Hatena::ブログ(Diary)

アートフェア 行商〜ギャラリー・サーカス オフィシャルブログ

2011-05-03

行商レポート vol.26:GYOSHO REPORTS BY VISITORS

こちらの項目では、行商をご覧になったお客様が書かれたレポートを紹介して行きます。

中の人の個人的なご縁もあり、代表して子連れアート鑑賞日記のSeinaさんが書かれたレポートを全文掲載します。とても素敵な洞察のあるレポートを書かれている方は他にもいらっしゃると思いますので、見つけ次第ご本人のご許可を得られましたら、リンクを引用する形でご案内出来ればと思っています。

Seinaさんの文章は、震災が起きてから日が浅かったあの頃の状況を踏まえたうえで、全体的な纏めも素敵で良いなぁと思います。私も精進致しますデス、はい。Seinaさん、ご協力ありがとうございました!



☆  ☆  ☆



スパイラルガーデン スパイラル1F「行商 ギャラリーサーカス」を観てきました。
(2011-04-01)

f:id:GYOSHO:20110503140217j:image

スパイラルガーデン スパイラル1Fにて

「行商 ギャラリー・サーカス」

を観てきました。


沢山のギャラリーを一度に沢山味わえるアートフェア大好きです。
今回は東日本大事震災以来ご無沙汰しているギャラリーさんも多かったので
とても楽しみに出かけました。


では楽しませて頂いたギャラリーさんの感想を。


neutron tokyo
f:id:GYOSHO:20110503140218j:image

大槻香奈さんの個展形式。
大きな作品が2つあったのだけど私はこちらの作品のすごさに圧倒されました。
1つ1つを細かく観ていくとろうそくがあったりプールがあったりなど
いろいろな小物がありそして繋がって行く様から長い物語を感じることが出来ました。
大槻香奈さんにもお話を伺うことが出来ました。
とても物語を感じたので「悲しい歌を聴いて自分を追い込んだりとかしたほうが描けたりしますか?」
と思わず伺ってしました。すると
「今はなるべく「普通な気持ち」で描くようにしています。いろいろな出来事が多いですから」
とのこと。
これからどんな作品に出会えるのでしょうか。興味津々です。


OUT of PLACE
f:id:GYOSHO:20110503140219j:image

大原舞さんの作品がとっても気になりました。
ギャラリーの方に「小さい時バービー人形を買ってもらえなかったことが人形作りのきかっけ」と
解説して頂いたらなんだか一気に親近感。すごく分かるその気持ち。
私も欲しいバック買ってもらえないから鞄とか作り始めたよなあと
思い出しました。
※私のストレス解消法は鞄作りです。


M7: MAQUIARTO 7TH FLOOR ART ROOM
f:id:GYOSHO:20110503140220j:image

国立新美術館「アーティストファイル」にてとても神秘的な気泡の作品を発表していた
斎藤ちさとさんの作品。何度観ても大好きです。
今回はプリントで大量に展示されている形式がとても泡の動きを体感出来て
すごくよかったです。
階段の場所にあるのもよかった。
動きながら鑑賞すると動きがより内面から感じることが出来ました。
斎藤ちさとさんともお話出来て嬉しかったです。


GALLERY MoMo
f:id:GYOSHO:20110503140221j:image

こちらはもう息子がくつろぎすぎでございました。
昔からお世話になってるスタッフさんに久しぶりに会えたということもあるのですが
今回のMoMoさんのブース。息子の超好み。
このように「迷い」や「破壊」を感じさせる作風大好きなんです。
(もうすぐ5歳なのに。。)
これは浮世絵好き、歌舞伎好き、日本画好きが影響している模様。
本人曰くとてもとても心地よかったとのこと。
いつもありがとうございます。


eitoeiko
f:id:GYOSHO:20110503140222j:image

こちらは以前伺った航空博物館の展示を息子が思い出すことが出来たので
親子でとても楽しめました。
沢山の紙飛行機綺麗だったなあ。。と飛行機の作品を眺めていたら
こちら「紙」ではありませんでした!
(許可を頂き触らせて頂きました。ありがとうございます)
こちら以前のウルトラでは女装に驚かされました。
(LAで大好評だったとのこと!さっすが!)
いつも驚かしていただきありがとうございます。


SANAGI FINE ARTS
f:id:GYOSHO:20110503140223j:image

気になったのは岩名泰岳さん。
化石を連想させるような質感あるタッチには
「生き物がそこに存在する証明」のような強い存在証明感を
感じることが出来て個人的になんか安心の気持ちを貰うことが出来ました。
存在証明、ほしいですよね。あまりに儚いものだと
感じることが多い日々ですもんね


GALLERY ZERO
f:id:GYOSHO:20110503140224j:image

こちら大阪のギャラリーさんとのこと。
高橋将貴さんのドローイングから目が離せなくなりました。
寡黙だけどでも雄弁な気持ちが垣間見える瞳。
ずっと見つめていたくなりました。


本当はもっと沢山のギャラリーをしっかり観たかったのですが
息子もいろいろ動いていたし(いつも騒がしくて申し訳ないです。。)
それよりもいろいろ話して元気を頂きたい気分だったので
お話も沢山させて頂きました。ありがとうございました。


★写真の撮影・掲載は主催者の許可を頂いております。
 写真はiPhoneのカメラでの撮影です。画質がいいものではございません。
 興味を感じて頂いたらぜひ実際に会場に足をお運び頂ければ幸いです。


f:id:GYOSHO:20110503140225j:image


この「行商?ギャラリーサーカス」は
近年私が鑑賞させて頂いたアートフェアの中でダントツに
「鑑賞しやすさ」に満ちあふれた展覧会でした。
1つ1つの作品に「のびのび感」があるとでもいいましょうか。

作家さん、ギャラリストさんが
自分が作った作品を胸を張ってのびのびとした気分で人に披露する。
そして観る側が
その作品をのびのびとした気分で自由に楽しむ。

のびのび感を前提とした自由な気持ちの披露。
今の東京ではかなり難しいことになっているからでしょうか。
場そのものがとても心地よい空間でした。

作品を楽しんで鑑賞できることに感謝出来る空間がそこにありました。
アート好きで東京に今週末にいる人は
絶対行ったほうがいいと思うアートフェアです。
あと現在の情勢で元気がない人を呼ぶのもいいと思います。
この情勢、「次、どうしよう」と悩みでも行動に移せない自分に
強い自己嫌悪を感じる人も多いと思うのですがスパイラルのあの空間にいると

「行動しよう」

という前向きな気分に自分を持って行けるような気がします。

沢山の元気を頂きました。
ありがとうございました。


4月3日まで。
11:00-19:00までの開催です。終了時間がいつもより早めです。ご注意下さい。