Hatena::ブログ(Diary)

未来私考 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008年11月09日

ニコニコ動画は実は既に黒字になっている?

| 13:57 | ニコニコ動画は実は既に黒字になっている?を含むブックマーク ニコニコ動画は実は既に黒字になっている?のブックマークコメント

ドワンゴ下方修正、17億円の最終赤字に 「ニコ動まだ貢献せず」 - ITmedia ニュース

 この記事を発端にニコニコ動画がまだまだ赤字らしいぞ、という論が各所で展開されているのですが、この数字自体は9月末のニコニコ小会議で出ていたものから特に新しい話は何にもでてないんですよねえ。ただ単に、結果こうなりましたという報告でしかない。

ニコ動930万会員に 有料会員減、黒字化策は - ITmedia ニュース

 問題は9月末までの業績ではなくて、収益拡大策を大々的に打ち出した10月以降の収支がどうなってるか、なんですよね。ということで、今まで出ている情報から軽く試算をしてみました。

f:id:GiGir:20081109125642j:image

平成20年9月期第3四半期決算説明会資料

 数字が拾えなったのですが、8月の第3四半期決算説明会で配られた資料より。

 この時点で広告収入がだいたい4000万円/月となっています。ここから単純に広告枠を3.5倍にしてそれが完売したとすると広告収入は約1億4000万円。アフィリエイト収入2000万円、有料会員収入1億円が横ばいだったとして2億6000万円の売上になります。

 支出は2億8000万円付近で横ばいになっており、最近の一般会員の不評を聞いても、設備投資費はかなり削減されているものと推測され、これを越えることはないと考えられます。そうすると赤字額はせいぜい2000万円程度で収まってる計算になります。

 しかもニワンゴは10月からニコニコ生放送の販売という新しい収入源を確保していたり。(参考資料)30分100万円から。10月に行われた生放送でいうと、ストリートファイターオンライン生放送(参考)、長妻議員討論会(参考)、ソフトバンク新商品発表会(参考)などがアーカイブされていない(タグで検索:ニコニコ生放送)のでおそらく枠販売による生放送なのでしょう。11月に入ってからは更に生放送の数は急増していますね。これで約1000万円の売上を確保している。

 ということで、実のところ、あと1000万円くらいで収支トントンになるところまでは来てるんですよね。これでニコニコポイントがちゃんと回りだせば11月中にはおそらく単月黒字に到達する見込みが高い。このところの運営の必死っぷりは何が何でも今月中の黒字化の目処、そしてそれを会員1000万人突破の報と一緒に12月4日のニコニコ大会議(冬)で発表できる体制を整えるため、なんじゃないかなと思っています。

 しかしこうして考えてみると本当に経営のプロというのはすごいなと思いますね。3ヶ月前まで費用が売上の2倍だった会社が曲がりなりにも収益が見込めるレベルまで押し込まれ(追い込まれ?)ている。夏以降ニコニコ動画が政治アリーナ化しているのも、黒字の見通しが立っているからこそ、グレーな部分を残しているニコニコ動画に変な横槍が入らないようにするための牽制なんじゃないかという気もしますね。

 この推測が当たっているかどうかは来週14日に開催が予定されているドワンゴの決算説明会(参考)で明らかになると思います。さて、どうでしょう。

digimagadigimaga 2008/11/09 17:11 面白い推測ですが、広告枠が3.5倍になったからといって、額面で3.5倍になったとは限らないのでは?
さらに生放送の広告費は100万円からとは言え、そこから代理店への支払いも発生します。
早く黒字化してくれるともっと楽しいことを提供してくれそうなのですが、まだまだ難しいんじゃないかなあと私は思ってます。

tktk 2008/11/09 19:52 毎月1億5000万円赤字を垂れ流し続けてる事業が、たった4ヶ月で単月黒字ってどう考えても無理でしょう。

順調に広告が埋まったとしても、2009年4〜6月期ごろが最短ではないかと思います。

もし自分が(経済的な側面しか見ない)株主だったとしたらニコニコはさっさ手放すべきと考えてしまうので、維持が可能なのか心配なところです。
正直ドワンゴ程度の資力では支え続けられないんじゃないかと…

ronrironri 2008/11/09 20:47 ニコニコ動画の動画ページの右上ローテーションバナーに注目。
開始当初は12種類のバナーがローテーションしていました。
今はどうであるか数えてみてください。
ちなみにあれは一週間63万円(税込み)の定額式らしいです。
他のサイズのバナーが色々あるので、基本的に広告収益は増えたとは思います。
しかし赤字を克服できているかというと、やはりプレミアム会員が増えなければ話にならないかと。
今の金融危機でスポンサー側も経費削減に必死でしょうから。

某 2008/11/09 22:33 ローテーション循環数が増えたらそれにあわせて、1枠価格も落ちていく筈ですが…元々がサービスだったんでしょうかねぇ。

GiGirGiGir 2008/11/10 00:38  かなり甘めの見積もりなのは自分でも思いますが、まったく目処の立たない話でもないんじゃないかな?などと思ってこんなことを書いてみました。厳しいツッコミは大歓迎ですw。

 代理店への支払いは確かに見積もりしてなかったですね。ちょっと相場観がないのですが、どれくらい持ってかれるものなんでしょうね。ブコメで代理店への発注が反映されるのは数ヶ月後とのコメントがありましたが、8月くらいから動いていたとすればまさに今がその時期なんじゃないかなあと。

 長期的な視点で見た場合、有料会員の増加を目指すのが正解なのは間違いないのですが、一時的にユーザーに不便をかけてでも、ともかく手持ちの材料だけで黒字体質にしてしまい、その後赤字を作らない形で改善を図っていくという形になれば理想ですかね。

 なんにせよ、1週間後にはすべて明らかになると思いますので座して待つのみ、ですかねw。

fukkenfukken 2008/11/10 11:41 > ローテーション循環数が増えたらそれにあわせて、1枠価格も落ちていく筈ですが
1枠あたりの表示回数は微妙な所ですね。
ただ、一般的な意味での「ローテーション広告」と違い、基本的にローテーション内の全広告が画面表示されるわけで、それほど大きく落ち込んではいないのではないかと思います。
まあ、表示数に変化が無くとも、枠数が増えたら価格が低下する、というのは市場原理を考えれば自然な事ですが。

「元々がサービス」というのはある意味では正解で、そもそも10分間にわたって常に表示される広告と、ブログの広告のように一瞬でスクロールされ画面から消える広告で、同じ尺度を用いるのに無理があります。
この辺はyahoo!だかどっかだかが数社で新基準を作ろうと動いていたはず。