Hatena::ブログ(Diary)

もんもん文句大臣

2006-07-29

内緒にすべきか、公表すべきか

会社のオジさんで、嫁とセックスする時、だいたいいつも嫁の顔の横にエッチ本を置いてすると言う人がいた。嫁じゃ欲情しないかららしいが、失敬な話しだし、なぜそれを会社の人に公言するのか。このデリカシーのなさが、イヤだなあと思った。お前の嫁も、お前の不細工な顔じゃなくて、オダギリ・ジョーとか福山雅治の顔を思い浮かべているかもしれないのに、自分だけが「してやっている」発言。うぬぼれるのもほどほどに。そして、やっぱり、セックスは排泄と同じようなものなので、人に報告しないで欲しい。するなら笑える方向にもって行ってくれ。排泄話でも、笑えるいい話はいっぱいあるし、セックスも笑える楽しい話ならウエルカム。

友達は、年に一度ほど、すごーく太くて硬いのを出すらしい。切れなくて、便器の底にぶつかっても尚、自分の体とつながっていて苦しいらしい。「しょうがないからさ、手で折る」と言っていた。お、おもしろすぎる!「手首くらいの太さがあるね、うん」、だそうだ。あっぱれ!そういう楽しい話なら、他人のセックス話でも、排泄話でも、OKだよ。知人(男性)はスキー場でトイレに行った時、あまりにも寒くて手がかじかんでいて、おちんちんもかじかんでいて仮性包茎の皮にすっぽり包まっていたため、おしっこが隣の人のウエアに、ピーっと飛んでしまったらしい。「あ、すみません!」と謝ったら、相手の男性も「ああ、ええ・・・」と怒らずに許してくれたそうだ。「多分さ、あの人も仮性包茎なんだよ。でさ、皮に包まれた気持ちがわかってくれたんだと思う」。ええ話やろ、な。

人の悪口もそうなんだけど、妬みだの嫌がらせだの僻みだのとネチネチとしたものにくるまれている状態じゃなくて、笑える方向で表現して欲しい。その話を聞いた人が、思わず「ブッ」と噴出したり、そんなトンマルキなことをした人に、一度会ってみたいと興味をもってしまうような、そういう表現方法を取って欲しい。といいつつも、わたしも随分な罵り様をこの日記で披露しているので、言うは易し、西川きよしだな。うげ、オヤジギャグ。なんの、自分が一番トンマルキ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証