸素呼吸をはじめた生命が得た大きな二つのメリットは、エネルギー代謝が良くなったことと、歌が歌えるようになったことである。

 

 むかし黒船の蒸気の汽笛を始めて聞いた日本人は、その異様な響きにビビりまくったそうである。スピルバーグ宇宙戦争の宇宙人が発する重低音とかぶる。

 

 サンプラも波形編集ソフトもない時代に、「ゴジラの鳴き声」は作れた。アナログの可能性は深い。

 RAG FAIRのライブ。お見事おもしろかった!そっか、電気がなくても音楽できるんだ!

 声ってすごいなあ。

 

 昨日の川井憲次さんのライブ。地声で歌う民謡歌手の方の姿が忘れられない。吠える人間のシルエット。インスピレーションを得た。

 地声の歌唱法は、話し言葉の延長で、西洋式の発声とまったく違うそうだ。西洋式からみるとストレスがかかったように見える歌い方は、アニメ声に通じるものがあるし、気になる。

 リード楽器は現在、人間の肉体の共鳴を最大限利用する。しかし声の機械装置を作る場合、その細やかな共鳴体を利用できない。直感だが日本民謡の地歌に、その突破口がある気がする。

 

*******

 アイドルの声の系統発生の研究とかあるのかな?いつから今の「鼻声・舌足らず」になったのだろう。

 ゆうこりんが「明日からワタシ、鼻声になる!」って星空を見上げた夜があったんかな。

 

 そうだよなあ、「声」という音は集団の中にあるんだよなあ。

 

 声はお化粧むずかしいもんなあ。

 女性の方がハレとケの声質の変化が大きい。なぜ?

 テレビドラマで見る公家の「〜でおじゃる」言葉は、男性もかなり"よそゆき"の声。男も化粧する時代だったから?

 たしかにGacktはよそゆきの発声法。

 女性の「声を高くしゃべった方が、失礼じゃない」という発声法は、”社会的な礼儀”としてのお化粧に通じて、興味深い。

 「テンションの低い声」を「明るく華やかな声」に自動的に変換する機能をケータイにつけたら、バカ売れするんとちゃうか?女性に!

 個人的には女性が地声の低い方の声で、なにげなくしゃべったり歌ったりする方に色気を感じます。ヘレン・メリルとか。

 

*******

 ボイパがおもしろいのは、それまで全身運動じゃないと出せないと思ってた打楽器音を、首から上の言語運動だけで出したこと。運動的には信号伝達および重力からの解放のぶん、ボイパの方が確実にONビート。

 

 後藤真孝先生に、歌声情報処理、そしてさらに音楽情報処理の最先端のお話を聞いた。おーもーしーろーい!未来にはたくさん驚きが詰まってる。音楽の世界は、まだまだ変わっていく。

 平井堅ボーカロイドはいつ発売されるのだろう。

 平井堅ボーカロイドが発売されたら、何を歌わせたい?

 

 音楽メディアがレコードのようなアナログからデジタルになることで、不可侵だった音楽が、編集可能な要素に分解され、再構築されるようになった。このプロセスは、食べ物が消化酵素で分解され、肉体に再構築される「同化・異化」のプロセスに似ている。

 現在のDJは組織学から細胞学ぐらいの分解・再構築レベルだが、音楽情報処理技術がさらに進めば、分子生物学レベルの編集をするDJも登場するだろう。

 モノマネ芸人さんの、歌唱情報からの特徴点の抽出&デフォルを、音楽情報処理の視点から分析した研究はないのでしょうか?

 

 機械には感情がないので、新しい音楽の聞き方をどんどん人間に提案してくるだろう。ちょっと前だと「シャッフル」とか。それに対し人間側がどんな防御システムを作るかが興味深い。

 

 AFRAさんのビートボックスをこたつぐらいの距離で聞いた。なんじゃこりゃあ!おもしろーい!なぜそんないい音のハイハットが、そのヒゲの下のお口から出てくるの?

 ブッ ブッ ツッ ブッ ブブ パ チッ ツッ パ ブブ ブブブ (社長、ビートボックス練習なう)

 

 AFRAさんの口の動きを見て、機構を思いついた。

 ヒューマンビートボックス・マシン、作りたあ嗚呼い!

 

 昨日の後藤先生のお話と、今日のAFRAさんの衝撃は、なんか通じるものがある。なんだろう。もやっと。・・・・・動け!脳みそ!

 ヒューマンビートボックスを機械化するとして、名前をどうしよう。対極だから、「ヒューマン > ロボット」、「ビートボックス > くちドラム」、つまり、” ロボットくちドラム ” か・・・・・・ださ!!

 

 「カバー」とは、ミュージシャン主体で行われる。ところが野口五郎の「ニューカバー」は野口氏というプロリスナー主体で作られた。この転換はやがてデジタル技術進歩で大衆まで降りてくる。つまり、誰もが、好きな歌を、好きなミュージシャンに歌わせる装置を持つ時代がくるのだ。

そんな時代のレコード会社とはなんだろう。

 「エリは父親のライブラリーから"山口百恵"と書かれたファイルをみつけた。いい声だな・・と思ったのでアプリで声を解析し、先日ダウンロードした大好きなバンドの"silk"という曲を歌わせてみた。うん、やぱりこの声はこの曲にはまった、と思ったので、データをネットにアップした。」

 

 問題は「歌におけるキャラクターとは何か?」。そこが楽器と歌の違い。初音ミクもスーザンボイルもそれなしにはヒットしなかった。

 

 「人を感動させる音楽なんて、機械が簡単に作れるよ」・・・・賛成もできるし、反対もできる。

 Amを聞いただけで人は悲しい気分になる。そしてコンピューターもAmというコードは理解する。その単純性においては、賛成。

 

 財津和夫の声を生で聞いたとき、その引き込みのすごさに、ああ、この人はシャーマンだ、と思った。単にいい声、というだけではないなにかがある。本当の歌手には。

 

 あ、そうか。初音ミクのPがぜんぜん多いのは「なじみを変えるべからず」の花柳界ルールもあるからか。つまりミクは祇園と舞妓が一気に出現したから強いんだ。

初音ミクヒューマンビートボックスとオタマトーンの確実な共通点。動画共有サイトのおかげで盛り上がった。

 

 ヒューマンビートボックスのプレイヤーが面白いのは、実は音楽プレイヤーというより、プロフェッショナルなリスナーが進化したものだ、という点だろう。おしゃPに近い!

 

 昨日のオニキスさんの、「僕が死んでも、ミクはずっと同じように歌い続ける」という話が切なかった。

 

 僕が作る歌う機械は、僕が手をかけてチューニングしないと歌わない手のかかる彼女だ。ミクと違って、僕が死んだら沈黙し続けるだろう。

 

 植木等の声の著作権はどこにあるのだろう。故人が再び歌い出す時代はレコード会社にとって、新しい金脈になるのだろうか。

 植木等ボーカロイドに! ついに故人の歌声が再生される時代に。・・・泣けて〜く〜る〜♪

 たとえばphotospeakのようなアプリの進化を見る限り、近いうちに故人の歌手が映像の中で再び新曲を歌い、踊る時代がくることは間違いない。死の受け止め方が、未来は変わっていくだろう。

 植木等ボーカロイドのように、今後、死者をデジタル技術で生き返らせるビジネスが盛んになるだろう。業界名はなんだ?「ゾンビジネス」とか?

 Rebornビジネス とか? oborn(お盆)ビジネスとか?

 

 初音ミクの場合、集合意識が虚像を実像に変えて拡大していったが、故人のボーカロイドの場合、生前のファンの集合数がマーケットの規模を決める。ビートルズのように音楽そのものがアルゴリズム化してるミュージシャンにとっては、有利な市場か。

 歌手という生きている者が持つ「心」や「魂」の魅力。それとは対極に、ボカロPのオニキスさんは「死」を内包している初音ミクの魅力をお話されていた。それぞれわかります。

 ボーカロイド関連が僕にとって興味深いのは、攻殼機動隊やマトリックス的な、心のあちら側への移動という人間性の問題ではなく、あくまでも膨大なデータが作る形象(ハリボテ)としての人間性の問題だから。それはとても芸術的な話。前者はどこまでいっても「生」の話。後者はのっけから「死」の話。

 ボーカロイドは、「人間性」という新しいパラメーターのつまみが加わった電子楽器である。キャラ立ちした音になるかどうかは、演奏者の腕次第。

にしてもVOCALOID3は、ボーカロイドの存在を、初音ミク以外で庶民に知らしめすことになるだろうなあ。

 来年の大晦日は、ボーカロイドによる「故人・紅白歌合戦」とか放送されたりして。

 来年はボーカロイドで故人歌手がレコード大賞とったりして!

 ボーカロイドによる「故人・紅白歌合戦」、とりの対決はやっぱり村田英雄と美空ひばりか・・・・・あれあれ?ものまね紅白歌合戦っぽいぞ。

 故人を写真に残す「遺影」という風習はこんなに普及してるのに、声を残す風習(遺声?)は普及していない。声というのは、生々しすぎるから?いつまでたっても影にならない?

 

******

 チップ化された女の声に惹かれる。世界の終わりまで「時間」という詩を朗読し続ける女。時報。

 世界中の道の名前を知っている女。ナビ。

 自分の未来に疑問を持った時、彼女なら「五キロ以上、道なりです。」とアドバイスしてくれるだろう。ナビ様。

 僕がジホッチで女の声を機械に閉じ込めた感覚と、初音ミクにはまる感覚は、遠くない。

 

*******

 音程はオクターブ以外、すべて不純である。

 世界は不純に満ちている。不純こそ世界だ。でもそんな世界も時折、完全性を見せるときがある。不純を縫うように現れる完全性に痺れる。オクターブ。

 

*******

 鳥は空中で歌うので、残響というものを知らない。

 鳥は羽ばたきながら歌うので、ロングトーンなんて出せない。

 鳥。飛びながら歌う。声が自身の運動の軌跡の中へ消えていく。どんな感じなんだろう。群れで飛びながら歌うのも。どんな感じ?

 

******

 国策で、夕方5時になったらすべてのケータイ、スマートフォン、PC、ラジオ、テレビから「夕焼けこやけ」が流れるようになったら、残業も減るかもと思ったけど、それに近いのがイスラム世界の夕方の美しいコーランの歌声かも。

 

 ひさしぶりに作詞・作曲作業なう。お伴はフォークギター。口が気持いいフレーズを探しちゅう。

 

 やっぱり沢田研二はカッコイイなあ。夜道でサムライ熱唱中なう。

 

 マイウェイっていい歌だなあ。

 

*******

 

 <明和電機ボイス計画宣言> 明和電機は、歌うロボットを開発し、歌手として世界デビューさせることを宣言します。

f:id:Fumiba_m:20111212064912j:image

社長とセーモンズさんの「距離感」を興味深く思いました@2011年ボイスメカニクス

2011-12-11 小説ではない 8

【描く/スケッチする】

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第八弾。

基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

(こういう安易作業を続けていいのか悩み中だけれど、とりあえず楽しいので;

 

  • かく/スケッチする 

 絵を描いてます

*******

 

 紙とペンの作業の最大の利点は、フリーズしないことである。 土佐信道(1967〜)

  

 スケッチがうまくなる極意は、ひとつしかない。・・・・アホみたいにたくさん描くこと。 悩む前に、描いちゃえ描いちゃえ。

 自分のアイデアを脳から取り出す、一番簡単な方法が、スケッチ。だからヘタでもいいから、パッパと描くこと。じゃないと、「釣り竿選びで悩んで、いっこうに釣りにいかない人」になっちゃう。

 

 スケッチしたくてたまらない。

 

 プラスチック万年筆のインクの減る量が、まるで走行メータ−のように、僕がどれだけ創造行為を行ったかを教えてくれる。

 

 パソコンの電源切って。紙とペンだけ持って。喫茶店で思考の釣り。

 

 今日はオフ。外側へのエネルギー放出が続いたから、バランスをとるためにカフェで引きこもりスケッチなう。内側のエネルギー発掘作業。

 

 同じ設計のスケッチを何度も描きはじめた。これは良くない傾向。発想を変えよう。

 

 あかん。スケッチで機構を考える限界にきた。明日アトリエで試作しよ。

 

 スケッチがたまってきた。これから分類・分析タイ−ム!

 

 過去のスケッチを整理中。自分の設計思想の変化に驚く。

 今日はアトリエに散在してたスケッチやメモを整理。「へえ、自分ってこんなこと考えてたんだ。」と驚く。軽いメメント状態。

 

 今日は幸せなことがあった。スケッチを重ねることで、やっとひとつ構造が見えた。思わずガッツポーズしたが、誰も共感できないんだよなあ。この幸せ。だから表現者は孤独になってく。しゃあない。

 

 空を飛ぶものを作るなら、そのしくみを紙の上でスケッチで考えるより、紙そのものを折って紙飛行機で試したほうが早い。しかしそれでも人類が紙の上のスケッチを止めないのは、物理世界とは違う、理想の構造というものを持っているからだろう。

 

*******

 大混乱の作業現場でもっとも威力を発揮するのがスケッチ。みんなのイメージを統一できるから。そして大事なことは、すばやく描くこと。時間ないから。

 

 芸術家はまず絵描く。それを眺め、もう一枚、絵を描く。そうやって自己完結のループをくりかえし、作品世界の純度をあげる。これはライフログの対極の情報処理だ。

 

 ペンタブレットで風景を描くとき、拡大機能で、それこそ葉っぱの上のテントウ虫の体についたダニまで描ける。しかしそのことが、絵画の「全体感」を失わせる。キャンバスの場合、身体のスケールがそこにロックをかける。

 

 社長のスケッチ、きれいですねえ〜と言われるが、そりゃそうじゃ!生活かかってるもん!なんとなれば売ってやる、というギラギラした気持ちで描いてるもんね、スケッチ。人に買ってもらえるものを作ろう思ったら、気合いはいるで〜

 

 ロボットの正面の顔を描くときは情動的になるが、横向きの顔を描くときは冷静になる。

 

 自分をまずチューニングして、トーンを決めておかないと、絵のトーンは決まらない。

 

 そうか。絵画史が生まれるよりもはるか昔から、人間は絵を描くという構造計算の思考法を、行ってきたんだ。

 

******

 カフェに行ってスケッチを描きまくろう。

f:id:Fumiba_m:20111211081543j:image

2011-12-10 小説ではない 7

【ウは woman のウ】

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第七弾。

基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

社長が@で返信したものや、リンク参照付きでつぶやかれたものはほとんど選択されていませんが、例外があります。

 

  • ウは woman のウ

 砂漠の女は、まつげが長い。

 

 男は技術が大好きだが、唯一興味がないゆえに、簡単に男がコントロールされてしまっている技術の分野がある。「女の化粧」だ。

 

 アイプチとか、エクステとか、なにやら女性の眼球のまわりは接着剤革命が起こってるみたいだね。

 いま電車で目の前にすわっていた女性、つけまつげが長すぎて「ウニ」みたいだった。彼女のなかでまつげがインフレおこしてるんだろなあ。

 つけまつげの接着剤って、パッケージに成分表が書いてない。こえー。

 

 今って、化粧とか料理とか、男性より女性の方が、手を使った工作技術のレベルが高い気がする。

 

 アメリカの通販番組で見た、スプレーガンを使ったメイク。化粧じゃなくて塗装だった。

 職業柄、溶剤の怖さをしってるが、女性ってほんとバンバン化粧や装身で使ってて、すごいとおもう

 女が有害物質で身を飾るのは、今に始まったことではない。毒と美のあいだを揺れ動く聖母というのは興味深く、ゆえに僕はEDELWEISSの物語を書いた。

 

 女性のファンデーションの厚さを0.05ミリとすると、一年間で18ミリ盛ってることになる。・・・・うひょー!約2cmか!塗装でなく彫刻の世界だ。

 

 知り合いの女性の美容院の費用が三万円と聞いてビビった。・・・カツラ買えるじゃん!

 

 RECRUITのテレビ欄とチラシの無料郵送サービスを取ってみたのだが、そのチラシの大半が女性のための時間停止技術に関するもので驚く。

 

 40代女性誌が熱いなあ。えらい若く見える40代女子を美魔女と呼んでるが、このまま加速すると、雑誌的には「ムー」に近づくんとちゃうか?

 元気だなあ、女の人は。

 国民的美魔女コンテスト。見てるだけで元気になる。ポジティブのみ!

 美魔女、美魔女って、ほんと平成の世でよかったですわあ。中世ヨーロッパだったら、火あぶりですわあ。

 「美STORY」を買ってしまった!コンビニで!だって魔女雑誌なんでしょ?僕、根がオカルトだから。あー、頭の中で一番ステキな体でいこう!が鳴り響く。

 

 「ママさんバレー」ってすごい元気なイメージだけど、「パパさんバレー」ってたそがれるのはなぜ?

 

 原宿でまったく同じ髪型、メイク、服の、四人の女子高生とすれちがった。京都?舞子さん?と思った。

 

 化粧とはエレガントな自己否定である。

  

 「いっそ修道女のように、化粧もせず服も同じ方が、女性は悩まなくていいんじゃない?」という問に、「すっぴんで人間関係を作る世界の方が、はるかに悩む。」と言われた。深い。

 

 ごめん。女子アナの良さがまったくわからん。どこがセクシーなの?誰か教えて。

 ごめん!間違えた!女子アナをおっかる男たちの心理がわからん、だった。何に欲情してるんだ?

 

 プロジェクションの映像技術は女性の化粧に応用されるのだろうか。「21世紀まで、顔に化学物質、塗ってたんだって。イヤだわあー」となるのか?

 

 男性のほとんどが、「女性が化粧をするのは、男性のためだ」と思いこんでいる。女性のみなさん、それに対して一言どうぞ。

 

 「女性は男性のために化粧をする」に対する女性からの反論ツイッターが猛烈!まとめて反論集を出版したいほど。男たちはこの単純な事実をびっくりするくらいわかってないからなあ。

 

 男性の妄想のひとつに、「化粧でキレイな女性は、素顔はもっとピュアでキレイに違いない」というのがある。

 「素顔は見ないで」と女性に言われると、男性はよっぽどの秘密があるんだろうなあと思い、「秘密=美しさ」という勝手な妄想が生れ、よけい「見せて」と要求する。当然拒絶されるので、さらに妄想が加速。で、最終的に強引に扉をあけると、鳥類だったりする。

 

 女をバカにする男ほど、女にお金を出す。

 

 毛を染めたり、切ったり、まつげ着けたり、脱毛したり。なぜに女性はナチュラルな「毛」を許せないのか?もしかしてそれが「毛嫌い」の語源か?

 知りたい。日本の女性の「毛ぎらい産業」の年間売上の総額を。

 タクシーに乗ると、「女性向け・全身脱毛のちらし」と「男性向け・頭髪育毛のちらし」が・・・これぞ人類。このふたつの世界のエネルギー交換技術を発明すると、億万長者になれるであろう。

 

 女性が、初めて口紅を塗った顔を鏡で見たときって、どんな感じなんだろう。「こりゃあもう後戻りできんわ」・・・とかなんかな?

  

 そろそろツイッターの自分撮影アイコンによる、「ミス・ツイッター美人コンテスト」をやってもいいんじゃない?

 「このツイッターアイコンは美人ですよ!」という情報、ぜひ教えてください。自薦他薦問わず。

 

 「〜ガール」がどんどん細分化してる。そのうち「わたし、女子やってます!」という、「ガールガール」も出てくるかも。

 

 イザナミにしろ、般若にしろ、おかめにしろ、なんで日本人は女性を醜く描くことに情熱を燃やすのか。

 正確には、「ものすごい美人」が「超ブサイク」になる話が日本人は好き?娘・道成寺とかデーモスの花嫁とか。

 怒りに狂った女性がドラゴンにトランスフォームして美青年を焼き殺す。すごいスペクタクルな話だ、道成寺。これの男性版が超人ハルクか・・・。ちがうか。

 性の持つギャップに男性はいつも翻弄されてるということか。郷ひろみ的には処女と少女と娼婦に淑女〜。・・・小学生のとき意味もわからず熱唱してたな。

 

 エスカレーターで登ってく女性は10%増し、キレイに見える。

 これは「ステージの法則」と呼ばれている。セリや回転台などの稼働台に乗ると、ものがキレイに見える。回転寿司なども。

 

*******

 女子トイレにあって男子トイレにないものがひとつある。血だ。

 

 僕には姉が二人いて、小さいころからポケットティッシュとナプキンが同じように転がる空間に育ったにもかかわらず、女性に幻想を持っている。なんだこの男のしくみは。

 

*******

 女性は「バカにされたくない」という欲求が強いのかな?男性には「バカにされてなんぼ」という生き方があるけど、その境地の女性ってあまり見かけない。

 小学校のとき、テストで0点をとった男子が「オレ、O点とっちゃったよ〜」とふざけてるのは笑えた。はたしてあれを女子がやったとして、僕は笑えただろうか。

 痛車に乗ってる女性っているのかな?

 

 女性の方がハレとケの声質の変化が大きい。なぜ?

  

 女性はどのくらいの服を持っていて、そのうち何枚を普段着ているのだろう?

 

 僕はアルミやプラスチックといった理性的に形を作れる素材はとくいですが、不定形な布をあつかうのがとても苦手です。なので服まみれの世界に憧憬がある。かってにロマンスを描いてしまう。

 南こうせつの「夢一夜」とかたまりませんね。妄想爆発。

 

 ダリの面白さは、インテリじゃないってことだな。フィゲラスの田舎もん。そして大いなるはったり番長。そんな偉大なる王、そして幼児を手に入れた、ガラっつー女の生きざまも、すんげー興味深い。

 

 仮説:「3D写真は普及しない」 理由:「女の子たちが情熱をかける"奇跡の一枚"がとれないから。」 あれは平面ならでは。

 

 松本零士の初期少女マンガをみると、東郷青児の影響を感じるが、実際のところ、どうなんだろう・・・

 

 女性の中に、少年を見つけると、グッとくる。

 

 鶴女、雪女、月女。むかし話で変身するのは女なのに、なぜ戦後は男だらけになったんだ?

 

 遊女とからくりは良く似合う。

 

 竹久夢二秋元康。ともに制服女学生ブームの仕掛人

 

 ミルクティーと女の肌の色は似ている。白くなるとちょっと乳臭くなる点も。

 

 美人とは奇形の一種である。異形(いぎょう)であることから生まれる神秘性が必要である。故に女性の平均顔が美人であるという、脳天気な自然至上主義な論はアホらしい。たとえばプリクラという奇形画像生成装置を説明できない。人間は異常なる存在なのだ。

 

 ランの花の遺伝子情報は人間の10倍か。美人は情報量が多い。

 

******

 小学校のとき、女子5人に囲まれ、「なんで土佐君はまじめに掃除せえへんの?なんでなん?それでええ思とるん?」と問い詰められ、泣かされた。韓流アイドルグループのパフォーマンスを見るなぜかあの時を思い出してしまう。あかん。肉食べよう。

 

*******

 美人画を描きたいからですよ。RT …

f:id:Fumiba_m:20111210075139j:image

明和電機社長が「女性」についてつぶやかれる内容に、違和感を感じていたのですが。

今回、まとめていて納得しました。

 社長は、あくまでも女性の「人工的な表層表象様態」にこだわりがあって。ただフェティッシュにそれを嗜好し思考していらして。

 そして、その後にいきなり「子宮」がくるのですね。

やはり、変なおヒト・・・。

でも、ブレのなさに、なんだか改めて感動。

2011-12-09 小説ではない 6

【メメント】

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第六弾。

基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

ツイート小説のためのオープンソース材料(一段階目)にならないかしら。と、ログをざっくり読みながらのコピペ作業でまとめています。

(当方は楽しいのだけれど。構わないかしら、礼を逸することになってないかしら。若干、不安。)

 

 新しい航海に出発したいなら、「思い出」は、港に置いて行け。船にそんなものを乗せる余裕はない。なぜなら、「新しい思い出」を積んで帰るから。

 

*******

 幼稚園のとき、プラモデルを作るために「出刃包丁」を使い、ざっくり指を切った。あんなむちゃ、大人はしない。よかった。大人になって。

 

 むかしロンパールームという幼児番組で、子ども達みんなが黙って牛乳を飲むコーナーがあった。・・・・なんだったんだあれは?アメリカの戦略か?

 

 幼稚園のときポケットティッシュだと思って姉のナプキンを持っていって先生にあらあらと言われた。

 

 初めて自転車に乗れたとき。ブレーキのかけ方がわからず、ユーカリの木立に突っ込んだ。

 

 最近、和式トイレでソリッドやリキッドをアウトプットできない子供が増えてるらしいが、僕が子供のときは逆で、初めての様式トイレは馴染めず、便座の上にのっかてソリッドをアウトプットした。

 

 そういや小学生のとき、錬金術にはまって、下校の時、本気で「賢者の石」が落ちてないか、捜しまくってた。

 

 小学生のとき、キャンディキャンディのファンクラブに入っていた。シールを集め、マッチ箱で作った小さなタンスにキャラ別に分類していた。

 

 電人ザボーガーには小学校の切ない思い出が。アオシマの五体合体ザボーガー(1体100円)が欲しくて母親のサイフから100円玉を盗み、しかも家族の前で「あ!タンスの下で100円発見!ラッキー!」とアリバイ作ってプラモ屋へ。さすがに5回繰り返した時点でバレて怒られた。アホだ。

 

 小さいころ母親に「モノをきちんと直角に置いてかたづけないさい」と言われので、床にちらばっていたものを、すべて直角に並べなおしたら、怒られた。

 

 小さいころ、姉に「アリのおしりは、甘いんやで」と言われ、未開民族みたいに黒アリのしっぽをかみちぎってた時期があった。たしかに甘かった・・・気がする

 蟻のおしりを噛むと「甘い」という人と、「酸っぱい」という人が。そもそも噛んでいいん?

 

 ちいさい頃、お風呂で男女の凸と凹を見て、「まさかあの二つがピッタリはまるほど、人間って単純なわけないよな」と思っていたのに、後ほどいたって単純なことを知って、驚愕&がっかりした覚えがある。

 なのでプラトンが昔は性別は四つあったと書いてて、それぐらいないとと思った。

 

 昔、「野生の王国」というテレビ番組が好きだった。今思えば騒がしいタレントもクイズもない、ストイックな動物番組だったなあ。民放で。

 

 小学生のころ、夜10時から始まる「鶴光のオールナイトニッポン」を聞きたくて、夜更かししていたが、とにかく睡魔がおそってきて困った。そんなとき兄ちゃんが「のんちゅん。蛍光灯を瞬きしないで見続けろ」と言った。みなさん、おためしあれ。効くよ。

 

 小学生のとき台風の床上浸水で体育館に避難し自衛隊のみなさんの握ったおにぎりを食べた。水が引いたあと家に戻ると、ほりごたつの中で夏に食べたスイカのタネが緑の芽を出してた。なんか元気出た。

 

 うちのおばあちゃんのもうひとつの口ぐせが「なーしたまー」だった。赤穂弁で「なんてことだ」。人生は「なーしたまー」と「ありがたい」の往復なのかも。

 

 小学校のとき、僕の鬼ごっこはちちょっと変わっていた。自分が鬼になったら、追いかけるターゲットをひとりに絞り、ひたすらそいつだけを追いかけた。あとの友人たちは無視。恐怖で泣きながら逃げてた。ターゲットは。

 

 小学校のとき、一時間目の図工で粘土があり、楽しくて休み時間もやってたら「片付けないなら1日やってなさい!」と先生に怒られた。で、ほんとに1日やった。一緒に怒られた山下くんは途中、油粘土の匂いでギブアップしたが、僕はほんとに1日こねた。

 

 小学校5年生のとき口裂け女が大流行。そのとき僕は学級新聞委員だったので口裂け女特集をやった。もし出会ったときの退治方法を看護婦の姉に聞いたところ、「人間の弱点は首の延髄。そこを叩くしかないね」と、マジ顔で言われたので、そのまま掲載した。

  

 小学校のころ、1日1000個、テレビのボリュームのボリューム作りをやらされた。とてもつらい作業だったが、今となっては、本当に貴重な経験だった。

 

 小学校の京都への修学旅行。おみやげにミクロマンを買ってしまった。自分用に。それを思い出した。ミュンヘンのフライングブイ。

 

 中学のとき、家にビデオデッキがやってきた。僕はシブガキ隊の「ナイナイ・セブンティーン」の振り付けをスロー再生で習得。全校生徒が見る中、朝礼台の上で踊った。ああ、思春期の引きこもりをやっと抜けたと思った。サンキュー、ビデオデッキ。

 

 ひさしぶりに飯島真理を聞くと、なんか取り返しのつかない甘酸っぱい気分になる。中学生のときに聞いた音楽の思い出ってスゴイ。

 

 中学生のとき、流星を見ようぜって友達と夜の中学校に忍び込んで、運動場の真ん中に寝転んで一晩じゅう夜空を見てたことがある。東京の今の夜空を見て思い出した。

 

 高校の卒業文集を開いたら、自分の高校三年間の思い出の言葉が、「薄汚れた楽譜とスケッチブック」だった。・・・・・・・さっむううう!!お前は山田かまちか!!

 

 高校時代の恥ずかしネタその2〜 組んでたバンドの名前が「美助人(ビスケット)」だった。ああ・・・・

 

 高校時代の恥ずかしネタその3〜 美助人で演奏した最初の曲 「中森明菜 1/2の神話」。・・・・なぜその選曲?

 

 薄汚れた楽譜と、スケッチブック、なう。

 

 むかしは駅に「黒板の大きな伝言板」があったなあ。みーんな液晶の小さな画面の伝言板になっちゃった。

 

 むかし、勉強してたら窓の外から「シャコっシャコっ」と音がする。なんだ?と思いのぞくと、麦わら帽子にタンクトップにパンツ一丁のおばさんが、はだしの両足にコンビニ袋を履いて歩いてた。真夏の白昼夢かと思った。

 

 筑波大の孤独感は「絶対的孤独」で、月面基地のようだった。東京の「相対的孤独」とは違う。あの孤独に耐えられなくて死に向かう人もいたが、僕は内面にダイビングでき、表現者としての核を見つけた。

 

 そういえば初音ミクを最初に触ったとき、YAMAHAのミュージックコンポーザーを思い出したなあ・・・。あの触感がYAMAHAイズムなのかも。

 

 自分のコスプレ歴が17年であることに、ビビった。

 

 人生は小さな分岐点の連続で、それが積み重なると、思いもかけない場所にいたりする。

 

*******

 僕の感電体験は、幼稚園のとき。むき出しの100ボルトケーブルを触って遊んでた。

 感電。人類は一生に一度は体験してると思っていたが、意外にみなさん感電してないのね。あービックリ。・・・・しとこうよ、一回ぐらい。

 イギリスで、口を感電したときは、さすがにきた。デッドボールを顔面で受け、ものすごくやるせなくなる感じだった。

 

*******

 

 僕は親から「ああしろ、こうしろ」と言われた記憶がない。何か作ってるときはいつも横でゲラゲラ笑いながら見てた。「信道は面白いねえ」と言われた。僕が自己表現に多大なる自信があるのは、そんな親の愛情ある傍観のおかげだと思う。

 

 そういや病院のベッドに寝てる親父から、「信道はアイデアで食いつないでるなあ・・・」と言われたなあ。

 そうそう。アイデアを形にできれば、食ってけるのですよ、みなさん!

 

 人間って巨大な思い出のかたまりだ。消えたときの喪失感がどっぷりとある。子供の思い出を一番持ってるのは親だ。だから親より先に逝ったらいかんなあ、と思った。

 

*******

 人間は記憶というメモリーのおかげで、一度きりの楽しい出来事を思い出として何度でも追体験できる。素敵な機能。

f:id:Fumiba_m:20111209063927j:image

2011-12-08 小説ではない 5

【つくる】

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第五弾。

基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

 

  • つくる

 よし。ヒラいた。自分って天才。この瞬間がたまに来るから、モノ作りが止められない

 

*******

 設計とは、壊れないものを作ることではなく、どこが壊れるか見抜くことだと思う。

 

 太陽が沈むまでに、設計を終わらせたい。・・・・ん?電灯がない時代は、ふつうにエンジニアはそう思ってたかも。

 

 さて、作るか。

 

 やるべき作業を、まず、目に見える形にすること。意識できてない作業は、片付けられない。

 

 開発で行き詰まった。こんなときは、あの必殺技である。「手当たり次第やる」。

 

 調べたつもりですっ飛ばしてる場所に、ヒントがあったりする。

 

 手当たり次第に機構を試していたら、「お。いけるかも」、にぶつかった。一度、紙とペンで整理してみる。いける気がする。

 

 あかん。スケッチで機構を考える限界にきた。明日アトリエで試作しよ。

 

 毎日、作業がうまくいくとは限らない。今日は負け日でした。しっかり休んで、明日こそ。

 

 全体が組み合がってから見えてくる作業がある。はやくそこまで、いかないと。

 

 橋は、どんなに絢爛豪華に作ろうとも、1ミリの隙間によって両岸をつないでなければ、橋ではない。(作業で大切なことは、まずはつなぐこと!

  

 時間がない!考えろ!思考実験で、実作業を減らそう。

 

 マストが折れたら、オールを削って作りなおせ。それが太平洋のど真ん中にいる、ということだ。

 

*******

 さて。アクリルを削りますか。完成すると信じれば、完成する。技術よりもーーーー気合いだ!

 

 ひさしぶりに、電動丸ノコで、厚さ8ミリのアクリル板を切った。なんどやってもこえええええ。でもびびったら、ケガをするので、気合です。気合!

 

 怪我しないと「モノ作り」はうまくなるわけがない。だって哺乳類が金属を削るんだよ。

 でも最近の学校の技術教育は、「ケガをしないために、工具にさわってはいけません」なんだって。アホか!!「ケガをしない工具の使い方」を教えろ!

 工具はね、怖いもんなんです。僕も毎回ビビリながら使ってます。それが本質。恐怖をイマジネーションできないから、工具でケガをするんです。

 PC作業で失敗しても「やり直し(UNDO)」がきくけど、工作機械で指を飛ばしても「UNDO」がきかない。

 

 バンドソーの刃が、親指の爪の真ん中まで食い込んだときは、さすがの僕でも、あせりました。(・・・いかん!この流れは、昨日と同じだ!)

  

 フライス盤を操作すると、身が引き締まる。

 僕にとってフライス盤は、情熱をデカルト空間の理性で締め上げる、SMの鞭のような工作機械。

 まちがえた。締め上げるのは情熱ではなく、情念。

 

 フライス盤まわして、アルミとABS樹脂削って、ジグソーで切断して、図面引いて、ヤスリかけたら一日が終わりました。

 

 サーフェーサー乾燥中。サーフェーサーとは、女子でいうところの、ファンデーション。猛毒なので、顔には吹けません。

 

 今日は切削作業でアルミの粉と、切削オイルまみれ。さあ、シャワーだ!人間洗車だ!

 

 胃が満ちて、心が飢えてるとき、いいものが作れる。その反対、胃が飢えて、心が満ちていると、いいものは作れない。体も工具のひとつだから。

 

 めっちゃ健康でないと宇宙飛行士は月へ行けない。クリエーターの制作も同じ。

 

*******

 「ふつうのモノ」を作ってしまうことは、僕にとって最大の屈辱である

 

 できるだけくだらないものを正確に作ろう。

 

 現実からの制約は厳しい。でも、その現実をイメージでねじ伏せることをしなければ、面白いものは作れない。

 

 ふと、冷静になると、オレって、気が狂った、おかしなモノ、作り続けてるな。

 

 自分の中にはたしかにある。しかし世間を見渡すとそれがない。そのズレを埋めたい。これが僕がモノを作る動機。

 

 僕が機械にこだわるのは、自分の中にドカンとある情念や非論理性を、機械が持つ論理性が矯正してくれることを期待しているから。工学的な動機とはちがう。

 

 次は何を作ろっかな!とワクワクし続けて20年がたつ。たぶん死ぬまでこんな感じなんだろうな。というか、「ワクワク」と「生きること」とは、まったく同じ意味だな、自分にとって。

 

*******

 「オモチャ作り」が僕にとっておもしろいのは、そこに「過去」の技術の再発見という歴史的視点と、「今、ウケなきゃいけない」という、「現在」の風俗的視点がぶつかるからである。ひとことでいえば、「興業的工業」のおもしろさ。

 大人になってうれしいことは、オモチャを自分で作れるようになったことだ。うらやましいだろー、子供たちよ。

 

 昨年南アフリカにいったとき、ジュース缶で作ったオモチャや楽器がたくさん売られていた。戦後日本も進駐軍が捨てた空き缶で自動車のオモチャをつくり、それが海外で評判となって売れ、日本のオモチャ産業復興の基盤となったそうだ。

 

 自分が一番欲しいオモチャを自分で作って、それで遊んで、気がつけばもうすぐ20年かー。

 20年も遊び続けると、さすがにオモチャ箱のサイズが半端ない。

 

******* 

 今日はスカルピーをこねくって1日が終わった。

 

 今日も新商品の原型制作作業。削って、磨く。手になじむまで。

 はやく乾け! タミヤパテ!

 ボクの指は、作業で汚れてる。でも、クッキーをつまんで食うのだ。

 塗装を乾かすのにライト当ててたら、コゲたよ・・・・。ぎゃー。

 さあ、いよいよ耐水ペーパーで水研ぎだ。仕上げるぞ。 

 

 まずは手を動かしてモノを作れ!と言いたい。試作機を使うのは、そのあとの話。

 ケータイ産業のような、モデルチェンジが激しく、かつ膨大な量を生産する工業製品なら、制作過程で試作機は必須だけれど、じっくりとモノ作りを学ぶべき学生が、やすりの使い方も知らず、いきなり魔法の機械に触るべきではない。

 

 削って削って、削りまくれ。

  

 モノ作りはストレス発散にもってこいである。なぜなら「程度」というものを感じ、自分と社会のバランスがわかるから。思考だけではその「程度」は計りにくい。

 

 製品を作っていて一番しんどいのは、80%できて、残り20%のとき。そこそこ部品もそろってきたのに、完成像がまだ見えないから。例えると、「あともう少し峠を登れば海が見える。潮の匂いも、波のも聞こえる。けれどここは頂上じゃないから海は見えない」という感じ。

 

 すごく気になる小さな汚れも、全体感が決まれば、気にならなくなる

 

 モノを作ることと、モノを作り続けることは、大きく違う。前者は先生に教えてもらえるが、後者は経験で体得するしかない。

 

*******

 今回は日本が壊れた。でも壊れたら治すのがエンジニアだ。さらにもっといいものを作り出すのがエンジニア魂だ。

 

 原発を見るたびに、僕は親父の世代のエンジニアたちに対面してる気がする。良くも悪くも彼らの技術がこれまでの日本を支えてきたのは事実。つまり、これからは、僕らの世代が日本を支えるエンジニアリングを作らなあかんということだ。

 

*******

 鉄塔ってぜんぶ鉄でよくできてるなあ。

 男と生まれたからには、一度は鉄塔を立ててみたい。

 今、目の前でおっちゃんたちが鉄橋を作ってるんだけど、でっかいボルトを手で絞めてる。規則正しく、素早く、黙々と。・・・あかん、 涙が出そう。

 あれって全部、手で締めてたのか。

 これからは建造物のでっかいボルト見るたびに敬礼しよ。心のなかで。

 

 機関と書いてからくり。エンジニアは機関師か。かっこいいなー。

 システムエンジニアは 「体系機関師」か。かっこええなあ〜。

 

*******

 危篤状態の父親がベッドの上で眠りながら何かこねるように指をムニュムニュ動かしてたのは、たぶん頭の中でなんか作ってたんだと思う。

 

 むかしの自分の設計にダメ出し。

 経験を積み重ねることで渋くなるのではなく、経験を爆発的な新規性の燃料にする。

 モーターやネジなど、機械を構成する部品は各社相当の耐久試験をしている。それが壊れるというのは、まったく無理矢理な設計を自分がしているということだ。「ネジの一本から知れ」と父親が言ってたことの意味が最近やっとわかってきた。

 

*******

 新作、機構のアイデアが決定しない。頭の中はボツになったマシンの残骸だらけ。こやしだ。芽がでるだろ。

 

 ものつくりの作業プロセスで一番しんどいのは70%から80%できあがったときだ。なぜなら完成のゴールは見えたのに、なかなか前に進まないからだ。

 

 僕には「いいアイデアが浮かぶにちがいない」という根拠のない自信がある。でもこれを持っているおかげで、作業で迷っても道で迷うことがない。

 

 一日中フル回転してささくれたった頭と体をビールで冷却。トルクのあがった仕事ができるようになるとビールもおいしくなる。最近わかった40代。

 

*******

 機構がヒラメいた。試作してみよう。

f:id:Fumiba_m:20111208074620j:image

バフかけする社長。なぜかバリバリモード。

2011-12-07 小説ではない 4

【移動するひと】

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第四弾。

基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

今回は、ツイートの時系列をほぼそのまま生かしています。

 

移動する人

 日本についったー

 

 スロヴェニアなう。夜が黒い。暗いではなく、黒い。

 

 眠い。時差ぼけだ。世界中行ったけど、アメリカ西海岸の時差ぼけが、一番きつい

 

 成田なう。ほっと一息と買ったチャイを、空港の床にぶちまけなう。かかか悲しい。

 

 現在僕は、静岡あたりを、時速200キロぐらいで、つっぱしりながら、つぶやいています。<新幹線>

 でっかい乗り物(=新幹線ね)に乗りながらツイッターをすると、つぶやきも、冒険家みたいになるのな。

 

 渋谷なう。

 

 部品を買いに、アキバへGO!

 

 科学未来館なう。

 

 渋谷でおでん。

 

 韓国へ出発!

 

 さて。町田の東急ハンズに板バネを買いにいこう。

 

 空から「鉱物」が降ってくることが常識の国。のどかな瀬戸内育ちの僕とは違う世界観があるのだろうなあ。鹿児島人。

 

 上海なう!・・・・ってつぶやこうとしたら、ブロックされてるのね、中国は。やっとつながった。

 

 上海から帰国。中国人のケンカのような会話のサウンドに慣れてたので、日本のみなさんの会話の音が、やさしい、やさしい。

 

 青砥なう。人生初。

 

 明日から、北京とスペイン。貯まるなー、マイルと洗濯物。

 成田なう。スペインへ。サッカー盛り上がってんだろうな。

 バルセロナなう。遠かった。

 バルセロナ。食べ物がおいしい。モチベーションあがるわー。

 北京(アジア)から、スペイン(ヨーロッパ)へ突入して思った。なんでアジアは散らかってるんだ、田舎のおばあちゃんちみたいに。そして、どうしてヨーロッパは片付いてるんだ、デパートのショールームみたいに。「モダニズム」という大掃除について、考えさせられる。

 バルセロナの女性はつけまつげなんか必要ないくらい、極太ロングのまつげがバッサバサ生えてた。アジア人は顔うすーい。

 

 秋葉ヨドバシに閉店までいてもた。

 

 明日は京都。あついん?あついん?

 

 明日、あさっては金沢だー。

 金沢もATUOS。

 無事、新天地なう。

 小松空港で設計なう。

 

 完徹で成田空港へ。なにせ過去三回、成田エクスプレスに乗り遅れたことがあるので。びびって眠れんかった。

 四川省成都に到着。この都市の印象は・・・「巨大な仙台」。パンダ、歩いてないなあ。街には。

 成都なう。中国ではYOUTUBEもツイッターもブロックされていて、まったく見れない。つまりそれらを使ったマーケティングやプロモーションを行っても、中国の市場にはぜんぜん届かない。

 成都なう。暑いからか、Tシャツやランニングシャツを胸までまくってるおじさんが、やたら多い。まるでブラジャー。

 

 成田なう。ただいまー

 

 さ。明日は飛んでイスタンブール

 イスタンブールの丘は猫だらけ。天然猫カフェ。しかし、ちょっかい出しすぎて引っ掻かれ流血。

 イスタンブールなう。楽器街で買ったタイコをタクシーの運転手に見せたら、運転しながら叩きはじめ、事故りそうになった。演奏はバツグンにうまかったのだが。

 これから空港へ。日本へゴー。

 そういえばトルコで雑草を見た記憶がない。そのくらい緑が少なかった。日本はむせかえるほど生えてる。

 

 渋谷アップルストアなう。

 

 腹痛でアキバ駅のトイレなう。大丈夫、紙はある。

 

 羽田空港なう。金沢へゴー。

 近江市場なう。ビール!!

 

 明日は静岡にガンダム見に行くぞ!

 

 さんまがタダでもらえる、目黒のさんま祭り、すごい行列。五反田のウチの前まで並んでる。プチ上海万博。

 

 あさってはエジプト。その前に散髪に行っとこう。

 エジプトなう。

 カイロなう。ピラミッドというのは、あの世への引っ越し荷物を詰め込んだ、巨大な引っ越しトラックだと思いました。

 ピラミッドなう。

 

 全身黒い布をまとったイスラム女性に目が慣れて帰国すると、日本女性の肌色の面積の多さにたじろいだ。バルセロナ行ったときは、スペイン女性の肌の面積にたじろいだのに。

 

 帰国してからずっとソリッドがリキッド。ファラオの呪い?

 エジプト四日目にして、完全ソリッド化宣言。おそるべしファラオの呪い。

 

 金沢・近江町市場なう。サバがうまそー!!

 

 国立公文書館なう。

 

 近江屋菓子がすばらしのは、歩いて5分で千石電商に行けることだ。あー、教えたくない秘密。

 

 明日からロンドン&ブダペスト

 やっぱり徹夜で成田エクスプレス

 香港なう。のりつぎで。

 ロンドンなう。

 

 今日はハンガリーへGO。

 ハンガリーなう。

 ブダペスト。地下鉄のエスカレーターのスピードが大阪人もびっくりのスピードだった。こけるがなー!

 

 成田なう。ただいまー。

 

 お。新大阪についた。

 

 秋葉原アトレなう。なんなんだ!このオシャレ度は!チェックのネルシャツが一枚も売ってない・・・。 秋葉原アトレと向かいのラジオ会館との間に、ベルリンの壁が一瞬見えた・・・。秋葉アトレ。ここは駅ではない。空港だ。大量にいるオシャレな女性たちは、トランジットの海外旅行者なのだ。・・・と思いこむことにした。

 

 急にお腹がいたくなって、渋谷の某カフェのトイレに駆け込みなう。すでに閉店時間すぎてるなう。ドキドキなう。

 渋谷!東急ハンズなう。

 

 アキバなう。千石電商へGO

 

 明治神宮に初詣。ここが人工林とは・・・。年々「B級グルメ合戦場」になってるな、明治神宮。 -

 メガネをさがしに109なう。

 

 金沢へゴー。

 金沢、雪、しろーい。

 金沢で買ったサバのぬか漬け。うまいのを知ってたから3本買った。羽田空港を3匹の魚を持って歩きながら、「今が原始時代で、みんなのいる洞窟にコレを持って帰ったらヒーローだな・・・」と思った。

 

 成田空港なう。なんだか小松空港のような静けさ。香港へ行ってきます!

 

 根津美術館なう。

 

 清掃のおばさんに「駅につきましたよ!」と起こされて成田エクスプレス、空港到着。

 チューリッヒなう。 保険じゃないよ、スイスだよ。

 

 パリなう。

 ベテューヌなう。

 さ。帰ろ。

 

 てつやできーこーくー。

 ただいま! 成田空港、ラーメンと週アスで一気にジャパン・インストール完了。

 

 産総研なう。広い!

 

 アキバなう。1TのHDを買った。落としませんように。

 

 明日はフランスへ。展覧会の撤収作業。

 大ピンチ!成田空港まで来たのに、羽田空港発だった・・・

 まずい!これはまずい? なんのために早起きしたんだあああ! なんとかなりませんか。ANAさま!

 だ、だ、だれか自家用ジェット持ってない?

 ふざけてる場合じゃなーい!

 出発まで40分。アイアンマンみたいに羽田空港まで飛ばんと無理だな。

 アイアンマンだったら乗り継ぎの北京まで飛べるな。アイアンマンになりたい。うう。

 ぱにっく! 飛行機、いっちゃうじゃん!ぎゃー

 その辺のもの集めて、ジェットエンジン作れんかな。あはは、あはは、

 ただいまANAに泣きつき中なう!今世紀最大の自分の人生最高の涙目で、ANAに泣きつきちゅう。

 ANAのカウンターの美人の橋本さん(仮名)、「上司に連絡してみます」。ええ!いけるのか!たのむ・・・・上司さま・・・・・

 やったあああああ!橋本さんが上司にねじこんだあああ!乗変できたあああ!橋本!なんてできる女性なんだ!

 540円の差額を払って、本来なら無理な乗変をしてもらいました。ありがとうございます!

 最後の橋本の言葉がこれまたニクかった。「お客様さま、あいにくと満席でございましたが、一番前の足が伸ばせる席をお取りしました。」・・・・あんた、接客のプロだ!

  不可能なミッションを終えた気分だ。ああ、頭の中を葉加瀬太郎にANAのテーマソングが駆け巡る。♪ラ〜ラ〜 ラ〜ラっラ〜

 ありがとう、そしていってきます橋本(仮名)さん。

 

 無事にパリ、シャルルドゴール空港なう。羽田空港と成田空港をまちがえて、絶望に天を仰いだが、ANAの橋本さんマジックのおかげで、じょうへんできました!そして橋本さんマジックにはさらにおまけが!!

 なんと北京から乗り継ぎの席が、エコノミーだったのに、ビジネスクラスになっていたのだあああ!はーしーもーとーおおお!

 これからは「ANAでエコノミークラスの飛行機をビジネスクラスクラスにするには、羽田発をまちがえて成田に行けばよい」という伝説が生まれる・・・・かも・・・・しれない。ANAの迅速な対応には、ほんと、感謝です!

 

 仏・ベスーンなう。朝の七時。今日は時間があるから、教会を見に行こう。

 

 日本に向けて出発。今回はしっかりと空港を確認した。間違いはないはず!

 ホテルの前で駅までの予約タクシーを待ってる。まったく静か。来るよ・・・ね?

 タクシーきた!駅までこれた! よし!空港なう!今から搭乗!よかった・・・・って、目が覚めたらホテルのベッドの中ってことがありませんように。

 乗る!まちがいなくこれに乗る!

 

 帰国しました。関空なう。

 

 六本木、新世界なう。

 

 大阪到着。

 なんば花月の前なう。ここの大気の成分は、窒素78%、酸素20%、ソース2%。

 大阪についてタクシーに乗ったとたん運転手がわけのわから歌を歌いだし、脈絡なく和歌山の県民性を講義。・・・きたきた〜

 

 明日から、タイ、オーストリア 、ドイツに行ってきます。明日は成田から出発だ。明日は成田から出発だ。明日は成田から出発だ。

 成田エクスプレスなう。人身事故で停車中。・・・いやな予感。

 ちょっと、マジで動かない。降りようにも線路のなか。現在の停車位置は新小岩のあたり。あと10分ほどで発車しないと、搭乗手続きに間に合わない!まーたーかーよー!

 だれか銀河鉄道999成田エクスプレスの先頭に接続してくれない?メーテルー!

 社内アナウスンス「現在救助活動を行っております。振替運行の情報は入っておりません。誠に申し訳ありません。」・・・やばやばやば。動け!あかん、あと5分以内で動かんと、絶望的。

 つか、もうダメじゃん!うわーん!

 タイ航空、受付カウンター、話中でまったくつながらず・・・

 冷静に計算してみよう。おそらくあと40分ほど電車はかかる。到着は10時25分。手続き締切は10時・・・・20分。ぎゃああ!

 とはいえ、電車が駅について5分でカウンターまでか。走るしかない。走るのは得意だ。キラリ。

 現在、千葉駅。

 第一ターミナルと第二ターミナルを間違えないようにしなきゃ。過去に2回、やってもたことあり。

 あと10分!なのに車窓はたんぼ!

 社内アナウンス「現在、成田駅、すべての電車が停止している模様です。」・・・・・絶望的ですわ。

 見えた!みえたぞお!成田山神社の五重塔!

 空港第二ビル到着!まちがっておりちゃダメだぞ!自分!

 よし、もう車内でトランクもつかんでドアの前に立った!あとは走るだけだ!

 四階についた!カウンターなう!

 一時間あとの12:00発、プーケット経由タイ行きにのれましたあああああ!プーケットで泳ぎたーい!

 え?プーケット経由だと10時間かかるの?タイまで?ウソでしょ?

 いやあああああ。のっちゃったよお!

 

 プーケットなう!すばらしい青空が僕を待ってる!とおもったら、どしゃぶり。バーガーキングでトランジットなう。

 

 バンコクなう!

 バンコクなう。朝眼が覚めて、部屋の中にサルもいなかったし、顔にイレズミも入ってなったので、ほっとした。

 さて明日はミュンヘンへ出発。また空港へ。次はなんだ。

 

 申し訳ありません!なんのトラブルもなく、無事バンコクの空港に到着し、ミュンヘンへ飛びます。

 

 ドイツなう。

 リンツなう。

 昨晩はワインパーティーで酔っぱらったあと、大聖堂にもぐりこみ、ミサの椅子でグーグー寝てしまった。なんて罰あたりなことをしてしまったのか・・・。神よ、ゆるしたまえ。

 リンツは今、ワイン祭り。みんなしこたま飲んでるはずなんだか、日本みたいに頭にネクタイして絶叫してる輩がひとりもいない。やっぱり日本人は酒によわい。簡単にクルクルパーになる。

 リンツの製鉄所を見に行った。かっこいい!

 ミュンヘンなう。

 今日はドイツ博物館に行って産業機械を見まくります。大興奮です。

 ミュンヘンのドイツ博物館。一日いたけど、6割ぐらいしか見れなかった・・・。広い!濃い!日を改めて再チャレンジ。

 今日はダッハウの強制収容所と近代美術館と現代美術館へ。ダッハウには相当やられた。

 今日はニュルンベルグへ。ナチスの党大会跡地、鉄道博物館、おもちゃ博物館、ジャーマン博物館へ。足が棒。

 今日はドイツ最終日。BMWミュージアム、おもちゃ博物館、ドイツ博物館で、モノを見まくる。

 

 バンコクなう。

 ドイツからタイにくると、重役会議のあと、居酒屋で打ち上げという気分だ。

 ハングオーバーの影響か?前に来た時よりも、やたら白人が多いタイの繁華街。

 バンコク正式名:クルンテープマハーナコーン アモーンラッタナコーシン マヒンタラーユッタヤーマハーディロック ポップノッパラット ラーチャターニーブリーロム ウドムラーチャニウェート マハーサターン アモーンピマーン アワターンサティット サッカタッティヤウィッサヌカムプラシット

 バンコク国際空港なう。長かった海外出張からいよいよ帰国。

 

 成田なう。

 今回の旅の一番のおみやげは、海外4都市を巡っての文化比較。日本とはなにか。このお土産を開梱するには時間がかかる。

 日本人ってだし汁をゴクゴク飲む民族だなと、ヨーロッパから帰るといつも思う。

 

 今日は金沢へ。

 金沢なう。暑い!

 

 お茶の水イシバシで、フレットをゲット!

 アキバなう。

 

 無事、羽田空港なう。

 

 恵比寿の舞踏会なう。

 

 現在、車で”羽田空港”に向かっております。まちがいありません、今回は羽田です。

 おそらく成田空港が鬼門なんだろうな。羽田はラクラク!新空港はキレイ!

 

 台湾で記者会見なう。

 

 羽田に到着。ただいま!

 

 秋葉原に買い出しなう。

 

 お、お、お、お、はよう!いまなんじ? あわわ、11時からの講演会にとびこみだ。あれ使えんかな、最近発見された光より早い物質。

 もうすぐ青葉台! もうすぐ横浜美術大学に到着!

 

 ツアー車で移動中。

 大阪到着!ツアー車で。

 大阪のライブ会場に到着。ツアー車で。

 

 乾杯!大宴会なう!高知へ向かう、ツアー車の中で。

 高知に到着!

 

 ツアー車で高知から島根へ。日本を輪切り移動なう。

 僕は瀬戸内育ちで、目の前の箱庭的な海と背面の山々にはさまれて育ったため、世界は「線的」に横方向に広がっていると思ってました。関東にきてビビったのは「面的」広がり。瀬戸内の「横軸・水平移動」に慣れきった僕にとって、現在の高知〜島根のツアー車での「縦軸・垂直移動」は、まさに宇宙ロケット発射のような体験。慣れ親しんだ赤穂線呉線も、車窓に風景は二つしかなかったなあ。海か、山か。

 まったりと峠を移動中。

 米子なう。きたあ!日本海側!

 おお、宍道湖!しじみ!

 雲南の夜はびっくりするくらい暗かった。星きれいー。

 雲南市の夜。タコなう!うま!

 

 さあ、いまから福岡ライブ!いくぞおお!

 

 羽田からのサンフランシスコ行き、明日だと思ってたら、今日の深夜0:00だった・・・あっぶねー!

 羽田へ向かってます。今回は鬼門の成田空港でないので、安心な・・・はず!

 さて、いま、羽田空港。わははは!なんの問題もなく出国するぞ!シリコンバレーに社長、研修旅行に行ってきます!

 わはは!搭乗口なう!いっちゃうぞ!

 まてよ。これってトラブルがないというトラブルなのか?

 

 今からの海外出張の問題は、なんの出張なのか、はっきり僕が把握してないことだ。向こうについたらレポします!

 

 げ!サンフランシスコで今、地震!ゆれてる!

 当たり前だけど、地震があるのは日本だけじゃないんだなあ。

 

 ピクサーにきたああ!

 サンフランシスコなう。今日はコンピューターミュージアムへ。夜はハロウィンの仮装でゲイ文化の中心、カストロ通りへ!

 今日はGoogle+に行ってきます。

 Googleでランチなう。

 サンフランシスコのハロウィン。気合いの入れ方がはんぱない。

 

*******

 帰国しました!

 Google社の会議室にパソコンの電源アダプターを忘れてきてしまった。

f:id:Fumiba_m:20111207084123j:image

2011-12-06 小説ではない 3

【instruments】

明和電機社長ツイートログ仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第三弾。

基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。

テーマに沿って、過去ツイートが網羅されているわけではありません。

(ざくっと作業しているし。読んだ時の滑らかさを重視で、採用していない素敵ツイートもたくさんあります。)

 

instruments

 私が、いかに楽器に没頭していたか・・・・

 

 ピアニストはピアノだけで物語が作れるのですね。

 

 久しぶりにフォークギター弾いた。オタマトーンの音量のレンジのなさに慣れてたので、ピアニッシモ が出せるのに驚いた。普通の楽器てすごい。

 

 ロックってシンバルが大活躍だな。

 トルコのシンバルメーカーのジルジャンは、古くは戦争で兵士のアドレナリンをあげるために鳴らしてたシンバルを作ってた。通じるものがあるか。ロックと。

 

 ベートーベンは自動機械オーケストラの曲を書いたり、メトロノームを最初に取り入れるなど、かなりの「メカおたく」だった。1800年代に初音ミクが生まれていたら、彼女のための「アリア」を書いただろう。

 音楽機械エンジニア&興行師、メルツェルと、大作曲家・ベートーベンの、1800年代産業革命のウィーンを舞台にしたSFドラマ。見たい!だれが映画「プレステージ」みたいに映像化してくれないかな。

 

 プログレといえば、ティンパニーだ。僕はな。

 

 打楽器とコンピューターミュージックは、どちらも「ON」か「OFF」かで音楽を作る点が似ている。

 

 秋葉の楽器店に。楽器をいじりに行ったのに、ボタンをシコタマいじらされた。それって楽器か?音楽か?

 愛情のない「つまみ」が多いのは、最近の「デジタル楽器」と「和民」

 

 波形ソフトで曲を作っていると、現代の作曲家は多分にグラフィカルな情報処理能力が必要なんだろうなーと思う。

 

 ウシガエルってあんな小さな体で低音を出せるんだよなーすげー。

 セミって爆音を出すけど、同じことを人間がやると、たぶん脳が破壊されるとおもう。自分の出す音の衝撃で。

 

 むかし黒船の蒸気の汽笛を始めて聞いた日本人は、その異様な響きにビビりまくったそうである。スピルバーグ宇宙戦争の宇宙人が発する重低音とかぶる。

 

 サンプラも波形編集ソフトもない時代に、「ゴジラの鳴き声」は作れた。アナログの可能性は深い。

 

 ピアノをぶっ壊して感じたのは、つくづく鋼鉄の楽器だということだ。

 ピアノは鍵盤からハンマーまでは、木材とフェルトによる柔構造の、それはそれはやさしくコシのあるしくみ。ところがその先の鋼の針金とその強力なテンションを支える巨大な鋳物いったらもう。

 ヤマハのピアノ工場の生産ラインの最後に、耐久性テストのため88鍵盤を高速でいっきに連発打撃する、すさまじい機械がある。あの音楽はどんなジャンルにも属さない。

 鋼鉄をハンマーでなぐる楽器。

 

 エレキギターがすごいのは、ぶん回しても、車でガタゴト運んでも、ちゃんと音が出ること。そこがクラッシックギターとの決定的な違いで、プレイヤーの演奏スタイルを変えた。

 

 ボイパがおもしろいのは、それまで全身運動じゃないと出せないと思ってた打楽器音を、首から上の言語運動だけで出したこと。運動的には信号伝達および重力からの解放のぶん、ボイパの方が確実にONビート。

 新しい楽器はもう生まれないということはなく、ヒューマンビートボックスのように、パラダイムが変わった世界で、じゃあ何の音を出すかという問いを、メカニックにまで落とし込めば、いくらでも新しい楽器は作れる。

 

 マスメディアが登場しなかったら、ピアノという楽器はまだまだ変化していっただろう。メディアがピアノ像を固定してしまった。

 古楽器博物館にいってごらん。"ピアノのようなもの"とか"ギターのようなもの"が、まるでホルマリン漬けの奇形のようにわんさか展示されてるから。あっちが本来の姿なんだよ。

 

 本日わかったこと。「楽器とは重心だ!」。重心は音楽のジャンルさえ決定する。パンクのギターは低く、カントリーのそれは高い。

 素朴な女を究極のレディに仕上げる願望が屈折して無機物に向かった偏執狂のことを、「楽器職人」と言う。

 楽器演奏家とは、楽器職人から完成途中のレディを奪い、欠点を長所に見せる方法を編み出し大衆の面前に晒す調教師のことである。

 和声とタクトによって統制された無機物との乱交パーティーを、「オーケストラ」という。大人の時間ですね。

 

 僕は筑波大学ジャズ愛好会の出身だが、まさかパットメセニーがライバルになるとは思わなかった。

 

 楽器が音楽を作る以上、楽器のコンディションの不安定も、音楽の重要な要素。そう。ぼっくらはみんな、不安定いいー。

 楽器の音でいうと、ある程度のストレスがないと魅力的な音にならないのでは。極論を言えば、ストレスを持続するシステムが必要なのでは。

 

 あと、壊れる寸前の楽器って、なんであんなにいい音が出るんだろう。

 

*******

 僕が作る歌う機械は、僕が手をかけてチューニングしないと歌わない手のかかる彼女だ。ミクと違って、僕が死んだら沈黙し続けるだろう。

 

f:id:Fumiba_m:20111206074724j:image

2011-12-05 小説ではない 2

【たべる人】

明和電機社長ツイート仕分け・抽出・並び替えの検討作業。第二弾。

(基本的に、今年11月16日までのツイートで構成しています。)

 

  • たべる人

 ガムを味がなくなるまで、噛んでました。

 昼はそうめんになりました。

 

 七草かゆを食べた。おいしい「粗食」である。昔の人の食事が、季節行事には、タイムカプセルのように残っている。大事なことだと思います。

 

 夜のおかしのウナギパイを,夜にふたつ食べたら、んごく胃にもたれた。なう。

 

 合掌でカツカレーなう。

 今一番食べたいたべもの。太田胃散・分包。

 

 目覚めの文旦が、んまい。

 

 白湯って、うまいな!

  

 好物のサバを食べた。うまい。30年前もうまいと思った。たぶん30年後もうまいと思うだろう。・・・・・なんか、人間って、すごい長生き。

 武蔵小山の屋台ホルモン「いそべ」なう。うまいんだよなあー。ここ。

 

 あー!食べたい!せんべい! そして柿ピーを、お口いっぱいにほうばって、ジャクジャクいわせたい!

 あー。お腹すいた。歌います。おーなーかーすーいーたー。

 お腹すいた。細いせいか、お腹すくと震えがくる。北極海に落ちたらすぐ死ぬタイプ。

 空腹による手の震えを止めるために、アップルティーがぶ飲みなう。

 

 なんかジュージュー焼いたさんまが食べたくなってきた。お茶碗にごはん盛って並ぶか、行列。

 クーラーの効いたマンションの上からさんま祭りの行列を見ながらエビスビールを飲みことにした。天守閣から農民を見てる殿様の気分だ。

 

 神田の近江屋洋菓子店なう。アーモンドケーキ、めっちゃうま。独特の店構え、スタバの対局だな。ここは。

 近江屋洋菓子。お代わり自由のドリンクは珈琲に生ジュースになぜかボルシチ・・・・。ボルシチ!?

 近江屋洋菓子。おいしいケーキ食べて、生ジュース、珈琲など飲み放題、ボルシチ食べ放題で750円。なんだこの満足感は!

 夜中だが、近江屋菓子店のケーキがむしょうにたべたくなった。

 

 久しぶりに東ハト「オールレーズン」を食べた。うまい。

 小さい頃オールレーズンのCMのキャッチコピーが「思い出の朝、オールレーズン」だったな。アダルトだ。

 

 巣鴨のクリームパンもっうまいー。あれか?酸いも甘いも噛みしめたお婆ちゃんグルメに鍛えられたら店たちだからか?

 

 夜中に大福とお茶をいただいてるなう。うまーい。ほんと砂糖が甘くてよかったあん。

 塩大福、にがーい日本茶とあうわー。

 

 かりんと饅頭、ぺろり。

 ほんとおいしいなあ、かりんとう饅頭。表面の黒糖カリカリ感と中のあんことのハーモニーが絶妙。お茶に合うわ。

 かりんとう饅頭、オーブンでちょっとあぶって食べると、これがまた。

 

 あー。むしょうにミルキーフランスが食べたい。めちゃくちゃ固いフランスパンに、あまーいミルククリーム。たーべーたーい!そしてなんで「乳臭いフランス」なんだ名前が。ミルクも、パンも、おフランスも、200年前の日本にはなかったのに、なぜに日本人であるオレを魅了するのだ、このミルキーフランスは。

 ミルキーフランスってパン部分が固ければ固いほど、サディスティックでうまい。求む。バリッバリに固いミルキーフランス情報。

 ミルキーフランスのバキバキ度を計る装置を作らねば。バーキングメーター

 小麦色の鎧をまといし高貴なる乙女よ そなたの内なる白き情熱を我らに与えよ 深淵なる海千尋の断崖ありとも具足は進む 母なるフランス(パン)の豊潤を噛み締めるために 【ジャンヌダルク・・・じゃなくてミルキーフランスの詩: 作・土佐信道(1967〜) 】

 

 思考のクロックが落ちてきたので、甘いもの食べないと!とミルキーフランス(濃厚練乳)を食べたら、胃がもたれて別なとこからブレーキかかった。

 

 お正月の鏡餅をフライしておかきを作って思った。せんべいってすごいカロリーじゃない?ばかうけ5個食べたら、ご飯一膳ぐらいじゃない?

 ラスクとおかきを交互に食べてみる。途中で違いがわからなくなる。

 

*******

 ご飯をしっかり食べておこう。

 何気にみんな軽いショック状態だから、飯は忘れずしっかり食っとこう。僕はカレー大盛いただきます!

 カレー大盛食べた。かりんと饅頭も食べておこう。糖分!寒さ対策!

 

 みんな朝ご飯はちゃんと食べたかい?

 

 ガスでご飯を炊く方法。鍋にふたをして強火で一気に加熱。泡を吹き始めたらすぐに弱火にして10分。火を止めて蒸らし10分。おいしいご飯が炊けます。

 ご飯を食べれた。湯船にお湯がはれた。ひとつひとつがありがたい。うちのおばあちゃんの口ぐせだったなあ、ありがたいって。今ならわかる。あったかい食べ物がポン!と目の前にあらわれる。実は異常なことなんだね。それはとても「有り難い=行うことが難しい」ことなのに、慣れきってました。

 

******* 

 のどかな夕暮れ。紅茶で ほっ。

 

*******

 チョコレートはおいしいけど、アレルギーがある。体がかゆくなる。うーん残念!

 

 さよなら!ドーナツプラント白金店!ということで購入したバニラビーンズドーナツを夜中にパクパク。

 

 真夜中にクリームブリュレ。ああ、背徳。

 

 クリームブリュレ味のガム、「飲み込みたい」「飲み込んじゃダメ」の葛藤で、どっと疲れる。

 

 スタバでキャラメルフラペチーノを飲んだ。・・・・・冷えた。

 あったかーい味噌汁が飲みたい。キャラメルフラペチーノwithお味噌汁とかどうかスタバよ。今日はスタバに8時間。

 

 スコーンってほんとポロポロと分解する食べ物だなあ。

 

 こ、これがセレブチップスか!このサイズで、298円。・・・・さてお味はいかがかしら?

 セレブチップス、味が薄いザマス!!セレブチップス、エル・ブジのシェフ、フェラン・アドリア氏もオムレツでつかったそうザマス!

 

*******

 フランスの田舎のブルースブラザーズが流れるイタリアンでパスタ食べたら、想像どおりに伸びて、深くうなずいた。

 

 昼食べたパエリアにあたった・・・・

 毎回思うけど、なんてまずいんだ!フィッシュ&チップスは!なのになんでギネスにあうんだ!

 

 アルスセンターのカフェででっかいザッハトルテ。美味しい!

 あかん、ザッハトルテでお腹いっぱい。

  

*******

 

 日本人ってだし汁をゴクゴク飲む民族だなと、ヨーロッパから帰るといつも思う。

 カトキチのうどん、おいしいなあ。

 

 食感と名前がピッタリ合ってる食べ物。ヌガー。

 ぬがあああ!

 

 炭酸水っておいしいねえ。口の中がめっちゃ小さい傷だらけになるのがなんで心地いいんだろう。

 口の中って唯一外から見える内臓で粘膜むき出しなのに、なぜに人間はそこにタバスコやら辛子やらを放り込むのか。出来心か。

 たしかに宇宙からやってきた内臓むき出しのエグイ生き物がいて、ちかくにタバスコがあったならば、ちょぴっとたらしてみようかと思う。出来心で。それと一緒か?人間の辛党。

  

 ほんの〜ちいさな〜できごころで〜  って歌もあったな。

 

 ぷりんどら。シュークリームのシューがカステラ。意外にいける!

 

*******

 ジンギスカンの後のパルムっておいしい。

 

 パルムもたべたいけど、おはぎも食べたい!

 ローソンにあった!おはぎ!買った!

 やばいいー!明日の朝ごはんは、ホットケーキがたべたいいいいい!

 もーパルムもおはぎも食べちゃえ!きゃはははははは。

 おはぎ食べた!うまい!真夜中の退廃!ああ、退廃っておいしいよね、

 彼岸の食べ物だもんな、ドリップもよかろう。

 よおおし!パルムもたべちゃえええええ!きゃははあじゃ

 うめえ!パルムうめえええ!

 

 おい。おはぎとパどっちにしろ、白いもののまわりを包む焦げ茶色の食べ物って・・うーまーいいいいい!

 パルムって形がそっくりじゃねえか。 と。いうか。いま食べてるのって、パルム?おはぎ?

 寝るべ。

 

 さ。今夜もパルム食べよ。

 飲んだ後のパルム、おいしい。

 

 麻婆豆腐を食べたあとのパルム(バニラホワイトチョコ)、杏仁豆腐みたいで、ばりうま!

 

*******

 生まれて初めて鶏卵素麺を食べた。・・・言葉につまる味だった。鶏卵素麺。これはおいしいのか?まずいのか?それすら決められない味だった。

 鶏卵素麺。昨今のお菓子のフレーバーという味覚言語が欠落してるので、この味のを理解するためにあわててネットからテキスト情報を漁りまくっている僕である。

 鶏卵素麺。一言でいえば「はぁ?」。

 今日はもう寝よう。そして明朝もういちど吟味してみよう。鶏卵素麺。

 

 ああ!スタバのドリンクチケット、今日までだ!一番高いドリンク、頼もうかな。なんだっけ?

 もういっかい、復習。 ベンティアドショットヘーゼルナッツバニラアーモンドキャラメルエキストラホイップキャラメルソースモカソースランバチップチョコレートクリームフラペチーノ

 いってきます!

 うわあ、レジのお姉さん、気弱そうな人だ。だいじょうぶかな・・・。

 ええい!いけい!

 オーダーしたら、眼鏡っ子の店員さん、復唱できず、僕からスマフォを奪って入力。

 飲んでみます!

 うまあああい!いけます!チョコチップも効いてておいしい!シロップとソースが入りすぎてゆるゆる〜フラペチーノなのにゴクゴク飲めます。

 飲みきった!げふ。晩ごはんいらない。そして冷えた!紅茶買ってきます。

 

*******

 しろくまに、牛乳入れながら食べてみ。ブチうまいんじゃけえ。

 

 Magnumアイス、食べたいなあ。

 

*******

 

 夏日の白い雲を濃縮してできた液体がカルピス。冷えた炭酸水で薄めに希釈して飲む。コクコクコク。おいしい。

 

 

・・・社長って。甘党ね。(所感)

f:id:Fumiba_m:20111205182533j:image

2011-12-04 のこりものにふく

PVプロデュース?

Twitter 等を見ながら

明和電機社長は、きょうはこんなお仕事をされていたそうです。」

と、ファミリー組合員である夫にいちいち告げてしまいます。

 

「社長って、仕事えらばないよねー。」

と夫が笑います。

 

選ばないわけではないと思うけれど―;

 

*******

社長が、アイドルユニットの曲のPVプロデュースをされるそうです。

 

YGAのニューシングル選抜チームからもれた4人のユニットによるシングルB面曲「初恋サーキット」。

ユニット名「のこふく」も社長が名づけられたとか。ロゴ作成も。

多分、PVの撮影・編集も社長の主導で。(というか、社長自身がされるのかな。)

 

どんな画を撮られるのでせう?

 

なんだか多角的に興味深いです・・・。

いろんな意味でどきどきします。

期待☆

 

*****

f:id:Fumiba_m:20111204100642j:image

フォルダ棚卸ししてたら出てきた安易トレース

2011-12-03 小説ではない 1

【きせつ】

決めた。僕の過去のツイート、オープンソースにするから、誰かそれだけをつないで、小説書いてください。できたら送ってください。ツイート宣伝します。

明和電機社長ツイート@Twitter 2011/11/16 >

 

当方の能力では無理。

でも、社長がせっかく、オープンソースにすると仰っているので。

社長ツイートを少しずつ、自由に組み合わせてまとめてみたくなりました。短い塊で。ログをコピペしながら。

つまり、データベースからの仕分け・抽出・並び替えの検討作業。その第一弾。タイトルは【きせつ】。

(小説化を目指す方の。オープンソース材料(一段階目)にならないかしら?)

 

  • きせつ

 風呂からあがった。扇風機のスイッチを押さなくてもよくなった。

 

 今日は、昼は蝉、夜はコオロギの鳴き声が聞こえる日だった。

 

 台風か゛過ぎた。頬には南風。見上げる空に送電線。いい天気だねえ、昼からビール飲みたいねえ・・・。

 

 みぞれが降ってる。道路が氷でしゃりしゃり鳴ってる。

 

 よくまあ、こんなに空から水が落ちてくるなあ。地球が生まれてから、いったい何個の雨粒が、地球に衝突していったのだろう。

 紫陽花はむかしから好きだが、花言葉が「移り気」だと知って、もっと好きになった。

 雨 食いすぎて 腹いたい。

 

 ほんま、今日も ATUOS。でもビルの中はクーラー効きすぎSAMSUNG!

 暑いよね? あっちーな。熱エネルギーを仕事エネルギーに変える装置はないもんか?

 

 夏、帰っちゃた?

 土日にまた夏が帰ってくるんだ!

 夏の猛暑で枯れてしまったベランダのクチナシが、小さな葉っぱを芽吹かせはじめた。木とは巨大なカビなのだと思わせる生命力だ。

 カナリアが来そうな曇り空だな。

 

 さみー!手が凍える!スマートフォンが発熱するアプリがあればなあ。無理だよなあ。

 いっきに寒くなった。焚き火の匂いを嗅ぎたいなあ。東京だとなかなかねえ。

 

 なんなんだ?このぬるーい天気は?

 

 「ボクは春を呼ぶ、春大使!」と、調子乗って上着三枚でこの冬過ごしてきたが、最後の最後で風邪をひいてしまった。敗れたり、春大使。

 雪か。度肝を抜く展開だなあ、今年のお天気物語。

 

********

 窓を開けた青い空。春は近づいてる。なんと心強い救援部隊!

 明日は昼が半分、夜が半分の春分の日。これから明るくなるんやねー。

  

 太陽って、ぜんぶ照らしてる。すげー。

 春ですねえ。神楽坂をどりなう。

 

 今日は、はだしでも寒くない!そんな季節になったんだなあ。

f:id:Fumiba_m:20111206193529j:image

2011-12-02 魚器@弐十年

魚器@弐十年

最近、20年ほど前に作った魚器シリーズが経年変化で次々に壊れはじめた。映像の中では問題なく動き続けているのに。

意外と思われるかもしれないが、自分が作ったものが古くなって壊れるのは衝撃である。頭の中の理念は古くなってないから。

< 昨夜の明和電機社長ツイートより>

 

*****

魚器を知らない。最近になってファンになったから。

その大部分を本やDVDのなかなどでしか知らない。

 

*****

f:id:Fumiba_m:20111202195258j:image

(解かれ戸惑っていたけれど、やがて泳ぎ去り見えなくなった魚。

2011-12-01 LOST#4

小湊鐡道に乗って、GO!

昨日、秋の行楽にかこつけておでかけしました。

テーマは。小湊鐡道に乗る! そして、クワクボリョウタ氏のインスタレーション作品『LOST#4』を観る!

です。

小湊鐡道、初めてです。紅葉の季節は混むということだったので、テーマ実現の日を平日にしました。

2両編成で運行していました。

当方は、鉄では全然ありませんが、ヨカッタ! ずっと前方景色の見える場所に貼りついていました。

 

クワクボさんの作品は、移築した古民家を利用したアートスペースで行われていました。

LOST#4

http://www.ichihara-kankou.or.jp/asohbara/aha_h23_kuwakubo_exhi.html

 

おー。使用されているのが、展示スペースにふさわしいドメスティックな物たちです。

そして、「向こうの部屋」があることと、「櫛」の使い方が新しいー。 ( <− ちょっとだけネタバレ。)

光とモノと空間と時間。

制御されゆっくりと動く点光源。

刹那は失われ続けるから刹那・・・。

 

f:id:Fumiba_m:20111130095941j:image

クワクボさんの作品に呼応したくて組み合わせた写真たち

 

*****

房総の山々は、入っても入ってもおだやか。

山間を縫い広がる、ゆるやかに段をつけた田んぼある里山集落。