総務課員のひとりごと(はてな分室) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-08-28

[][]子供たちの夏休みも今週で終わり。「君の名は。」観ました。

昨日は、子供たちの夏休み最後の土曜日とのことで、娘二人を連れて映画館に行ってきました。

私は、テアトル系の映画館に行きたかったのですが、子供たちはTOHO系をご希望。

その中で私も、予告編で知っていた「君の名は。」がリクエストされて、一緒に見に行くことになった次第です。

この映画は、高校生の男の子と女の子が、入れ替わってしまうという、私たち世代にとっては、懐かしいシチュエーション。




都会の高校生である男子。

田舎の高校生である女子。

それぞれが、自然に生きているのだが、入れ替わることにより、いろんなものが交差していく。


彼女は都会にあこがれ、彼氏は大自然になぜが惹かれていく。


彼女が住んでいたのは糸守という、飛騨にある村。

ただ、入れ替わっている際の記憶が十分に残らない彼は、その場所がどこなのかわからない。

そんな彼が、記憶を頼りに絵をかき、飛騨に関する資料を集めていく。

だがなぜそこまで飛騨に執着していくのか、時間がたつと忘れてしまう。


この映画のポイントは、ハレーすい星のような、天文ショー。

そして、糸守で彼女がしていた組紐



歴史を変える運命となる彼と彼女の物語。







この映画、とても良い映画でした。

娘たちは特に、ラストが泣けたそうです。


https://www.youtube.com/watch?v=vnMtN7tpWpk&feature=youtu.be




応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村



D


D



D

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証