Hatena::ブログ(Diary)

クルクルの冒険

2014-12-29 よい年を〜

師走も

師走もおしせまってきました。

 

大処分市で手に入れたこちらを、きれいにしました。

(おそうじまえとあと)

f:id:Fumiba_m:20141229071659j:image

f:id:Fumiba_m:20141229071657j:image

 

ウケテルで使う予定だった、ABS樹脂板でつくられたかわいいスピーカー...。

きれいになりました。

このままにしようか。改造できるかな。考え中です。

 

メカニズムの仕組みもよくわからないままだけれど。最終的にどうなったから使われないことになったのでしょう。

『魚器図鑑』を開き、しばらく配線図をながめました。(ながめただけ;

 

そういえば、一か月ほど前、iPhoneで作動する最新のGMウケテルの動画がUPされていました。

どなたかが特別に注文したのでしょうか。

D

 

今年。

初めてウケテルに会えました。

その他たくさんの製品たちに。

 

よかった。

 

オタマトーンから来たファンだけれど。

ファンになって。ファンでいて。よかった。

感謝。

 

*****

金曜日、こちらのライブへ行きました。

 

Electromantique vol.4 SWEET CHIPS

 http://shinsekai9.jp/2014/12/26/electromantique4/

 http://blog.goo.ne.jp/wonosatoru/e/1b5a8fb9c6c14368d069be73dbef5a97

 

よかった。

良い一年のしめくくりになりました。

 

*****

明和電機ジャーナルが届かないまま、けふから年始にかけて夫の実家へ帰省することになるのが非常に心残りです。

(・・・そういえば昨年もそうでした(笑)。

 

来年もよろしくお願いいたします。

2014-12-22 3Dもでりんぐ

もでりんぐ3Dもでる

明和電機社長が審査員をされるという、こちらのコンテストが気になっています。

 

第2回 3Dモデリングコンテスト

「勝手にご当地キャラ」「キッチン」「メガネデザイン」の3部門

エントリー期間: 2015年1月13日(火)〜3月16日(月)

https://modelabo.itmedia.co.jp/contest/contest_1501/

 

…まったくの素人が応募してもいいのかしら。

 

*****

夫の職場には、すでに3Dプリンターが整備され、使用されているそうです。

 

当方の仕事まわり。

3Dプリンターはまだ見かけないけれど。

夏からの新しいお仕事、3D モデリングが絡んでいます。

3Dプリンター導入も、たぶん時間の問題。

 

ここ数年、3Dに関してはツールがどんどん進化しています。オープンソース技術万歳。

 

で。

3D_CADも、そろそろ上滑りでいいから触れてみたいなー。とずっと思っていて。

 

上記コンテストの主催サイトで紹介されている、フリーソフト:Autodesk123D Design をインストール。さわってみました。

 

シンプルで使いやすいソフトです。

とりあえずざくっと3Dモデリング。

f:id:Fumiba_m:20141222211725p:image

 

初めて使うソフトに四苦八苦するの、きらいではありません。

でも、もすこし基本操作をきちんと学んだほうがよさそうです;

 

******

上記コンテストに応募する「ご当地キャラ」を考えてみました。

 

 キャラ名称:ツクバさん

 特徴:筑波山の、つくば市側から見たときの2TOP感と、下妻市方面から見たときのシュッとした感を生かした、二面性のある造形にする。

 

 ・・・wボツ。ぼつぼつっ.

2014-12-20 この冬も冬至をこえました

12月中旬

12月も中旬です。

明和電機公式サイトのニュースページに、年末〜来年の活動トピックがいくつか出るなどして、とてもうれしかったのでした。

http://www.maywadenki.com/news/

 

第二回タカハソレノイドコンテスト

http://www.takaha.co.jp/solcon/index.html

第一回に続き、社長が審査員長をされます。

お正月・元旦から応募受付がはじまるそう。

MFTでのタカハ機工さんの展示。ソレノイドでつくられたV32エンジンが滑らかに力強く回り。大小のソレノイドがずらっと展示されていて壮観でした。小さいソレノイド、かわいかったな。

今回はどんな作品が集まるのでしょう。動画公開が待ち遠しいです。

 

Shenzhen New MediaArt Festival 2014.12.27 – 2015.1.3

http://www.timeout.com.hk/art/events/70450/the-first-shenzhen-new-media-art-festival.html

年末年始、中国・シンセンにて行われるメディアアートフェスティバルにて展示。わお。

深圳市。香港国際空港からすぐに行けるのですね。

会場となる「The Value Factory(価値の工場)」は、30年前の旧板ガラス工場の建物を利用しているそうです(by ネット検索)。

 

第二回3Dモデリングコンテスト

...ご当地キャラ部門の審査委員

https://modelabo.itmedia.co.jp/contest/contest_1501/

これ、どの部門も楽しそう...。エントリーは3月16日まで。

 

それから、こんな驚きの企画がクラウドファンディング(きびだんご)にかけられています。

社員総出の新年会をリキッドルームで開催したい!「株式会社TASKO」が企画「OKSAT」!

http://kibi-dango.jp/info.php?type=items&id=I0000074

企画全容がうまくのみこめないのですが。目標額が集まったら明和電機来年初ライブとなるのでせうか?!

...大期待。

 

*****

来年がまた楽しみになりましたー。

2014-12-12 エーデルワイスのドローイング

エーデルワイスのドローイング

大処分市。

はいって奥の右側のテーブルひとつに。

社長スケッチもありました。

 

いずれも過去に販売される機会があったもの。

 

ひとつは、WAHHA GO GO の開発イラスト。一枚だけ示されて。他にもあることが告げられて。

 

それから、"EDEL WEISS" のドローイング。

これはまさか目にすることはないと思っていたので、驚きでした。

存在するのは知っていましたが…。

 

想像していたより大判で。そのまま重ねて置かれていて。

 

混雑しているアトリ工だったけれど。

しずかに、ゆっくり。一枚一枚、見ることができました。

 

*****

市川のエーデルワイスの展示は。

思い返すと、ある種、科学博物館のそれのようでした。

 

具象化したモノたちと

 

 物語を成す思想の

 層を成し 重なりをなす思考の

 形跡たちが

 軌跡を示しながら

アクリルの板に封ぜられ。

 

それは

 昇華した

 結晶化した

  世界

 

*****

EDEL WEISS の感情が。

 

剥き出しで示さざるをえなかった

ときもあったのだな

 

EDEL WEISS には

そんな季節もあったのだな

 

それらドローイングは、

素な touch で

おもむくままにうねる線がはしり

ひどく有機的で…

 

****

自分は知らない。

ここからうかがうしかない。

 

時間へ

しばし、ワープし見入っていました…

2014-12-10 大処分市で

いただいてきたもの 1

先日の明和電機大処分市。

0円の箱にあった、ノッカー部品を複数、いただいてしまいました。

 

f:id:Fumiba_m:20141210210229j:image

こちらはピンク色の球が付いた小型のノッカー。

小さなモーターにつながれています。

・・・ということは、こちらで使われたものかもしれません。

 

NHK公式サイトから

天才ビットくん プチマリンカを作ろう

http://www.nhk.or.jp/bitworld/bitland/about/tech/marinka/index.html

 

(この工作は魅力的だけれど、素人にはあちこち無理な気がしますー。

 

f:id:Fumiba_m:20141210210115j:image

こちらは、ノック・イベントでよく見たオレンジ色の球が付いたノッカー。

腕がきいろに塗ってあるのが気になります。

 

ロボブラジルのアコギをたたいていたノッカーでは、と、twitter で言ってくださった方がいて、ひざを打ちました。

なるほど。ロボブラジルさんはブラジルカラーでした。

とても貴重なものを連れてきてしまったのかも;

 

f:id:Fumiba_m:20141206165039j:image

なぜか、同じ箱に、使い込んだドラムのスティックが一本、まぎれこんでいました。

目に入った途端、にぎりしめていました;

 

*****

制服もいろいろなバリエーションがあり、見ているだけでおもしろかったです。

 

あれこれ物色し、やわらかな色でくるみボタンがとてもかわいいこちらを購入。

f:id:Fumiba_m:20141206163902j:image

胸に社名がはいっていないので、職場で普段使いすることができそうです。

2014-12-07 年末に、突然の

大処分市

大掃除の季節です。

 

先日、明和さんが唐突に『大処分市』の開催を twitter で発表されました。

ネットのニュースサイトにもとりあげられていましたね。

http://shinagawa.keizai.biz/headline/2233/

 

開催は、12月6日土曜日。

これは、行けること事態が貴重...。

 

*****

昨日、行ってきました。

 

明和電機アトリ工に大勢が集まりました。

 

値段がつけられているもの。

0円のものも本当にたくさん。

 

 過去のイベントに使われたもの。

 展示に使われたのであろう、青い木材や布類など。

 社長スケッチが納められていたらしい、白いクリアファイル。

 各種制服(実際に着用されていたもの、見本としてつくられた様々なバージョンのものなど)

 製品制作に由来するもの。

 メディアに使われたもの。

 アトリ工で使用されていたのであろう備品。

 謎の玩具たち。

 謎の部品たち。

 謎の(以下省略

 

社長スケッチとドローイングも、これまで販売される機会があったものがありました。

 

*****

社長は、ずっといそがしく立ち働かれ。

・・・ふわふわした風に包まれているような風情でいらっしゃいました。(・・・印象です)

 

*****

モノたちを見ているだけで、楽しく、感慨深い時間でした。

 

 初代パチモクの木魚に、そろそろっ、さわわっ、と触ったり。

 ドローイングを飽かずながめたり。

 来ているお子様にちょっかいを出したり。

 

居られるだけで貴重なアトリ工。できるだけ居座ってやろう、と思っていたのですが(おい

1時間くらいでおなかが痛くなり、リダツ。

 

その際、2点、購入しました。

1点は、とても貴重なものだと思います。(たぶん、後日紹介 

 

0円コーナーでは、特に、廃棄部品等がはいったいくつかの箱の前では、片っ端から手持ちバッグに詰め込みたくなり。

自制するのが大変でした;

 

f:id:Fumiba_m:20141206164420j:image

 連れて帰ったものたち一部。由来の見当がつくものも、つかないものも。これらすべて、0円コーナーから。

 

*****

売上げ、どのくらいあったのかなー(笑)。

 

突然の企画であれだけのモノたちと来場者をさばくのは大変だったことでしょう。 

関係者のみなさま、おつかれさまでした。

 

*****

改めて、並べられた品々や雰囲気を思い出し。

 

合わせて、社長が引かれた線...の位置や曲率や強弱など…について思いを馳せて。

 

*****

 明和関係アーカイブ好きとして。

 現在〜これからの活動をみーはーに応援するファンとして。

 

当方は当分、線をひけそうにないかも、です。