Sharp Eyes

2012-01-13 今年もよろしくお願いします

f:id:GUN-SLGST:20120114032747j:image

こんなんコンビニで見たらそりゃ即レジにもってくわー。

映画はさすがに円盤待ちの予定。

[]


f:id:GUN-SLGST:20120114032746j:image


ラノベ烙印の紋章 X 竜の雌伏を風は嘆いて (杉原智則

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1201.php#new5

オルバが国を割ったことで周辺各地では色々と動きが見え始めるも、今回はどちらかというと策謀や陰謀編。

シークの存在という大きな穴は姫様とパーシルとで埋める格好になるも、やはり色々と足りない。これ以上は正体バレないとねー。


ラノベ乃木坂春香の秘密 (15) (五十嵐雄策

http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1201.php#new2

完結。

いつもよりページも少なく、展開も予想通りで、終わらせようと思ったらこんな薄く終わらせられたんかという想いしかなく。

電撃の引き伸ばしによる最も悪い例としていろいろと指針になるんじゃないかなーこれ。

後日談やらなんやらでもう1冊あるみたいだけど、さすがにスルーかね。


f:id:GUN-SLGST:20120114032745j:image


(マンガ)とめはねっ! 鈴里高校書道部 9 (河合克敏

http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_dtl?isbn=9784091515339

今後の部活動のあり方についての話。帯ギュでもあったなあこれ。

こういうのをキチっと描いてくれるからこの人の漫画は面白い。地味だけどw


(マンガ)碧海のAiON 9 (影崎由那

http://www.kadokawa.co.jp/comic/bk_detail.php?pcd=201105000169

微妙に寄り道感があるのは津波展開ができなくなった影響なんかな。

[]2012年1月発売 購入検討エロゲチェック(リンク先18禁


<1/27>


ティンクル☆くるせいだーす -Passion Star Stream (Lillian)

http://www.lillian.jp/

てんこ盛りファンディスク。購入確定。

正直サントラだけでも買いw

今さらだけど、プリンセスうぃっちぃずのキャラも出てくんのね。


●BUNNYBLACK2 (ソフトハウスキャラ

http://shchara.co.jp/

最近不振の続くソフトハウスキャラだけど、一応購入確定。

しかしキャラ初の続編がまさかBUNNYBLACKとは…*1

とりあえずインターフェース改善されてることに期待。


●ふたあね・Hs 若葉とあやめのLOVEエロ物語 (bootUP!)

http://www.bootup.jp/

ふたあねサブキャラ中心ファンディスク

中の人変わったりしてて、買うかどうか悩み中。



今月は以上。

なんかこれ以外も続編やファンディスクが多い印象。

[]Sharp Eyes的2011年エロゲベスト5


昨年の総購入本数は23本。なんと一昨年の半分以下。

一昨年が買いすぎだったとか、時間、金銭的な理由もあるけど、

中古や低価格をほとんど買わなかったのが主な原因かと。

フルプライス新品買いはそこまで減ってない…はず。


1. WHITE ALBUM2 closing chapter (Leaf

http://leaf.aquaplus.jp/product/wa2cc/

既に購入記事のほうで言及しましたが、V2達成。

正直これ1本で昨年は大満足だったという程w

これ級のが今年も出てくれると嬉しいけど、難しいだろうなあ。


2. 太陽のプロミア (SEVENWONDER)

http://www.seven-wonder.jp/sw01/index.php

面白かったし綺麗にまとまってるけど、欲をいえばもうちょっとボリュームが欲しかった。

特に日常描写。魅力的な舞台のわりにすぐに遠征やら事件やら戦闘やらなもんでなー。

そのあたりが理由で自分内でのここのスタッフの最高傑作は「てとてトライオン!」のまま動かず。

今度出るファンディスクでそのへん補強してくれるといいなと。


3. カミカゼ☆エクスプローラー!クロシェット

http://clochette-soft.jp/kamikaze/

キャラや日常はとても良かったし、全体としても面白かったけど、

経過や結果はともあれ、どのルートのお話も同じ事件、同じ黒幕なんで、

キャラごとで扱う事件が変わってたらもっと良かったと思う。


4. Flyable CandyHeart (ユニゾンシフト

http://www.softpal.co.jp/unisonshift/products/project23/project23.html

とても良いファンディスク

本編の「このエンドだとあのキャラあんな事になっちゃってるんだよなー」という微妙な後味の悪さを、

力技で綺麗に払拭してくれました。


5. ランス・クエスト (ALICESOFT

http://www.alicesoft.com/rance8/

面白くはあったけど、尻切れトンボなストーリーと、

終盤にいくほどキャラの個性が消えてくゲーム性はちょっと難。

マグナムでどれだけ改善されるんかなあ。最低でもムーラテストの件は今回で終わらせとけよと思うんだけど。


今回は次点なし。というか5本選ぶのすら精一杯。ランク外のも含め、あと一歩が足りないのが多い印象。

買ったアルテミスブルーやら恋空FDを全然プレイできてなかったり、

グリザイアやらユースティアやら未来ノスタルジアやら、スルーしたのがことごとく評判良いのも痛かった。

あとは好みのライターの作品がそれほど出なかったとかかな。*2

あ、エロエロ方面は例年になく充実してましたw

*1ダンシングクレイジーズが実質真昼2だったとはいえ

*2保住とか桐月とか

マラブマラブ 2012/01/16 23:10 声だけじゃなくヒロインの壊れっぷりも、「憂」ですた。
どっちも好きだぜ、一番じゃないけどな。

つーことで、全部終わりました。
一押し「かずさ」で、i.cの追加部分とか、おまけのデジタルノベルとか
どう考えても春希と相思相愛だよ。ヒロインだよ。
甘々っぷりも、麻里さんシナリオ超えてNo.1。
スポット的には、小春が送別のときに「お店でエッチしたのは一回だけです。」てバイト仲間にバラすシーンとか、麻里さんが佐和子にのろけるシーンとか好きなんだけどね。

演出的には千晶のシナリオが光るなー。
こいつ抜きだと、ストーリー全体の深みが一段階落ちる。
実況・解説役がいると面白くなるのは基本。
それが、すさまじく高いレベルでキャラクターとして昇華されてるぜ。
i.cの段階で、すべて読みきってるのは、さすが宇宙人。
あと、「痕」のBGMとか、懐かしすぎる。

雪菜はどのシナリオでもラスボスなので、損な役回りな気がするなー。
「かずさ」シナリオはラスボス一家で出てくるもんな。もう、勘弁して。

随所で「コンサートに行く」が話題になってるけど、いつか、選択できる
日が来るんだろうか。

なんとなく、小説版の「ポケットの中の戦争」を思い出したぜ。
ミンチになる以外の運命が待ってるといいな。そんな感じ。

GUN-SLGSTGUN-SLGST 2012/01/18 13:51 コメントありがとうございます。

>かずさ
どっからどう見ても間違いなくメインヒロインなんですが、
メインゆえにハッピーエンドを与えてもらえなかったって感じですね。

>雪菜はどのシナリオでもラスボスなので、損な役回りな気がするなー。
だからこそかずさとは逆に一番のハッピーエンドを与えられてるのかなと思ったり。

>「かずさ」シナリオはラスボス一家で出てくるもんな。もう、勘弁して。
全編通してあそこが一番キツかったっすわ…

>コンサートに行く
こんな場末のブログですらそのワードから20件以上飛んできてるあたり、
やっぱりみんな選びたいよねとw
ただまあ、真に平和的解決を望むならicに選択肢入れた方がって気が。
あーでも、OHPで公開されてるif小説読む限りそれでも無理かも。

マラブマラブ 2012/01/18 23:40 「また…壊した」

小説版、読んだー。
汚い!さすが雪菜キタナイw。

なんつーか、どう考えてもラスボスだよねぇ。