HINの散財とゲームの日々

2015-02-24

[]レイフォースで連射が不安定になる原因について

 NRS-1という連射基板を作ったのですが、その際にレイフォースの連射が不安定になるということを知り、なぜそうなるのかを調べて原因が分かりましたので簡単に記載しておきます。


 原因はレイフォースは入力を取り込むタイミングが処理内容により変わり、従来のシンクロ連射回路でボタンの更新をするタイミングと入力を取り込むタイミングがほぼ同じタイミングになり、安定してON->OFF->ON->OFF...と取り込めなくなるため、でした。


 簡単にタイミングチャートっぽいのを踏まえて書くと、デモ画面や普通に背景などの処理がある程度ある場合は

f:id:HIN:20150225001200p:image

 上記のようにボタンの更新タイミングと、入力を取り込むタイミングが異なるため問題無くON->OFF->ON->OFF...とボタン入力が変化します。


 3面冒頭の雑魚が出てくるシーンでは処理が軽くなり、ボタン入力が下記のようになります。

f:id:HIN:20150225001201p:image

 ボタンの更新タイミングはVSYNCの立ち上がりのため変わりませんが、入力を取り込むタイミングが前後するためON->OFF->ON->OFF...とならず、ON->ON->OFF->ON->OFF...などのようになってしまい、規則正しく入力を行うことが出来なくなります。

 そのためある特定の場面で連射が効かなくなるようになってしまいます。


 NRS-1ではその他基板に関しても調査を行い、問題が無いであろうタイミングで入力の更新を行っています。そのためレイフォースでも連射が途切れるようなことはありません。

 従来のシンクロ連射回路でもタイミングを変更することにより問題無く動作するようになるのではないかと思われます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HIN/20150224

2014-08-30

[]起動しなくなったタイトーF3システムマザーボード

 以前から調子が悪く、起動したりしなかったりしていたF3基板が全く起動しなくなってしまいました。ROMを別のマザーボードに差し替えたところ動いたのでマザーボードの故障。

 詳しい方に聞いてみたところ、マザーボード側コネクタの半田が浮いて接触不良に良くなるよ、と教えてもらったので再半田したところ直りました。

 見た目全然問題無さそうでも接触していないようです。この手のコネクタは良く接触不良を起こしますが、見た目で分からないのが厳しい。


 再半田したのは下記画像の4つのコネクタ。念のために全部再半田してあります。かなりのピン数ですが、気長にやればいつかは終わります。

f:id:HIN:20140830212750j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HIN/20140830

2013-12-27

[]すごく安く買えるホットエアーステーションを使ってみたよ

 ebayなどでhot air stationなどで検索すると、どこかで見たことあるようなSMD等の半田付けに使う機材が売られています。メーカー名が違うので、いわゆるコピー品だと思われます。すごい種類売っていて安いです。

 どんなものなんだろうか、と思っていた物の買うことは無かったのですが、たまたま買ってしまった方がいて、使ってみることが出来たのでちょっとだけ書いておきます。


 とりあえず今回はなぜかamazonでも売っているWEP 858Dという機種を使ってみました。

 使ってみた結果を簡単に書くと、壊れても負けない強い心・使い捨てても全然おっけー、などと思えれば結構使えるんじゃないかな、と思いました。ちょっとしか使っていませんが、触った感触として。


 製品自体の評判はamazon.comの評価を読むのが良いのではないでしょうか。

Amazon.com: Customer Reviews: WEP 858D (110V) Hot Air Rework Soldering Station, Suitable For SMD, SOIC, CHIP, QFP, PLCC, BGA

 まー、買ってすぐに壊れたなどと書かれてます。その他検索するといろいろと出てきます。今回は開けて中を見てませんが、見るといろいろとツッコミ出来そうな中身のように思えます。


 今回は64pinのQFPや24pinぐらいのTSOPなどを外してみましたが、まんべんなく熱を加えるようにすると問題無く外すことが出来ました。ノズルが無いので大きな物を外す時にはコツが必要かもしれません。


 普段温度測定に使っている[HAKKO] | こて先温度計・テスター | HAKKO FG-100温度プローブホットエアー用を使って温度を測定したところ、設定温度300℃の状態で吹き出し口から5mmぐらいのところの温度が270℃ぐらいでした。どこを測って表示しているのか分かりませんが、結構な誤差があるようです。電源on時の液晶表示の温度の上がり方と、吹き出し口の実測値を見ると全然相関性が無いように思えましたが気のせいかもしれません。

 結構誤差があるようなので、天ぷら油の温度を測定する物が300℃まで測定出来るので、吹き出し口の温度を測定しながら使った方が良いかもしれません。300℃以上は…温度変化させてみて勘で…。

 誤差を補正するためにCALという箇所で調整すると思うのですが、マニュアルを見ても何も書いていないためよく分からず、分解すると分かるかなと思いつつも買ったばかりだしということで特に分解などはしていません。


 同じような製品をATTEN,YiHuaなどのメーカーも作っていますが微妙に中身が違うようです。上記メーカーも検索するといろいろと出てきます。youtubeに動画でレビューなども上がっています。いわゆるコピー品なので、オススメ出来ないですが、とりあえず割り切って使うのであれば良い…やっぱ良くないですかね…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HIN/20131227

2013-12-11

Handy S98 Player組み立て時に必要な部品について

 家電のケンちゃんで売られている 家電のケンちゃん 404 Not Found を組み立てる際に必要なリストがページが見つかりませんでした – Strategy Throughにあります。結構な数になるので購入の際のlinkをまとめておきます。

部品No.品名メーカ個数入手先備考
ICU1TA48M033F東芝1秋月電子通商3.3V 500mA レギュレータ
LCDLCDAE-AQM0802秋月電子通商1秋月電子通商I2C接続小型LCDモジュールピッチ変換キット
LEDLEDLED-1秋月電子通商link先は赤色LED
発振器X1CSTLS16M0X55-B0村田製作所1秋月電子通商セラミック発振子16MHz
発振器X2SG-8002DC 8MHzエプソントヨコム13.3V版/秋月電子通商
5V版/秋月電子通商
クリスタルオシレータ8MHz, 回路図及び現物が無いため3.3Vか5Vか不明
スイッチSW1,SW2SKRGAQD010アルプス電気2千石電商タクトスイッチ
ボリュームSW/VRRK0971221-F15-C0-A103アルプス電気1秋月電子通商10kΩAカーブ2連, SW付き
コネクタCN1AE-USB-MICRO-B-D秋月電子通商1秋月電子通商ブレッドボード用マイクロBメスUSBコネクタDIP化キット
コネクタCN2AE-MICRO-SD-DIP秋月電子通商1秋月電子通商マイクロSDカードスロットDIP化キット
コンデンサC2,C3,C5,C6,C7,C8,C9,C11,C160.1uF/50V積層セラミックコンデンサ-9秋月電子通商-
コンデンサC1,C13,C1447uF/35V電解コンデンサ-3秋月電子通商-
コンデンサC4,C17,C18220uF/25V電解コンデンサ-3秋月電子通商-
コンデンサC1210uF/50V電解コンデンサ-1秋月電子通商-
コンデンサC154.7F/50V電解コンデンサ-1秋月電子通商-
抵抗R1470Ω 1/6W 抵抗-1秋月電子通商-
抵抗R2,R3,R9,R1110kΩ 1/6W 抵抗-4秋月電子通商-
抵抗R4,R5,R6,R71kΩ 1/6W 抵抗-4秋月電子通商-
抵抗R10,R1218kΩ 1/6W 抵抗-1秋月電子通商-
コイルL1マイクロインダクター100uH-1秋月電子通商-
その他-ピンソケット5p-2秋月電子通商-
その他-ピンソケット3p-2-上記ピンソケット5pと同じ物を3pinになるように切れば良いはず
その他-丸ピンICソケット(8p)-3秋月電子通商-
その他-丸ピンICソケット(28p)300mil-1秋月電子通商-
その他-丸ピンICソケット(28p)600mil-1秋月電子通商-

用途によっては必要となる部品

部品No.品名メーカ個数入手先備考
水晶発振器X3EXO-3 15.974MHz京セラ1見つからず-
コンデンサC100.1uF/50V積層セラミックコンデンサ-1上記した物と同じ-
抵抗R810kΩ 1/6W 抵抗-1上記した物と同じ-

 結構大変なのでとにかく鳴らしたい、という人は 家電のケンちゃん 404 Not Found を買うのが良いのかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HIN/20131211

2013-11-18

[]no titleが届いたよ

 以前書いたiMSO-104というiOSオシロやロジアナとして使えるアダプタの新製品としてiMSO-204が出たので買ってみました。11/14に注文して15日に発送されて18日に受け取り。本体が$399.97で送料が$36.17で総額$436.14でした。すぐに発送してくれて届くのも早くてすばらしい。

 スペックなどは

Analog2channel, 8bit
Digital4channel
Analog BandWidth5MHz
Max Sample Rate50MS/s
Sample Depth1000pts
Max Input Voltage(analog)-8V to +13V(x1)
-40V to +40V(x10)
Max Input Voltage(digital)-0.5V to 7V
Horizontal Sensitivity200ns/div to 10s/div
Vertical Sensitivity50mV/div to 2V/div(x1)
500mV/div to 20V/div(x10)

となり、analogが2chになりサンプルレートが50MS/sへ、サンプル数も1000点になっています。アナログの帯域は変わっていませんが、サンプルレートが上がったのが結構大きいはずです。


 早速オシロとしてファンクションジェネレータ(Agilentの33220A)が出力する正弦波などを見てみました。5Vppで周波数を変えています。iPadの画面を取り込んでいますが、そのままだと非常に大きいのでVGAサイズに変えています。

 まずは正弦波の1kHzを

f:id:HIN:20131118231116p:image

全く問題なさそうです。

 次に100kHzを見てみると

f:id:HIN:20131118231117p:image

若干Vppが大きく見えてしまっていますが問題無さそうです。

 さらにそろそろ限界かなと思える1MHzを見ると

f:id:HIN:20131118231118p:image

とりあえずは問題無さそうです。200nsまでスケールを上げられるようになったので見やすいです。

 さらに2MHzにしてみると

f:id:HIN:20131118231119p:image

Vppも下がってきて、かなり変な波形に見えてくるようになってきます。1MHzまでであれば問題無く見られて、かなり見やすくなったかなと。

 周波数が上がるとtriggerの掛かった位置が前後にずれるようになります。これはサンプルレートと縦軸の関係が云々、なのでしょうがないのかなと思われます。気になる人は気になるかもしれません。


 次に矩形波を見てみます。1kHzは

f:id:HIN:20131118231120p:image

全く問題無いです。

 次に100kHzを見てみると

f:id:HIN:20131118231642p:image

若干立ち上がり・立ち下がりが寝てしまっていますが問題無いでしょうか。

 さらに上げて1MHzを見ると

f:id:HIN:20131118231757p:image

さらに立ち上がり・立ち下がり共に寝てしまっています。

 さらに2MHzにしてみると

f:id:HIN:20131118231906p:image

ちょっと厳しいというか何というか。

 矩形波の場合、正弦波と比べて広帯域な周波数成分を含むため、正弦波に比べるとより高い帯域が必要になるのでしょうがないかなと。


 試しに今作っているCSync Cleanerという基板でCSyncをH,VSyncに変換した信号を見てみると

f:id:HIN:20131118233804p:image

こんな風に見えます。ロジアナでも見られますがあえてアナログオシロで。


 ざっくりとどんな波形なのか、を見る際には役に立つんじゃないかと思います。というか、iMSO-104を結構使っているのでiMSO-204も買ってみました。ちょっと高いですがiPadiPhoneで波形の確認などが行えるので今後も使う機会多いでしょうから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HIN/20131118