G.CAR.STKの物欲日記(はてな版)

2004-05-01 もう5の月か

ピピンとピント 1巻

[] ピピンとピント 1巻 (大石まさる / 少年画報社 ヤングキングコミックスISBN:4785924152

写真を撮っていると我を忘れてタガが外れてしまう波浜登(ピント)・14歳は

宇宙のことや、女の子のことに興味津々の男の子だ。

彼の家は海の家を経営しており、夏はたいへん忙しい。

そんな彼の前に現れた同い年の女の子、海猫亭湊は父親の妹だという…


なんだかむしょうにエロい。

しかし大石まさる漫画というのは無駄なパワーに溢れていて

そのいきどころを求めて物語も迷走を続けるという感覚です。

しかしこの作者の漫画には夏がとてもお似合いですね。


まだサブタイトルである「宇宙へ」という要素は薄く、

ピントがひたすらセクハラを繰り返すだけの内容ですが

そのパワーとノリのよさでズンズン読ませます。

次巻に期待したいところです。

[]

[] 第129回 天皇賞・春 (京都競馬場 / 3,200m)

近年まれに見る春天の多頭数出走はやはりいいことだと思われます。

その分、有力馬も増えていたりもするのですが…

4頭の4つどもえになるこのレース、3頭による3つどもえの場合には「

その3頭で決まる事が多いのが常ですが

4頭ともなると正直どうなるか想像がつかないのが正直なところです。


ザッツザプレンディ

いわずと知れた昨年の菊花賞馬。

ここはジンクスにのっとって、本命に抜擢します。

やはり決め手勝負になると厳しいので、

前のほうで積極的なレースということになるのでしょう。

内枠もそのようなレースをするのに向いていますね。


ゼンノロブロイ

どこまでいっても勝ちきれないような感じですが、

まだまだ長距離適性がないとはいい切れないです。

ここは最大の2着候補といったところで。


シルクフェイマス

惑星候補として。


ネオユニヴァースリンカーン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/G_CAR_STK/20040501
Connection: close