Hatena::ブログ(Diary)

Griever Twitter

2017/04/16

Chrome 版 uAutoPagerize をとりあえず公開しました

またまた1年ぶりの更新です。

とりあえず限定公開なのでウェブストアで検索しても出てきません。しばらく様子見てから一般公開にします。

使い方とかは今からのんびり書く。

使い方

設定は見ればなんとなくわかるでしょう。

自作 SITEINFO はアイコンの右クリックメニューかオプションページから編集画面が開きます。

書き方は編集画面上の SAMPLE ボタンがあるのでそれをコピペして SITEINFO 部分を書き換えれば OK です。

Firefox 版を利用中の人は設定ファイルをそのままコピペすれば OK です。

  • Firefox 版、ucjs 版と違い EXCLUDE などは無視されて MY_SITEINFO と MICROFORMAT のみ利用します。

イベントから実行

追加された部分に手を加えたい場合は AutoPagerize_DOMNodeInserted イベントを使わないといけないので user.js に SITEINFO も一緒に書けたほうが良いだろうと思って Tampermonkey や Bookmarklet からも実行できるようにしました。

var list = [{
  url: '^http://d\\.hatena\\.ne\\.jp/Griever/',
  nextLink: 'descendant::a[@class="prev" and @rel="prev"]',
  pageElement: '//p',
  insertBefore: '',
  exampleUrl: 'http://d.hatena.ne.jp/Griever/'
}];

// event.detail に要素を付加すると detail が取得できずエラーになるので注意
var evt = new CustomEvent('AutoPagerize_launchAutoPager', {
  detail: {
    siteinfo: list
  }
})
document.dispatchEvent(evt);

サンプルはこんな感じ。

Tampermonkey で普通に実行すれば Wedata にある SITEINFO より優先して実行できると思います。心配なら @run-at document-end とか試してみると良いかも。

気になるところ

ツールバーのアイコンは全体の ON/OFF と右クリックメニューのためだけに存在します。

このアイコンが目立つせいで実行されていないページでも実行されていると勘違いすることがしばしば…。

2016/04/02

uAutoPagerize を拡張にした

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/uautopagerize/


2月頃からちょっとだけやる気になったの作った。これで e10s が来ても大丈夫!なはず。

実は去年の4月に試作版はできていたんですが、e10s来ないし放置してました…


使い勝手は ucjs 版とあまり変わらないと思います。設定ファイルもそのまま読み込めます。

変更点は

  • アイコンから実行しないサイトを簡単に追加できる
  • 読み込み先の相対パスを修正
  • documentFilters など非対応

実行しないサイトは本家を参考にしつつ、設定ファイルを用意しなくてもいいようにしました。設定ファイルの EXCLUDE はここに追加されます。

あ、設定ファイルってのは chrome フォルダに _uAutoPagerize.js をおくと自動的に読み込まれるものです。

サンプルはこちら

https://raw.githubusercontent.com/Griever/userChromeJS/master/uAutoPagerize/_uAutoPagerize.js

ん〜 ucjs 版で設定ファイルの使い方って説明したことあったっけ?まぁいいか。


相対パス問題はくらげバンチさんで正しく表示されなかったので重い腰を上げて対応しました…。


documentFilters は ucjs 版では設定ファイルからこっそり使えたんですが Add-on SDK からそのまま使えず、良い対応策が思いつかなかったので非対応です。。

AutoPagerize_DOMNodeInserted イベントを利用してください。


IME-Colors も拡張にした

https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/ime-colors/


e10s 対策とStylesheet Serviceを使いたかったので拡張という形にしました。

Frame Script の仕様もよくわからず手探りで作りましたが、動いてるので良しとします。

XUL 要素の強調の仕方がちょっと違いますが、仕様です。

2014/09/04

生きてます。やる気が無いだけです。

Firefox 32 で UserScriptLoader の GM_xmlhttpRequest が動かなくなったので修正しました。

アップローダーにあげてくれた方ありがとうございます。この方が居なければ放置されたことでしょう


あと addMenu が menugroup に"とりあえず"対応しました。

var group = GroupMenu();
group([
	{ label: 'test1'},
	{ label: 'test2'},
	{ label: 'test3'},
	{ label: 'test4'}
]);

こんな感じで新しいコンテキストメニューの戻るボタンのような横並びメニューが作れますが、ホントに横に並ぶだけなのでちゃんと使うには自分で CSS を書く必要があります。

このままじゃ使いにくいよね。どうしようか……


uAutoPagerize は色々弄りたい部分はあるんですが、気力がね……。