カレンダーの裏の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード

いろいろ言いたいこと
  1. うちが、検索ノイズだ、って思ったんなら、
    -fuyuzaki -ふゆざき -冬崎
    ってのを追加して、再検索すればいいと思うのですよ?
  2. 2019年元日から、その2にて、ぐだぐだ更新中こっち(ダイアリー)の方が良かったんだけどなぁ……
  3. m2ShotTrigGers第四弾。ケツイdeathtiny〜絆地獄たち〜2018年11月29日。配信開始。
  4. とりあえず、やれることを無理しない程度にやっていこうよ。簡単には終わらないんだから。水どうのディレクター陣だって、そう言ってるんだしね。
  5. はてなポイントでの義援金窓口。
  6. 音速の低さには、定評のあるblogなので、長ーい目で見ていただけると、これ幸い。
  7. 現在、検索弄りは、不定期更新となっております。(´・ω・`)
    なお、区切り範囲は、土曜日の第一更新→翌週土曜日の第一更新、となっております。
  8. 一見さんは、まぁ、取り敢えず、時空のスキマに落ちた『注意書き』↑でも、読んでくださいな。
    あと、blogへのコメントには、応答カテゴリーの見出しでも回答するようにしてます。のでご理解ください。
  9. 2Xフォレット・低レベル60億突破に関しては、こちらから。
    パターンは動画を見れば判るけど、そのパターンに至った理由ってのを知っとくと、他のゲームへの応用が出来るんじゃね? って思うからさ。
  10. 参考にできるかもしれない動画集(ニコ動向け)。参考にできるかもしれない動画集(youtube向け)
カレンダー
日記の検索

1999-10-31(日) 賢者とそれ未満を別つ境界線は、最後の境界だと思う

ラスクの魔導昇格物語。……簡単に終わる予定だったのに。気がついたら、8週間44話ですってよ。奥さん。

[][]『最後の境界を目指して』のおさらい。

取り敢えず、始めたんでね。書いておかないと。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Fuyuzaki/19991031

1999-10-30(土) 『最後の境界を目指して』#1・『rank up eve』

再掲日・2009年03月20日。

初出日

#01・「rank up eve #1」

2006年9月18日。初出時タイトル「タイトル決まってねー!?」

#02・「rank up eve #2」

2006年9月19日。初出時タイトル「一言言って良いかな。」

[][][]#01・『rank up eve』#1

いやいや、まじな話で。どないすべ?

って、パートタイトルの方は決まってきてるんだけどね。

続きを読む

[][][]#02・『rank up eve』#2

皆、現金すぎ(笑)。

開始予定日書いたら、pvの廻りが鈍るとか、予定日になったら、恐ろしい勢いでpvが廻るとか。

……でもさ、そんな現金さ、俺は嫌いじゃないっすよ。

俺の書いてる話を気に入ってくれてるから、pvがそう言う動き方するんだろうしね。

物書き冥利に尽きるさね。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Fuyuzaki/19991030

1999-10-29(金) 『最後の境界を目指して』#2・『Hop step JUMP!』

再掲日・2009年03月20日。

初出日

#03・「『Hop step JUMP!』#1」

2006年9月20日。初出時タイトル「こうやって連載(でいいのかな?)してるとさ……」

#04・「『Hop step JUMP!』#2」

2006年9月21日。初出時タイトル「考えてみれば、今回も大会前日とか、そんな感じだなぅ。」

#05・「『Hop step JUMP!』#3」

2006年9月22日。初出時タイトル「次の昇格での季節は、いつ頃になるんだろうねぇ。」

#06・「『Hop step JUMP!』#4」

2006年9月25日。初出時タイトル「今週は、ストックが続くから良いとしても……」

#07・「『Hop step JUMP!』#5」

2006年9月26日。初出時タイトル「どうにか、見えてきた感じかなぁ。」

#08・「『Hop step JUMP!』#6」

2006年9月27日。初出時タイトル「いい加減、書くことに集中しないとマズくなってきたぞ。」

#09・「『Hop step JUMP!』#7」

2006年9月28日。初出時タイトル「マウスやら、テレビやら……もぅ。orz」

#10・「『Hop step JUMP!』#8」

2006年9月29日。初出時タイトル「こっちが魔導に昇格した頃に……」

[][][]#03・『Hop step JUMP!』#1

掴みと、ダベリをどうしようかって、本気で悩むわけよ。

この見出しを書く上で一番時間かかってるのって、(原稿を書くことは言うに及ばずだが、)この掴みとダベリだったりする(苦笑)。

続きを読む

[][][]#04・『Hop step JUMP!』#2

なんというかさ……ラスクの昇格って、大会近辺が多いよね。

って、中の人の都合というか、まぁ、あれだ。そう言うことなわけよ。(意味不通)

続きを読む

[][][]#05・『Hop step JUMP!』#3

一応、魔導2にはなってるけど……こっから次までにどれだけかかるか。

メルの方は、倍々ゲームというより、1.5で済みそうな気配なんだけど、ティルの方が、倍々ゲームになりそうな気配……orz

続きを読む

[][][]#06・『Hop step JUMP!』#4

来週以降がヤバイのは、昨日も書いたとおり。

困ったことにさ、話、というか、イメージが集束してくれないのよ。集束しそうになってくると、展開に疵が見えるとか、その疵をなんとかしようとすると、分岐・発散するとか……orz

スランプなんやろか……

続きを読む

[][][]#07・『Hop step JUMP!』#5

吹き飛ばされた挙げ句に、強制回収。なんだか、踏んだり蹴ったりな火曜日を迎えてるふゆざきです。

おはこんばんちわ。

って、ここですんな、って言われそうだけど、やっとかんと落ち着かんのよ(苦笑)。

さてさて、話題を翻して。

見出しタイトルの方だけど、ストックを消化しちまった後の話でね。

或る程度の書きためが在るから、それと、話の流れが気持ち悪くならないように繋ぐ、って、まぁ褒められた形じゃないんだけどさ。その、繋ぐための方針というか、航路が見えてきた感じ。

ただ、ここでも構成力の無さが響いててさ……分量が、安定しないのよね。(苦笑)

構成力の神様、降臨プリーズ!(切実)

続きを読む

[][][]#08・『Hop step JUMP!』#6

ストックが、とうとう(今日公開する分も含めて)残り3話。繋がってくれれば、一気にストックが増えてくれると思うんだけど……自転車操業かけるしかなくなる可能性もあるからなぁ。

それだけは、回避しないと。

続きを読む

[][][]#09・『Hop step JUMP!』#7

マウスは、ホイールの回転検知が、というか、ホイール自体が軽くなりすぎて、妙な回転信号を吐くようになってるし、親が見てるテレビは、青の発色がおちてる*1……どころか、酷いと緑まで落ちる有り様*2

まぁ、テレビは、俺がゲーム用につかってるのが、今休止状態だから、それで繋ぐって手もあるんだけどさ。何も、この時期に、逝かれてこなくてもいいやんね、ってだけの話。

まぁ、いつものように、どうでもいい話なわけですわ。

続きを読む

[][][]#10・『Hop step JUMP!』#8

がっついたり、ゆるゆるやったりで、リアルタイムの方は、気がつけば、二人とも魔導1。

今のペースで行けば、秋の最中には、到達できる……はず。

って事は、なんだ? ぁ、冬だけは無いか。春、夏、夏、秋、って形になるから。

続きを読む

*1:たまに、ゲーセンで見かけん? やたら、黄色い画面のゲーム。その状況なのよ、今

*2:昨夜、そこまで症状が悪化したが、28日16時現在、緑も発色できている

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Fuyuzaki/19991029

1999-10-28(木) 『最後の境界を目指して』#3・『She learnt he had caught up』

再掲日・2009年03月20日。

初出日

#11・「『She learnt he had caught up』#1」

2006年10月 2日。初出時タイトル「二日三日、ゲーセンに行ってないとね……」

#12・「『She learnt he had caught up』#2」

2006年10月 3日。初出時タイトル「下にいたって強くはなれない。強くなりたきゃ……這い上がる。」

#13・「『She learnt he had caught up』#3」

2006年10月 4日。初出時タイトル「なーんにも思いつかねーや。」

#14・「『She learnt he had caught up』#4」

2006年10月 5日。初出時タイトル「手元の作業番号が、#9……」

#15・「『She learnt he had caught up』#5」

2006年10月 6日。初出時タイトル「いつになったら、書きたいシーンに到達できるのか……」

#16・「『She learnt he had caught up』#6」

2006年10月 9日。初出時タイトル「こっちじゃ、花持たせて貰ってるのが、タイガ兄ちゃん。」

#17・「『She learnt he had caught up』#7」

2006年10月10日。初出時タイトル「ちょっと急いでるんで、簡易更新で勘弁してくだせい。」

[][][]#11・『She learnt he had caught up』#1

と言うか、表に出てる時間が短いとね、ネタが涸れてくるのよ……困ったことに。orz

昨日も、飛び回れる状況じゃなかったからさ……ふぅ……

ぁ、そう言えば、セガワの設置状況、そろそろ確認に行くか。一段落が見えてきた頃合いだしね。

続きを読む

[][][]#12・『She learnt he had caught up』#2

ふぅ。それしかないんだよな。ティルの指数とか、メルのスポーツの総合*1とか……改善したいモノは山ほど有るんだけどねぇ。

続きを読む

[][][]#13・『She learnt he had caught up』#3

というよりは、考えることを放棄しつつある昨今……

状況的には、良くないような気がするですよ。はい。

続きを読む

[][][]#14・『She learnt he had caught up』#4

今まで書いたサブパートの中で、一番長いのって、8ぐらいかなぁ、と思っていたら、

『境界線』での『幕間#3・私が一番聞きたい話』で9分割……

困ったことに、今のパートで書いてしまいたいシーンに未だ到達せず……

最多分割確定っぽい。今のパート。構成力の神様、降臨プリーズ!(切実)

続きを読む

[][][]#15・『She learnt he had caught up』#5

考えてみたら、ラスクカードがAクラス*2でゲットしたメダルが、2連続でフラワーってのは……どんな因果なのやら。

あ゛ーもー、早く、あのシーン書きたいのに! どんなリアクションするのか、考えたいのに!

話が巧く動いてくれない! コンチクショウ!

続きを読む

[][][]#16・『She learnt he had caught up』#6

拍手コメントへのレスでも書いたけど、小咄と戯言での待遇に、一番落差があるの、タイガ兄ちゃんのような気がしてきた。小咄では、ボケ役。戯言では、おいしいとこ取りって感じで。

でもさ、タイガ兄ちゃんって、細かい気配りできそうな気がしない?

カイルとは違う方向性の。そうさねぇ。カイルのは、隠し通すことができない不器用な気配りで、タイガ兄ちゃんのは、言われないと気がつかないスマートな気配りって感じ。

続きを読む

[][][]#17・『She learnt he had caught up』#7

特売ってさ、バトルロイヤルじゃん。特に、食料品関係は。

で、巧くすれば、明日から3日間、またそういう期間に突入しそうでね。

……決めてくれれば言うこと無しなんだけど。

続きを読む

*1:昨夜も、0.1ポイント落として、現在59.85%…… orz

*2:ユニは、現在Bクラス扱いなので、数に含めない

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Fuyuzaki/19991028

1999-10-27(水) 『最後の境界を目指して』#4・『Yuri learnt Lask had caught up』

再掲日・2009年03月20日。

初出日

#18・「『Yuri learnt Lask had caught up』#1」

2006年10月11日。初出時タイトル「しまった、ストックが無くなってきてる……」

#19・「『Yuri learnt Lask had caught up』#2」

2006年10月12日。初出時タイトル「こっちよりも、こっちの方が……妥当だろうけど(謎)」

#20・「『Yuri learnt Lask had caught up』#3」

2006年10月13日。初出時タイトル「迷っている閑があったら、とっとと動くのが無難なときもあるさね。」

#21・「『Yuri learnt Lask had caught up』#4」

2006年10月16日。初出時タイトル「QMAをする前に、原稿ストックを増やせ、と言う声が聞こえてきそうな……」

#22・「『Yuri learnt Lask had caught up』#5」

2006年10月17日。初出時タイトル「タイトル、ようやく決まった感じ。」*1

#23・「『Yuri learnt Lask had caught up』#6」

2006年10月18日。初出時タイトル「明日までは、今のパートタイトルでも良いだろうなぁ、とは思ってるけど。」

#24・「『Yuri learnt Lask had caught up』#7」

2006年10月19日。初出時タイトル「明日からの状況がまったく見えなくなってしまってる。」

[][][]#18・『Yuri learnt Lask had caught up』#1

ったくさー……そうでなくても、期は切り替わっているってのに、天気までそっぽ向いてさ……

どのみち、パリーグのプレーオフの動向は気にしない方が良いだろうって決めたけどさ……閑なのよ。早い話。

え? ストックが減ってるんだから、書いてろ?

……それも、真理よねぇ。

できれば、今週は(過去五戦分の表とかをリセットするぐらいの勢いで)回数こなしておきたかったんだけどなぁ……予想以上に消耗して、それどころじゃなくなってやんの。orz

この一戦当たりの消耗をなんとかする方が先決か。

続きを読む

[][][]#19・『Yuri learnt Lask had caught up』#2

代名詞だけだと、さっぱりワケ判りませんな。いや、それをわかっててやってるんだけどさ。(マテ

続きを読む

[][][]#20・『Yuri learnt Lask had caught up』#3

今日は、15時前後には家に居なきゃいけないし、それまでに済ませておくべき事もいろいろあるから、それの決着をつけないと、自由に動けなくなる状況に陥るというのに。まぁ、ここは敢えて、「それらの決着」がつくまでは動かずに、一通りカタが付いてからゆっくりと、って選択肢もあるんだけどさ……

それだと、込んでそうなんだよね。

続きを読む

[][][]#21・『Yuri learnt Lask had caught up』#4

今日この頃。実に、タイトロープな状況に突入しつつあります。

というか、『境界線』を書き始めた頃の状況とも言う。orz進歩してねーのかよ……

続きを読む

[][][]#22・『Yuri learnt Lask had caught up』#5

最初が、『境界線』。次が、『境界越しの約束』。と、「境界」絡みで来たんだから、「この際だ、最後の二編*2も『境界』絡みにしてやれ」と思って、

今やっているのを『最後の境界を目指して』。で、今の2と3の折衷舞台での最後の昇格物語を『越境』と。これで行く。最後まで。

続きを読む

[][][]#23・『Yuri learnt Lask had caught up』#6

既に過ぎた時期の話を書いているって言うのに、書いてる側にとっては一寸先が闇であることに代わりはないという。暗中模索・五里霧中な今日この頃。

ユリの時とは違って、ラスクの話ではねぇ……こういう状況に突入することが多いのよ(汗)。

続きを読む

[][][]#24・『Yuri learnt Lask had caught up』#7

昨日は、ケルの洗礼を喰らってきたところだけど……

その時間、書くことに当てていたら、今週いっぱいのストックできていたのではなかろうか、とちょっと後悔(苦笑)。でもねぇ。昨日は、落ち着き無くしてたのよ。なんか知らないけど。さ。

新月期が間近になってくると、こういう反応が出るって事なんかねぇ……

続きを読む

*1:この日まで、仮題程度にしか決めていなかった。

*2:今やっているのも含めて、二編という意味

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Fuyuzaki/19991027

1999-10-26(火) 『最後の境界を目指して』#5・『Report from Lask to Taiga』

再掲日・2009年03月20日。

初出日

#25・「『Report from Lask to Taiga』#1」

2006年10月20日。初出時タイトル「いざ、書き出す段になっているというのに……」

#26・「『Report from Lask to Taiga』#2」

2006年10月23日。初出時タイトル「しかし、異様に長丁場になってるな……」

#27・「『Report from Lask to Taiga』#3」

2006年10月24日。初出時タイトル「今日は……8時頃まで家に居ない方が良さげ。」

#28・「『Report from Lask to Taiga』#4」

2006年10月25日。初出時タイトル「一体どうしたら良いんだろう…… orz」

#29・「『Report from Lask to Taiga』#5」

2006年10月26日。初出時タイトル「今日も行くつもりだけどさ……」

#30・「『Report from Lask to Taiga』#6」

2006年10月27日。初出時タイトル「そう言えば、今日からふた虫様だっけか?」

[][][]#25・『Report from Lask to Taiga』#1

往生際の悪いことに、まだ悩んでる。

まぁ、書庫にするときに、取り扱いをどうするか決めればいいって話もあるにはあるんだけどさ。

実際、そうする方が良いだろう分量になりつつあるし。

今日で、25日目だからね…… 早いもんだ。って5週間も、休み無しで書いてるのか?

新記録じゃね?(ダマレ

続きを読む

[][][]#26・『Report from Lask to Taiga』#2

毎度のように、午前中の第一更新はやっつけ仕事。(ひでー

続きを読む

[][][]#27・『Report from Lask to Taiga』#3

なんつうかさ、後書きを考えるのに必死すぎて、こっちを考えるのが疎かになってるのな(汗)。

それはそれで、ふゆざきくおりてぃ。……って、良くないだろ、それ(汗)。

続きを読む

[][][]#28・『Report from Lask to Taiga』#4

勝って欲しくて、家を空けてても、戻ってきたら……(´・ω・)

そこへ持ってきて……ランキングまで……

感情的には、グダグダです。

続きを読む

[][][]#29・『Report from Lask to Taiga』#5

なんのかんので、きっちり当日には上げられる分量を準備しているあたりが……また、なんとも。

って言ったところでさ、自転車操業・綱渡りって状況に変化はないわけよ。

……(。´・ω・。)

続きを読む

[][][]#30・『Report from Lask to Taiga』#6

稼働状況を横目にしながら、QMAりますかね……今日も。

とは言うもののさ、スパートかける人達が多そうで、空いてる場所が少なそうなんだよなぁ。

金曜日ってさ。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Fuyuzaki/19991026

1999-10-25(月) 『最後の境界を目指して』#6・『Lask the ADEPT』

再掲日・2009年03月20日。

初出日

#31・「『Lask the ADEPT』#1」

2006年10月30日。初出時タイトル「最後のパートにするつもりなんだけど……」

#32・「『Lask the ADEPT』#2」

2006年10月31日。初出時タイトル「何を描いて、何を端折るか……」

#33・「『Lask the ADEPT』#3」

2006年11月 1日。初出時タイトル「右脳の働きが活発なのか……」

#34・「『Lask the ADEPT』#4」

2006年11月 2日。初出時タイトル「昨日の今日で、精神的には、ちょっとグダグダ。」

#35・「『Lask the ADEPT』#5」

2006年11月 3日。初出時タイトル「だぁ〜……また増えた……」

#36・「『Lask the ADEPT』#6」

2006年11月 6日。初出時タイトル「マウスのホイールが中途半端に廻るようになったんで……」

[][][]#31・『Lask the ADEPT』#1

本当に最後のパートになってくれるかどうかは、筆の滑り具合。(マテ

とっとと、次、つまり、最後の昇格話を始めてほしい人もいるだろうから、いい加減終わらせるべきなんだろうけどね。

……因みに、今日が、#31って事になってます。(うわぁ

続きを読む

[][][]#32・『Lask the ADEPT』#2

物書きのテクニックの一つに、「行間を読ませる」ってのもあるわけだけどさ……それって、或る程度、書き手と読み手の世界認識が共有できているときにこそ成立するモノなんだよね。それができているのか、いないのか、自信がないときってさ……ついつい余計なこと、書いちゃうよねぇ。

続きを読む

[][][]#33・『Lask the ADEPT』#3

うさうさ脳によると、俺は「さう脳」らしいんだけど、去年のテスト・ザ・ネイションでは、左・左になったんだよな。左利きなのに、左・左ってのも、みょうちくりんな話ではあるんだけどさ(笑)。

まぁ、何が言いたいかって言うと、おいらの場合、最終的なアウトプットや途中の処理で、右脳を使っているから、原稿が消失した場合、ニュアンスは維持できていても、ディテールまで再現することが出来ないって事。ディテールが違ってくると、カオス理論で言われている、バタフライエフェクトに近いズレが流れの中に産まれて来ちゃうから、それまでの一切を破棄して、改めて書き直さなきゃならない状況に陥ることも少なくないわけでね……

続きを読む

[][][]#34・『Lask the ADEPT』#4

……おもたいわぁ。昨日の「トーナメント抹殺・保護例外発生」事件は。

まだ、抜けてねえもの。ようやくさ、C堕ちの危機から脱出できるかってところだったのに……

しかしさ、俺、妙にトラブルに遭遇してね?

プレイ回数たったの400回超でさ、2回も、プレイに支障を来すようなトラブルに遭遇って……

遭遇率0.5%前後って…… orz こんなところで運使いたくねーよ。

ん? 本当に、QMAだけで、そんなにダメージ受けてるのか?

……そんなの、聞くまでもねーじゃん!(号泣)*1

続きを読む

[][][]#35・『Lask the ADEPT』#5

昨日の『ダベリ』を読んだ人に。まず、真っ先に。

明日はやりません。って、最後まで読んでいけば判ることなんだけどさ。

最後の最後で、蛇足かも知れねぇやりとりが(苦笑)。

続きを読む

[][][]#36・『Lask the ADEPT』#6

無駄にイベントが飛んだり、イベントが届かなかったり…… orz

いい加減、マウスを買い換えること考える方が良いのかもしれん……

こういう部分は、マイクロソフトの方が、しっかりモノを作っていたと言うことか……

ドライバの造りも、甘いところがあったし…… orz

たかだか一年のために4000円は出せんよ……

続きを読む

*1:ロックショットなレコ姫とか、ドラゴンライダーなパルムきゅんとか、パルムきゅんとか、パルムきゅんとか(黙れ)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Fuyuzaki/19991025

1999-10-24(日) 『最後の境界を目指して』#6・『Lask the ADEPT』

再掲日・2009年03月20日。

初出日

#37・「『Lask the ADEPT』#7」

2006年11月 7日。初出時タイトル「……俺が買ったときより、25%は値上がりしとる。」

#38・「『Lask the ADEPT』#8」

2006年11月 8日。初出時タイトル「満月期なんだから……」

#39・「『Lask the ADEPT』#9」

2006年11月 9日。初出時タイトル「案ずるよりも産むが易しって言うけどねぇ。」

#40・「『Lask the ADEPT』#10」

2006年11月10日。初出時タイトル「appendix postscriptな感じになってきてるなぁ。」

#41・「『Lask the ADEPT』#11」

2006年11月11日。初出時タイトル「最終週お約束の週末跨ぎ。」

#42・「『Lask the ADEPT』#12」

2006年11月12日。初出時タイトル「週末跨ぎを良いことに……」

[][][]#37・『Lask the ADEPT』#7

ってのは、ケツイの基板価格。条件は、俺が買ったときと同じ、全純で。

とうとう80k(税抜き)ですか……数が減ってるんだろうなぁ。それだけ。

個人所有は、がっつり掴んで離さないから。

続きを読む

[][][]#38・『Lask the ADEPT』#8

昨日の月齢を調べてみたら、満月期に入ってて調子が悪い時期は抜けているはずだったんだけど……時間帯が噛み合っていなかった可能性が実は高かったり。orz

昨夜も、8クレ234222問*1中18問しか思い出せてないから、調子も微妙なところさね。いや、一応、3問思い出したのはあって、それは調べてないってのはあるけどさ。ん? そりゃ、この222問の中には、思い出す必要もないって問題とか、複数回遭遇とかも含まれてるけどさ。それにしたところで微妙な感じ。

ガルーダ2も、昨夜は3492*2って、台パンしたくなるような終わり方してたし…… orz

いい加減、どっかで絶死稼ぎ導入する必要有るんかなぁ……

続きを読む

[][][]#39・『Lask the ADEPT』#9

そう言えば、初めてのキングリーグ参戦の小咄、書いておきたいところなんだけど……

人による差違、特に、ランダム5の取り扱いに関してさ、言及しようと思うと、断りを入れなきゃなんない人が居るんだけど……敷居が高いよ。どうしよう……

後の二枚、賢者にする予定なんて毛頭無いし。あ゛ー、でも、タイガ兄ちゃんの方は、上級ぐらいまでは上げる方が良いかもしんない。


続きを読む

[][][]#40・『Lask the ADEPT』#10

別名・蛇足。(マテ

いや、まぁ、なんだ。忘れてる人もいるんじゃないかなぁ、とか思ってさ。改めてね。


続きを読む

[][][]#41・『Lask the ADEPT』#11

ようやく最後の部分への繋がりが見えてきたところなんだけどさ……

なんというか、ダラダラ書いていた記憶ないのにねぇ……


続きを読む

[][][]#42・『Lask the ADEPT』#12

〆切更新で、戯言すら書いていくってのは……ある意味反則。


続きを読む

*1:6×2×8+6×2+6×2×3+6×3×1+(6×3+3×4)×2=222

*2:因みに、スコアでのエクステンドは、1500と3500。気分的には、ゴール直前のタイムアップ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Fuyuzaki/19991024

1999-10-23(土) 『最後の境界を目指して』#7・『Appendix PostScript』

再掲日・2009年03月20日。

初出日

#43・「Appendix PostScript #1」

2006年11月13日。初出時タイトル「やっぱり増えた、最後のブロック……」

#44・「Appendix PostScript #2」

2006年11月14日。初出時タイトル「本日を以て、全44回。一巻の終わりにございます。」

[][][]#43・『Appendix PostScript』#1

「丼米 ムッシロ予想通りだ」とか言われそうだ(汗)。ってのは、さ。

最後の最後で、ブロック切り替えになったこと。でもね、こいつが最後になることは、変更されないから。


続きを読む

[][][]#44・『Appendix PostScript』#2

ま、パートタイトルが、『Appendix Postscript』になった時点で、「ようやく、終わるな」と思った人も多いとは思うけどね。


続きを読む

[][]適当に、振り返ってみるかぁ……9/18以降のことでも。

なんだけど、どうでもいい人も多いだろうから、折ってしまえと。


続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Fuyuzaki/19991023
0000/00/01/
0001/01/02/03/
1999/09/10/11/12/
2000/01/02/
2005/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2006/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2007/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2008/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2009/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2010/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2011/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2012/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2013/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2014/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2015/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2016/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2017/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
2018/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12/
いろいろ言いたいこと#2
  1. XBox360用プラチナコレクション「デススマイルズ」。『メガブラックレーベル』も収録で、3990円(3800円+5%)とお手頃価格。
    『ふゆざき的推奨ルートと、その雑な解説』(湖畔2→火山3→森林1→墓場3→港町3→沼地2→古城)↑とりあえずまとめてみた。一応、00年2月6日にも、同じようなネタを突っ込んでみた。「デススマイルズって何?」な人は、ここからリンクを辿るよろし。
  2. XBox360用プラチナコレクション「虫姫さまふたりVer1.5」。定価2940円(2800円+5%)とお求めやすくなって、発売中。「『虫姫さまふたり』って何?」とか、「ふた虫様って何?」な人には、アーケード版サイトへのリンクを。公式サイトが立ったんで、リンク先を換えてみたけど……ぱっと見、ほとんど同じだったりするんだぜ(汗)。
    ちなみに『虫姫さまふたりブラックレーベル』も、追加DLCとして1200MSPにて配信中。
  3. cave・XBox360ソフト第三弾もプラチナコレクションに収録。エスプガルーダ2ブラックレーベル2940円(2800円+5%)にて発売中。
  4. 「再錬成」されてプラチナコレクションに収録。
    『デススマイルズIIX』2940円(2800円+5%)発売中。
    2Xモードのフォレットで、低レベル進行でごちゃごちゃやってみた動画集
  5. XBox360用caveソフト・第5弾。ついでに、プラコレ収録も、第5弾。XBox360用ソフト「怒首領蜂大復活Ver1.5」プラコレ版は2940円(2800円+5%)にてXBox360用ソフト取扱店にて(多分)販売中。大復活ブラックレーベルは、DLCと独立パッケージの二正面作戦を展開。
  6. PS2に移植された「虫姫さま」が、HD対応で帰ってきた。虫姫さまHD
  7. XBox360版「怒首領蜂最大往生」無事発売。価格は、7140円(6800円+5%)
  8. XBox360版から3年3ヶ月、アーケード稼働10周年となる2013年。
    PS3にも、奴らが来た。『ケツイ〜絆地獄たちEXTRA』初回限定版には、スーパープレイBD同梱。
    360版も6800円+消費税にて発売中。興味が湧いた方には、電撃のPS3版の特集記事などをば。こっちの記事は、360版にも使えると思うのですよ?パッケージ版が見つからない?PS3用なら、Playstation Storeで買えば良いのです。
  9. 「DS エラー 84020」などで引っかけてくるWi-Fiコレクション初心者の方は、NintendoWi-Fi WiKi↑のトップに、きっちり書いてあるから5回は音読すること。ニンテンドーWi-Fiコネクション↑にも、情報出てるね。
  10. ついったーでのぼやき場まぁ、あんま変わらず差し障りの無いことをぼやいてますよ?
自分メモ
  1. CH7410-2032LFを5つとCR2032を5つか、ラグ付き2032を5つ(最低)。
  2. レバーとレバーボールと、ボタン。