Hatena::ブログ(Diary)

クルクルの冒険

2013-01-31 フレームのある

フレームの内と外

勝手にオタクギョ。

 

f:id:Fumiba_m:20130131052952j:image

フレームの内

 

f:id:Fumiba_m:20130131052951j:image

フレームの外も

 

******

社長のイラスト5000枚、仕分けされてA4アクリルケースの箱のなかー。

それらメモリーにアクセスできるようになるのかしら。

2013-01-30 はにわ系

飛鳥系

社長が、「明和電機は『はにわ系』」といつぞやおっしゃっていました。

仏像で言うと、たしかにはにわと時代がかぶる『飛鳥系』かもですね。正面性が強いー。

 

WAHHA GOGO は、横顔がフォトジェニックですけどね♪

 

*****

最近目を通した本がこちら。

日本美術史 (放送大学教材)

日本美術史 (放送大学教材)

 

内容充実。

図版少なめ。

ちゃんと放送を見るか、ネットでこまめに調べるかしながら読み返したいです。

2013-01-29 USBでMOODCORE

USBでMOODCORE

土曜日のライヴで、このようなものを買いました。

f:id:Fumiba_m:20130128192527j:image

曲ファイルがはいったUSBメモリです。

MP3と、CDよりも音質が良いというHQD形式の2種類がはいっています。

 

ヲノさんの演奏後の休憩時に、物販コーナーへ突進?して購入いたしました。

(案の定、ライブ終了後の早いうちに売り切れてしまったようです。)

 

スタジオ録音したピアノ曲や、新しくmixされた曲が6曲はいっています。

 

さっそく家のPCに取り込みました。

 

最初の「Blue Moment」の美しさに心のなかで号泣。

「HYPNOTIQUE」という曲も、聞いている途中で勝手にしんみり悲しくなってしまいました。

 

ロマンティックって、悲しみの要素が多いのかな?????

 

*****

ローマンと言えば。

明和電機社長ってロマン主義ぽいと思う。

・・・電気屋さんなのに(違。

 

f:id:Fumiba_m:20130128084725j:image

ネクタイを頭にまいたこの方は本当にかっこいい。

2013-01-28 ELECTROMANTIQUE 2

ELECTROMANTIQUE 2

土曜の夜は、こちらにおうかがいしました。

ELECTROMANTIQUE 2

会場: 音楽実験室 新世界

出演:evala/OVERROCKETヲノサトル

http://blog.goo.ne.jp/wonosatoru/e/66be60e63d9af1e42314821a9cef9bf1

f:id:Fumiba_m:20130126190906j:image

 

楽しかった!

今回もよかったです!

世界が広がります!

 

ヲノさんの演奏は、カラフルで鮮やかでダンサンブルなラインナップ。

新曲「per section」(?)、マセマティカから「Final Destination」、舞踏組曲から「Sarabande」、「Mambo Mathematica」、「不眠症のサンバ」、「Old Fasion」。(ただしうろ覚え。

 

そして、現代メディアアート的テクノミュージックの旗手(当方の勝手なイメージ):evalaさん。

ライヴがこんなに凄いなんて・・・。

これほど音世界に引き込まれ没入したのは久しぶりかも。

 

ラストはOVERROCKETさん。

20歳前後のころ鈴木さえ子さんのレコードを毎日聴いていた身にとっては、ジャストミート以外ありえない音楽だったのでございます。

渡部さんの動きが気になって目が釘付け・・・。

 

「ロマンティック」がキーワード。

ELECTROMANTIQUE 3が3月に企画されているそうです。

 

ヲノさんの演奏が終わった時点で、終電に間に合わないことを覚悟しました。

でも、ミッドナイトつくば号(夜行高速バス)がある限り、東京での夜遊びおそるるに足らず〜(笑)。

 

*****

自分用メモ:

 

2006年リリースされたevalaさんの初ソロアルバム。視聴できます。ページ最後にヲノさんのレビュー 

http://port-label.jp/catalog/002.htm

 

一昨夜のライブで気に入った曲。OVERROCKETさん、 Ichitasuichiganijanainante 

http://recochoku.jp/song/S21349350/?ds=30188798 … 

2013-01-27 Fabでぬくもり

Fabでぬくもり

先の金曜の夜は、こちらのUSTを時間遅れてアーカイブで拝見いたしました。

DIWO Lab.vol 7 Fabで作る「ぬくもり」の表現 力石 咲 × KIMURA 

http://www.fabcafe.com/event/4548

 

主にFabで3つのことをされていて。

1.3Dプリンターで「編み物」灯篭をつくる。

2.編み物を作るツール:編み棒やリリアン編み具をFabでつくる。

3.レーザープリンターで網目模様の型紙をつくり、あれやこれや網目模様にする。

 

1.は、失敗。データの糸が細く、やわらかい素材を選んだため、くたくたっとなって自立した灯篭にはなりませんでした。

これは、形成のあと熱を加えるなどするともこもこ線の直径が太くなる素材などがあったら、もしかしたらうまくいくのではないかしら。

硬質な素材を用いて「糸の太さ」だけで構造を支えようとしても、無理がありますよね・・・。

こういう微妙な形のものを作成するときは、作成にかかる前に、いつぞや同室の研究官に教えてもらった「最適設計技術」で力学シミュレーションしないといけないのかも・・・・・・とっても工学寄りの知識がいるお仕事になります。http://d.hatena.ne.jp/Fumiba_m/20120807/1344288192

 

2.これは、なるほど!と思いました。つくりたいものをつくるために手にしたいツールをつくる。理想のツールつくりがFabによって進化する。

 

3.・・・・えーっと。KIMURAさんのMacやゴミ箱だけでなく、どこぞのアトリエ前やライブ会場横で見かけたことがあるあのまっ黄色いハイエース、その一面に網目模様が施されたようです・・・(配信では、詳細がよく見えませんでした)。

 

興味深いなー、と思いました。

3Dプリンターは、いつか使ってみたいです。とより強く感じるようになりました。(・・・って、3Dデータを作れるようにならなきゃ

 

アーカイブはこちらから♪

http://www.ustream.tv/channel/fabcafe-com

 

*****

昨夜はヲノさんのライブイベントへ。

終電に間に合わず、久しぶりにミッドナイトつくば号(深夜高速バス)をキメました。

2013-01-26 加賀

加賀

昨日から行われているeAT KANAZAW に、今年も明和電機社長がゲストスピーカーとして呼ばれていらっしゃるそうです。

http://www.eat-kanazawa.jp/

・・・今年は風邪をひかないよう、お気をつけて―。

 

20周年となる今年最初の社長出演イベント。何を話されるのかしら(*^^*)。

 

*****

昨年の秋から、わが家でもBS番組が見られるようになり、夕食時に放送されている美術番組などながら見できるようになりました。

たまたま、最近見た番組がこちら。

 

NHK「美の壺」

金沢の和菓子

http://www.nhk.or.jp/tsubo/program/file264.html

金沢の加賀友禅(再放送)

http://www.nhk.or.jp/tsubo/program/file232.html

 

漆も九谷もあこがれです。

金沢伝統工芸ネット: http://www.crafts-hirosaka.jp/kougei/index.html

 

骨董フェアなどで、金沢からきているお店は高級感あふれ、入り口でうかがうだけー;

 

先日は実家で、映画が好きな母と放送されたこちらを楽しみました。

「武士の家計簿」: http://www.bushikake.jp/top2.html

 

おもしろかったです。

 

加賀ってあこがれます〜〜〜。

2013-01-25 フロッタージュ

フロッタージュ

電協ジャーナル記事でちらと触れられていた「エルンストのフロッタージュ」、が気になりネットで調べました。

http://zokeifile.musabi.ac.jp/document.php?search_key=%83t%83%8D%83b%83%5E%81%5B%83W%83%85

 

余談:

初めて見たのですが

素人おえかき好きにとって、なんて便利そうなサイト! 武蔵野美術大学の造形ファイル:

http://zokeifile.musabi.ac.jp/index.php

 

幼稚園の頃、実物の葉っぱをクレヨンでフロッタージュしてハサミで切り取った紙の葉っぱ、をたくさんつくったことがあり。

その作業がとても楽しかったのを覚えています。

 

明和電機社長の大学時代の恩師の一人、河口龍夫氏の作品に、化石のフロッタージュをつかったものがあることを思い出しました。

どこかの資料館が協力したのかしら。

実物は未見ですが、写真を拝見し、「わたしも化石をフロッタージュしてみたい」と思ったのでした。

化石。結構、好きだから。

国立近代美術館のサイト:

http://www.momat.go.jp/Honkan/kawaguchi_tatsuo/index.html

氏の公式サイトからインタビュー記事:

http://www.tatsuokawaguchi.com/relations/01.htm

2013-01-24 電協ジャーナル 第一面

電協ジャーナル 第一面

新しくなった明和電機公式サイトに。

ファンクラブ会報誌である「電協ジャーナル」の第一面が、ストレスなく可読できる解像度でUPされています。

貴重です!

http://www.maywadenki.com/denkyo/denkyo_journal/18th-denkyo_journal/

 

二日ほどにわけて読みました。

 

20年間の景色。

 

また、時々、少しずつ読み返そう・・・。

2013-01-23 おもしろい発想

おもしろい発想

震災前後のあれこれに紛れてしまい、こちらの記事があまり頭にはいっていなかったことに気づきました。

 

ミシマガジン:明和電機的! ナンセンス発想法で、あそびをつくる楽しさを、もう一度

http://www.mishimaga.com/music/005.html

 

社長がていねいに語られた良記事です(*^^*)。

 

わたしは「おもしろい発想ができない」と感じている人間です。

これは、さかのぼればたぶん子供のころから、現実主義で「合理的で役に立つ発想をしよう」としていたからだと思います。

 

明和電機の「ナンセンス発想法」を試みても。

おもしろいものがなかなか出てこない感じ。

 

さらに、やっている途中、《「おかしな」って何だろう》、と解らなくなっちゃう感じ。

以前の日記:http://d.hatena.ne.jp/Fumiba_m/20120709/1341781315

 

上記ミシマガジンの記事より:

人間は、おかしなものを考えようとするとき、自然と他人とコミュニケーションするときのことも考えていると思うのです。「ウケたい!」と本能的に望みながら発想するからです。

 

そーか、眼からウロコ。

ウケようとしなくちゃいけないんですよね。

当方はたぶんそれ方面の能力と欲求が低かったのかも。自分の興味にのみ閉じこもりがちでした。

 

人間がすごいのは、ある言葉に「おかしな」をつけたときに、その言葉の持つ意味から最も遠いところ・概念を検索できるのことなのです。

みな同じ脳を持っているのだから、大前提としてみんな創造性があるのです。ところが普段はそこに常識というタガをはめている。そのタガを取ってやれば、誰でも面白いことを考えられるようになるんです。

 

そうなれたら、素敵だなー。

2013-01-22 貧乏ゆすりで発電

貧乏ゆすりで発電

先日、NHKで放送された「大科学実験スペシャル」という番組で、「100人で貧乏ゆすりをし発電する」という実験が紹介されたようです。

http://www.nhk.or.jp/school-blog/300/142105.html

 

実家でちら、と見たのですが。

LEDライトがちらちら光っていたような。

あまり光っていなかったような。

2013-01-21 絵を描かない人

絵を描かない人:夫

「昨年の一年間、ラクガキもふくめて、絵を一度も描かなかった」という人、いるのだろうか?

 

昨夜、明和電機社長がそうつぶやかれました。

 

傍にいた夫に尋ねてみました。

かいた記憶が一切ないそうです。

 

夫は、普通に絵とか美術とかにあまり興味がない人です。

当方がかきちらかす絵についても、興味がない、というか、どう捉え様もないよ、という感じです。

 

改めて、ちょっとゆゆしく感じました。

「ハムスターめくり」の写真を見せ(夫もわたしもハムスターが好き)、かいてもらいました。

f:id:Fumiba_m:20130121064043j:image

(無断掲載)

・・・割と上手なんではないかと思います。

 

昨夜はその後、TVを見たり他愛ないおしゃべりをしながら、夫と一緒にちょっとらくがき。

f:id:Fumiba_m:20130121064044j:image

美しきかな夫婦共作(無断掲載)

 

というわけで、おっとは、一年間絵をかかなかった人、から脱しましたw 

2013-01-20 電協ジャーナル 第19期 第5号

電協ジャーナル 第19期 第5号

最新の電協ジャーナルから、気になり、かつ差し障りなさそうな内容をいくつか箇条書き出し〜♪

  • 事業報告ショーの場所日時未定。(ジョイフル明和を同時期に開催予定だそう。
  • 香港でオタマトーンの着ぐるみ?!
  • つくばの茗溪学園で講演をされたそう。(知人の子が聴いたかも!
  • 2013年は大忙しの予定。 大型展示会等イベントの詳細は事業報告ショーにて発表。
  • 「ナンセンス脳とスケッチ」出版は、明和電機ライブラリー(デジタルデータベース)の紹介を含めたく遅れている。
  • 対談記事「20周年への証言」に元マネージャーの合田さん登場。内容の密度高し。
  • 1/25(金)、TASKOのKIMURAさん出演のトークイベントが渋谷FabCafeで。USTあり。(アーカイブに期待。 

社長の希望

 ・さまざまなメーカーと20周年記念商品をコラボしたい。

 ・ファンの自主的お祝いイベント企画歓迎。

 

余計なことですが、「2012年度10大ニュース」に重要な間違いをふたつ見つけました♪

・VISUAL CIRCUS。10秒ではなく15秒、雇われたはずです。よね?

・それは「松コース」なのかっ。

 

*****

昨年の10大ニュース。

一番目に選ばれているのが、SKIP CITY映像ミュージアムで行われたVISUAL CIRCUS “15秒だけ明和電機”でした。(* 順番は、どうやら時系列になっているようです。)

ちょっと意外のような気がして。

でも、あのように社長の眼が直接届かないところで、一般人が明和電機製品を従えて自由に演奏するなんて、多分、これまで無かった?企画で。

明和電機のメタ化前進、と位置づけることができるかしら。と納得。

・・・体験できてよかったな?(*^^*)。

 

(追記)

明和電機楽器をファンが演奏することができた電協イベントに参加しても感じたけれど。

明和電機のメタ化」を行うと、『でもやっぱり社長じゃなければ』『社長すごい』ということが明らかになってしまうんです…。

2013-01-19 フレーム

フレーム

最新の「ファミ協」、テーマは『フレームが作れればモノは片付く』でした。

ファミ協は、社長が時間を決め、書きとばしていらっしゃるのがおもしろいです。

今回は抽象的な概念を含む内容なので、若干、解読に時間がかかりました。

 

社長の言われるフレームとは、四角形の構造体のこと。直方体の・・・BOX型フレームですね。

1)箱であり(分類できる)

2)重力に逆らう

とありますから、3次元リフォーム空間のなかで、少なくとも底面ほか1〜4面をもっている箱を指すことになりそうです。

 

モノを片づけるのに、重力って大事なんですね。

重力があるから、モノを整理する秩序を構築できる。

 

ええと。無重力空間でモノを片づけるにはどうしたらいいのでしょう。

フレームがあるだけではダメそうですね。

 

文書も、「フレーム」があれば散乱した思考が収まる、とありました。この場合のフレームは、目次や章立てなどのこと。

この場合、文章の流れ・・・思考するときは時系列的配置、文字にするときは空間的順列配置・・・がまるで重力のように統制する条件になって整理・収納されると言えそうです。

 

パソコンのフォルダはフレームではない、とありました。

エクスプローラで見る限り、まるで境界があるように入れ物になっていますから、フレームのようだとも言えそうなのですが・・・。

四角くなく、配置させ方がいろいろあり、大きさが変化し、きっちり積めなくて、入れ子になりすぎがちなので、社長にとってはフレームではないのでしょうね?

 

(フォルダ・ファイル名に規則をつけ、中に入れるものの数を制限するだけで、若干は箱的に使えるとも思うのですが。

 

*****

フレーム、というと、普通、箱ではなく、単なる枠、を指します。

 

もしかしたら、スケッチによる思考を通常的にされる明和電機社長のような方たちは。

線(枠)を想定することにより、同時に面や空間上の配置が脳内で図式的に確立するのかな。

そんなことを想像しました。

 

f:id:Fumiba_m:20130118160214j:image

Google SketchUp でらくがき

 

******

以前の日記から。四角と重力についてなど。

http://d.hatena.ne.jp/Fumiba_m/20120202/1328130103

2013-01-18 チワワとおたま

チワワとおたま

明和電機のファンクラブ会誌「電協ジャーナル」第19期 第5号に、当方がかいた4コマが掲載されました。

あらま。

f:id:Fumiba_m:20130118062740j:image

 

しつこく送りつけているから、「やったもんがち、とったもんがち」の精神で選んでもらえたのかしら;

チワワとおたま。コレ第五話になります;

 

*****

犬は、隷属と反乱威嚇の象徴。

月は、オスの無機的欲望対象。

 

・・・しろいエーデルワイスの世界で。

2013-01-17 KAGUYA

かぐや

宮崎市内、駅近くに、大きなプラネタリウム施設があります。

当方が実家を離れてからつくられた施設。今回の帰省中、初めて行ってみました。

 

宮崎科学技術館

http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/cul/cosmoland/

 

まず、宮崎の当日の星空案内。こういう素朴な内容のほうが、覚醒したままでいられますね。 (<ー プラネタリウムでよく寝てしまう・・・)

その後「かぐやとKAGUYA」というプログラムを見ました。

月探査周回衛星KAGUYA の成果をちらっと紹介し。

現在もっとも説得力があるというジャイアント・インパクト説(地球史の比較的初期に大きな天体が衝突し、地球から分かれる形で月ができ、同時に地球の地軸が傾いたとする説)の説明。

それに、かぐや姫の物語を結びつけ。

『「かぐや姫」が私たちに残したものは、美しく変わりゆく四季の変化と、躍動する命の継承だったのかもしれない。』

としめくくる、ナルホドながら強引な展開でした(笑)。

 

月がどのような天体であるか知られていなかった時代。

どうしてそこに異世界があるなんて想像できたのかしら。

・・・地球に棲むヒトと月に棲むヒトをめぐる物語。

 

*****

日本の月周回衛星「かぐや」(SELENE)は、非常にすばらしいプロジェクトだったと思います。

http://www.kaguya.jaxa.jp/

 

*****

f:id:Fumiba_m:20130117062821j:image

twitter によると、社長がスペシャルな黒蜜を手に入れられたそうです。

当方は甘いものに興味がないけれど。夫は試してみたかったりするかな;

(壇蜜さんもどのような方か知らなかった・・・。

2013-01-16 ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」

ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」

昨日、つくばにもどりました。

予約したフライトチケットが一昨日(関東大雪の日)のものでなくよかったです。

 

帰ったら、電協ジャーナルが届いていました。

2013年。いよいよ明和電機20周年の年ですね!

 

*****

母と映画「レ・ミゼラブル」を観ることができました。

 

ラッセル・クロウ

歌が上手でないけれど。意外に繊細な発声・節回しをされ。

唐突感のうすい複雑な人間性を感じさせるジャベールでした。

 

六月暴動を首謀する二人の巻き毛の学生がかっこよく印象的でした。

 

CGをつかったラストシーン、圧巻。

2013-01-09 20年

20年

20年前がどういう年だったかは、以前さらっとさらったけれど。

http://d.hatena.ne.jp/Fumiba_m/20121120/1353357973

 

その年、自分は何をしていたのだろう。

ふと気になり、書きだしながら思い出してみました。

 

後だから言える一番おおきなできごとは、夫(となる人)と出会ったことでした。

 

そうかー。夫と出会って20年かー。

その年の後半に、彼が(ごく感じの悪い)同僚として同じ課に転勤してきたのでした。

 

振れ幅あまりなくゆるやかに生きている当方も、20年といえばいろいろあったわけで。

 

明和電機の20年。いろんな出来事がぎっしり、ぎっしり詰まっている感じがします…。

 by まだまだ全然初心者ファン

 

*****

きょうから一週間ほど、実家に帰省します。

ネットできるかな〜?

2013-01-08 波と

振動と

「BBU概論」のなかで、内容が一番物理的だと思うのは第2章後半です。

http://bbu.kayac.com/theory/chapter2/

 

BBUをもたらすGAPはエネルギー。

 

振動。

 それは位置エネルギーと運動エネルギーのやりとり。

 波、はそれをトリガーとして媒体を伝わっていく。

 

振動、から波。

 「100V」は交流で。

 「ノック」はソリトンで。

 「Voice」は音波で。

 

明和電機的理屈の汎用性がありそう・・・?です。

2013-01-07 PC/モバイル談笑

PC/モバイル断章

数年前に買った手持ちの安いノートPC(通称:チェリーちゃん)のOSを、先月Windows7から8へアップグレードしてみました。

タッチパネル機ではないのですが。今ならお得な値段でアップグレード版をDLできますし。

XPまでに比べると、アップグレード作業は本当に簡単になっています。データもフォルダ構成もソフトもそのままそっくり手間いらずで移行。

途中、手違いでDL購入を二重に行ってしまったのですが、後日、MSの担当サポセンへ電話したら、速やかにひとつを取り下げることができました。

 

仕事で使う分には、現在はWidows7のほうがいいと思いますけどっ。

 

*****

ノキアがようやくWindows8 Phoneの販売を開始していますね。

日本のメーカーでは富士通のみなのかしら。

とりあえず、あと2,3年は様子見かなー。

(byまだ一度もケータイもスマフォも持ったことないおばさん)

 

でも、そろそろ、「タチタチ」する練習をしたほうがいいのではないかと思っています。

じっと指先の腹を見る;

 

*****

数か月前、夫のノートPCが壊れました。

買い換えるというので、

「高くてもいいから、Let's Note でしょ!」

と強く薦めました。

 

なんとなくやっぱり。

別に明和電機社長のマネとかではなくて。

夫が仕事に使うノートは、(今は)Let's Noteであってほしい・・・(笑)。

 

*****

でも、どうしてもMacが優勢な現状。

この記事を参考に、フレキシブルな対応ができるようになったほうがいいかも・・・。

 

「Macで走るWindows 8が示唆する個人の時代」: 

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20121211/1073642/?P=1

 

*****

ハードについてもソフトについても。変化に対応していくのが本当は本当に面倒なタチなのだけれども;

おばさんあとすこしがんばります(。-_-。)

 

*****

勝手にオタクギョ。レース細工のような魚たち。

f:id:Fumiba_m:20130105123512j:image

プラマンでかいて。フォトショで反転、色相調整、エンボス効果追加。

2013-01-06 浪費と消費

浪費と消費

若い哲学の先生:國分功一郎氏のファンです。ここ2年ほど、いろんな新聞や雑誌でお見かけするようになりました。

ファンといっても、ご専門の思想学分野の書き仕事へは、とても素養と思考力が付いていけません・・・。

暇と退屈の倫理学

暇と退屈の倫理学

こちらの本は、万人向けの内容で解りやすく書いてあり、オススメです。書店のフェアに取り上げられるなど、よく読まれているようです。

 

この本のなかに浪費と消費について語られている部分があります。

「浪費」は、人が歴史上ずっとしてきた。必要以上にものを受け取ること。豊かさの条件。満足をもたらす。・・・つまり、「浪費」はどこかで限界になりストップする。

「消費」は、記号化した意味と観念を受け取ること。消費は満足をもたらさないので、限界がなく、止まらない。

 

これは、ポードリヤールという人が定義した内容で。タネ本はこちら。

消費社会の神話と構造 普及版

消費社会の神話と構造 普及版

シニカルな論調がたのしく、意外にもさくさく読みました。

 

上の「浪費」と「消費」の考え方は、いろいろなものへ広げて考えるとおもしろいです。

例えば、食べ物について。

例えば、ファッションについて。装飾が生まれる由来など。

 

*****

社長がこだわっている、「役に立たない」「ナンセンス」という価値観は、上記の「浪費」に絡んでいるのではないかと、ふと思いました。

役に立つもの・必要なもの。それらから一段上層に浮いたものを供給する。

 

あれ、でも、明和電機ファンになるということは。

浪費なんだろうか?

それとも消費なんだろうか?

2013-01-05 えをかく

えをかく

昨夜、寝床で、今年の目標、というか方針をぼんやり考えました。

 

1)写生に還る

2)ペンでかくのをもちょっと上手になる

3)抽象構成中の繊細さ微妙さへの感度をあげ、緊張の継続にもちょっと慣れる。

4)こちらに落としているようなみーはーらくがきの質をもちょっとあげる。

 

「もちょっと」がキーかしら(笑)。

 

みな、おえかきについてです。

自分を観察すると、自分にとっておえかきは「認識」の方法らしい。

 

「思考」「表現」や「コミュニケーション」は、えをかくことではしない。

そちらは、だいたい言葉のみで行っているようです。

 

*****

先月UPされた明和電機社長オタマトーンDX演奏動画から、ざざっとスケッチ。

f:id:Fumiba_m:20130105082839j:image

シャープペンシルで20分くらい。フォトショでレベル補正や色味・ディティールの調整など。これすると、鉛筆画は実際より手をかけたようにみえます。

2013-01-04 XILICON

XILICON

XILICON とは、明和電機:経理のヲノさんことヲノサトルさんと、DJ ebee#1こと江夏正晃さんと、オーディションで選ばれた女性シンガーNATSUMIさんによるユニットですー。

 

既発の4曲を、ようやく昨日iTuneストアから購入しました。

 

デビューシングル:「PHOTOGENIK」

http://www.youtube.com/watch?v=ZN4asGa4_2o&feature=player_embedded

ヲノさんのブログ記事:

http://blog.goo.ne.jp/wonosatoru/e/1d534ed8d0eeed923f6e523aa8f2c8bc

http://blog.goo.ne.jp/wonosatoru/e/d8c3d3af50576fdaad50d94cedc0f2b4

 

最初にようつべで拝聴したとき、あー、これは当方向けの曲ではないな・・・とそのときは思ったのです。しかし。

グラサンのヲノさん見たさにPVを2回ほど繰り返し拝見したら、音楽的記憶力が乏しい当方でも一発で旋律が頭にしみこみ、ノリノリに聴けるようになっていたのでした(笑)。

 

PVはこちらっ。

http://youtu.be/ZN4asGa4_2o

 

第2弾シングル「HEADPHONE PARTY」

『音楽に孤独を救われたことがある全ての人へ向けた』キラキラのチューン。

 

よいですね。 この曲、とってもよいです…。

 

ヲノさんブログ記事:

http://blog.goo.ne.jp/wonosatoru/e/f1a63e6d57c8006c8afb96c1261602e6

 

XILICON のFacebookはこちらですー。

https://www.facebook.com/xilicontokyo

2013-01-03 20周年、あけました

おめでとうございます

お正月、久しぶりに社長がまめにブログを更新されてうれしいです。

我が家にもリフォーム職人が欲しいな(違。

 

明和電機社長の謹賀新年:

http://www.maywadenki.com/blog/2013/01/01/%e8%ac%b9%e8%b3%80%e6%96%b0%e5%b9%b4%e3%80%80%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%93%e3%80%80/

「2」の字が木魚みたいで。

パチモクが2匹のヘビになっています。かわいいですね。

 

今年もよろしくお願い申しあげますー。