Hatena::ブログ(Diary)

難聴者の生活(Hatena) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011年11月10日

整形外科なう。

自宅となり駅のM整形外科に来た。

症状を書いて提出したらすぐ呼ばれた。

※人工内耳で名前が呼ばれたのが分かった。

真っ黒に日焼けしたドクターが問診をする。

※呼び出しは聞こえないかもと言ったら呼びに来た。

ドクターはおっきい声でてきぱきしゃべる人だ。

レントゲンを撮る。

※人工内耳は外したがジェスチャーするから大丈夫と言われた。

デジタルなのですぐ呼ばれて診断を聞く。

首の骨や肩の骨は大丈夫。

後は肩の筋肉が衰えている。

「五十肩」だねと即座に言われる。

なんか子供に話すように頑張っていきましょうねと言われたが気にしないことにした。

リハビリ室は9人くらいもトレーナーか理学療法士の人がいて、患者にあれこれ指導している。

リハビリ室で肩を暖めたり、電気パルスをしたり、40分ほどいろいろやって終わった。

※これ(人工内耳)は電気治療器は影響あるか聞かれたが特段影響はなかったようだ。

あれ、入浴後に塗り薬を何とかと言ってなかったかな。

診察料の領収書ともう一枚の紙はその明細だし、何ももらわなかった。

ちょっと頭がズキンズキンするのでもう帰ろう。

ラビット 記

※はコミュニケーションと人工内耳に関する部分

f:id:HOHrabit:20111110194538j:image

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/HOHrabit/20111110/1320921947
Connection: close