Hatena::ブログ(Diary)

クルクルの冒険

2014-09-29 バルサ材でカム自作

バルサ材でカム自作

大人の科学、オートマ・テ。

 

先日、自作カムで書かせた文字を夫に見せたら、

「よく書けているじゃん」

と言ってくれました。

 

こちらです。

f:id:Fumiba_m:20140920170821j:image

書の額でよく見かける「和」の字。

もちろん、明和電機の「和」の字でもあります。

 

気をよくし、作成方法を公開したいと思います。

ええと、公開すると敢えて言うほどたいした方法ではないのですが。

特別な道具や技術のいらない、安易で簡単な方法なので。

 

用いたのは、DIYショップで売っていた2mm厚のバルサ材。

完成したカムは、こんな感じです。

f:id:Fumiba_m:20140925213911j:image

 

>用意するもの

2mm厚バルサ材(均質で柔らかい部分だと加工が楽です)

小型カッター (切り出し彫刻刀やデザインカッターでも可)

ハサミで容易に切れる薄い透明樹脂シート

 (たまたま、なつかしのOHPシートが手元にあったので、それを使いました)

両面テープ

紙やすり 

細いマジックペン、セロテープ、他

 

>手順

 

1)

公式のカムジェネレータ( http://otonanokagaku.net/magazine/vol41/appli/ )で作成したPDFを等倍で紙に印刷

 

2)

透明シートを重ね、細いマジックペンでカムの輪郭をなぞり書き

 

3)

透明シートの裏面に、両面テープを隙間なく貼る

 

4)

透明シートのカムの輪郭をハサミでできるだけ忠実に切り取る。バルサ材にしっかり貼り付ける

 

5)

バルサ材を、透明シートのカム形状に合わせ、カッター等で切り出す

(カム外側はあとからいくらでも削れます。カム輪郭内側まで切り込まないよう注意。)

 

6)

カッターで切った断面を、紙やすりでなめらかにする(削りすぎに注意)

ついでにカム裏面も、心持ちやすってなめらかにする(透明シートと両面テープの厚さをやするくらいの気持ちで軽めに)

 

7)

バルサが折れそうな部分があったら、セロテープで補強(つまり、折れそうな部分ができて補強したのです;)

 

ー> できあがり! オートマ・テにはめて書かせませう。

 

たぶん、樹脂板を削るより、ずっとずっと簡単にできると思います。

2014-09-28 ABUロボコン/ぼくのニセモノ

ABUロボコン/ぼくのニセモノ

9月23日にNHK総合で放送された

ABUロボコン2014インド大会「最速で夢をつかめ 若きエンジニアの熱い一日」

 

かなり直前になり告知されたのですが、副音声で「ロボコン座談会」が放送されました。

NHKロボコンの公式ブログ:

http://www.nhk.or.jp/robocon-blog/197782.html

 

出演は、

  • ロボコン番組のベテランディレクター
  • 長年にわたりルール作成に携わってきた東京工業大学名誉教授
  • ロボコン経験者
  • 明和電機代表取締役社長

の4方。

 

マニアックな経験譚が盛り上がるなか、社長はMC的な役割を果たしていらっしゃいました。

 

音声が公開されています。

http://www.nhk.or.jp/robocon-blog/197925.html

 

ロボコン公式twitterアカウントが、座談会の内容をツイートしてくれていました。

まとめられています。雰囲気がよくわかりますー。

http://togetter.com/li/722714?page=2

 

 

******

それから、ロボットつながりで。

 

じゃん。

「りんごかもしれない」に続く、ヨシタケシンスケさんの絵本「ぼくのニセモノをつくるには」が刊行されましたよ。

 

本屋で立ち読みし(おい)、早速、購入。

 

かわいいです。笑えます。思考が素直に拡がります。

傑作です。

 

f:id:Fumiba_m:20140927145447j:image

登場するおてつだいロボットくん、身体のバランスとか、ちょっとだけノックマンに似ていないかな?

2014-09-24 あせらないわ〜

あせらないわ〜

 

明和電機、関西での3連続ライブ、無事に終えられたそう。

 

関西界隈のファンが、増えたかしらー。きっときっと。

 

10月の京都でのイベント。

間もなく概要が発表されるのでしょうね。

どうやら、これまで見たことない種類のものが出現しそうですね?

 

*****

 

クワクボリョウタさんの、フランスはナントでの《10番目の感傷》展示は、ブルターニュ公爵城の塔の中だったそうです。

きっと、今までの展示とまたちがう、趣のある感じだったと思われます。

 

日本のあちこちで、世界の彼方此方で、光と影の、点と線と面。

ゆかしいです。

 

*****

Mr.ノッキー、Amazon で売り切れになっていますね。

 

2009年の秋〜冬、オタマトーンを入手するため、かなり長い期間、じたばたしたことを思い出します。

(ふふふ。もう、あせりませんよ〜;)

2014-09-21 インターネットで。朝から晩まで。

インターネットで。朝から晩まで。

昨日、明和電機は、二つのイベントへご出演でした。

 

明和電機公式サイトNewsより

明和電機がPepper Tech Festival 2014にてライブを行います。」

http://www.maywadenki.com/news/%e3%80%90%e5%b1%95%e7%a4%ba%e3%80%91%e3%80%80pepper-tech-festival-2014/

明和電機が大阪府茨木で行われる麦音フェストに参加致します。」

http://www.maywadenki.com/news/%e3%80%90%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96%e3%80%91%e3%80%80%e8%8c%a8%e6%9c%a8%e9%ba%a6%e9%9f%b3%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%83%88/

 

一日で東京と大阪のイベントに出演されるなんて。

社長、移動は大丈夫かしら。

 

と、いずれも参加できないながら、ひそかにとても気をもんでいたのですが、当方。

 

大丈夫でした。

Pepper Tech のパネルディスカッションへは、スカイプでの参加でした。

EXHIBITION(企業展示!)も。こちらは、出向工員さんがつとめられていたようです。

 

しかし驚きましたし、感慨深いものがあります。

Pepperイベント公式サイト。社長写真が、どーん、とTOP近くに掲げられていたのです。

明和電機参加のイベントとして成り立っているのですよ。社長がリアルに其処に存在しなくても...。

 

 

*****

ネットに張り付いたり離れたりしながら、Pepper Tech Festival 2014 会場からの動画配信を視聴していました。

 

Pepperイベントのパネルディスカッション。

登壇者が個性強く(強すぎる方が数名…)方向性がばらばらで、だからこそおもしろかったトークショーでした。

 

「企業展示ブース」では、Pepperが工員さんスタイルで、Mr.ノッキーのバチ型コントローラーを果敢に振っていました。

 

人気者ですね。Pepperと明和電機

 

ソフトバンク公式動画より、Pepper meets 土佐 信道(明和電機 社長)

D

 

*****

18時からの茨木麦音フェスタでのライブ。

夜に野外でビールを飲みながら明和電機ライブなんて、なんと貴重。参加された方がうらやましいです。

 

PCの前で缶ビールを手に、twitter のTLを追いかけました。

 

新しい工員さん二人を従えてのライブ。

いい感じに(社長トークがすばらしく映える程度に)、進行がぐだぐだだったようです。

 

会場は大変な混み方だったよう。

 

人気者ですね、ビールと明和電機

 

参加されたファンの方が、混雑で大変ななか、動画を撮りYoutubeにUPしてくれています。

なんて、ありがたい。

・・・かなり面白いです。笑えます。

今晩も呑みながら観ませう。

ぜひチェックを。

 

*****

昨日の午前中は、ニッポン放送の八木亜希子さんの番組で、明和電機社長が声のご出演でした。

トーク内容は、『この週末DVDをレンタルしてほしい オシャレなSF映画 ベスト3』。

「ルーパー」「オブリビオン」「ガタカ」だそうです。社長、熱く語られていました。

 

・・・というわけで、昨日は一日、ネットで明和電機、だったのでございます。

 

*****

合間には、Ototo で遊んだり、オートマ・テのカムの自作に再々挑戦したりしていました。

 

2mm厚バルサ材に透明シートを貼ってカッターで切り出す方法、慣れてきました。

昨日書かせたのは、こんな感じ。

f:id:Fumiba_m:20140920170821j:image

明和電機の「和」の字。

 

精度があともうすこしです〜。

2014-09-20 かんわきゅーだい

笑顔

明和電機ファンになってから半年間くらい。

社長モードがオフのとき、社長はほとんど笑わない方だと思っていました。

 

2010年の秋、イベント終了後に社長が知人に気づき微笑まれたのを偶然間近に拝見したことがあって。

びっくりしました。

そのように、やわらかい笑顔でにっこり、とされる方だと思っていなかったのです。

 

どうして、社長が笑わない方だなんて、ひどい(?)思い込みをしていたのでせうね…。

 

 

*****

最近、ネットにUPされる社長写真。特にオフショット。

本当に素敵な笑顔で破顔されていらっしゃるのを見かけます。

https://twitter.com/MaywaDenki/status/507940371960442880

 

こんな笑顔で笑われる方だったかしら。

 

社長の笑顔、気になります。

2014-09-16 秋/ノッキー発売

秋/ノッキー発売

明和電機界隈、相変わらずとてもお忙しそうです。

 

この秋は、 

ヤノベケンジ氏のウルトラファクトリー絡みや、京都国際映画祭関連。

pepper や東京デザイナーズウィークの「ロボット」界隈イベント。

 

・・・いずれも、当方、素養がまったくない方面です(映画やロボット)。

 

9月23日(祝)の京都のライブハウスでの「新製品発表会」ライブ。行きたくてたまらないけれど。

翌日仕事で、深夜バスしか移動方法がないとすると、体力的にとてもきびしい。

 

というわけで。

この秋は、リアル追っかけ?は自重することになりそう。(大人だ(自分で言うな)。)

 

ネットで鋭意、情報を拾います(ビシィ。

 

特に、関西でのイベントが目白押しなのは、たぶんかつてないことで、とても貴重だと思います。

リアルにイベントへ参加される方は、楽しんでください〜。

 

(・・・そして、ネットに感想などを落としてください〜 ((おい。

 

*****

東急ハンズで、Mr.ノッキーが先行発売されているそうです。

 

それでは、社長二人による演奏で、オタマトーンとノッキーの合奏動画をば。

D

社長がお二人だ…。合成とわかっていても、なんだか不思議でどきどきします。

 

Mr.ノッキー、「キャラクター楽器」という位置づけになったようです。

オタマトーンも、もちろんキャラクター楽器。

キューブさんの造語かしら。どなたが考えた言葉かしら。

 

よくある、人気キャラが模様としてかかれているだけのような、安易な子供だましのキャラ商品ではないのです。

ひとつひとつ楽器そのものに、キャラクターが宿っているのです(キリッ。

f:id:Fumiba_m:20140916210107j:image

写真を意味なく安易にMIXするのって、楽しいですね。

2014-09-11 編み物に

オタマトーンがくるまれました

週末、こちらのクラウドファンディングのリターンが届きました。

https://motion-gallery.net/projects/tripknittingmachine

世界の人を編み包む!《旅するニットマシン》制作プロジェクト

世界初、キャリーケースと編み機が合体した《旅するニットマシン》。人々をイマジネーションの旅へと連れ出す、ハイパーニットクリエイター力石咲の新作制作プロジェクトです。

 

郵送されてきたのですが、封筒の中のパッケージがとてもおしゃれでした。

f:id:Fumiba_m:20140906165859j:image

《旅するニットマシン》で編んだニットが使われているそう。これはうれしいですね!

 

オタマトーンDXが、さっそく「くるまらせてくれ」と訴えてきました。

f:id:Fumiba_m:20140906173022j:image

 

オレンジ色の毛糸玉モンスター1匹。

尻尾が長ーい。かわいいー。

 

*****

けふまで代々木体育館で開催されている rooms 21 に、力石咲さんが「ニット•インベーダー」で参加されているそう。

 

そういえばっ、MeeWee Dinkee も参加しているのですよね、rooms。

そして、明和電機の展示もアート枠?で行われているそう。

 

どんな感じなのでしょう、rooms。

2014-09-10 bction!

bction!

閑話休題。

いまのお仕事は、映像(静止画像)をPCで扱う作業がメイン。

航空写真を加工したり、とか。地図関係のデータをつくったり、とか。

 

画像関係作業は大好き。とても楽しい。

でも、PC仕事のフルタイムは疲れます。

 

「枠ごし」でヴィジュアルに携わっていることが、ほんのすこし憂鬱になってきました。

 

PCの四角いディスプレイに。四角いWindowをたくさん開き。その四角のなかも区切られ四角がいっぱいで。それらのなかをマウスカーソルが彷徨い。さらに作業のため、次々と四角を開くことが必要。

 

結果、見る画が、四角の枠に囲まれたものばかりです。

 

*****

絵の枠は大切。つまり、額縁。

アンティークの絵につきもの。展示に必須。

インテリアとして絵を飾るときにも必要だし。

 

額縁効果。

絵を枠で区切ることで、より素敵に完成度高く見えます、と明和電機社長もどこかでおっしゃっていました。 

 

 額縁の存在に、文句をつけたいわけではないのです…。

 

でも、すこし食傷してしまいました。画を四角のなかにばかり見ることに。

  

 

*****

こちらのイベントがとても気になっていました。

 

bction!

http://bction.com/?page_id=54

取り壊す予定のビルに新進気鋭の若手アーティストがつどい、作品を展示するのだそう。

 

 グラフィティ系、いと、ゆかし。

 

*****

先日、思い切って行って来ました。

 

結果。

とても楽しかったです。

 

枠つきの画もあるのですが、気になりませんでした。

 

 絵がスペースに置かれている。

 空間に置かれた絵を見ている。

 

 絵はスペースに描かれた。

 空間に描かれた絵を見た。

 

会場を歩き回りながら、面が晴れる気がしました。

 

明和電機のファッションブランド:MeeWee Dinkee の、Aruta Soup さんの作品もしっかり拝見できました。)

 

*****

このイベント会場ビル。

9階建てなのですが。

 

10階での展示も行われていたのです。

エキソニモさんの仕業です。

http://exonemo.com/bction/

 

画像を選んでミックスシェイクするのが楽しく。

つい、時折訪れては遊んでいたのでした。

作家でもないのに。すみません。

 

当方があそばせていただいた一例:

f:id:Fumiba_m:20140910072845p:image:w360

  

この#10F の存在のおかげで、「気鋭若手アーティストを集めたイベント」、への敷居が消失し、リアルにイベントへ行く決意をする後押しになったのでした。

 

 

*****

さてさて。PCお仕事がんばります。

けふも四角い枠のなかを見る作業です。

2014-09-09 モノ・カタチ・オト

スズキユウリさんの企画展をはしご

先の日曜日、スズキユウリさんの作品を鑑賞できるふたつの展覧会をはしごしてまいりました。

 

*****

まず、御茶ノ水駅からとことこ歩いてこちらへ。

 

トーキョーワンダーサイト本郷:

http://www.tokyo-ws.org/hongo/

未知なる日常 第1期

http://www.tokyo-ws.org/archive/2014/07/h0802.shtml

2014年09月28日(日)まで

 

作品の詳細はこのサイトに詳しいです。

http://www.redbull.com/jp/ja/stories/1331671602660/art-blog-yu-miyakoshi-140815

こちらの記事を読んで行くのがよいのではないかと思います。

(当方は、こちらを読んでいて作品に対峙できたのがとてもよかったです。)

 

ユウリさんの作品は、ふたつ。二部屋。

 

ひとつは 《Jukebox meets Tate Britain》 の再構成インスタレーション。

 

ジュークボックス。

美術館を訪れた人がMIXした音が録音されたレコード。

 

レコード。

 壁に並べかけられたレコード。

 レコード。

  音がアナログに記録された円盤。

  くるくるまわって、当てられた針の先端が音を発掘し再生する・・・。

 

154枚。どんな音がはいっているのでせう。

f:id:Fumiba_m:20140907134923j:image

そういえば、わたし、テート・ブリテンのこと何も知りません。ターナー作品を多く所蔵することくらいしか…。

 

奥の部屋は、 《Dead Wax》 と 《Stomatol》 のコラボレーション。

 

 雪の積もった日の信号機のブツブツ音。

 レコードの、デッドワックスの音。

 

小さな破裂音。つぶやくような音たち。

そんな音たちがアートとして切り出せるなんて。

意表を突かれます。

 

たぶん、わたしも。

 いつかどこかで似た音を聴いたことがあって。

 (感じ方がごく薄いかもしれないけれど)似た体験をもっている。

のかもしれません。

 

壁にゆらめくレコードからの反射光。

f:id:Fumiba_m:20140907135857j:image

 

*****

3人の方の展示でした。

 

うちのひとり、ルオ・ジーシンさんの作品で、透明な樹脂性波板を用いた作品が、山口勝弘氏の「ヴィトリーヌ」シリーズに似た効果をだしていて、興味深かったです。

http://image1.redbull.com/rbcom/010/2014-08-15/1331671566588_2/0010/1/2000/1333/2/.jpg

 

 

*****

それから銀座の八重洲寄りにあるこちらへ。

 

ポーラミュージアムアネックス

Playing with Sound

http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/index.html

http://www.cbc-net.com/event/2014/08/pola-yurisuzuki/

9月23日まで

 

体験型の展示です!

 

触って遊ばなくては、損でーす。

 

Garden of Russolo とototo コーナーでは。

すみません思い切り遊んできましたっ。

 

「The Sound of the Earth」を見ることできました。

実際に再生しているところも拝見したいです。

 

f:id:Fumiba_m:20140908200536j:image 

*****

たとえば、明和電機社長のモノへの固執執着は、「フェッティッシュ」と表現すれば、ほぼ万人が納得すると思うのですが。

 

スズキユウリさんの、モノ・オト・カタチに対する、素で邪気がなくそれでいて透徹し純度高く洗練されたこだわり、をなんと呼べばよいのでしょうね。

2014-09-08 ウルトラプロジェクト&アルス&...

Mr.ノッキーの発売が決まったようです

ウルトラファクトリーを明和電機がのっとり、という小粋な企画。

とりあえず八月いっぱいだったそうでございます。

こちらのサイトの、あっぷとぅでーとで丁寧な紹介記事がとてもうれしかったです。

http://ultraproject2014.tumblr.com/

 

このプロジェクトに関連しては...

 

京都造形芸術大学大瓜生山祭にご出演:

http://urifes2014.com/event.html

 

京都国際映画祭:2014年10月16日(木)〜19日(日)

http://www.kimf.jp/art/

 

ウルトラファクトリーがらみで、これからもいろいろ企画がありそう。

明和電機 in 京都、な、2014夏秋でございますね。

 

 

*****

Mr.ノッキーの発売が9月下旬に決まったそう。ええと、本決まりのようです。

公式販売促進動画が Youtube に UP されました。

 

D

 

社長演奏に眼が釘付けになります。

わーい、いつ手にいれましょう。

 

*****

社長は、やはりDEVICE ART とのかかわりでリンツへ行かれています。

 

アルスエレクトロニカの授賞式で、仕込みiPhoneの受賞者:森翔太さんと、不思議カメラTouchyのエリックさんと。

ベロミン芸を披露されたそうです。

おおうけだったものと想像されます...

 

アルスの公式ブログ記事にお写真が:

http://www.aec.at/aeblog/en/2014/09/06/tag-2-ein-festival-zum-sehen-horen-und-staunen/