【ENJOY TOY AND DeSign】

2016-04-26

04_25_2016_log

2016-04-11

04_10_2016_log

2016-04-10

04_09_2016_log

2016-04-02

04_01_2016_log

2016-04-01

03_31_2016_log

2016-03-31

03_30_2016_log

2016-02-04

PDFの作成方法

竹の台総合新聞10周年特別号を作成するにあたり、従来のスミ1色に加え、4C分解との混合で、しかもセンター見開きはマップで切れないようにという色々と仕様の入り混じったPDFをはじめて作成することになった。


InDesignへ移行してから1年以上経つが、がんばって色々な機能や操作法を憶えたのは最初だけで、今は過去に作成したフォーマットに従いあまり深く考えずにこなしているため、正直スキルは落ちている。というかまったくわからん。大丈夫か?


いまさら黒1色の写真分解が、意図通りに変換されていたか?とか以前の刷りを見ながら確認する始末。


とりあえず今うまく行っているプリセットを変えるのが不安なので、白黒片面用、カラー片面用、カラー見開きとそれぞれ別々のプリセットでパブリッシュしたあと、AcrobatXProでページを編集し1個のファイルにする。見開き分のページを整理した後、保存方法にはたと悩み、気がついて印刷用にプリフライトで保存しなおす。


プリフライトは、右上のツールから、印刷工程の中にある。これ、すぐにわからんわ。


プロファイルはPDF/X準拠から、「PDF/X-1a(Japan Color Uncoated)に変換」を選ぶ。

このカラープロファイルが上質紙に刷るのに適しているかはよくわからん。刷りを見てまた色々考えることにする。


あとはサンプルを印刷会社の方へ渡して、事前に何度か確認しておいてもらう。


ということが年末にあった。修羅場だった。ちょっと間違えていた箇所をやっとなおした第二版を焼く際に忘れかけていたのでメモメモ。