Hatena::ブログ(Diary)

(旧)ガイアックスソーシャルメディア ラボ RSSフィード

GaiaXソーシャルメディア ラボのブログは、新しいドメインに移行しました。

2010-09-07

2012年Googleが介在しない社会『AISA(アイサ)』〜ソーシャル時代の新消費行動モデル

 

本ブログは、livedoorブログに移転致しました。

↓移転先↓

-GaiaXソーシャルメディア ラボ @livedoor blog

f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100907120137j:image

【資料ダウンロードはこちら



現在、毎日のように、世界中でソーシャルメディア躍進のニュースが流れています。



3年前に、誰が予想したでしょうか。

GoogleFacebookに抜かれると。

twitterの利用者がこれだけ増えると。


今、世の中の人は気付き始めました。

これからはソーシャルメディアの時代だと。


ソーシャルメディアの時代になった今、ユーザーはどういう行動を取り、企業側はどうそれをとらえていかなければいけないのでしょうか?


本エントリーで、ソーシャル時代の新消費行動モデル『AISA(アイサ)』をご紹介しています。

これからの皆さんのマーケティングに活用して頂き、ユーザーにとっても、企業にとってもより良い世の中になればと思っています。



【目次】

  • 2.ソーシャル時代の新消費行動モデル「AISA(アイサ)」とは?

1.ソーシャルメディアの未来 〜 孫 泰蔵さんより

皆さんの中にも、この孫 泰蔵さんのソーシャルメディアの未来』をご覧になった方は多いのではないでしょうか。



これからの新消費行動モデルの話をするまでに、『ソーシャルメディアの未来』で言われている事のおさらいをしたいと思います。


サーチエンジン』から、『ソーシャルサーチ』へ

ソーシャルメディアの未来』では、トラフィックのメインプレイヤーが、

  • 1. Portal Site
  • 2. Search Engine
  • 3. Social Network
  • 4. Social Search

といった流れで変遷していくと言われています。


【実績】ソーシャルメディアからの流入は、Googleからの6倍以上にも!

トラフィックのメインプレイヤーが『ソーシャルサーチ』に移っている事例として、以下にて2つをご紹介致します。

■(1) 本ブログの流入元

以下の解析データは、以下のエントリーをアップして2日経った時のものです。

f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100907112200j:image

ちなみに、このエントリーの時には、twitterを使った告知はあまりしていませんでしたが、それでも、twitterからの流入数が最も多いとの結果になりました。


■(2) adman.TVの流入元

こちらは、アドマンさんの事例です。

以下のエントリーより、データを引用させて頂きます。

【データ公開】トラフィックの主役はサーチエンジンからソーシャルメディアに変わるのか、を検証してみた。


f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100907112721j:image

アドマンさんのブログでは、結果が顕著で、"ソーシャルメディアからの流入は、Googleの6倍以上"という結果になっています。


検索アルゴリズムの変化〜『Google's Page Rank』から『Person Rank』へ。

"サーチエンジン時代"の検索アルゴリズムの重要な指標に、『Google's Page

Rank』があります。

f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100907113227j:image

(引用:wikipedia

これが、

"ソーシャルサーチ時代"には『Person Rank』にとって変わっていきます。

f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100907113412j:image

(引用:ソーシャルメディアの未来

ちなみに、この『Person Rank』が進むと、影響力の格差はどんどん広まっていきます。(人によって影響力に差がある、というのは今のリアル社会でも同じですが、”データベース化されている”、という点で異なります。)

また、ゆくゆくは、自分の子ども・子孫が『Person Rank』を受け継いでいくようになると思っています。

そうすると、学生の頃世界史で習った某国の身分制度ソーシャルメディアの場合、差別はないと思いますが、)のように、階層化から抜けにくい社会になっていくのでは、と思っています。(ここら辺の未来予想は少し長くなるので、またまとめたいと思います。)

ソーシャル時代、『ソーシャルサーチ』以外のもう一つの行動『ソーシャルフィルター』

孫 泰蔵さんのプレゼン資料では、これからの時代は『ソーシャルサーチ』の時代になっていくとされています。

本ラボでは、ソーシャルサーチに加え、"ソーシャルフレンド"を介した『ソーシャルフィルター』という消費行動が増えていくと考えています。

以下にて、『ソーシャルフィルター』を使った新消費行動モデルをまとめました。


2.ソーシャル時代の新消費行動モデル「AISA(アイサ)」とは?

Googleが介在しない社会


f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100907114028j:image

f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100907114056j:image

【資料ダウンロードはこちら



このような「AISA(アイサ)」の消費行動モデルでは、以下のような変化が出てきます。


ソーシャルフィルター時代になって変わる4つの行動

  • (1) 情報は「検索する時代」から『フィルターを通す時代」へ
  • (2) ソーシャルフィルターの反応が意思決定要因へ
  • (3) 興味/関心ごとはソーシャルサーチで調べる
  • (4) 購入アクションが、即ソーシャルフレンドに共有

(1) 情報は「検索する時代」から『フィルターを通す時代』へ

これまでのネットの利用方法は、"何かあればGoogleで検索する"・"Googleを通して情報を探しに行く"という、能動的なアクションが大部分を占めていました。

これからのネットの利用は、"ソーシャルフレンドのフィルターを通し入ってきた情報を見て反応する"という比較的受動的なアクションをするようになります。


(2) ソーシャルフィルターの反応が意思決定要因へ

これまでも、物を購入する時に「口コミ」を参考にする、という行動がありました。

これからは、その動きがワンステップ前に進みます。

”何か気になる物があったら、ソーシャルフレンドに問いかける”

”その反応を見て、購入を決める”

twitterFacebookなどを通し、こういった行動を取る事が増えていきます。

また、これまでの(ネット上で面識がない人の)「口コミ」よりも、ソーシャルフレンドからのフィードバックは、より大きな影響力を発揮し、ソーシャルフィルターの反応が意思決定要因となっていきます。


(3) 興味/関心ごとはソーシャルサーチで調べる

これは、既にFacebookにて実験が始まっています。

何かを調べる時、Googleではなくソーシャルメディアを使います。

ソーシャルフレンドが何と言っているのか?を調べに行くようになります。


(4) 購入アクションが、即ソーシャルフレンドに共有

これも、既にアメリカでは少しずつ増えています。

自分が何を購入したのか?という情報をソーシャルメディアデータベースとして保有し、それがソーシャルフレンドに対して発信されたり、購入を検討する際の参考情報になっていきます。


まとめ

以上のように、

  • (1) 情報は「検索する時代」から『フィルターを通す時代」へ
  • (2) ソーシャルフィルターの反応が意思決定要因へ
  • (3) 興味/関心ごとはソーシャルサーチで調べる
  • (4) 購入アクションが、即ソーシャルフレンドに共有

といった行動を通し、さらに『ソーシャルフィルター』の精度が増し、さらに便利になり、利用が増えていきます。

これからは、Googleが介在しない社会、『ソーシャルフィルター』の社会に変わっていきます。

【補足:用語の説明】

※「ソーシャルフレンド」とは?

 −twitterにおける「フォローしている人」・Facebookにおける「友達」・mixiにおける「マイミク」を意味します。

※「ソーシャルフィルター」とは?

 −「ソーシャルフレンドを介して情報のフィルターをかける行為」を意味します。


予告

近日中に、

『ソーシャルフィルター時代に抑えておくべきサービス』

の事例として、以下を中心にまとめていきます!

・HuffPost Social News

Ping

・Levi's

・Swipely

Facebookamazon

FacebookFacebook内のソーシャルサーチ

・ShopKicks.com

・Groupon

・など

>グルーポンのまとめ記事をお待ち頂いていた方へ

Facebookソーシャルサーチの実験を開始した事もあり、急遽、今回のテーマのほうが読者の皆様のニーズが多くなっているかと思い、テーマ変更をしました。

次のエントリーで、グルーポンの追加まとめ記事をアップする予定です。

今週中には上げますので、もう少々お待ち頂けますと幸いです。

本ブログは、livedoorブログに移転致しました。

↓移転先↓

-GaiaXソーシャルメディア ラボ @livedoor blog

少しだけ、本業のお仕事のご紹介

ガイアックス』では、

ソーシャルメディアSNS・ブログ・アバターなどの企画・構築・運営をご支援しております。

ご興味・ご相談はお気軽にtwitterでお声掛け下さい!⇒@GX_SocialMedia


宜しければソーシャルブックマーク」「RSSにご登録をお願いします!

はてなブックマーク  このエントリを del.icio.us に登録 Buzzurにブックマーク

Googleに追加 livedoor Readerに追加 goo RSSリーダーに追加 My Yahoo!に追加

2010-08-30

国内グルーポン系サイト46社乱立!売上MAX1,600万円、市場規模は既に7.5億円以上!

 

AmazonGoogleの2倍以上。歴代ネット企業最速で時価総額1,000億円を超えたグルーポン


本ブログは、livedoorブログに移転致しました。

↓移転先↓

-GaiaXソーシャルメディア ラボ @livedoor blog


f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100830064600p:image:w450


2008年11月に創業したGrouponは、2010年には推定300億円(/年)以上の売上にまで成長し、

さらに、AmazonGoogleの2倍の速度で、時価総額1,000億円の価値を叩き出しました。

▼歴代ネット企業が、時価総額1,000億円に届くまでに要した期間f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100830064842p:image

 (引用:日経新聞に掲載のFobesの記事より


日本では、米Grouponの成功を追いかけるように、毎月新たなグルーポン系サービスが

立ちあがっています。

本エントリーでは、

  • 「これからグルーポン系サービスを立ち上げようと思っている方」
  • 「web業界のトレンドとして、フラッシュマーケティングの動向を追いたい方」

のために、

  • 1. グルーポン系サイトの収益構造のおさらい
  • 2. グルーポン系サービスの一覧
  • 3. 参入が早かった20社の売上比較
  • 4. 売上No.1のpikuの伸び率

といった内容をまとめました。



1. グルーポン系サイトの収益構造のおさらい

基本は、(販売額)×(販売手数料50%)×(取引成功件数)

グルーポン系サービスは、総じてこのように同じ収益構造だと思われます。

▼(例)レストランAで、1万円分の食事が出来るクーポンを5,000円で販売し、100枚の取引が成立した場合。

f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100830070512p:image:W450

但し、そのサイトの力がどれだけ強いかにより、販売手数料は上下します。

(感覚値で言うと、30%〜60%くらいだと思います。)


国内グルーポン系サービス一覧

乱立46サイト!

日本でサービス提供しているグルーポン系サービスをまとめました。

▼国内グルーポン系サイト、46サービスの一覧

f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100830070808p:image:W450

【資料ダウンロードURL】(期限:2010年9月5日)

こちらより、上記資料の元データのダウンロードが出来ます。⇒ 【こちら】

【注意点】

※ 原則、東京地域(なごポンについては名古屋のみ)をまとめています。

※ 「グルーポン系サイト」と言われるサイトは、他にも『ギリギリ!マーケット』『toku・pin

  (トクピン)』『Buyなう』『NEUTRAL』『group割』『もしフェス』がありますが、弊社の考え

  るグルーポン系サイトの定義(リアル店舗のクーポン販売)とは違ったので、リストから

  抜いています。

※ 推定売上の集計は、参入が早かった20サイトのみを行っています。

※ 売上の集計期間は、7月29日〜8月28日の1ヶ月間です。

※ 推定売上は、販売手数料が全て50%と仮定した場合のものです。


【トピック】8月には18サイトが公開!

ピク メディア(株)が、4月20日に日本初のグルーポンサイト「PIKU」を公開して以来、新規参入は毎月増え、8月には18サイトも公開されました。

▼月別の新規参入者数

f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100830071700p:image


【トピック】カテゴリー特化型グルーポンサイトが増える!?

オールジャンル・オールターゲットのサイトは、既に30サイト以上もあり、さらに店舗の獲得合戦も熾烈を極めていると言われています。

そんな中、今では以下のようなカテゴリー特化型のサイトが増えていくと思われます。

▼カテゴリー特化型サイトの紹介

f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100830071929p:image


3. 参入が早かった20社の売上比較

売上No.1は『PIKU』で月1,662万円!20社の平均売上は月358万円!

こちらは、先程の表を売上順に並べたものです。

▼売上順、グルーポン系サイト

f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100830072229p:image:W450


1位(piku2位(トクー!ポン)が月商1,000万円を超えています。

500万円差で3位(Q pod)が月商970万円、そしてさらに400万円差で4位(KAUPON)が月商590万円となっています。

5位はリクルートの(ポンパレード)です。


また、20社の月間売上を合計し、12ヶ月を掛けると、

約64,500,000円 × 12ヶ月 = 約7億7,400万円

と、既に推定市場規模が7億5,000万円以上になっている事が分かります。

(各サイトの東京以外の地域・21位以下のサイトの売上が足されるので、実際の市場規模はもっと大きくなるのではと思います。)


という事で、

国内グルーポン系サイト46社乱立!売上MAX1,600万円、市場規模は既に7.5億円以上!

になります。


いやはや、4ヶ月でこれはすごい市場ですね。(バブッてる?)



4.ちなみに、売上No.1のpikuの伸び率

公開後1ヵ月間と比べ、100倍成長!

以下は、pikuの公開後1ヵ月間と、直近1ヵ月間の売上・購入者数の比較です。

▼公開後1ヵ月間と比較した、PIKUの売上・購入者数

f:id:GaiaX_Social-Media_Lab:20100830072521p:image


売上・購入者数ともに、3ヵ月で100倍以上の成長を遂げています。

他サイトでは、月商100万円に届かないサイトも多くある中、pikuがここまでの成長を遂げた理由とは何でしょうか?

次回は、そのあたりを考察してみます。(`・ω・´)

次回予告

次回は、グルーポン系サイトが追うべき以下のような指標・取り組みについてまとめ、PIKUやその他の上位企業が伸びている理由について迫ります。ガンバリマス!


本ブログは、livedoorブログに移転致しました。

↓移転先↓

-GaiaXソーシャルメディア ラボ @livedoor blog

少しだけ、本業のお仕事のご紹介

SNSソーシャルメディア提供実績500以上!

ガイアックス』のSNS構築サービス

新規事業プラン・企画・構築等などのご相談はこちらからご連絡下さい。 ⇒ 【こちら】


宜しければソーシャルブックマーク」「RSSにご登録をお願いします!

はてなブックマーク twitterで記事をツイート  このエントリを del.icio.us に登録 Buzzurにブックマーク

Googleに追加 livedoor Readerに追加 goo RSSリーダーに追加 My Yahoo!に追加



「ガイアックス」のSNS構築サービス
無料アクセス解析