Hatena::ブログ(Diary)

HIROMAの活動日記 RSSフィード

2009-01-29

活動休止について

HIROMAの福田です。

前回からかなり時間が経ってしまったので、

HIROMAも死に絶えたのかと思われる方も、

いるかもしれません。


死に絶えてはいないのですが、

メンバーが忙しく、なかなか集まれないという事で、

一旦活動停止という事になりました。


短い期間ではありましたが、

色々と協力してくれた皆さまには感謝しております。

どうもありがとうございました!


活動停止ではありますが、

また機会があれば再開する事があるかもしれません。

その時は、またこのブログでお知らせします。


個人的にはこれからも興味がある事に関わって、

活動を続けて行くつもりなので、

今後ともよろしくお願いいたします!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■連絡先はコチラ: hiroma2007@live.jp


■スタッフの個人ブログ

フクダのブログカラクリ☆忍者屋敷

森のブログ(?):visage

倉田のブログ(?):釜茶クラブ

原田のブログ広島インプロ・ステイヤーズ

2008-10-29

マンガ作りとかで結構用いられる発想法


 HIROMAの森です。

 誰もブログ更新してないので、

 HIROMAも死に絶えたのかと思われる方も、

 多かったかもしれません。

 大丈夫です。

 たぶん、HIROMAは皆さんの心の中に生きてます。

 なんてことを言いたくなるような状況ですね。

 2ヶ月更新が滞ってしまうってのは、

 あんまりですよね。

 まぁ、今のところHIROMAでやってるプロジェクトはないんで、

 みんなのんびりムードなんですよ。

 でも、代表の福田とかは、

 何でも「CSS Nite in Hiroshima」とかいうイベントに、

 首を突っ込んでるようですから、

 その辺を紹介してもいいと思うんですけどね。

 「CSS Nite in Hiroshima」については、

 こちらからどうぞ。


 Web製作者にとって有益なトピックを扱うおまつりのようです。


 ま、個人的にはWeb製作といえば、

 ホームページビルダーくらいしか使えない素人ですんで、

 今回は、違うトピックで。

 題して「マンガ作りとかで結構用いられてる気がする発想法」

 気が向けば、2回くらいやれたらいいかと思います。

 第一回目(?)は「擬人化」です。


擬人化ってなに?


 文字通り「本来人間型でないものを、擬似的に人間型にする」手法です。

 

 有名どころでいえば「ちょびっツ」なんかがあります。

 あれは「パソコン」が人間型になってます。

 他にも、なんだかんだで、たまにマンガとかで用いられる手法です。


 冷静に考えれば分かりますが、

 たいていの場合、擬人化しても、効率はあがりません。

 むしろ下がります。

 「ちょびっツ」の場合でも、疑問はさまざまです。

 ・文書の入力とかはどうするんだろう

 ・そもそも、なんの役に立つんだろう(計算をすぐに答えてくれるくらい?)

 ・後半、国家機密レベルのデータを扱うサーバ擬人化してたけど、

  そんなのが外を歩いていいんだろうか

 

 考えれば考えるほど、頭が混乱します。


 それでも、擬人化プロットが用いられる理由は、

 キャラを際立たせたいから。

 ま、最大の理由はそこかなと。

 コンテンツを作るうえで、ポイントの一つは、

 いかにキャラを特徴付けるか。

 擬人化は、その意味で、一つの手法だとは思います。

 ですが、擬人化でアイデア出しをする際は、注意しないと、

 安易に「エロス的な」方向に走りがちですので、

 その辺は諸刃の剣ではあります。


 擬人化という視点から、

 日常の生活を眺めてみると、

 思わぬアイデアがひらめくかもしれません。

 ま、突拍子もない、あるいは独創的なアイデアってのは、

 たいてい「視点を変える」ところで生まれてくる事が多いので、

 擬人化というのは、

 その点で視点の変更を促してくれる気がします。 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■連絡先はコチラ: hiroma2007@live.jp


■スタッフの個人ブログ

フクダのブログカラクリ☆忍者屋敷

森のブログ(?):visage

倉田のブログ(?):釜茶クラブ

原田のブログ広島インプロ・ステイヤーズ

2008-08-29

イギリス人形アニメーションの現場@広島

HIROMAの福田です。


随分と涼しくなってきましたね。

最近急に涼しくなってきましたね。

僕は少々風邪気味です。

体調を崩しやすい時期なので、気をつけたいですね。


先日紹介した、

「コンテンツを活用した地域振興とビジネス展開」

〜ゼロから興せる地域活性のススメ〜

へ行ってきました。


コンテンツを利用した地域の活性化の様々な事例が紹介されて、

気付かされる点が多々あって面白かったです。

詳しくはまたこのブログで紹介します。



さて、今回もHIROMAとは関係ありませんが、

個人的に参加予定のイベントのご紹介です。


イギリス人形アニメーションの現場@広島

日時: 8月30日(土) 14:00〜16:30

場所: 広島国際学院大学・立町キャンパス

料金: 入場料無料(運営費カンパ制)


広島市出身のアニメーション作家石井あみさんによる

イギリス人形アニメーション作品の紹介&トークです。

詳しくは以下のリンク先をご覧下さい。

http://sat3.cool.ne.jp/works/animation/hanaHiroshima.html

2008-08-27

ガンダム学会準備会議へ行ってました


HIROMAの福田です。

8月24日に広島で開催された、

ガンダム学会準備会議」へ行ってました。

個人ブログの方にも書いたのですが、

コチラでもイベントの紹介をしたので、

同じ内容ですが載せておきます。


ネット上ではかなり話題になっていたので、

かなり人が多いんだろうなーと思っていましたが、

会場についた時はまだあまり人がいなくて、

話題になっていた割には少ないなーと思っていたけど、

開始時刻に近づくと、だんだん人が集まってきました。

マスコミの方達もけっこういて、

なかなか賑やかな感じでしたよ。

最終的には100人くらい集まったみたいですね。

会場を見渡した感じでは、

もう少し多かったかな?という感じがしました。

ガンダムの主題歌が会場で流れていて、

気分が高まってきた所で会がスタート。


まずは以前からずっと気になっていた、

「何故広島なのか?」という事ですが、

広島が世界中で知られている都市である事、

ガンダムのテーマとして平和があり、

広島も平和都市であるという事。

また、アニメーションフェスティバルを中心として、

アニメ、映像コンテンツに力を入れようとしている事が

広島で発足する理由となったみたいです。



まず何をするのか?という事ですが、

未来学的視点からガンダムを学術的に研究。

要は、「ガンダム」という分かりやすいモチーフを使って、

これからの都市問題(宇宙へ移民)とか、言語問題とか、

軍事問題やバイオテクノロジーなど、

これからの人類、社会の問題を考えていく学会

したいなーということみたいです。


例えば、今回発表された研究テーマの一つが、

ガンダム世界にみる言語学的研究」


ジオン訛りとは何なのか?という事から始まり、

ガンダムの世界の言語体系はどうなっているのだろう?

どうやって共通理解をしているのだろう?

ニュータイプはどういうコミュニケーション方法を

取っているのだろうか?

という少しずつ深い話になっていきました。


他にも、

ガンダムの世界にみる医療、福祉(社会)心理学

ガンダム加速器未来社会

というテーマで話されていました。

どちらも、ガンダムの世界と、

現実を結びつけて話されていて、とても面白かったです。


もう1つ、学会と同時開催で、

「ディジラマ甲子園」というのも

開催したいという話がありました。

ディジラマとは、プラモデルフィギュアを撮影して、

風景などと合成して、1つの写真にしたものです。

それの展示会みたいなものを、

ガンダム学会と同時に開催していくそうです。


今回はどのテーマも比較的簡単な話だったけど、

実際の学会が始まると、さらに深く突っ込んで、

将来人類が共通言語を持つためにはどうすればいいか?

など、専門分野の研究内容を

発表する場になるのかな?と思います。

皆が知っている共通認識の基で、専門分野を語る事で、

より多くの人に興味を持ってもらい、

考えてもらえるようになれば良いなという事なのかなと、

個人的には感じました。


今回はあくまでも「準備会」であり、

正式な設立はもう少し先になりそうです。

第一回は広島で!と語っておられたので、

一般傍聴者として、ぜひ参加してみたいなと思っています。

今後の展開が楽しみです。

2008-08-23

国際ガンダム学会準備会議など

HIROMAの福田です。


今回は広島で開催される、

コンテンツ産業に関係するイベントを2つ紹介します。

(※HIROMAは関わっていません)


まず1つ目は、

国際ガンダム学会準備会議」


ガンダム”を学問すること

アニメーションを学問することの発展的可能性〜

というテーマで、大学教授などがお話されるそうです。


僕はガンダムの大ファンという訳ではありませんが、

それでも、小さな頃はガンダムプラモデルで遊んだり、

アニメを見たりしていました。

どのような学会になるのか?何故広島でなのか?

などなど、色々と興味がありますね。


日 時 : 2008年8月24日(日)14:00-17:00(入場13:30より)

場 所 : (財)広島市文化財団アステールプラザ市民ギャラリー

       広島市中区古町4-17

参加費 : 入場無料(一般傍聴者は先着200人まで入場可能)

詳しくはコチラのサイトをご覧下さい。



2つめは、知的財産シンポジウム

「コンテンツを活用した地域振興とビジネス展開」

〜ゼロから興せる地域活性のススメ〜


地域でコンテンツを使って地域振興を行うには、

どのようにすれば良いのか?

などに興味がある人を対象としたシンポジウムだそうです。


日 時 : 平成20年8月27日(水)13:30〜16:30

場 所 : ホテルグランヴィア広島4階「悠久の間」

          (広島市南区松原町1−5、JR広島新幹線口からすぐ)

定 員 : 150名


事前申し込みが必要なので、

申込方法や、詳しい内容については、コチラのサイトをご覧下さい。


どちらも参加費無料なので、

興味がある方は参加されてみてはいかがでしょうか?