ほんのひとこと

2012-01-10

[] 久々のつぶやき

お久しぶりです、というのが恥ずかしいくらいお久しぶりです。

今さら言い訳はやめとこう・・


奇面館の殺人 (講談社ノベルス)

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)

「奇面館の殺人」を読み終わりました。

まさに新本格!(死語?)って感じでいいですねぇ。ハイレベルな館シリーズの中では、中間くらいの出来かなと感じました。


良かった点。

奇をてらわず、鹿谷門実が探偵役となるシンプルストーリー展開であったこと。それゆえに謎解き感を十分に味わえたこと。

さらには、登場人物が仮面をかぶっているという異様な設定もインパクト大。


微妙と思った点。

起こる事件のボリュームの割りには、作品全体のページ数があり過ぎたところ。もうちょっと短くした方が、スマートに決まっただろうなと思うんだけどな。作家歴を積むと分量が多くなってくるのは、綾辻行人だけに限った話じゃないけど。


ま、超久しぶりにブログ更新したくなるテンションにさせてくれた作品であったことは間違いない!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HI-RO/20120110

2009-05-13

[] 本格ミステリ大賞

昨日の「人志松本の○○な話」を見て、やっぱ松ちゃんはすごいなと心底思った今日この頃。お久しぶりでございます。


さて、全然本を読めてないわけですが、そんな間にも第9回本格ミステリ大賞が発表となりましたね。


小説部門  牧薩次『完全恋愛

評論・研究部門  円堂都司昭『「謎」の解像度


私にしてはとっても珍しく、評論・研究部門の方も読んでました。

いつもは発表前に候補作は全部読むんですが、今回は『ペガサス一角薬局』のみ間に合いませんでした。残念。他4作の中での私のベストは『山魔の如き嗤うもの』だったんですけど、『完全恋愛』の受賞には特に不満はないかな。でも、2006年『厭魅の如き憑くもの』、2007年『首無の如き祟るもの』、2008年『山魔の如き嗤うもの』と、3年連続で傑作を発表している奇跡作家三津田信三に賞を与えるべきじゃないかなと思ったりもしますが。今年秋にも同シリーズ長編が出るみたいなので、4年連続奇跡が起きれば来年の大本命になるとは思うけど、果たしてどうなることやら。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HI-RO/20090513

2009-03-28

[] ちょっくら旅行

実は今週1週間休みを取ってまして、カンボジアに行ってました。


目当ては有名なアンコール・ワット。だいぶ以前に話題にしたような気もしますが、実は私、遺跡好きでして。学生時代は、バックパッカーとしてあちこち貧乏旅行したものでした。今回は、久し振りの(やや)ハードな旅に行きたいなと急遽思い立ちましてね。


感想としては、まあ遺跡はやっぱり迫力あって圧倒されたんですけど(特に、アンコール・ワットがすさまじい)、何よりも参ったのが暑すぎたこと。カンボジアは乾季の真っただ中で、気温は35度以上。その中を一人で歩き回ったもんだからもうヘトヘト。やっぱ社会人としてはリッチツアーで行くべきだなぁと改めて思った次第でした。他の日本の観光客の方々が、遺跡の前で待ち構えている冷房付きのバスに乗り込むところを羨望のまなざしで見てたものです・・・


というわけで、写真を何点かアップ。遺跡や世界遺産好きな方は、生涯に一度は見る価値あると思いましたよー。



<アンコール・ワット>


<アンコール・ワットのデバター(女神像)>


<宇宙の中心、バイヨン>


貯水池の中心寺院、東メボン>


自然の脅威、タ・プローム>


<女の砦、バンテアイ・スレイ>

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HI-RO/20090328

2009-03-15

[] ちょっと更新

今年に入って、今までのところ本よりも映画の方にシフトしている私です。ネットレンタルに手を出しちゃったのが明らかな原因ですかね。あと、ブルーレイレコーダーを買っちゃったのも原因のひとつ。ブルーレイの綺麗な映像見ちゃうと、DVDなんて買う気がしなくなっちゃうのが困るところだな。

best_liliumbest_lilium 2009/03/17 22:39 ひいろさん、こんばんは。ご無沙汰しています。ブルーレイとDVDってそんなに画質違うんですか!?
ひいろさんはどんなジャンルの映画がお好みですか? 本と同じように観賞した映画のタイトルやひとこと感想を是非ブログで発表して下さい! その場合、ブログ名は「えいがのひとこと」に改名ですね(笑)

HI-ROHI-RO 2009/03/21 18:42 ども、こちらこそご無沙汰してます。
映画はですね、やっぱりミステリー&サスペンス系が大好きなのです。興味の方向がそっち系しかなくて(笑)
でも時々は日本の感動的映画も見たりしますよ。だんだんと涙もろくなってきまして… 人情系が好きです。
つい先日映画館で観たのは「ベンジャミン・バトン」。3時間近くで長かったですけど、なかなか良かったですよ。オススメ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HI-RO/20090315

2009-01-18

[Topic]大河ノベル2008?

講談社BOXの大河ノベル2008、島田荘司『Classical Fantasy Within』の7巻を購入。このシリーズ、実はまだ買ってるだけで読んでなくて、そろそろ一気読みしようかなと思っていたら・・・第8巻は2009年9月だって???

当初は毎月刊行の予定が、1部完了後に数か月中断。そして2部再開後は、一気にラストまで連続刊行と言ってたはずなのにまた中断。リアルタイムで読んでる読者はとっても可哀そう。計画は守らないと。

というわけで、今読んでも忘れそうなので夏くらいから読み始めることにします。これだけ待たしてるんだから、内容も期待してますよ!


Classical Fantasy Within 第七話 アル・ヴァジャイヴ戦記 再生の女神、アイラ (講談社BOX)Classical Fantasy Within 第四話 アル・ヴァジャイヴ戦記 (講談社BOX)Classical Fantasy Within 第五話 アル・ヴァジャイヴ戦記 ヒュッレム姫の救出 (講談社BOX)Classical Fantasy Within 第六話 アル・ヴァジャイヴ戦記 ポルタトーリの壷 (講談社BOX)Classical Fantasy Within 第一話 ロケット戦闘機「秋水」 (講談社BOX)Classical Fantasy Within 第二話 怪力光線砲 (講談社BOX)Classical Fantasy Within 第三話 火を噴く龍 (講談社BOX)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HI-RO/20090118