G.CAR.STKの物欲日記(はてな版)

2004-05-12 乗り越える

週刊少年サンデー 24号

[]

この日記にカウンターを設置したのが今年の1月。

ここまで4ヶ月ちょっとたったわけですが、

一応私のホームページのカウント数を超えました。

ありがとうございます。

これもひとえにはてなパワーのおかげでしょうか。

当然ここを読んで下さっている方々のおかげでもあります。


それにしても本サイトはこれでも開設してから4年以上たっているんですが

あんまり正面から入ってくる方がいないのか

それとも本当に人がいないのか、どちらかは分かりませんが


かたや4年、かたや4ヶ月ということで、なんかちょっと驚きですねえ。

[] 週刊少年サンデー 24号 (小学館SITE


表紙・巻頭カラー 「史上最強の弟子 ケンイチ」(松江名俊)

師匠たちの増長した弟子へのおしおき編。

と、こうして書くだけですごいことになりそうなのがよく分かるし、事実そうなってますね。

史上初?の4ページぶち抜きのふっとびシーンは壮観でした。

ワイルドライフ」(藤崎聖人)

今回は競争馬、サラブレッド編なんですが、

さすがにこの馬はちょっと相容れないものがあります。

ゆうきまさみ氏の馬がなつかしく感じられます…


…はっ、「じゃじゃ馬」読んでしまった。


センターカラー 「かってに改蔵」(久米田康治

今週のテーマはリメイクということで懐かしの第1回をリメイク。

なんと6年前ですか、しかも白黒で始まったんですね。

やっぱり絵柄も設定もすごく変わったなあ。

あと特に地丹くんね。


センターカラー「思春期刑事 ミノル小林」(水口尚樹)

つまんないギャグマンガって本当悲惨だね。


いでじゅう!」(モリタイシ

中山朔美の登場によってラブコメ要素がまたしても上昇中。

愚地よしおのキャラクタも妙な味があっていい感じです。


美鳥の日々」(井上和郎)

またしても前回から微妙につながっている。

しかも今週は高見沢からまたしても美鳥の存在を問うような内容になっていて

まさに彼女に決断と時が近いことを匂わせています。

今年中には終わるのかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/G_CAR_STK/20040512