Hatena::ブログ(Diary)

クルクルの冒険

2016-04-29 よいものを観ると

よいものを観ると頭がぷすぷすします

ヨシタケシンスケさんの新刊絵本「このあと どうしちゃおう」を購入しました。

このあと どうしちゃおう

このあと どうしちゃおう

 

きれいな空色…。

おじいちゃんが、とてもかわいい。

 

この絵本のテーマは『死』について、です。

 

当方、50歳を超えたのですが。

つまり孫がいていい年齢です。

 

(子供がいないので、残念ながら誰かのおばあさんになれませんが)

 

当方のアカウント名:Fumibaの”ba”は、おばさんの”ば”でした。

これからは、おばあさんの”ば”。という意味合いが濃くなっていくのだと思います。

孫、という存在へのあこがれを強めて…

 

(絵本の内容にはほとんど関係ありません;)

 

*****

平成24年に宇都宮エスペール賞http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/bunka/012311.html

を受賞されたクワクボリョウタさん。

今年度までに、宇都宮美術館で個展を開かれるはず…。

 

と待ちかねていた個展情報が、宇都宮美術館のサイトで発表されています。

 

宇都宮美術館年間スケジュールページ:

http://u-moa.jp/exhibition/schedule.html

 

7月31日から9月4日まで。

どのような展示になるのでしょう。

楽 し み で す 。

 

*****

社長のツイートで知り、最終日の今日、行くことができました。

 

篠田守男先生の個展。

フライヤーPDF: http://www.morioshinoda.jp/img/info/i160408/morioshinoda_160408.pdf

 

素晴らしい新作がたくさん。

ボキャブラリーが足りなくて恥ずかしいけれど、超絶素敵、かっこいい!

好き!(おい

 

感動のあまり、会場を出てから数時間、頭周りがぷすぷすし続けました。

2016-04-25 生態系セイタイケイ

動いている庭

現在の勤務先では、専門的に生物や生態系を研究している人たちと仕事をしています。

当方は、まったくの門外漢。触れる世界のひとつひとつがとても新鮮。

 

幼少のころから生きもの好きだったので、ミーハー的に心うきうきする職場です。

 

今年の恵比寿映像祭のテーマになっていて知った、ジル・クレマン「動いている庭」。

 

「動いている庭」という言葉を見て知ってすぐ、心ひかれました。概念をぼうっと思い浮かべ、あこがれました。

 

 植物と植物をめぐる環境と。

 自然状態としての植生。対して人工的な管理。

 そのバランスのなか、いきいきと動いていく庭。

 生態系の営みのなかで。

 

本を入手して読みました。

「動いている庭」 ジル・クレマン みすず書房

動いている庭

動いている庭

 

小難しい概念解説のテキストが並んでいる内容なのではないかと思っていましたが(著者がフランス人だから?)。そうではなく。

「動いている庭」の実践方法、実例が豊富に紹介されていて。

素晴らしいガーデンの写真が数多く掲載されていました。

 

「動いている庭」の豊かさへのあこがれが、きらきら具体的に広がっていく読後感。

 

*****

恵比寿映像祭は、アート展示といくつかの映像を観ただけに終わりました。

だから、全容を把握できていません。

http://www.yebizo.com/#contents

http://artscape.jp/exhibition/art-flash-news/2016/10119489_19895.html

 

「動いている庭」のテーマが、その概念に相応しい方法で提示され、深まり、結果、参加者へ伝えられたのかな。

恵比寿のあの界隈スペースが、これを機会に、リアルに「動いている庭」として企画されたらおもしろかったのに。

  

*****

漫然と・・・ここ数か月、「動いている庭」や生態系つながりで、本を読んだり企画展へ行ったり旅を楽しんだり・・・しました。

テーマが漫然とある生活。

 

旅行先だったコスラエの情報:

http://www.visit-micronesia.fm/jp/state/k_top.html

http://blog.pic.or.jp/modules/tourism/fsm/9.htm

 

恵比寿映像祭

http://www.yebizo.com/

 

世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々

http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/16/160116/

 

ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉

http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/160116-0410_galle.html

 

「ヒョウタン美術館」港千尋

ヒョウタン美術館 “The Gourd Museum

ヒョウタン美術館 “The Gourd Museum"

 

生態学入門 梅棹忠雄 編

生態学入門 (講談社学術文庫 78)

生態学入門 (講談社学術文庫 78)

 

あと何かあったかな…。

 

*****

そのしめくくりとして。事業報告ショーのあった金曜日。

時間休をとることができたので、こちらの展示へ伺うことができました。

 

國府理展 オマージュ相対温室 @Gallery A4

http://www.tokyoartbeat.com/event/2016/0DB0

 

明和電機さんのファンになっていなければ。

そして、六甲ミーツアート芸術散歩2013へ行かなければ知らないままであっただろうアーティストのオマージュ展です…。

http://www.rokkosan.com/art2013/

 

雨の降るなか、植物園などに配された作品を鑑賞しながら歩き回ったあのイベント。

思い返すと、自分が体験した中では一番「動く庭」的アートイベントと言っていいような気がします。

 

Gallery A4 での展示は5月9日まで。

 

動画: https://youtu.be/gcOys-TROE8

2016-04-24 事業報告ショー 2016

明和電機事業報告ショー 2016

一昨日の22日、華の金曜日。

明和電機事業報告ショー 2016へ行ってまいりました。

 

http://www.maywadenki.com/news/%e3%80%90%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%91%e6%98%8e%e5%92%8c%e9%9b%bb%e6%a9%9f%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e5%a0%b1%e5%91%8a%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc2016%e3%80%80/

 

*****

どんどんなじみ深くなってきた武蔵小山周辺。

駅前の再開発地の建物取り壊しはほぼ終わったよう。かなり広い区画が白い壁で囲まれていました。

 

*****

オープニングはトクマルシューゴさん他4名編成のバンドによる”Hikageno”。ほんとうにいい曲。

そのあと、パチモク背負った社長が舞台下手に登場。白いトントンクンも同時演奏。明和の自動演奏楽器たちも加わって。

Vector”演奏です。

豪華ですばらしい演奏でした。明和楽器たちと社長をしたがえて演奏するトクマルさん。バンドメンバーの芸と楽器編成も凝っています。

こんなぜいたくな舞台、これから再演されることあるかしら…。

 

*****

そして、待っていました社長プレゼン。2015年度の事業報告Show。

今年は例年に増してスライド数が多かったように思います。

充実した活動の一年だったのだなー。

 

圧倒的な巨大規模(当社比)で行われた上海展の話題に、やはり力がおかれていました。

あのような企画を引き寄せ準備をすすめ実現してしまう社長の実力のすごさをしみじみ感じました。

(その詳細を知るには、明和電機ジャーナル最新号がおすすめでございます)

 

明和電機ジャーナル11 特集:上海の明和電機

https://maywadenki.stores.jp/items/56e7d994ef3377d0dc000cdb

 

なお、明和製品たち。梱包されコンテナに積み終わった段階でとんでもないトラブルが発生したそうです。うう。

詳細は社長ブログを。(*まだ結末が書かれていません*)

 

上海 社長の致命的なミス

http://www.maywadenki.com/blog/2016/04/21/%e4%b8%8a%e6%b5%b7%e3%80%80%e7%a4%be%e9%95%b7%e3%81%ae%e8%87%b4%e5%91%bd%e7%9a%84%e3%81%aa%e3%83%9f%e3%82%b9/

 

ほかにも。

 いくつもの海外イベントがありましたし。

 西武渋谷で社長がプロデュースしたグループ展がありましたし。

 ロボ婚がありました。

 秋田でナンセンスマシーンズ展がありました。

 トノフォンフェス、Engaget Fes、かごしまアートフェスタなどなど。

 先日は、新垣隆さんとのイベントもありました。

 

そんなこんなで社長が感慨深く振り返りながら報告をされていたら。

・・・プレゼンで時間が押したようでした。

 

今年度の企画として紹介されたのは

 

9月のヒゲ博士。ほか香港イベントなど。

 

夏前にベロミンの新しい工作キットが発売されるそうです。期待大。

 

オタマトーンの新製品、《オタマトーンLINK》の発売。これはオタマトーンをインターフェースとして特化し、スマフォアプリからいろいろな操作をさせるものらしいです。

こちらも期待大です!(えーと、肝心のスマフォを持っていませんが((おい。

 

時間が押すなか、トクマルさんとバンドの方たちと社長で、オタマトーン、チワワ笛、ミスターノッキー、工作キットのベロミンをつかった演奏がありました。

たのしー(笑)。

 

恒例のダルマへの目入れ式。今年は電動ドリルの先に筆ペン、でこじんまり(!)と成功。

 

最後のお楽しみ。制服を着てこられたみなさまもステージにあがっての「社歌」です。

回数を重ねるごと、これを拝見する楽しみ、客席でいっせいに踊る喜びが大きくなります。

 

*****

ショー後の電協(ファンクラブ)会員限定イベント。

《指サックス》を手に会長が登壇されました。わーい。

上海展の分厚い限定カタログや、展示に使われた六角ベースのデカサバオなどとても貴重なものがプレゼント大会に出品されました。 わー。お金を払ってでも欲しいです…。

 

・・・抽選はずれた人にもれなくもらえる謎なナマ写真をいただいて帰りました。

f:id:Fumiba_m:20160424140703j:image

夫の分を含め、2枚ゲットですw

 

*****

今年度の活躍も期待しています!

 

*****

(さっそくこの土日、弘前でのイベントに登場されています。)

 

HIROSAKI DESIGN WEEK

オープニングミニライブ / 子供向けワークショップ3回

http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hdw/hdw_sakura2016.html

弘前城。桜がきれいでしょうね。

2016-04-15 いずれのファンも必見

ファンならずとも必見

トクマルシューゴさん待望のオリジナル作品2曲のうち1曲に、明和電機楽器がハックされています。

 

トクマルシューゴさんの新曲 Vektor に明和電機が参加しました。」

http://www.maywadenki.com/news/%e3%80%90cd%e3%80%91%e3%83%88%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b4%e3%80%80vektor%e3%80%80feat-%e6%98%8e%e5%92%8c%e9%9b%bb%e6%a9%9f/

  

一昨日、MVが公開されました。必見必聴です。わー。

D

 

昨年のトノフォンフェスティバル。

本当に幸せな時間でした。

 

トクマルシューゴさんの新作:両A面シングル+DVD「Hikageno / Vektor feat.明和電機」(PCD-18811/2)は4月20日の発売です。

 

*****

上海展は無事、展示期間を終えたそう。

最終日にもライブが行われ、大盛況だったようです。

 

明和製品たちは、社長や工員さんたちによって箱に詰められ、日本へ向けて発送されたそう。 (*これは当方の早とちりでした;後日追記*)

 

初日のライブの様子がわかる動画を見つけました。貴重です。

D

2016-04-07 久しぶりに社長ブログ更新

久しぶりに社長ブログ更新

久しぶりに、社長がブログ記事を書かれました!

前の記事が2013年5月ですから、約3年ぶりの記事ということになります。

 

社長、ステージから落下

http://www.maywadenki.com/blog/2016/04/06/%e7%a4%be%e9%95%b7%e3%80%81%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%81%8b%e3%82%89%e8%90%bd%e4%b8%8b/

 

…あの、社長。

周囲の心の平安のためにも、お気を付けくださいまし;

 

物質は不確定ですが。不確定だそうですが。

それとはまったく別のレベルで、社長の行動が、一般観測者から見て不確定なのでございます。

 

*****

ブログ記事にもありますが、今月22日金曜日、明和電機事業報告ショーです。

(新年度早々だけれど、時間休を申請しなくちゃです。

http://www.maywadenki.com/news/%e3%80%90%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%91%e6%98%8e%e5%92%8c%e9%9b%bb%e6%a9%9f%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e5%a0%b1%e5%91%8a%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc2016%e3%80%80/

https://ty.funity.jp/ticket/show/page?clientid=yoshimoto&show=103744&sno=2&skb=1&showno=1